> 2014年3月の日記一覧

2014年3月の日記一覧

餃子と東栄町布川花祭り

親子餃子づくり教室。

DSC_2258

料理を作るのが大好きな息子。
お父さんに似なくて良かったです(笑)

今夜の夕食は手作り餃子の予定☆

お母さんに具を作ってもらい、私と息子は包む係です。
餃子の皮、私も幼い頃に、ちょこっとお手伝いしていました。

しかも、商売で使う餃子を…(汗

古戸にあった懐かしのラーメン屋さん「ふきのとう」では、
私の母上がオープニングからお手伝いに行っていました。

経営していたのは、母上の同級生。

なので、自宅で餃子を作ることも、しょっちゅう。
そこでお手伝いをしていたわけです。

私が包んだ餃子が店頭に並んだかどうかは不明ですがwww

要領を得てきた息子の手さばきが早くなってきます。

それにつれて、息子が盛り込む具の量が増加していきます(笑)

DSC_2261

そ…それは盛りすぎだろう!!

包みきれず、具が思いっきりはみ出している餃子もたくさんありました(笑)
できあがった餃子からホットプレートに投入。

しばらく焼き込みまして…

オープン!するのは息子の役割。

DSC_2262

鍋つかみ、でかすぎww

ちなみに、鍋つかみは息子が自ずから準備していました。
そこまで必要ないんですが、実際は(笑)

中から出てきた、ほかほかの旨そうな餃子!

DSC_2263

暖かいうちに、美味しく頂きました。

腹ごしらえをして暖かくなったところで、防寒の準備を整えてイザ出陣!

東栄町布川地区の花祭り。
今シーズン最後の花祭りですよ。

DSC_2266

そして、いつも人混みが激しすぎて舞が全く見られないのが
ココの特徴ww

ですが、今年は雨降りだからか、ちょっと少なめ。
よって、舞の写真もちょこっと撮影できました。

DSC_2268

今回は、スマホカメラ。
というのも…

只今、NEX-7さんが入院中。
CMOSにゴミが付着してしまって、それが映像に映り込んじゃう。

本格的な清掃が必要なため、修理工場へ。

ま、これもレンズ交換式カメラの運命です。

いや、しかし、花祭りの舞庭でレンズ交換していたらゴミ付着するよな…。

観衆の中には、豊根の若い衆も数人いました☆

びしょ濡れになりながら熱燗をあおり、
今シーズン最後の花祭り、見納めとなったのでした。

ちなみに、妻子は東栄町の子どもたちと鬼ごっこしていて、
23時を回っているというのに、まったく帰る気配が無いww

明日はスキーに行こう!という話をしているので、
さすがにそろそろ…と、息子に声をかけて抱っこした瞬間!!!

睡魔が走ってきたようです。

これまで、眠いのを忘れて遊んでいたんだね…(汗

茶臼山高原でラストスキー

長野県の北の方へ家族スキーに行ってからしばらく経ちますが、
それ以来、スキーにハマった息子からは…

「スキーやりたい!連れてって!」

耳にたこができるほど、言われ続けております。
なかなか行くタイミングを見つけることができないでいましたが、
本日は、茶臼山高原スキー場の感謝デー!

なんと、リフトとベルコンが無料開放で、さらにレンタルスキーも割引料金。

行くしかない。

妻子と共に、自宅から20分程度の茶臼山高原スキー場へ。
ここしばらくの雨によって、シャーベット状の雪ではありましたが、
一番近い駐車場が全て埋まる程の大賑わい!

レンタルコーナーでは、息子が

「けんちゃんに良く似てるねぇ-!」

と、言われつつ、息子用スキーをレンタル☆
さあ、この前の感覚を思い出すのだ!!

雪上で板をはき、押してやるとバランスをコントロールして滑り始めました。
よし、ちゃんと身体が覚えているみたい。

DSC_2273

1本だけ、ベルトコンベアで初心者ゲレンデを一緒に滑りまして、
ちょっとスパルタ教育、早速、リフトに乗りました。

限られた時間で教えるには、ベルコンは時間が掛かりすぎる…
ただ、リフトに乗ると、私が大変な目に遭いますが(汗

まず、リフトに乗るのが大変。

停まる事なきリフト、一瞬を狙って、
息子を持ち上げて、リフトに乗せてやります。

既に長野県でリフトは体験済みですし、芝桜まつりなどで、
何度もリフトに乗っている息子は、慣れた様子。

リフト上で、しりとりが始まる程の余裕の表情です。

リフトから降りる直前、

「立ってと言ったら立って、そのまま真っ直ぐ滑るんだよ!」

と、耳にたこができるほど言ってやりまして、
無事にリフト下車!

もちろん、転けないように支えて滑らせます。

さあ、ここからが大変っ!!

まず、ブレーキを憶えていないので、
様々な方法や体勢を駆使して、息子を減速しながら…
バランスを維持して滑る方法を体で覚えてもらいます。

急斜面は、さすがに諦めて、息子を抱えて滑り降りましたが。

さあ、もう一回、リフトへ。

ちょうど、リフト乗り場の係員さんとしてミスター花祭りの従兄弟がいらしたので、
息子に、こー○ーくんおるよーって教えてあげたところ…

「こー○ーくんっ!!」

呼んでいます(笑)
従兄弟も人が良いので、直ぐに出てきて息子をサポートしてくれました☆

DSC_2283

ありがたや、ありがたや。

先日、お風呂を借りに行ったとき、従兄弟にじゃれまくって、
従兄弟が大好きな息子、超嬉しそうww

花キチの同じニオイを感じているのではないでしょうか。

リフトに乗ると…

「ボク、オリンピックに出る!」

突然、何を言い出すんだい(笑)

志が大きいことは素晴らしい!

が、私にそこまで教えるスキルはありません(汗
豊根の玄人衆に教えてもらわないとっ!

2本目は、緩斜面では、ちょっとだけ息子に独り滑りさせてみました。
私は周囲に目を配って、他の子どもたちに衝突しないように見張りながら滑り降り。

スピードが出てくると、直ぐに息子に近寄って減速させる。

それを繰り返していたら、私が汗ビショビショになってきました。

んでまあ、息子が何度か転けることがあったんですが、
大人で考えると有り得ないコケ方…。

子どもって身体が柔らかいんですね。
結構なクラッシュをしたので、心配して表情を確認してみると…

「ころんじゃったぁ~(笑)」

超、笑顔で大爆笑しとるww

さすがに止まれないまま滑るわけにはいかないので、
平行してボーゲンも教えます。

ハの字と言っても、カタカナが出てこないかもしれないので、
おやまの形にしてごらん。と、教えます。

それでも、外側エッジを浮かせて内側エッジに乗るとか言っても
絶対に分からない…いや、言葉での説明の限界。

息子のスキー板をハの字にした状態で滑り降りながら、
私が板の先端を握って後ろ向きに滑り降り…

そのとき、、外側エッジを浮かせて内側エッジに乗るように、
板を無理矢理握ってやりました。

私の体勢に、だいぶ無理がありますが…(汗

その甲斐あってか、コツが分かったみたい!
エッジを立てることでブレーキがかけられるということを理解した!

ブレーキの練習をしていたら、左右の力のかけ方に違いがあると、
曲がっていくということも、いつの間にか理解したようで。

曲がって転けるレベルに達しましたww

最終的には、人のいない隙を狙って、
ゲレンデ下で待っているお母さんの所まで行ってごらん!

後ろから見守る私。

DSC_2293

そして、この写真を撮っているお母さんの所まで到達して、
ブレーキング!!

お母さんの真ん前で停止しました。

す…すっげぇー!

親バカですが、妻と2人で大喜びしていました。
んで、有頂天の息子ww

もう一回トライしようとしましたが、
息子の直線上に他の子どもがいたため、
猛ダッシュで息子に迫り、可哀想ですが引っ張ってコケさせました。

それでも笑顔を絶やさぬ息子。

よっぽど嬉しかったようです。

もう一回くらい滑りに連れて行ってやりたいところですが、
次は来シーズンにお預けです。
この感覚を覚えていてくれると良いな。

さて、予想以上に疲労困憊(親が)のため、
今夜はパルとよね温泉に行くことにしました。

自分が終日ノンストップで滑り続けるよりも、
数倍疲れます…。

今夜の変わり湯は…なんと。

アヒルの湯。

アヒルのエッセンスが湯に溶け込んでいるわけではありません。
黄色いあの…アヒルさんが、湯船に浮かんでいるんですよ(笑)

アヒル隊長:パイロットインキ

その数…数えきれません(笑)
お風呂の中は、もちろん撮影禁止なので写真はありませんが。

風呂に浸かってると、寄ってくるんですよね…ww
それが、なんともいえんw

お母さんと一緒に入った息子はさぞかし盛り上がっていることでしょう。
村の人も、たくさんいらっしゃいました☆

正しいことは間違っている

普段の仕事では利害関係もあるし、身分にも差があり、
お金持ちや貧乏人として区別されることもある。

でもお祭りのときには誰もが同じになる。

武田邦彦 (中部大学): 「合意」を目指すか「反目」が好きか?

2月22日に更新された恩師のブログ。
まさに、これぞ、まさに。

日本が根底に持つ平等意識が、祭りという場にはまだ、残っている。

武田邦彦 (中部大学): 「日本の文化」を大切に その2 制度と文化

こちらの記事と合わせて、是非読んでみて下さい。

 

武田先生ほど、ネットやテレビで好き勝手いっている人ほど、
多くの人からの批判にさらされているわけであり、それに耐える精神力は、
すげぇなぁと、いつも思っているわけです。

私なんて、ブログ記事を批判されただけで凹んで
記述も気を遣って安全な方向へ行ってしまっていますが。

安全な方向へ行くほど、無難な記述になってくるため、
ハッキリ言って面白くない記事ができあがります。

そのバランスがとっても難しい。

ある人にとっては賞賛されるべき内容であっても、
ある人にとっては不快になる内容となる。

全く同じ、内容だったとしても。

それでも書き続ける先生の精神力は、すげえっす。

以前、先生の記事に対して、
読者の方から寄せられたコメントなどを整理する機会があって、
それらに目を通しただけでも卒倒しそうな過激な言葉たち(汗

恐ろしや。

匿名性ってのは、本当に怖い。

話が逸れてきましたが、上記ブログ記事の後半で言及されいます、
「正しいと思っていたことを間違っていたと思うこともあるだろう。」

というくだり。

自分が正しいとそれまで思っていたことが間違っていたと思い直すことも、
たくさんありますよね、長く生きれば生きるほど。

それを正さずに突き通し続ければ必ず衝突が発生する。
国レベルまで発展したのが戦争ではないでしょうか。
(そもそも正しいと間違っているの判断は国境をまたぐと別物になるかも知れませんが。)

学生時代に先生に教えられ続けたのが、
「自分が正しいと思っていることは、常に間違っていると考えよ。」
でした。

それが心の中にあれば、間違っていたと判断したときに、
己を突き通し続けることなく、自然と合意形成に意識を向けることができる。

それを、身をもって体験したことが、本当にたくさんありました。

とりあえず、オススメの記事だと感じたので是非読んでみて下さい。

さて!
今日は帰宅してみたら、素晴らしい差し入れが自宅で待っていました☆

チョコピールでーーっす!
しかも、パワーアップしとる。

DSC_2298

chakoさんからchakoピールならぬ、チョコピール。

ブログへの写真引用のお礼に…とのことですが、
いつもお世話になっておりますからそんな気遣いされなくても…

素直に有り難いので、美味しく頂きました☆
甘さの奥にほろ苦さ、こりゃ最高の組み合わせです。

チョコ好きにとっては♪

この日記へのコメント
匿名投稿 2014年3月 5日 08:46

>安全な方向へ行くほど、無難な記述になってくるため、
 ハッキリ言って面白くない記事ができあがります。


志高、ぢゃなかった 至高のフレーズ!
以て他山の石といたします

この日記へのコメント
山のしんぶんや 2014年3月 5日 08:48

名前の記入忘れました
すみません

この日記へのコメント
ウェス@あいぽん 2014年3月 5日 12:48

無難な方向に行くと…
まさに、ト◯タとかの事か?(笑)

全ての人に熱烈に好かれる事は無いよね。

いい人、は、上にどーでもが付くよ。
と浜崎あゆみも歌ってます!


『基本的に自分は間違っている』
この事を念頭におくと、他人の意見を素直に聞けますね。
→未だ未だ未熟な僕は、其処に人の好き嫌いが入ってしまうけども…。


何しろ、僕がコメントしたくなるネタをありがとうございます★


他者から批判されると僕も凹むです。
一緒に胆力を鍛えようね。
→GWには会えるかしら…3,4,5辺りかな。

この日記へのコメント
けんた 2014年3月 5日 20:36

>山のしんぶんやさま
至高ネタ!!!
なかなか鮮度が落ちませんね(笑)

あれ以来、課内でも山のしんぶんやさんは意外にお茶目だねという評判が…(笑)

この日記へのコメント
けんた 2014年3月 5日 20:38

>ウェスさま
あらー言っちゃったー(笑)
やっぱ、ス○ルの方が惹かれるモノが…ww
ア○ディは手が出ません(汗

必ずコメントを下さると思っていましたが、期待を裏切りませんね☆
イズムアンテナの感度が…ww

胆力って、鍛えるのもなかなか至難の業ですねー
座禅を組んでみると良いんでしょうか。

GWは、どうなるんでしょうね(笑)
休みが取れれば良いのですがっ!

microSDカードで128GB

  • Posted by: けんた
  • 14年03月04日 火曜日
  • 日々雑感

まさか…このサイズで…。

microSDカードといえば、スマートフォンの外部保存媒体だったり、
タブレットなどの小型機器の保存媒体として様々なところで使われているもの。

その大きさといえば、小指の先ほどの大きさ。

そこに…なんと、128GBという大容量の情報が詰まるとな!

極小サイズで容量128GB、SanDisk製microSDXCカードが発売 - AKIBA PC Hotline!

実売価格は14,980円。
容量の大きさと、それが納まる筐体の大きさを考えれば激安じゃあないですか。

しかも、転送速度も速そう。

これまで64GBってのはありましたが、
倍々の乗数で増えていくんですね。チップの世界は。

スマートフォンに128GBの容量。

う~ん、いらない(笑)

一昔前は、ノートパソコンに128GBってのもハイスペックだったのに。
ちなみに、上記リンク先は海外版だそうで。

国内版は、こちら。

サンディスク、海外発表版よりも高速な128GBのmicroSDXCを4月に発売 ~USB 3.0対応モデルで国内USBメモリ市場にも再参入 - PC Watch

Ultra PLUSはUltraの上位モデルとなり、リード速度がUltraの30MB/secに対して、Ultra PLUSでは40MB/secと高速なのが特徴。UHSスピードクラス1にも対応する。

海外モデルよりも、転送速度がちょっとだけ速くなっているようですが…。

店頭予想価格は35,000円前後。

倍以上の値段ですかいっ!
一体、何が違うんでしょうね。

国内版の方が品質が良いんでしょうか。

この影響で、ひとつ下のランク、64GBの値段が下がる方が嬉しいかも知れません。

この日記へのコメント
ウェス@あいぽん 2014年3月 5日 23:53

microSDで128GBですか…
USBメモリで128MBが数千円してた頃が懐かしい^_^

僕のケータイはiPhoneなので、そもそもmicroSD入りませんけども(笑)

大容量データを気軽に持ち運ぶ事が出来るのは便利ではあるよね。

でもさ、どうやってあの小さいmicroSDの中に大量のデータが保管されているのか、保管出来るのかを知ってる人は使用してる全体の何%なんだろね?
→ppmかしら。


話は変な方向に飛ぶけど、
今この瞬間に大災害があった場合には、ロストされるテクノロジーは沢山あるんだろうね。
→そういうテクノロジーの保全って、どう考えていけばいいんだろ。
どっかにバックアップされてるのかな…。

何てふと思いました。

この日記へのコメント
けんた 2014年3月 6日 21:12

>ウェスさま
まさに、千倍ですね(汗

iPhoneってmicroSD入らないんですか!
知らんかったですw
これだけクラウドに特化すると、そもそも物理的な外部ストレージは不要なのかもですね。
最近は、クラウド容量もかなり大きくなってきていますし。

あの小さい中にどうやって保管しているのか…。
まあ、知らなくても使えちゃいますしね(笑)
でも、知ってて使うのが、嬉しさ…??w

半導体プロセスの緻密さは、ホント、すげえっす。
エッチングでしたよね、懐かしい。
フォトレジストに感光させるレンズの解像能力のたまものでしょうか。

こういったテクノロジーの保全…

やっぱり…クラウドなんでしょうか(笑)

宿直ナイト

先回の宿直とは、うって変わって穏やかな夜。

今夜の宿直は、いたって平和。

「平常」であることの有り難さ、身にしみます。

しかし、こうして身近に災害が起きると、改めて感じるのが、
生きていることっていうのは、当たり前ではないんだなってこと。

ネットでこんな記事がありました。

25 Things That Are Statistically Most Likely To Kill You

ランキングサイトで、人間の亡くなり方を統計的に、
分母を、それが原因で無くなる人の数、分子を人口とし、
何人に1人が、その原因で無くなるかを確率的に示してランキングしたもの。

原文が英語なので、翻訳バージョンはこちら。

統計学的にみる人間の死因トップ25 : カラパイア

25位に、初っぱなから花火なんてのが上がっていますが。
統計的に見れば、花火もランクインするのでしょうか。

それよりも確立が高いのが小惑星の衝突って…。

地震21位。

地震が発生するのは、地球上で見れば限られた地域。
新規造山帯、プレート活動が活発なところなので、
言われてみれば、地球上で線上に分布していて確率は少ないのかも知れません。

逆に、日本ではほとんど見られないんですが、確率として高いのが9位の銃撃。
全世界で、325人に1人の割合なんですね。

8位の階段から落ちる、転ぶってのが246人に1人。
結構、気をつけなきゃならないことなんですね。
航空機事故の確率2万人に1人に比べれば、格段に確率が高い。

車の事故は100人に1人。

さらに高いのがガンの7人に1人。

心臓病の5人に1人。

え?
そんなに確率が高いモノなの???

ここには年齢という概念を考えずに書かれているので、
そのあたりは怪しい統計かも知れませんが。

1位はハイフリック限界。

いわゆる、天寿を全うしたというものでしょうか。
研究では現時点での人間の最大寿命は125年と言われている。
というフレーズが気になります。

舞庭修復総代打合せ

  • Posted by: けんた
  • 14年03月06日 木曜日
  • 花祭り

今夜は上黒川熊野神社氏子総代が社務所に集まって、
大雪災害で被災した舞庭の修復について打合せです。

議論の中心は、やはり修繕費用の問題。

何度も通帳とにらめっこしましたが、
見積額に対して十分とは言えず。

支出しちゃったら、それこそ花祭りの運営ができなくなるレベル。

皆で頭を抱えて悩み込みました。
幸い、保険に入っているので、それでどうにかなるのかと思っていたところ、
なーんと、今回の災害で問合せが多すぎて、金額が提示できないとのこと。

こりゃ不味い。

どれだけ、保険が利くのか、全く分からない。

一応、他にも村役場の方から金銭的手段が提示されているんですが、
そちらにはそちらでハードルがあります。

取り敢えずの方針は決まりましたが、不確定要素が多すぎて、どうなることか。

今週頭に降り続いた雨の影響の確認も実施。

DSC_2299

ブルーシートのお陰で、土間部分が雨水を吸収してくれています。

DSC_2301

が。

DSC_2303

地面に掘られたような穴が。
舞手により、常に踏みしめられた固い土間ではありますが、
高い位置から集中的にしたたり落ちる雨水には絶えられなかった模様。

DSC_2302

3箇所ある天井穴のうち、一番大きいモノはブルーシートで対応していますが、
こちらの小さな天井穴はノーマークでした。

せめてもの応急処置で、バケツ(笑)

DSC_2304

あふれたとしても、落下する水滴の衝撃は無くなるので
穴ができることは無いだろうという予測です。

また、今月のどこかの日曜日に出て作業することに決定しました!

第20期緑の協力隊報告会

1年の任期をもって3月中旬で豊根村での活動を終える、
豊根村緑のふるさと協力隊第20期の方。

思い起こせば…

着任早々に引っ張り出して参加してもらったのが
桜植樹と上黒川区民祭り - kenta's page2013
上黒川区の地域花見会。

そこからまた、コネクションを作り始める速度が凄まじい方。
あれよあれよと、いろーーんな行事に引っ張りだこ(笑)

「本当に、身体が2つ欲しいです。」

何度か、聞きました、そのセリフww

上黒川花祭りでは、切草準備から参加してくれ、
本番前には何度か足を運んで夜遅くまで練習。

超ハードスケジュールの中、ホントよくやるわ…と感心していました。

花祭り本番では、富山の御神楽祭りから駆けつけて、
なんとか間に合った宝の舞を2回も!舞ってました☆

他にも、蜂ボイをしたやら、女猟師になったやら。
噂をたくさん耳にしましたが(笑)

その噂が、今日!リアルとして目の前に広がったわけです。

会場はレストランみどり。
緑のふるさと協力隊といえば!このお店。

奥様は、かつて緑のふるさと協力隊だった方です。
豊根村に嫁いでいらっしゃいました。

いつもは酒瓶が転がる宴会場に、
準備されたプロジェクタースクリーンと管楽器の数々。

そう、緑のふるさと協力隊さんは豊根村が誇るブラスバンドチーム、
豊根ウインドオーケストラにもトランペッターとして参加してました!

身体が2つどころか、3つくらい必要そうですけど!

まずはこの1年間の活動報告から。
豊根村の各地区、各種団体、どこにでも参加しとる(笑)

ちょっとしたきっかけから知り合いの輪を広げていき、
どこでも声をかけられる存在に1年でなり得た力。
その後ろに存在する苦労の数は計り知れないでしょうね。

相当、睡眠不足になったろうに(汗

実際、悩んだ時期もあったとのこと。

今夜この会場に集まった人の数を見れば、
歩んできた道筋が幾重にも広がっていたことがよく分かります。

レストランみどりから人があふれんばかり。

これを大学4年生レベルでやってのけたこともスゴイ。

報告会スライドには、上黒川エボリューションの仲間と一緒に撮影した写真が!

「右も左も分からない状態でいきなり参加したのが上黒川花見会でした(笑)」
(宴会中のコメント)

ってww
思い出してみれば、村に着任して最初の週末だったかな?
桜の苗植えも手伝ってくれました。

報告会が終わり、笑いと共に盛大なる拍手!

まだまだ終わりじゃないですよ。
ここからは…

豊根ウインドオーケストラの皆様によるライブ演奏会☆
めーっちゃ楽しみでした。

なんたって、今まで屋外や広いホールで聴くことは多かったんですが、
スタジオレベルの小さな空間で聴くことが無かった。
まさに貴重な機会。

そして今回はトランペッター緑のふるさと協力隊さん特別Ver.

この日のために、トランペットソロの練習をリーダーとみっちり練習したそうな☆
リーダーは皆様御存知、ホーム - とよねのラッパ吹きのブログ | GAZOO.comさんです。

至近距離で「音圧」を体感しながらのライブ演奏最高です。

そして、宴会となったわけですが。
ウインドオーケストラゾーン、消防団ゾーン、蜂ボイメンバーゾーン、
ママさんゾーンに、お子様ゾーンなどなど!!

子ども連れ家族もたくさんいます☆我が家も夫婦子連れ参加。

カラフルで面白いよ、この空間(笑)

まるで、モザイクタイルのような。

ひとつひとつ丁寧に挨拶をして回る緑のふるさと協力隊さんが印象的。

そして、中締めの挨拶では涙ぐむも、
涙は自分のキャラじゃ無いと思っているのか…??
笑いに転換させようと必死な姿が、皆の涙を誘います。

その隣には、自ら皮を剥いだという○○の□□が壁に貼り付けられ(汗

コントラストがたまらん。
詳述はできませんが、あの顔でこの野性的な一面、面白い女性です。

彼女なら、幾度となく今後も豊根に現れるのではないか、
そんな予感を感じさせつつ閉宴となりました。
花祭り、せっかく憶えたんだで、舞いにおいでんよー!

近所の先輩には我が家の車に乗ってもらい、
一緒に帰宅しました。
息子がいつも遊びに行くおうちのお父さん。

嬉しそーに、息子はそのお父さんを名前呼びでした(笑)
(このお父さん、実はブログへの登場率かなり高いです。)

この日記へのコメント
緑の協力隊 2014年3月14日 01:20

遅くなりましたが、ブログに載せていただき、
ありがとうございます!
こんなにたくさん書いていただき、嬉しい限りです。
ブログを読みながら春からのことを思い出してしまいました。

またとよねに来ます!必ず。
一年間でとよねが大好きになりました。
花祭りも大好きになりました。

これからもよろしくお願いします(^^)

この日記へのコメント
けんた 2014年3月15日 14:41

>緑の協力隊さん
これはこれは!直々にコメント欄御登場有り難う御座います☆
実際は、まだまだ書き足りない気分ではありますが…
それっくらい、この一年は本当に活動しとったね!!
1年しかおらんかったとは思えん!

懐かしいなぁ~分地(笑)

豊根村で得た知見を、是非今後の人生に生かしてくださいね。
この村って、本当に勉強することがたくさんあって、身になること間違い無しです。

そして、また豊根村に。
お待ち申し上げております☆
たぶん、泊まるところの心配はいらないだろうね(笑)

伯父たちとの晩餐会

  • Posted by: けんた
  • 14年03月08日 土曜日
  • こども

夕方から母と共に東栄病院の祖母のところへ。
洗濯物の交換に行きつつ…

祖母の息子たち、すなわち、私にとっては伯父さんたちも
東京と豊橋から同じ時間でいらして、病院で合流です。

母方(東栄町古戸出身)です。

豊橋の伯父さんは、昨年末の息子さん結婚式の写真を携えて☆
横浜で、最高の従兄弟の結婚式でした!

従兄弟結婚式@横浜桜木町 - kenta's page2013

ちなみに、豊橋の伯父さんは本ブログのヘビーリーダー(笑)
いつも読んで下さって、今日も感想を下さり、嬉しい限りです。

祖母は年も年なので入れ歯も入れるのが困難な状態で、
聞く方も、な~っかなか、解読が困難(汗

しかし、母は分かるもんなんですねぇ~。

東京の伯父さんのハワイ土産を頂きました。

で、伯父さんたちの今夜の宿泊先は…

豊根村の民宿、間当さん☆
東京の伯父さんは先日、清水館にお泊まりになったそうで!

私は最近、間当さんに良く来ている気がします(笑)

よって、最近は、このブログに度々登場される民宿間当。
消防団でも、大変お世話になっています。

が!

先日の大雪の際、完全孤立状態になり、
村内でも除雪が最も困難な場所の1つとなりました。

が!!!!

ココの女将さんたちの明るさといったら!

災害対策本部で皆の気が立っている最中、

「道路の積雪が凄すぎて脱出できないんだけど、
がんばってるよー☆」

という明るい声に励まされたのは記憶に新しい。
大雪大災害対応2日目 - kenta's page!!2014

励まされるのは料理でも!

伯父さんたちもビックリ。
鍋に熊さん…?

DSC_2305

いや、ポンタさん!!!

DSC_2306

「Welcome to 豊根」

のメッセージ付きです。
消防団の時もメッセージ付きでした(笑)

最早、デフォルト!?

こちら、大根おろしで形作られており、
観賞の後、融けてゆかれましたが…

新しいシメジの使い方を知りましたww

伯父さんたちは各々がやり手のビジネスマン。
幾多の修羅場を乗り越えてきたであろう知識をたくさんお持ち。
酒を酌み交わしながら飲んでいると、本当に勉強になります。

東京の伯父の口癖(だと私が思っていること)が、

「○○については、けんたろうはどう思う?」

と、まるで面接官のようなヒヤリングが突如として始まること(笑)
私の答え方に対する伯父の切り返しが、絶妙でこれまた。

お も し ろ い。

今は、東京の国会議事堂で仕事を受注されているとのこと。
いやはや、飽きんです。話が面白くて。

一方で、我々の会話を完全無視して息子がカラオケを歌い始めましたww

さらに、妻は間当の若女将さんと仲良しなので、話が盛り上がっている様子。

てんでバラバラですが、たまに息子が

「みんな!聴いて!」

と、シャウトすると、時が止まって10秒ほど歌を聴いてやるんですが、
また元の状態に…各々お話しタイムに戻っていくという…ww

息子なんて、自宅を出るとき眠くてたまらなさそうな顔をしていたのに、
今は目がパッチリ、若女将さんが遊んでくれます。

深夜22時半近くまでww

楽しい夜となりました。
さあ、明日は朝から消防団の観閲式です!

寝不足、確定っ!

豊根村消防団観閲式

  • Posted by: けんた
  • 14年03月09日 日曜日
  • 行事 | 豊根

本日は、豊根村消防団の観閲式です!

訓練服を着て、レッツゴー消防詰所。
集合時間になり、積載車を軽く洗浄して、消防団員全員が集合する
とよねドームへ、ポンプ積載車に乗車して向かいます。

観閲式は、人員機材点検や表彰式が行われる、
一年の消防団活動の集大成報告会のようなモノ。

消防団といえば、規律正しく動作することを基本としています。
よって、観閲式本番前には、モチロン練習があります。

消防団に入団してから5年、7年…などなど節目の年などがあり、
その経験年数に応じて表彰があります。
私はまだまだ新米のペーペーなので、まだ先の話ですが!

表彰をひとつ、受けるにしても前に駆け足で出て
自主整頓を行い、同じ表彰を受ける人間の号令によって敬礼など、
割と細かい所作が組み込まれているんですよ。

こりゃ、練習は必要!

そして…

くっそさむい!!

ジャケットを着けたままでは失礼なので、
全員が訓練服になるんですが、中にどれだけ着込んでいるかが勝負(笑)

かといって、たくさん着込むと見栄えが悪くなるので、
ほどほどにしておきます。

風がビューンと吹くと…ガクブル。

観閲、表彰、来賓の方の御挨拶、火の用心三唱に万歳三唱。

終盤では、ガタガタと身体が自然に震え始めてしまうもんだから大変。
中には、パッと見て震えているのが分かるような方もいらしたようで(汗

視線の先がフラフラすると、それはそれで見苦しいから、
一点集中で先の方を見ていたんですが、その先にいらっしゃったのが
陸上自衛隊からいらっしゃった来賓の方。

恐ろしいほど、姿勢が良いんです。

椅子に座っておられるんですが、足の伸び方、足先の向き、
手の置き方から顔の向き、角度。

完璧だ。

すげぇ。

自衛隊こそ、命を賭して国を守ってくれている方々。
命と隣り合わせの仕事ほど、規律厳しく。
規律の厳しさというのは、その人の姿勢に現れてくるんだなぁと。

勉強になりました。

観閲式の準備片付けは、もちろん消防団員の仕事。

皆で協力するとあっという間ですわ☆

片付けが終わると、詰め所に戻って…

3月といえばお引っ越し!!!

消防団第1部の詰所、今年の3月末で運用終了。
現在の我ら第2部と合併して、新第1部になります。

よって、第1部に置いてあるコタツとか、捨てるのがもったいない…
いや、むしろ、第2部にあるコタツだけでは、全員収容できない。

ってなわけで、運搬です。

我が家から持って来た軽トラで坂宇場へGO。

DSC_2308

ここでも、皆で力を合わせればあっという間に作業完了。

DSC_2309

しっかりとロープで縛って、第2部詰所へ持って行きました。
結果、コタツを3つ連結して、20人以上の大所帯を収容するにはバッチリ☆

お昼時を過ぎていたので、詰所でご飯を炊いて、
おかずは清水屋さんのお肉☆

飯が進む進む!

そして、例に漏れずの夜更けまでエンドレス懇親会でしたっ!!!
こうして絆が深まるわけです♪

お帰りマイカメラNEX-7

しばらく留守にしていたマイカメラ君。

NEX-7 | Eマウント | デジタル一眼カメラ α(アルファ) | ソニー

入院先から戻ってきました!!!

DSC_2310

今回は、このカメラを購入したお馴染みソニーショップ、
船橋オーディオセンターさんにお願いしました☆

電源スイッチやら、グリップラバーやら、CMOS上のゴミやら。

いろいろと問題点が発生していたんですが…

美しく清掃され、まるで購入時のような輝き!!!

DSC_2313

えーっと…お代は…

と、伺うと…。

「今回は、大丈夫ですよ♪」

マジですかーーーー!!!!!!

製品購入時からのサポート体制が最強の船橋さん。
信頼度抜群です。

安心して購入できます。
SONY製品は、いつも船橋さんで購入させて頂いています☆

思えば、名古屋に住み始めてから、ずーっとお付き合いしている電気屋さん。

有り難う御座いましたーーーーー!!!

Blu-ray Discの次

  • Posted by: けんた
  • 14年03月11日 火曜日
  • 日々雑感

Blu-ray Disc、略語表記でBDと表される、
高容量の記録ディスク。

CD⇒DVD⇒BDと、大幅に記録容量がアップし、
我が家でもビデオカメラで撮影したハイビジョン動画の保存に大助かり。

大量の写真のアーカイブ先としても助かっている技術です。

大容量データと言えば、先日ブログに書いたばかりですが、
microSDカードも128GBの時代。

microSDカードで128GB - kenta's page!!2014

今度は、敬愛するソニーさんとパナソニックさんが
新しい記録ディスク規格を策定したようです!

その名も。

アーカイヴァルディスク。
ロードマップの終点では、ディスク1枚に1TBを記録とな?

ソニーとパナソニック、容量1TBを狙う長期保存用の光ディスク規格「Archival Disc」 - PC Watch

Archival Discのロードマップ
Sony Japan | ニュースリリース | 業務用次世代光ディスク規格Archival Disc(アーカイバル・ディスク)を策定
業務用次世代光ディスク規格Archival Disc(アーカイバル・ディスク)を策定 | プレスリリース | ニュース | パナソニック企業情報 | Panasonic

現行のBDは、最高の4層ディスクで128GBが最大。

microSDをディスクの面積分並べた方が、
記録容量としては1TBを大幅に凌駕すると思われますが、

microSDが工場で既に微細化を終えているとすると、
ディスク型はユーザーが微細化して焼き込むため、工場とは比較にならないほど
小さい焼き込み装置が必要になるわけで、更なる技術革新が必要。

片面3層の両面ディスクみたいですが、
それでも1TBってのは…

ブルーレイディスクで用いられている光は
可視光線の中でも最も波長が短い405nm(ナノメートル)。

あれ?
アーカイブディスクの波長も同じ405nmだ。

一般的に、利用する光の波長が短くなるほど微細化度が高くなるはず。
紫外線やX線(これは有り得ないか)を使うかと思ったのに。

「符号間干渉除去技術」と「多値記録再生技術」ってのが技術のキモみたい。

ま、ここまで書いておいてなんですが、
アーカイブディスクはあくまで業務用途のようです(笑)

探した情報には見あたらなかったんですが、
これって…

CDやDVD、BDと円盤の大きさは同じなんですよねっ!?

レーザーディスクみたいに円盤面積を大きくしていたら詐欺ですよww

突然toyoneが目に入る

  • Posted by: けんた
  • 14年03月12日 水曜日
  • 日々雑感

今年はまだ、山火事が起きているかのように見える
幸いにして、山々の花粉飛散は目にしておりませんが…。

来てます!来てます!

身体がだるくなってきた-。

花粉症の薬をも乗り越える。
症状が出てきましたよ。

目もめっちゃかゆいです。

花粉が目に飛び込んできているのか…

あ、目に飛び込んできているといえば、面白い技術を発見。

単語が目に飛び込んできてすごい速度で文章を読めるようになる「Spritz」 - GIGAZINE

ネットや本などで文章を読んでいても、なかなかスラスラとテンポよく読み進められなかった経験をしたことがある人も多いはず。一般的に、日常で言葉を話すスピードに比べて文章を目で追って読むスピードは遅くなってしまうというのがその原因なのですが、逆転の発想で文字を次々に表示させ、まるで話すようなテンポで文章を読み進めていけるようにする技術が「Spritz」です。

この技術によると、英語の文章などを

視線を動かさずに英単語が目を通して脳に入っていくため、
すらすらと読み進めることができるようになるそうな。

実際に試してみると…

効果てきめん!

英語の文章を左から右へ視線移動しながら読むよりも
すーっと脳内に取り込まれていくような感覚です。

単語を左側から認識するというより、1単語を1つのイメージとして認識する感じ。

Spritzはいわば「テキスト・ストリーミング」と呼べる方法で単語を表示させて文章を読むスピードを上げ、コミュニケーションのクオリティを上げることを狙いとしたサービスです。アメリカ・ボストンに拠点を置くベンチャー企業が約3年間の期間を経て開発した技術で、その開発には文章読解方法論の専門家やソフト開発のエンジニアが携わっています。

面白い技術だなぁと思っていたところ、
今度は、この技術をweb上のテキストに適用できるサイトがあるとな!

すごい速度で文章が読めるようになる「Spritz」をウェブページで使用可能にするブックマークレット「OpenSpritz」 – GIGAZINE

上記リンク先のサイトに例示されている、

「最速の950wpmだとこれくらいの速さ。」

ってのをぼけーっと見ていたわけです。

すると…

見慣れた「toyone」というワードが目に入ってきた。
あれっ??
なぜ??

そう思って記事を読み返してみると、
試験表示するために引用されていたウェブサイトが、たまたま佐久間ダムのwikipedia英語版。

そこに、「toyone」ってのが書かれていたのか!

閲覧数が非常に高いニュースサイトだけに、
これはある種のサブリミナル効果になって
豊根が暗黙知の中で有名になったりして(笑)

モノは試しに、ブックマークレットをブックマークゾーンに流し込んで、
英文サイトを開いてブックマークレットを押してみたんですが…

何も起きず。

むむむーー何か設定に問題があるのかな(汗
JavaScriptを使っているみたいなので、ブラウザ側のセキュリティ強度に影響されるのだろうか。

プレゼンシートづくり

2月上旬に名古屋で開催された

中部ESD中部拠点Dayに参加 - kenta's page!!2014

そこで花祭りについて、ちょこっとプレゼンする時間があったんですが、
今度はその延長で、花祭り特集の講演会を開くことに(汗

しかも…講演会は、

明日の夜。

名古屋にて。

急遽決まったため、帰宅後に大急ぎでプレゼンシートづくりです。
花祭りを説明するときのシートを一度まとめたいと思っていたので、ちょうど良い☆

プライベートなので上黒川の花祭り特集です。

花祭りといえば、地域によって舞式やリズムが全く違いますが、
それぞれを巡ることも楽しみ方のひとつ。

それも盛り込みたいので、
設楽町、東栄町、豊根村の北設楽郡内15箇所で行われている花祭り、
各々についても宣伝できるようなポイントを盛り込みました。

写真を多用してビジュアル重視。

それだけではなく、花祭りは見ているだけでは面白くない、
参加してこそ、その面白さが分かる!
その部分を強調したいので、しましょ先生の動画も活用させて頂きます

そしたら、時計の針は午前3時になっておりました(汗

中部大学で花祭り講演会

武田先生が中部大学にいらっしゃるからというわけでもなく、
何故か、私は中部大学に御縁があるようです。

雪で泥だらけになったWISHを洗車してピカピカにして、
都会へ出陣できるように準備を整えました。

今日は、お休みを頂いて、名古屋へ向かいます。

目的地は中部大学名古屋キャンパス(鶴舞)。

その講義室にて、花祭りを紹介するプレゼンテーションです。

DSC00132

1時間半も早く到着してしまったので、映像機器のチェックを進めていました。

DSC00131

何故私なのか…というのは

たまたま、愛知万博のプロジェクトで出会った人が、
中部大学でESD中部拠点に関わっておられまして…

花祭りというのはESDの考え方にピッタリな題材であり、
古くから自然に培われてきた永続的教育システムがそこにあるから…

ちょっと、話をしておくれん。ということ。
お世話になっている方なので、万障を排して受諾!

なんだか小難しいですが、確かにそのとおりだと思います。

教科書が有るわけでもなく、譜面が有るわけでもなく。

指導要綱なんて、そんなものは存在しない。

けれど、700年もの長きにわたって続いている祭り。

長老から壮年へ、壮年から青年へ、青年から子どもたちへ。
死ぬまで先輩から「学ぶ」プロセスが存在する花祭り。

それは、祭りの範疇にとどまらず、地域の絆をつなぎ止める役割も持つ。

そういった部分を特に強調して、
花祭りはこんな祭りだよーってことだけではなく、
私の主観もありますが、花祭りが持っている影響力についても。

対象は中部大学の学生さんだけではなく、一般参加も有り。

そしてそして…

一番ビックリしたのが、武田研時代に一緒に研究をしていた中部大学の教授が
学内メールで今回の催しを今朝知り、私の名前を見て会いに来て下さったこと!

最初から最後まで、1時間半以上にわたる私の講演でしたが、
聴衆の皆様の目がキラキラ輝いて、興味深く聴いて下さっていることに感謝!
中部大学の教授も、私が豊根に戻ってからの動向が気になられていたとのことで…

たまたまですが、こんな形で近況をご報告できて良かったです。

また、2月当初の時に夜更けまで一緒に飲み続けた名古屋大学の先生も、
わざわざ御足労下さいました。
お仕事で忙しい中、有り難う御座いますっ!

花祭りだけで終わるのもなんなんで、豊根村の観光PRや村づくりの取り組みなどについても
オマケ資料でくっつけて、村ごと知って頂けるようにしたところ…

皆さん、興味津々!

講演後は嵐のような質問タイムwww

すっげ。

学会発表とかでも、こんなに質問受けたこと無い。

質問が多いということは、興味持って聴いて下さったこと。

大成功です。

間髪入れず、次から次へと手が上がるので、
喋り続けて2時間近くが経過…。

喉がめっちゃ痛い(汗

学校の先生って、毎日こんなにプレゼンしているんだよなぁ~すっげ。
喉が強くないとやっていけないですね。これは。

質問者の中には、人文学系の方もいらっしゃって、
「祭」や「神社」がある地域は、人の流出が抑えられる傾向にあるというお話しも伺いました。

なるほどなぁ。

私も、勉強させて頂きました。

21時頃講演会が終了し、夕食がまだだったので事務局の皆さん、名古屋大学の先生と一杯飲みに☆

鶴舞駅周辺って、たくさん飲み屋さんがあるんですね。
1次会では飽き足らず、2次会は名古屋駅の立ち飲み屋さんへ。

立ち飲み屋さんって始めて体験しましたが、慣れないと落ち着かないですね(笑)

お店はそんなに広くなくて、立ち飲みにすることでお客さんの回転率を上げ、
狭い店舗でも収益を上げる仕組みだそうです。
私が名古屋に住んでいたとき立ち飲みってあまり聞いたことが無かったんですが…

ここ数年で増えた業態らしいです。

私は宿を取ってあるんですが、他のメンバーは終電の時間が迫っています。
終電まであと30分になったところで…

勢いが付いてきました(笑)

熱燗の威力、凄まじ。

私は酩酊気味(汗

日本酒は、本当に、酔う。

で、いつの間にか終電の時刻を過ぎるという(汗

帰ることができなくなったメンバーを置いて自分だけ宿に戻るのも申し訳ないので、
そのままもう一軒、居酒屋さんをお付き合いすることに致しました。

すると!!!

隣で飲んでいたスーツのお兄さんふたりと、意気投合(笑
それだけでなく、店員さんとも意気投合www

ここからおかしな事になってきまして…

その方々と一緒に、さらに次の店へ行くことになりました(笑)
私は、明日運転して帰らなきゃなので、アルコールはそろそろ打ち止め。

移動はタクシー。
そのタクシーが、また…。

濃ゆい。

運転手さん、カウボーイハットかぶってる。

見てくれからして頭の上に疑問符がたくさん並ぶんですが、
タクシー会社名は、一般的な会社名。

トークが神懸かり的な面白さ。

あまりに面白いので、名刺が欲しいと言ったところ…

名刺には

カウボーイタクシー

って、書いてある(笑)
タクシーに書いてある会社名と違うがな!

面白すぎるぞ、この運転手さん。

時計の針を見た同乗メンバーが

「もう、午前3時半だ…」

と、ちょっと後悔の発言をしようものなら…

カウボーイ 「だいじょうぶだぁ~。今日と明日の間だでよっ!」

今日と明日の間!

そのような表現方法があったとは。
車内は爆笑の渦に包まれながら、
さっきの居酒屋で出会って意気投合した人たちと一緒に4次会(汗

まさか、こんな展開になろうとは…

と思いながら、夜は明けてきたのでした。

宿を取った意味が無いがな(汗

朝6時、宿にチェックインできてホッとしたモノの、
ちょっとだけ仮眠してシャワー浴びて帰途に着くのでした(汗

新しい夏タイヤへ交換

仮眠を取ってから、シャワーで目を覚ませ、
豊橋の伯父から大量に頂いたデコポンの一部を持って…

船橋オーディオセンターへレッツゴー!

先日のカメラ修理のお礼です☆

お店の前に車を停めて、デコポンを降ろそうとしているところで…

「こんにちわっ!!!」

背後から聞こえて来たその声は!

おおおっ!
船橋さんっ!

私の車が店の前に停まったのが目に入り、なんとお出迎えです。
今日、行くって事前に伝えていなかったのに!
こうして、ひとつひとつのお客様を大切になさる御商売。

家電量販店には、全くないものです。
信頼関係で成り立つ商売。

お礼のデコポンをお渡ししたら、とっても喜んで下さいました☆

そして、私は次のミッションへ。

もう、雪が積もることは無いだろう…。
そう期待したいところで、スタッドレスタイヤから夏タイヤへ交換することにしました。

ただ、その夏タイヤも、車検を通らないレベルまですり減っております。
6月に控えた車検を通すため…いや、安全上、新しいタイヤを買わなくては。

日頃、乗る距離が長いため、タイヤ代もバカにならんです。

長久手のタイヤ館に寄ってみました。
国内で一番の高級タイヤメーカーなので、これまで避けていましたが(笑)

他のメーカーに比べて飛び抜けて高い値段設定なので、
一体、何が優れているんだろうって、ずっと気になっていました。

分からないことは、店員さんに聞いてみよう。

駐車場に停めようとした瞬間、ピットから店員さんが出てきて誘導して下さいます。
そしてそのまま、接客スタート!

んで、私が積んできたタイヤをそのまま観て下さいます。

「おおおお。これは、かなり減っていますね(汗」

ですよねー(汗

そこから、店員さんのオンステージが始まりました(笑)

すり減ったタイヤを見て、分析が始まります。
山道を走るだけあって肩減りが激しい…いや、アライメントか?
また、今履いているスタッドレスタイヤの溝チェック。

手で触って確かめられているんですが、私が興味津々で観ていたところ…

「ちょっとココ触ってみて下さい、撫でる向きによって抵抗が違うの分かりますか?」

ん??
ふむふむ、確かに、ちょっと違う。

「アライメントを一度見た方が良いかもしれません。」

これは、タイヤに関する知識を得るチャンス!

質問攻めしましたが、ひとつひとつ、とっても丁寧に答えて下さいます。
この店員さん、めっちゃめちゃ営業能力高い。

タイヤのグレードについても、カタログに書いてあることをそのまま説明するような
通常の大手カー用品店さんとは全く異なり、書いてないような情報がスラスラ出てくる。
また、私がよく走る道路の種類などをお伝えすると、何が適切なのか、
真剣に考えて下さっていました。

その上で、値段との兼ね合いで一緒になって考えて下さいます。

ファンになりそう(笑)

んで、決めちゃいました。

ついでに、アライメントの調整もして頂きます。
それを店内から興味深く見ていた私を発見した作業中の店員さん、
こちらにいらっしゃって、

「良かったらピットの前で作業を見てみますか?」

声をかけて下さいました。

そして、装着されている検査機器について解説して下さる。

DSC_2320

タイヤに取り付けられているこの検査機が、
アライメント(向き)を数値化して出してくれる機械だそうで。

7万キロ走っていると、多少はアライメントに狂いが出てくるそうです。
アライメントってのはハンドルを真っ直ぐにしたときのタイヤの傾き。

車検の項目でも許容範囲が決まっているそうですが、
その許容範囲は意外に広いんですって。
許容範囲内であっても、適正な数値であることがタイヤにとっても優しいんだそうだ。

WISHで4WDの場合は、直進性が安定するように、
後輪が少しだけハの字型になっているんだそうな。
真っ直ぐじゃないのが正しい姿なんですね。

WISHのお腹も見てみました。

DSC_2321

特にマフラー。

錆びて(腐食?)ますね。

塩化カルシウムが撒かれた道を走ることが多いので仕方が無い。

新しいタイヤは、謎の丸い穴がたくさんありました。

DSC_2322

タイヤパターンって面白いなぁ。
あの丸い穴にも意味があるんですよね。

最後まで、とってもご丁寧な接客をしてくださった店員さん。
有り難う御座いました!

あなたから購入したいと思わせるその技、勉強になりました。

長久手から豊根に向けて、これまでと何が変わったのか、感触をよーっく感じてみました。
まず、ブレーキング。

ブレーキングしたとき、今まで以上にリニアに減速していきます。

また、加速もリニア(線形)。

ハンドリングの応答性も良くなった(気がする)。
これがタイヤの影響なのか、アライメント調整の結果なのか分かりませんが、
運転しやすくなったのは間違いない!

んで、夕方頃自宅に到着。

眠くて仕方がない。

この日記へのコメント
山のしんぶん屋 2014年3月15日 22:35

新品タイヤの穴は、スパイクを埋め込むためですか?
っていうか、もう夏タイヤですか!?
雪は大丈夫でしょうか?

この冬は、FR車の限界を痛感しました。
北設に4WD車が多い理由がよくわかりました。

4WDといえば・・・駆け出しの飯田支局時代、社有車のランドクルーザーに乗ってました。
使い古された老朽車で、一度ひどい目に遭いました。
根羽村を走っていたら、衝撃、轟音とともに急停止。
シャーシの下を覗いたところ、プロペラシャフトがデフからはずれ、地面をこすってました。
シャフトの一部がへこんでいたので、偏心してボルトがちぎれたのだと思います。
苦心惨憺、シャフトを取り外し、前輪駆動でよろよろとR153を阿智村の修理工場まで走りました。

思い出しました。
熊谷家の向かいの広場の小屋(花祭のイルミネーションが輝くところ)の脇。古タイヤが何本か捨てられていますが、あれはスパイクタイヤですね。

この日記へのコメント
けんた 2014年3月15日 22:46

>山のしんぶんやさま
スタッドレスタイヤがもったいないので…
早々と取り替えちゃいました。
例年だったら、取り替えても大丈夫な時期なんですけどねぇ(母曰く)

北設は4WD車多いですよね。特に、豊根。
ただ、最近はハイブリッド車も流行ってきて、FF車も増えているようです。
FFはまだ引っ張る系だから良いかもしれませんが、FRは厳しいですよね(汗

飯田支局にいらっしゃったこともあるんですか!
それも、ランクルとは。
シャフトが凹むと変なモーメントがかかって…
それを現場で分析するとは、やっぱり山のしんぶんやさんは理系??

熊谷家向かいの広場は、山のしんぶんやさんの豊根出張所のような場所ですね(笑)
あそこに見慣れたセダンが停まっていると、山のしんぶんやさんだ!
って、横目に通り過ぎることがありますww

この日記へのコメント
山のしんぶんや 2014年3月16日 14:57

あのころのランクルって、ヒーターがなかったんですよ。
ニクロム線を使ったお釜のような電熱器が運転席の下に取り付けられてました。
コラムシフトでベンチシート。
ライトの遠近切り替えは足踏みスイッチ。
ダブルクラッチを踏まないとギアが入らないというとんでもない代物でした。
車載無線機は米国モトローラ製。みんなは「無線機」と呼ばずに「モトローラ」と呼んでました。真空管式でした。

真空管のヒーター電圧は世界一律6.3V(トランスレス管は12V、電池管は1.5~3V」)ですが、昔、米国の車のバッテリー規格が6.3Vだったことに由来するそうです。

この日記へのコメント
けんた 2014年3月17日 20:39

>山のしんぶんやさま
運転席自体が暖まる仕組みなんですね…それも、ニクロム線の熱電器!
自動車の非力なバッテリーでも絶えうるモノなんでしょうか(汗
コラムシフトでベンチシートは、未だに我が職場でも現役車両がありますが、
さすがにダブルクラッチは…。

まず、ダブルクラッチの意味が分からず、google先生に聞きました(笑)

真空管式のモトローラ。
バイクのHONDAと同じネーミングセンスですね。
そこでもヒーター式とは。
昔の車は、消費電力も大きかったんですね。

神社大雪被災片付け第2弾

2月14日から15日にかけて豊根村を襲った大雪。
人家を中心に復旧が進んでいるところですが、
大屋根に大穴が開いた我らが上黒川熊野神社は、
まだまだ復旧作業が必要です。

屋根に穴は、開いたままです。

先日、片付け第1弾を氏子総代6名で実施したところですが。

花祭り舞庭被害の後片付け - kenta's page!!2014

まだまだ境内には大量の枝葉が散らばっております。
よって、片付け第二段を行うべく打合せを行い…

舞庭修復総代打合せ - kenta's page!!2014

晴れて良かった本日、片付け第2弾実施です。

が!

今回は、上黒川花祭りに関わる若者も参加!

めっちゃめちゃ、心強い。

重機を使わない(使えない)作業では、
処理速度が人の数に比例します。

DSC00137

私はまず、近所の先輩(このブログにしょっちゅう登場されている先輩)と共に軽トラに乗り、
「砂」を求めて国道151号線沿いへ。

そこで土嚢づくりをします。

作業に慣れている先輩から手ほどきを頂きながら☆
作業ひとつ取ってみても「コツ」というものがあって、
それを知っているのか知らないのかで、作業速度が全然違います。

神社へ戻ると、花祭りの舞庭周辺に散らばった枝葉を一箇所に集めて、
それらを焼却処理。

さすがスギの枝葉。

燃えやすさが半端ない。

ですが、これは枯れ葉として落ちたものではないため、
水分を大量に含んでいます。

火にかけると、まずはモクモクモク~じゅわわわわ~っと、
水蒸気が立ち籠めつつ、周囲を煙で覆います。
その煙が拝殿&本殿方向へ…。

次の作業は、拝殿&本殿周辺での枝葉集めだったため、
煙に巻かれてえらいこっちゃ(汗

私は花粉症なので、マスクをしながら作業していたんですが、

マスクが煙の影響で真っ黄色。

恐ろしや。

恐ろしいのはそれだけではありません。
スギの枝葉といえば、この時期、大量に花粉を貯えているんです。

ムズムズして、もう、たまらんっ!

そこに転がっているのが花粉を出す物体であることを忘れないと、
作業できません(笑)

ここでは、誰もがチェーンソー使えて当たり前なんですが、
立木を切り倒すとなるとレベルが一気に上がります。
しかも、周囲には大切に祀ってあるものがたくさんあるため…

倒す位置を少しでも間違えると大変なことに。

総代長自らチェーンソーを持ってハシゴに登り、
枝打ちを進められます。

DSC_2327

そして、木の幹にロープを2本縛り付け。
両脇から「ハ」の字になるように引っ張り合います。

おもむろにチェーンソーを根元に差し込む総代長。

DSC00157

まずは倒したい方向を削ぐように。

やり方はいろいろとありますが、今回は削ぐ方法。

DSC00159

反対側から再びチェーンソーの歯が入れられまして、
総代長からの

「いくぞーー!」

の一声で、バキバキバキ!!!

DSC00162

うおおお。
カメラを構えていたこちらの方へ倒れてきた!!

完全に、狙った位置へ倒れました。

もうちょっと下がっていれば良かった(汗
なんたって、ブワッと舞い上がったホコリなのか花粉なのか…

包まれた。

花粉地獄や。

境内には、何本も大木が立ち並んでおりますが、
根元に立つ人たちと比較すると、その大きさがよく分かります。

DSC00163

枝打ちのため、木によじ登る。

DSC00165

一方で、拝殿の屋根にたくさん落ちている枝葉の処理も行います。

「けんたろー!いくぞー!」

ドサドサと枝葉が降ってきます(汗
花粉やべぇ。

この時点で、私は鼻水まみれです。

落ちてきた枝葉をかき集めて、ひたすら運び出します。

DSC_2324

枝とは言っても、先ほどの巨木から落ちてきていた枝。
もはや、枝と言うよりも木です。

本殿と拝殿は長い階段の上にあります。

そこで集めた木々を長い階段を何度も繰り返して運ぶのも大変。
よって、安全確認をしてから上で転がして下まで。

重たい木を投げすぎて、手首が痛くなってきました(汗
やわだなぁ~ホント。

その後も、今後、危険になり得るであろう木々を伐採。
その度に、メンバーが集まってロープを引っ張ります。

が!!!

事件発生!

引っ張っている最中、ロープが切れた。

吹っ飛ぶ我々。

幸いにして怪我人は出ませんでしたが、
尻餅をつくと危険な場所を怪我していた先輩!
もんのスゴイ痛そうで…(汗

あんじゃないことを祈ります…。

屋根の上に乗っかっていた巨大枝も撤去されて、
そこには大きな穴が。

DSC00150

この穴をふさぐのは、まだこれから先になりそうです。

斜面を雪崩のように、舞庭に押し寄せた枝葉。
最初はこのようにてんこ盛りでしたが…

DSC00134

観て下さい!

Afterです。

綺麗さっぱり☆

DSC00148

これぞ、花祭りを守りたい一心で集まったメンバーが力を合わせた結果です☆

DSC00170

作業は疲れるモノでしたが、こうして作業後の集合写真で
皆さんの笑顔を観ていると、疲れが吹っ飛びます。ホント。

さらに、疲れを吹き飛ばすべく、前回に同じく、パルとよねで夕食会です。

もうすぐ、春祭りシーズン。
かつてはパルとよねの裏山に当たる弘法山で、縁日がありました。

私の小さい頃には、テキ屋さんなどの屋台が並んで、
花祭りがちっちゃく見えるくらいに派手なお祭りでした。

祭りの中心にいた方々は、上黒川の人というよりは、
豊根村、村の中にとどまらず、東栄町の方も中心メンバーを担っていたそうな。

今となっては小規模な祭礼が4月の週末に行われているんですが、
未だに東栄町からもお客さんがいらっしゃいます。

んで、その弘法山のお祭りのメインイベントだったのが、「お練り」です。

子どもたちが太鼓をたたいて、大人が笛を吹いて練り歩きます。

そこで出たのが私の父の名前。
弘法山のお祭り、お練りも、中心的役割を果たして頑張っていた父です。
氏子総代で、今日の片付け作業を一緒にやっていた村議会議長さんを始め、
皆さんから

「としあきくんはコミュニティ活動の先頭に立って、本当に良くやってくれていた。」

と、我が父について、なんだかちょっと私がおセンチになりそうな発言が。
議長さんと我が父は同級生。

父のレベルが高すぎて、私はそこまで全然到達できていませんが、
それでも目指すべき背中です。

また、春が近づいていたということで、近年始まった
上黒川花見会の話も出ました☆

花祭り実演でもやるか!?とか(笑)

お話をしていたところ…ケータイが鳴る。
誰からの着信かと思い、ディスプレイを見ると…

武田邦彦教授。

ぬおっ!!
学生だった頃の反射反応で、手に汗握りますww

「さかもとくん、一昨日の夜にいかがわしいことをしていたようだねぇ(笑)」

ってww
先生の所まで情報が伝わってるーー(汗

いかがわしいことっていうのは、こちらのことです。

中部大学で花祭り講演会 - kenta's page!!2014

武田先生のお膝元、中部大学で講演をしたこと。
褒め言葉と取っておきます(笑)

同窓生たちの近況サプライズを先生から伺いつつ、楽しい電話でした。

さて、私はこの後、自宅に来客があるため…
途中で失礼させて頂きまして…

帰宅。

友人が、生まれたばかりの4ヶ月のお子さんを連れて顔見せに来てくれました☆
写真では見ていたけれど、実際に出会って抱っこするのは始めて♪

軽っ!!!!

子どもの成長につれて、親の荷重感覚も変わってくると言いますが、
4歳の息子の重さになれていると、本当に軽く感じますね。

また、泣き声の可愛いことといったら(笑)

良いですねぇ~~。

一緒に夕食を食べ、夜も遅くなってきたので、
赤ちゃんには我が家でお風呂に入っていってもらうことになりました☆

母と妻が、息子の小さい頃を思い出すような表情で、
超楽しそうに着替えさせてあげてるwww

 

見送った後は、今日、後輩が貸してくれたLIVE DVDの観賞です。
ここ一年、その後輩がオススメしてくれたバンドの

ONE OK LOCK

に、超ハマっている私。
ウキウキしながら観賞していると、眠そうな顔をした息子がおもむろに…

木琴を持ってきた。

おもちゃのギターを持ってきた。

さらにタンバリンを持ってきて…

「あ、これ、違うか。」

と、一言発してから…

LIVE DVDに平行して、息子のライブパフォーマンスが始まりました(笑)

賑やかな夜は更けてゆくのでした。

この日記へのコメント
山のしんぶんや 2014年3月19日 21:11

お疲れ様です
チェーンソー、便利だけどおそがいツールですね
はしごの上で使うなんて、考えただけで・・・・

35センチのチェーンソーを持ってますが、腰が引けてさっぱり上達しません

今夜の東海テレビで武田先生が熱っぽくコメントしておられた故宇津井健氏の相手の女性
名古屋の高級クラブ「〇つ〇」のオーナーママで、〇〇〇かつXXXかつ▲▲▲なお方。数回会ったことがありますが、実に▽▽▽でした。

耳寄りな情報下さったら伏字部分お教えします(笑

この日記へのコメント
けんた 2014年3月21日 15:22

>山のしんぶんやさま
間違いなく、おそがいツールですね(汗
重量もそれなりにあるにもかかわらず、不安定なハシゴと上で自由自在に使いこなす総代長。
さすがであります。
刃渡り35センチとなると…そこそこの大きさですね。
ちょっと切断すると言うよりは、思いっきり切り倒しちゃうレベルでしょうか。
ビビると力が入らないし、加減が難しいですよね。

さてさて、武田先生、相変わらずの熱弁を振るわれておりましたかw
にしても、熱弁の内容が…!?
伏せ字過ぎて、逆に想像が膨らんでしまうところではありますが!

やはり、それなりの方はそれなりの場所に訪れられるんですよね。
そこで、様々な界隈の人たちと知り合いになる…面白そうな世界です。

耳寄り情報のゲットに勤しみます(笑)
まだまだ、来年度も山のしんぶんやさんに期待しております!北設全域が!

4回線との戦い

1日中、非常に閑散としていた我が課。

出張の方や休みの方が重なって。

課内が私独りになることもしばしばあったんですが、
そんなときに限って…

電話が同時着信するんですよね(汗

職場には代表電話用の電話回線が4回線あるんですが、
それを取り次ぐのも我が課の役目。

1人の時を狙ったかのように…???

複数回線着信(笑)

一本目の電話に出て取り次ごうとしていると、
また別の電話が鳴ったかと思えば、内線電話も鳴り響き。

まさにカオス。

そんな状況にも慣れてきましたが、
呼び出し音が長すぎて途中で切れてしまうと申し訳ない気持ちで一杯に。

同時に2本の電話に出ることはできないので、
ある意味宿命ではありますが。

今日は、そんな最中に来客も重なったので、カオス度満点でした。

花祭りの円卓会議最終回

終業時刻を告げるチャイムが鳴るなり、
身支度を調えて東栄町へダッシュ!!!

最近、こんなパターンが多いような気がしますが。

今夜は、東栄町の役場で全4回に渡った地域円卓会議の最終回。
私は、他の予定と重なったため、実は初回しか出られていないんですが(汗

仕事が終わってからの時間帯も、いろいろと用事があるものです。

最終回くらいは出ないと…と、会場である東栄町役場へ。

既に大方の参加者の方が参集されていました。
座長は名古屋大学の佐々木先生、愛知県の方も事務局としていらっしゃいます。

これまでの議論が、取り組みロードマップとしてまとめられた資料が配付され、
目を通してこれまで議論になった内容を確認。
花祭り保存会を始め、花祭りが行われている様々な地域の方が集まっておられ、
地域の方だけでなく、そこにサポートで入っている方々の意見もあります。

改めて、地域によって花祭りに対する考え方は違うもんだなぁ~と認識。

1人ずつ発言を求められる機会もありました。

私は…

鼻水がズルズルですよ(汗

会議は録音されているそうですが、
私の鼻すすり音が入りまくっているに違いありません(笑)

第4回分の会議で得られた知見は、
いずれ協働ロードマップという形で整理されて公開されるそうなので、
公開されたらまた御紹介します-。

ここから生まれたモノが、本当にロードマップとして機能し、
花祭りを続けていくための一助になったら良いですね☆

私も、ヒントをたくさん頂きました。

また、持ち帰って提案できるモノは提案してみたいと思います。

フラフラしながらポンプ点検

花粉症発症中。
鼻呼吸が、ほぼ不可能な状態になりつつあります。

毎年経験しているからといって、苦しさには慣れが無いものか…。
本当に、憂鬱な季節です。

さらに困ったことに…

風邪を引いたのかよく分からんけど、熱がある。
症状が全く同じだけに、判断材料が発熱の有無のみ。
アレルギー症状には発熱を伴うモノもあるようなのですが。

とりあえず、身体が言うことを聞かなくてたまらんです。
職場のゴミ箱は、鼻をかんだティッシュだらけ(汗

 

帰宅後、息子が何やら見慣れぬツールを手にしています。

こ…これは…

最近始まったばかりの新しい戦隊ものシリーズ。
腕に装着する道具じゃありませんか。

ちまたでは、色んな意味で話題のトッキュウジャー。

烈車戦隊トッキュウジャー|テレビ朝日

どうやら、お隣のおじいちゃんが誕生日プレゼントに…ってくださったそうなんです。
た…誕生日…!?

御近所さんみんながおじいちゃんみたいなもので、
甘やかされすぎて将来が心配なところではありますが…
それは、親の取り越し苦労か??

なんにしても、集落に1人だけの子どもなので、
御近所さん、皆さんが面倒を見て下さって本当に有り難いです。

トッキュウジャー。
鉄道ブームに乗っかって、さらに子どもたちが好きな乗り物系。
ただ、主人公のあの声は…

無いわぁww

 

さて、今夜は消防団のポンプ点検!!
部長さんやポンプ班長さんがめっちゃ旨い食材を用意して下さり、
日本酒の差し入れもあって…

今夜も充実しております。

が、日本酒を頂いたところで私は呼吸困難状態に(汗

やっぱり、弱っているときに飲んだらヤバイですね。

クラクラのフラフラになってきたところで、
部長さんと一緒に22時頃早退しました。

く…苦しかった…(汗

新城へ設楽へ2連出張

  • Posted by: けんた
  • 14年03月20日 木曜日
  • 旅路 | 会社

「けんたろう、顔が赤いけど大丈夫か??」

飲んでいるわけではありません(笑)

今日もちょっと熱が出ており、HOTです。
動けないレベルではないので、仕事頑張りまっせ☆

出張二本立て。

行き先は、新城市内と設楽町内。
全く別件の2件ですが、

できるだけムダな移動時間を減らしたいので、
同じ日に調整させて頂きました。

午前中は新城市内へ説明に。
時間節約のため、お昼ご飯は設楽町のサークルKへ。

するとっ!!!

2月14日夜…大雪が降った日に
白馬へ一緒に行く予定だった津具商工会の方に遭遇☆

出会うのはあれ以来だったので、あの夜から朝にかけての修羅場。
つかの間でしたが語り合いました。

メンバー同士の連絡は、常にスマホで取っていたんですが、
明け方に出発を諦めた豊根班に対して、東栄&津具班は
R151が通行できない我らの情報を得てR153へ周りで向かい…

途中、治部坂あたりで足止めを食らって引き返すも、
倒木やら道路をふさぐ車があったりで、帰宅に相当時間を要したそうな。

ま、なんにしても、来年またリベンジしよう!ってことになりました☆

すると今度は、同じ職場の先輩がサークルKに(笑)

皆さん、お昼ご飯を求めて。私もそうですが。

昼食を経て、設楽町で今度は説明を聞く方です。

職場へ戻り、ちょっと遅くまでお仕事は続くのでした。
年度末な雰囲気になってきました!

組のお彼岸お中日作業

  • Posted by: けんた
  • 14年03月21日 金曜日
  • 行事 | 豊根

毎年、春分の日。 祝日です。
春のお彼岸お中日には組で集まって年度総決算と新旧役員の交代が行われます。

が。

今年はちょっと、違います。

2月14日の大雪災害によって、集落共同で使っている水源へ通ずる道が
数多の倒木によって進行が難しい状態になっているんです。
車両通行は不可能な状態。

また、集落で祀っている祠周辺も、桜の枝が折れたりして
見るも無惨な姿になっております。

それらの片付け作業が加わっています。

朝8時に集合し、年齢などを考慮して一人一人の作業が決められます。
私たち比較的若い衆は、倒木除去のため水源方面へ。

作業風景を記録すべく、私はカメラ担当も拝命しました。

まずは、祠周辺で倒木除去をしている方々。

DSC00198

集落全体が見下ろせる絶景ポイントがそこにあたります。
自前のチェーンソーを持ち寄って、折れしなった木々を切断。

DSC00200

ここでも、チェーンソーを余裕で使いこなす方々。
作業服も…

DSC00196

迷彩柄(笑)

上の写真、ひとり作業されている方がいらっしゃいますが、分かるでしょうか(笑)

んで、こちらは水源へと通ずる道。

DSC00202

水源に向かう途中まで自動車で行くことができるんですが、
倒木が倒れていて、それを刻んでは投げ!繰り返します。

猟師の方々が既に倒木除去の作業を途中まで進めて下さっていたとのこと。
誠に、有り難いことであります。

山深くなるにつれて、舗装された路面が見えなくなるほどに…

DSC00205

先週末の熊野神社舞庭片付けの際、先輩が持っていた「鳶口(トビグチ)」を見て、
丸太を引きずって運ぶにはちょうど良いなぁと思った私は、
試しに軽トラの荷台に鳶口を乗せてってみましたが…

これが大活躍!!!

「けんたろくん、良いモノ持って来たねぇ!!」

と、褒められ☆
先輩、ナイスアイディア有り難う御座います。

軽トラで進める最終点まで到達すると、
そこからは沢沿いに歩いて道を上ります。

水は低きへ流れるもの…

沢というのは山肌を浸食するため、谷間にあるわけですが、
ということはすなわち、斜面下向きに倒木は倒れるので、
必然的に沢を封鎖するような形で木々が倒れているわけです。

DSC00213

沢に木々が倒れ込むというのは、そこがせき止めの起点になって
自然のダムが形成された場合は鉄砲水の危険性に繋がります。

よって、切り刻んで、これらの木々も除去します。

この辺りは土の層が薄くて、岩盤層になっているため、
根が浅い倒木は、根こそぎ倒れていました。

DSC00216

木の価値が高かった頃には考えられないかも知れませんが、
今や木を出荷して得られるお金よりも出荷賃の方が高くなることが多いご時世。

もったいぶらずに、切りまくります。

DSC00218

既に天然のダムを形成しかけているところについても、
この機会に…と、ダムを決壊させて行きます。

DSC00223

並々ならぬ倒木によって、沢が見えなくなっている部分も…。

DSC00228

水源に到達し、水の吸い込み口などを補正して流水を確認。
このところ、水圧がかなり弱くなっていたので、これで回復するか…?

周囲を見渡すと、根こそぎ倒れた木々が目に入ります。

DSC00231

水源は大丈夫な様子なので、中腹まで下って水圧を確認します。

DSC00232

しかし。
水圧に変化無し。

弱いまま。

何故だ。

もう一度、水源方面へ登って行きつつ、
土の中に埋まっている塩ビの水道管から漏れが無いかを確認して歩きます。

どこからも漏れている様子は無く。

管の中に土砂が詰まっているかも知れないという予測の元、
中間地点のバルブを閉めては解放する作業を繰り返してみると…

濁った水がドドドッと。

こりゃ、詰まりの可能性が高いと。

ここで、水道のプロフェッショナル出番です。
再び水源の方へ確認に向かわれたんですが、しばらくして水圧が元に戻ったという報告!

聞く話によると、水道管で詰まっていると思しき場所を叩いたら通ったとのこと!

思しき場所って…。

管の内部状況が見えなくても、泥が詰まった場所が分かる??

レントゲン博士もビックリですね。
まさに、職人の感。
※集落の御近所さんです。

自然の中で生きるスキルを身につけていらっしゃいます。
果たして私は死ぬまでにそのスキルを会得することができるのか…。

作業を終えて集会所に戻ったら、なんかちっちゃいのがコタツに入って座ってる。
おじいちゃんたちと談笑を深めていたのは…

息子でした(笑)

リュックサックを背負って、おせんべいもらって楽しそうww

さて、今度は祠へのお祀りです。
集落の境界にある祠、そしてこの集落を見渡せる高台の祠。

御神酒とお供え物を捧げて、祝詞を奏上します。

すると、外では雪が降り始めました。

DSC00235

もう…雪は勘弁。

通り雪のようでしたが、雪の形状は寒いときに降る、固い塊状のもの。

DSC00237

集会所へ戻ると、今年度から来年度へ向けての組役員の改選です。
全部で13戸の組なので、役は直ぐに回ってきます(笑)

ちなみに、平成25年度に私が拝命していた役員は

伍長

氏子総代

農事班長

森林組合参事

以上、4つ。

平成26年度は、このうち三つの役が解かれまして、
氏子総代だけになります。

会計報告などが終わると、お酒を飲みながらの座談会がいつもの如く始まります。
今日もまた、面白い話がたくさん。

昔はこの周辺でもタバコの葉っぱを栽培していたという話や、
もちろん、先日の大雪災害時のお話しも。

また、今後、災害があったときにどのように行動するか…とか、
どんなものがあったらいいかとか、そんな話がたくさん出ました。

まさに、地域の防災会議さながら。

今日も山の中での作業だったため、私の鼻は両面通行止。
その状態でお酒を飲むと、呼吸がとっても大変になったのでした(泣

この日記へのコメント
UZ 2014年3月23日 18:15

豪雪の後片付けおつかれさまです。
3月の広報とよねを見て、その被害の甚大さを感じました。
あれでは、僕の力じゃ手を出せない状況だったと確認できました。
その後も片付けた続いていて大変ですが、無理してね〜!

ところで、ふるさと納税のお礼のお手紙10日ほど前に無事に届きました。豊根村制120年・・・。すばらしい歴史ですね。
掲載されている写真を見て長い長い歴史を感じました。

それでは、村長さんにもよろしくお伝えください。
こんなところでお礼をするのはルール違反????

この日記へのコメント
けんた 2014年3月23日 20:14

>UZ先生
広報とよねに掲載されていたレベルのモノは、専門家の皆さんじゃないと厳しいレベルですね(汗
そこには載っていなくとも、片付け仕事はたっくさんありまっせ(笑)

ふるさと納税、有り難う御座いました。
って、ここで言うのもなんですが…。
時の絆も同封させて頂きましたが、一定の額以上のふるさと納税を頂いたときの特典になっております。
過去の広報とよね掲載記事をまとめたモノ…。面白いですよね。

村長さんも、お、UZくんか!とおっしゃっていましたよ☆

商工会青年部感謝会

  • Posted by: けんた
  • 14年03月22日 土曜日
  • 行事 | 豊根

豊根村を盛り上げよう!

村内で行われるイベントではお馴染み、
豊根村商工会青年部。

私も準会員ながら参加させて頂いておりますが、
村内の商工業経営者若手が中心となって結成されており、
商工業団体所属の方のみならず、広く門戸は開かれて、
40歳以下の若者であれば、ほぼ参加可能!

中心的イベントの「芝桜まつり」を始めとし、納涼祭や文化祭等々。

イベント盛り上げが好きな青年が集まっております。

そのベースには「大好きな豊根村のために」という心意気が詰まって。

その商工会青年部を、これまで25年にわたって事務局として支え続けてこられた
商工会事務局さんが、青年部の事務局業務を後任の方へ引き継がれるとのこと。

現在の青年部長さん(我らが消防団第2部部長さん)が広く声をかけられ、
その25年の間に青年部部長を経験されたOBさんたちも集まられまして、
今夜は事務局先輩を送る会です。

事務局先輩と言えば…

いつも、私がスキーを御一緒させて頂いていて、大変お世話になっている方。

先日は、2月14日の大雪の時に一緒に白馬に行こうとしてエラい目に遭いました(笑)

送迎のバスに乗って、会場であるレストランみどりへ。

まず、バスに乗ってビックリしたのが、
村の業界団体を代表するような方々が数名!

さすが、歴代の部長さん。

大御所の方ばかりで、ちょっとドキドキしちゃいます。

開宴し、お酌をして回りつつ、大御所の方にも顔と名前を覚えて頂きました。
一緒に飲む事なんて、そうそうあるもんじゃない。
また、現役員さんや先輩方、後輩たちとも良い時間を過ごしまして☆

事務局先輩とも今年は断念したけれど、
来年こそはスキーに行くぞ!!

と、盛り上がりました☆

そこでミスター花祭りの従兄弟も一緒に喋っていたんですが、
始めて知ったのが…

なんと!

ミスター花祭りの従兄弟さん、スキー検定の2級を持っていらっしゃる!!

すげぇ~~

「けんたろーも、取りに行けよ!」

と、尻を叩かれたので、そろそろ本気で検討してみようかな。
一番のハードルは、週末の予定を空けることですが。

季節は冬を越えて春に突入しているのに、
早速来年の話をしているスキー好きたちです。

宴もたけなわなところで、部長さんから事務局先輩へ、
皆さんからのプレゼントを贈呈する場となりました!

「これまで歴代の『頭』を守ってきてくれた事務局先輩、
これからは、事務局先輩の頭も守ってくれるように…」

と、特別デザインの芝桜ヘルメットが贈呈されました!!!

カッコイイーーー!!!

事務局先輩も

「やべぇ!マジ嬉しい!!!」

もの凄い嬉しそうな、満面の笑顔です。

そこに、絶妙な野次が大御所部長OBさんたちから入るのが面白い(笑)

宴たけなわで、23時頃解散となり、帰りのバスに乗車。
ちょっと重量物を運搬することになりまして…

バスの工程上は、一番最初に私が降りるところですが、
そのまま乗り続けて皆さんを送り、坂宇場方面、大沢方面をぐるっと回って、
一番最後に降りたときは午前0時近くでした(汗

盛り上がるほどに、伝説は刻まれる…。

この日記へのコメント
UZ 2014年3月23日 18:34

私もスキー検定2級とりたいです。
そのうち、今の仕事やめたら山に住んで、夏はキャンプ場でネイチャーガイド、冬はスキー場でスキーインストラクターなんてのもありだなあと思っています。

その第一関門がスキー検定かななんて思ってますが、検定を受けにいこうという「勇気」が今のところ・・・なのです。

そろそろ、勇気を出してやってみようかな??

この日記へのコメント
けんた 2014年3月23日 20:16

>UZ先生
2級取って、目指せ1級!そして、インストラクター資格へと…
かなりハードルは高そうですが(汗

んでも、ネイチャーガイドとか、世界自然遺産があるようなところでは生業になりそうなんですが、
このあたりでもいけるもんなんですかねぇ。
ブランドとか知名度とか、どうしても金を稼ぐとなるとそこら辺が足かせになってきます。

この日記へのコメント
UZ 2014年3月23日 21:56

ネイチャーガイド・・・。
いやいや、世界遺産レベルのところじゃなくてもいろいろありますよ。

豊根でできそうなことで言うと、
茶臼山高原周辺の自然観察、登山ガイド(登山というほどでもないですが)、蛍観察、星空観察…。
自然とはちょっと離れますが、
五平餅作り、そば打ち、釣り、ひっかけ体験(あの漁法は他地区であるのか?)、河原飯体験…。
(思いついたところで)

何も有名どころでやることばっかりが自然体験ではありません。避暑に茶臼山に行った街の人たちに、もう一体験してもらって、自然のすばらしさ、豊かさ、大切さを感じてもらうのがネイチャーガイドの仕事だとおもいます。

ただ、豊根でやった場合に、どの程度採算が取れるかはかなりの問題だと思いますけどね。

この日記へのコメント
けんた 2014年3月24日 20:29

>UZ先生
やっぱり世界遺産のブランド力は凄いなぁって思います。
ガイドという仕事が、それで生業になっているところあたりが。

そうなんです!
豊根でできることもたくさんあるんですが、それらのほとんどが、同じような中山間地どこでも味わえることが多いのがまた問題で、いかに差別化するか!是非、差別化のアイディアを頂きたいです。
名古屋圏には、三重や岐阜など、レベルの高い中山間地がありますからね。

豊根には茶臼山というブランドがありますがっ!

久しぶりの畑仕事

朝の目ざめはバッチリ!

花粉症を除いて、体調は万全!
やっぱり、あれは風邪だったんだな…。

お掃除していたところで、豊田市在住の伯母さん登場!

お墓参りにいらっしゃった。
久しぶりだもんで、話し込んでおりました。

たま~に夢の中へ祖父が出てくるそうな。
そーいえば、私の夢の中にも出てくることあるなあ。

たいていは、息子と仲良く遊んでいる祖父の姿ですが。

たま~に、父も夢に出てきますよ。

午後からは自宅前の畑へ耕耘機をかける作業です。
久しぶりの土の香り…を味わう余裕も無く、
できるだけすき間無くマスクを着用することを心がけます(笑)

耕耘機のローターによってかき上げられることにより、
まるで流体の如く振る舞う土が、そのまま降り積もって、
ふかふかの土へと変化する。

美しい。

それらが規則正しいリニアな線となって並ぶとこれまた美しい。

本来の目的から外れて、
如何に美しく耕すかに意識がいきます(笑)

イヤホンで音楽を聴きながら、ノリノリで耕しました。

近くで見ると雑なところが目に付くんですが、
遠目に見ると、なかなかイケてるではないか!?

逆に、近くで見ると美しい風景が、遠く離れた遠景になったとたんに、
まったく違った印象を持つこともあるでしょう。

その面白い例を発見しました。

一歩引いたアングルから見ると「あれっ?」…観光名所の印象がガラッと変わる写真いろいろ:らばQ

ブランデンブルク門。
なんと美しい…。

しかし、ちょっと離れてみると、街の混雑した風景に相まって、普通の門に見えてしまう。

ピラミッドも同じ原理で、都市近いっ!

なんというか、旅行へ行く前にプランを練っているとき、
ここに行ってみたいなぁと思わせる写真がパンフレットに並んでいるわけですが、
実際に行ってみたら、写真を見たときほどのインパクトが無かった。

その感覚に似ている気がします(笑)

観光パンフレットに載っている写真って、
その観光地の最大限の、最高の姿なんだなぁと、改めて認識。

ま、そうじゃないと、行きたいって思わないもんね。

 

亡くなった方が枕元に…
なーんて話を昼間に伯母としていたからか…

夜、またしても金縛りに遭いました(汗
今回は、何かの存在を目の前に確認していたので、ちょっと怖かった。

けれども、冷静になれ、オレ。

そう言い聞かせて、今はレム睡眠で脳だけ起きちゃったからだ!
身体、起きろ!さらにそう言い聞かせていたら、金縛りが解けました。

あー、でも、気分はよろしくないですね(汗

行き倒れ

年度末の、まさに「末」が近づくにつれて、
帰宅時間が遅くなってきました。

ひとつの時間的区切りの末だけに、
まるで夏休みの終わりに駆け込みで宿題を片付けている小学生の気分(笑)

帰宅して、妻が息子を風呂に入れてくれていたので、
風呂上がりに息子に薬を塗ってやっていました。

アレルギー持ちの息子。

可哀想に…

寝ているときに体を掻いてしょうが無いので、
体中に薄く、まんべんなく薬を塗っていやります。

この時点で、目が半分閉じかけていたんですが。

ちょうどそこにあったストーブで髪の毛を乾かしてやっていた結果…。

DSC00238

撃沈(笑)

頭を乾かしていたら途中から微動だにしなくなったので、
何事かと思って顔をのぞき込んでみたら、カワイイ寝顔で寝ていたのでした。

なんという自由人。

どこでも寝られるってのは、子どもの得意技でしょうか。

いろいろと初めてなこと

  • Posted by: けんた
  • 14年03月25日 火曜日
  • 旅路 | 会社

昨日、急遽先輩からピンチヒッターで頼まれたお仕事。

それは運転手さん。

誰を乗せていくのかといいますと…

村議会議員の皆様☆

議長さん以外の議員さんを津具までお送りいたします。
これがまた…

7人乗りのヴォクシーに7人乗車ですよ。
まさかのフル乗車で大変恐縮で御座いますが。

その分、運転には慎重を期しまして!

特に、中央シートで中央に座られた議員さんにご迷惑がかからぬよう。

車内の会話は大変面白くて、
そこでは先日開催された商工会青年部の送別会も話題に上っていました(笑)

やはり、伝説に…なっているようで…。

レジェンドです。

議長さん以外の全議員さん6名をお乗せしたんですが、
それは入社して以来初めてでした。

 

もうひとつ、入社して以来初めてのお仕事…仕事?。

まだオープンにはできませんが、
入社して3年にして、初めての体験中。

まとめていく中で、新しい発見があって面白い。
年度が替われば明らかになります。

おかあさんは東京へ

  • Posted by: けんた
  • 14年03月26日 水曜日
  • こども

お昼休みは自宅で昼食を。

すると、妻が荷物をまとめております。

実家へ帰らせて頂きます!

というやつでございますが、
所要のため、妻は単身、東京の実家へ。

今回、息子は自宅でお留守番です。

というわけで…

飯田から高速バスで東京へ向かう妻を見送る息子、
予想通り、大泣きです。

しかし!

大泣きながらも、

「きを…つけて…いって…きてね…」

途切れ途切れのフレーズで、どうにか妻を見送ろうとするんですが、
感情には逆らえないようで、涙が止まりません。

最後のセリフは

「てれびまがじん、かってきてね…」

でした(笑)

さあ、 今夜から妻がいない夜が始まります。
早く帰ってきて面倒を見てやりたいところですが、
あいにくこの年度末。

帰宅が遅くなりがちです。

息子も、いつもと雰囲気が違うため…

「おかあさん…じゃなくて」

「せ…せんせー!」

「じゃなくて…おとうさん!」

私を呼ぶにも、大変苦労しているようです(笑)

帰宅後、近所の先輩宅へ行く用事があって、
息子と一緒に出かけましたが、先輩宅の子たちと遊びたくてたまらない様子(笑)

もうちょっと早く帰れたときに、先輩宅で遊んでいこう!

お風呂に入って、良い子で眠ってくれました。

この日記へのコメント
ウェス@あいぽん 2014年3月29日 18:17

実家へ帰らせていただきます…。
これ実際に言われると、いや、書き置きで見るとショックですわね。
→幸い、未だ僕は体験してませんが(笑)

ウチが母親無し体験したのは次女が生まれた時位だなぁ。
其の時も、何回かお母さんと呼ばれた様な記憶が。


意外と母親が居ないと子供側も諦めてお父さんでも対応してくれますよね。
母の姿と声さえ無ければ(笑)
→或る意味順応性が高い。


追伸:
何とかGWは田口に帰れそうな目処が立ったが5月3日とか4日も忙しいかい?

この日記へのコメント
けんた 2014年3月30日 11:14

>ウェスさま
書き置きはヤバイですね(汗
幸い、我が家も経験は御座いませんが。

やっぱり、母親がいないと子どもは諦めるんですね(笑)
そうそう!お母さんの声が少しでもあると、ヤバいんですよね。

GWは…まだよく分かりませんっ!
近くなったら…計画を立てましょう!

お母さんがいない2日目夜

  • Posted by: けんた
  • 14年03月27日 木曜日
  • こども

早く帰らねばと思いつつも、20時頃帰宅。

急いでお風呂に入れて寝かさなくては。

昨夜、お風呂の中でXperia Tablet使って遊んでいたところ、
それがあまりにも新鮮だったようで、今夜も楽しみにしていたみたい。

やっぱり、いつもと雰囲気が違うなぁ~。

いつもは、お風呂に入るよ!って言っても、
ダラダラしてて、なかなかお風呂に入ろうとしない息子。
そして、最終的には怒られてお風呂に入るという…

お風呂に出てからも見違えるようで。

できるかなぁ~?と、モノは試しに

「歯を磨いて布団に行っていなさい」

と一言、言ってみました。

「ハイッ!」

良い返事だ。

そ~っと洗面所を覗いてみると、シャカシャカ歯磨き中。

しばらくして

「仕上げして!」

と、こちらへやってきたので、仕上げ磨きしてやると、

「先にお布団行って寝てるね!」

お…おお。
聞き慣れないセリフだ。

しばらくして寝床を覗いてみると…

 

ね…寝てる…。

たまには、お母さんがいないのも良いかもしれません。
自立心が育つ!?

お母さんが帰ってきた

妻が東京から帰ってきた。

一昨日夜、昨日夜の息子の武勇伝??を聞いて、
なんだかうれしそうな妻。

「息子の成長を願って、もっと頻繁に東京へ帰ろうかな~」

そ…それは…勘弁(汗

私の予測では、妻がいない間、
厳しいばあばに、しっかりとしつけられた結果か。

私の帰宅が遅い日が続いたので、振り返ってみるとそれしか無い!

うちのばあばは、飴と鞭が強烈です(笑)

年度末。
異動の季節ですね。

この業界、異動の時期が集中しているので、
御挨拶に見える方がたくさんいらっしゃいます。

以前の会社では、異動というのは4月1日とは定まっていなかったような。
その都度、柔軟に組織改編があったかと。

だから、違和感にまだまだ慣れない(汗

一斉に人が変わってしまうと、仕事の連続性ってどうなるんだろうなぁ。
事務作業的なことはマニュアル的に引き継げたとしても、
理念を引き継ぐことが最も難しいのではっ!

この日記へのコメント
ウェス@あいぽん 2014年3月30日 13:04

確かに。
弊社は何方かと言うと4月よりも1月とか6月とかに組織変更してる様な気がする。
→名前だけ変わって、やる事は何も変わらない組織変更も数多く(笑)


人がガラッと変わると、理念と言うか想いは引き継がれないわなぁ。
良くも悪くも。

逆に全部マニュアル化された仕事なんて、却って僕はやりたく無いですけどね…。
何て言ってみる。

この日記へのコメント
けんた 2014年3月30日 17:37

>ウェスさま
そーいえば、1月の組織変更が有りましたねーー!
んでもって、名前だけ変わって…(笑)

良くも悪くも、ってのは確かにそうですね。
引き継がれない方が良いこともありましたねwww
まあでも、貴社の場合は、どんなことであろうと標準化という名のマニュアル化が得意技じゃありませんかw

あれはあれで、良いと思いますよ。
部署に寄りますが。

この日記へのコメント
ウェス@あいぽん 2014年3月31日 16:59

標準化…
この言葉が出たので珍しく重複コメ。

標準化は確かに皆がソコソコのアウトプットを出す為に有効なんですよね。
→けど、標準化に依存してしまうと其処から新たな改善や変革は産まれないと僕は思います。
→→所謂マニュアル依存症になる。

例えるなら、明らかに中高生が来てるのに喫煙席と禁煙席を尋ねるファミレスの店員とか…。


弊社役員達の云う真の標準化から離れた標準化が横行して居る。
そんな事を感じて居る今日この頃であります。

お前の気持ちは分かる。
けどそんな事よりも、先ず皆が中の中〜下のアウトプットを出すべきだろが。
とも言われてる…異端者です(苦笑)

この日記へのコメント
けんた 2014年4月 1日 20:37

>ウェスさま
作業的なこと程、標準化には適しているんでしょうかね。
人間まで標準化されないように、しなくては!

若干、それっぽくなっているかとは思いますが。

ま、ウェスさんを標準化するのは、絶対不可能かと思いますがww

人間を品質管理すると考えた場合、人間集団のσを上げたら企業全体的には管理しやすいかも知れませんが、それが横軸的にシフトしたものでなければ、イノベーションは生まれなさそうです。

職場の方々勢揃い

  • Posted by: けんた
  • 14年03月29日 土曜日
  • 行事 | 会社

年に1回行われる、職場の互助会総会。

全課を横断して、所属する職員さんが一堂に会して、
一年間の事業収支報告が行われ、その後は懇親会となります!

全課を横断してというのが1年でこのときだけという貴重な機会。

富山地区在住の方もいらっしゃるので、
宿泊ができ、かつ客収容キャパの大きな場所ということで
いつも大変お世話になっている清水館で行われました☆

もちろん、トップをはじめ、上役の方々も勢揃いですので、
この機会に!いろんなお考えを伺うチャンスでもあります。

お酒を注いで回りつつ、注がれまくって…

最初はビールグラスを持って回っていたはずが、
最終的に自分の手元にあったのは、激濃いストレート近い焼酎でした(笑)

焼酎の濃さに負けないくらい濃いお話を伺うこともでき。

飲み会は大切です。

が、いろんな団体に所属していると、それがバッティングすることも多々。
悩ましい問題です。

結局、ほとんど料理を食べられずに時間が来てしまい…
せっかく美味しい料理を用意して下さった清水館さんに大変申し訳ないのですが…

最後に、これでもか!

ってくらい、残っていた料理をかき込みました。

そして…

延長戦へ突入!!

帰りのバスは出発してしまったんですけど。
どうやって帰ろうかな…

なーんてことは、この時点で全く頭に無し。

カラオケルームにて、若手中心で盛り上がっております。
花祭り大好きな同級生と共にww

合いの手入れたり、踊ったりしてたんですが、

ステップが…

花祭り(笑)

途中から、下黒川の湯囃子ステップが始まったりして。

カラオケルームの名前に恥じない光景が繰り広げられて…

午前2時。

宿泊の方は「おやすみ~」と、人数が減ってきます。

そして残った我々は…

唯一、ノンアルコール、自家用車で来ていた方に送って頂きました。
川宇連から徒歩帰宅にならなくて良かった…(汗

仕事片付けとタイヤ交換

昨夜、結局寝床についたのは午前3時半。

夜更かししすぎました。

だが!
ノンビリしておられないのが年度末。

今年は特に。

というわけで、職場へ行って仕事です。

同じように、昨夜遅くまで盛り上がっていた同級生も出勤していました。

他にも数名。

電話の音もほとんど鳴り響かない空間で、
落ちついて仕事ができるというのは、ある意味幸せな状態です。

土砂降りの雨も上がり、晴れ間すらのぞいてきました。

夕方には帰宅して、雨も上がったことだし!
軽トラのタイヤ交換です。

車庫に軽トラを突っ込んで、ジャッキ使ってタイヤ交換。
溝の状態を見て、ローテーションも考えてみましたが、
まあ、所詮は近距離専用の軽トラですから…

見分けがつかん(汗

先輩が通りすがりに立ち寄って行かれつつ、
これで冬ともお別れだっ!

春に向けて、様々な準備が進んでおります。

準備といえば。
かねてから気になっていたキングダムタワーが記事になっていました。

世界一の高さ1000メートル超えの「Kingdom Tower」建造へ – GIGAZINE

私がサウジアラビアへ訪問したときに、一番最初に訪れた都市、ジェッダ。
そこに、高さが1キロを超えるという、超ビッグなタワーが建設されるそうな。

建設が終わった頃にまた、行けると良いな。

平成26年度の最終日

ある意味、正月よりも重みのある年の切り替わり。
会計年度が変わり、人も変わり…。

その、大晦日。

駆け込み仕事が大量発生して、非常に焦った1日でした。

この仕事は、「日付」という概念が非常に重要なのです。

よって、急遽、2回現場へ課長をお連れして飛んでいきました。

例年だったら、明日があるから…という扱い方もできるんですが、
本日を最終日としてまして、今の部署から異動となります。

日が暮れてきた頃、ようやく仕事が落ちつきまして、
身辺整理をして、机周りの荷物をまとめて、1階の新しい席へ。

日曜日にある程度片付けしておいて良かった!

同じ職場内とはいえ、雰囲気が全然違って不思議な気分の夜でした。

最後の最後、ちょっと遅い時間帯となってしまいましたが、
お客さんお宅に訪問して、最後の仕事、終了。

いや、まだ引き継ぎやっていないので、最後じゃないんですけどね(汗

1日で引き継げるような仕事ではないので、
しばらくは、両方の部署の仕事となりそうです。

Index of all entries

> 2014年3月の日記一覧

 まず 歩いてみる
    そこに 未知があるから
最新のkenta's日記
kenta's Twitter
    皆様からのコメント
    Calendar
    « 2014 3 »
    S M T W T F S
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31          
    kenta's 検索
    カテゴリ
    これまでの月別ページ
    kenta's booklog
    kenta's page!!携帯版
    Feeds
    kenta's page!!について

    けんたが日々徒然…2001年より記録している日記中心のwebサイトです

    webサイト立ち上げから毎日欠かさず日記付けています

    一日一日を大切に、一日一つは日記のネタを見つけよう…見つからなかったらネタを作って実りある一日に

    管理人けんたへの連絡先
    メールアドレスの画像

    けんたの文献リスト

    kenta's page!!最新の日記へ戻る