平成26年度の最終日

ある意味、正月よりも重みのある年の切り替わり。
会計年度が変わり、人も変わり…。

その、大晦日。

駆け込み仕事が大量発生して、非常に焦った1日でした。

この仕事は、「日付」という概念が非常に重要なのです。

よって、急遽、2回現場へ課長をお連れして飛んでいきました。

例年だったら、明日があるから…という扱い方もできるんですが、
本日を最終日としてまして、今の部署から異動となります。

日が暮れてきた頃、ようやく仕事が落ちつきまして、
身辺整理をして、机周りの荷物をまとめて、1階の新しい席へ。

日曜日にある程度片付けしておいて良かった!

同じ職場内とはいえ、雰囲気が全然違って不思議な気分の夜でした。

最後の最後、ちょっと遅い時間帯となってしまいましたが、
お客さんお宅に訪問して、最後の仕事、終了。

いや、まだ引き継ぎやっていないので、最後じゃないんですけどね(汗

1日で引き継げるような仕事ではないので、
しばらくは、両方の部署の仕事となりそうです。

仕事片付けとタイヤ交換

昨夜、結局寝床についたのは午前3時半。

夜更かししすぎました。

だが!
ノンビリしておられないのが年度末。

今年は特に。

というわけで、職場へ行って仕事です。

同じように、昨夜遅くまで盛り上がっていた同級生も出勤していました。

他にも数名。

電話の音もほとんど鳴り響かない空間で、
落ちついて仕事ができるというのは、ある意味幸せな状態です。

土砂降りの雨も上がり、晴れ間すらのぞいてきました。

夕方には帰宅して、雨も上がったことだし!
軽トラのタイヤ交換です。

車庫に軽トラを突っ込んで、ジャッキ使ってタイヤ交換。
溝の状態を見て、ローテーションも考えてみましたが、
まあ、所詮は近距離専用の軽トラですから…

見分けがつかん(汗

先輩が通りすがりに立ち寄って行かれつつ、
これで冬ともお別れだっ!

春に向けて、様々な準備が進んでおります。

準備といえば。
かねてから気になっていたキングダムタワーが記事になっていました。

世界一の高さ1000メートル超えの「Kingdom Tower」建造へ – GIGAZINE

私がサウジアラビアへ訪問したときに、一番最初に訪れた都市、ジェッダ。
そこに、高さが1キロを超えるという、超ビッグなタワーが建設されるそうな。

建設が終わった頃にまた、行けると良いな。

職場の方々勢揃い

年に1回行われる、職場の互助会総会。

全課を横断して、所属する職員さんが一堂に会して、
一年間の事業収支報告が行われ、その後は懇親会となります!

全課を横断してというのが1年でこのときだけという貴重な機会。

富山地区在住の方もいらっしゃるので、
宿泊ができ、かつ客収容キャパの大きな場所ということで
いつも大変お世話になっている清水館で行われました☆

もちろん、トップをはじめ、上役の方々も勢揃いですので、
この機会に!いろんなお考えを伺うチャンスでもあります。

お酒を注いで回りつつ、注がれまくって…

最初はビールグラスを持って回っていたはずが、
最終的に自分の手元にあったのは、激濃いストレート近い焼酎でした(笑)

焼酎の濃さに負けないくらい濃いお話を伺うこともでき。

飲み会は大切です。

が、いろんな団体に所属していると、それがバッティングすることも多々。
悩ましい問題です。

結局、ほとんど料理を食べられずに時間が来てしまい…
せっかく美味しい料理を用意して下さった清水館さんに大変申し訳ないのですが…

最後に、これでもか!

ってくらい、残っていた料理をかき込みました。

そして…

延長戦へ突入!!

帰りのバスは出発してしまったんですけど。
どうやって帰ろうかな…

なーんてことは、この時点で全く頭に無し。

カラオケルームにて、若手中心で盛り上がっております。
花祭り大好きな同級生と共にww

合いの手入れたり、踊ったりしてたんですが、

ステップが…

花祭り(笑)

途中から、下黒川の湯囃子ステップが始まったりして。

カラオケルームの名前に恥じない光景が繰り広げられて…

午前2時。

宿泊の方は「おやすみ~」と、人数が減ってきます。

そして残った我々は…

唯一、ノンアルコール、自家用車で来ていた方に送って頂きました。
川宇連から徒歩帰宅にならなくて良かった…(汗

お母さんが帰ってきた

妻が東京から帰ってきた。

一昨日夜、昨日夜の息子の武勇伝??を聞いて、
なんだかうれしそうな妻。

「息子の成長を願って、もっと頻繁に東京へ帰ろうかな~」

そ…それは…勘弁(汗

私の予測では、妻がいない間、
厳しいばあばに、しっかりとしつけられた結果か。

私の帰宅が遅い日が続いたので、振り返ってみるとそれしか無い!

うちのばあばは、飴と鞭が強烈です(笑)

年度末。
異動の季節ですね。

この業界、異動の時期が集中しているので、
御挨拶に見える方がたくさんいらっしゃいます。

以前の会社では、異動というのは4月1日とは定まっていなかったような。
その都度、柔軟に組織改編があったかと。

だから、違和感にまだまだ慣れない(汗

一斉に人が変わってしまうと、仕事の連続性ってどうなるんだろうなぁ。
事務作業的なことはマニュアル的に引き継げたとしても、
理念を引き継ぐことが最も難しいのではっ!

お母さんがいない2日目夜

早く帰らねばと思いつつも、20時頃帰宅。

急いでお風呂に入れて寝かさなくては。

昨夜、お風呂の中でXperia Tablet使って遊んでいたところ、
それがあまりにも新鮮だったようで、今夜も楽しみにしていたみたい。

やっぱり、いつもと雰囲気が違うなぁ~。

いつもは、お風呂に入るよ!って言っても、
ダラダラしてて、なかなかお風呂に入ろうとしない息子。
そして、最終的には怒られてお風呂に入るという…

お風呂に出てからも見違えるようで。

できるかなぁ~?と、モノは試しに

「歯を磨いて布団に行っていなさい」

と一言、言ってみました。

「ハイッ!」

良い返事だ。

そ~っと洗面所を覗いてみると、シャカシャカ歯磨き中。

しばらくして

「仕上げして!」

と、こちらへやってきたので、仕上げ磨きしてやると、

「先にお布団行って寝てるね!」

お…おお。
聞き慣れないセリフだ。

しばらくして寝床を覗いてみると…

 

ね…寝てる…。

たまには、お母さんがいないのも良いかもしれません。
自立心が育つ!?

おかあさんは東京へ

お昼休みは自宅で昼食を。

すると、妻が荷物をまとめております。

実家へ帰らせて頂きます!

というやつでございますが、
所要のため、妻は単身、東京の実家へ。

今回、息子は自宅でお留守番です。

というわけで…

飯田から高速バスで東京へ向かう妻を見送る息子、
予想通り、大泣きです。

しかし!

大泣きながらも、

「きを…つけて…いって…きてね…」

途切れ途切れのフレーズで、どうにか妻を見送ろうとするんですが、
感情には逆らえないようで、涙が止まりません。

最後のセリフは

「てれびまがじん、かってきてね…」

でした(笑)

さあ、 今夜から妻がいない夜が始まります。
早く帰ってきて面倒を見てやりたいところですが、
あいにくこの年度末。

帰宅が遅くなりがちです。

息子も、いつもと雰囲気が違うため…

「おかあさん…じゃなくて」

「せ…せんせー!」

「じゃなくて…おとうさん!」

私を呼ぶにも、大変苦労しているようです(笑)

帰宅後、近所の先輩宅へ行く用事があって、
息子と一緒に出かけましたが、先輩宅の子たちと遊びたくてたまらない様子(笑)

もうちょっと早く帰れたときに、先輩宅で遊んでいこう!

お風呂に入って、良い子で眠ってくれました。

いろいろと初めてなこと

昨日、急遽先輩からピンチヒッターで頼まれたお仕事。

それは運転手さん。

誰を乗せていくのかといいますと…

村議会議員の皆様☆

議長さん以外の議員さんを津具までお送りいたします。
これがまた…

7人乗りのヴォクシーに7人乗車ですよ。
まさかのフル乗車で大変恐縮で御座いますが。

その分、運転には慎重を期しまして!

特に、中央シートで中央に座られた議員さんにご迷惑がかからぬよう。

車内の会話は大変面白くて、
そこでは先日開催された商工会青年部の送別会も話題に上っていました(笑)

やはり、伝説に…なっているようで…。

レジェンドです。

議長さん以外の全議員さん6名をお乗せしたんですが、
それは入社して以来初めてでした。

 

もうひとつ、入社して以来初めてのお仕事…仕事?。

まだオープンにはできませんが、
入社して3年にして、初めての体験中。

まとめていく中で、新しい発見があって面白い。
年度が替われば明らかになります。

行き倒れ

年度末の、まさに「末」が近づくにつれて、
帰宅時間が遅くなってきました。

ひとつの時間的区切りの末だけに、
まるで夏休みの終わりに駆け込みで宿題を片付けている小学生の気分(笑)

帰宅して、妻が息子を風呂に入れてくれていたので、
風呂上がりに息子に薬を塗ってやっていました。

アレルギー持ちの息子。

可哀想に…

寝ているときに体を掻いてしょうが無いので、
体中に薄く、まんべんなく薬を塗っていやります。

この時点で、目が半分閉じかけていたんですが。

ちょうどそこにあったストーブで髪の毛を乾かしてやっていた結果…。

DSC00238

撃沈(笑)

頭を乾かしていたら途中から微動だにしなくなったので、
何事かと思って顔をのぞき込んでみたら、カワイイ寝顔で寝ていたのでした。

なんという自由人。

どこでも寝られるってのは、子どもの得意技でしょうか。

久しぶりの畑仕事

朝の目ざめはバッチリ!

花粉症を除いて、体調は万全!
やっぱり、あれは風邪だったんだな…。

お掃除していたところで、豊田市在住の伯母さん登場!

お墓参りにいらっしゃった。
久しぶりだもんで、話し込んでおりました。

たま~に夢の中へ祖父が出てくるそうな。
そーいえば、私の夢の中にも出てくることあるなあ。

たいていは、息子と仲良く遊んでいる祖父の姿ですが。

たま~に、父も夢に出てきますよ。

午後からは自宅前の畑へ耕耘機をかける作業です。
久しぶりの土の香り…を味わう余裕も無く、
できるだけすき間無くマスクを着用することを心がけます(笑)

耕耘機のローターによってかき上げられることにより、
まるで流体の如く振る舞う土が、そのまま降り積もって、
ふかふかの土へと変化する。

美しい。

それらが規則正しいリニアな線となって並ぶとこれまた美しい。

本来の目的から外れて、
如何に美しく耕すかに意識がいきます(笑)

イヤホンで音楽を聴きながら、ノリノリで耕しました。

近くで見ると雑なところが目に付くんですが、
遠目に見ると、なかなかイケてるではないか!?

逆に、近くで見ると美しい風景が、遠く離れた遠景になったとたんに、
まったく違った印象を持つこともあるでしょう。

その面白い例を発見しました。

一歩引いたアングルから見ると「あれっ?」…観光名所の印象がガラッと変わる写真いろいろ:らばQ

ブランデンブルク門。
なんと美しい…。

しかし、ちょっと離れてみると、街の混雑した風景に相まって、普通の門に見えてしまう。

ピラミッドも同じ原理で、都市近いっ!

なんというか、旅行へ行く前にプランを練っているとき、
ここに行ってみたいなぁと思わせる写真がパンフレットに並んでいるわけですが、
実際に行ってみたら、写真を見たときほどのインパクトが無かった。

その感覚に似ている気がします(笑)

観光パンフレットに載っている写真って、
その観光地の最大限の、最高の姿なんだなぁと、改めて認識。

ま、そうじゃないと、行きたいって思わないもんね。

 

亡くなった方が枕元に…
なーんて話を昼間に伯母としていたからか…

夜、またしても金縛りに遭いました(汗
今回は、何かの存在を目の前に確認していたので、ちょっと怖かった。

けれども、冷静になれ、オレ。

そう言い聞かせて、今はレム睡眠で脳だけ起きちゃったからだ!
身体、起きろ!さらにそう言い聞かせていたら、金縛りが解けました。

あー、でも、気分はよろしくないですね(汗

商工会青年部感謝会

豊根村を盛り上げよう!

村内で行われるイベントではお馴染み、
豊根村商工会青年部。

私も準会員ながら参加させて頂いておりますが、
村内の商工業経営者若手が中心となって結成されており、
商工業団体所属の方のみならず、広く門戸は開かれて、
40歳以下の若者であれば、ほぼ参加可能!

中心的イベントの「芝桜まつり」を始めとし、納涼祭や文化祭等々。

イベント盛り上げが好きな青年が集まっております。

そのベースには「大好きな豊根村のために」という心意気が詰まって。

その商工会青年部を、これまで25年にわたって事務局として支え続けてこられた
商工会事務局さんが、青年部の事務局業務を後任の方へ引き継がれるとのこと。

現在の青年部長さん(我らが消防団第2部部長さん)が広く声をかけられ、
その25年の間に青年部部長を経験されたOBさんたちも集まられまして、
今夜は事務局先輩を送る会です。

事務局先輩と言えば…

いつも、私がスキーを御一緒させて頂いていて、大変お世話になっている方。

先日は、2月14日の大雪の時に一緒に白馬に行こうとしてエラい目に遭いました(笑)

送迎のバスに乗って、会場であるレストランみどりへ。

まず、バスに乗ってビックリしたのが、
村の業界団体を代表するような方々が数名!

さすが、歴代の部長さん。

大御所の方ばかりで、ちょっとドキドキしちゃいます。

開宴し、お酌をして回りつつ、大御所の方にも顔と名前を覚えて頂きました。
一緒に飲む事なんて、そうそうあるもんじゃない。
また、現役員さんや先輩方、後輩たちとも良い時間を過ごしまして☆

事務局先輩とも今年は断念したけれど、
来年こそはスキーに行くぞ!!

と、盛り上がりました☆

そこでミスター花祭りの従兄弟も一緒に喋っていたんですが、
始めて知ったのが…

なんと!

ミスター花祭りの従兄弟さん、スキー検定の2級を持っていらっしゃる!!

すげぇ~~

「けんたろーも、取りに行けよ!」

と、尻を叩かれたので、そろそろ本気で検討してみようかな。
一番のハードルは、週末の予定を空けることですが。

季節は冬を越えて春に突入しているのに、
早速来年の話をしているスキー好きたちです。

宴もたけなわなところで、部長さんから事務局先輩へ、
皆さんからのプレゼントを贈呈する場となりました!

「これまで歴代の『頭』を守ってきてくれた事務局先輩、
これからは、事務局先輩の頭も守ってくれるように…」

と、特別デザインの芝桜ヘルメットが贈呈されました!!!

カッコイイーーー!!!

事務局先輩も

「やべぇ!マジ嬉しい!!!」

もの凄い嬉しそうな、満面の笑顔です。

そこに、絶妙な野次が大御所部長OBさんたちから入るのが面白い(笑)

宴たけなわで、23時頃解散となり、帰りのバスに乗車。
ちょっと重量物を運搬することになりまして…

バスの工程上は、一番最初に私が降りるところですが、
そのまま乗り続けて皆さんを送り、坂宇場方面、大沢方面をぐるっと回って、
一番最後に降りたときは午前0時近くでした(汗

盛り上がるほどに、伝説は刻まれる…。