昭和2年の愛知県職員録

離れた場所とコラボレーションして仕事を進めるというのは、
情報交換によるタイムラグをいかに縮めるかが勝負どころ。

特に、短納期案件ほど。

お互いに、複数の仕事を抱えていると、タイミングが合わずにタイムラグとなって苦しみます。

ここ数日、準備を整えたものがひっくり返ったり変わることが頻繁で、
締め切りが近づくほど、ひとつの連絡で情勢がガラッと変わって準備やり直しになったり。

それが仕事だけれど、
そんなことが起きないようにするには、どうしたら最善だっただろうか。
どうやって、先手を打った段取りをしておけば良かっただろうか。

反省しきりです。

職場としても、この類は数十年ぶり、手探り状態だからこそ、起きうる。
次は、何十年も先、もしくは無いかもしれませんが、それでもここで得た経験を忘れないように。

 

さて!
最近、夜寝る前に検索しているのが、こちらのサイト。

国立国会図書館デジタルコレクション

国立国会図書館といえば、出版物は全てここに納められるほどの蔵書を誇ります。
それらが徐々に電子化されており、著作権が切れた一部のものはネットから閲覧可能です。

例えば…遡ること昭和2年。
当時の愛知県職員録が公開されている!

愛知県職員録. 昭和2年 図書(愛知県知事官房, 1927)

昭和2年の愛知県職員録。

その中身を少しのぞいてみます。
当時の組織が記載されており、それは…知事官房、内務部、学務部、土木部のみ。

今の体制がどれほど多岐にわたっているかが、逆によく分かります。
当時は知事付の部署、その他全て、教育、土木の4セクション。

昔からある行政というのは、この4つに大別されていたということ。
土木だけで、1セクション。

それくらい、歴史的に教育行政と土木行政というのは
大切なものということを示しているのではないでしょうか。

土木事務所の名前も、今とは少し異なります。

そして、教育行政については、県立高校の前身が羅列されています。

image

おいらが通っていた高校の前身である豊橋第二中学校と豊橋市立高等女学校もここに。

ページをめくっていくと、土木事務所や高校だけではありません。
時代を感じさせるのが、神社も愛知県の組織になっている!!

熱田神宮を筆頭に、県内の著名神社も、県組織として。

image

熱田神宮、真清田神社、大縣神社、砥鹿神社、津島神社が名を連ねています。

当時の給与表も掲載されています。

image

愛知県知事の月給が6,000円。

当時は政教分離原則が無かった時代。
愛知県職員である、神主さんの給与表まで載っています。

image

気になる道路部門の名簿。

image

役職と共に、「正7位」など、位階が併記されている!!

今見ると新鮮ですが、昭和21年頃までは当たり前のように使われていた位階。

image

こうした資料が残されているというもの、
行政にとって重要な要素のひとつである「継続性」のたまもの。

そして、ネットでこういった情報が簡単に手に入る時代に感激。

名古屋出張キャンセル急ぐ案件処理

ここ数日、ブログを書く時間の隙間がなく。
未更新のまま4日も経過。久しぶりに夜の自宅にいるので、
遡って、ようやく執筆に取り掛かれます。

本来、計画を立てて忙しくならないように、
日々へ仕事を割り振って平準化させるべき
なんですが、
短納期のお仕事がたてこんでしまいました。
反省しつつ、期限までに完了せねばなりません。

しかしながら、本日は名古屋へ出張する予定。

出張をキャンセルすることで生じるリスクと
今日、仕事を進められないことで生じるリスクを天秤にかけ。

後者が勝ったため、出張については当日欠席の連絡を入れ。

ゴイゴイ進めます。

自分が受け持つ現場の確認もありました!
これは、一度見てみたかったCBR試験採取。
CBR試験 – Wikipedia

DSC_0988

これまで舗装の地盤調査ではFWD試験を利用していましたが、
歴史があり、オーソドックスな調査手法はCBR試験です。
試験により、「土の強さ」を数値化します。

その数値によって、どういった舗装構成が必要になるか、
設計へ反映させ、根拠資料とします。

やはり、古きを知って、新しきを知るべし。
未舗装路面ということもあり、今回はCBR試験を選択。

路面から深さ160センチに至るまでを掘削ボーリングします。

DSC_0989

得られた地盤試料を用いて、実験室内で土壌貫入試験となります。

DSC_0983

こちらが、掘削でゲットした試料。
表層10センチほどが砕石を含む地盤となっており、
それより深いところは粘土質の赤い土でした。

それにしても…現場は針葉樹林に囲まれた場所。

花粉すっげ。

フロントガラスに粉末が降り積もります。
現場から戻ると、鼻水が…止まらない。

新城で偉い衆と会議3本立てからポンプ点検

清水館のお世話になりまくった連休が明けて、
早々に、びっしりスケジュールが詰まった1日が始まります。

朝から測量用ドローンを飛ばして写真測量を実施する予定でしたが、
この日を狙ったかのように雨が降り…
(茶臼山高原は、スキーシーズンを終えたばかりだというのに、雪だったそうです。)
残念ながら、ドローンは延期。

延期の段取りを整えてから、出張。

事前に準備を進めてきた主催する会議3本立てです。

いずれも、国道や県道に関する案件。
新城にある建設機関へ、村議会の議長さんをお連れし、上司と共に向かいます。

別の出張に出ておられた村長さんと現地で合流。

会議開始時刻が近づくにつれて、長野県境側の首長さん議長さんが御参集。
新城市内の駐車場に、松本ナンバーの黒塗り車両が続々と。

豊根村が音頭取りして、県道整備の要望活動です。

上司が司会進行で、おいらは写真撮影&議事録メモ。
久しぶりに、阿南町の若手担当者くんと出会えて再開を喜び合いました。

最後に、全員で集合写真を撮影。
もちろん、撮影係はおいらにお任せ!

すると…

「けんちゃん!けんちゃん!」

おいらに声をかけられる声の主は…地元選出県議さん。

「このカメラも頼んで良い~?」

もちろんですとも!
大切な活動を是非、記録お願いします。
たびたび握る機会のある県議さんのカメラを拝借し、撮影。
同じSONYなので、使い方はバッチリです。

最初の1本目要望会が終わり、県議さんと豊根村の4人は居残り。

間を開けて、出席者が入れ替わり、2本目が始まります!
2本目の出席者は東栄町の町長さん、議長さん、課長さんと担当さん。
そして、我々豊根村。

こちらも、上司が司会進行で、おいらは写真撮影&議事録メモ。
要望を受ける側の皆様につきましても、多忙の中をお時間割いて下さり感謝であります。

地元選出の県議さんも1本目、2本目ともに応援に駆け付けて下さり!
力強い援護のお言葉を。

無事に2つの会議が終わったところで、

「けんちゃん!けんちゃん!」

この声は…県議さん。

なんと、先日の豊根村観閲式の時の写真データを下さると!
そういえば、観閲式の際、県議さんもカメラを持って撮影されておりました。

ちょうど手元にUSBメモリを持っていたところ、PCでデータを移してくださいました。

ありがっさまです♪

さあ、会議はあと1本!

場所はそのまま同じ会議室。

今度はおいらが説明者です。
準備してきた資料を展開し、「長」が付く皆様へご説明致します。

説明の火ぶたを切ったのは良いんですが、
いきなり…

配布資料で平成29年と書くところを平成28年と書いてしまっており。
もう、ね、あまりにも初歩的なミス過ぎて、出だしから冷や汗です。

冷や汗って、垂れるんですね。こんなの初めて。

自分が手に持っている説明資料にポタポタと、頬を伝う汗がしたたり落ちる。

そこから30分ほどかけて資料をしっかり説明し、
より良い改善プランへのご指摘頂き、未決事項が確定し、前進しました!
残された準備日数もみるみるうちにわずかとなってきております。
頂いたご意見をしっかり反映させて参る所存であります。

村長さん専用公用車を運転し、皆さんを乗せて豊根へ戻ります。
乗っているメンバーがメンバーだけに、情報交換や議論も。
おいらも、運転席から仲間に入れて頂いて。

村へ戻ったところで、次の予定の時間が迫ってきました。

今夜は、消防団のポンプ点検日。
訓練服に着替えて、坂宇場のポンプ積載車へ向かいます。

まだ冬季凍結期間につき、ポンプ内へは凍結防止剤が入ったままです。
よって、水出しはせず、エンジン稼働確認及び、無線点検を実施。

そして消防詰所に集まって、夕食会!

焼肉じゃあーー!

今夜の肉は、清水館ジンギスカンっ☆
お肉の仕入れ元は清水館。
ということは…

4日間連続で、清水館のお世話になっております。

畑仕事墓参り、夜は職場の総会

昨夜のお土産披露で、息子に買ってきたお土産のひとつ。
早速、作業が始まり、完成品はこちら!!

DSC_0981

和菓子創作キット。
独りで説明書きを読みながら黙々と作業に勤しむ姿。

こいつは…理系なのかもしれない。

飲み物も粉で作れるらしいのですが、
和菓子と言えば抹茶…ではなく!まさかのソーダww

 

春分の日。
暖かくなってきました。

花粉も飛ぶ!飛ぶ!

さあ、畑仕事。
畑仕事はばあばのテリトリー。
たまーに、畑おこしのお手伝い。

DSC_0975

起こしたところは地中の含水率の高い土壌が出てきて濃い茶色ですが、
暖かい陽気ですぐに乾燥し、再び元に戻るその姿は…

美しいグラデーション。

手押しの耕運機を使って、畑を起こします。

4サイクルエンジンなので、オイル交換も必要。
ずいぶんと長い間変えていなかったので、取説見て交換。

DSC_0971

ブルーベリー畑のポップコーントウモロコシ用地も耕しまして、作業完了。

春分の日。
お墓参りへ。

祖父母、父が眠る墓地へ妻&子供たちと。

息子は先にお墓まで、自転車でピューッと飛んで行っちゃいました。
墓地の傍らに自転車が立てかけられ、
我々が到着したときには既に竹ぼうきを使って墓掃除を始めている息子。

おいらが小さいとき、自主的にそんなことやった記憶なし。

関心しました。

掃除をして線香をあげる。

DSC_0977

毎朝、息子とふたりで仏壇に線香を上げていますが、最近は娘さんも仲間入りしています。

線香をあげる=手を合わせて祈る

その構図が頭の中に作り上げられた子供たち。
おいらが線香に火をつけると、自然に手を合わせています。
手を合わせるという行為は、脳の原始的な部分に記憶されている動作なのかもしれません。

亡き父も、成長した孫たちの姿を見て喜んでいるかな。

 

そして夜。

昨日、一昨日の2日間お世話になった清水館のバスが自宅までお迎えに来てくださいました!
まさかの、3日間連続清水館バス乗車(笑)

今夜は職場互助会組織の年度末総会です。

おいらは、今年度と来年度の2年間、会計役員。

会計資料を作って、監査を受けてました。

村長さんと一緒にバスの添乗員?をしながら村内各所の職員さん宅を巡り、
ゴールの清水館に到着。

まず、総会スタート!

会長さんのご挨拶、事業報告など続き、
おいらの役割、H28年度会計報告とH29年度の予算案提示。

無事、可決いたしましてホッとし、開宴!

DSC_0982

馬刺しユッケーーー!!!

職員全員に声がかけられ、全課横断して宴となるのは1年でもこの日だけ。
縦割りなどという言葉は存在しません。

最小限の人数で組織を効率的に動かす結果として
縦割りになる力学が自然界の法則として存在する可能性。

それを微塵にも感じさせぬほど、対話が繰り広げられ。

そして親睦が深められ、明日の仕事へつながっていきます。

帰りもまた、清水館バスに自宅まで送っていただきました。

消防団退団者送別慰安旅行in名古屋2日目

先輩方をお送りした夜から一夜明けて。
朝食を食べようとホテルの食堂に降りてくると…

長蛇の列。

なんぞ!?
そして、みんな、一様に中国語。

寝ている間に、中国に来てしまったか。

混み合う食堂で朝食を取り、身支度調える。
2日目はフリー行動で集合時間に集まって帰投する方式です。

せっかく名古屋へ来てゆっくりできる貴重な時間。

ソニーストアにヨドバシカメラに丸善書店に…

行きたい場所を巡るべし!

ネットからだけでは得られない情報収集完了。
集合時刻が近づいて来たので、待ち合わせ場所であるテレビ塔へ。

既に一部メンバーは参集済みで、出発時間までノンビリ過ごしました。

帰り道も、清水館バスにお世話になり、
途中で夕食、焼き肉食べ放題っ!飲み放題っ!

無事、帰宅しました。
ちょうど、お風呂から出たばかりの息子と娘が起きていたので、

DSC_0952

お土産プレゼント。

DSC_0955

これは?なんだろう?
まず、ラッピングに描かれた模様に興味津々の娘さん。

そして、中身を見るのが楽しみでたまらない息子さん。

DSC_0960

ラッピングを紐解いて出てきたのは…

DSC_0962

絵本です!!

DSC_0964

絵本を読んでもらうのが大好きな娘さん。
それが絵本だと認識するやいなや。

隣に座れ!

と、自分の隣の床をトントン叩く。
娘さんの隣に座らされ、絵本を読んであげたら大喜びでした。

消防団退団者送別慰安旅行in名古屋1日目

お昼前に、村を出発!

道中でメンバーをピックアップしながら、
いつもお世話になっている清水館のバスに乗って。

今回、職場の後輩と、その同級生である清水館の若旦那が旅をコーディネートしてくれました。

運転するのは、大型免許を持っているメンバー。

大型免許の保有率が高いため、大変助かります。

揃ったのは、20名弱の消防団第1部団員。
ちゃんと、第2部と旅行時期をずらして、いざという時に対応できるようなっております。

今回の旅先は、名古屋市内。

みんな、仕事やら何やらで、行く機会が多い場所でありますが、
そんなところに、旅行で行くという行為こそが、いつも違ってまた楽しいのです☆

しかも、清水館のバスにみんなで乗って。

スタートから、車内は大盛り上がり☆

行く先々のコンビニやパーキングエリア、サービスエリアのお世話になりながら、
あ、岡崎のサービスエリアにはこんなものが!

DSC_0945

「けんたろー!取り敢えずブログ用に写真撮って、食ってみん!」

ブログのことまで気遣って下さり、ありがとうございます(笑)

ちゅりゅ~~っと吸い込むように食べたマヨネーズ的容器に入ったそれは…
とってもマイルドなプリンです!
こりゃあ、うまい。濃厚です。

また、別途、生殺しキムチも座席を巡っておりましたが、
辛いものにめっぽう強いミスター花祭り@坂宇場の従兄弟をも唸らす、そのあまりの辛さに…

悶絶後、このプリンが活躍したことは言うまでもありません。

のんびり向かった道中、名古屋市内に到着し、夜の宴会まで自由行動。
こうしてフラフラ名古屋市内を歩ける時はなかなかありません。

名古屋に来ても、慌ただしく過ごすときばかり。

先輩と一緒に買い物に出かけたり、本屋さんに行ったり。

そして、夜!
今回、定年で消防団を退団される先輩がおふたりみえます。

先輩お二人へは、退団される先輩へのプレゼントとして恒例となりました、
観閲式の時に撮影した集合写真をプレゼント!

このメンバーで過ごした思い出を携えて頂くことこそ、最高のプレゼントに。

宴の後、

「よーっし!胴上げだ!!!」

ちょうど、お店の前は道幅が広く、胴上げをせずどうする!という環境です。
安全確保を入念に考慮し、

「けんたろー!カメラかまえたな!?」

OK!

せーのっ!!

MOV_0948_000023

空高く舞い上がる部長!

続いて、班長!!!

DSC_0951

気持ちを込めた胴上げ、決まりました。

長年にわたる消防団活動を通し、村の安心安全へ多大なる寄与を有り難う御座いました。

 

ちなみに、昨夜高熱を出した息子ですが、
ばあばが病院へ連れて行ってくれ、インフルエンザの検査を実施。

結果は…

陰性!!!

良かった。

だんごバラバラ事件

どう例えたらいいのか、よく分かりませんが。

ちょっと悲しい。

そんなことがあった日でした。

 

さて。
気を取り直して帰宅してみたところ…

だ…だんごがーーー!

DSC_0941

目を離した隙に。

串が付いているので、かなり焦りましたが、
ちゃんと分解して食べているあたり、ひと安心。

でも…まだ、甘い物は食べさせていないから…。
これっきりだよーーー!

そして、何故このような姿になってしまったのかというと。

団子を本来食べるはずの息子が、高熱を出してダウン。

家の中も、休まりません。

次々に関係先の異動者が明らかに

春は出会いと別れの季節。

花粉の量が増えると共に、異動で遠くへ行ってしまう関係機関の方々もいらっしゃいます。

職場にご挨拶に来て下さる方もいらっしゃり、
寂しいけれど…また、別の場所で出会える可能性もあります!

それもひとつの楽しみ。

異動はこの業界の宿命。

4月1日で、まるで転職したかのように、ガラッと仕事が変わり、
ゼロからのスタートになることも珍しくありません。
むしろ、その方が多い。

これまで培ってきた知識が、全く役に立たなくなることもしょっちゅう。

そんなとき、前任の方が残した足跡をたどるわけですが、
引き継ぎ書類や、前任者と関係策を回ったりすることで継続性が担保されます。
本来、お客様にとっては、異動があろうと無かろうと、同じサービスが提供されるべきもの。

後工程はお客様。

異動して引き継ぐ相手もお客様だと思って、しっかり足跡を残さねばなりません。

あ!
ここまで書くと、おいらが異動するみたいに見えますが、
我が職場、まだ異動の内示は出ておりませんのであしからず!

先日は、職場へ異動のご挨拶にみえた方が、
去り際に大きく手を振って行って下さいました。

とても印象的な場面でした。

サウジ国王陛下の隣には

サウジアラビア王国のニュースはまだまだ続き、
ソフトバンクの孫社長と会談がありました。

孫社長、サウジ国王と会談 企業首脳ら関係強化アピール:朝日新聞デジタル

…っと!!!

朝日新聞紙面のデジタル版に掲載された国王陛下の後ろに立つのは…

豊根村のサウジ交流プログラム、第1期生として来村したOくん!!
すっげぇところにいるーーーっ!!

その後も、豊根村にサウジ留学生が来るとき、
時折、先輩として留学生を率いて連れてきてくれるリーダーシップあふれる男。

彼と話をしていると、年下とは思えないほど、深い哲学を持っています。
今、あのポジションにいるということは…

ひょっとしたら、将来、ひょっとするですよ。

おいらもがんばらねば。

DSC04586

Oくんからお菓子をもらって喜ぶ、幼き頃の息子くん in 2013年のスキー交流。

さて、午後からは設楽町の建設機関へ打合せに。
今回は関係者が課をまたがるので、他の課の方々もご一緒していただき。

打合せの最中、咳き込み始めたおいら。
ノドのイガイガが…これは嫌な予感。

発作スタート。

咳が止まらない!!
どんだけ我慢しても、むせかえるほどの咳が、ノンストップ。

冷や汗と涙で顔がぐしゃぐしゃであります。

「村の方は、どうですか?」

質問振られて、むせかえったままのおいら。
あーもう、たまらんっす。

早く、この苦悩からおさらばしたい…。

このところ、県に関係する調整案件が増加中。
情報の交通誘導員状態。

適切に、正しく、素早く、情報が停滞しないように気を付けるべし。

現場巡り、今夜も役員会

午前中はデスクワーク。
午後から現場に出て打合せや現場確認。

ついでに立ち寄れる稼働中の現場合わせて、4箇所巡りました。

生活に密着している路線が村道ですが、総延長が非常に長いため、
全てに管理の目を行き届かせるのは至難の業。

現場に出たときに、異常を発見する能力を求められます。

けれども、おいらも道路パトロールのみに集中している時間は取れません。
よって、日常の中で異常を発見する必要があります。

以前、台風時に消防団で管内警戒しながら巡ったとき、
側溝が全く機能していなかった路線を発見。

段取りを組んで、土に覆われた側溝を生き返らせる処置を実施。

DSC_0929

山のような残土が発生しましたが、
適切に管理することで、大事に至ることを防ぐことができます。

他の現場では、特に示し合わせたわけでもなく関係者が集まり、
タイミング良く打合せをすることができてラッキー。

職場に戻り、終業時刻後。
今夜は職場組織の役員会。

おいらは会計役を仰せつかっています。
この年度末の時期、おいらが受け持っている会計がいくつも決算を迎えるので、
仕事以外にも数字と睨めっこが続きます。

役員会は滞りなく進み、会長さんは、また別の役員会が控えているため、離脱。

会長さん、昨夜も上黒川区役員会に参加されていました。
いくつも役員を掛け持ち、お疲れ様です。

村の人口1,200人に対して、生産年齢人口は約半分。
組織の数はたーんとありますゆえ、役員をいくつも兼務するのが田舎ならでは。

ちなみに、今日も生放送に出演されていました。

DSC_0923

そして!
このショット!!!

DSC_0924

サウジアラビア国王陛下と安倍首相、その並びに…。
鷹鳥屋明さん。

すっげ。

TOP