村内神社氏子総代大集合

豊根村内には、十数社の神社があり、
その各々に氏子がいて神社の管理をしているそうです。

氏子の中でも、集落に1人とか、氏子総代といって
役員的存在の方がいらっしゃいます。

我が集落では回り番で氏子総代役が回ってきて、
今年から私がお役を拝命されてます。

本日は、村内の氏子総代が集まっての作法講習会。

30人くらいが集まりました。

村に住む神官さん三世代のお三方がいらっしゃって、
数多ある宗教の中でも最も難しい部類と呼ばれる神道作法を習います。

私も、神社が好きでしょっちゅう行くので、
これは正しい作法が学べる良いチャンス!!

なーんて思っていましたが、思いの外、決まり事が多くてビックリ。

立ち上がる時の足の出し方とか、進む時の足を出す順序。
それら、右から…とか一律に決まっているわけではなく、
神様に対して自分がどの位置にいるかによって
右足から進めるのか、左足から進めるのかが、変わってくるんですよ!!

お辞儀も何種類かあって、
場面によって角度が異なります。

90度を拝、45度を深揖、15度を小揖と言って、
この三種類はよく使います。

動作の合間に、小揖が多々入ります。

それと同時に、ものを持つ時の動き…

例えば、拝揖をしてから一歩進んで、
お供えの載った三方を持ち、一歩後退して振り返り…

と、その動作を考えつつ、ここに足を出す順序も入ってきます。

なんというマルチタスク。

神官さんがおっしゃっていましたが、
神主の中でも、完璧に作法ができる人間はわずかしかいない。

だそうです。

それくらい、難しいってこと。

本日は、基本中の基本を習いました。

 

神社に戻って秋祭りの打合せを終えてから帰宅。
外の風雨がかなり強くなってきました。

夜には、家がゆらゆらと揺れるような感覚が…。

そしてっ!!

 

台風の影響で停電。

DSC_0004

ろうそくの明かりの元、御菓子でも食べながら家族団らん。
まあ、たまにはこんなのもいいかな。

しかし、調子に乗った息子は、ひたすら…

エンドレスハッピーバースデイソング。

そして毎回、ロウソクの明かりを消そうとするので止めます(笑)

なかなか復旧しないので、
停電直前まで沸かしていたお風呂が冷めないうちに入浴。

もちろん、照明はロウソクの明かりをお風呂に持ち込んで。

 

外は真っ暗。
こんな静かな夜も良いもんだ

新月だったら、相当星が綺麗だろうなぁ。

保育園運動会デビューXi

息子が保育園に入園してから一ヶ月。

いきなり、ビッグイベントの運動会です!!

保育園の運動会は、全天候型ドームの下で行われるため、
雨による中止や順延の心配が無くてスケジュールを合わせやすい☆

で、まあ、息子の運動会デビューということは、
私にとってもデビューなのです。

ちまたでは、ビデオ撮影の場所取りのため、前夜から場所取りをする人もいるとか??

ここではそんな心配はいりませんっ!
あ、いや、いるのかな。

一等地は、やっぱり早い順みたいで。
私が到着した時には既にカメラを構えていらっしゃる方多数(笑)

我が家は、静止画は妻担当、動画は私担当で、記録を頑張ります☆

DSC09160

可愛い子どもたちの入場☆
ピンクの帽子は、さくらんぼ組さん。

息子達、2歳児のクラスです。

ちなみに、入場門の横には子どもたちが描いた絵画が展示されていますが、
その中に息子の絵を発見!!

DSC09136

ピカソもビックリ。

息子が大好きな、「だんご」を描いたそうです。(たぶん)

入場門の前では、学年ごとに記念撮影を行います。

DSC09143

ここでもまた、息子は変顔(汗
私の幼い頃の写真は、どれもが変顔。

やっぱり、遺伝みたいです。

運動会の練習に、なかなか参加できなかったにもかかわらず、
自宅での自主練が効いたのか…!?

DSC09167

ダンスも、それなりにそれらしく(笑)
これは、バナナ。

がんばってみんなのマネをしているようでしたが、
練習不足は否めませんでした(泣

保育園の運動会では、保育園児だけでなく、
大人達も出場します。

こちらは、来賓の皆様&祖父母による競技!!!

DSC09183

村長さんも、ほうきを持って競技に専念されております!!!

ちなみに、同じチームに母もいました。

 

さあ、運動会と言えば駆けっこ!!

三人並んで、真ん中に息子。
名前を呼ばれて、元気いっぱい、手を上げています☆

DSC09205

「気をつけ!!」 (位置についてではないんですね。)

「ヨーイ!」

次の瞬間、

息子、ひとりダッシュ!!!(笑)

 

フライングです(笑)

やる気がみなぎりすぎ。
仕切り直して、スタート!!

が、しかし!!

息子…3位。

3位の旗の後ろに並んで、こっちを見つめる息子の目には…
大きな涙が…

目がウルウルしてる…

悔し泣きを我慢しているようです。

負けず嫌いみたいです。

 

退場の時、みんな

「キャーーー!」

と、奇声を上げて猛ダッシュ(笑)

何故ww

また、こんな楽しい種目もあります。

DSC09226

おもちゃのブルドーザーに乗車、荷台にブロックを載せてゴールへ運びます。
みんな手際よくブロックを選んで荷台に載せていきますが…

息子、どのブロックにしようか悩みすぎ(笑)

よって、息子チームがリードしていたのに逆転されちまった(汗

また悔し涙か??

 

こんな退場の仕方も可愛いもんですよ。

DSC09238

 

さあ、そろそろ何か足りないんじゃないか?
そう思われる方もいらっしゃるかと。

親子競技です!!!

今回は二種類ありまして、
おさるのかごやはほいさっさ。
こちらは年長さんと年中さんとその親御さん。

DSC09253

お父さんたち、気合いは入りすぎて、
子どもがオーバーランして吹っ飛ぶというハプニングもあり(汗

こちらは年少さんと、さくらんぼ組さん。

DSC09264

はい、私も登場してますよ。
地面に落ちている玉を子どもが拾って持ち抱え、
子どもごと親が玉入れ場所まで持ち上げ…

子どもがそこに玉を放り込む。

どちらにしても、親が張り切り過ぎちゃいますね(笑)
自分も、結構、マジになっていました。

んで、ラスト!!

…といえば、くす玉割りです☆

DSC09269

みんなで狙いを定めて、紅白の玉がポンポン飛び交います。

DSC09283

今回は、白組の玉が先に割れました!!
ちなみに、さくらんぼ組さんは見学者です。

何をするにしても、園児たちの動きが可愛くてたまりませんね。

運動会は午前中で終了し、
午後からは妻が東栄町本郷地区のお祭りに行きたいとのことで…。

私も初めて、見に行ってみました。
本郷地区は東栄町の中でも新しい街だからか、
花祭りはありません。

ただ、山車が出るそうな!!

DSC09311

すげっ!!
豊根では見ない光景です。

山車が街中を練り歩き、賑やか。

道中にあるステージでは、子どもたちによる演舞。

DSC09300

武田節とか、青い山脈とか。

渋すぎるんですがっ!!

ちょっと、タイムスリップした気分。

DSC09314

東栄町80日間チャレンジスタッフさんをはじめ、
いろんな知人にも会うことができて楽しい時間でした。

そこから更に足を伸ばしまして…

新城のドコモショップ。
妻のケータイも寿命にさしかかり。

家族で機種変更すると、ひとりあたり1万円引きだそうな。

さらに、私はdocomoを10年以上契約しているので、
さらに、一万円引き。

月々サポート値引きもあって…

実質ゼロ円で…

■docomo NEXT series Xperia(TM) GX SO-04D | 製品 | NTTドコモ

こちらの端末を、夫婦揃って購入。
色まで一緒になりまして、持ち間違えそう(汗

注目すべきは、Xi(クロッシィ)という新しい通信方式。
FOMAの次です。

■Xi (携帯電話) – Wikipedia

通信速度が高速化されていますが、
それは対応エリア内(都市部)の話。豊根では…まだまだ先の話。

でも、豊根だからこそ導入する理由もあるのです!!

なんと、docomoユーザーへの通話は無料なのです。
docomoの人へ電話すると、

「ドコモッ!」

と、着信音の前にメッセージが流れ、
その通話は無料。

その代わり、毎月の無料通話の概念はありません。
ソフトバンクやau宛の電話はそのまま料金が+課金。

豊根在住の方は、ほとんどがdocomoユーザー。

こりゃ、通話料がかなり節約できそうです☆

富山山村留学にて

今夜は月明かりの中、富山山村留学の子どもが企画した
星空観察会が行われるとな!
そこに、80日間チャレンジスタッフのんちゃんを派遣。

取材をお願いしました。

私も、子どもの企画というのに興味があって
のんちゃんとの打合せも兼ねて行きました。

本当なら明るいうちから行く予定だったのが…

今日予定していた仕事にかぶさるように、
たくさん舞い込んできたので、押して押して…

結局、暗くなってから出発。

観察会にギリギリ間に合い、
子どもたちに星座早見盤アプリを見せてあげたところ、
めっちゃめちゃ興味津々。

星空への興味も、増したようでした☆

観察会後は、子どもたちによる企画の反省ミーティング。
良かった点や悪かった点などについて話し合って、
次回につなげるそうですよ。

■鍋島 のぞみの『豊根村 – 80日間チャレンジ』

企画担当の子がミーティングを仕切って、
皆から意見を吸い上げる。
面白いなぁ。

んで、私は再び職場へ戻って仕事の続きです。
戻るのにも40分くらい要します。

今夜も帰宅が遅くなりました。

NEW SONY Reader

発売から一週間。

ようやっと届きました!!!

DSC09130

SONYが発売しているReaderという電子書籍端末。
特筆すべきは、液晶ではなく電子ペーパーを使っているという所!

■読書専用機で電子書籍を楽しもう Wi-Fi接続機能搭載 PRS-T2 | ソニーの電子書籍 | ソニー

今回は、コストダウン&画面切り替え能力がアップし、
さらにはWi-fi機能やブラウザ、evernoteやfacebook連携、
端末から直接書籍をネットワーク経由で購入できるなど…

かなりパワーアップ。
(私が持っていた昔のモデルと比べて。)

それにもかかわらず、お値段は1万円以下。

DSC09131

読書するってのは、かなり長時間、ディスプレイを見つめることになるので、
自発光する液晶だと眼精疲労が大きい。

けれど、電子ペーパーは見た目がまさに紙とほぼ同質。

見やすいんですよ。
目が疲れない。

書籍はネットで購入してダウンロードする形なので、
書店が近くに無い豊根の我が家では大活躍です。

さらに、端末5台まで、購入した書籍を共有できるので、
家族で趣味が合えば(笑)、複数端末で同時に同じ本を読めます。

まあ、趣味が合えば…ね(笑)

重量は164gで、スマホ並みの軽さなので、
手も疲れないぞ~~っと。

またしてもSONYの回し者と言われそうな記事ですが。

今一番必要なのは、購入した本を読む時間かな…

突然の父親役

「あ!ちょうど良いところに二人いる!」

それは、私と同僚が庁舎外で作業している時のこと。

その声の主は…

保育園の園長先生。

 

今週末に迫った保育園の運動会。
その練習を、職場裏にある、とよねドームで行っているところでした。

もちろん、我が息子も練習していて。

運動会のプログラムに親子コラボの種目があるんですが、
その練習で親役を大募集していたのです(笑)

保育士さんだけでは人数が全然足りなくて。

他課の方含めて五人で応援に駆けつけます。
二種目手伝いましたが、そのうち一種目は息子も参加。

よって、息子と二人で練習という(汗

みんな、土曜日の本番向けてガンバレーーー!

とりあえず、同僚の頭が子どもたちに大人気でした。

鳥取中国地方探訪最終日

せっかく有馬温泉に宿泊しているんだから…

朝温泉を味わって!!

目覚ましで熱いお湯に浸かってから、朝食です。

DSC09048

小鉢に種類豊かな幸の数々。
朝から気合いが入りますよーー!!

食事を終えて荷物をまとめると、
宿の直ぐ近くにある■六甲有馬ロープウェイに乗車して六甲山を目指します!!

息子は大喜びでロープウェイのチケットを手にして、
改札でスタンプを押してもらっています。

DSC09055

定員61人乗りのゴンドラ内は、平日だけあってガラガラ☆

DSC09059

窓ガラスにへばりついて余裕で景色を堪能できるぜ!!
と、息子もご満悦です。

DSC09064

窓からの眺めを車掌さんが解説を加えてくれていましたが、
中でも気になったのがこちら。

砂防堰堤ですが、岩でできているんですよ!!

DSC09061

コンクリートや丸太で作ってるのは見たことがありますが、
岩石で作るって…景観に配慮したのかな?作り方が気になりました。

かつては全長5kmの日本一長いロープウェイだったそうですが、
今は半路線が廃止されて半分になっちゃったそうです。

中間地点にさしかかると、反対側から下ってくるゴンドラとすれ違います。

DSC09068

そして見えてきた!!

六甲山頂駅。

DSC09070

降りてみると、ちょっとヒンヤリとした空気。
しかし、日向に出ると暑いっす。

ここには六甲ガーデンテラス、高山植物園、カンツリーハウス、
森林植物園、六甲山牧場、フィールドアスレチックなど。

様々な施設が揃っていて、若者からご老人まで、賑わっていました。

我々は■六甲ガーデンテラスにあった展望台へ、まず向かいます。
奥に見える塔に登ることができ、ここからの眺めが良いそうですが…

DSC09099

まずは、ガーデンテラス方面を見ると、
フェアトレードのお店や雑貨屋さんなどが立ち並んでいます。

DSC09086

その反対側は…!!!

DSC09078[3]

明石海峡から大阪平野、関空までが一望できる!!!
すげぇーーーー!!!

感動した。

天気が良くて、遠くまで見渡すことができました。

山と海の間のわずかな空間にひしめくように工業・商業地帯が広がっています。

DSC09079

もうちょっと引きで眺めてみると、
異国情緒溢れるテラスの向こうに山、その奥に都市部。

DSC09084

この風景、面白いです。

しばらく外にいたら、だいぶ暑くなってきたので…
ご当地アイスクリームを頂くことにしました☆

DSC09101

母や妻は、雑貨屋さんで思う存分ショッピングを楽しみ、
雑貨屋さんにあったラムネを買ってもらって超ご満悦の息子。

そして、私も、布製の名刺ケースを購入☆

ショッピングを楽しんでから、車の置いてある有馬温泉へ戻っていきました。
帰り道のロープウェイでしたが、見下ろす町並みがまた美しい!!!

DSC09116

下の写真、右奥に見えるのが私たちが宿泊した宿。

DSC09123

上空から眺めてみると、宿の近くにニジマスの釣り堀を発見。
もうちょっと息子が大きかったら、行ってみると面白そうだ。

だいぶ疲労がたまってきたところですが、
ここから豊根まで、がんばって帰りますよ-。

途中、大津SAで琵琶湖を眺めながら遅めの昼ご飯。

DSC09127

真っ青な青空の下に、もっと深いブルーの琵琶湖。
今日は、「青」い一日です。

帰りは大した渋滞に巻き込まれることなく、
無事に豊根へ到着しました。

そういえば、今日は息子の腕立て伏せを見なかったなぁ(笑)

今回は四日間で1400キロくらい走りました。
ホント、何事もなくてよかった…です。

鳥取中国地方探訪3日目

あっという間でしたが、鳥取祖父母宅は今日でサヨナラです。
朝、出かける支度を調えると、家の外でみんな揃って集合写真を撮影しました。

このために、豊根から三脚を持参しております☆

記念撮影を終えると、それを待っていたかのように凄まじいゲリラ豪雨に襲われ(汗

ゲリラ豪雨も落ちついて、雨が上がり、
お土産を購入するために倉吉市へ向かいます。
その道中、不思議な光景に遭遇。

残念ながら運転中だったので写真はありませんが、
自分の向かう方向、道路の途中から白いんですよ。

なんと表現すれば良いのか…

自分の車の数百メートル先の空間の色が違う。
それは何故か…その場所にさしかかって分かりました。

雨です。

クッキリと、雨降り空間が分かれていて、
先ほどの白い空間は、そこから雨。ってことでした。

そんなんだったっけ!?

さて、倉吉市内では、鳥取に来たら毎回買っている団子を買います。

■だんご一筋百二十余年 鳥取県倉吉名物打吹公園だんご 石谷精華堂

これが、うまいんですよ!!

dango10

団子ひとつの玉が100円サイズくらいの小ぶりなものなんですが、
食べてビックリ。

外はあんこで中身が餅(笑)

逆なんですよ。
それがまた、うまい。

全国区になりつつあるようで、名古屋高島屋でも取り扱いがあるんだとか。

敷地内には、巨大団子wwも、ありました。

DSC_1051

ここで買って持ち帰られれば良いんですが、
今夜は神戸に宿泊の予定であり、いろいろと立ち寄る予定。

冷暗所保存が必要で、賞味期限も短いため…

クール宅急便で自宅へ送ることにしました☆

倉吉から、鳥取市内へ向かいます。
途中、東郷湖を眺めながら。

DSC08832

意外に、水面が地表近くてビックリ。

ちなみに、この湖の向こうが「はわい」です。

そう。
ソフトバンクのCMで一躍脚光を浴びた…!?

日本のはわい。

このあたりは温泉地としても有名なようです。
■はわい温泉・東郷温泉旅館組合

その湖畔には、中国庭園・燕趙園(えんちょうえん)がありました。

DSC08823

なんでも、日本最大級の中国庭園だとか。

さあさあ、本日のメインイベント!!
鳥取砂丘ですよ。

ここに来るのは二回目です。
ただ、今日は平日!!

空いてるぜぇ~~☆

DSC08847

見て下さい。
人がいませんww

写真は、息子と私のみ。

丘の上にチラホラとお客さんがいるだけ。

DSC08921

ノビノビと遊びたい放題ですよ。

砂丘の頂上からは、海へ向けて親子三人で猛ダッシュ下りを楽しみました(笑)

DSC08877

息子がはまっちゃって、

「も、いっかい!!」

と、何度もリクエストするので、我々はヘトヘト(汗

まだまだ体力有り余る息子はついに…

DSC08899

服を脱ぎ捨てて、海に向けて勇ましく闊歩しております。

ってか、まさか全裸になるとは思わなかった。
このあと、海との戦いが繰り広げられていましたが、

完敗ですね(笑)

マジ顔で、迫り来る波から陸に向けて逃げ走っていましたww

ちなみに、万が一に備えて息子の近くで見守っていた私も、被災しました(泣
半ズボンが濡れたーーーー。

服を着て再び砂丘頂点に戻ります。

こちらは、砂丘頂点から陸側を見たところ。

DSC08867

砂丘をバックに、息子が記念写真を撮れというので、
ケータイカメラで撮影会。

DSC08841

で、私がカメラを構えると、変顔をする息子。
うむ、自分の幼少時代を思い出す(笑)

砂丘の近くには■鳥取砂丘パークインフォメーションがあり、
無料で砂丘の情報をゲットできます。

様々な展示があって、中でも私の興味を引いたのがこちら。

DSC08951

マイクロスコープが液晶テレビにつなげられていて、
砂丘の砂を拡大して見ることができます。

マクロな視野から砂丘を見ると茶色の丘にしか見えませんが、
拡大して見ると、色とりどりの小さな石の集合体って事が分かります。

比較展示で、サハラ砂漠を始め、オーストラリア、南アメリカなど
各大陸の砂漠の砂が展示されていて、比較してみると面白い!!

食い入るように見つめる私を見た年配の学芸員さんが近づいてきて、
ひとつひとつ、解説入りで教えて下さいました。
ものすごい丁寧に教えて下さり、学芸員さんもノリノリになってきた(笑)

そして、息子にサービス!!

砂鉄を使った砂アートを楽しませて下さいました。

DSC08969

砂鉄をスコップですくって、サッカーボールの形をした粘着部に流し込む。

DSC08970

こぼしてしまった砂鉄は、磁石を使って回収(笑)

DSC08976

むしろ、息子はこれにはまっていましたが。
ちなみに、サッカーボールの背景は、あらかじめ粘着部に砂を貼り付けたもの。

余白の粘着部には、好きな柄のシールや貝殻を貼ってご満悦の息子。

DSC08980

楽しい時間を過ごさせて頂きました。
定番梨ソフトクリームを堪能しまして、

鳥取砂丘を出発します。

行きにも通った鳥取道。
西粟倉のトンネルにさしかかると、そこにはタヌキなイラストが!!

DSC08992

お腹をくぐり抜けます(笑)
どうやら、西粟倉村もマスコットキャラがタヌキのようですよ。

中国道に入り、パーキングで息子のトイレ休憩をしていると…
自衛隊の車列も休憩のため立ち寄られているじゃありませんか。

息子、興味津々。

ってか、

迷彩仲間(笑)

DSC_1058

それを見た自衛官さんたちも、仲間だと認識したのか…

皆さん、息子に向かって手を振って下さるじゃありませんか。
もう、大喜びで、息子も手を振りまくり。

結局、自衛隊車両の皆さん、ほぼ全員が手を振って去って行かれました(笑)

有り難う御座います!!

本日の最終目的地は、日本三大名湯のひとつ、有馬温泉。
三大名湯には諸説ありますが…

有馬温泉は必ずカウントされています。

草津、下呂、有馬温泉。

これで、コンプリート!!

こちらが、今夜の宿です。

DSC08996

妻のリサーチですが、食事に定評が有り、料理の鉄人がシェフだとか。
その名も「奥の細道」。

■創作料理倶楽部 天地の宿 奥の細道 【公式ページ】

ホント、奥の細道なんですよ。
有馬温泉の一番奥深いところにあって、ホントにこの先、旅館があるの!?
そんな雰囲気(笑)

しかし、サービスのクオリティがもの凄い高くて大変勉強になりました。

立地が悪くても、これならリピーターを確実に確保できますね。

さあ、楽しみの夕食。
息子も待ち構えています。

DSC08999

前菜からして、いきなり多品目。
ぶったまげたよ。

DSC09002

また、細工が細かい!!
汁物には秋の味覚満載で、山芋はウサギさんの形。

DSC09003

舟盛りも美しくて美味しい。

DSC09005

しまいには、すき焼き実演ですよ。
何故実演なのかというと…

作り方が面白い。

DSC09006

写真でちょっとわかりにくいかもしれませんが、
鍋にはあらかじめ綿菓子が砂糖の代わりに入れられているんです。

食べる時にはとけてしまうので、実演も頷けますが…
見て楽しい料理ですね。

ちなみに、綿菓子は金箔付き。

こちらは鮎の西京焼き。

DSC09009

またしても、秋の味覚たっぷりです。

DSC09012

さあ、最後の仕上げ、デザート!!
これもまた、実演ですよ。

DSC09021

アイスの元となる液体にドライアイスが投入されてかき混ぜ。
できたての「生アイス」がこちら。

DSC09027

手作りアイスのような、濃厚なおいしさ。
新鮮です。

息子は、ドライアイスの蒸気に反応(笑)

 

平日なので、割安ですし☆

美味しい料理を堪能したら、温泉ですよ!!!

さすがは平日。
大浴場、貸し切り状態☆

息子も可愛い浴衣に包まれて、風呂上がりにボーッとしています。

DSC09035

女性陣は、自分の好きな浴衣が選べる仕組み。
息子もサイズに合う専用浴衣。

ま、こういうとき、男性はいたってノーマルなものです(笑)

これも平日だからか…
予約していた部屋サイズの3倍はあろうかというスイートなルームに変更されていて、
ビックリ仰天!!!

マッサージチェア完備で、思わず1時間近く使ってしまったよ。

長旅の疲れが、だいぶ癒やされました☆

鳥取中国地方探訪2日目

鳥取に来ておきながら、いきなり島根観光です。

噂のモーニングバイキングを食べるため、朝一番で近くの道の駅へ行ってみました。
■お台場観光 道の駅大栄 名探偵コナンの町大栄 鳥取の名産品 すいか・ながいも直販
が、しかし!!!

早すぎた。

まだ、開店していませんでした(^_^;

ですが、入り口で面白い銅像を発見。
名探偵コナン銅像。

DSC_1046

妻祖父母宅の町は、あの有名漫画家青山剛昌さんの生誕地。

■コナンと風車のまち:北栄町商工会

他にも鳥取県は名だたる漫画家の故郷であり、
現在、マンガ王国なるイベントを実施中だとか☆

さらに驚くことに、道の駅登録全国第1号なんですね!!ここは。

国道9号線をひたすら西へ向かい、途中、できたてホヤホヤの山陰道に何度か乗る。
途中の宍道PAに立ち寄ると、■宍道湖 – Wikipediaが高台から見渡せました。

DSC08612

朝食を購入し、食べながら島根県中央に位置する目的地、石見銀山へ!!

■石見銀山 – Wikipedia

石見銀山(いわみぎんざん)は、島根県大田市にある、戦国時代後期から江戸時代前期にかけて最盛期を迎えた日本最大の銀山(現在は閉山)である。その最盛期の当時、日本は世界の銀の1/3を産出したとも推定されるが、そのかなりの部分を占めていたという[1]大森銀山(おおもりぎんざん)とも呼ばれ、江戸時代初期は佐摩銀山(さまぎんざん)と呼ばれた。明治期以降はなどの鉱物が主に採鉱された。

下調べをする余裕が全く無かったので、
どこに向かえば良いかも分からず…とりあえず、
世界遺産センターというものがあるらしいので、そこを目的地に設定。

■石見銀山世界遺産センター(島根県大田市大森町) / Iwami Ginzan World Heritage Center(Shimane Pref, Japan)
到着すると、石見銀山の紹介VTRを観覧。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (5) ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落、あるいは陸上ないし海上利用の際立った例。もしくは特に不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている人と環境の関わりあいの際立った例。

どうやら、見所的には古い町並みと坑道跡らしいのだが…。

世界遺産になっているだけあって、マイカーでの乗り入れはできないみたい。
世界遺産センターから大森の町並みまで路線バスで移動します。

日曜日というのに、それほど人もおらず。
静かな町並みをゆっくり散策します。

DSC08616

かつては世界的な銀発掘地だっただけに、
警備は厳重だったようで。

写真は旧代官所。

取り締まりも厳しかったようです。

また、町並みの中には熊谷家住宅なる重要文化財も!!

DSC08621

DSC08623

豊根村にある重要文化財熊谷家とは、だいぶ雰囲気が違いますが。

この町並みは保存地域に指定されているそうで、
古い町並みを維持するため、随所に工夫が点在していました。

DSC08626 DSC08631

床屋さんの回転灯?は木製だったり。
さらには自販機が木製!!

お昼の軽食に、パン屋さんで米粉カレーパンを購入して食べ歩きましたが、
できたてホヤホヤがサクサクでめっちゃ旨い!!!

DSC08630 DSC08632

郵便局も趣があります。

DSC08634

まあでも、ここまでなら日本中で展開されている古い町並み保存運動と
さして変わるところでは無く…世界遺産…??

そうそう、その中で武家屋敷があったので、興味津々で入ってみました。

武家屋敷の旧河島家。

ここでなんと!!

油団(ゆとん)発見!!!

DSC08652

大学時代、油団づくりの職人さんを訪ねて福井へ行ったことを思い出します。

2004年8月3日 (火)
金属学会 伝統材料勉強会@福井県 <二日目> その1

油団は日本海側独特の文化なんでしょうか。
SEM写真を撮影したり、学会発表でも使わせて頂きました。

そうこうしているうちに、息子はオネムの時間。

DSC08655

これから5キロほど歩くというのだが…
息子を背負って…こりゃ、気が遠くなるぞん。

よって、暫く寝させたら、無理矢理起こしました(笑)
少しでもお昼寝効果はあって、

だっこー

とは言いながらも、嗾けてやると走り出します(笑)

運動会の練習をしているので、
よーい、ドン!
って言ってやると、走るんですよ。

こりゃ、楽だ。

ただ、歩かない。

走るか、止まるか、戻るか。

そのどれか(笑)

一般公開されている龍源寺間歩まで片道2.5km。
途中、立ち入り禁止の間歩(坑道)がいくつかありました。

DSC08671

んで、ようやく到着!!

DSC08675

入り口は綺麗に補強されています。

DSC08677

岩と岩の隙間を古代に熱水が通過することで、銀や金や銅といった金属が
割れ目表面に蓄積されていったそうな。

よって、鉱床が面状に広がっているそうです。

その面に対して、直角方向から掘り進んだり、平行に掘り進んだり。

時代によって掘り進め方も異なるようです。

DSC08680

また、間歩には全て番号が付番されており、
500を超えています。

DSC08687

代表的な間歩には石塔が建てられているようです。

新切間歩。

DSC08704

そして、もちろん!!
鉱物が出るところには神社有り。

佐毘賣山神社(さひめやまじんじゃ)がありました。

DSC08693 DSC08696

御祭神は金山彦命(かなやまびこのみこと)で、鉱物の神様です。
鉱山の護り神として信仰されています。

鉱物が出るってのは、まさに偶然の要素が強く、
昔の方にとっては、そこに神が棲んでいると考えても当然。

永代尽きせぬよう、奉るのも頷けます。

かつては、この山奥狭い地内に2万人もの人が住んでたという…。
山中には多くの「平坦地」があるそうです。

道の脇にも、石垣でつまれた部分が多々有り、
今でこそ木々が生い茂っていますが、かつては家があったんだろうなぁ~と。

DSC08706

そこで見つけた可憐な彼岸花。

DSC08710

彼岸花の花弁にのみ木漏れ日が当たっていて幻想的でした。

しばらく歩くと、城跡のようなものが見えてきました。

DSC08712

これは…城跡ではありません。製錬所の跡地なのです。

清水谷製錬所跡と言って、明治時代に作られたモノ。

DSC08717

数十億円の投資で作られたそうですが、
出てくる銀の品質が悪かったようで、一年で操業終了してしまったそうな。

世界遺産センターに戻るため、バスを待っていると
バス停から見える景色がステキでした。

DSC08721

いやぁ~~たくさん歩いた!!
割と疲れました(^_^;

せっかく石見まで来たので、この国の一宮を参っていくことにしました。

DSC08734

DSC08730

■石見国一宮 物部神社と呼ばれる、大変歴史ある神社です。

西暦513年に社殿が創建された。

春日造りでは全国一の規模。

DSC08731

石見銀山からほど近いところにあって、
立ち寄るのに、かなりオススメです。

例に漏れず、御朱印を頂きました☆

このあたりはイチジクも有名らしく、道の駅にはイチジクをふんだんに使ったメニューが。

■キララ多伎 島根県出雲市の道の駅、コテージ、温泉、オートキャンプ場、ビーチ

DSC08737

なんとも可愛らしい外見。

イチジククレープと、いちじくあんぱん。購入。

DSC08744

また、道の駅から砂浜に降りることもでき、
夕日を眺めながら、息子が波打ち際で遊んでいました。

DSC08758

一番気になるのが…

このポーズ。

DSC08767

何故、腕立て伏せ(笑)

突然、何をやり出すかと思ったら、このポーズ。
意味不明ww

ちゃんと洗い場が道の駅にあって、塩水を洗い流すこともできました。

車内で、

「たっちゃん、さっきどこに行ってきた?」

そう聞くと

「カワ!!!」

って、必ず答えるのが不思議でしたが。
いつも自宅前の川に遊びに行っているので、
水が沢山あるところ = 川
というイメージのようです。

だいぶ日も暮れかけてきましたが、せっかくなので出雲大社に寄ることにしました。
今、神話博というものを行っているそうで!!
■【神話博しまね】よみがえる はじまりの物語

ただ、それを知ったのが…
本日の神話博終了時間後。

惜しすぎる。

残念な気持ちのまま、会場に行ってみると…

DSC08778

ゆるキャラ「しまねっこ」ちゃんと、
知らぬ間に「しまね宣伝部長」になっている吉田くんがwww

雰囲気だけ楽しんで、お隣の出雲大社へ。

DSC08780

こちらは、仮御殿。
先回ここに来たのは四年前。

そのときはどうだったかな~と思ってブログを振り返ってみると…

■kenta’s page!!2008: 西国日本海側紀行3日目~米子、出雲~

あれっ!!
当時、妻はまだ、彼女さんだったのか!!

それが今や、息子もでかくなり。

DSC08788

ここでも腕立て伏せやってるんですが(笑)
謎すぎるwww

四年前も、まだ仮御殿。
看板も、かなり色あせてきましたね。

すっかり遅くなりましたが、祖父母宅へ2時間ほどかけて戻り、
今夜は祖母の田舎手料理を存分に味わいました☆

鳥取中国地方探訪1日目

朝、豊根の自宅を出発!!

自動車にて、1日かけて、鳥取県の妻祖父母宅へ向かいます☆

家族総出で、母、妻、息子、私の四人で。
母にとっては、新婚旅行以来の鳥取。
思い出深い場所ですね。

母が妻の祖父母宅へ行くのは初めてです。

私は、鳥取の祖父母宅へ行くのは今回で3回目。
とーーーってもステキなところで、行くのがとても楽しみです。

前回行った時は、息子がまだまだちっちゃな時。
彼にとって生まれて初めての長距離移動だったと思います。

豊根からまず、鞍ヶ池スマートICで高速に乗り、
東海環状自動車道

伊勢湾岸道

東名阪

新名神

名神
↓(京滋バイパス)
中国道

鳥取道
↓(途中区間建設中)
山陰道
↓(途中区間建設中)
到着

そんなルートです。

前回来た時は建設中だった区間が開通していたりして、
ナビが道無き道を飛んでいる場面もありましたが。

これからさらに、鳥取の祖父母宅への道のりが便利になっていきそうです。

その建設中だった区間のひとつが、
美作から西粟倉の間。

一旦、鳥取道を降ろされたのがこの場所。

DSC08595

美作や西粟倉村は、街おこし村おこしに地域おこし協力隊…。
なにかと注目を浴びている場所なので、通過するだけでもドキドキしました。

時間があれば、地域おこし協力隊で頑張っている先輩に会っていきたかったですが。

途中、一般道に面した道の駅に立ち寄りました。

DSC08598

ただ、鳥取道が全通すれば、この場所に寄る人が減ってしまいそうな。
高速が完成すると、その途中にある観光施設が打撃を受けそう。

再び鳥取道に乗り、パーキングの高いところからの眺めを楽しむ息子。

DSC08601

休憩を含めると、移動に9時間近くを要しました(^_^;
妻に1時間ほど運転してもらいましたが、
それ以外の区間は私が。ずっと運転していたので、初日からいきなりクタクタです。

昨夜の慰労会疲れが効いているのかもしれない(笑)

とにかく、昨夜は4時間くらいしか寝ていなかったので寝不足です。

しかし!!!

祖父母宅へ到着したら、豪華な夕食に元気を取り戻しました(笑)

DSC08606

デザートには、祖父母が作っている西瓜が出てきましたが、
息子は4分の1を平らげる。

甘くって、とっても美味しい。

さらには、私の大好物、梨がっ!!
鳥取と言えば、名物の梨。

こりゃ、たまりません。

祖父母が、

「けんたろさん、梨が好きだったでの」

と、憶えていて下さいました!!

豊根に引っ越ししてから祖父母に会うのは初めてだったので、
夕食後は、豊根の暮らしについて、いろいろとお話ししました。

隣の市に住む叔母さんも会いに来て下さり、
とっても賑やかな夜。

んで、息子は自慢のiPadをスイスイ操作。

「ほぉ~~、こりゃ、たまげたもんだのぉ~~」

と、祖母もiPadを見て…

というか、それを操作する息子を見て、大変驚かれていました(笑)

DSC08608

明日は島根、石見銀山まで観光しに行ってくる予定なので、
朝早く出発します。

今夜は早めに…日付変わる前には就寝!!

が、とある理由で、私は熟睡できず!!
明日はまた、えらい目に遭うのでした(汗

月例ポンプ点検当番

今夜は月例のポンプ点検の日。

よって、どうにか定時で上がらなくては!!
と、かなり慌ただしい日中を過ごしていました。

それでも、ちょっと仕事が残ってしまったですが。

詰め所に集合し、ポンプ積載車に乗って
国指定重要文化財の熊谷家へ向かいます。

我が部では、ここがポンプ点検の場所。

無線で役場と交信し、無線感度のチェック。

んで、積載している小型ポンプを降ろして、
熊谷家にある防火水槽を使って実際に放水します。

有事の際に直ぐに使えるように、
使用可能なことをチェックします。

と、共に、私のような新兵がポンプなどの操作方法を
学ぶ場でもあります。

小型ポンプの点検が終わると、熊谷家への放水装置をチェック。

重要文化財だけあって、放水装置が常備されています。
小屋の中には大型のポンプが入っていて、それを起動。

熊谷家に向けて放水が始まります。

DSC_1044

まるで、大雨が降っているみたい。

ひととおり点検が終わると、詰め所に戻って慰労会となりますが、
私は1時間ほど中座して職場へ戻り、仕事の続きをちょこっと。

明日の小中学校運動会には、のんちゃん取材のため
中京テレビの方がいらっしゃるんですが、前泊されているので、
御挨拶と簡単な打合せをしました。

再び詰め所に戻り、23時頃まで情報交換会。

明日は朝一番から鳥取へ向けて運転があるので、
あまり遅くまではいられませんがっ!!