戻る - 参加 

2003年7月1日 (火) 雨すご。
今日は、遅刻しかけたため、原付にてダッシュ。

まあ、雨降ってるけど、カッパあるからいいや。
って思ってました。

ここで、計算間違いに気づくべきだったのです。

昼。
飯を食おうと、理カフェに行こうと…

外は土砂降りの雨。

傘ないヒト×2
ある人×1

おいらは、傘持ちさんに入れてもらっちゃいました。
もう一人は…
みごと…
ごめんちゃい(笑)

で、帰りは…
傘持ちさんはコピーをしに生協へ。

取り残された俺たちは…

だぁぁぁぁぁ〜〜〜〜っっっしゅ!

ああ…つめてぇ。

2003年7月2日 (水) デザイン科目…ついに…
ついに、やってしまいました。

まさか、おいらが教官とバトることになるとは…

ちょうど、体調もすぐれなくてイライラしていたので、
教官からの決闘申し込み(?)に、受けて立ってしまいました。

なんだかな〜

他にも、バトってる人がいて、
その人は、帰ってしまった…

ああ。
もう、この研究室はバラバラ。
はっきり言って、
教官たちが入り込まずに、
生徒の自主性を尊重するなら、
任せてくれた方がうまくいったのかもしれない…

とは言っても、もう遅いんだけどね。

プレゼンテーションも間近に控え…
あ〜あ。

2003年7月3日 (木) リング圧縮。
今日の実験テーマは、リング圧縮。
とまあ、これだけ言っただけでは、なにをやるのか分かるまい。

円柱型の金属と、円柱の中心に穴の開いたリング状の金属と…
こいつらを上から押し付けて圧縮してやると、
違った傾向を示すのですよ。

んで、しかも、
そのときに潤滑油を塗るかどうかでまたまた違う傾向が。

この潤滑油。

とてつもなくξ。
めちゃめちゃξ。

(注:ξ=くさい と読みます)

おいらは運良く無潤滑の試料圧縮だったけど、
油使った方々…
ご愁傷様でした。

2003年7月4日 (金) 伐採。
数日後の七夕に向けて…

今年も竹を伐採して参りました。

あ。
これ内緒ね。

(webで公開している時点で内緒ではないか…)

まあ、とにかく、七夕ですねえ〜

3年3人×一年一人で。
のこぎり片手に名大の某竹林へ。

名大って、自然の宝庫ですな。

特に、東側のキャンパスには広大な森林地帯が…
探せば、原住民くらい出てくるかもしれません。

そんな、理系地区も、最近開発の手が…

まるで、地球の縮図を見ているようで…(笑)

きっと、野生動物(野良○○)なども、住処を追われ…

はい。
いました。
竹を伐採中に、こねこさんがたくさん出てきました。

ってか、ちょっとでかい竹を伐採しすぎたかな…
大通りを横断するとき、かなり目立ちました。

今日の教訓。

「自然は大切にしましょう」

2003年7月5日 (土) プレプレ七夕コンパ。
7月7日を前に、週末と言うことでやはり飲み会勃発。

まあまあ、若気なメンバーでした。

そんなに深酒をせず…
夏合宿の「原付隊」について盛り上がってました。
特に、一年生と。

今回の合宿も、やはり車は足りなさそう…

よって、原付隊発足となったわけですよ(ぉぃ

ホントに発足するのか…
発足したら、全力でサポートしますよ。
発足したらね!(笑)

そうそう!

OB様に車に乗せて頂いて、
久々の海海ラーメンに行ってきました!

うちの掲示板にも書き込みくださった、あのラーメン屋です。

今日は、アジアンラーメンの卵とじに挑戦してみました。

エスニックの香りの裏側に隠された大量(?)の香辛料。
なんか、こんなラーメン初めて食べるって感じのスープ。

おまけに、店長さんは巨人ファンだと言うことが判明(笑)
名古屋弁で巨人を熱く語られると不思議な感じがしますな(俺だけ!?

またいきたーーーーい!

2003年7月6日 (日) フルスロットル。
原付で、フルスロットルで走っていたら
後ろから赤い回転灯を光らせた白黒の車が…


ってのは、冗談で。

観てきました。

「チャーリーズ・エンジェル…フルスロットル!」

今回も、相変わらずのひょいひょいとしたリズムで進むストーリー展開。
ってか、おねえさまがた…アピールしすぎです。
…と、思ったのは俺だけですか?

ちなみに、ボンジョヴィはヘビメタなんでしょうか…

ここのところ、ロックかどうかも分からなく…(ぉぃ

まあ、とにかくおもしろかったですよ。

マトリックス同様、ワイヤーアクションが激しい…
最近は、こんなのが流行?
アクションがだんだん現実離れしていく…
だんだんドラゴンボールになってくる…

いや、まだ、空を飛んでいないだけマシですな。

2003年7月7日 (月) 七夕(織り姫と彦星のランデブー)。
七夕には、我が天研では、七夕コンパと称し…

飲み会があるのですっ!
平日なんて、関係ないっ!

明日授業は一限からなのに、
参加してしまいました。
ま、外は相変わらずの雨。
天の川なんて見えるはずがありません。

むしろ、名古屋では天の川なんて見えない。

そうそう、
世の中には結構、七夕にしか天の川は見えないと思っている方が…
いるらしい。
まあ、自分も…幼き頃はそんなことを考えていたり。
んで、七夕になると、空を眺めたっけなあ〜。

これから、夏も深みを増し…
天の川の季節です。
写真撮りたい…

今年もまた、実家にスペースボーイ赤道儀を借りていこうかな…
機材置き場で眠っていることだし。

2003年7月8日 (火) いそがしいっす 。
やっべーーーーーー
日記たまりまくってる。

なんか、今期の集大成のように、提出物があふれかえっている。
やることおおすぎ。
授業切りまくり。

授業切って、レポートや、製図や、発表原稿作っている人。

た〜〜〜くさんいます。

はい、僕も、その一人です。

2003年7月9日 (水) 公衆電波天国。
今日のデザイン科目。
期待の(!?)バトルはありませんでした。

そうそう。
今日は、マイパソコンを持って、プレゼンテーションの練習。
プロジェクターと接続して、
作ったパワーポイントを上映しました。

プレゼンテーションって、慣れないと難しいなあ…
いまいち、うまく説明できない。
このままでは、うまく伝えられないまま
制限時間の5分が過ぎてしまう…
もっと、練習せねば。

せっかく、パソコンを学校に持ってきたので…

無線LANで、どこまでつなげられるか…
正確には、基地局をいくつ拾うのか…

実験してみました。

すると…

拾うわ拾うわ。
そこら中に、基地局があふれています。

中には、ちゃんとパスワードで保護していなかったりする基地局も…
こんなところからは、ネットにつなぎ放題になってしまいます。
いいのかなあ…

なんか、基地局のIDには、うちの専攻の研究室の番号が…

そうそう、
今、名大で実験中の無線実験にも参加してみました。
IDを簡単に取るだけで、ネット接続。

これいいねえ。

基地局が増えて、天研とかでネットが出来る日が来るのかな…

そしたら、天研にサーバーを作ろう(笑)

2003年7月10日 (木) 超音波探査。
今日の実験は、超音波を使って金属柱の欠陥を探るというもの。
金属の中には、やっぱり、空洞とかが出来てしまうものなのです。
んで、そいつらをそのまま機械に使ったりすると、
耐久性が悪かったり、
下手すると、事故にもつながりかねないのです。

だからといって、金属を破壊して中を調べるわけにはいかないので、
超音波の反射を使って調べるわけですよ。

まあ。
簡単に言ったら、魚群探知機かな(笑)

与えられた金属に、聴診器みたいなものを当てて、
わさわさと調べ始めました。
これがまた、宝探しみたいでおもしろい。

何かに使えないかなあ(笑)

2003年7月11日 (金) 講義なげええええ!っつーの。
今日は、演習…のはずでした。

しか〜し。
なぜか講義。

講義と言ったら、長くても、一時間半と
相場が決まっているもの。

ってか、ふざけんな!

演習の時間まるまる講義しやがった。
しかも、量子力学。

ついて行けるわけがない!

二時間以上も、講義を聴く集中力はありません。

2003年7月12日 (土) 波瀾万丈ドライブ。
新たに車を買いやがった同期のものの車に乗せてもらいに、
夜、
天研に向かった。

学科の某Tといい…

こーゆーときだけ、
自宅生がうらやましくなる。

中古とはいうものの、きれいでうらやましい。
暗闇で見たからかな?(笑)
街灯の下で怪しげに光るその物体は、
うらやましい以外の何者でもなかった。

で、早速出発。



………

いきなりトラブル発生。

本人の名誉にも関わりますので、
WWWで公開するのはちょっと控えようかな…

まさに、WWW((笑)(笑)(笑))。
な、トラブルでした。

ぴっかぴかのワックスの上に、おいらたちの手形をつけちゃって
ごめんね〜(笑)

出発したものの、
行き先の定まらぬまま…
なにげに、西広瀬まで。
途中、グリーンロードの工事のせいで回り道をしたものの、
とにかく、うらやましい。

そして、彼のおとなしい運転で西広瀬のパーキング到着。

そこで…

驚くべきものが目に入ってきた…

Will vs ×8台(くらい)

あの車って、あんまり見ないのに…
(Rさんすみません(笑))
でも、以前に遙か岡山の近くまで行ったときに
たくさん乗って、一気に印象が変わった車。
かっこいい〜

でも、アレがズラーッと並んでいるのは何とも不思議な光景でした。

んで、西広瀬からはおいらが運転。
久々のマニュアルでした。
エンスト…
もちろんしませんでしたよ!
初心者マークはとっくに取れてますから。

そのまま、戻ると思いきや、
豊田市を経由してR153経由で行くことに。

途中、なぜか男3人で鞍が池の夜景スポットへ。

以前にも来たけど、粒子の細かい夜景が印象的だったな。

その、夜景スポットへ向かう途中の山道で、
不思議なところに駐車している車発見。
先輩に言われて、車を近くに止め、
その怪しい車へ歩み寄る…

すると…

痛そうに顔をゆがめている青年が…

数人で、その青年と少年を囲んでいた。
どうやら、話によると、カブトムシを捕ろうとして木に登ったら、
そこから落ちてしまって、骨を折ってしまったようなのだ。
すでに、救急車を呼んだらしいので、何の役にも立たなさそうな俺たちは
さっさと退散。

んで、かる〜く夜景を見て山を下ると、
救急車が停まっていた。
大事じゃないと良いな。

んで、名古屋までは先輩の運転で帰り、
ついた頃には午前3時にあいなっておりました。

ありがとねーーーーー!

また、乗せてください。

2003年7月13日 (日) 設計な一日。
機械製図の提出期限を間近に控え、
今日は、一日かけて仕様書を書きました。

まあ、ふつうはそんなに書けるものではないと思うけど、
やっぱ初めて書くので、調べながら

計算しながらで結構時間がかかってしまった。

おまけに、ワープロ打ちが好ましいとか言われたので、
数式エディタフル活用。

最近、週末は必ずと言っていいほどレポートやってるな…
まあ、休みの片方は羽を伸ばしているから
いいとするか。

2003年7月14日 (月) なんだか知らないうちに。
おかしいなあ…
ここ数日は、提出物ラッシュで、死ぬ予定だったのに…

思ったより早く終わってしまって、
あっけにとられております。

明日提出すればおしまい。

おっしゃぁぁぁぁ!

2003年7月15日 (火) サーバー。
なんか、突然やることがなくなってしまったので…
何の気なしに天研の友人のページを見ていて…

おおう!

そうだ!

おいらも、サーバー組んでみよう。
って気になった。

突然の思いつきだったので、
まずはいろんなwebページを見てお勉強。
ふむふむ。
いろんなソフトをインストールするらしい。
しかも、結構英語がおおいときた。

なぜか、やる気満々だったので、早速開始。

実は、かつてサーバーを組んだ経験はあったんだな。
まだ引っ越す前に、
いろんなフリーソフトをいじっていて
確かあのときは、CGIを動かしたいがためにサーバーにしたっけか(笑)
でも、CPUのパフォーマンスがなんだかおかしくなって
やめたっけかなあ。

今回は、前回の知識が多少は残っていたので、
まあまあできた。
友人の助けも借りて、
メールサーバーにもしてみた。

なんだか、感動した日でした。

2003年7月16日 (水) デザイン補講。
デザイン科目のプレゼンテーションを、明日に控え…
今日の午前中は授業が休講のため、
その準備に追われた。

10時集合だったので、
集合場所へ向かうも、
来ているヒト少ない…

しかも、焼酎マニアOくんは、二日酔いのまま遅刻…

あの〜
今日は、教授へのプレゼンが控えているんですけど…

しかも、噂によると、
去年の人たちだか、一昨年の人たちの時には…
めちゃめちゃキレたらしい。

うううう〜〜〜〜ん。

かなり、自信ない。

実は、昨日の夜からずっと、
怒られることを覚悟して、
ひたすら自分の心を無にする特訓をしてきた(笑)

ついでに、片方の耳からもう片方の耳へスルーする訓練もした(笑)

んで、早速プレゼンテーションの練習をしていたら…

突然、教授の登場。

うげえええ。

まだ、練習の途中だっちゅーのに…

仕方なく、その場から早速開始。
う〜〜ん。
いまいち教授の顔色が優れないなあ…
しかめっ面だよ…

授業中に、TAにキレるくらいの教授だからなあ…

おびえつつ、プレゼンテーション終了。

開口一番に…

「話にならんわ。」




と、言われるかと思いきや。

「いいじゃん。よく考えたねえ。」

え!?
ええええ!?

かなりびっくり。

その後も、お褒めの言葉をたくさんいただいた。
しかも、その後にかなり的確なアドバイスをいただいて、
感動。

今日は、教授とバトルして締めをくくるかな〜
とか思っていたのに、全然。

「特許取ったら?」

と、言われちゃったりも…

いやいや、そんなたいしたことないんだけどなあ…

いやあ、デザイン科目…最後まで波瀾万丈。

あ。
しまった、
まだ最後じゃないや。

明日に本番が控えているーーーー!


さて、平和に終わると思いきや、
いつも通り、局地的なバトルは繰り広げられたことは、
言うまでもありません(笑)

2003年7月17日 (木) デザイン科目〜ドキドキプレゼンテーションの巻〜
さあ、ついにこの日がやってきてしまいましたよ。
デザイン科目のプレゼンテーションの日…

なんつーか、前日から緊張してて、なかなか寝付けなかった…
どうにかならんかなあ…
この、緊張症は。
別に、人前にたってしゃべることは嫌いじゃないんだけど
心臓の鼓動が…

昼休みから、先生方と準備を始めました。
自分は、マイパソコンを使ってプレゼンするので、
ちゃんと、講会議室でプロジェクターを使って投影できるかを確認。

なんか、各グループに与えられた時間はそんなにないので、
画面切り替えはセレクターを使うようで。
一番準備の早かった、myvaioの画面が投影されました。
さすがに大きな講義室だけあって、圧巻。
映画とか投影したくなった(笑)

そうそう!
どんどん、接続されるパソコンが増えていったのだけど、
なんと!
過半数がvaio。
全部で、15班発表するのだけど、
最初に準備していた人たちなんて、
全員vaio。

中には、研究室のパソコンもあるはずなんだけどなあ…

こんな遊びパソコンが、
こんなにたくさん使われているとは…

研究室にあるvaioほど、違和感を醸し出しているものはない気がする…

研究室にあるパソコンといえば、
やっぱり、DELL?

っとっと。
話が脱線。

どうも、vaioの話となると…(笑)

うちらの順番は、6番。
なんつーか、
俺ら以前の5組の発表はほとんど耳に入らず。
一生懸命、原稿を頭の中にてエンドレス再生。

そして…

恐怖の本番。

周りを見渡すと…
講会議室ぎっしりに詰まった人々。
こんなに詰まった光景は、なかなか見ません。
なんたって、
各研究室の教授、助教授など、
日頃教壇に立っている方々も見に来ているのだから…

さ〜て、
レーザーポインターを渡されました。
うぐう〜
スイッチいっぱいありすぎ。
かなり動揺していたおいらは、
どれがスイッチか判別できず。

しかも、周りが暗い。

もう、おろおろしまくり。

何とかスイッチをつけ、説明開始。

もう、自分が何を言ったかわけわかんなくなってたけど、
どうにか終了。
その後は、ほかの班のプレゼンテーションを楽しめました(笑)

んで、お次はポスターセッション。

ブースごとに別れて、
質問攻勢に答えるのです。

と、まあ、プレゼンの感想を言っていってくれる教官もいて、
お褒めの言葉をたくさんいただきました。

どうやら、オリジナリティがあふれていると、
ほめられるっぽいです。

なんか、一期かかってデザイン科目やってきたけど、
波瀾万丈な分、達成感もひとしおでした。
ほかの学科とかにはない、生徒の自主性を本当に追求した実験らしいですけど、
ほんと、この科目はいいですよ。

ってまあ、この日記でやたらめったらに書いておきながら、
ほめるなとは言わないでください(笑)

カリキュラム的には、とてもいいものだと思います。

2003年7月18日 (金) 堕落生活。
あ〜もう。

デザイン科目が終わって、ほっと息ついてたら
何もやる気しなくなっちゃったよ。

ひさしぶりの、だらだらモード。

あ〜〜〜あ。

実験レポートやらなきゃ…

あ〜〜〜〜あ。

めんどくさい。

2003年7月19日 (土) 焼き肉。
新居で、初焼き肉。

結婚式の引き出物でもらったホットプレートを使用して、
妹&その彼氏(公表していいよね?)とともに焼き肉大会。

妹は、親父に似て鶏肉がすき。

おいらは、牛肉がすき。

だから、ちょうど棲み分けがなされていてちょうどよい。

なすも好き。
肉汁のしみこんだなすが特に。

ジャガイモも好き。
肉の味でいっぱいになった口直しにちょうどよい。

だが、今日はビールは登場しなかった。



うまうま。

2003年7月20日 (日) 天研(裏)プロモーションビデオ
只今、内輪の、内輪による、内輪のための
ビデオ作成中。
今までに撮った天研のビデオの中から、
おもしろいシーンを抜粋して作っています。

んで。

ほぼ一日かけてカット割りを作ったわけですが、
なんつーか…

名大祭だけで作成終了。

あまりに、人様には見せられないような映像が
大量にあったため、
それをつなぎ合わせていたら、
名大祭だけで5分埋まっちゃいました。

よって、

次回作の作成決定。

次回は、天研飲み会スペシャルで。

一時間くらいの超大作になるかな〜(笑)

2003年7月21日 (月) 天研花火大会。
世間の皆さんは、名古屋港のみなとまつりへ…

あっしは、去年行ったのですが、
あの人の混みよう…
田舎育ちのおいらには耐えられません。

ってことで、天研で人を集めて花火大会。

学内でやると、いろいろ苦情などが来て大変だろうと思うので、
近場の公園にて。

これがまた…

蚊が多い!

あっちゅーまに、みんな刺されまくりです。

ほとんど、手持ち花火中心。
ちゃんと、バケツも用意して、
火の用心。

やっぱりあの人は、花火を振り回していました(笑)

と、いい加減、蚊の多さに嫌気がさしてきたので、、
コンビニに行って虫除けスプレーを買いに行くことに…

が。

売っていない!

虫さされの薬も、もちろんない。

仕方ないと、公園に戻って花火を続けた…

と。

おや、
もう刺されなくなったぞ?
花火の煙の効果か!?
いや、
そんな話は聞いたことがない。

もしや…

吸い飽きた?

ひとも結構いたし…
思う存分堪能し終えたのですな。

さぁ。
あの公園は来年もっと蚊が増えているだろうな…

養分をたくさん摂取したのだから…


あ〜
なんか、花火の話書こうと思ったら、
蚊の話になってしまったよ…

2003年7月22日 (火) 久々の名駅。
親に宝くじを買えと、頼まれていたので、
名駅へ。

なんか、名駅が当たりやすいと言うことで、
場所まで指定(笑)

と、
当たる当たると言って、
名駅のところではめっちゃ売りさばいているんだから、
その売りさばいた量が多い分、
他の店と比べて当たりやすいのは当たり前だろう…

と。

思った。

2003年7月23日 (水) ラストデザイン科目。
今日で、あの思い出深いデザイン科目とも
おさらば。

午後からいつも通り講義室にて

反省会開始。

教官の方が。
「さ〜て、何反省しようか。」

そして、

「やっぱり打ち上げと言ったら、酒でしょう!」

え!?

研究室から、お酒と紙パックを持ってきてくれました。
そして…

酒盛り開始。

あの〜
今、昼ご飯食べたばかり何ですけどぉ〜
それに、ここは講義室なんですけどぉ〜

まあ、堅いことを抜きにして、
反省会が始まりました。

自分らの班の反省。
他の班の発表についての感想。

特に、後者の方が盛り上がってました。
つっこみどころが満載で、
いっぱいつっこんでました。

まあ、他の班でもうちの班の実験についてつっこんでるんだろうなあ。

しっかし、
最後のバトルは見ることができず。
酒も入って、
流血バトルが観られるかと思いきや、
至って平和に過ぎ去っていきました。

トイレの壁に穴が空くこともありませんでした(笑)

結果良ければすべてよし。

人生そんなもんだ。

デザイン科目…

「やはり、人間は個性というものを持っていると言うことを感じさせられたというか、議論を重ねても重ねても、答えは出てこず、むしろ議論すべき議題がどんどんふくれあがってくるような状態で、かなり悪戦苦闘した。そもそも、この段階では、デザイン科目の実験において、どの程度の規模の実験までが許され、どの程度の時間を費やしたらよいのか…また、どの程度の時間を費やせば、どの程度の成果が得られるのかという点について、わかっていなかった部分が多く、漠然とただやりたいことを並べるだけでは、議論が収束しないのも、もっともな気がした。…(中略)…デザイン科目自体は、自分たちで実験を組み立てるというとても能動的なものがあり、また、終わったときの達成感がたまらなくうれしかった。また、能動的に参加したということで、得られた知識がしっかり頭の中に固定された。
 日頃の授業も、これくらいのめり込めたらなあ…と、思う今日この頃でした。」

以上。
感想レポートから抜粋。

2003年7月24日 (木) 工場見学最高!(一日目)<その1>
朝8時20分集合ということで、
日頃お寝坊さんなおいらも、がんばって出勤。

なにせ、遅刻した場合はおいてかれるというのだから…
¥15,000も払って不可をもらいたくないです。

出発は、なんだか遠足気分。

観光バスを二台貸し切って、
二班に分かれて各企業を回るんです。
うちらが最初に行ったのは、岐阜羽島にあるサンヨー。
ここの名物といったら、
あの大きなソーラーパネルが印象的ですよね。

新幹線からも、高速からも見ることができます。

2コースあって、Aコースの方を選んだ理由の一つが、
このソーラーアークが見たいからだったりもする。

実物を見て、
うぁ〜すごいなぁ〜
っておもった。

まあ、たかがソーラー発電だし、たいした発電量ではないだろう…
と、思っていたけど、
実際の発電量は650KWだそうな。
これって、すごいのかな?
太陽電池の変換効率には、限界があるみたいで、
今はその限界により近づけようと、研究してるみたい。
(↑これは、友達の豆知識ね。)

内部はというと、
以前自分が興味を少々持っていた有機ELディスプレイの展示説明会。
しかも、ネットニュースでしか見たことがなかった15インチのディスプレイまで展示されていた。
これには、かなり感動。
ケータイ用に作られた小さなディスプレイも見たけど、
液晶ディスプレイと違って、
どの角度から見てもかなり明るい。
もっとも注目すべきところは、
その薄さである。

薄すぎます。
これなら、ぺらぺらに薄いケータイが作れるかも(笑)
1.4mmだったかな。

研究員の人曰く、
プラズマディスプレイは廃れて、
これからは有機ELの時代でしょう!
って、語ってくれました。
消費電力も、液晶より低い。
プラズマテレビなんて、電子レンジをずっと動かしているくらいの消費電力らしい。

そうそう、ソーラーアークの中は、展示場みたいになっていて、
とにかく太陽についての展示が多かった。
しかし、ちょい〜と、しょぼいと思ったのは俺だけではないはず。
なんつーか、目新しさがなくて、
こんなのどこの科学館に行ってもあるじゃんってな感じだった。
サンヨーらしさと言っては難しいかもしれないけど、
サンヨー色がもっと見たかったな。

まあ、子供連れもくるみたいだし、無理言ってもしょうがないか(笑)


------------------------------つづく------------------------------

2003年7月24日 (木) 工場見学最高!(一日目)<その2>
んで、岐阜羽島を後にし、
高速に乗ってひたすら知多にある新日鐵へ。

製鉄所ってのは、テレビのイメージではとてつもなく熱そうな…
感じがしたんだけど…

やっぱり熱かった。

作業服着せられて、
安全めがねして、
ヘルメットかぶって、
耳にはイヤホン入れて説明者の解説を聞く。

この格好で、観光バスに乗り込んだ。

外から見たらさぞかし不思議な光景だろう…

と、ちょっと時間があるということで、
観光バスで新日鐵探検(笑)

が!!!!!!!!!

どうやら、案内係の人事の人が道を間違えたらしく、
観光バスがくるべきところじゃないところまで入ってしまったらしい…
バスの両脇には、鉄鉱石の山が…
しかも、その鉄鉱石の山の向こうには…

名港トリトン。

ここは、日本なのか!?

すれ違う大型トラックの運転手のおじさんが、
不思議そうな顔をしてこちらを見ている…

いやぁ。
しかし、貴重な経験をさせて頂いたよ。

新日鐵の構内には、信号機は当たり前で、
鉄道も走っているし、パイプラインもある…

信号機に、右折信号もついていたときはビビった。
渋滞していたときは、もっとビビった。
ここは一つの社会である。

工場内部…

熱すぎます。

ほとんどの行程が自動化されていて、
どでかいクレーンやら何やらがでっかい鉄を処理している。
いやぁ〜
スケールがでかいですなあ。
真っ赤な鉄から放射される熱が、かなり熱い。
工場から外に出たとき、めっちゃすずしかった。
結構気温の高い日だったにもかかわらずね…

再び会議室に戻ると、
そこにはお茶が用意してあった。

めちゃめちゃのどが潤される…

のどを潤しながら、質疑応答の時間。
結構活発に議論がなされて、
中には、職員の方がタジタジしてしまうようなきわどい質問まで…
でも、必死に答えている職員の顔が印象的だった。
自分も、2,3質問してみた。

やっと、涼しいバスに戻り、一路蒲郡へ。

蒲郡といえば、温泉でしょう。
天研の夏合宿を前に、ひとっ風呂浴びてしまいましょう。
ってなわけで、三河湾が一望できる高台にあるホテルへ到着。

と、夕食前にうちの部屋で一試合始まってしまいました…
ジャラジャラと…

麻雀大会。

なんか、今夜の展開がだいぶ見えてきました。

--------------------------------つづく------------------------------

2003年7月24日 (木) 工場見学最高!(一日目)<その3>
んで夕食&宴会。

ビールを手にとって、乾杯!
海の幸に舌鼓を打ちつつ
ビールを口に運ぶ。

あ〜〜〜〜幸せ。
ってか、ここの海鮮料理がめっちゃうまい。
話す方もままならないくらい食事に熱中しかけた。

と、隣の席では既に俺より真っ赤になっているTくんが…

まだ、ビール二杯くらいしか飲んでないのにね。

なのに、どんどんグラスにビールが注がれます。
俺のグラスにも、どんどんビールが注がれます。

日頃学科の人たちとはそんなに飲んだことがないので、
だんだん赤くなっていく俺を見て、
「さかもっちゃんだいじょうぶ???」
と、声をかけてくれる人がたくさん(笑)

ほかにも、学科のどの人が強いか、弱いかなど、
よ〜〜〜く分かりました。

んで、隣のTくん。
ジュースに走り出しました。

が。

あのOくんにすぐに取られ、
しょぼ〜〜〜ん。(笑)
繰り返すこと3回。

結局彼はジュースを飲むことはできませんでした(笑)

もう、かなりやばくなってきた彼は、
その場で撃沈。
寝てしまいました。

しかし、悲劇はそこで終わらなかった…

酒を飲むのをやめたにもかかわらず、どんどん赤くなっていく彼は…
みんなにいいように遊ばれて…

ついに…

「ぬ〜げ!ぬ〜げ!ぬ〜げ!」

脱げコールが勃発しました。

その声はどんどん広がってゆき…
ついに宴会場は脱げコールの大荒に。

しかも、脱がしていた実行犯は俺たち…

まあ、かわいそうになってきたので、背中をさらけ出してよしとした。

しっかし、背中ですらも真っ赤っか。

体中真っ赤っかとなった彼は、その場に放置されたのでした。

宴会場では、柔道が始まるわ、おかしなマイクパフォーマンスがあるわで大わらわ。

-------------------------------つづく--------------------------------

2003年7月24日 (木) 工場見学最高!(一日目)<その4>
宴もたけなわとなり、宴会場が使える時間もわずかとなったので、
教官から二次会のアナウンスが…

これからが本番と言うことですな(笑)

とは言っても、二次会にいたのはだいたい20人くらいで、
その他80名ほどは各部屋へ。

もちろんおいらは、二次会に参加しちゃいました。

そこでは、教官たちがお酒を用意してくれていて…
ワインがとってもおいしかった。
話も、めっちゃおもしろい。

なんでも、人生楽しく成功するには、落ちこぼれになれということ。
byT先生。
先生が就職した頃は、造船会社とかが一番人気で、できる人はみんなそっちの方へいったらしい。
んで、落ちこぼれの人たちは、NECなどの電機系に行ったらしい。
すると、その立場は今や逆転しており、
優秀だった人たちはみんなリストラされたりして危機に立たされ、
落ちこぼれだった人たちは優良企業の管理職。

人生って、分からないものですねえ。

だから、研究室選ぶときも、自分はその研究で飯を食っていこうとは思わずに、
それは一つの道と考えてそれ自体に縛られないようにしなければならない。
今、材料専攻にいるからといって、材料系に就職しようと思ってはいけない。
今、他の人にないようなもので、自分自身をアピールできるような人間に。

最近、就職について考える時間が多かったので、
この機会にいろいろ先生に聞いてみた。
っつっても、みんなで質問しまくってたので、
あんまり自分の質問はできなかったけど…

でもやっぱ、院には行こうと思った。

研究を通して、何か自分に対して得られるものがあるだろうという憶測しかできないけど、
自分がやる気になれば何かが得られるだろうし、というか、得たいし。
ただ単に、みんな行くから院に行くという行為だけはどうしても避けたいと思う。
でも、院に行って何も得られなかったらどうしよう…
だからこそ、院に行こうか迷うんだけどね…

こうやって、考えが堂々巡り(笑)

でも、この二次会でなんか、もっと気楽に考えようかなとか思いだした(笑)

二次会も、途中で抜け出して温泉に入ろうと思い、部屋に戻ると…

ジャラジャラ〜〜〜〜〜

麻雀大会が開かれております。
総勢10人くらい。

寝られるかなぁ〜
と、思いつつ、温泉へ行くと…

そう…
あの、全身真っ赤っかだったTちゃんが…
青くなって登場。

ものすごい痛そうに頭を抱えながら、一緒に温泉に入っていきました。

人もあまりいなくて、広かったのでちょいと泳いでしまいました(笑)

んで、自販機でハーゲンダッツをかってみんなで食す。
うはぁ〜
幸せ。

部屋に戻ってみると…

うを???

人数が倍にふくれあがって…
方や麻雀、方やトランプ大会が繰り広げられていました。

別に、俺の部屋でみんなでやらなくてもいいのに〜
にぎやかで楽しかったけどね。
さながら、三次会の様相を呈していました。

5人部屋なのに、20人以上いるぞ…

マッサージをされて気持ちよかったおいらは…
いつの間にか眠りに落ちていました。

朝起きてみたら、部屋員通りの5人になっていました。
あの人々はいずこへ…(笑)

2003年7月25日 (金) 工場見学最高!(二日目)
朝食も、めっちゃおいしい…

集合写真を撮った後、いざデンソーへ。
西尾工場。

蒲郡からあっという間に着いちゃいました。

ちっ!

足りない睡眠時間をバスの中で確保しようと思ったのに…

いやぁ。

今回行く工場は広いところばかりで。
移動はいつもバスですな。

でも、今回は観光バスではなく、
デンソーのバス。
っつーか、工場内の至る所にあるバス停は何ですか?

ああ…

路線バスが走ってるんですね…

さすがは、自動車の関連工場。
工場内で路線バスを走らせるとは…

工場内でまず目についたのは、
その自動化されたラインではなく…

荷物運びロボット(!?)

めちゃかわいい。
一台欲しい。

チンチロリィ〜ン♪

と、オルゴールのような音を出しながら、
床に埋め込まれた磁気テープに沿って荷物を自動で運んでいきます。
人間を関知したら、自動で止まるとのこと。

いや。
おかしいなあ。
見学者がひかれかけてたのだが…

工場内にはあまり人はいなくて、
作業がほとんど自動化されていました。
人間がいるのは、自動機の整備と、最終点検くらい?
これなら、かなり人件費が削減できるんだろうねえ。

再び会議室に戻り、
用意されていたお茶を飲みながら質疑応答。

いやぁ。
何でこんなに質問がたくさん出るんだろう。

大学の講義とは大違いだ。

みんなの興味の量に比例しているのだろうか。

んなわけで、工場見学はおしまい。
名古屋へ向けて帰っていきました。

バスの中ではラッシュアワー2が上映されてたけど、
おいらはお構いなしで、音楽を聴きながら夢の世界へ旅立っていました。

最後に一言…

もう一回行きたい!!!!!!!!!!!!

2003年7月26日 (土) 車を取りに実家へ。
昼過ぎに親がきたので、昨日から泊まりに来ていた、いとことともにおばさんの家へ。
親が買い物に行っている間、高校野球で盛り上がり、
夕方、実家に帰省。

運転はもちろん自分が。

途中、瀬戸のいとこの下宿に寄った後、
帰ったので、母さんの実家に寄ったときには7時に…
実家についたのは、8時近かったかな。

遅い夕食のすしを食らったら、すぐに準備して再び名古屋へ。

今回の帰省の目的は、車を持ちに帰ることだったので、
ほとんどゆっくししていられず。
阪神の連続フォアボールをみんなで楽しそうに眺めた後、
家を出た。

途中、走り屋さんにあおられたりもしたけど、
ちょっと、勝負して潔くあきらめた。
車の作りからして違いすぎます。

名古屋に着き、玄関のドアを開けたとたん…
えらい笑い声。
妹の友達が来るとは言っていたけど、
こんなにいるなんて聞いてません。
おまけに、避難しようと思って天研に行くと言ったら、
ついてくるとか言い出すし…

大人数を引っ張って天研に行くことになっちゃいました。

しかも、天研にて、やることがないのか、
天研ノートに書き込みを始めよった。
しかも、全員。
テンション高すぎ。

夜景を見せろと言うので、言語棟のところをちょっと上って見せたら、
えらい感動していた。
すると、OBさんが今が旬の火星を見せてくれると言って、
望遠鏡を組んでくれた。

まあ、素人目から見たら、線香花火に見えるのかな(笑)

いやぁ。

なんだか、今日も疲れたわ。
寝たのまた4時だし。

2003年7月27日 (日) 買い出し@三好
天研の夏合宿を明日に控え、一週間分の酒とお菓子の買い物。
三好のジャスコまで足を伸ばしました。

今回、おいらの予想では、あまり天気がよくなさそうな予感がするので、
ちょっと多めに買い込む予定。

と、調子に乗ってカートにつっこんでたら、ホントにたくさん買ってしまった。

夕食を食べて、屋上の駐車場に出たら…

遠くを眺めている人たちがいた。
なんだろう?
と思って、そちらの方を見てみたら…

おおおおお!

花火だ!

そういえば、今日は豊田のおいでんまつりでした。

ちょっと得した気分の買い出しでした。

2003年7月28日 (月) 天研合宿
今日から、天研の夏合宿に行ってきます。
一週間ほど。

まあ、帰ってきてから一気に日記を書く予定です。

も〜〜〜しかしたら、
公衆電話見つけて向こうからアップしたりしてね。

そんなときは、お見逃しなく!

2003年7月28日 (月) 天研夏合宿一日目(出発)
予定よりも遅く起床してしまったので、
急いで合宿準備。
そして、荷物を車に詰め込んで出発。

途中、一時停止のところでパトカーが張っていてちょっとひんやり。
ちゃんと、停止していってよかったです。

天研には、既に何台か着いていて、
しばらくしたら、車が8台近く並んでえらいことになってた。
しかも、そこをパトカーがすい〜っと。

何事もなくてよかったです。

んで、荷物を積み終えると、そのままみんなでガストへ。
最近恒例と成りつつある、ガスとde昼食。

が。

ちょいと、トラブル発生。

俺は、道がよく分からなかったので、
前の車についていったら…
前の前の車が道を間違えて、集団迷子に。

何とか到着したときには、時間結構ロスしてました(笑)

みんなでランチした後、
上村に向けて出発。

しっかし、今日はパトカーをよく見る日だ…
また、一時停止で張っていたらしい。

数台連なった大集団で、数回休憩を挟んで上村到着。

今回も現役生一番乗り達成!
R153で工事しまくってて、かなり時間かかってしまった。

んで、すぐに荷物を下ろして電車で来る人をお迎えに行く。
ちょっと山を下りたところにバス停があるのです。
今回の電車隊は大編成。
15人の大部隊。

よって、お迎えに行く車もたくさんでした。

夕食はお手軽にパスタで、
外は曇り。

早速酒盛りが始まったのは言うまでもありません…

そうそう。
がんばって作った天研裏ビデオ(裏空間)。
大好評!
さすがに濃縮しただけあって、笑いがたくさんで作成者冥利に尽きました。
またまた作る気満々になった。

2003年7月29日 (火) 天研夏合宿二日目(温泉)
いつもどおり、今回も温泉へ…

行くんだけど、今回はいつもと訳が違う。
なんと、落石があって、一部通行止めかつ、回り道。

突然いつもの道を分断されて、怪しげな田舎道へ…

どんどんR152から離れていきます。

すると、今度は山道を登らされる…

しかも、道はどんどん細くなって…

明らかに、行き違いは不可能です。

R152は、道幅の割に交通量が多かったりするのだが、
なぜか全く対向車が来ない。
おかしいなぁ〜
と思っていると、突然交通整理の人が現れた。

しばらく止められたけど、
どうやら道が細いからちゃんと片側通行させているようだ。
しかも、途中からは通行方向ごとに道を二つ使っている。

それにしても、迂回路は時間がかかりすぎなので早いところ直して欲しい…

温泉に行くのが鬱になってしまいます。

正確に言うと、温泉から帰るのが鬱になってしまいます。

温泉に入った後、あのだるい状態で車を運転して合宿所まで戻るのは
眠くて眠くてたまりません。

んで、温泉から帰ってきて何かしようかな〜と、
外に出るも、テニスコートでテニスをしている新入生ほどの元気はなく…
ここは、年寄りらしく読書でも…

と、すがすがしい空気の中でのどかに読書タイム。

今回はたくさん本を持ってきていたので
読む気満々。

おまけ気分で持ってきた
「トリビアの泉」
は、かなり大好評で、ロビーにおいておいたらみんなが読んでいた。
くだらない知識に飢えてるんだなあ〜(笑)

ホント、なんでみんなちょっとした知識に興味を持つんだろう…
自分も含めて。
なんとなく分かる気がするんだけど、
うまく説明ができない。

さて、今日も天気は最悪。

なんどか、崖崩れの手前にあるちょっとした広場まで様子を見に行くも、
結構雲の位置が高いらしく、見ることができない…

中には、大回りをして一時間近くもかけてしらびそ峠まで行った人もいるようだが、
結果は、カシオペア程度だったそうだ…

しまいには、雨まで降ってくる始末。

まあ、天気に反比例して、飲みの方は盛り上がっていたし、
よしとするか。
しかし、よっぱらのやるジェンカほどおもしろいものはない…

そうそう、今日も天研裏プロモーションビデオ公開しました。

ここでふと思ったのが、
一番いやがっているビデオの主役のJ君が、
もっとも多くビデオを見ているのではないかと…

また、主役をしたかったらいつでも声をかけてね(笑)

2003年7月30日 (水) 天研夏合宿三日目(夜景)
温泉に行くのもだるいし、
どこかに行こうという気にならなかったので、
珍しく合宿所でまったりしてみた。

みんな、思い思いに時間を過ごしているのを客観的に見てみるのもおもしろい。

なんというか、天研の合宿は一人一人が思い思いに過ごしているので、
初めて合宿に参加した人は、かなりとまどうかもしれない…
実際、おいらが初めて参加した新歓合宿ではかなりとまどった。

今回も、そんな初めて参加の新入生がたくさんいる。
この合宿で、この自由度が自分の肌に合うのか…
否か。
ここが、天研人として末永くやっていけるかのポイントなのです。

まあ、なまぐさな人はたいていやっていけます(嘘

しっかし、こうも晴れないと、何をしに合宿にきたのか分からない…
このままでは、ただ、羽を伸ばしに…
というか、怠けに…
来たようなもんじゃないですか!

夜、飯田駅まで行って途中参加の人を迎えに行く係になっていたので、
飯前に風呂に入って食後すぐに出動。
星が全然みれなくって、だいぶストレスがたまっていたので、

夜景を見てやる!

っつーことで、
山を下りる途中にある夜景スポットに向かう。
名古屋の夜景に劣ることのないすばらしいいいだの夜景が見られるポイントがあるのです。

夜景は、曇っていても十分見ることが可能!

ちょっと虫が多かったけど、
夜景を十分堪能!

そのまま、道路標識に沿って飯田駅へ。

無事到着して、長野は、白馬からやってきた2年の二人を回収。
んで、ついでだから買い物をしていこうと思って大きな道に出ようとしたら…

迷った。

まったく、方向感覚がわからない。

なんつーか、もう、当てずっぽうで大きな道を突き進んだら、
なんとかアピタの横に出た。
う〜ん。

ミラクル。

帰りにも、みんなにも堪能してもらうべく夜景スポットに向かう。
やっぱり、虫は多い。

と、突然電話。

高校時代の同級生からだ。
我らが合宿所はケータイ圏外。
っつーことで、飯田まで山を下りてきた今は、絶好のメールチェックチャンス。
そんな、ひとときのケータイがつながる時間にピンポイントでかけてくる彼はすごい…

そういえば、去年もそうじゃなかったかな…

う〜ん。

恐るべし。

電話の内容はというと、クラス会の話。
毎年幹事やってくれて、ありがとうでする。

合宿所までの道では、星がたくさん見えるくらい晴れていたのに、
トンネルを越えたとたんに…

雲雲雲。

全く星が見えなくなった。

う〜ん。
と、合宿所よりもちょっと標高の高いところにみんなを乗せて行ってみた。
最初は雲が覆っていたけど、
次第に雲が晴れてきて…

今合宿初の天の川!!!!!!!!

大感激でした。

しかし、おいらの感動なんて、微々たるものでした。

新入生の子の反応がすさまじすぎます。
もう、なんというか、悲鳴に近い。

ここまで感激してもらえると、うれしくなってもっと観測とかに連れて行きたくなるなあ。

流星が流れるたびに、大歓声がやまびこでこだましていました。

帰宅後は、夜食タイム。
ラーメン食って酒飲んで。
先輩の作ってくれたおつまみがサイコーにうまかった。

つまみも、おいしいけど、
恋愛話も、いいつまみですなぁ(笑)

結局寝たときには、外は明るくなっていました。

2003年7月31日 (木) 天研夏合宿四日目(泳いじゃえ)
昼過…今日はいい天気だということで川へ泳ぎに。

が、トンネルを越える前に雨が…
ぽつぽつ降って来ちゃいました。

引き返そうかなぁ〜
とか考えながらトンネルを越えてみたところ…

激っ晴れ!

やはり、山を一つ越えるとこうも天候が違うんですなあ。

まさに、馬の背を分ける。ってかんじ。
意味分かるかな?

ってか、間違っていないかな?

到着早々、服を脱ぎ去って一気に水の中へ。
既に到着していた人たちは既にできあがっていたので…
いやいや、
酒を飲んだわけではありませんよ。

飲んだわけではないのに、
既にかなりできあがっていました。

テンション高すぎ。

一瞬にして、おいらもそのテンションまで引き上げて、
「ちょうちょ」
立候補してみました。

この、「ちょうちょ」というのは、手足を四人によってもたれて、
振り子のように降られた後、
水の中へ放り込まれるのです。
鼻に水が入ると大惨事。

痛いのなんのって。

しかも、今回は使い捨てのコンタクトレンズをしていて、その中に水が…
普段はハードレンズを使っていて、ソフトレンズに水が入ったらどうすればよいのか分からない…
試しに、涙を流しながらグリグリしてみた。

と、回復。

一時はどうなるかと思った。

おいらが犠牲になった後も、
次から次へと人が投げ込まれる…

う〜ん。

川で泳ぐというか、ほとんと投げ混み合いに等しい(笑)
このテンションはずっと持続し…
かな〜〜〜〜〜〜り、疲れ果てた。

新たな技も開発され、
お姫様だっこから投げ込まれたり…
(注 男×男です。)
抱かれて喜んでいる人もいたり…

感想に、
「あたたかかった。」
と、のたまう副会長。

いっときますけど、水はかなり冷たいです。
よって、人肌のぬくもりが…

---------放送禁止---------

帰りには、河原にみんな車を止めていたので、オフロード走行会。
やっぱ、セダンはいいなぁ。

合宿所に帰り着くと、もう体中に力が入らない。
そのまま布団に倒れ込みました。
倒れ込んで、のんびりしようと思ったのもつかの間、
食事の時間に…

久しぶりにたくさん運動をしたので、
腹が減って飯がうまい。
ってか、この合宿中、食欲が激しい。
いつもと比べて、お菓子を食べてないからな〜

なんか、実はおいらの合宿中のお菓子消費量は、かなり大量だったりする。

食後に風呂に入ろうと、風呂のドアを開けた瞬間…
顔が引きつった。
あの〜
洗い場にも浴槽が…

いやいや。

体を洗うところに、大きな水たまりが…
ちゃんと、排水できていないみたいです。
これって、みんなが洗った水だよね…
う〜ん。
温泉行きたい(笑)

しばらく休憩してから、今日も晴れてきたのでちょっと上まで新入生の人たちを乗せて向かう。
上では既に望遠鏡を組んでいて、
新入生もたくさん。
久しぶりに星座講座しちゃいました。

まあ、おいらの知識なんてたかがしれてますけどね。

まずは、基本的な夏の星座あたりを。

んで、後になって気づいたんですけど、
ヘルクレスもしかしたら間違って教えてしまったかも…
やっべー。

だんだん寒くなってきたので、皆さんよりも早く下に降りた。

下では、写真を撮っている人もいたけど、
夜露が激しかったりで悪戦苦闘していた。
おいらも、撮ろうかと思ったけど、疲労が激しくて…

いつの間にやら寝てしまっていた。

でも、1時過ぎに寝て3時半くらいに起きてまた外に出て星を見た。
だって、こんなにきれいな星空はそう滅多には見れないもの。

でも、眠かった…