横浜は桜木町へGO

完全に、寝不足状態…(汗

4時間くらいしか寝られなかった-。

ですが、楽しい夜だったので後悔はありませんっ!

ウェス先輩と共にホテルをチェックアウトし、刈谷駅へ。
双方逆方向の電車へ乗車し、私は一路、豊橋駅へ向かいます。

そこに豊橋の伯父さんが迎えに来て下さり、
伯父さん宅で妻子&母と合流。

息子は、なんでお父さんが伯父さん宅にいるの??

なーんていう疑問は全く持ち合わせていない様子でしたが(汗

DSC09172

こちらが出発地点の伯父さん…新郎父宅。
記念すべき日なので、ちょっとCMさせて頂きます(笑)
保険のご用命はこちらまでっ!

会社案内 – 有限会社 保険プラザ豊橋

名古屋の伯父伯母も合流して、2台に分乗。
いざ!横浜へ行かん!

今夜は横浜へ宿泊し、明日は記念すべき従兄弟の結婚式なのです。
豊橋の伯父さんの長男が今回の主役。

私の母上の兄弟はたくさんいらっしゃるので、
我ら一族が結婚式を挙げるときは親族席がたくさん必要になります。

なので、基本的に呼ばれるのは伯父伯母が中心なんですが、
我が家は父が他界しており、その代理として私が参加させて頂きました。

幼い頃から盆正月に出会って遊ぶのが楽しみでたまらなかった従兄弟。
一番、生まれた日が近い従兄弟でもあります。
なので、その結婚式&披露宴に参加できることがこの上なく幸せです。

今の私があるのも、この従兄弟(新郎)から受けた影響が非常に強いです。
とりあえず、情報技術に強くなったのも、この従兄弟の影響ww

受けた影響を数え上げれば切りがありません。

今回、私のお役目は、運転手!

新郎の弟と私が運転手で、親族一同を乗せて東名高速⇒新東名のルート。

とーっても天気が良くて、絶好のおでかけ日和です。
三ヶ日インターから高速に乗りましたが、
富士山を眺めながら走ろう!という提案により、清水の連絡道を北上して新東名へ。

DSC09183

途中、休憩を何度か挟みつつ、横浜町田インターから保土ヶ谷バイパスを経由し、
ナビに導かれるまま横浜市内の都市高速へ突入。

ここからが、悲劇の幕開け的な。

都市高速といえば、分岐が多数あり、それも右へ左へと…。

車線変更が半端ない!

ナビが

「150m先、右方向○○方面です…」

と、言い終わるやいなや

「200m先、左方向○○方面です…」

その連続。
自分がいるべき車線が右へ左へ動くから安全確認も頻繁に。
そんな状況でナビから次から次へと指示が来るので、泣きそう(汗

田舎道に走り慣れていると、冷や汗が半端ないです。

車内は就寝モードだしww
ある種、孤独な戦いでした。

もう一台の、従兄弟弟車両のナビが古かったため、
私の後を付いてきてもらっていたんですが、
頻繁な車線変更によく付いて来られたなぁ…と(汗

どうにか、目的地である「みなとみらい」へ到着し、
宿泊予定のニューオータニイン横浜のロータリーへ進入しようとすると…

見覚えのある車が前を走っていて、同じくロータリーへ進入。

到着するなり、前の車から降りてきたのは、東京八王子在住の伯父さん!

到着時間は全く示し合わせていなかったのに、
偶然にも八王子出発チームと同じタイミングで到着という奇跡。

さい先が良いです☆

いきなりドラマが生まれました。

さすが、息の合った兄弟たちですね(笑)

ホテルへチェックインし、部屋に入って…

感激!

DSC09192

部屋の窓から見えた、この景色!

新郎が、かな~~り前から、最も眺望の良い部屋を複数予約しておいてくれたのです!
段取りレベルがめっちゃめちゃ高い新郎らしいです。

うちの小坊主も、大興奮!

DSC09190

せっかく綺麗にベッドメイクされているのに、到着数分でシワシワです(汗
自宅ではベッドを使わないので、新鮮なんでしょうね。

一旦、私は車を駐車場へ移動させ、
すっかり暗くなった部屋へ戻ると…

DSC09195

母と息子が何かやっとるww

道中で新郎父が息子に買って下さったプラモを早速組み立ててます。
もちろん、ほとんど母上がw

母上は手先が器用で、こういったものを作るのが好きなんです-。

日が暮れると、部屋の大きな窓からの眺めは、美しい夜景へと変貌します。

DSC09292

観覧者に遊園地、綺麗な帆船も停泊中です。

DSC09294

とりあえず、私はくたびれきっていたので、ベッドに横たわって一休み。
昨日の疲れがまだ残っているようで…

横たわりながら見上げる景色には、ランドマークタワー

DSC09295

新幹線組の親戚衆も集まってきて、全員が揃ったところで
結婚式の前夜祭!(新郎新婦不在ですがw)

皆で夕食を食べに出かけます。

桜木町駅から延びる動く歩道を、親族揃ってゾロゾロと。
これまた、息子は物珍しいため、動く歩道の人並みを縫って前へ前へと…。

焦る我ら。

迷子になる条件が整いすぎています。

今夜の食事会は、こちらのお店。
美濃吉-LMP店-TOP

DSC09285

歴史、由緒ある京懐石料理。

これもまた、一品一品が丁寧に作り込まれて出されるコース方式ですよ。
まさかの、2夜連続、豪華夕食!

だが!

こんな時に限って!

めちゃめちゃ歯が痛い。

実は昨夜も、歯が痛くて味わいきれなかったです…。
歯石を取った歯が知覚過敏になっているのか、テンション下がります…。

せっかくの美味しい料理を目の前に!!!

息子は、素知らぬ顔でお子様用の高級料理に舌鼓。

DSC09205

やっぱり、味が違うんでしょうか。
息子の食べる速度が半端ない!

全て残さず食べ切っちゃいました。

今夜の夕食会は、新郎の父方と母方の親戚が集まってのもの。
よって、自己紹介というか、近況報告会が例によって始まりました!

坂本家の自己紹介は…通常は私が家族を紹介しているんですが、
そろそろ代替わり…いや、息子に試しにやらせてみようww

すると…

うまいもんです。(親バカですが。)

母を指さして、

「のりこちゃんですっ!」

私を指さして

「けんたろーですっ!」

妻を指さして…と。

やるなぁ。
何故、私だけ呼び捨てなのか気になるところですがww

会食の最後は、みんなで記念撮影です☆

DSC09275

新郎の伯父伯母だけで、めっちゃおる。
息子は唯一の子どもだっただけに、会場和ませ役としての大役を果たしました。

退出時に、仲居さんから靴べらを渡されて大人たちが靴を履いているのを見た息子。
ちょっと背伸びをして…がんばっていました。

DSC09283

使いこなせなくてイライラしてたけどw

ホテルへ戻る道中、再び難関の動く歩道を進む我ら。
またしても息子が小さな身体を生かして人の間を縫って逃げていく…。

が!

さっきと反応が違う!

時間帯も遅くなり、周囲がカップルだらけだからでしょうか。

「小坊主さんがいるよーー」

という声がチラホラ。

「カワイイーー!」

とか。

動く歩道で注目の的に。

大都会で坊主頭の子どもは珍しいんでしょうか。

気をよくした息子は、もう、調子にノリすぎて。親は疲れました(泣

部屋に戻った後も、息子の興奮はさめやらぬ!

「ばあばのへやにいく!」

と、何度も脱走を試みて部屋から飛び出していきます。
オートロックなので、鍵が閉まらないようにちょっとドアを開けておいたら…

廊下から息子の話し声が。

なんか、おかしい…。

そう思って廊下に出てみると、

知らない家族に絡んでる…(汗

若いご家族で、お子さんもいらっしゃったんですが、
その2歳のお子様とコミュニケーション(一方的)を取っていました。

時計の針は22時半を回り、そろそろ眠る準備を…と思ったところで、
新郎が我らの部屋の出現っ!!!

明日の本番を前に、最終チェック、受け渡しです。

実は、この日のために妻が新郎新婦の似顔絵ウェルカムボードを作成!

事前に渡していたんですが、名前のローマ字表記が間違っていたというw
でも、それをチェックイン後に受け取って既に直してしまった妻

すげぇ。

水彩画って、直せるんですね。

そして、新郎に激励の言葉を贈り、お見送り。

息子は部屋の外まで追い掛けていって、

「あした、けっこんしき、がんばってね!」

新郎へエールを送っていました!

さて、明日に備えて寝るか…。
と、布団に入ったときのこと。

耳慣れたあの音が…空中から聞こえてくる…

ブーーーン。

「あれっ??カメムシがいる!」

そして、見失う…。

横浜に山間部特有の茶色いカメムシがいるとは思えない…。
もしかして、輸入してしまったのでしょうか(汗

横浜の皆さん、増殖していたらすみません。

一匹だけなので大丈夫だとは思いますが!

とりあえず、飛んでいたヤツは確保しました。

さあ!明日はカメラマン(と運転手)がんばるぞーーーっ!

武田先生講演会@織機

ついにキタ。この日。

私がかつて勤務していた会社で、我が恩師の武田先生が講演会をっ!
在籍時にできれば良かったんですが。

織機への感謝の気持ちを、少しでも恩返しできれば☆

既に退職した身ではありますが、今回は部長さんやウェスさんの取り計らいで、
私は武田先生の付き人的役割で講演会に御一緒することになりました!!

というわけで、今日は休みを取って大府市へ向かいます。
休みを取るのが、超しんどかったですが。
前の会社には本当にお世話になったので、猛烈な勢いで仕事を進め、
無事に休みを確保できて良かった…。

早朝に豊根を出発して、まずは新城駅へ。

そこから私は飯田線経由で大府市は共和駅へ向かいます。
妻は新城市でお買い物☆
まだ、お店が開いていない時間ではありますがっww

共和駅に到着すると、ウェスさんが社用車で待機して下さっていました。

合流して、いざゆかん!

武田先生宅。
お迎えに上がります~

向かう途中、ちょうどお昼時にさしかかったので、
ウェスさんと二人でお昼時といえば鶴亀堂!

博多ラーメンです。

名古屋市緑区の鶴亀堂にお邪魔しました。
しかも、開店一番乗り。

休日出勤の時、鶴亀堂行ってた思い出が蘇ります

予定時刻よりも随分早く武田先生宅に到着したので、
外で出待ちをしていたところ…定刻の13時ピッタリに先生がお出まし!

時間のピッタリ感が先生の几帳面さを物語っております。
奥様にも久しぶりにお会いし、御挨拶をしていたところ…

先生、動きはやっ!!

既に車に乗車済みです。いつの間にか。
私も、ウェスさんも玄関先におりますがww

慌てる我々。

さあ、私が3年間を過ごした共和工場へレッツゴー。

車中では、最近の講演会でトピックスとして良くお話しになる話題を中心に、
既に講演会0次会が始まっているような様子ですww

男女共同参画が推進されることで発生する弊害や
タバコと肺がんの関係性についてなどなど。

移動する最中も先生の電話は何度も鳴り響き、
相変わらず忙しいんだなぁ~と再認識。

ちなみに、豊根村の話題も気になっておられるようでした☆

豊根村、最近どうよ?的な。

チャンスがあれば、テレビ出演時に豊根村の名前を出してPRくださっているようですw

さあ!
退職して以来、初めて正門をくぐります。
必要の無い緊張が高まります。

従業員時代は利用したことが無いロータリーへ横付けされ、
武田先生を控室へご案内。

ちょっくらトイレに寄るために退席したんですが、
トイレにて懐かしい方々に遭遇!

あれっ!?

ってお顔をされていました(笑)
私が来社することはそれほど知られていないので驚かれるのも当然。

控室では、役員さんも同席され、談笑タイムです。

部長さんから会社の沿革などを武田先生へご説明です。
豊田佐吉翁から端を発する歴史深き会社。
製造業でこれほどの歴史を持つのも珍しいのではないでしょうか。

そのとき、上黒川の花祭りを見に来られたことがある方もいらっしゃいました。
当時は専務取締役をされていて、退職するとき、御自宅へ御挨拶に行って以来、
かなり久しぶりにお目にかかりました。

途中、武田先生が離席されると、その方や役員さんから

豊根村についての質問がバンバン飛んできまして(汗

めっちゃめちゃ緊張しながら、今自分がやっている仕事や
村の話題などをご説明させて頂きました。

既に、なんだか疲労困憊ですが。

定刻となり、講演会会場へ!

懐かしの大ホールです。

今回は、私が最後に在籍していた事業部の事務職、技術職の
総勢200名ほどが聴講にいらっしゃっています☆

私も武田先生とウェスさんに連れ立って入室したところ、

あれ???

何故、坂本が!?

何故、ウェスさんが!?

そんな視線を浴びまくって、面白い体験です。

しかも、司会進行はウェスさんwwww

多くの方の表情が

何故?何故?

になってて面白かったです。
今回の講演を調整されたのがウェスさん。

ってのは、表に出ていなかったようです(笑)

なんたって、こうして外部講師を招聘して
事業部従業員向けの講演会を実施すること自体が初めての試みらしいのです。

ウェスさん、あまりに直前に会場入りしたもんだから、
会場の雰囲気に飲まれて…めっちゃ緊張しとるww

こんなウェスさんを見るのは久しぶりだなぁ~~フフフ。
武田先生の御略歴を説明され、満を持して先生御登壇!

御講演の内容は…

先ほど、車内でお話ししていた内容…そのまんま(笑)

昔からそうなんですが、先生は講演会の前に学生に対して、
講演会の内容を御自身が検討するように持論を展開されるんです。

学生の反応を見て、話そうかどうしようか決めているのか、
はたまた、頭の中の情報を直前に整理されているのか。

まるで予行演習。

こうして予行演習をされると、本番も展開が超滑らかになるんです。

今回の切り込みはたっくさんありましたが、まずは…

タバコについて。

喫煙率と肺がんの発生率は、全く比例しないってのは周知の事実ですが、
今回初めて知ったのが…

タバコのパッケージに昔は「肺がんの危険性…」って書いてあったのが、
今は全く書いていないという事実。
代わりに、脳梗塞とか、別の病名が記載されています。

やっぱり、肺がんってのはイメージ先行で作られたデマだったんでしょうか。

タバコって臭いですよね。
非喫煙者からしたら、煙たい以外の何者でもありません。
だからって、健康に悪いとでっち上げて隅に追いやるのはいかがなモノかと。

臭わないタバコがあれば良いのにwwって、話していましたし。

また、ハイブリッド車についても、もちろんお話しあり!

そもそもハイブリッド車が出た当初は環境云々というよりも、
エネルギーを回生利用する技術革新的システムという売りだったモノが、
いつの間にやら世間の「環境性能」という流行に乗ってしまって…

そもそも、何を目指しているモノかよく分からなくなってしまった。

電車など、昔からエネルギーの回生利用をしているシステムはいくつかあって、
ようやく自動車もエネルギーを回生するシステムが仕上がったってことなのに。

 

太古の地球の大気組成は、ほとんどが二酸化炭素で占められていたけど、
現在の大気中の二酸化炭素比は0.04%です。

地球という閉鎖系の中で二酸化炭素を構成する「炭素」がどこへ行ってしまったのか?
植物を含めた生物全体の還元炭素は微々たるモノ。

ということは、その多くは地中に…

すなわち、それが石油や天然ガスなどの還元炭素になっているはず。

そーなると、石油資源は今のペースで使っても近い将来には無くならない。
いや、人間の感覚からすると無尽蔵と言っても過言ではないレベル。

そんなお話しもありました。
私が学生だったころからおっしゃっていることですが。

一度、太古の地球の大気組成から還元炭素の固定量を計算せよと、
武田先生から指示を受けたことがあって、当時はチンプンカンプンで
なんのことやらサッパリでしたが(汗

卒業する頃になって、ようやくその意味を理解したのでした。

技術系の会社であり、聴講者の多くが理系ということもあってか
非常にノビノビとお話しになっています。

化合物の元素記号とか、まるで大学時代に戻ったような気分。

先日、自分が今働いている仕事の研修会で講演されたときとは全く別人のよう。

やはり、武田先生は技術の人です。
タレント的なお話しよりは絶対、こっちの方が面白い。

あ、タレント的…というか、ソフトな話もありましたよ。
男性と女性の社会形成の中で役割分担することで強い国土(領土、住処)を形成するはずが、
性別の垣根が無くなってきて、それでいて生物的には構造が異なっていて。

生物的な役割分担が混沌としてきて、国力が弱まることにより
自分たちの子どもたちが将来付ける仕事も減っていって…
長い目で見たら子どもたちを不幸にするのではないかということ。

男性より女性の方が長生きなのは、
子どもを育て終わった女性は世話焼きが多くて、社会にとって必要とされているから。

一方で、仕事を退職した男性は、縄張りや家族を守る必要も無くなり、
世話を焼くことも本能的に無いため、社会的役割が無くなって早く死ぬ。

むしろ、死んだ方が良いとか、またおっしゃっています(汗

いやあ、ここ数年で聞いた御講演の中でもピカイチでした。
それだけ、先生もノリにのっていらっしゃいましたよ。

ってことを、講演が終わってからお伝えしたところ…

「本当は、こんなに喋る予定じゃなかったんだけどねぇーww」

とのこと(笑)

聴衆の理解度は、講演中の表情を見ていれば分かるらしく、
今回は聴衆の理解力が高かったため…

「いつもの1.5倍も詰め込んじゃったよ。」

だそうですww
はい、めーっちゃ、盛りだくさんでした。

御講演の中で私の名前が出てきたりして…
その瞬間、一部聴衆の視線が私の方へ飛んできました(笑)

ちなみに、車内の会話から御講演まで、先生の思考も色々と整理されたようで、
その内容をブログとして早速執筆なさっていましたよ。

武田邦彦 (中部大学): 理科離れの原因と対策(1) 技術立国からなんの国になるのか?

武田邦彦 (中部大学): 【男と女】 心を失った男とそれを追う女

武田邦彦 (中部大学): 遊びでは済まない「言葉」の怖さ

先生が控室でタクシーを待たれている間、
私は急いで講演会会場へ戻ります!

やった!

まだ残っていらっしゃった☆

退職直前まで、一緒に仕事を進めた上司、先輩、同期、後輩。
仲間たちがまだ、残っていらっしゃいましたーーーー!

「元気そうにやってるじゃん!安心したよ。」

「新聞記事見ましたよー!」

去った人間なのに、温かい言葉と笑顔に囲まれて本当に幸せです。
皆さんのこれからの業務に、微力ながら力になれていたら、嬉しいです。

タクシーが到着したので、先生とウェスさんと共に、
会社の本社近くにある福利厚生施設へ向かいます。

シャインズ ホームページ

懐かしい…久しぶりに来ました。

だが!

案内された部屋は、懐かしいとか、そーいうレベルでは御座いません。

入ったことも、聞いたことも無い、VIPルーム!!!

部屋の雰囲気に圧倒されて、またしても緊張してきました。
ウェスさんも、もちろん初体験。

役員さんと部長さんと、こちらで会食ですっ!

武田先生、有り難う御座います(笑)

一品、一品に力が込められたコース料理。

ヤバイですよ。これは。
ハイソサエティをちょっと味わいました。

自分が、この空間にいることが不思議でたまらない。

一応、今回は武田先生の付き人としてくっついていったので、
もてなされる側になってしまって、さらに不思議な気分です。

7年前は新入社員のペーペーだったのに。

今回また、縁が深まりまくって、次の展開の話も進んできて、
御縁の化学反応がどう進んでいくのか楽しみです☆

もちろん、豊根村の営業活動も怠っておりませんよっ!
しっかりと役員さんにプレゼンテーションして参りましたっ!

武田先生をお送りした後、部長さんとウェスさんと反省会へ(笑)

近くの居酒屋で今日の振り返りをしつつ、会社の近況を伺いました。
そして…

今夜のホテルはウェスさんと一緒に。

深夜2時まで私の部屋で、さらに深い反省会を行いました(笑)

寝不足確定でござい…。
今日は写真撮影を自重したので写真は御座いません。

マツボックリスマスツリー

数日前から我が家に松ぼっくりが転がっています。

DSC09161

妻がもらってきたり拾ったりしているようですが…
はて、何をするやら。

これを電子レンジでチンすると…

なんと!

DSC09162

見事に開いた。

電子レンジ、すげぇ!!!

すげえのは、これだけではありません。

ご覧下さい!

DSC09164

松ぼっくりが、ちっちゃいクリスマスツリーになっとるwww

赤いクリスマスツリーは、息子が作ったらしい☆

通りで、洗面所とタオルが真っ赤に染まっていたわけだ…。
帰宅して手を洗いに行ったとき、何事かと思いましたよ。

誰か大量出血でもしたのではないかと。

真っ先に疑ったのは、いつも喧嘩しているショコラ君ですが。
負けてばかりで血だらけになることも多々あって。

それにしても、可愛らしいクリスマスツリー。
植わっているのはペットボトルのふたでしょうか。

ちょっと工夫するだけで、ナイスなインテリアに変身ですね。

花祭りの切草第2弾

DSC09159

今夜は切草第2弾っ!!

宿題の中間決算ということで…
各自が自宅で作成してきた切草を持ち寄って。

神社に集合します。

ですが!

なんと、既に宿題分を全て切りきってきたお方々が。

仕事はやっ!!

一方で、私は、ひたすら「両ざんざ」を切り続けていたのでした。
んで、既に切りきった方々によって、「ざぜち」が次々にラミネートされていきます。

なぜ、「ざぜち」をラミネートするのか。

上黒川の花祭りでは、数年前からお見舞い(奉納金)を頂いたお返しに、
色紙で作った「カラーざぜち」を差し上げているんです。
そのために、神社でラミネーターとテプラをゲット。

次々に仕上がる「カラーざぜち」ラミネートへ、
テプラで「上黒川花祭り」と名入れしていきます。

ここから先は、流れ作業。

テプラの印刷ボタンを押す係と、シールを剥がす係、それを貼る係。
次々に仕上がってきます。

「カラーざぜち」は色の組み合わせで見え方が全然違うので、面白いですよ。

夜更けまで作業は続きました。
次回開催は12月16日(月)。

最終回です。

この日までに、頑張って仕上げなくてはっ!

DSC09158

売木村はスグソコ

出張で長野県売木村へ。

長野県とは言っても、茶臼山の向こう側。
直ぐそばです☆

人口は650人程度で、豊根村の半分!

ただ、集落が点在している豊根村と異なり、集落が集まっています。
なので、簡易水道の設備数が少なかったり、下水道が整備されていたり。

インフラを効率的に配置できるメリットもあるそうな。

たまたま立ち寄ったのが、
星の森オートキャンプ場
です。

DSC04780

こちらは、テントサイトの一部。

雪がちらつく中、ノーマルタイヤでドキドキしながら。

茶臼山高原は吹雪だったとか?

非常に空が広くて、星の森と言うだけに、
夜空の星の輝きは最高らしいです!

DSC04783

空が近いなあ。

茶臼山高原の愛知県側とを行き来するお客さんが多いみたいで、
双方がWin-Winの誘客効果を出しているんですね。

DSC04782

平成11年にできたというセンターハウスは、
ちょっとしたリゾート気分が味わえる。

DSC04776

売木村と根羽村の用材を使ってできたそうです。

そういえば、先輩から大型林間遊具の
アスレチック公園があるという話も聞いたことがあり、
今度また、息子を連れて遊びに来ようかな。

そして、星景写真を撮影してみたいです!

さて、今夜は宿直。

このところ、仕事密度が超高くなってきて、余裕無し…。
余裕を作るべく、宿直の機会を狙って夜更けまで粘りました。

電話が大好きな息子

妹夫妻も一緒に、今夜は鍋ということで、
残りの仕事は明日にかけて…

ザンザン降りの雨の中を帰宅。

先日新聞に掲載された案件、問い合わせが好調で有り難いです。

夕食時、自宅の電話が鳴りました。
鍋の後の、うどんをつつきながら、

妻が電話に出ようとすると…

その前を横切る小さな物体!

「もしもし!さかもとですっ!」

おうおうおう。
息子がフツーに電話に出てる。

どうやら、最近は息子が電話に出るようになったらしく。
ちゃんと取り次いでくれるのは有り難いんですが…

取り次ぐ前に、

「いま、うどんをたべています!」

実況中継付きですよwww

電話した人、ビックリしますよね(汗
恐るべし、3歳児。

花祭りが終わって

抜け殻です。わたくし。

午前9時過ぎに床についたけど、
頭の中を太鼓と笛、囃す声がエンドレスリピート。

眠れませんww

結局、お昼過ぎには起きちゃいました。

 

今夜は、久しぶりに妹夫妻が帰省してきました。

母も、名古屋の伯母宅から帰ってきました。
泊まりがけで宝塚を見に行ったそうな。

さて。

妹と母が揃った。

一瞬でボジョレー・ヌーヴォーが空になりました(笑)

いやぁ。
酒強すぎです、この方たち。

ボジョレー・ヌーヴォー空けた後も

プシュッ!

って、新しい酒空けてたよ。

少しだけで良いから、遺伝子分けてくんりょw

坂宇場地区花祭り2013

この日がくるのを待っていましたーーーー!!!

今シーズンの豊根村内花祭り、皮切りは坂宇場の八幡神社。

会場は、愛知県内第1号の道の駅「グリーンポート宮嶋」の裏下です。
妻子と共に向かうんですが、息子が…

寝たまま起きない。

このまま、出かけられなくなりそうな予感もするので、
こうなったら…

寝たままチャイルドシートに移して、持って行こう(笑)

現着して、しばらく妻が車内で息子を見てくれていました。

その間、お見舞いを奉納しようと会所へ向かいましたら…
次から次へと声をかけられ!

会所になかなかたどり着けないw

それっくらい、たーーーっくさんの人で賑わっています!!

東京や名古屋、豊橋、遠方にもかかわらず、毎年欠かさず来て下さる皆さん。
1年に1度、この日しか会えない方もたくさんいますが、いつも会っているような気分になる。

大学生のフィールドワークで豊根村に来て花祭りを知り、
そのままはまり込んだ人たちも、今は社会人に。

社会人になると休みを取るのも大変になって、来る機会を作り出すのも大変だと思いますが、
それでも花祭りが好きすぎて来ちゃうってのは、やっぱり魅力あふれる祭りなんだなぁ。

舞庭の方へ視線を移しますと、花の舞。
そして…

いちの舞です!

DSC04249

榊の枝葉を両手に持ち、舞の始まりは緩やかですが、
5方を舞納めると…

太鼓や笛のテンポが変わります。

そして!

両手の榊で、舞庭内の人々を叩き清めるっ!

DSC04256

外周部分にいる観客には優しく撫でるように…
そして、内側、釜の周辺にいる人は覚悟を決めた人という判断になります故、

「バシッ!バシバシバシッ!バンッ!」

ぶったたかれますww

DSC08833

葉っぱが、だんだん無くなってきますw

至近距離を狙って輪の中に入り、カメラを構えていたら…

頭部直撃!

しっかりと、払ってもらえたようです(汗
カメラを守るのに必死でしたが!

舞庭には、榊の枝葉を手に真似をしている年長さん発見!

DSC04266

めっちゃ、カワイイ☆

可愛いといえば、子鬼たちもたくさんいて賑やかでした。

DSC04320

DSC04275

満を持して、山見鬼様登場!

今回、山見鬼を初めて舞うのは、我が従兄弟!
ミスター花祭りさんでございます☆

DSC08860

毎年、朝鬼を舞っていますが、山見鬼は初めてとのこと。
着替えをする前、武者震い&緊張しているのか…

茶臼山の麓で極寒の坂宇場にもかかわらず、屋外で…

Tシャツ姿でフラフラしてる(笑)

多くの人の目を引いておりましたww

もちろん、トレードマークのオレンジ色のTシャツでございます(笑)

もしかしたら、上黒川の花祭りが終わった後舞庭に忘れ去られた
あのTシャツかもしれませんw

堂々とした出で立ちに、激しく頭上を回転するマサカリさばき!

DSC04321

従兄弟のこうへいくんは、みんなの人気者!
何故ならば…

通常ならば、鬼の囃しは

「と~ほ~へ~ て~~ほ~~へ~」

「て~ほ~と~へ~~ と~~ほ~~へ~~♪」

なんですが、この後半部分が…

「て~ほ~と~へ~~ こ~~お~~へぃっ!

に変化して大合唱wwwwww

こんなの聞いたことが無いwwww

会場のボルテージは高まる一方!

DSC04358

観て下さい!この人の数!!

花祭りはよく、参加型の祭りと言われたりもしますが、
まさにそれを体現しているような光景です。

地元の人はもちろん、
今回初めて花祭りを見に来た人たちも、地元の人たちに誘われて中の方へ!

知っている人、知らない人、その垣根が消えて一体感が醸成。

鬼の舞が終わり、三つ舞の扇。

DSC04367

そして…元気いっぱいの中学生たちが、三つ舞の剣!

DSC04408

瞬発力で言えば、最もキツイ舞です。
いやぁ~若いってすげぇ。

舞手自身が大声で囃しちゃってるレベル。

「と~ほへ はーい(ん)やっ!」
という掛け声で、下の写真のような陣形を取りますが…。

DSC08894

それに触発された息子は…

「とーほへ ふぁーいやっ!

ファイヤーになっとるwww

ヒーロー特撮の見過ぎでしょうかね(汗

DSC04393

観て下さいよ、この跳躍力!!!

DSC04414

そして、三つ舞の剣に移ります。

今度は女の子も…この激しい舞を!!

DSC04428

汗だくになって、スゴイ体力です。

一方で、先ほど山見鬼を舞って大活躍の従兄弟は、
舞庭の外にある出店の仕事へ移っていますよ。

DSC04443

なんちゅーマルチタスク。

時計の針は午前3時。

2つの提灯に導かれて、榊鬼様、御登場です。

DSC08949

提灯を持つ先輩も、腰の激痛に耐えながらの出役。

DSC04472

いつも鬼を舞っておられますが、今回は辞退された…にもかかわらず、
一晩中、こうして白衣を着て頑張っておられ。

私たちも、賑やかしをがんばりますよっ!

観て下さい、息子の表情。

DSC04490

「とーーほーへーー! てーーーほーーーへーー!」

絶叫に近いが、息子は囃しまくっているつもり。

それが、めーーーっちゃめちゃカワイイ。

会場の皆さんを次から次へと笑顔の渦に巻き込んでおります。
恐るべし、3歳児。

動画はこちらをご覧下さい。

完全に、撮影対象になって、たくさんのカメラを向けられましたww

DSC04488

さすがに、「問答」のタイミングはわきまえているようで。

これまで、ずーっと鳴りっぱなしだった太鼓と笛のリズムが鳴り止み、
不思議そうな顔をして、問答を見つめている息子でした。

DSC08962

豊根の花で、こんな時間に起きていたことが無い息子なので、
不思議で不思議でたまらないといった表情。

DSC04520

ただ、ビデオで学習したのか、

「バチーン!ってやるよね!」

と、”たい割り”が行われることを知っているみたい。
んで、それを楽しみにしているようで!

DSC04535

じぃーーっと炎の行く末を見つめているのでした。

DSC04527

勇壮な榊鬼様も、最後にマサカリを天に向けて激しい舞となり、
会場を一睨みして引き上げてゆかれました。

DSC04552

息子は、先ほどの叫びで体力を使い果たしたみたい。
そのまま肩にもたれて眠りについていました。

息子は、妻と一緒に、車内へ引き上げます。

舞庭の空気が締まったところで、太鼓と笛の拍子が

かる~~くなり、

御登場!

DSC09057

すりこぎさまです。

ってか、またしても従兄弟が中の人ww

景気良く、味噌を塗りたくられます。

DSC09075

そして、私は、これまでに日本酒を何度も注がれまして…

フラッフラの酩酊状態(汗

自分の知るアルコール許容量をとっくに超えて、
いつもならマーライオンになっているハズなんですが、

花祭りエフェクトでしょうか。

恐らく、生まれて初めてレベルの酩酊状態を体験中。
足下がおぼつかないw

けど、記憶は残っているのでブログがどうにか書ける状態です(笑)

知らない人も、知っている人も、片っ端から
すりこぎさんの前に引きずり込んだ記憶がありますが…。

酔っ払いにつき、ご容赦下さいませ(汗

そんなことをしていたら、五平餅を持っていたすりこぎさんに
味噌がたっぷり付いた五平餅を手渡されましたww

これ、私が味噌を付けろということでしょうかww

何人か、犠牲にしちゃって申し訳ありません(汗

時計の針は午前4時半頃。

眠いから…と一旦車に戻って寝ようとしてた息子が
どうやら舞庭に戻りたくてたまらないようで、

「車内が”テホヘ”になって落ちついて眠れないw」

と、シュラフにくるまっている妻から着信が。

息子を車内から連れ出し、舞庭に持っていったら…

「わたがしたべたい」

だそうで。
閉店モードの売店にいた坂宇場ボンバーズのエースピッチャーが
綿菓子製造器を稼働させてくれました☆

DSC04636

午前5時に綿菓子を頬張る息子。

今日だけ、特別です。

DSC04643

舞庭は4つ舞の扇。

DSC04616

めっちゃめちゃ元気な舞子たち。

しかし、息子はやはり眠くてたまらないようで、
抱っこしていたら完全就寝。

再び車内に連れて帰りました。

だんだん夜空も薄明してきました。

DSC04658

四つ舞のやちに続き、四つ舞の剣…

DSC04662

って…。

えええええええええ!?

また、従兄弟が出てる…(笑)
(本人から顔出しOK頂いたので、思いっきり掲載。)

四つ舞って、長いんですよね…。

外が明るくなってきて、湯囃子です。

DSC04670

もう、なんか、同じ人が繰り返し繰り返し舞っている印象です。
観客の数も、増えてきました!

仮眠から目覚める人多数ですね。

DSC04681

1時間ほど舞い続け、フィナーレが近づきます!
裸族も出てきてボルテージ最高潮!

DSC09109

キターー!

DSC09111

冷え切った空気に、ほとばしる湯が、すぐさま湯気に!

DSC09112

叫び声と、掛け声と。
いろーーんな声がおり混ざる空間!

湯をかけ終えた舞手から、立ち上る湯気。

DSC09130

盛り上がったーーー!

大鋸屑がまかれて登場したるは、朝鬼様です。

DSC04717

また、従兄弟です。

なんちゅーーー体力!
信じられん。

DSC04722

1年分の体力を全て振り絞っているのではないか。
さすがはミスター花祭り。

私が到着した後だけで、山見鬼⇒すりこぎ⇒四つ舞剣⇒朝鬼

夜半過ぎからヘビーローテーション。
しずめさまと地固めも舞ってそう。

最後に、中心に下がる「湯蓋」をぶった切って落とします。

DSC04727

今回、3つの役鬼を舞ったのは、
名古屋市博物館サミットで若手伝承者として登壇した坂宇場地区のお二人。

伝承者として、最早、役鬼を舞われており、尊敬の念が絶えません。

自分も、頑張らねば。

トリを飾るのは獅子舞です。

先輩曰く、「坂宇場の生きる精霊」のおじいさまが太鼓を叩かれています。

DSC09147

DSC04735

獅子舞が終わっても、舞庭の熱気は冷めやらずww

太鼓も笛も、何も無いのに、さあ!次の舞は何だ!と言わんばかりに

「とぉーーほへ、てーーほへっ!」

と、囃し始まりました(笑)
さすがに、しばらくして止みましたがw

会場は片付けへとシフトして行きます。

DSC09152

従兄弟がハシゴに登ってるww
あなた…さっき、鬼を舞ったばかりでしょ!

DSC04748

なんだか、半分くらい従兄弟特集になってますけどww
おかげさまで、良い記事が書けました☆

ミスター花祭りさま、記事掲載の快諾、有り難う御座います。

DSC04753

完全に、夜は明けましたね。

時計の針は午前8時。

シュラフにくるまって心地よく寝ている妻を申し訳なく思いながら起こして、
運転手をお願いし、帰宅の途につきました。

私は、アルコールが残りまくっています。

道中、歯磨きをしながら車に乗ろうとしている先輩を発見し、
窓を開けて

「今終わりましたよーーー!」

と、報告。

頭の中は獅子舞の拍子がエンドレスで流れ続けたまま、
ひとっ風呂浴びて床についたのでした。

東栄町月地区花祭

今朝の中日新聞朝刊!

なんと、県内版に豊根村の記事がっ☆

DSC08816

中日新聞:定住30年で家あげます 豊根村、入居者募集:愛知(CHUNICHI Web)

建設中ですが、11月から募集が始まった譲渡型定住促進住宅っ!!
仕組みを考えるのに、めっちゃ頭を悩ませました…。
なにせ、全国的に例がほとんど無い。

同じ仕組みは皆無です。

様々な仮定条件をひとつずつ潰していくわけですが、
そのブランチが無限大に広がっていき、収拾が付かなくなって…

収拾が付かないとルールは作れないんですが、
ざくっとまとめきることにしました。
どこかが既にやっていることを真似するならまだ簡単なんです。

オリジナルって、失敗のリスクも高いのでドキドキです。

スタートまでに時間の無い中で、十分にもみ切れたか、
不安はありますが、うまくいってくれることを願います。

またしても、私の名前が記事に載っていてビックリでした。

取材と同時進行で外壁とかの色が決まったにもかかわらず、
3時間程度で3次元CAD図のパース修正を行って下さったお姉様、
誠に、有り難う御座いました。

無理言ってすみません(笑)

 

仕事が終わってから東栄町の歯科医院へ。
このところ月に2回くらいのペースで通っています。

歯並びが悪いと、いろいろと大変です…。

今回はそんなに痛くなかったけど、
前回は血みどろで大変でした。

処置を終えて帰途に着きますが、
今日から明日の夜まで、東栄町月地区の花祭りっ!

ってなわけで、帰宅ついでにちょっと寄ってみることにしました☆

DSC_2158

午後7時過ぎですが、しめおろし、湯立て、釜ばらいなどの神事が進められています。
ここで太夫を務められている方は、この夏、一緒に伊勢神宮へ行った方☆

伊勢神宮お白石持ち1日目 – kenta’s page2013

DSC_2160

一緒に酒を酌み交わさせて頂きました。

ほんとーーに、大変な役職です。

先代が亡くなってから、都市部に住んでいながらも、
この日のために短期間で数多くの伝承を身につけられ。

すげえです。

釜に火が入れられますが、
初めて見ました。

月地区では、火打ち石を使って火を付けるんですよ!

DSC_2162

すげえです。

なかなか火が付かなくて苦労されていました。

火打ち石から炎を大きく育て上げ、あっという間に轟々と。

DSC_2165

四方へ唱えられ。

DSC_2168

合唱。

DSC_2171

お餅を頂きました。

さすがに仕事帰りの服装のままで、段々冷え込んできたため、
一旦帰宅して出直すことにしました!

今回、初めて導入した秘密兵器も持っていかなくては。

DSC08689

フフフ。
冬用のシュラフです。

今まで、3シーズン用を持っていたのですが、
冬はやっぱり特殊です。

モンベル | オンラインショップ | スーパースパイラル バロウバッグ #0

これで、エンジンをかけなくても車内で快適に休息できる…ハズ!

【快適睡眠温度域】-16度~
【使用可能限界温度】-31度

です。

早速、不思議な物体だと直感した息子が近寄ってきました。

DSC08685

息子と対比すると、大きく見えますね(笑)

何を思ったか、突然

「ボクシングだ!」

と言い出して、殴り始めましたww
ボクシングのサンドバックじゃないぞ!

この中身を取り出すと…。

DSC08690

タラコみたい(笑)

DSC08693

うごめくタラコ。

誰よりも先に、息子が中へ侵入して遊んでいます。
中に入るモノってことが、直感的に分かるんですねぇ。

しばらくして、暑いと言って出てきましたが(笑)
それっくらい、心地の良い物体。

どれどれ。

試しに私も…。

息子と2人で、どうにか入れるサイズ。
ストレッチ、伸縮能力が高いです。

が!!!!

あまりに心地が良いため、そのまま中で寝てしまいました…。

妻は体調不良のため就寝中で、息子の面倒を見ていたんですが、
私もそのまま眠りに…。

ハッと気付いて時計の針を見たとき、既に午前0時。

あちゃー。

完全に寝過ごした。

体調回復傾向の妻と共に支度を調えて、
レッツゴー東栄町月地区花祭。

到着するなり、豊根村消防団の訓練服に包まれた
見覚えのあるメンバーが目に入ります(笑)

我らが豊根村消防団第2部(上黒川区)メンバーですww

今夜は私とは別班のポンプ点検の日。

なんと!
点検後の慰労会を終えてから、ここへ直行されたとのこと!

東栄町の花へ消防のみんなで行くなんて、初めての試みですよ!!!

なるほど。

だから、私が寝つぶれているときに不在着信がたくさんあったわけですねww

部長さんは月の消防詰所に顔出しされているとのことで、
私も参じました☆

お酒やうどんをご馳走になり、ありがっさまで。

豊根の衆にとっては聞き慣れない拍子ですが、
今年はみんながいるので、アウェイ感が少なかったです(笑)

地固めの舞いが終わったところで、榊の庭入りです。

地固めの舞が終わったところで突然榊鬼が出てくるので、
豊根の衆はビックリ!

豊根には無い部分です。

息子の仲良しさんも花の舞を舞ってました!

DSC08748

んで、今度は月の宮人さんたちから上黒川の消防団御一行が招待されて、
接待部屋で日本酒をたくさん注いで下さいました(笑)

まさに、月と上黒川の交流会。

そこに、ZIP-FMのナビゲーター、イレーネさんも参加して賑やかに!
先日の名古屋市博物館サミット以来で会う方もいて、盛り上がっていました。

そしてっ!

山見鬼様登場。

DSC08770

たくさんの伴鬼を引き連れて。

DSC08776

伴鬼は、山見鬼様の動きを真似ながら、控えめです。

DSC08788

他のカメラのフラッシュとシンクロして、
鬼様が浮かび上がっているよう。

DSC08793

さあ、そろそろ…かな。

と、舞庭外のたき火へ移動して待機。

すると!
勢いよく、舞庭から山見鬼様が飛び出てきてたき火をかき上げた!

DSC08800b

ヤバイ!逃げろ!

と、脳内で声が響きわたりますが、シャッターボタンから指が離れません(笑)

東園目に引き続き、思いっきり火の粉を浴びました(汗

頭頂部が痛い…と、思っていたら、

燃え盛る炭のかけらが頭に乗ってた…。

慌てて振り払いましたが…

焦げ臭かったです。

周りの人が心配して、はたき落として下さいました。

第一波は大浴びしましたので、第二波以降は、ちょっと引き気味。

最初の火の粉が空中に残っているのに、次の火の粉が舞い上がろうとしています。

DSC08803

舞の次第は四つ舞に移り、だんだん明け方近くになってきました。
が!

さっきまで眠そうにしていた息子が、この時間にして復活。

午前5時。

妻曰く、おニュー寝袋の寝心地はサイコーだったとのこと。
買って良かったぁ~~~☆

DSC08808

周りに子どもがほとんどいない午前5時、
月在住の大好きお兄ちゃんと相撲をして遊んでいる3歳児。

豊根村消防団第2部御一行は、帰途に着かれました。

我々は、息子が帰りたくないと言い張るので、全然帰られず(泣

DSC08814

人影まばらな朝方。

帰宅したら、完全に夜が明けていたのでした。
眩しいぜ…と思いながら、寝床につきました。

ボージョレーヌーヴォー来た

どうやら、今日がボージョレーヌーヴォーの解禁日だそうで。

職場の先輩が独自コネクションを通じたルートから、
注文を取りまとめてくださっておりまして!

本日、到着。

DSC_2156

天面には厳しい日付指定が記されております。
こうして、「解禁日」とかいう言葉に弱い日本人の1人として、
ものは試しに、酒に弱いくせに、注文しました(笑)

セントレア特別パッケージです。
飛行機が飛んでいます(笑)

DSC08673

そして!

中のラベルにもセントレアのロゴとヒコーキマーク!

DSC08681

極めつけは、コルクもww

DSC08682

空港といえば、空輸便の玄関口。
そこから直送ってのは、解禁日にこだわる日本人には適したプロモーションですね。

早速、今夜の夕食、すき焼きに合わせて赤ワインを頂きました☆