連投してきたブログですが

まだ、インターネット黎明期から、何度かバージョンアップを経て続いて参りました、本ブログ。

大学生時代から始まり、研究室、会社員、そして豊根村の今。
一日たりとて、無駄に過ごすまいという「覚悟」を、
ブログを書き続けることで、その覚悟が自分に習慣化されました。

実質、連棟が始まったのは2002年なので、

15年間365日。

5,500記事を超えます。

よくもまあ、続いたもんだと。

年々、購読下さる方が増え、ブログがきっかけで、たくさんの繋がりが芽生え、

「ブログ読んでるよ~」

そう言って頂けることが、何よりも喜び。

各方面にも情報の発信源として、そしておいらにも、
多大なる経験と影響をもたらしてくれました。

特に、情報の扱い方次第では、人に迷惑を掛けることもあります。
かなり頭を悩ませ、それ自体が学びとなり。

更新が止まってからしばらく時間が経ってしまい、
ご心配お掛けした方々から御連絡頂きました。

突然の停止で、すみません。

ちょっと落ちついたので、書いておかねばと…

しばらく、筆を置こうかと思っております。

法を犯したとか、トラブルになったとか、
記事の内容で問題が発生したからとかではありませんので!

ブログを書くためには、下調べももちろん必要で、単純に、
そういった時間の確保が限界に到達しました。

せっかく書くのだから、適当には済ませたくない性分が邪魔をして(汗

私の能力不足です、すみません。

復活するのか、止めちまうのか、今後については、また考えた後、記述致します。

ブログ停止後も、アクセスカウンターが1日100名程度回っており、驚いています。

ここまで読んで下さった皆様、本当に有り難う御座います。

台風18号の爪痕

朝、職場の日直さんから自宅にTEL。

やっぱ、何事もないとはいかなかったか。
そう思いながら電話に出て、内容をヒヤリング。

倒木発生@県道ということで、県の土木事務所へ連絡を取ります。

そのついでに、また別の倒木連絡が入り、
今度は自宅のすぐ近くだったので現場を見に行きました。

DSC_1971

なんと!
道路をふさいでいた倒木を、すでに処理してくださっていました!!

さすが、地元の建設企業さま。

仕事が超早い。

子どもたちの面倒を見ながら、お昼に差し掛かったところで…
職場へ向かいます。

というのも…

村民運動会は無くなってしまいましたが、
同時開催の予定であった小中学校の運動会は日程をずらして、火曜日に決行。

てことは、火曜日に休みを取らねばならぬ。
で、予測される業務をあらかじめ片づけておくために職場へ。

職場に来てみたら、倒木や落石、停電や水道アラームの連絡が次々と。
こりゃ、日直さん独りじゃ大変だ。

村が管理する路線については、路線担当の建設事業者さんへ連絡を取り、
対応依頼をしますが、もう、ほんと、皆さん迅速!!

地元に建設事業者があるからこそ。

迅速な道路啓開につながります。

そして、連絡を受けて建設事業者さんが向かってみたら、
既に倒木が玉切りされて除去されていた箇所までありました。

通行人の方が、直接、チェーンソーで美しく玉切りして片付けを。

すげえっす。さすが、豊根村。

兄妹仲良くバランスボール

台風18号は、今夜遅くにも最接近する様子。

自宅で大人しくしている子供たち。

DSC_1960

兄妹仲良く、バランスボールww

お兄ちゃんの真似をしては、新しい遊びを開発中の娘さん。

DSC_1966

段ボール箱に入って…って、やったやった。
おいらたちも、大きな段ボールがあると、何かせずにはいられませんでした。

連結した荷台にはバランスボール(小)が入っています。

夜が深まるにつれて、風雨が増し。
夜中には停電が発生し。

UPSがアラームを出していました。

轟音が家屋を揺らし、子どもたちにとっても、恐怖の夜。

台風接近で豊根村民運動会消滅でも労をねぎらうべし

今日は、父の命日。
あれから、10年が経ちます。

自分にとって、環境が大きく変化した激動の10年間でした。
結婚、出産×3、家族の葬儀×3、転職、豊根村へのUターン。

雨降る中、母と長男と一緒にお墓へ参ります。

長男はもう、要領を得たもの。
お墓参りプロセスは完璧です。

長男にとっては、会えなかったじいじですが、
父の名前が長男の名前を構成して生きていること。

長男は、それをしっかり認識しています。

最後に線香を供えて、そのままおいらと息子はパルとよねへ。

ただいま、台風18号が接近中。

予報では、日本列島への上陸が確実視されています。

image

18号というナンバーの台風は上陸することが多い。

気象庁 | 災害をもたらした気象事例(平成元年~本年)

今週末に日本列島を横断するような予報になっておりますが、
今週末って…

2年に1回開催の豊根村民運動会。

小中学校の運動会も兼ねて(というか、そちらがメイン)開催されます。
村内5区の対抗種目もあり、我らが上黒川区も練習を重ねました。

そのような環境の中で、昨日、中止が決定されました。
残念ではありますが、安全が第一。
開催予定日、予備日共に台風に重なってしまうため、振替無しです。

ただし、救いは…小中学校の運動会は、もうひとつ予備日があること!
その日は開催できますように。

村民運動会は無くなってしまいましたが、
そんなことでへこたれる上黒川区民ではありません。

練習も頑張ったことだし、慰労会じゃ!!

台風接近もあるので、早い時間帯からスタート。
バーベキュー!!inパルとよね。

区長さんからご挨拶では、

「上黒川区の優勝を祝して!」

って(笑)

皆、大爆笑です。

区長さんから鮎の差し入れもあり、またまた大変美味しく頂きました♪

DSC_1958

「綱引きが良かったのん!」

頭の中で、バーチャル村民運動会が開催された様相で盛り上がっております。

そこに、遅れて到着した、元区長の森林組合長さん。
到着の開口一番、

「優勝おめでとう!」

全員、大爆笑ww

さすが、流れを分かっておられます。

雨が少し強くなってきたところでバーベキューはお開きとなり、
カラオケルームに大移動!

そこでは既に、お姉さまがたと一緒にカラオケに興ずる長男が。

近所に年の近い男の子がいないので、
お姉さまがたがお相手してくださっていました。

懐メロの中にGREENの「遥か」を投入する長男。
しかも…

いつの間に覚えた!?上手でビックリ。

我々若い衆もカラオケルームに入ったところで…
後輩がボソッとつぶやいた

「ジャニーズしばりで、いきましょうか。」

日頃、ジャニーズを全く聞かない男たち。

これは、かなり難易度の高いお題であります。

カラオケリモコンを握りしめながら、頭を抱える男衆。
そこは、意地です。
光GENJIまでさかのぼりました。

やはり、安定のSMAP。

今年の村民運動会は無くなってしまいましたが、これはこれで…
区の行事としてはアリ!でした。

名古屋へ出張してプレゼンテーション実施

今月は…一体、何回、名古屋へ行ったやら。
重なるときは重なるもの。

途中、猿投グリーンロードでトイレ休憩したら、
秋の茶臼山高原、絶賛PR中!!

DSC_1957

このスペースに張り切れず、休憩所内にも芋煮会のポスターが掲載されていました。

名古屋で、向かった先は…内緒。

例によって、守秘義務を課されている案件です。
その会議体にて、今回は豊根村の○○に関するプレゼンテーションを実施。

事前に、プレゼンシートは課長さんを始め、課内メンバーに見てもらいました。
アドバイスをもらって、ナイスシートが完成しました。

午後1時、事前に主催者と打合せをし、14時から会議スタート。

お陰様で、プレゼンテーション、大成功!!

その後の会議体ディスカッションで、大いに役立ちました。

そして、本来の目的以外にも、豊根村の知名度向上という相乗効果も得られました。

ディスカッション等を経て、会議が終わったのは20時。
くたばりましたが、帰路は達成感に満ちました。

職場を這う、その姿は…

「けんたろくん!そこに、おるぞん!」

ん?何がでしょう?

「ヘビ!ヘビだよ!」

へ…ヘビ!?

ここは、職場の廊下。
まさかぁ~廊下にヘビがいるなんて聞いたこと無いですよーー(笑)

DSC_1954

い…いたーーー!!

オフィスの廊下でヘビが這っているなんて、
都会で暮らしていたら有り得ない状況ですよね。

それも、笑って過ごせる、懐の深い職場であります。

首筋に黄色い班。

ヤマカガシです。

自然が身近な豊根村。
今夜の夕食は…大入川で捕れた、美味しい鮎です!

御近所さんが差し入れに届けて下さいました。

DSC_1956

農耕民族の我が家では手に入れられない品!

狩猟民族を地で行く御近所さんから、嬉しい差し入れを頂きました。
ごちそうさまです☆

今夜は職場若手職員ディスカッションと村民運動会練習会

職場の若手職員が集まってグループに別れ、村の将来を考える。

来年度から新たに始まる「第6次豊根村総合計画」策定に向けた会議のひとつ。

今夜は、第2回目にして最終回です。
先週の振り返りから始まり、その続きを考えます。

10人いれば10通り。

普段、それぞれが異なる分野を専門にして仕事を進めており、
それぞれの視点から出てくるアイディアは新鮮です。

4グループに分かれて考えをまとめ、最終的に全員の前でグループごとに発表。

我らが班は難しいお題を挑戦的にも掲げてしまったので、
そこから具体的アイディアに落とし込むのに難儀しましたが…。
これぞ、文殊の知恵。

皆から鋭いアイディアが出されて、限られた時間にしては良くできた、
最終的に形になりました。

グループディスカッションが終わると、
上黒川区、下黒川区のメンバーは駆け足で職場裏にあるとよねドームへ。

遅刻してしまいましたが、今夜は地域の村民運動会練習会!

村民運動会も、今週末に迫っています。
そして…台風も…今週末に迫っています…。

wp2017(スラッシュの前が日付で、後ろが時刻(UTC)です。)
(UTCなので、日本時刻に直すには+9時間してください。)

なんてこった。

村民運動会とはいえ、小中学校の運動会も兼ねられています。
台風よ、どうか、避けて行ってくれ…。

人工知能を知るにはまず脳みそから

まだ消化し切れていない夏期休暇を1日取得。
せっかくなので、自分をメンテナンスせねばと、歯科定期健診へ。

検査の結果、残念なことがあり…

引き続き、通院が必要になりました。

さて!
いま、おいらが読んでいる本が、めっちゃ面白い。

物理と化学に突っ伏してきたので、生物学に対する造詣が浅いんですが、
チャレンジして読んでいます。

人工知能やAIという言葉が一般的に普及してきた昨今で、
コンピュータ回路によって脳みそって作れるんだろうか?
そもそも、現時点で語られているAIは意識を持っているのか、
いや、持っていないんですけど、持つことは可能なのか?
それには脳を理解することが必要不可欠。

ちまたに溢れるAIに関する記事を読んでいても、
大量の情報から必要な情報を引き出す性能が向上しただけにしか感じません。

人間に似た形をしたロボット(Pepperとか)に搭載されたコンピュータの処理速度が向上したって、 それが「人工知能」と言えるのか?
ロボットが人間っぽく動くだけで、人工知能だ!という勘違いすら呼び起こさせかねません。

とりあえず、脳みそについて勉強してみようと思って手に取った本がこちら。

第1章:人間は脳の力を使いこなせていない
第2章:人間は脳の解釈から逃れられない
第3章:人間はあいまいな記憶しかもてない
第4章:人間は進化のプロセスを進化させる
第5章:僕たちはなぜ脳科学を研究するのか

以下は、おいらが読書を通じて印象的だった内容を「抽象化」した二次的情報です。

目で見てているものは、脳が再処理して映像化しているもの。
二次元でしか写らないものを脳内処理が3次元に変換している。

また、そこには「時差」があって、
像が脳内に入ってから多少の時間差(にしても、10ミリ秒の単位)遅れて認識している。
だからテレビの画像は1秒間に30枚の連続する静止画(1枚あたり40ミリ秒)であっても
動画と認識される。

言葉についても、人の話した言葉を理解するという高度な処理は時間がかかり、
話を聞いたり文字を読んだりしてから脳が情報処理するまでに0.1秒から0.5秒を要する。

これはすなわち、人間が今と感じて生きている世界は、0.5秒前の世界とも言える。

その時間差は行動に反映するには非常に短い時間差なので生活に支障は無い。
(そもそも、時間差に身体が慣れているので即時に感じる?)

睡眠、特にレム睡眠は脳の整理整頓タイム。

整理整頓によって記憶は「抽象化」されて記憶の引き出しにしまい込まれる。
抽象化では、情報同士がリンクされて最低限の情報量に絞り込まれる。

抽象化は言語を扱う人間という種族が持ち得た、創造力に通ずる能力。

脳のうち1辺が1ミリメートルの立方体の組織を観察すると、
そこに2万から10万個の脳神経細胞が入っている。

脳内の情報伝達手段は「電気」だけれど、一般的な電気のイメージである、
電子の移動というわけではなく、+や-のイオン(ナトリウムイオンやカリウムイオン、塩化物イオン)が移動することによって電荷の偏りが発生して、それを元に戻そうとする作用が情報伝達としての「流れ」を作っている。  

脳神経細胞間は空間(シナプス)が空いており、イオンが流れられないので媒介する物質であるアドレナリンやセロトニンがその空間を飛んで、次の神経細胞に「流れ」を伝える。
流れは脳神経の回路を通じてインプットに対するアウトプットを論理的に出力している。

ん、まてよ?パソコンも、大規模集積回路を電気が流れることによって論理的命令の結果で、
インプットに対してアウトプットされているってことは、同じか?

ならば、心や意識という違いがなぜ、人間とコンピュータの間で現れるのか。

そのことを記述した本はたくさんありそうなので、また新たな興味が生まれました。

脳はコンピュータよりも「あいまい」で、間違えて記憶することもあれば忘れることもある。
ただ、「あいまい」だからこそ、関連の無い記憶同士が繋がることもあり、創造性が産まれる。

脳の活動としては、忘れることは、悪いことじゃない!!

だから、忘れてはいけないと判断する情報はコンピュータに入れて任せるべし。

以上。

まだ終盤の2割ほど未読状態ですが、さらに読み進めるのが楽しみです。

あー、しかし!
腰が痛い。ずいぶん良くなっては来ましたが。

次男を抱っこのため持ち上げる度に、

ズキッ!

と。しばらくの我慢。

オールシーズンの名にふさわしい茶臼山パンフ

夕方ごろ帰宅すると…

「はちる~はちる~♪おーてーたーちー♪」

可愛らしい歌声が聞こえてくるが…。
声の主は…

娘さんっ!?

一体どこで、爆風スランプ!?

保育園で憶えてきた??
さすが、運動会シーズンであります。

長いフレーズの歌が歌えるようになったんだなぁと感慨深いものの、
選曲が面白いです。

さて!
職場でゲットした茶臼山高原ガイドのパンフレット。

DSC_1945

茶臼山高原協会謹製!
目を引くパンフレットの中を開くと…

DSC_1946

季節を表す写真の数々。

そこに、文字による説明は不要なほど、オールシーズンの名に恥じない。

中を開くと、1年間を通して遊びに行けるリゾート。

DSC_1947

茶臼山の散策地図が載っていて、そこに写真が対応し、
素晴らしいパンフレットに仕上がっています。

行こう!茶臼山高原!
思い立ったそのときに☆

次男のお宮参り@氏子の熊野神社へ

次男、産まれて一ヶ月を過ぎました。
無事、一ヶ月を過ごすことができ、感謝を申し上げるべく…

上黒川熊野神社へ。

DSC00920

家族総出で出かけました。

DSC00935

が!!!

DSC00956

なんだい?その表情は。

お父さんの抱っこに不満でもあるのかい?

なかなかの表情を見せてくれました。

多くの写真家で賑わう境内の桜の木々も、葉を広げて力を蓄えています。

DSC00968

帰宅後は、作業に取りかかります。

あーもう、すぐに伸びやがる。

休日に自宅にいない日が続くと、すぐにジャングル。

そんな、今度はお茶畑の草刈りです。

粛々と草刈り作業を進めていたら、赤い実が見える。

DSC_1942

雑草と一緒にぶった切っていましたが…。
よく見てみると…。

み…ミニトマト!?

なぜ、お茶畑の通路にミニトマトがなっている!?

完全に、野生化したトマトです。

草刈り機。これが、柄のある作業一本目。

夕刻になり、草刈り作業完了!
2ヶ月以上、まったく洗車できずにほったらかしになっていたWISH号の洗車。
WISH号の高さはおいらの身長とほぼ同じ。

柄の付いたスポンジじゃないと届きません。

柄のある作業2本目。

そして3本目は…!!

新しいハンディー掃除機が我が家に届いた!
ダイソンのコードレスハンディ!!

コードレス最高!!!

めっちゃ掃除が捗る。

コードの取り回しを考えなくて良いし、次の部屋へもそのまま突入できる。
いちいち、電源を差し替える必要も無い!!

時短に繋がります。

しっかし、1日中、腰を使う作業をしていたせいなのか?
ちょっと厳しい法面の草刈りをしたからなのか?
柄のある作業ばかりだったからなのか?

腰の痛さハンパねぇ。

TOP