「花祭」フェスティバルin名古屋へ行ってきた。

先日、本ホームページにて告知しました

「花祭」フェスティバルin名古屋へ行って参りました☆

披露宴を来週末に控えておりますので、
行くことができるかどうか…かなりギリギリまで迷ったんですが、
花祭りと聞いては行くしかない!っと(笑)

主催は花祭りサポーター設立準備会。
NPOのボランタリーネイバーズさんがバックに付いている…のかな?。

最近ご無沙汰なので、運営形態は余りよく分かっておりませんが(汗

午後から参加。

場所は懐かしの愛知大学車道校舎!
武田研時代には、エコビジネス研究会として、愛知大学の坂東昌子先生
討論した日を懐かしく思い出します…

そして、現地到着。

案内看板に沿って会場となるホールにたどり着いてビックリ!

ここは!
以前、板東先生、武田先生と、講演会をしたホールじゃありませんか!

そんな懐かしいホールが…

舞庭になってる(笑)

なんて不思議な気分なんだ…(汗

既に、地固めの剣…かな?が始まっております。

と、客席に見慣れたバンダナの方が…。

なんと!
やまのえかきさんじゃないですか!

今日は作品の販売も兼ねて来られた模様☆
そして何より…

やまのえかきさんのお孫さんが振るとの花の舞(舞上げ)を舞われている!

DSC00108

おいらよりも先に、うちの嫁さんが気付いた模様。
いやぁ~さすが。
嫁さんも、一番うまい!と、べた褒め☆

まあ、世間は狭いもので、このお孫さんは、おいらの従兄弟の子どもでもあるという(笑)

そして、おいらの豊根披露宴ケーキカットで使ったミニマサカリは、
この子に頂いた物なのです(笑)

やまのえかきさん謹製☆

お孫さんに会えなかったのは残念だったけど…
正月に会えるでしょう☆

お父さんの方…従兄弟には無事に会え、
「新聞見たよ!おめでとう!」
と、固い握手を頂きました☆

↓古戸の榊鬼

DSC00109

ホント、通常は長い舞ですが、それを10分少々に縮めて披露されており、
これってかなり大変なことなんですよね。

おいらも経験があるんですが、
だいたい、「3回」っていうリズムが体に入っており、
舞を縮めると言うことはそれを一回とかにするんです。

これ、間違えやすいんですよ!

1番の子が、リーダーシップをしっかり取っていないと、
共倒れに…

それでも、しっかり舞えてて、上手でした☆

榊鬼の問答も、普通に舞庭で聞くよりも全然迫力あった(笑)

何故なら…問答の前に、長い舞が無いから(笑)
舞い手の体力にもかなり余裕があるのです。

そしてそして…

噂には聞いておりましたが、今回初めて拝見しました。
名古屋市の日比野中の部活で、花祭りをやられているのです!

それを、披露して下さったのです。

DSC00110

手作りのお面で、オリジナリティー溢れる舞。
楽しませて頂きました☆

とってもスピード感があって、
どちらかというと、よさこい祭りな雰囲気。

花祭りのアレンジも、それはそれで面白い。

舞い手の子供達が自分たちで「て~ほへ!」って
声かけしていたんですが、その…

「て~ほへ」の、「へ」の部分が音程上がっているのが、ちょっと面白かった☆

こうして花祭り実演の時間は終わり、
車座トークが始まるまで10分間の休憩。

その間、めっさ多くの人に話しかけられ、たくさん話した(笑)

necosan、やまのえかきさん、東栄町長、下黒川保存会の清川さん
黍嶋先生、VNS代表の大西さん、豊根の役場の方、布川の花祭り保存会の方…などなど

まずはnecosan。
ほんっと、久しぶりでした!

相変わらずのパワフルっぷりで、今回は司会という大役を!
嫁さんもビックリでしたw
そして、東栄町の方々ほとんどとお知り合いのような…(笑)

いつの間にか、田舎に完全に馴染んでしまっておりますな(笑)

すばらしいっす☆

お次は、布川の花祭り保存会の方々☆
我々のこと…一昨年になるんですが、しっかり憶えて下さっておりました☆

なんたって、その時、我々夫婦揃って伴鬼を舞わせて頂きましたからっ!
おいらは1つでダウン。

嫁さんは、三つとも…全て舞いきった!w

他にも、東栄町長も僕の顔を覚えていて下さりましたです。

そして、下黒川花祭り保存会の清川さん、久しぶりにお会いしました☆
亡父の話も少々出つつ、改めて父の偉大さを実感です。

黍嶋先生も、スタッフとして奔走しておられました!
そりゃ、愛知大学…ホームグラウンドですもんね☆

と、後から、トントンと、肩を叩かれたのは…

今回の企画のドン!
VNS代表の大西さんじゃありませんか!

大西さんも、布川の花祭り以来です。
いやぁ~ホント、懐かしい!!!
皆様、お元気そうで何よりです☆
来て良かった!

 

さて、座談会開始です。

まさに、舞庭の中心を囲んでの座談会。
愛知大学学長の司会の元、各地区花祭り保存会の皆様から
花祭りの現状や、それぞれの思いについて、まず語られました。

どの地区も、花祭りの維持に頭を悩ませており、
都市部へ生活拠点を移してしまった子どもたちの孫世代が、
花を舞うために帰ってくる。

これはどの地区でも同じ事のようです。

しかし、花祭りは、舞だけではありません。

切り草を始め、多くの支度が必要です。

それを、少数集落の、それも平均年齢の高い地区で維持していくのは並大抵では
ありません。
切り草、親父が家でやっているのを見たくらいで、
お恥ずかしながら自分はやったことがないんですが、
あれ、一つ作るにも大変な労力です。

手作りですからね。

各地区の花を回っていても、
びゃっけやゆぶたの数を見ていると、
それを準備している協力者が多いのか?
な~んとなく、分かります。

その協力者を、特に東栄町では、都市部からの人にお願いしているところ。
それも、東栄町に親戚が…とかではなく、例えば名古屋大学の学生さんや
日比野中学の学生さん、第三者的な方に手伝って頂いていること。

そして、他にもパネラーとしていらした、名古屋大学の先生からは
そう協力しているけれど、地元出身の若手が準備にはいないこと。
すなわち、出身者の若者よりも準備に携わっていること。
その複雑な胸中を語られておりました。

これは、東栄町でも地域によると思いますが…。

若干、耳の痛い話でした(汗

ってか、名古屋大学の先生も花祭りに入り込んでいたんですねw
知らなかったwww

で、ニュースを検索してみたところ、こんなものが…。

■名古屋大:愛知・奥三河地方の「花祭り」“伝え隊” 過疎・高齢化…支援チーム – 毎日jp(毎日新聞)

過疎化や高齢化で伝承が困難になっている愛知県奥三河地方の国の重要無形民俗文化財「花祭り」について、名古屋大学(平野眞一学長)がプロジェクトチームを設けて支援に乗り出した。いわば地域に貢献する研究。祭りの記録や資料の作成、危機の実態調査などのほか、地元住民らと具体的な継承方法も探る計画だ。

在学中は、こんなこと、全く知らなかった(笑)

ま、こういった都市と農村、花祭り交流関係は、豊根村には全く及んでおりませんので(汗

豊根には、やはり、花祭りの観光化を願わない声が多いように思います。
それでも、財政を鑑みると難しいところかもしれませんが…
花祭りが無くなってしまうよりは…と、
贅沢は言っていられない時代が来たのかもしれません。

一通り、パネラーの方の語りが終わりますと、
会場の方からの声を聞く時間になりました。

 

…。

もの凄い勢いで、嫁さんが肘でつついてくるのですが。

これ、喋れと??

一呼吸…一人、会場の方が喋られるのを待って、
はい。

挙手。

颯爽と、マイクを持って飛んでくる…

necosan(笑)

マイクを受け取り、

「本日は、上黒川花祭り保存会の方がいらっしゃいませんので、
代表に代わりまして…」

と、上黒川の花祭りの現状を始め、花祭りに対して思うところを語らせて頂きました。

で、それだけで終わらないのが、

けんたクオリティ。

するりと…

手には、中日新聞の記事(笑)

そう…、例の豊根結婚式の記事を紹介しちゃいました(笑)
会場、だいぶ盛り上がって下さり…良かったwwww

と、それだけでは終わらず…

司会の愛大学長。

「それでは…せっかくなので、隣にお座りの奥様…」

隣に座っていた嫁さん指名www

「花祭りに対する魅力は何でしたか!!?」

ってw
しかし、嫁さん、動ずることなく、しっかり答えられていますよ!
素晴らしい!

帰り際には、色んな方に「おめでとう!」と声を掛けられました(汗
もちろん、ほとんどは知らない方でしたが(笑)
そして、豊根村役場の方に話しかけられました!

う~ん。 だ…誰だったかな…
と、顔と名前を思い出すのに必死でしたが…
見たこと…あったかなぁ…(汗

って。

そして、理由判明!
Iターンで、豊根の役場に就職された方だったんですね!

初めまして!って、
おいらが自己紹介するまでもなく…
先方は…

「けんたくんだよね!?」

と、既にこのページをご覧になっているそうで、ありがたい限りです。

これからも仲良くして下さい!

さあ、帰ろう…とすると、再び呼び止められたのは…

ど~こかで見たことがある人だなぁ…と、思っていたら、
以前、高野先生の座談会でお会いした方じゃありませんか!

世間は本当に狭い…。

今回、延べ人数にして500名物参加者がいらしたそうです。
いや、ホント、人が多すぎて花を近くで見られなかったほど!

花祭りサポーター設立準備会の皆様、大変お疲れ様でした。

 

さて、夕食に、千種駅近くの吉野屋行きました。
予備校時代はよく行ったお店です(笑)

で、食べ終わって外に出ると…一台の自転車が、
キュキュッと停止!

なんと、船橋オーディオの方じゃありませんか!
最初、おいらの方は気付かなかったんですが、
向こうから気付かれて声を掛けて下さいました(笑)

いやはや、たっくさんの方に、今日はお会いすることが出来ました☆
忙しい披露宴準備の最中、出掛けていったかいが本当にありました。

名古屋披露宴司会者打ち合わせ

今日は朝から名古屋披露宴の会場にて司会者さんとの打ち合わせです。

昨夜寝たのが午前2時過ぎだったので…

もう、眠い眠い(汗
いつもとさほど変わらぬ起床時間で。

名古屋駅へ向かう。

司会者さんとの打ち合わせの前に、キャプテンと披露宴の段取りや準備の
最後の打ち合わせ。

その後、司会者さんとの打ち合わせです。
今回は女性の方にお願いしました。

いやぁ~~!

やっぱ、プロはすごい。
プロだと、安心感が違いますね。

昨年の今頃、おいらも二次会の司会者を頼まれたので、
2時間ほどしゃべりたくっておりましたが…
なんかね。

プロってこんな風なんだーーー!って感動。

いや、別に、その場で司会を披露して頂いたわけではないんですが、
打ち合わせている時の声の良さ、そして、落ち着いた感じ、笑顔。

とっても勉強になりました。

安心感が違います。

司会というのは…いかに落ち着いて、冷静に言葉を丁寧に発することが出来るか。

ここに尽きるような気がしました。

この方は、披露宴だけでなく、様々な場面で司会をこなされているようで、
その場面場面に応じた技とか持っているんでしょうねぇ~

そうそう!
司会者さんと話していてビックリなことが!

なんか我々が神社のスタンプラリー?でおなじみ、御朱印帳の話をしても、
ああ!御朱印帳ですね!
とか。

神社関係詳しいんですよ(笑)

どうやら、司会者さんも神社がお好きで、よくまわられているそうなんです☆

とっても楽しい打ち合わせを有り難う御座いました☆

打ち合わせ後は、昼食を取ってからknt!の海外サロンへ。
そう…今日は新婚旅行の日程も決めてしまいます!!

行き先は…

ニュージーランド!!!!

まあ、神社はありませんが(笑)
我らが敬愛する大自然がそこには…!

特に、気候的にも日本に似ており、
日本の原風景をとどめているような場所でもあるらしいのです。

その証拠に、英が「ラストサムライ」や、「どろろ」のロケが行われたりしております。

そんな原風景に親しみたい!
ってことで、嫁さんと意見が一致。
ニュージーランドに行くことになったのです。

そして…今回は…

二人の母親も一緒に(笑)
うちの母は、まだ海外旅行に行ったことがないので、
この機に!

四人珍道中です☆

幸い、うちの母と嫁さんの母も気が合いそうですし(笑)

で、knt!には木曜の夜当たりに相談の電話を入れ、
大体の詳細は伝えてありましたので、その担当者さんのところへ。

会ってビックリ。

なんと、2ヶ月前くらいの披露宴会場のブライダルフェアで
簡単な相談をさせて頂いた方じゃないですか!!!
木曜は電話で話しただけだったんで、分からなかったんですが…
(それも、電話で出た人ってのも、偶然)

担当の方も、僕らの顔を覚えていて下さいました!
やっぱ、覚えやすい顔なのかなぁ…(笑)

お互い、それで一気に打ち解け、楽しく相談させて頂きました☆

いやぁ~
楽しみだ!

滞在都市としては、「クイーンズタウン」と「マウントクック」と「クライストチャーチ」。

マウントクックは、NZの最高峰。
氷河も残っているそうなんです。

「地球の歩き方」によると、人口は200人程度。

世界中から観光客が集まっているそうです。

人口が少なくても、魅力的な観光地を作られている、
その手法ってのも、今回観察してきたいところです。

また、人口密度は1km2あたり約14人で、日本の約24分の1。

自給自足をするには、丁度良い面積。
(それなりに耕作可能な土地があれば…ですが。)

今回は、初めての南半球!
というのもあって、星空!これですよ。
北半球では見ることが出来ない星座が沢山!

南十字星とか、有名ですよね。

よって、日程を選ぶに当たって、星が沢山見えそうなマウントクックに
宿泊する日が新月近くなるように設定(笑)

また、キリスト教の国なのでショッピングの日に日曜日が重ならないように!

さすれば、自動的に日程が決まってしまいました☆

申し込みも済ませまして、
ちょっくら東急ハンズで披露宴用のお買い物。

そして…年末と言えば…

年末ジャンボ!

…を、母から買ってくれと頼まれたので(笑)
一等が良く出ると評判の名駅チャンスセンターへ。

もーーーーーんのすごい、行列(汗

な…並ぶか…(汗

街行く人たちが、好奇のまなざしで行列を眺めていきます…(汗

しかし!
これを乗り越えれば当選が!

…来るわけ無いかw
普通に、これだけ多くの人がここで購入していたら、
必然的に当選する人も増えますよね(笑)

大晦日の当選発表をお楽しみに。

帰宅後は、豊根結婚式の時に山之内博章さんに撮影して頂いた写真の中から
4点ほどピックアップしまして…

カメラのキタムラにてW4切サイズに焼き増し!

なんと、通常一枚800円ほどのところ、2枚で990円なんていうお得なセールをしているのです。

ネットで写真データを送って発注した後、
店舗に行って額縁を4点選択。

DSC_2055

さすが、元の写真が良いだけあって、素晴らしい4点です!

披露宴もしくは二次会に参加される方、お楽しみに☆

 

帰宅後は、余りの眠さにコタツでぶっ倒れました(汗

風邪引いちゃう!
やばいやばい。

上映用ビデオ仮完成!

退社、帰宅後に名古屋披露宴で流す映像作品×2の作成に
取りかかりまして…

ようやく!

完成を迎えました!!!

まあ、まだ修正するかもしれない…ってことで、
「仮」を付けておりますが…

明日の披露宴会場との打ち合わせでテスト用に持って行くのです。

2本というのは、プロフィールビデオと、豊根挙式編。

プロフィールビデオは、ほぼ、豊根の披露宴で使った内容の使い回しですが(汗

今回は時間の制約もあるので、25分あった内容を15分にまで短縮!
親戚が沢山写っているように重視して作っていたので、
そこを省きました。

来て下さっている友人との写真を中心にね!

で、タイムライン自体は午後9時に出来ていたんですが…

ここから、MPEG2に出力し、そこから更にDVDに落とし込む。
前者が3時間、後者1時間!

よって、完成したのは…午前1時!

ね…眠い。

散髪散髪☆2年ぶりの美容院(笑)

前回散髪したのは…

2ヶ月くらい前だっただろうか??

ま、その時はもちろん、いつもどおりセルフ散髪+嫁さんヘルプだった
わけですが…

今回は!

披露宴も迫っていることだし…と、
大学の卒業式前以来の美容院へ行って参りました☆

披露宴用に…と、お願いをしたところ、
豊根での結婚式やら田舎の話やら、大府市の話で盛り上がる盛り上がる(笑)

さらには、美容師の方、つい先日茶臼山へ芝桜を見に行かれたそうで!

他にも、おいらがいつも自分で切っているという話をしたらば、
ハサミの手入れや、どの部分が荒くなってるとか、アドバイスまで(笑)

会話がヒートアップしまくって、気付いたら2時間!!!

こんなに長時間散髪下の生まれて初めてだぞ。

散髪で一番嫌なのが時間がかかることだったんですが、
余りにトークが面白くて、全然そんなこと無かった☆

nikonさんGPSユニット発売!

■ニコン、デジタル一眼レフ用GPSユニットの発売日を決定

撮影画像にExifへ緯度・経度情報を書き込むGPSユニットで、
本体をアクセサリーに装着し、専用ケーブルをカメラと接続して使用するとのこと。

あのフラッシュ取り付け部分にGPSがどどんとくっつくのですね。

リンク先の写真を見てビックリしました。
まあでも、外部フラッシュの同時使用は当然のこと出来ないってことかな?

旅先で、車窓からの風景撮ったり、
自分の足跡を残すのが好きな人には良いかもしれません。

え?おいら?(笑)

最近ちょっと、GPSに反応しすぎかもしれません(汗

しっかし、Exifに直接書き込んでくれるのがありがたい。

実際、おいらの持っているGPSユニットのログデータは、
時刻で撮影済みの写真と同期させることで、
記事のようなGPSユニットの役割を果たしてくれるのですが…

この、同期作業が結構めんどくさい。

撮影した全ての写真のExifデータにGPSデータを書き込もうとすると、
かなり時間がかかるし…

何故か、保存後、JPGのファイルサイズが半分以下になるし!!!

これは、再圧縮されちゃっていると言うことなのか…??
なので、あまり使っておりません(汗

撮影と同時にGPSデータを書き込んでくれるのであれば、
結構良い一品かも…

今度は中京テレビニュースで花祭り特集

おいらの周辺でも花祭りが熱い今日この頃ですが、
今日はなんと!!!

中京テレビの夕方ニュース、「リアルタイム」にて東栄町小林地区中心に
豊根村の山内地区など、過疎化によって花祭りの継続が危ぶまれる地区が
中心となっていました。

そのような地域では、親が地域出身で、現在は都市で暮らし、
花祭りには子供を連れて帰ってくる。
まさに、自分もそんな感じになりそうなんですが…

そんな親子にメインスポットが当たっていました。

しかし、やはり、子供の舞は良いですね。

あと、湯囃子がとても印象的だったのか、
会社の同期が偶然番組を見ており、

「お湯かけるの良いねぇ!!一回行ってみたい!」

と、おっしゃっておりました☆
会場のノリノリな雰囲気などが、ねぶた祭りみたい!って♪

そう、その同期は青森出身で、ねぶた祭り大好きっ子なのですよ☆

うん。
おいらもねぶた祭りにまた行きたいーーーー!

どあああああ!本格的に寝坊したぁーー!

外が明るいなぁ~

しかし、まだ、目覚まし時計は鳴っていないなぁ。
もうちょっとウトウトするか。

 

しばらく経過。

 

ん~。
おかしいなぁ。

まだ寝られるのか?

今、何時だろう。

…。

7時30分!?

うあおおおおおおーーー!
その瞬間、雄叫びを上げてしまい、
嫁さんビックリして飛び起きる(笑)

どうやら、週末の影響で体内時計が狂っているようだ…(汗

だが、ここからダッシュで家を出る準備!
嫁さんにパンを口に放り込まれました。

で、結果はと言うと…

 

 

無事に8時前に出社!!!
朝ミーティングに間に合いました。

奇跡的だ。

翌日になっても…花祭りっ!@月地区

坂宇場では思いっきり寝坊を決めてしまいました(汗

朝八時過ぎ、一旦、実家へ帰りまして、
布団にくるまって仮眠です。

そしてまた…10時過ぎには起床!

外がだいぶ良い天気で明るかったので、
あまり寝た気がしませんでしたが…(汗

すぐさま、東栄町月地区へゴー!

ホント、こんなに良い天気の真っ昼間に花祭りを見るだなんて…
初ですよ。初。

DSC_2029

坂宇場地区は朝方に終わってしまいましたが、
月地区は、まだまだ続くようなのです。
それも、日曜の夕方までとな!?

で、我々、何を見に行ったのかといいますと…

DSC_2013

今年から、嫁さんがお世話になっている月地区の方のお子様が、
花祭りデビューーーー!!!

齢、3歳。

お。おいらと一緒だ☆
これは、立派な花キチに育つぞ~~~っと(笑)

これは、願主の舞いと言うそうです。
初めて見たんですが、豊根で言う…宝の舞いみたいなもの??
3人が3人とも、とっても小さなお子様達。

めーっちゃめちゃ可愛いんですが…。

ひょこっ♪ひょこっ♪

いつもは舞いに対して真剣なまなざしを向ける大人達も、
このときばかりは顔がゆるみます(笑)

可愛い舞が終わると、一緒に見ていた真っ赤な顔のkawagさんから
御園の尾林克時さんを紹介して頂きました!

なんと、このkenta’s pageもごらん頂いているそうなのですよ!!
ますます、意外な人たちに閲覧頂いていてびっくりです。
東栄町、また花祭りへの情熱は熱く、風景写真家で有名な竹内敏信さんの
協力を経てNPO法人「御園夢村興し隊」(尾林清彦理事長)を結成されております。

この写真展示での苦労されたお話を、聞かせて下さいました。

また、尾林さんの息子さんは、御園の有名な茶禅一を経営されております!

おいらも、一度、行ってみたい…。
そば、大好物なんですもの。

と、そこに、さらに大物ゲストがぁーーー!

民俗学の写真家、「須藤功さん」がおられ、尾林さんに紹介して頂きました!
うちの嫁さんも愛読書として持っている「花祭りのむら」の著者であられまして…

さらに驚きだったのが、

おいらの好きな「宮本常一」さんのお弟子さんですとぉーーー!?

その証拠に、このような本も出版されております。

いやぁ~びっくりびっくり。
まだまだ、おいらは宮本常一さんについては勉強中。
面白くなって参りました☆

須藤さんは月の花祭りを撮影されており、
なんと!旧月小学校で現在、写真展を開かれているそうです!

これは、行ってみなくては。

さてさて、まだまだ情報は入ってきます。
今度は…

嫁さんの大学の先生が来られているという情報が!!!

ある意味、我らが出会いのプロデューサー。

しかも、嫁さんも大学でお世話になった「神語り研究会」ご一行様も一緒とのこと。
そうそう、おいらたちの結婚式の1ヶ月前に同じく花祭りに携わる人と結婚した
嫁さんの花キチ友達の研究室の教授でもあられます。

というわけで、花に携わる旦那二人と、その嫁二人、そして…
kawagさんの5名で、先生が来られているという東栄町花祭り会館へ。

先生へ結婚のご報告と、結婚式の新聞記事を見せに行ったつもりが…
研究会の方々へ、自己紹介をすることに(汗

とってもパワフルな教授でした!

せっかく来たついでに…と、我々もお馴染み館長の説明を聞かせてもらったり
館内の太鼓と笛で、御園の花祭りを再現したり(笑)
していました☆

DSC_2033

そして、花祭り会館を出てみると…

綺麗な紅葉。

DSC_2040 - コピー 

傾き書けた日に照った赤が、とても綺麗でした。

再び月に戻り、少しだけ舞を観て…

実家へ帰りました。
時既に午後3時。

だいぶ長居をしてしまった(汗

で、じいちゃんとこの二日間についてや月地区での話など、
一息盛り上がりまして…

大府へ帰る支度です。

今回は、先シーズンまでお世話になったスタッドレスタイヤをトランクに積み込みます!
母が先に新城で買い物をしているので、新城で合流予定。

で、R151をひたすら南下していったんですが、
豊根からして既に車の量が多いぞ…

信号がない道なのに所々で詰まったり、
しまいには…県民の森付近から完全にストップ!

信号、数キロ先なんですが…。

こうなったら、オニューのナビに頼ってみるか!!
このナビの面白いところ、「一般道距離優先」にすると、
地元民しか知らなそうな抜け道を教えてくれるんですよ!

これって、裏技!?

この能力が最大限に発揮されまして、
飯田線沿いの細い道を発掘。
素晴らしいよ!素晴らしい!ナビくん。

無事に新城に到着すると、イエローハットにて新しいスタッドレスタイヤに履き替え☆

母上、有り難う御座います!
夏タイヤを、母のラウムで豊根まで持って帰ってもらっちゃいました(汗

大府のイエローハットより、値段が2万円近く安い…。

で、我々はちょっと、走ったことのない道を走ってみよう。
というわけで、新城からR301経由で東海環状の豊田松平ICまで行ってみよう!

作手村を通り、かなり早くICまで到着。

ナビは豊川IC経由の東名利用を勧めていましたが、
こっちの方が信号はないし、車がめちゃ少なかった。
今日みたいにR151が混みまくる日には良いかもしれない。

そして…もしかしたら、足助の迂回路としても使えるかもしれない。

豊根→設楽町(R257)→R420,R473→R301→豊田松平。

こんなルート。

道路も、かなり整備されていて、広い二車線道路。
一部、狭い区間もありましたが、現在車線拡張工事中の模様。

さて、とても濃厚な週末でした…。
睡眠も断続的にしか取っていませんでしたが、
金曜の夜から土曜の昼まで寝たのが効いた模様☆

その効能は絶大で、なんと!

嫁共々、風邪治っちゃった(笑)

さすがは無病息災花祭り。

花祭りっ!@坂宇場&月地区

昨夜は遅くまで部の新人歓迎会だったため、
今夜の花祭りに備える意味もあっての…

午後1時起きwww

いやぁ~久しぶりに惰眠をむさぼったが、
たまには良い物だw

さて、英気を養った後は、荷物をまとめて大府を出る!

が、道中、せっかく養った英気を吸い取られるような…

香嵐渓渋滞にはまる!

まあ、この時期、夕方からのライトアップで混雑するとは思いましたが…
不況も相まってか?
近くで観光済ませようとする人が増えたのか…

裏道でまさか渋滞するとは思わなかった(汗

30分ほどロス。

途中のスーパー「パレット」にて塩を買ってきてくれと母から頼まれていたので
駐車場に車を止められるかなぁ…と、若干心配。
よって、渋滞中に嫁さんに下車してもらって買ってきてもらおうと。

で、おいらの方は駐車場入り口到着…。

して、びっくり!!!

パレットの駐車場、がら空きですよ。

どうやら、観光目的の駐車は遠慮ということらしいんですが、
とりあえず、

近隣住民もここまでたどり着けない模様!

普段と比べても車が停まっていない。

やっとのことで渋滞を抜けるも、
観光バスの遅いこと遅いこと。

豊根の実家まで3時間もかかりやがったよ…。

今週末は、豊根村の坂宇場地区と東栄町の月地区、足込地区にて
花祭りが催されます。

夕食を実家にて食べてから、
まず向かった花祭り…

やっぱ、おいら的には坂宇場!
(嫁さんは早く月に行きたいーー!と言っておられましたが(汗))

だって、坂宇場には、豊根の花祭りの「神」がおられますから。
そう…おいらの豊根結婚式披露宴にて鬼を舞ってくれた、あの従兄弟。

実家を出てすぐ、工事用の信号で止まったんですが、
おいらの前で信号待ちをしている車…

な~んか、どこかで見たことが…
なかなか走っているのを見たことが無い車種なので、
これはもしや…

豊根結婚式&披露宴で写真を撮って下さったプロカメラマンの
山之内博章さん(上黒川花祭り保存会所属)!?

そんなことを嫁さんと車内で話している内に
会場すぐ近くの道の駅「グリーンポート宮嶋」に到着。

さっきの車も駐車場に!!!

ここの駐車場に停めさせて頂き、
さっそく例の車に近寄ってみると…やはり!

山之内さんじゃないですか!

なんというグッドタイミング(笑)

名古屋からちょうど、到着したところとのこと。
そして、驚くべき事に、坂宇場地区に来るのは17年ぶり!

花祭りを知った18年前には各地区をまわっておられ
翌年からは上黒川固定で撮影されていたそうなのです。

やはり、撮影目的は…「神」ですか!?(笑)

さて、舞庭に到着。
会所でお見舞いを渡すと、早速「神」発見!

挨拶に行こうと、近づいた瞬間!

「まあ、飲め!」

一升瓶、手渡されました(笑)
さすがは、神です。

既に、半分以上消費されておりますが(汗
そのまま一升瓶はおいらに託され、
観客の皆さんに振る舞ってきてくれ!とのこと☆

そうそう、今年の坂宇場の花には、若い人が多いこと多いこと。
若い人と…子供も多い!
会場にいらした中学校時代の恩師に聞いたところに寄ると、
丁度、坂宇場は今、舞い手となる年齢の子供がピークらしく、
続く子供がいないのが、心配なところらしい。

それにしても、俺らよりちょっと若いくらいの人もたくさんいる。
神によると、どうやら大学生が大量に研究しに来ているようなのだ。

で、ちょっとヒヤリング。

来られているのは、名古屋市立大学生の軍団らしい!

ゼミの先生も一緒とのことで…

神、一升瓶片手に先生の所へ!!

が!

学生さんがなにやら慌てている。

「あっ!神!違う違う違う!(汗」

どうやら、先生ではなく知らないおっちゃん??のところへ
間違えて向かってしまったようだ(汗

既に、神酒の力で神がかってしまっている☆

まだまだ、若い人はいらっしゃいます。

ちょうど、夏にお会いした豊根村インターン生OBOGの皆さんもおられ、
なんと!
またまたお土産を頂戴してしまいました(汗

DSC_2044

東京から遙々、いつもながら感心してしまいます。
やはり、遠路遙々来られたからにはおもてなししなくては!

片手にあった一升瓶をオススメする(笑)

既に、一升瓶を持って現れたおいらに驚愕しておりましたが…
皆様、とても良い飲みっぷりで☆
さすがに、ドライバーさんには飲ませられませんでしたが!

さて、坂宇場の花祭りのことを少しは書かないと…(汗

坂宇場の花祭りは、幾多の花祭り地区の中でも、
上黒川とそっくりなんですよ!

太鼓の拍子、囃し立て方、舞方に至るまで。

細部は若干異なりますが、
それは恐らく…待った経験のある人じゃないと気付かないレベルじゃないでしょうか。

当然、上黒川の人も多い。

皆、囃し立てやすいので、坂宇場に集まってくるのです。
地区も隣同士だし、中には上黒川花祭り保存会の人が笛を吹いていることも(笑)

逆に、上黒川の花祭りには、坂宇場の方々が来て囃して下さいます。
自分の地区の時は、進行役に皆忙しくて、囃し立てる余裕がないのです。
だから、各地区、持ちつ持たれつなわけです。

そして、花祭りのもう一つの醍醐味と言えば…

豊根出身のみんなに会えること!

今回は、中学の寮にいた時、2年生の1学期かな。
寮で同室だった先輩と後輩でそろい踏み☆
なんか、すげー懐かしかった(笑)

さあ、そんな懐かしい再会もありましたが、
嫁さんに落ち着きが無くなってきたので(笑)

嫁さんの花祭りが育った地区!
もう、第二の故郷と言っても良いくらいの地区、
東栄町月地区へ。

もちろん、おいらはべろんべろんに酔っぱらった赤鬼だったので、
嫁さんの運転にて☆

月地区の花祭り、実は訪問するの初めてなんです。
舞庭の天井には、大量のびゃっけが!

すげぇ!

こんだけ見事なのは初めてだ。

DSC_1780

また、月地区は坂宇場とは打って変わって、人が多い多い!
ただ、そのほとんどは観光客なのかな??

坂宇場をエスニックなマニアックダンスクラブとするならば、
こちらは、観光客に開かれた催事…という感じだろうか。

坂宇場は、おいらたちの年齢層の見物客が沢山いたのに対し、
こちらはカメラマンや、ご年配の方が沢山おられました。

DSC_1800

会場はこんな感じです。
公民館の中で行われます。

到着後はしばらく、地固めの舞が続き、
花の舞も何組か出てから…

これ、振草系花祭りに特有の!

おいらも初めて見る、榊鬼の庭入りです。

DSC_1806

月地区では、集落の家々を榊鬼が舞いまわり、
最後に、舞庭にこうして入ってくるのです。

舞庭の外に鬼がいるって、不思議な感じでした。

内に入ると…

DSC_1821

威勢の良い鬼様の舞いが!

DSC_1833

ござを敷き、「へんべい」を踏みます。
一通り舞庭で舞い終えると…

突如外に突出!!!

榊鬼がモーゼの如く、人の海をかき分けて外に出て行きます!

で、そのうしろを…
おいらも、素早く追いかけさせて頂く(笑)

そして…
ナイス撮影ポイントゲット!!!!!!

DSC_1849

外の焚き火の火を激しく舞いあげております!
思いっきり火の粉を浴びながら(汗

DSC_1855 

それに対して、伴鬼達も続きます!

「こら!もっと激しくはねんかっ!!!」

という激しい怒号が響き渡っておりました(汗
伴鬼達も必死!

さあ、そんな激しい神事が終わった、落ち着いた舞庭の様子です。

DSC_1865

大入系(豊根、御園)とは違って、
釜は土で盛られたその上に載っかっています。

一大イベントも楽しんだことだし!
と、再び車を20分ほど走らせて…

坂宇場に舞い戻ってきました!(笑)

演目は既に山見鬼を終えて三舞い、剣です。

DSC_1876

手に剣を持ち、三人で舞うという舞いです。
時間は既に午前2時過ぎ。
舞庭の中もかなりヒートアップ!!!

酔っぱらい達によるヒートサウンドが響き渡っております☆

そして…こちらも榊鬼の出番です!

DSC_1901

一晩で、榊鬼を2地区も見られるなんて…
こんな贅沢初めてだぞ(笑)

榊鬼と言えば、花祭りのメインのようなものです(観光的には)。

DSC_1910

こちらもへんべいを踏みますが。

榊鬼が外に出て焚き火を掘り起こす月地区(振草系)とは異なり、
「たいわり」と言いまして、たいまつをマサカリで叩き清めます。
(ちなみに、上黒川(大入系)もたいわりです。)

DSC_1940

DSC_1935

激しく火の粉が迸り、迫力あります。

そんな迫力の榊鬼が終わると、本当の神楽?と言いますか、
禰宜、巫女、擂り粉木、杓子、の登場です。
坂宇場では…巫女は出てこないのかな?
見なかったような気がしますが…

この、(恐らく)禰宜さま。

そう…

あの!
一升瓶の似合う「神」(従兄弟)!が舞われております。

DSC_1964

見た目ですぐ分かる(笑)

しかし、今年は従兄弟も花祭りの重大行事「しずめさま」の舞を舞ったそうで、
年々、その舞いの格が上がってきておりますよ!

で、次は四つ舞いの扇が始まりました。
三舞い四つ舞いは、大抵、青年が舞うんですが、
なんと!!!

中学生?高校生?の、女の子が舞っている!

しかも、ものすごい楽しそうで、超元気!

未来の花キチを見た気がする。
うちの嫁さんも、大はしゃぎ☆

未来は明るいぞーーー!

しかし、この長くて辛い舞いを女の子が…すごいです。

さて、湯囃子と朝鬼が始まるまで、ちょっと仮眠するか!
と、嫁さんと車の中で就寝。

が、これが悲劇の…

寝坊に!!!

いや、ほんの2時間位なんですが、
坂宇場のペースが我々の予想よりもかなり速かった!

しまった…。

若干ブルーで外に出ると、
ちょうど、自宅に帰ろうとしている従兄弟に遭遇。

「ご苦労様な!」

と、声を掛けられ、また上黒川で!と、声を掛け返す。

正月(上黒川の花祭り)が楽しみです☆

職場の新人歓迎会!

社内研修を終えて11月に改めて、うちの部署へ配属された新人の方々の
新人歓迎会が、退社後にありました!

もうすぐ冬だというのに新人歓迎会というと…不思議な気分ではありますが。

毎年恒例でして、この歓迎会の中で新人による…

一発芸を披露する!

ことも、恒例となっております(笑)

まあ、時期も時期なので、忘年会も兼ねて一年の総決算。
ということは、この一年間に流行った内容が良く出てくる物です。

副社長のご挨拶により会が始まりまして、
総勢120名にものぼる部署の方々が一気に集合!

人数も人数だけに、新人にかかるプレッシャーは結構な物でしょう…

が!

今年の新人は元気があります!
初っぱなのMCからして、かなりかっ飛ばし気味!

まずは素晴らしい…
上半身裸の裸族による…

ウォーターボーイズ(笑)

さすがは、9割以上が男性の職場www
体育会系のノリです(汗

お次は、体育会系から一転して、
テクニカルな中国ごま。
通称、「ディアボロ」。

たま~にテレビで見るあれです。

華麗なる技の数々、練習頑張ったのが良く伝わってきます☆
演技だけでなく、中にはネタを仕込んで??

というか…

まわしを仕込んで!?!?!

独楽回しを失敗した暁には、
元相撲部員による「投げ」が待ち受けておりました(笑)

これまた、おいらの大学後輩だったりしてwww

ここまで来て、何か今年の流行った物総決算!
…というわけではなさそうだぞ!?

そう思った最後の三組目の演技に全ては凝縮されておりました(笑)

羞恥心が登場したかと思えば、にしおかすみこ…

最後に、ドゥンドゥンドゥン~♪

こじまよしおキターーー!

って、去年の俺らのネタと一緒ヤン(笑)

しかし、今年はひと味違う。

パンツ一丁。

去年は、あれほどコンプライアンスについて口酸っぱく言われたので、
だいぶ控えめだったのに、今年は…

大フィーバーしちゃったみたいです(汗

にしおかすみこについては、弊社のイメージに関わるため詳細は割愛させて頂きます(笑)

一通り芸が披露された後、
フリータイム??

ディアボロ大人気。

ステージ上では部長も入り乱れてのディアボロ大会!
おいらも挑戦させて頂いたところ…

なんと!

素質があるみたい(笑)

新人に褒められまくって上機嫌のおいら☆
新人が会得するのに三日ほどかかった技を、
その場で出来るようになってしまった☆

こういうところは、ちょっと器用なんです☆

さて、上機嫌になったそのまま…おいらは…

例の…先日の豊根結婚式の新聞記事を持って…

副社長のところへ突撃ぃーーー!(笑)

宣伝しちゃいました☆

それだけでは飽きたらず…
幹事に話したら…

坂本くん、
是非それはみんなの前で発表しよう!

と、マイク渡されました(汗

というわけで、皆様へプレゼンテーション!!!

ここで、おいらだけがアピールしてはいけないっ!
と、脳裏によぎったのが、全く同じ日に挙式された先輩。

職場では、身長、背格好、顔まで、おいらに似ているといわれている先輩です(笑)

先輩の結婚の御紹介もさせて頂き、先輩わっしょい☆

しましたです。

これで…さらなる知名度アップかっ!?w

さらに、他にも室長さん達を始め、お偉い様席を順々に記事持って訪問☆
中には、

「お!この記事、うちの新聞で見たぞ!」

とおっしゃる方もいらっしゃいました☆
花祭りも、熱烈PRで、うちの職場で最も有名な祭りを目指します(笑)

さて、会もお開きになりまして、二次会会場へ。
こちらでは、本当の新人歓迎会というか…

新人の労をねぎらうのが主な趣旨(笑)

まだまだ、新人とはほとんど喋ったことがない。
まあ、設計部署なんで、仕事中に仕事以外のこと話すなんてほとんど無い
んですよね(汗

よって、新人達の色んな一面が見られて面白かった!
案外、スキー人口が多かったので、これから楽しみですよーー!

あと、結婚に関する質問が多かったような気がするのだが…

おいらよりも、もっと経験豊富な先輩に聞いて下さい(笑)

というわけで、楽しい宴、日付が変わる直前まで行われていたのでした。