もうあかんでぇ

いかんっす!!
体調不良過ぎ…。

でも、熱は38度以下なので、まあ大丈夫だろう、
と、会社へ行ってみたんです。

が、しかし。

風邪かと思いきや、お腹にきとる。

何度トイレを往復したことか(笑)

さすがに定時で退社して、帰宅早々バタンキュー。
布団に倒れ込みました(汗

週末、中設楽の花は諦めようかなぁ。

なんか、こんな感じでずっと行けてませんけど(汗
毎年、坂宇場で張り切りすぎてるのかな(汗

先輩の壮行会

来月から一ヶ月間、育児休暇となる先輩の壮行会でした☆

まあ、月曜日の夜ということもあり、会場は会社から徒歩数分の中華屋さんにて。
おいらは体調不良だったので、ノンアルコールっす。

色々な意味で盛り上がりまくりまして…

先輩の壮行会のはずが…
その話題が若干吹き飛び気味ではありましたが(汗

社内でも育児休暇の制度が整備されて、
その上で、先陣を切っての取得です。

一ヶ月後には是非、イクメンの感想をお聞かせ下さいませ!!

終盤には課長さんたちも合流し、
合流したと思ったら…

例によって、

支払いじゃんけん!!!

今夜は何故か、既に決済方法が会談によって決まっており、
負けた二人が支払う手筈。

さあ…

どうなるか!!!

じゃんけん…ポン!!

か…勝ったぁーーー!!

ヤバイ、またしても勝ってしまった…(汗

送り出される先輩が、負けて何故か支払うという…(汗

帰りは、帰宅方向が同じ先輩を刈谷までお送りしました☆
ある意味、アツイ壮行会でした。

ヤバイ…寒気が

むむぅ。
体が重いじゃないか…。

大府へ戻る運転も、だいぶしんどかったっす(汗

まあ、道中、息子がぐっすり寝てくれたので、
その分、楽だったけど☆

それにしても、香嵐渓の反対車線の渋滞が凄まじかった!!
あの時間帯、皆さんライトアップを見に行かれるんですねぇ~。

さっさと風呂に入って寝ました(汗

花祭り坂宇場地区

天気良く晴れ渡った今日。
夜はだいぶ冷えそうです。

祖父から畑を起こしてくれと頼まれましたので、
耕耘機を持ち出し、畑を耕しました☆

綺麗な直線を描くように耕すことが出来ると、
まるで綺麗な絵が描けたかのような達成感を得られるのです(笑)
うむ、今日もまずまず、うまくいったかな。

通りすがりの近所の方に、
「お、やるじゃないか!!」
と、声をかけられるとうれしいものですね☆

さて、午後からは海外在住で一時帰国中の
同級生の家に遊びに行ってきました。

村外に住む同級生も子連れで駆けつけ、
保育園さながらの子ども祭り(笑)

一時帰国中している同級生の生まれた子どもの顔を見たんですが、
これまた、超イケメン。

息子も、超イケメン赤ちゃんと国際交流しているようでした(笑)

DSC_2187

そして、夕食を食べた後、
いざゆかん!坂宇場の花祭り。

坂宇場地区は豊根でも茶臼山に一番近いところに位置し、
かなり「極寒」です。

よって、息子も、モコモコの厚着モードで出発。

到着してみると、まだまだ会場は閑散としており、
地固めの剣でした。
先輩と後輩の二人。

DSC_2209

息子を抱っこしながら釜の前で舞を見物しておりましたが、
炭の暖かさと心地よい音色と揺れにより…
すぐさまぐっすり寝ちゃいました(笑)

この寒さで体調を崩してもよろしくないので、
妻にお願いして実家に戻って寝付かせてもらいました。

地固めが終わると、だんだん観客が増える時間帯となるんですが、
今年はなんだか観客がやたら多いぞ???

それもそのはず。
観光バスが2台だか3台だか来ているそうなんです。
なんか、いつもの坂宇場じゃないぞ…これは(汗

一方で、さすが地元豊根。

東栄町と違って知り合いだらけなので、
久しぶりに会う方々と話し込みまくりました(笑)

舞そっちのけでww

お陰で、花の舞の写真はコレしかないww

DSC_2212

他にも、このブログがきっかけでお会いした方々ともお話をすることが出来、
「祭りに集まってくる方々」との交流を楽しんだのでした☆

ブログにもコメント下さる、だんきちさまには
蓬莱泉の「美」を振る舞って頂いちゃいました☆

一番の驚きは、中学卒業以来会っていない同級生に会えたこと。

今回は、おいらの中学の同級生(男子)が4人も揃うという奇跡。
(ちなみに、総勢7名w)
結婚式でも、これだけ揃わないw

さらに、豊根村インターンの卒業生に会えた。
なんか、みんなめっちゃ良いところに就職したみたい☆

良いところだけど、日本で一番忙しいところ。
その中で、東京から遙々花を見に来るとは…すげぇ。

また、村内外の結婚や出産の情報溢れており、
花祭りは村出身者同士の情報交換の場でもあります。

たき火に当たっていたら、
「お、今日、畑耕しとっただろ!!」
と、話しかけて下さる方が(笑)

家の前を車で通ったそうですが、
これがきっかけでそのまま耕耘機かけの
おもしろさについて語り合ったり(笑)

もう、祭りそっちのけで多くの方と話し込みまくりました(汗

これが地元の花の良いところ☆

そうこうしているうちに、演目は「いちの舞い」へ!!!

舞手は…地固めの剣をやっていた先輩と後輩じゃないか。
やっぱ、舞手の人数は不足しているので、こうして一晩の内に
何役かやらねばならぬのです。

DSC_2228

いちの舞いは両手に持ったこの「榊」枝で、
舞いながら観客の無病息災を祈って打ち清めます。

豊根のいちの舞いは、かなり激しくて、
観客をお祓いすると言うよりも…

ぶっ叩く!!
みみず腫れ上等…なのです。

が、しかし!!!

DSC_2246

今年はあまりに観客が多く、舞庭の中もすし詰め状態。
よって、かなり大人しく…お祓いするって感じでした。

さらなる興奮をお求めの方は、是非上黒川へどうぞ(笑)

ささ、そして、今夜最初の鬼様、山見鬼です。

DSC_2262

今まで、外から見ていた人たちも、
鬼様の周囲まで寄ってきて、
「とーほへ!!てほへ!!」
囃し立てる掛け声の数がどんどん増えていきます。

DSC_2266

山見鬼の持つマサカリの位置が、上に上がるにつれて…
太鼓のテンポも会場のテンポもヒートアップ!!!

DSC_2285

鬼様を囲って、皆囃し立てまくります!!
もちろん、おいらもビールとカメラを両手に持って…

喉が壊れそうなくらいに叫ぶ。

そして、鬼様、このマサカリの高い状態のまま振り回しますので、
観客も避けるのに必死!!!
しゃがみ込みますw

DSC_2290

あまりに激しい舞のため、上の写真のようにマサカリで赤色の神道をぶった切ることも!!
(タイミング良く、瞬間が捉えられました)

そして、紙吹雪のように舞い散る、切り草。

DSC_2293

激しさを物語っておりますね。

鬼の周囲に陣取る人は、若い人が多いです。
振り回されるマサカリに対して避ける瞬発力が要求されるからなのか…(笑)

もう、完全に、ライブハウス。

ディスコですよ、これは。
(行ったこと無いけど)

さっきまで、冷えまくっていた体も、
汗をかくくらいに暖まりました☆

うむ。
堪能した。
燃え尽きた。

というわけで、今夜はコレにて失礼。
皆様にさよならを告げ、
また正月に会おう!!!!

ってことで、実家に戻って就寝。

ヤバイ、ちょっと寒気が…(汗

仕事後豊根へ

仕事が終わってから、ちゃっちゃか準備をしまして、
さあ、豊根へ!!

今週末も、花祭りで御座います。

と、そのまえに、自宅にカーナビのバージョンアップディスクが届いていました。
ナビはパイオニアのカロッツェリアを使っているんですが、
購入後、無料で地図更新データがDVDで送付されてくるんです☆

ただ…

やっかいなのが、こいつはバージョンアップに2時間半も要する。
その間、ナビは電源が入っていないといけなくて…

となると、Ver.UPできるのは豊根往復時しかないじゃないか。
豊根往復なら、ナビゲーションは全く必要ないので、
この間を有効利用。

ただし、車内音楽はラジオしか使えません。

どうにか、片道で80%くらいナビ更新作業が進みました。

道中、足助の香嵐渓を通ってきたんですが、
ちょうど21時前だったのでライトアップ中☆

運が良いことに、足助大橋の信号が赤。

赤信号で嬉しい事なんてなかなか無いよね(笑)
停車している間、山の頂上へ続く赤く燃え上がった山を楽しめました。

豊根来てみたら、車外温度計は3℃。

こりゃ冷える(汗

やっと来たReader電子書籍

9月に米国で発売されて、年内では日本でも…
と、言われつつも全然発表すらされていなかった
SONYの電子書籍端末「Reader」。

ようやく発表されましたね!!!

これだけ引き伸ばされたんだから、
何か先進的なものが搭載されたのか…!?

と、思いきや、日本語化されたのとセンサーが違うくらい。

■【PC Watch】 ソニー、電子書籍端末「Reader」製品発表会 ~新しい本との出会いを提供
■【PC Watch】 ソニー、電子ペーパー採用の電子書籍端末「Reader」 ~タッチセンサー内蔵。独自のオンラインストアも開始

ソニーは、電子ペーパーを採用した電子書籍端末「Reader」を12月10日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は5型の「Pocket Edition」が20,000円前後、6型の「Touch Edition」が25,000円前後の見込み。

さらには…

Pocket edition が150ドルでTouch edition が200ドル。
■Reader Digital Books | Sony | Sony Style USA

…。

あれぇ??

円高のはずなのに…。

1ドル85円だとすると
Pocket edition が12750円でTouch edition が17000円。

価格差が1万円弱あるんですが…(汗

日本語化と赤外線タッチセンサーで、この価格差??
いや、赤外線センサー方式は米国版で採用されている薄膜抵抗方式より
安いらしいのだが…。

あ、もしかしてプリインストールの書籍代金か??

■[拡大画像]【PC Watch】 購入時から入っている書籍
image

ま、それでも買う気満々なんですけどね(笑)
裁断してスキャンした書籍、たんまりあるので、
それを読めるツールがずっと欲しかったのです。

もちろん、電子ペーパーの端末で。

ただ、今回のソニーはやる気のようです。
実はかつて、同じような端末を数年前に出していたんですが、
そのときは大コケ。

なんたって、対応するコンテンツがなかった。

今回はその教訓を生かして、コンテンツストアも発売と同日オープン。

■トップ|Reader™ Store-ソニーのeBookストア|Reader™ Store|ソニー

しかし、ソニーって、いっつもコンテンツに泣いている気がする…。
学習しないのだろうか…それとも、端末を開発して満足しちゃっているのか。

せっかく、ソニーピクチャーとかソニーミュージックとか、
買収しまくって我がものにしちゃったのにね。

さて、気になる端末のスペック。

製品 Touch Edition
(PRS-650)
Pocket Edition
(PRS-350)
ディスプレイ 6型
(800×600ドット)
5型
(800×600ドット)
外形寸法 169.6×119.1×10.3mm 145.4×104.6×9.2mm
重量 約215g 約155g
対応フォーマット
(書籍)
XMDF(DRM付き)、XMDF(DRM無)、EPUB、PDF、Text
対応フォーマット
(音楽)
MP3、AAC
対応フォーマット
(写真)
JPEG、GIF、PNG、BMP
外部メモリー
スロット
メモリースティック
Pro デュオ、
SDメモリーカード
カラー ブラック、レッド、シルバー ブルー、ピンク、シルバー
店頭予想価格 25,000円前後 2万円前後

■ソニーの電子書籍端末「Reader Touch」を試す -AV Watch

これを見た感じでは…TouchEditionが良いかなぁ。
ただ、実機を触って検討したいところ。

名古屋のソニーストアにはあるっぽいので、
行ってみようかな。

机の上にうまそうな…

休み明けで出社してみたら、
突如、出張が決まっておった。

え、今からっすか??みたいな

そんな今日。

出張帰りにデスクに戻りましたら…

DVC00026

デスク上にこのようなドライフルーツが!!!
「愛しています」とか、思わせぶりな付箋が貼ってあるし…

こんな書き方をされるのは…

後ろに振り返って目が合った…ウェスさんやww

これは…ウェスさんですか!?と、聞きましたらば、

「ドライフルーツ好きだっただろ!?」

と。

なんと、まあ。
ホント、ブログの細部まで覚えていてビックリです。
凄まじき記憶力。

有り難う御座います!!!ゴチになります☆

東栄町月地区花祭り2日目

昨日寝たのが午前4時だったわけで、
ちょっと空の星の数も減ってきた頃合いでした(汗

で、まあ、9時頃起床しまして…

今度は息子も連れて月地区へ!!!

舞はそのとき、ひたすら一力(いちりき)タイムでした。

うちの地区で言う「宝の舞」のようなものですが、
「願主」という大口初穂料を納められた方々の家内安全や商売繁盛などを祈り、
舞が奉納されるわけですが…

DSC_2004

これまた、舞の種類も多種多様。

DSC_2012

こちらは青年による四つ舞のようですが、
四つ舞だけでなく…

少女たちによる三つ舞。

DSC_2023

ちびっ子軍団による三つ舞。

DSC_2027

バラエティーに富んでおります。
そして、願主の数が多いほど、この「一力」が奉納される数も増える。

すなわち、お昼から日が暮れるまで…6時間くらい??
ずっと一力なのでした。

で、まあ、一晩中花宿でがんばっていたセイト衆は、
ここで一息つくんでしょうかね(笑)

kawagさんも、だいぶ、ぐったりされてました(汗

さてさて、お次は妻がいつもお世話になっているお宅の娘さんがデビューですよ!!
それがまた、3歳ですよ。

大勢の前なので、ちょっと緊張しちゃってお母さんから降りられない(汗

DSC_2070

よって、お母さん、がんばって舞ってました!!
娘さんを抱っこしながら☆

わ…我が家も2年後には…???w

いやほんと、マジでかわいいっすね。
息子も3歳になったら…即舞わせたいところではありますが…。

そのためには…

洗脳!!洗脳!!ww

やっぱ、親がやらせたくても、子どもが嫌がったら本物には育ちません。
まず、子どもにどうしたら花キチになってもらえるか…

その研究が、親の仕事ですね(笑)

最初は抱っこだった子も、終盤にはみんな一緒に☆

DSC_2101

このサイズの衣装があるところがまた、良いですね☆
うちの地区にはあったかなぁ。

確か、小さい方の衣装は割と豊富で、
むしろ大きいサイズが無かったかな(笑)

おいらは背が小さいので、まだサイズがあるんですが、
大きい人になると、衣装替えの時に

ビリビリビリ。

そんな音が響くこともしばしば(汗

衣装も安いものではないので、なかなか更新できません。

まだ茂吉鬼までは時間があるので、ここで中座して東栄病院へ☆
療養中の母方祖母に会いに行ってきました。

月の花祭りを見に行っているよ!!と伝えましたら、
ばあちゃん…というか、曾ばあちゃんと呼んだ方が良いのだろうか。

息子から見た場合は。

 

息子の顔を近づけましたら、息子に向かって、

「ツーフヒ、ツーヒ♪」

懐かしきメロディー。

おいらが小さい頃、花祭りというと祖母が口にしていたリズム☆
祖母の地区は古戸なので、おいらの実家の地区とは異なるんですが、
このリズムを幼い頃から聴いていたのもあって、振草系の花も
懐かしい気がするのです。

しかし…鬼には全くびびらなかった息子ですが、
年の功には勝てないようで…大泣き×3回(笑)

どうも、年配の方がまだまだ苦手のようです。

でも、3回繰り返した後は、余裕の表情で曾ばあちゃんの隣ではしゃいでました☆

ゆっくり、病室で過ごしまして、再び月地区へ!!

諸事情により、茂吉鬼の写真が無いのが残念ですが…
その次の、湯囃子!!!

火を入れられた釜からはモクモクと煙が立ち上り、
花宿の天井には、雲が立ち籠めたような幻想的風景。

DSC_2116

まだまだ湯かけまでは時間があったので、
今回は息子の健康のことも考えて、湯かけ前に実家に戻りました。

DSC_2120

これにて、今年の月地区もおしまい。

大勢の人で、賑わっておりました。

明日はまた仕事!!
で、週末には坂宇場の花祭り!!!

おいらが一番、ヒートアップできる場所ww

連チャンになるので、妻子は豊根に置き去りです。
息子に移動疲れさせるわけにはいきません。

大府に帰着したのは22時くらい。
うむ。
だいぶ眠い。

そうそう、先日、御園の花でお会いした三上さんが
中日新聞に掲載されていたようなので、ご紹介☆

■MICABOX |SINBUN

なんとあの細野晴臣さんと一緒に活躍されていたりするという!!!
(細野さんってのは、かの有名なYMOのメンバーです。)

花祭りって、いろんな人を引きつける魅力があるのですね。