カメムシ大量発生中

ブーン。

特徴ある羽音。

ヤツだ!

 

捕獲用ガムテープがいくらあっても足りないくらい、
カメムシが大量発生中です。

今年は、ホントに多い!

靴の中に入っていて…
ってことが無いのが救いです。

今シーズン、カマキリは2回、靴の中に入っていましたが、
カメムシ経験はありません。

が、しかし、ファイルを手に持ったら異物感を感じて
よく見るとそれがカメムシだったり…。

妻は洗濯物をたたんでいて踏んでしまったり(汗

とにかく、そこら中を闊歩しております。

このカメムシ、実はカメムシと言っても、
我々豊根人にはぴんとこない。

通称、ヘクサです。

調べてみると、たくさんの呼び名があるみたい!

ワクサ・ワックサ(群馬県・埼玉県北部)
ヘコキムシ・ヘッピリムシ(多くの地方)
クセンコ(クセンコムシとも・青森県)
アネコムシ・ヘメコムシ・ヒメコムシ・ドンベムシ(秋田県南部山間部など)
ヘタガニ又はヘチガネ・ジョロピン(新潟県の一部)
ヘクサ(長野県南部)
ヘクサンボ(富山県の一部)
ヘクサムシまたはヘクソムシ(山形県〜福島県)
ガメ(岐阜県の一部)
マナゴ(和歌山県)
ジョンソン・ジョロムシ・オヒメサマ(兵庫県日本海側の一部)
ヒメムシ・ヨメサンムシ(京都府丹後地方)
ガイザ・ガイダ・カイダ(ムシ)(兵庫県〜岡山県の山間部)
ホウムシ(島根県西部)
ハットウジまたはハトウジ(岡山県〜広島県の山間部)
ホウジ(山口県)
ジャクジ・ジャクゼン・ブイブイ(愛媛県)
フウ(九州地方)などがある。
(出典)カメムシ – Wikipedia

ヘクサは長野県南部。
まさにこの辺ですね。

所変われば呼び名も全然違う。

兵庫県日本海側の一部…

ジョンソンって!

英語かいな。
オヒメサマと呼びながら捕獲すると臭くないとか
いわれたことがありますが、ホントでしょうか。

とにかく、洗濯物にくっついてくるのがやっかい。
世の中には考える人はいるモノで。

こんな商品もあるんですね!!
困っている方、お試しを。

今シーズン初 切草の集い

連夜、花祭り関係で集いがあります。

今夜は、上黒川花祭り(1月3日夜~4日朝)の開催に向けた、
一番最初の準備会合!

参加者で、偉い人は氏子総代長のみで、ほとんど若手有志。

2年前、これまで切り草のほとんどを作っていらっしゃった方が体調を崩され、
その方が「オレにいつ何があっても良いように、皆に教える。」とおっしゃって、
未来に引き継いで行くであろう上黒川の若者たちを集めました。

長年使われてきた型枠を引継つつ、折り方や名称などを教えて下さいました。

それまで、我々若手は切り草をやったことが無くて、名前すらよく分からない状態。

本来は、切り草も年配の方の当番制で役割が決まっていて、
若手が出る幕では無かったのです。

我々はむしろ、太鼓や舞の練習で精一杯(汗

ただ、これから先の時代、そんなことを言っていたら切り草の無い花祭りに…。
花祭りの維持に関わる問題です。

自分たちで作ることができるように。

今日は、そのとき教えてもらった若手有志が集まって、
誰が、どの種類を何枚担当するのか割り振りが行われ、
必要に応じた紙数を分けました。

そしてっ!

今年から、新しいメンバーも加わりました!!

なので、まずは入り口の「ざぜち」づくりからレクチャー開始。

先輩方から指導が入ります☆

DSC_2085

先輩が見事な割り振り表を作ってきて下さっているお陰で、
すんなりと役割は決まりました。

んで、私は今週末の花祭り若手サミット@名古屋市博物館のため、
とあるブツを蔵から持ち出すため、総代長に鍵を借りて蔵へ。

巨大南京錠の鍵を開けて中に入り、用事を済ませて再び南京錠をロック。

社務所に戻ろうとしたところ…

はて、何かが足りない。

あああああああああああああああ!

懐中電灯と鍵を蔵の中に入れっぱなしだ!!!

これが南京錠の致命的なところ…
鍵が無くてもロックできちゃう。

まるで鍵を室内に置いたまま、オートロックドアを閉めてしまったような気分。

やべぇ。

社務所と舞庭の鍵も、一緒に中だ。

しかし、ふとスペアキーの存在が頭をよぎり、
スペアキーを持っていらっしゃる方のお宅へレッツゴー!

良かった。明かりがついている。
今夜は在宅のご様子。

無事に受け取り、蔵を開けることができました…。

もしご不在だったら、今夜は舞庭大解放になるところでした。

あまりに戻ってくるのが遅いので、皆様にご心配をおかけしました(汗

22時半頃まで作業は続き、次回参集はまた一ヶ月後です☆

花祭りの円卓会議

仕事を終えてから、急いで津具へ車を走らせ、
今夜は会議に参加します。

その名も、地域円卓会議。
愛知県庁のこちらの部署が管轄しているそうです。

あいちNPO交流プラザ トップページ

 

東栄町、豊根村、設楽町のうち、数カ所の花祭り関係者に声がかかり。
氏子総代長さんを経由して…

白羽の矢が飛んできました。

今回は、花祭りの関係者(保存会)のみならず、
NPOや大学関係者、行政関係者など。

様々なセクターの人が津具に集まっています。

今回、私は仕事ではなくプライベートでの協力要請!

会議室に入ってみると、我々、円卓を囲む発言者よりも多い聴衆(汗

なんじゃーこりゃー!

軽い気持ちで参集しておりましたが、
若干、ビビってます。

今週、土曜日に開催される花祭り伝承者サミットの前哨戦とでも言うべきか。
事業は全く違うモノですが、共通点は花祭り。それも若者が多い。

座長は、先日訪問した名古屋大学の佐々木先生

東栄町のNPOてほへの方や、愛知県交流居住センターの方、
各地域の花祭保存会と各町村教育委員会の方々が円卓を囲みます。

地域によって花祭りの形はかなり違う。

舞や笛、太鼓はもちろんなのですが、
担い手となる裏方組織の関係性もかなり。

花祭りの準備からして、役割が全て保存会内で完結しているところもあれば、
氏子となる「組」で役割を取りまとめて、全ての家に役割があるところ、
保存会とは独立した氏子総代や宮人が役割を担っているところ。

また、組織の形としても、保存会と宮人が同じだったり違ったり。
宮人じゃなくて氏子総代という形だったり。

神主さんの関わり方もまた、地域によって違うみたい。

また、氏子の範囲も違っていて、1つの神社に対して行政区レベルの地区と組レベルの地区と。

まさに、ひとつとして同じ形がありません。
話を聞いていて、よく分かりました。

その中で、いわゆる「外部人材」の関わり方も、だいぶ違うようで。

外部人材の定義もたくさんありますが、
私の認識としては、氏子(村に住んでいる人)ではないけど準備や本番で活躍してくれる人。

外部人材が集団で関わっているところもあれば、個人レベルもあり、
集団の形も、大学だったり中学校だったりNPOだったり、任意団体だったり。

もちろん、氏子の祭りに外の力を借りるくらいなら…という地区もあります。

 

共通点は、どの地区も花祭りを続けたいと思っていること。

花祭りを愛する熱気に包まれた会議でした(笑)

午後6時から始まって、終わったのは午後9時頃。

長時間にわたって情報交換が行われ、自分も勉強になりましたし、
東栄町の花祭りの担い手の若い衆に、また繋がりが増えました☆

全部で、4回の会議が予定されています。
次回、第2回に向けて、発言することを考えておこうかな。

っと、その前に、土曜日の若手サミットだ!

ホームベーカリー来た!!

先日、東京で参列した友人の結婚式&披露宴&2次会。
幸せたっぷりの会場で御座いました!

大学祭時代の友人結婚式第2弾 – kenta’s page2013

そして!

その幸せをお裾分けしてくれました☆

DSC02954

ホームベーカリーが届いた!!

引き出物ではありません。
2次会のゲームで当たった景品です(笑)

友人が直送で送ってくれました☆

お礼の気持ちを込めて私が結婚式などで撮影した写真を大量にお送りしたところ、
オマケで、ホームベーカリーで使える食パンミックスも付けてくれたという(^_^)v

DSC02953

これには妻が大喜び!!

今日、東京帰省から戻ってきた妻子ですが、
ウキウキ顔で梱包を開けて、早速キッチンにセッティングしてました(笑)

DSC02955

りょーさん、ありがとーーーー!!!

お茶の剪定作業でブチッと

久しぶりの激っ晴れ!

母から言われつつも、ずーっと着手できていなかったお茶の剪定。
ようやっと、実施できます。

一番上の畝から、一番下まで。

巨大バリカンともいえるエンジン型剪定機を使って深ぞりです。

秋風はヒンヤリと冷たく、汗でビショビショの顔に当たると
もの凄い、気持ちが良いです。

ちょうどお茶の木から花が咲いていて、
それをめがけてくる虫を狙っているのか、黄色スズメバチが随所に。

そんなの気にしていたら進まないので、
黄色スズメバチも巻き込んでカッティング。

一通り終えると、今度はサイドを整えるための小型剪定機by電動の出番です。

しか~~~し!

開始当初。

いきなりやってしまいました。

ヴィーーン!

ヴィーー…(沈黙)。

どうしたんだ!剪定機!
AC-DCコンバーターを確認すると通電しているようだが。

ま…まさか…

DSC_2084

いきなり、電源ケーブルをバッサリと切断してしまいました。

お茶の葉っぱ立ちの中に隠れていました。
確認すべきだった…。

切り口がとっても綺麗。

美しいなぁ~

なーんて!思っている場合ではない。

被覆を一部剥がして、銅線部分をむき出しにして再接続。
それをビニールテープでグルグル巻きにして処置完了。

生き返りました。

ふぅ。
電源ケーブルは、ビニールテープで巻かれた箇所がいくつもあったのでした(笑)

とよね文化祭で青年部活動

豊根村の文化協会に所属する各種団体さんの発表会と
小中学生による、やまびこコンサート、
社会福祉協議会による社会福祉展!

それらが合わせて開催される、とよね文化祭!

台風の接近により、直前まで開催が危ぶまれており、
できるのかできないのか怪しい日々が続きましたが…

DSC02917

台風も通過して、無事に開催されました☆

我らが青年部も、団子屋さんを開店!

昨夜遅くまで消防団活動があったので、
部長さんも、私も、後輩も、寝不足です(汗

雨の中で準備を進めて、ホカホカの団子ができあがり☆

DSC02925

村長さんも、激励にいらっしゃってくださいました☆

DSC02924

ほとんどの方がパック単位で買っていって下さいます。

DSC02928

雨の吹き込みもあるため、今回は保温ケースの中で出番を待つ団子さんたち。

売り子でカウンターに立っておりましたところ、
上黒川にお住まいの方々が

「けんちゃんと目が合ったら買っていかないわけにはいかないわぁ~」

と、続々と購入していって下さいました(笑)

有り難う御座います☆

まだまだ私も村にお住まいの方のお顔と名前が一致していない人多数。
例によって、相手が私のことを知っているけど、私には分からない的な…(汗

んで、「今の人って、誰でしたっけ??」

青年部の先輩方に、小声で聞くわけです(汗

たくさんの人を憶えて、良い機会でした☆

そして…なんと!
お昼休みに入る前に、団子完売(笑)

焼く物が無くなってしまったので、いっそコレを焼いちゃおうか…

DSC02919

そんなことをしたら怒られそうですが。
こちらは展示されていた巨大サツマイモ!!!

スゲェサイズ。

焼き芋にしてみたい…。

台風前に災害警戒を

でっかいアケビ登場!!

重量にして250gくらい?

DSC_2081

村長さんが、朝出かけるときに、アケビ採ってきたで!

と、下さいました(笑)

それがまた、でかいっ!

DSC_2082

長さにして、10センチを超えております。
しかし、それほどアケビを食べ慣れていない若手職員の我々。

どうやって食べるだ!?

議論になりました(笑)

子どもの頃は、何度も食べたことがありますが、
自宅と職場の往復生活になると、なかなか機会が無いんですよね。

果肉部分はほとんどがタネです。
そのタネごと口の中に放り込んで、わずかな果肉をこしとるように味わいます。

めーーっちゃ甘いっ!

あまりに甘いため、連続して2口目を頬張ることができません(汗

そして、職場の同級生が一言。

「BB弾食っとるみたい」

確かに(笑)

タネの大きさがBB弾のような大きさ。
BB弾にまとわりついた甘い果肉(笑)

しかし、BB弾ってww

さすが、表現力超一流の同級生です。

 

さて、日も暮れ始めて雨の勢いが強くなってきました。
今夜から明日の朝にかけて、台風が最も接近するという予報。

2つの台風がお互いに作用して、かなり予報しづらい進路だったようですが、
その進路もだいぶ南にずれたため、村への影響は少なそうです。

ですが、念には念を入れて!

続く雨で、風以外の被害が無いとも限りません。

豊根は土砂災害が一番怖い。

仕事が終わってから、我らが豊根村消防団第2部、詰所に集合!
2人1組になって、上黒川地内の独居老人宅を回りました。

私はIターン君を連れて金越組、川合組の各戸を回りましたが、

「ほい、その子はどこの子だん??」

村に住んでまだ3年程度のIターン君が気になってしょうがないようです(笑)

避難所の地図などを説明しながら配布して、
雨戸を閉めるなりして災害への対策を…

と、話していても、Iターン君が気になってしょうがない皆様(笑)

どちらかというと、Iターン君の紹介回りのようでしたw

「独身かねぇ。そりゃ、豊根で是非嫁さんを見つけてもらって…」

そんな話にまで発展するという。

日本人でこのレベルなので、
気になるのは、先輩とザック先生の組(笑)

老平地区を回っていらっしゃいましたが、
聞く話によると、

「家に入ると、みんなザックに釘付けだったよww」

とのこと(笑)
先輩も背が高くてインパクト大きいと思いますが。

ザック先生を初めて見るお年寄りの方だったりすると、
消防団の訓練服に包まれていても驚きますよね(汗

一通り、独居老人宅を回り終えると、詰所で夕食を食べながら警戒体制を維持。
雨脚は強まってきていますが、風はそれほどでも無く。

ってか!!!

夕食のため、部長さんが用意して下さったのがなんと!!!!

猪肉ですよ。

それをすき焼きにして、皆でつつきました☆
今シーズン初の猪肉。

ごちそうになりました!!

今夜もいろんな話題で情報交換がありましたが、
ひょんなことから、私のUターンに関する話題となりました。

メーカーに勤めて、安定した給料があって、将来も安定しているだろうけど、
それを投げて豊根村に戻ってきたってのは、負け組だぜ!

給料は安いし、不便だし、遊べるところも無いし。

ここにいる、みんなが負け組ってことよ!

でもなぁ、そりゃ、一般的な価値観からみた話で、
俺たちは好きでここに住んでいるんだし、

おまえも同じ気持ちだろっ!

そして、先輩が一言。

「脱サラよ、脱サラ!あ、でも、まだサラリーマンかw」

「脱サラしたサラリーマンみたいなもんだな(笑)」

この表現!的確!
先輩方のセンスに脱帽です(笑)

かく言う先輩も、アユの引っかけ大名人。
人にはそれぞれ、活きていく楽しみってのがあるってこと。

市場には流通しない、脂ののった激ウマ時期のアユを食べられる。

ぜーんぜん、負け組って気がしませんって(笑)

そして、今シーズンの花祭りを如何にして盛り上げるか!
という議論になりまして、

「とぉーーーほへぇーー!てぇーーーほぉへーー!」

花祭りの囃し方講座が始まりましたww

「まだまだ!声が小さいっ!!」

といった感じで(笑)
一足早い、舞庭になってきました。

日付が変わって午前1時頃。

明日も朝から用事がある人が多いので、
一旦ここで各自帰宅となりました。

名古屋大で日独シンポと花祭り

朝、職場出発。

今日の行き先は名古屋。

しかも、目的地は、母校の名古屋大学。
担当している仕事の情報収集となるシンポジウムへ参加です。

DSC_2080

県内の各市町村からのみならず、
県外からも多くの方がいらしていました。

いや、むしろ、国外からも(笑)

何故ならば、国際的なシンポジウムだったから!

配布されたプレゼンテーションシートの半数は英語で書かれていて、
それに対して登壇者はドイツ語でプレゼンされるという…。

もちろん、日本人による日本語のプレゼンも半数を占めていましたが!

手渡されたのは同時通訳が聴けるというイヤホン。

チャンネルは2つ。日本語とドイツ語です。
会場は、IB情報館の大講義室。

大学時代にも、講演を聴いたことがある場所。
後方には通訳席があって、即時翻訳された後、イヤホンに配信されます。

同時通訳の能力って、ホントにスゴイ。

ドイツ語は英語と同じで主語とか述語の位置が日本語と全く違うので、
ひとつの文を話し終えてからじゃないと述語が分からなかったりして
訳せなかったりするんですが、それがスラスラと出てくる。

もちろん、文を話し終えてから翻訳になることも多いので一文分のタイムラグが
あったりするわけですが、次の文を話している間に前の文を話す。

細かな記憶力が、むしろスゴイ。

言語の壁を越えることで、海外の最新の動向を知ることができ、良い機会でした。
今後の仕事を進める上での、良いネタゲット☆

そうそう、設楽町の担当さんと一緒にお昼ご飯を食べに行ったんですが、
大学院時代に毎昼、毎夜とお世話になっていた学食の隣にある、
ちょっと高級なので学生時代には殆ど行かなかったレストラン花の木

高級とは言っても、一食1000円以下ですが。

それだけ、学食が安かったので(汗

花の木と言えば!
愛知県の県木です。

そして、愛知県内で唯一、国の天然記念物として自生地が指定されているのが、
豊根村の川宇連神社。

大正11年に指定されました。

んで、レストラン花の木のレジ裏手には、
花の木について書かれており、もちろん!

豊根村の自生地についても書かれていました!

ここに書かれているとは知らなかった。

午後もシンポジウムに参加しておりましたが、
テレビカメラらしきクルーも、会場内を撮影されていました。

注目度が高いんでしょうね。

実際、翌日に職場の同級生が

「けんたろー、テレビに映っとったぞ!」

夜のNHKニュースで取り上げられて、
その際、客席がアップで写ったところに私がいたそうです(笑)

同級生も、名古屋の会議で聴衆として映し出されたことが有り。

会議に行くと、聴衆としてニュースで映るという不思議なコンビですw

さて、もうひとつ用事を済ませるべく、
大学構内にある某研究室へ向かいました。

来週から始まる花祭り関係の事業と
11月2日に開催される名古屋市博物館でのシンポジウムに先だって御挨拶。

アポ無し突撃で訪問したにもか変わらず、迎えて下さり有り難う御座います。
むしろ、待ってました!的なノリで驚きましたが(汗

たくさん、依頼事項を頂きました(笑)

それにしても、名古屋大学内の一角に、
こんなに花祭りに囲まれたスペースがあるとは。

こりゃ、面白い。

DSC_2078

ポスターも何点か貼られていました。

DSC_2079

本来は、もーーーっとたくさん、ざぜちとか御幣があるそうなんですが、
只今、名古屋市博物館に貸し出し中とのことで。

返却後にまた来てみたいです(笑)

あまりにたくさん話すことがあったので、時間がちょっと押し気味でしたが、
急いで大学を出発して次の予定に向かわねば!

2時間の道のり。
既に定時を回ってガランとした職場に戻り、

決裁が回り終えたことを確認して急いで資料印刷スタート!

今夜は、某地区の役員会へ出向いて、説明事項があるのです。

資料印刷が間に合って良かった…。
自分が住む地区ではないところの役員会に出るのは初めてでしたが、
地区が違えば雰囲気が違い、良い経験でした。

ドキドキでしたが。

職場へ戻って、ちょこっと仕事をして帰宅。

帰宅と同時に、今度は氏子総代の打合せです。

朝から晩まで、人に会うことが多い1日でした。
あと、花祭りに縁のある1日だったなぁ。

そりゃもう、シーズンが近づいてきていますからねっ☆

台風で予定が定まらず

お隣2町の首長さんたちが職場にいらっしゃって、
たまたまウェスさんについてお話しをするという不思議な空間が展開。

自分が選択した人生の不思議を感じて、じぃ~んとしていました。

空間と言えば!

こちらはこちらで、恐ろしい空間が迫ってきております。

image

台風って、なんでこんなに日本ばかり狙ってくるのか。

まるで、日本人の危機管理能力トレーニングをしているかのように。
大昔から世代を超えたトレーニング。

だから、日本人は強いのかも知れませんが。色んな意味で。

悲しみもそれだけ多いこと。

週末には色々と行事があったりしますが、
その開催が危ぶまれます…。

とりあえず、花祭りの切り草を金曜日の夜に集まって分担分けしようと思っていましたが、
集まるときに何かがあっては危ないですし…延期することにしました。

代わりに、金曜日の夜は消防団で集まって、
上黒川地区内の独居老人宅へ注意喚起の訪問をすることになりやした!

切り草はまた、来週。

ザック先生も興味津々で、切り草手伝ってくれるんだって!
相変わらず、地域のためのDedicationに頭が下がります。

英字新聞にとみやま

なんと、英字新聞に富山地区の山村留学に関する記事が。
(今月当初の話ですが(汗))

Web版にも掲載されておりました。

Rural exchange program for city kids draws down | The Japan Times

131003Rural exchange program for city kids draws down   The Japan Times

The Japan Timesは、日本最古の英字新聞社だそうで!

日本語だと読める人が1億数千万人ですが、
英語になると18億人と言われています。

これからの時代、英語での情報発信も大切っ!?

いやしかし、内容は耐震化コストによる富山小中学校の閉校が決まり、
それによって山村留学事業の存続も…ということ。

But last June, the administration in Toyone decided that renovating the school building to make it earthquake-resistant would cost too much and proposed shutting down the school in March 2015, which would mean the end of the exchange program as well.

複雑な気分です。

記事の提供元にはCHUNICHI SHIMBUNって書いてあります。
さすが、山のしんぶんやさまでございます☆