ウェザーニューズde豊根

今や、天気予報の大御所、ウェザーニューズ。

そのウェザーニューズが運営する
24時間生放送のSOLiVE24というお天気番組があります。

■ソラマド 24時間生放送動画 SOLiVE 24 – ウェザーニュース

なんと今回。
深夜時間帯の番組が豊根村の取材に来て下さいました☆

もちろん、全国ネット。

BS910ウェザーニュースチャンネルやパソコン、スマホで見られます。

10月29日(月)23:00~25:00
24時間お天気情報番組
SOLiVE24SOLiVEナイト

あ、放送時間終わってるやん。

という方、ご心配なく。
放送の内容はそのままYouTubeにアップされています。

この収録が実現したのも…

80日間チャレンジ「のんちゃん」のコネクションパワー。
すごっ!!

それにしても、ゆるい番組だ(笑)
なんだか、編集無しの水曜どうでしょう??

あ、テロップが足りないか。

双方向型番組というのが面白いですね。
視聴者からのコメントがリアルタイムで入るという。

県境域開発協議会を開催

長野県、静岡県、愛知県の県境に位置する豊根村。
東三河という広域の共同体にも属しておりますが、
それだけではなく…

県境町村間での交流があります。

県境をまたいでの交流。

私もあまりよく分かっていませんでしたが、
父が昔、県境域(けんきょういき)という言葉をよく使っていたことを思い出します。

スポーツの交流や、文化の交流、そして政治的な交流も。

父と私は、剣舞をやっていて、
私もその関係で交流会に出たような、うっすらとした記憶があります。

今回は、議員さんたちの交流で、
研修会が豊根村で開催されました。

参加する町村は…

売木村、阿南町、根羽村、天龍村、そして豊根村。

平成の市町村大合併によって、
参加する町村が減少してしまい、今や長野県の4町村+豊根村。

豊根村が愛知県代表的な。

静岡県が…
みーんな浜松市になってしまい(汗

総勢60人ほどの議員さんが一挙に集まる!!
緊張しますね。

その会場準備を昨日から。
無事に、準備を終えて開催を待ちます。

DSC09932

研修会中は、私は照明音響担当など。
初めて村民ホールの照明や音響設備を操作させて頂きましたが、
テレビ局の操作パネルみたいにスイッチやスライダーがたくさんあって
スタジオを操っているような?

ちょっと、面白い(笑)

次第に沿って、明るさ調節などを行います。

DSC09947

御講演は、東三河県庁、愛知県副知事です。

東三河県庁という取り組みも、広域的な行政機構であり、
その内容を長野県の議員さんたちも学ばれるという形。

内容は…こちらをご覧下さい。

■東三河県庁のポータルサイト|穂っとネット東三河|東三河県庁の概要

ほぼ、この内容に沿って解説下さいました。

天龍村や根羽村、阿南町、売木村の方とお話しすることもできました。

 

「平らな土地が少なかったり、山ばっかりで
似た環境であるけれど、豊根は恵まれているよ。」

という一言が印象的でした。

蜂追いが中日新聞に!!

先日、職場の先輩がコーディネートしてくださった、
村長さんと鍋島のぞみさんとの蜂追い☆

■村長さん主催蜂追い大会 – kenta’s page!!2012

なんとおーーー!!!

中日新聞で取り上げて下さいました♪

しかも、東三河版のトップに☆

 

紙面を開いた瞬間。

グラフィックス2

お…

おおおおおおおおっ!?

息子を抱っこした私の姿が目に入る。

グラフィックス2

まさかの出演(笑)
ってか、主役の村長さんと鍋島のぞみさんの向こうで、
えらい目立っているではありませんか(汗

かなりのサプライズでした(笑)

東三河版だけあって、村内に限らず他市町村、
豊橋や豊川の友人からも連絡があったり。

多くの方に

「新聞載っとったら!!」

と、お声かけ頂きました。

息子も、初新聞紙面デビューです(^^)/

それにしても、蜂追いの情景描写が的確で…
さすが、プロの文章。

同じ光景をブログで文章にしていましたが、
比較してみると勉強になります!!

村長さんの

「秋になるとムズムズしてくる」

という表現が秀逸でした(笑)

ダム好きは佐久間ダム祭

初めて知りました。

新豊根ダムと揚水発電で対を成し、
かつては日本一の発電量を誇った佐久間ダム。

ダムマニアにとって知らぬ人はいない存在。

わずか3年で完成し、日本の土木技術史にも名を残す存在。

そこで毎年、まつりが開催されているのです!!

今年で第55回だそうで、歴史ある祭りのようです。
新豊根ダムの方から御紹介を頂き、
ダム好きの私が行かないわけがない。

佐久間の方に聞いたところ、一番の見所は湖上花火だそうで☆

それを狙って、家族揃っていくことにしました!!!

 

が。

 

しかーーーし!!!

そんなときに限って、急を要する仕事の連絡が入ってくるものです。
時計の針を眺めながら、ギリギリイケル!!!

そう判断し、職場へダッシュ!!!

急ぎつつも、礼節的にミスが許されない内容だったので、
慎重にチェックも欠かさず…

任務完了!!

再び自宅に戻って妻子&妹を拾うと、佐久間ダムへ急ぎます。

我が家からは1時間かからないです。
ただ、現地に駐車場が無いので、シャトルバスでの移動。

駐車場に車を止めてシャトルバスを待ちます。

初めて乗車する、遠鉄のバス。

DSC09877

「おおきい、バスだねぇ」

と、息子が嬉しそう(笑)

そしてっ!!
佐久間ダム堰堤到着!!

がっ!!!

あれっ!?

ドン!ドン!

って、音がするのだが。

おかしいぞ。
プログラムでは、あと五分後に花火が始まる予定なのだが!!

そして、ひときわ大きい音がしたと思ったら…

それ以降、何の音もしなくなった。
ま…まさかこれは…

祭り会場へ歩いていき、そこで耳に入ったアナウンス。

「天候の関係で、一部プログラムを繰り上げ…」

 

は…はうあっ!!!

湖上花火を見逃したーーーーーーー!!

なんという残念な。
聞く話によると、佐久間湖畔から斜めに花火を打ち上げて、
ちょうど湖の真上で炸裂する、めずらしい花火だそうな。

ま、来年の楽しみに…とっておくか。

 

とりあえず、昼ご飯を食べる暇が無かったので、
出店で焼き鳥やら焼きそばやらたこ焼きを購入☆

息子も旨そうに頬張っています。

DSC09884

そして、フィナーレは餅投げ!!

人だかりの中を、今シーズン3度目(?)の餅投げで慣れてきた息子。

DSC09889

このとき、ステージ上で佐久間(浜松市佐久間)の観光イメージキャラの
「さくまる」くんが登場!!

まだキャラが設定されてから間もないようで、
若干のぎこちなさを持ちつつも、そこが愛らしい。

記念撮影の募集をしていたので、手を上げて一緒に☆

息子の超笑顔を観た客席からは…

「すごーーい!! 似てるぅーーー!!!」

そんな声と笑い声で、大変盛り上がったのでした。
似ている…のか(笑)

昨年、仕事の関係で知り合った浜松市佐久間支所の方もいらっしゃって、
久しぶりの再会に嬉しい時間を過ごしました☆

餅投げについては、持ちを拾って袋へ入れるというポイントを
ようやく息子も理解したようで☆

私の身体に当たって落ちたお餅を拾っては袋へせわしなく運び入れる息子。

成長したなぁ。

これにて祭りは終了ですが、せっかくきたので餅拾って帰るってのも芸が無い。
佐久間ダム堰堤周辺を散策していくことにしました。

DSC09891

新豊根ダムに同じく、高い堰堤からの長めは圧巻です。
高さ155.5メートルで、この高さは日本第9位だそうです。

DSC09901

渓谷の山々も色づき始めています。

DSC09902

さて、ここがポイント。
佐久間ダムは天竜川に位置していますが、
その中心線が愛知県と静岡県との県境。

すなわち、豊根村と浜松市の境目になっています。

なので、佐久間ダム堰堤を渡るとそこは…

DSC09906

愛知県、豊根村。

豊根村までは徒歩数分ですが、
豊根村の自宅までは自動車で1時間弱。

それだけ険しい山があるのです。

そこをくりぬいたトンネル。

DSC09907

ちょっと薄気味悪いですが、この先、ずっと進めば豊根村の富山地区に続きます。

息子は、

「オバケ出る??」

と、ちょっとビビリながらも、大喜びで突っ走って行っちゃいました(笑)

DSC09910

 

写真で撮影すると、まさに異世界への入り口のようにも見えますが。
ここから先は、まだ私、行ったことがありません。

DSC09912

豊根村民なのに。

豊根村は…広い!!

また時間を見つけてドライブしてみたいと思っています。

 

さて、今夜は2ヶ月後に迫ってきた花祭りの切草会議です。
切草というのは、花祭りにおける装飾・祭具を作ること。

DSC_1156

職人の方々が次々にリタイヤされ、分業も限界に近づいています。

なので、我々舞手も切草などの準備に積極的に関わるようになってきています。
その分担などを決めますが…

いかんせん、昨年リーダーシップを発揮して下さっていた先生が入院中。

皆で昨年の記憶をたどります。

今シーズンも、無事に催行できますように…

22時過ぎまで議論が続いたのでした。

武田研後輩の結婚式

武田研ソフトボール部のエース、
後輩の結婚式が名古屋ルーセントタワーにて行われました!!

思えば、昨年末…

一年前から日程確保の連絡が来ていて
新郎の気合いの入り用が伺えます(笑)

私も気合いを入れて、早朝に豊根を出発!!

1時間近く早く到着しちゃいましたが。
その分、窓の外に見える景色を、ゆっくりと楽しむことができました☆

DSC09617

上の写真中央の緑色の森は名古屋城や官公庁の集まり。
また、別の窓からは名古屋駅が眼下に広がります。

JR高島屋のツインタワーは円柱のイメージですが、
北から眺めると、趣が異なりますね。

DSC09699

武田研メンバーでは一番乗りでしたが、
徐々に関東、関西メンバーも集まり始めます☆

皆さん口々に、「朝早いよぉ~~」とおっしゃいながら(笑)

今回の結婚式は人前式です。
我々が証人となって二人の約束を見守ります。

まずは新郎が入場するんですが、
その前に、チャペルの椅子の上にはキットカットが置いてある。

何故??

アナウンスで、それらを参列者各々が手に持って下さいとのこと。
そして!!

新郎入場。

新郎、カゴを持っています。
その中に、キットカットを入れていくそうな!!

ちょうど胸ポケットにペンが入っていたので、
キットカットにメッセージを書いてみる。

皆からキットカットを集めて新郎が進み行き、
続いて、新婦が父のエスコートの元、入場です!!

幸せいっぱいの新婦。
新郎の元までたどり着き、お父様から新郎へと…。

 

気になるキットカット、その行方は…

新郎から新婦へのプレゼントというものだった!!

DSC09634

何故キットカットなのか…それは謎のまま…(笑)

しかし!!
この時点で、いつも現れるはずの武田先生の姿が見えない。

誰も先生のスケジュールを聞いていないようで、
いったい、いつ来るのか。

我々も、披露宴会場へと案内されます。

 

武田研究室からは、私の同期が全員呼ばれていて、
まさに同窓会テーブル!!

当時助手だった先生や先輩方と共に☆

もちろん、その中心には武田先生の席が御座います。

未だ、空席ですが!!

それをいいことに、
武田先生宛のメッセージを全員でたらい回し読み(笑)

と!!!

次の瞬間、入り口付近に会場の注目が集まった!!!!

新郎、新婦では御座いません。

そこにいたのは武田先生(笑)

このところ、新郎新婦よりも目立っていますww

 

が!!!

しかし!!!

一瞬姿が見えたかと思えば、
どこかへ…???

どうやら、新郎新婦へあいさつされて、そのまま次の予定へ向かわれたようです。
さすが、超多忙。

若干、寂しかったですが、
我々は羽を伸ばし放題(笑)

美味しい料理に舌鼓☆
隣に座った先輩は、いつも、とっても美味しそうに料理を食べます。

DSC09666

先輩を見ていると、ただでさえ美味しい料理が、更に美味しくなります(笑)

さあ!!
そ~ろそろ、披露宴のメインイベント、ケーキ入刀ですっ!!
見て下さい、この可愛らしいケーキ。

DSC09690

イチゴが、新郎新婦の笑いあり、涙ありの夫婦生活を表しているかのように
様々な表情で、取り囲んだ新郎新婦の友人たちを眺めているではありませんか。

ここでまた、新郎の個性が表れます。

カメラを持った人、全ての人に笑顔を納めてもらおうと、
首が…

180度以上、回っている(笑)

DSC09684

本当に、良い笑顔。

常に人に気遣う新郎の良いところが前面に出てきています☆
とにかく、人を笑わせることを考える彼。

そのためには、自分が汚れ役を買うことも、吝かでは無い。

だって…

新婦がお色直しのため、会場を出た後…

DSC09714

新郎が武田先生の席に着席ですよ。

汚れ役じゃないかもしれませんけど、
我々のテーブルが超盛り上がって、

ここだけ2次会!?

そんな雰囲気でした(笑)

武田先生のものまねを始めかねない勢いですww

新婦がお色直しを終えて再入場。
オレンジ色のドレスに包まれて、大変お美しい!

そのまま、各テーブルを回ってテーブルフォトです。
単なるテーブルフォトではありません。

事前にテーブルごとでくじ引きが行われており、
引いたクジには新郎新婦が様々なポーズをした写真が。

で、そのポーズに則って、テーブル全員で写真を撮ります。

我々のテーブルは…

 

ゲッツ!!!

DSC09726

…古っ!!!!

 

この古さも、新郎が笑いを取るための計算だと思われますが?

また、武田研卒業生一同で集まっての集合写真も撮影しました☆

DSC09747

 

さて、披露宴も佳境にさしかかり…

突然、照明が落とされたかと思いきや、
スクリーンに映し出された映像は…

北朝鮮のニュース番組。
そう、あの、強い口調で女性の方が熱く語る、あの国営ニュース番組。

でも、字幕が作られている(汗

そんなオープニングに引き続き、こんな衣装の人たちが入ってきたーーー!!

DSC09753

注)男性陣です。

 

AKB48…。

今や、こんな衣装が揃えられるんですね!!!
会場、大爆笑!!!

新郎の会社の友人たちによる余興です!!
ちょっと恥じらいを持ちながら頑張っちゃうところが、
更に会場の笑いを誘います。

 

そして。

やっぱり、新郎登場。

DSC09759

すんげぇ嬉しそうに、最前列に立ってダンスしております(笑)

 

さらには!!!上司も登場!!!

新郎の会社関係の皆様、総立ちで写真撮影に勤しまれていますww

DSC09768

さすが、世界の一流企業。
レベルが違いますね(>_<)

ここで、武田研メンバーも入って行くべきだったかもしれませんが、
スペースの関係上、我々は我慢してテーブルに座っていました(笑)

いやぁ~

新郎らしい、面白い披露宴だった!!

ただ、もうひとつ、新郎らしい場面も。

それは両親への感謝の気持ちを伝える最後の場面。
そして、参加者の皆様への御挨拶。

実は涙もろいところもある新郎。

感極まって言葉に詰まり、それがまた我々にも言葉にならない
気持ちが伝わってきました。

結婚、本当におめでとう!!!!

花祭りにも遊びに来てくれるということなので、
大歓迎であります。

新郎新婦に見送られ、これで帰途に着くかと思いきや…
我々は今夜の2次会にも参加します☆

時間はまだ14時半。
2次会は19時から。

さ~て、何をしようか!!

ちなみに、武田研の同期のひとりは結婚式ダブルヘッダー!!!

この後、もう一件の結婚式へ急いで向かっていきました。
すげっ!!

我々は…

DSC_1150

ボーリング@名鉄レジャックww

久しぶりだあぁ~~☆
チーム対抗で争って遊びました。

私含めてボーリングへのブランクが長いため、
スコアが100行くとハイレベルの扱いとなります(汗

2ゲームをこなしたところで、私は中座して…

 

散髪へ(笑)

散髪する暇が無くて髪の毛が伸び放題なので、
このすき間時間を狙って!!!

みんなには、

「えっ!? これから散髪!?」

と、驚かれましたが(汗
結婚式と2次会の間に散髪は…なかなか無いですよね。

変身して現れるのも一興かと。

綺麗サッパリ頭を整えて、2次会の会場へ☆
2次会の会場もルーセントタワーの40階です。

夜景が綺麗だろうなぁ~って思っていたらブラインドが閉まっちゃってる。
ふむぅ~残念。

そして、暗闇の中から新郎新婦参上☆

DSC09794

そのまま会場を一周してひな壇に到着すると…

 

ブラインドが一斉オープン!!

 

DSC09809

新郎新婦の後ろに広がる名古屋の夜景!!!

なんという憎い演出。
サイコーの背景です。

カメラの露出を変えて、夜景メインで撮影してみました。

カメラといえば、ケーキ入刀のカメラ部隊の数もスゴイ!!

DSC09817

そして、ひっきりなしに続く

「こっち向いてーー!!」

の、声。
入刀したまま、全然引っ込められない(笑)

セカンドバイトも気合い満点のボリューム。

DSC09827

新婦の愛を感じます(笑)
用意されていたスプーンも、超巨大だった…。

新郎新婦に縁のあるクイズゲームあり、
景品付きのくじ引き有り。

そこで…

助手の先輩が駄菓子セットをゲット☆

先輩は東京からいらっしゃっているので、
持って帰るのが大変だからと…

「息子に持っていってあげて☆」

と、私に下さいました!!!

こりゃ、息子が喜ぶぞぉ~~~~

有り難う御座います☆

昼間とは打って変わって、幻想的で美しい名古屋の夜景を見下ろして、
雰囲気ある2次会でした。

DSC09836

武田研の皆様とは、また12月に予定されている後輩の結婚披露宴で再会します☆

「また12月にね~~☆」

と、各々帰途に着いていきました。
私も、これから豊根へ戻りますっ!!

帰宅予定は0時過ぎ…

でも、充実した1日だったので、楽しかった瞬間を振り返りながら、
眠気を遮ってがんばります。

ブログ更新が滞り気味

このところ帰宅時間が日付変わってから。

ブログを書く時間が物理的に確保できない日が続きます…

心配のお言葉を下さった方々、
何かあったわけではありませんのでご安心を(汗

 

さて!!
明日土曜日は名古屋で後輩の結婚式!!

これまた日帰りの予定なので、
日付変更コースですが(笑)

武田研究室の皆様に会えるのがとても楽しみです☆

上黒川の若者が集まって

都市だろうが田舎だろうが、
地域コミュニティで必要とされているのが若い力。

私の住む上黒川区という地域にある、

若い力が区の行事に積極的に関わって欲しいという想い。

現役消防団員をベースとして、新たな組織が立ち上げられました!!

今夜は、その第一回の打合会。

DSC_1146

この方も、取材にいらして下さいました☆

■ 鍋島 のぞみの『豊根村 – 80日間チャレンジ』-上黒川青年団(仮)

ちょうどそのとき、村同報無線の放送時間にさしかかり!

そう、今夜の同報無線は、のんちゃんが放送担当☆

全員で静かに?聞いていました。
本人もちょっとはずかしそうでしたが、
みんな、

「良い声してるねぇ!!!」

って☆

 

区長さんから、区の役員会でまとまった青年団の概要が
我々に対して説明されました。

特に反対意見など出ること無く、
最初はできるところから、スタートしていくことになります。

日付が変わる頃まで熱い議論も有りました。

私は先輩と討論になって…

だんだんヒートアップ。

「ちょっと、外へ出ろ!!」

と先輩に言われて、外でキツイお叱りを頂いたり(汗
いろんな意味で焦った。

んでも、外に出て真剣に話をします。

とにかく、冷や汗をかきつつ、アツイ夜だった。

名古屋のCBCへ

学生の時以来、久しぶりに新栄のCBCへ。

当時は、大変緊張して、その門をくぐった記憶が。

再び、仕事で来ることになろうとは。

会議室で、あーだこーだやったあと、
ちょこっと、社屋内を案内して下さいました☆

中継車両がたくさん並んだ駐車場。
そして、スタジオもひとつ、拝見。

テレビカメラを興味津々でなめ回すように観ていたところ、

「どうぞどうぞ、よかったら操作してみて下さい。」

大変嬉しい一言が!!

DSC_1145

可動部分が、非常に滑らかに動くように作られていて、
それに一番ビックリしました。
そりゃ、滑らかじゃないと視聴者が映像に酔っちゃうかもしれませんし。

フォーカスにはピーキング機能が付いていたりと。
スイッチ類を見ては、カメラ好きにはたまらないひととき。
名古屋までの運転疲れが吹き飛びますね(笑)

こちらは、花咲かタイムズのスタジオ。

DSC_1144

ひとつひとつの小物が丁寧に飾られていて、
単なる背景じゃないんだなと。

映像の切り替えなどを行う部屋も拝見しましたが、
このタッチパネル&液晶全盛時代に、
ハードボタンとブラウン管。

渋い。

色合いチェックなどはブラウン管の方が忠実のようです。
(最近は、液晶も力が上がってきているそうですが。)

ハードボタンも、操作ミスを防ぐためには必要とのこと。

やはり、確実性が求められる現場には少し前の技術が使われるのかな。

会議も含めて、大変勉強になる1日でした。

エレクトーン寄贈

先日、母が豊橋の伯父からエレクトーンをもらってきました。

しかし!!

我が家に演奏する人はいないし…

どうするかと思いきや、せっかくなので寄付しよう!!
ということになりました。

かなりヘビー級で、調べてみたら販売価格は100万円っ!?

教育委員会に交渉してみたところ、
村民ホールで活用してもらえることになりました☆

軽トラの荷台に載せた状態なので、
そのまま村民ホールへ運搬しまして、
教育委員会の皆様と搬入作業しました。

エレクトーンの第二の人生が始まります♪

地域おこし協力隊ドラマ観た

私が仕事面で大いに関わっている地域おこし協力隊制度。

制度の詳細は、先日ブログに記しました。

■地域おこし協力隊がドラマに – kenta’s page!!2012

今日が、ついにその放映日!!
朝には、めざましテレビで番宣してましたね。

若い男女の色恋沙汰が、やっぱり数字が捕れるのかなぁ~
あまり田舎の現状と現実離れしたストーリーは、
変な幻想を抱いた人の移住を招くので…

それはそれで田舎も本人も可哀想だし…と、
マスメディアが持つ影響力を心配しつつ…

それを観て移住の問い合わせとかしてくる人が
いるかもしれないっ!!
知識として入れておこうと、何年ぶりかで「ドラマ」を観ています(笑)

で!!!
そんな心配も、多少は吹き飛びました。

 

「都会の人間関係に疲れて来たの?」

「田舎の方が百倍、人間関係はめんどくさいよ!」

 

「それともなに?自分探し?」

 

待ってましたーー!!
このセリフ(笑)

このドラマを見て、田舎に対する幻想が増えるんじゃないかと
そこだけはちゃんと伝えてくれよーーって思っていましたが。

監修が入っているようですね(笑)

 

人付き合いが好きじゃないと、田舎でやっていくのが難しいのは確か。

一とのコミュニケーションが苦手で、
自然が豊かな田舎へ…
のんびりひっそりと…なーんて幻想を抱かれては困ります。

ただ、妻曰く。

キャスティングに綺麗な人が多すぎて、
綺麗な人に出会えるっていう幻想が…

うむ。

それはそのままにしておきましょう(笑)

 

「ここは人が身近です。」

「だから人の死も身近です。」

 

豊根に戻ってから人の死に直面する機会が増えた気がします。

まだ戻ってから1年半ですが、
それでも出会った人や、その周りの方が亡くなったという情報は、
もの凄い早さで村内に拡散します。

そして、多くの方が弔問に集まり…。

ここではコミュニケーションを取る年齢層が非常に幅広い。
人の生まれから死に至るまで、それがとても自然に、
自分の中に受け入れられる風土があると思います。