ブログ移行に困難多発

期限ギリギリの夏期休暇を取得して、
目の前に立ちはだかる課題の解決です。

武田先生のブログで利用しているサーバーが、
収益悪化と老朽化によるリプレース不能により…

サービス終了になってしまう!!

武田先生から、どうにかして欲しい的なメールを何通も受けつつも、
結構な作業になるため、手つかず状態でした。

まとまった時間を確保して、イザ!

某大手ネットワーク会社のサーバーからデータを抜き出して、
某大手ブログ運営会社のサーバーへデータ移行。

このプロセスは簡単に終わって、
どちらかというとドメインの移植の方が難しいかと思っていたら…

データ移行で、早速つまずく。

先生が投稿した記事データが膨大すぎて、ダウンロードしきれない。
10MB程度をダウンロードしたところで、中断されてしまう。

ぬうう。

困った私は、某大手ネットワーク会社へ電話。

最初に出た方は大変丁寧なご対応をくださったんですが、
次に出た方が…なんともはや。

「う~んと、ダウンロード先のパソコンの残り容量はありますぅー?」

という、なんともとんちんかんな質問をされる(汗

私のパソコンのHDD残容量が10MB程度だとおっしゃりたいのか!?

そんなん、ウィンドウズすら動かないと思われますが。

1時間近く、電話に費やした結果、原因が分からないので、
弊社で調査を実施しますとの結論に。

間に合えば良いのですが。

一日に何万人も見に来られるブログなので、
移動のタイミングとか、非常に神経を使います。

失敗したら、どうしよ(汗

さて、午後からは、浜松市へ向かいました。
東京から帰ってくる妻子をお迎えに。

途中、東栄病院に寄って、療養中の祖母の洗濯物を回収しつつ、
祖母の様子を見に行きました。

病室に私のブログをいつも観て下さっている方が!
お恥ずかしながら、読んで下さりありがとうございます☆

浜松駅に到着し、妻子を迎えると…

なんか、息子が持っているオモチャが増えてる…。

浜松市内で夕食を食べ、帰途に着きました。

名古屋へ先輩と出張

またしても…名古屋へ出張。

名古屋で9時半からの会議。
渋滞も勘案して、余裕を持って先輩と共に出発!

この2週間ほど、移動が多くて、しんどっ!

長い会議だから、余計にしんどっ!!

大きな渋滞に巻き込まれることも無く、
9時には会場へ到着しました。

遠くの市町村ほど早く到着する、いつもの現象です。

みっちり、終日。

4本立ての会議でした。
今、ニュースなどでも話題になっている内容なので、
国の方々もたくさんいらっしゃって。

気合い入りまくりでした。

芝桜の丘で職場の奉仕作業

素晴らしい天候に恵まれた今日は!

朝から茶臼山高原に集合!

集合したのは…職場の互助会メンバー。
日頃、一緒に仕事をしてみる皆様です。

職場には、様々な業務があって、
課が違えば仕事も全く異なります。

異動があれば、転職レベルで仕事の内容がガラッと変わります。

部署によって、これほど仕事の内容が違うってのは、
民間企業にいた時代に全く経験しなかったこと。

よって、課が違うと一緒に仕事をするってことが少なかったりします。
それでも、ココのような小さな組織では人が少なくて、
横の連携が重要だったりもします!

今回は、互助会組織主催のボランティア活動です。

豊根村の観光の目玉、芝桜の丘のメンテナンス。

情報を聞きつけた、山のしんぶんやさまもいらっしゃってます☆

広大な高原気候の土地に広がる芝桜。
シーズンオフの今は、太陽の光をたっぷり浴びた苗が成育中。

その手助けをするべく、除草作業や草押さえの籾殻まきをします。

20140928_095610_Android

村長さん、副村長さん、教育長さんの村3役、
一般事務職のみならず、バスの運転手さん、保育士さん、
保健師さん、給食センターの調理師さんに至るまで、全職員61人中43人が参加!

20140928_093844_Android

各々持ち寄ったバケツやカゴ、籾殻袋を携えて、
トン袋に入った籾殻をひと株ひと株、根元を覆い被せて巡ります。

株の数が数だけに、結構、気が遠くなる作業。

集中し、黙々と作業が進みます!

作業の最中、作業にもカイゼンが加えられていきます。

休憩時には、遠く御嶽山の方角を。

20140928_103038_Android

噴煙らしきものは見えませんが、少しガスっているようにも感じます。
晴れていれば、御嶽山が見えるとか?

ひたすら作業は正午頃まで続き、最後に残ったゾーンに全員集結してきました。

20140928_114923_Android

そして!
本日施工完了した区域は、分かりますでしょうか?

20140928_120832_Android

さすがは組織力。

帰りのリフトがたまたま村長さんと一緒になり、
観光振興について熱く語らったのでした☆

お弁当を頂いて、各々帰途に着きますが…

せっかく茶臼山高原まで、この天気の良い日に来ている!
写真を撮るしかない!というつもりでも来ていたので、
カメラを取りだして撮影スポットを巡りました。

DSC02763

愛知県内の山々を見下ろすこの場所。
まるで水墨画のように、空気遠近法を使った山々峯峯がとても美しい。

DSC02763

美しいのは昼間だけではありません。

せっかくの晴れ間。
自宅前から星空の写真も撮影しました。

こちらは、カシオペア座。

DSC02807a

明るい5コの星、オリオン座を成しておりますが、分かりますでしょうか。
豊根だと、暗い星まで写り込むので、かえって星座を探すのが大変です。

お決まりの、我が家の裏山から天の川。

DSC02785a

今回は、ソニーショップの船橋オーディオセンターさんから借用している、
カールツァイスのレンズを装着しているので、解像感と色合いが違います!

アンドロメダ銀河もこのとおり。

DSC02795a

なんと!

偶然にも、流星らしき物体が画面右下に映り込みました。

35mmフィルム換算で105mの画角です。
今回はトリミングしておりますが、300mmくらいの望遠レンズが欲しい…。

保育園運動会から浜松へ

絶好の運動会日和!!

練習を重ねてきた子どもたちが成果を発揮する!

保育園の運動会ですっ!

父母の皆様も、撮影準備万端です(笑)

DSC02343

都市部の運動会と違って、場所取り戦争が発生しないので安心ww
スペースに余裕があります☆

DSC02630

入場門に学年ごとに集まって、写真撮影。

DSC02350

そして、入場門に並んで…入場!

DSC02354

入場行進しながら、トラックを巡るんですが、

息子

腕を振りすぎ(汗

DSC02360

「おまえんとこの子は自由奔放だなぁ~っw」

副村長のコメント(汗

どうにも、目立ちたがりなのか、ひょうきんなのか、お祭り好きなのか。
誰に似たんでしょうねぇ~~

絶対、妻だと思いますが!(と、書いたら怒られそう。)

そのまま、ダンスが始まり。

DSC02406

障害物競走!!

DSC02417

チームに分かれてのリレー形式。
手のサイズに比べて、相当大きな鍋つかみを手に装着するのに苦労して(笑)

DSC02432

また、小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんによる競技も。

DSC02451

そして!

息子が自宅で何度も、何度も、練習したり…
鳥取で祖父母に披露していたダンスの時間がやって参りました!!

DSC02455

みんな、グラサンかいなっ!!ww

ロックンロールです。
それぞれにギターを手に持ち!!

DSC02466

入場門から音楽に合わせて飛び出し、それぞれの定位置へ!

か…カワイイ…。

DSC02457

自宅で何度もやってた決めポーズww

DSC02463

このヘアスタイルは、ジミーヘンドリクスでしょうか(笑)
さすがに、歯でひいたり、ギターを破壊するパフォーマンスまではありませんが!

みんなそろうと、これまた可愛すぎ!

DSC02479

癒やされます。

癒やされたところで、我々の出番がやってきました!!

「全体の身長バランスが同じになるような2チームに別れて下さい!」

先生からの指示によって、2チームに別れるんですが、
昨日、職場でたまたま出会った保育士の先生が

「けんたろくんは、シークレットブーツ履いてきた方が良いかもしれん!」

というので、なんのこっちゃ???と思っていたのが…

チャンバラゲームとな!?

それぞれ持参したヘルメットの頂点に紙の花をくっつけます。
その状態で、入場!

DSC02484

もちろん、私は一番身長が低いので、一番前です。

DSC02492

手にはカレンダーを巻いて作られたチャンバラ用カタナ。

…。

あれ?

ひとりだけ、ごっついヘルメットの方が…ww

金ピラ先輩www

我らのチームの大将は小学校の校長先生で、
校長先生の頭に付いた紙風船が割られた時点で勝負が決まるため…

守らねば!

いやしかし、あのごっついヘルメット。

どっちが大将なのか!ww

対する敵将は副村長さんであります。

いざ!勝負開始!

DSC02494

えーっと…。

私、敵方から、ものすごい視線を感じるのですが…。

ね…狙われてるーーーーー!!!

逃げるしかないww

逃げようとしたとこで3人ほど、私の方へ走ってきたーーー!
やべぇーーー!

職場の直属上司の頭上を狙いますが、ジャンプしても届きませんがな(汗

DSC02498

囲まれたーーーー!

DSC02499

私が取られたところで、どうやら大将も紙風船を割られ…。
勝負あり!

取られたの、、私だけやんっ!

というわけで、あっという間に勝負が付いたので、2回戦目に突入です。

我が青色チームは、ごっつい金ピラ先輩すらも取られてしまい…
残されたのは…

郵便局長ひとりだけ!

DSC02509

生き残って果敢に攻めておられます!

強ええ。

いやはや、興奮しました。

あと2回くらいやりたかったです(笑)

親父たちが遊び終わったところで、徒競走が始まりました!
この日のために、息子と走り込みを何度かやりました☆

妻の遺伝子を継いでいれば俊足なんですが、
私の遺伝子を継いでしまうと残念なことに…。

さあ!息子よ、がんばれ!

DSC02547

出足遅れて、3番手に…。

しかし!!
最後の最後で盛り返して、どうにか2着☆

DSC02554

お父さんの運動神経が抜群の子は、ほんっと速い!
走るときのフォームが違いますね。

息子よ、スマン。

今度は、来賓の方々&祖父母による障害物競走!

DSC02571

年を感じさせない跳躍力!

DSC02558

副村長さん。めっちゃ飛んでます。

さあ、一番ちっちゃい、さくらんぼ組さんによるお父さん捜しゲーム!

DSC02583

もう、ね、動きがかわゆすぎ。
キュート!

DSC02587

退場時には、両親が持つ布に包まれて…

DSC02600

保育士の先生、演出能力も優れています。

こちらは、年長のケヤキ組さんによる、イスのコッシー!!応援団です。

DSC02605

こちらも、息子が鳥取で披露してくれましたが、
年長さんの演舞だったのね。

年長さんになると、動きもしっかりして背筋も伸びて。
あと1年で、こんなに大きくなるもんなんだなぁ。

父親、来賓、祖父母とくれば…

お母さんたちの種目が無いわけがありません!!!
というわけで、意外に激しい四つどもえの綱引き!

あれ?

うちの母(ばあば)もいる。
人数調整でしょうか(笑)

DSC02617

母と妻が参加して、怪我人が出るんじゃないかってくらい激しく、
4方向から引きまくる綱引き!

今後は、親子ゲーム。

DSC02654

息子と協力して☆

さあ!運動会も終盤に達してきました!

DSC02703

バトンを次の子へ渡し!リレーです。

最後は、くす玉割り!

DSC02726

紅組の息子は白組に負けて、くっやしそうな顔をしていましたが、
悔しさをバネに…また来年!がんばろう。

正午を過ぎたところで、運動会は終了となりました。

んで帰宅して昼のニュースを見たらびっくり!!
御嶽山が噴火!?

たまにスキーやりに行く山。

怪我人も…というニュース。
予知とかできないもんですね。自然ってのは。難しい。

 

午後からは家族で浜松市へ。

明日、妻が友人の結婚式に参列し、なんと余興まで仰せつかっているとのこと!
今夜、一緒に余興をやる友達と打合せがあるようなので…

浜松駅へ送り届けます。

が!

当初、自宅で一緒にお留守番している予定だった息子が、
突如、行きたいと言い出しまして。

東京のお母さんが面倒を見て下さるということになったので、
妻子で一緒に東京へ行っちゃいました。

運動会の直後なのに、ハードな人たちだ。

浜松駅へ送り届ける途中の空に、轟音を鳴り響かせて飛びゆく機体。
浜松基地から飛び立ったのかなぁ~と、ふと窓の外を覗いてみたら…

あれ??

機体が6機。

編隊を組んでる!

素早い方向転換を同時に、寸分違わぬタイミング!!!

こ…これはもしかして…

ブルーインパルス!???!?!??!!

その直後、スモークを発生させて飛び去っていきました。

あの白い機体。間違いないって!!!

直ぐに妻がスマホで調べると、明日、浜松基地で航空祭があるみたい!
用事が無かったら行ってみたかったーーー!

浜松基地 | [JASDF] 航空自衛隊・エア・フェスタ浜松2014

air_festa_program.jpg (960×720)

ブルーインパルスの飛ぶ姿を生で見たのは初めて。
もう、ね、めっちゃ興奮しましたよ。

やっぱ、動画で見るのと全然違う。

浜松への送迎係を買って出て、本当に良かった!

いつか、展示飛行を見に行ってみたいです。

山の中を駆け巡る

なんだか急に処理案件が増えてきたので、
備忘のためにToDoリスト管理強化中。

午後から、現場へ向かいました。

今回の現場はこちら!!

20140926_153535_Android

林道から更に、作業道を突き進んだ先。
作業道は林道レベルを遥かに超えております。

まさに、オフロード!!

その先に、綺麗に手入れされた森林が!
手入れされた森林というのは、本当に美しいですね。

クマザサが繁茂して、清々しい。

クルマから下車し、しばらく進むと表れたのが田んぼの跡らしき場所。

20140926_153017_Android

石段が丁寧に積まれて、段々になっています。
その石段の法尻から水が湧き出て小川に。

20140926_153033_Android

小川の先はまた、地面に吸い込まれていきます。

20140926_153117_Android

杉や桧が山深くまで植えられていますが、
時として、こういったかつての耕作地に当たることも多く。

まるで宝探しのような気分になります。

職場に戻ってから、怒濤の事務処理がスタート。
今夜は遅くなりそうだ…

職場のほとんどの方が帰途に着かれ、まだ山積みのやるべき事を進めている最中に電話が。

「あ!まだいらっしゃいますね!良かった☆」

良くねぇーーーww

いつも、「大至急対応」という冠詞を付けてメールを送ってこられる
広域機関の、とある部署からでした。

というわけで、追い込みをかけるように、またひとつ増えたのでした。

ついに比較明合成アプリ

星空の写真やホタルの写真を撮影するときに活用し、
大活躍しているwindows用ソフトウェア、KikuchiMagik。

開発準備室: KikuchiMagick

大学時代のサークルの先輩によるお手製ソフトなんですが、
数年前から大流行して、星撮りの世界で有名に!!

今でもしょっちゅう使用させて頂いています。

豊根で撮影星空 – kenta’s page!!2009
天研新歓合宿と妻お迎え – kenta’s page!!2012
ホタル大増殖!!! – kenta’s page!!2012
ホタル写真新聞掲載!! – kenta’s page!!2014

ソニーさん、その処理をカメラ内で行えるようにしたカメラ用アプリをリリース!

ライトトレイル | PlayMemories Camera Apps | ソニー

ソニーが出している最近のカメラには、スマホと同じように、
アプリをカメラにインストールできる機能が付属しています。

残念ながら、私のカメラはアプリの概念が出る前のものなので付いていませんが。

本アプリのように、撮影した写真を加工するだけではなく、
アプリの中には撮影自体を制御してくれるものもあります。

写真の加工なら、パソコンに移して行うことが出来ますが、
撮影自体の制御はなかなか。
できないことはありませんが、アプリにより手軽になりますね。

ライトトレイル、使ってみたいです。

ソニー、カメラ内で比較明合成を行うアプリ「ライトトレイル」 – デジカメ Watch

ソニーは9月25日、カメラ内アプリ「PlayMemories Camera Apps」の新アプリ「ライトトレイル」を公開した。価格は税別476円。25日現在、対応機種は「α7S」のみとなっている。
長時間露光で撮影し、明るく変化した部分のみを合成する「比較明合成」を行う。通常の長時間露光のように、全体が明るくなりすぎることがない。

既に、対応のカメラを持っている皆さん!
試してみてはいかがでしょうか☆

旅ブログに掲載した写真は

長距離移動が連続した影響か…
身体も疲れております。

さあ、仕事だ!仕事だ!

早く仕上げてしまいたい仕事が集中してきているので、
単位時間当たりの仕事密度をいつも以上に上げて!

疲労困憊で帰宅。

たまりまくっているブログ記事を進めるべく、
パソコンの前で釘付けになっていると…

「ちゃらり~らら~♪ ちゃららららら~~♪」

録音チャルメラらしき音楽が、ドップラー効果を発揮しないレベルの速度で
自宅周辺を練り歩いているじゃありませんか。

妻子が興味津々で、

窓を開けた息子。

「ちょっと、待っててーーーー!」

夕食食べたばかりですけどwww

その実態は、移動販売のラーメン屋さん。
停めてしまった手前、一杯だけ購入させて頂きました。

DSC02329

人口密度の低い、こんな山の方にも屋台ラーメンって、なんだか良いですね。
プラ容器に入れて下さり、お持ち帰り可能です。

さあ!

ブログ!ブログ!

こっちも追いつかないっ!

今回掲載した写真は、素晴らしいレンズ群を利用しました。

DSC01475

なーーーんと!!!

いつも利用させて頂いている名古屋の船橋オーディオセンターさんが、
貸し出し用レンズを大量に貸して下さったんですよ!!

しかも、カールツァイスの、めっちゃ画質が良いと評判のレンズまで。

総勢、40~50万円コースでしょうか…。

おかげさまで、いつもと比べて写真の色乗りが違います!
とにかく!青色がしっかり写ります。

コントラストも効いていて。

欲しいなぁ…。
まあ、財布と相談してみると、却下されるわけですが。

船橋さん、ありがとうございます!!!

鳥取広島岡山の旅最終日

昨夜は、息子がベッドで眠りたい!と言うので、
初めて(たぶん)のベッド就寝をしたところ…

夜中に落下。

それでも、朝は元気にカブトムシカート??に乗車!
宿の前に展示してあったものですが、空想運転して楽しんでいました。

DSC02219

宿の近くには由緒ある厄除けの神社が鎮座。
チェックアウトして、朝の参拝に向かいました。

DSC02223

倉敷由加山 厄除け総本山由加神社本宮

日本三大権現の一つ、また厄除けの総本山として知られる由加山 由加神社本宮は二千有余年の歴史を持つ神仏混淆のお山。
その昔、磐座信仰(巨岩をご神体)と唱え近郊の人々の守護神として崇められ、その後七三三年(天平五年)に行基菩薩が十一面観音を祀り、併せて神仏混淆の霊山として崇拝されてきました。
桓武天皇の代以来、朝廷の祈願所として繁栄し、拝殿には菊花ご紋章を拝受しております。

権現様ということで、神仏混淆!といえば…花祭り!!

花祭りに同じく、明治時代の廃仏毀釈によって神社とお寺が分けられ、
神社とお寺が隣り合わせで祀られています。

長い厄除けの階段を上ってたどりついたそこには、備前焼で作られたという、
今まで見たことが無い焼き物の鳥居がお出ましです。

DSC02233

何個もの部材を組み合わせて形作られていますが、
近づいて表面を見てみると、確かに焼き物です。

境内に入ると、「厄除」の文字がそこら中に書かれています。

DSC02254

妻が前厄なので、ちょうど良い!
拝殿で参拝を済ませると、花祭りの切草のようなものが目に入りました。

DSC02241

切草に色紙を重ね合わせたその姿は…

上黒川花祭りで方の下さった方に差し上げているお礼の品ソックリ。

そして!
この神社にもありました、両参りの風習。

DSC02253

なんと、四国の金比羅宮が相手方なんですね。

金比羅宮も神仏混淆で権現様が祀られています。
これにて、両参り達成!

しかもこの神社、ひとつのお願いは必ず叶えて下さる神様だそうな!
それはまた、太っ腹ですね。

神社であまり願い事をしないんですが、ちょっと心が揺れます(笑)

何故揺れるかというと!

境内にそびえる大きな楠の御神木。

DSC02242

子授かりの楠だそうな。
これは!

お参りせねば。

んで、参り方があるそうです。
幹の周囲を3回回ると成就するらしいんですが、

男の子を授かりたい場合・・・・・右回り三回(時計回り)
女の子を授かりたい場合・・・左回り三回(反時計回り

男女の産み分けが出来るという!!

ぐるぐるまわりました。

朝日に照らされた境内の景色は大変美しく。

DSC02245

せっかくなので、直ぐ隣にあるお寺にも参拝。

DSC02257

我々は神社限定でいつも巡っているので、お寺は新鮮です。

厄除けの寺 由加山蓮台寺

木造座像の不動尊像としては、世界最大級と言われる、
厄除け大不動明王が鎮座。

名物と言われる「あんころ餅」を購入し、次の目的地へ。

妻のリクエストで向かったのは、倉敷帆布のお店、本店です。

DSC02261

国産帆布生地といえば倉敷帆布|株式会社バイストン コーポレートサイト

倉敷はジーンズ生地など、繊維産業も発達しているそうです。
帆船に使われるような上部で厚い布を使い、バッグをはじめとした
小物類を作っていらっしゃるメーカーだそうで。

本店ではまだ見足りないという妻の再リクエストにより、
今度は倉敷の美観地区へ行くことになりました。

まるで時代劇に出てきそうな雰囲気。

DSC02298

柳がしだれて、船がゆく。

この町並みを求めて多くの観光客で賑わっており、
それをターゲットにしたお店がたくさん!!!

DSC02270

むしろ、お店、ショッピングがメインなのか??

お店の種類も多岐にわたり、ターゲット層が広いです。

昔ながらのオモチャを扱うお店もあり、息子が手に取ったのは…

行きの車の中で観た崖の上のポニョに出てくる、「あの船」です!

「おもいっきり吹くと、船がおおきくなるの?」

と、息子に聞かれましたが、それはポニョの中の世界だけですよww
ロウソクに火をともして…こんなんで、本当に動くんだろうか。

個人的にも興味津々なので、お買い上げです。

女性陣のウインドウショッピングから逃れるように…
私は、神社を発見したのでお参りに☆

阿智神社–岡山県⟩倉敷–

倉敷の総鎮守。
青空に白い壁が栄えます。

DSC02285

こちらは拝殿で、奥に本殿が見えます。
祀られているご祭神は「宗像三女神」です。

数年前に九州へ行ったとき、参拝したのが宗像大社。
その御祭神と同一なんですね。

朝鮮半島との関わりがあるんでしょうか。

この境内からは倉敷美観地区の町並みを見下ろすことが出来ました!

DSC02289

白壁土蔵以外にも、目を惹くカラーリングの建造物。
白黒写真が、突然カラー写真になったような。

DSC02296

そして、その前には和装で整えた姿。

あまり長居をすると、豊根の自宅に帰るのが遅くなる…と、思いつつも、
どうしても長居をしてしまう、我らが家族。

でも、まだ、今なら20時くらいには戻れる!!

山陽自動車道経由で、自宅に向けて出発!

道中では、妻がいろんなものを発見します。
山の多くを切り開いた採石場らしきプラント。

DSC02301

山火事の跡?

DSC02305

気になって検索してみたら、今年の五月に発生した山火事の跡のようです。
兵庫・赤穂で山林火災 住民避難、高速道も一時通行止め:朝日新聞デジタル

ここまで火の手が迫ってきていたら、高速も通行止ですね…。

また、山頂に巨大な日の丸がたなびく山。

DSC02306

そして、今度は母からのリクエスト。

高速を降りてどこか、道の駅に寄りたいという申し出が。

インター近くで道の駅が無いか、妻が調査!
すると…

三木小野インター降りてちょっと行ったところに、
道の駅みき|三木金物
を発見。

刃物、金物が有名な地域なんですね。

これは面白そうだ。

宝塚の渋滞が心配ですが、2キロ程度のようなので、下車することに。
道の駅到着時点で、宝塚渋滞が4キロに増えていて焦りますが。

道の駅には、刃物展示室から…

DSC02309

実際に、刃物を直売している場所も!

息子は、お店の方が貸して下さったオモチャの鉋や金槌、
ノミに左官コテなどを駆使して遊んでいます。

DSC02311

母と妻も、何やらご購入のようでした。

さあここで、渋滞情報を…

…うへ。

なんと、我々が道の駅にいるとき、宝塚渋滞の中で事故があったようで…。

ものっすごい、渋滞が伸びています。
しかし、迂回路、分からん。

渋滞に突っ込むことにしました。

11キロくらいです。

道の駅からは妻が運転を代わってくれ、大助かり…
むしろ、渋滞という一番大変なところを…申し訳ない!

山陽自動車道から中国道へ。

はまりました。

DSC02313

私は助手席にて、ブログを執筆開始。
記憶が鮮明なうちに…

名神高速に入り、京都から母上が運転してくれました。

DSC02318

車内で私は、再びブログ執筆。
結構、これ、疲れます…。目が。

新名神を経由して伊勢湾岸道。

DSC02327

東海環状自動車道の鞍ヶ池PAにて、運転を私に交替。
最後の仕上げ、R153経由の自宅まで運転しました。

妻と母のお陰で、往路でぶっ通し運転したときより疲労度は低いです☆
23時前に到着。

四日間。

移動の割合が…かなり多いような。

週末直前の、2度の名古屋出張を入れれば、一週間で2,000km以上運転でした。
ウィッシュも8万キロに突入です。

何より!無事に帰って来られて良かった!!!

鳥取広島岡山の旅3日目

今日は、会社のお休みをもらっております。

お父さんと妻はお墓参りへ向かい、
程なく起床した息子の高いテンションに付き合いながら…

今朝も、母が作ってくれた朝食を皆で味わいます。

これにて鳥取から去ることになりますので、
時を惜しみつつ…

妻の祖母と我が母は、またしても折り鶴談義で盛り上がっています(笑)

んで、妻の祖父と息子と私で談笑。
息子と恒例の足し算ゲームをやっていると、
祖父が褒めてくれるので息子は調子に乗っていますw

んで、最後にみんなで集合写真☆

DSC01990

げきっぱれの青空の中、鳥取の実家を後にしました。

DSC02011

昨日は雲が少しかかってピークが見えなかった鳥取県の最高峰「大山」も
堂々としたその姿を我々前に見せてくれました。

さあ、ここからナビに従って運転を…

と、思っていたら、私が事前にgoogleマップで調べていたルートが出ない!!!

なぜだーーーー!

取り敢えず、記憶を頼りに山陰道に乗って西へ進みます。

相変わらず、空を飛ぶ自車位置アイコン。
この2年で、この地域の高速道路網が劇的進化を遂げたため、
ナビが全く役に立ちません。

島根県の松江まで進み、そこから松江道で中国道へ出るハズなんだけど…

ナビ上の松江道が、途中で止まってる。

それが問題で、ナビがルート検索できなかった!!!

目的地は、広島県、安芸の宮島です。
修学旅行の時以来行っていないという母のたっての希望により、
広島まで足を伸ばしてみることにしました。

ナビに無い道を進んでいると、息子が「トイレ!!」と叫びます。
コレは困った。

パーキングエリアがあるのか、サッパリ分からん!

しばらくすると、道の駅という看板を発見。
あれ?

道の駅??

そうなんです、松江道の途中から国交省の管理区間となり、
新直轄区間となるので、パーキングは道の駅。

たたらば壱番地という昨年開業したばかりの道の駅へ立ち寄ります。

DSC02016

たたらばって、製鉄業が盛んな場所なのかな?
なーんて思って、名前の由来を調べてみたら…

秘密結社鷹の爪』に登場する「吉田くん」の住所。

なんと。

アニメキャラの住所っすかw

秘密結社鷹の爪 – Wikipediaといえば、知る人ぞ知るアニメ。
島根県を全面PRする方で、有名なような気がしないでもない(笑)

そして、この雲南市(吉田町)こそ!
吉田くんの生誕地w

出雲大社にも吉田くんグッズはたくさんありましたが、
元祖はココなんですね。初めて知った。

私ができたてホヤホヤの高速道路に興味津々すぎて
運転を怪しく思ったと思われる妻が、ここで運転の交替を申し出てくれました☆

道路の規格としては三遠南信自動車道と似たようなものなので、
運転しやすそうだし…お願いしました!

んで、私は車窓の風景をパシャパシャ撮りまくり。

DSC02027

かやぶき屋根を改築したらしき家々が見える里山をたくさん通過。
山間に所狭しとひしめき合う田園地帯。
稲穂が垂れて、美しい光景です。

んでまあ、こっちも興味津々。

DSC02040

供用開始からまだ日が経っていない、真っ白なコンクリート擁壁!
土木建設工法も日々進化していて、新しい構造物ってのは興奮します。

美しいのり面施工に見とれていたら、

中国道に乗り移る予定のジャンクションを通り過ぎ、
終点まで行ってしまいました(汗

終点で一般道に降り、再び高速に乗ってUターンするわけですが、
その際、できたてホヤホヤの高速橋梁が見られて満足。

DSC02041

今来た道を、再び舞い戻ります。

DSC02043

できたての高速道路を走るのは最高です。

中国道に入ったところで、再び運転を私に交替。

広島自動車道と山陽自動車道、国道2号線を経由して、
宮島口のフェリー乗り場へ!

駐車場を探していると、手招きおじさん発見w

試しに料金を聞いてみると…

500円。

おお、安そうだ。

場所を教えて下さいと伝えると…

「うん!ワシも駐車場まで戻りたいで、乗せてってくれんかっ!?」

はいっ!?

というわけで、いきなりナビゲーターが車内乗り込みw
細い道を進みます。

車内では、ナビゲーターの超陽気おじさんが観光案内してくださっていますwww

なんだこれはw

フェリー乗り場に近い場所で良かったです。
あまりにおじさんが陽気なので、お昼寝中の息子が起床!!

ぐずるかと思いきや、おじさんの陽気さを気に入ったのか、上機嫌w

おじさん、ありがとうwww

昨夜、道の駅で出会った旅慣れた自転車マンさんに伺ったところ、
宮嶋といえば、あなご飯!

DSC02052

お昼ご飯にあなご飯を購入し、短時間ではありますが、
フェリーに乗りながら食べよう!

DSC02054

今回は、JRのフェリーを利用。
乗車料金、めっちゃ安いっすね。

あなご飯を頬張りますが、写真も撮りたいし…

DSC02057

なかなか慌ただしい、つかの間の船旅。

DSC02059

船からは、引き潮で鳥居の下まで人がたくさんいる厳島神社が!!

DSC02072

この半日で、もっとも潮が引く時間帯に当たりました。

これで私が厳島神社を訪問するのは3回目になりますが、
何故か…

いつ来ても、引き潮。

狙って来ていないので仕方ありませんが、
いつか、満ち潮で満ちた厳島神社をこの目で見てみたいです。

島内には鹿さんが自由に闊歩しています。

DSC02080

鹿を見慣れている息子ですが、
このように人を恐れない鹿は珍しいのか…

近くに行ってはしゃいでいます。

鳥居の下までたどり着くと、たくさんの硬貨が貼り付けられています!!

DSC02103

これには息子もかなりの興味を示し、
どうにか思案を巡らせながら、自らの賽銭を如何にして貼り付けるか、
悩みに悩んでいるようです。

DSC02126

水辺の貝殻探しに熱中する息子。

DSC02133

引き潮の時には、拝殿の方から鳥居下へ流れ、海へと注ぐ小さい小川が出没。

DSC02135

飛び石の橋で渡ることも出来ます。

DSC02139

拝殿側からは、廿日市市内を対岸に。

DSC02149

厳島神社を参拝。

さすがは世界遺産効果。
外国人観光客の方がたっくさんいらっしゃいました。

あまり時間が無いので、ゆっくりお店を観ることは出来ませんでしたが、
ふと目に入ってきたのが…交番!

DSC02170

めっちゃめちゃ懐かしい。

この交番、大学時代に大変お世話になった場所です。

http://kenta.toyone.org/2005/nicky200509.html#20050929A

広島大学で行われた金属学会で発表を行ったついでに、
先輩と2人でここまで足を伸ばし、観光してきました。

が!

そこで財布を落とす先輩…。

厳島神社の宮司さんと交番のおまわりさんに助けられました。

さて、再び帰りのフェリーに乗って宮島口へ戻ります。
息子がもの凄い上機嫌です。

どうやら、ジバニャンを買ってもらったようだ。

お店の方に

「今まで、ずーっと欲しかったの。やっと買ってもらえたの!」

と、自慢しまくっていたそうです。

さあ、ここから豊根へ戻るのは運転時間的にも、体力的にも厳しいので、
倉敷まで戻って一泊します。

宿へ到着したのも午後8時近く。

ほんっっとに疲れたーーー!!
主に運転によるものですが、疲労困憊です…。

嬉しいことに、宿には温泉があるので、疲れを癒やします。

息子は猫娘キーホルダーとジバニャンぬいぐるみと一緒に寝たいそうです。

DSC02215

子供用の浴衣もあって、かっこつけまくる息子でした。
美味しい夕食だったので、調子に乗って日本酒注文したら…

真っ赤になってノックアウトしたのでした。

焼酎飲んでも、全く平気な顔をしている母がうらやましいですw

鳥取広島岡山の旅2日目

今回は、我が母も一緒に来ています。
今朝の朝食は、母と妻が台所を借りて調理してくれています。

そして、息子は宝探しする気満々であります。

こりゃもう、行くしかない。

支度を調えて、お父さんの軽トラにくっついていきまして、
まずご案内頂いたのがこちら!!

DSC01719

広大な畑であります。

妻祖父の体調が芳しくないため、お父さんが妻祖母と共に、
日々、畑の管理に勤しまれています。

やはり、市場出荷するための畑というのは、でっかいもんですね。

妻や妻妹さんは、小さい頃、夏休みに東京から帰省しては、
この畑で西瓜栽培を手伝っていたそうな。

妻曰く、普通に食べられる西瓜でも、味が悪いとポンポン捨てていて、
とってももったいないと感じたとか…。
農産物の品質を保つためにも、厳しい品質が求められる。

さて、次にお父さんにご案内頂いたのが、こちら!!!

DSC01722

コナン駅。

本名、「由良駅」です。

本名よりも、愛称の方が目立ってるww

妻子は大興奮で駅舎の中へと入っていきます。
私も中へ…

おおおおおお!

駅舎の中も、コナンづくし!!

DSC01723

ここは、妻祖父祖母宅の最寄り駅。

名探偵コナンの産みの親、青山剛昌さんの生誕地です。
私の小さい頃は、YAIBAに大ハマリした時期があって、
青山剛昌さんといえば、コナンよりもYAIBAのイメージ。

町おこしに全面協力ですよ!これは。スゴイ。

DSC01725

使えるところには、全て使いました…ってくらい、コナンづくし(笑)

DSC01726

YAIBAは古くて採用されないんでしょうか(泣

DSC01727

北栄町の観光案内所にて、リアル宝探しのヒントを教えてもらいました。

DSC01728

ほどなく、最初の文字列を発見!

さすが、息子です。
奥三河の宝探しで宝箱の形を知っているので、我々より先に発見しました。

もうひとつのお宝文字列を探しますが、
もうお父さんは場所が分かったみたい!

場所を教えてもらい、それとは別で案内して下さったのがこちら!

DSC01745

コナン迷路です。

名探偵コナン 巨大迷路で少年探偵団を探せ!Ⅲ – コナンに会える町ー北栄町観光協会公式ホームページー

毎日営業ではなないんですが、今回は休日だったからか、
開設されていました!

スタート時間の登録を完了し、スタートゲートへ!

DSC01736

高いところから見下ろすと、迷路はこんな感じ。

DSC01739

最初は、子ども向けだから…まあ、息子に付き合って、
簡単に終わるでしょ。

って思っていたのが…

結構、難しいよ!これ!

四つのチェックポイントに、名探偵コナンに出てくる少年探偵団メンバーの顔スタンプが
置いてあって、それを参加カードに押してコンプリートすると出口が近づくという。

DSC01743

スタンプ大好きな息子には最高のエンターテイメントですね。

20分くらいかかって、ようやく脱出しました。
上空からヒントを下さったお兄さん、有り難う御座いました。

青山剛昌ふるさと館に立ち寄ってみると、
ようやく!

YAIBAに会えました(笑)

DSC01749

ま、息子には古すぎてサッパリわからんと思いますが。
大きくなったときに、私の本棚から引っ張り出して読んでくれたまえ。

駐車場付近には、阿笠博士の愛車も展示されていました!!

DSC01752

さて、ここからちょっと足を伸ばしまして、
妖怪ウォッチも流行っていることですし、妖怪の街といえば…境港!!

水木しげるロードが有名な、ゲゲゲのふるさとです。

境港を目的地にしつつ、せっかくなので端っこの美保関へ行ってみよう!

境港を通り越して、天高くそびえる橋を渡って湾岸沿いを進みます。
神社が大好きな私たちにとって、この神社は以前から行ってみたかった場所。

出雲大社と縁の非常に深い神社であり、
こちらも参ることで両参りとなります。

その名も、美保神社

ゑびす様の総本宮でもあります。

DSC01772

参道のお土産屋さんにものっすごい勢いで手招きされて駐車。

以前、山口県の秋芳洞でも同じような経験をしたような。
古くからある観光地で、古くから経営しているお土産屋さんにありがちな光景です(笑)

日本人の民族性を利用した商法でしょうかw

駐車場所を教えてくれたお礼にお土産を買わないといけないような衝動に駆られるw

港町の真ん中に存在するけれど、山らしさも。
息子は境内でどんぐり拾いに熱中(汗

DSC01791

拝殿で参拝を済ませ、拝殿後ろに鎮座するご本殿を拝見。

DSC01779

境内には、樹齢千年のケヤキをくりぬいて作られた巨大太鼓が!

DSC01782

大きさを比較するための息子が映り込んでいないので、
いかに大きいかがわかりにくいかと思いますが。

あ、そうそう、拝殿には整然と並べられた机と椅子が。

DSC01788

これは…

結婚式!?

今日、挙式予定の方々がいらっしゃるんでしょうか。

さて、御朱印も頂きまして、

DSC01792

美保神社を去ろうとすると…!!!

神社の入口、第2の鳥居あたりに花婿さんと花嫁さんがっ!!

DSC01793

鳥居の向こうには港町、海が見えます。

なんという素晴らしい光景。
絶妙なタイミングに居合わせました。

目の前を通り過ぎる新郎新婦に道を開け、息子が

「おめでとぉーーーございまーーーす!」

御祝いのお言葉を。
めでたいっ!

クルマを出すときに、さっきの手招きおばさんが!

さすが母。
ちゃんと、お店でイカ焼きをご購入!

焼きたてイカを頬張りながら、美保関灯台を目指します。
イカ焼き手招きおばちゃん曰く、そこでお昼ご飯が食べられるそうな。

海沿いの道をゆっくりと進み、行き止まりの駐車場に車を停め。

真っ青な日本海!

DSC01810

そこにそびえ立つ美保関灯台。

DSC01813

この海の向こうは隠岐の島。

DSC01815

地域づくり業界で、今、最も有名とも言われる海士町はこの先。

この美しい風景が見られる場所は、ここです。

image

灯台守の方々が宿舎として利用していた建物が、
今風のお洒落なビュッフェになっています。

カレーライスを注文してみたら、結構な辛さ!でも、旨い。

DSC01816

ビュッフェのカウンター席からは、隠岐の島がうっすらと。
青い海を眺めながら、家族連れなのに敢えてカウンター席w

腹ごしらえを終えて、境港方面へ戻りますが、
もう一箇所、行ってみたい場所が!

それは…

ベ タ 踏 み 坂

ダイハツのCMで有名になったという、空に向かって伸びる橋です。
今年に入ってから、橋を異常に愛するようになった私。

さすがは妻のチョイス。

行 く し か な い 。

ベタ踏み坂へ向かう途中、ナビの地図を見ていたら、海の中を走る不思議な道を発見。
現場を見てみたい衝動に駆られ、ベタ踏み坂へは遠回りになりますが、
家族の同意が得られたのでw行ってみることにしました。

航空写真で見ると、こんな感じ。

image

そして、現地はこんな風!

DSC01874

右側には海が見えますが、左側が…

雑木林に遮られて見えない-。

左側も、海です。

まさに、海の中を渡っているような。

この道に平行して陸側に同様の道があるので
わざわざ埋め立てて道路を作ったようにも思えないし…

もともとあった砂州に道路を作ったんでしょうか。

その不思議な道を通って埋め立て工業地帯らしき島に移ります。
その島(島根県側)から境港(鳥取県側)に渡るのが!!

これです。

ベタ踏み坂。

DSC01886

妻が車内から撮影してくれました。

橋が、船の通過の支障にならないように、非常に背の高い橋になっています。
すげえ。

橋のたもとには、観光客らしき方々がカメラを抱えています。

いざ、ゆかん!

さすがに1,800CCのクルマにとってベタ踏みとはなりませんでしたが、
グングン登っていくと景色も見渡せるようになり。

眺めが良かった。

上りが坂なら、もちろん下りも坂です。

DSC01899

下りきったところで、鳥取県!

ぬらりひょんがお出迎えです。

DSC01912

ねずみ男の後ろ姿が目に入ります。

DSC01920

ここは、境港にある水木しげるロード!!

息子も昼寝から目覚めて、妖怪商店街へ突入。
しかし、そこには今流行の妖怪ウォッチの存在は一切御座いませんがw

あ、いや、ガチャポンとかに、たま~に紛れ込んでいることはありましたが!

流行に左右されないスタンスがイケてます。

ここに来たら、まずは水木しげる記念館
ゲゲゲの鬼太郎の作者、水木しげるさんといえば、
その波瀾万丈な人生が有名です。

記念館には生い立ちから今に至るまでが綴られておりますが、
それ自体がひとつの壮大な物語で、見入ってしまいます。

大阪で生まれ、鳥取県で育つ。幼少時、まかない婦として家に出入りしていた景山ふさ(のんのんばあ)に可愛がられ、彼女が語り聞かせた妖怪話の強い影響を受けた。
高等小学校卒業を経て、画家を目指して大阪で働きながら学ぶ。やがて徴兵年齢に達し、近眼であったが体躯壮健で徴兵検査は乙種合格、補充兵役編入(現役兵ではなく補充兵のため入営はせず)。1943年、夜間中学3年生在学時に召集され帝国陸軍の軍人(兵)となった。太平洋戦争下のニューギニア戦線・ラバウル方面に出征、過酷な戦争を体験。同地で爆撃を受け左腕を失う。一方で、現地民のトライ族(英語版)とは親しくなり、ニューブリテン島に残ることも希望したが適わず、再会を約束して帰国した。
復員後、貧窮により画家になるのを諦め、生活のために始めた紙芝居作家を経て上京。1958年、貸本漫画『ロケットマン』で貸本漫画家としてデビュー。1961年、布枝婦人とお見合いで結婚。
1963年、代表作『悪魔くん』を貸本の東考社から出版したが、貸本漫画界が下火になったことから、1964年に『ガロ』で商業誌デビュー。1965年に『テレビくん』が講談社児童まんが賞を受賞したほか、貸本時代に描いていた『ゲゲゲの鬼太郎』や『河童の三平』といった作品が『週刊少年マガジン』『週刊少年サンデー』にそれぞれ掲載され、以降、妖怪を扱った作品により人気作家となった。1966年には『悪魔くん』が水木作品として初めてテレビドラマとして映像化された。最大のヒット作となった『ゲゲゲの鬼太郎』は1968年より5度TVアニメ化されている。from Wikipedia

戦時中に派兵されたニューギニアで現地住民に助けられて仲良くなったものの終戦を迎え、
後ろ髪を引かれつつ日本に帰って、26年後に念願叶ってニューギニアに行き、
現地住民と再会を果たしたというのも、熱い話。

水木しげるロード、記念館ができてから20年が経つわけで、
アニメやまんがを利用したまちおこしの先駆的存在でしょうか。

館内では、猫娘さんや砂かけばばあさんが出没し、
息子も大興奮!

DSC01927

猫娘さんがお気に入りのようです。

商店街を巡って、猫娘のキーホルダーを買ってもらい、
飛んで喜んでいる息子でした。

商店街といえば、一見すると、ちょっと歴史を感じる、
多くの街ではシャッター通りになっていそうな商店街だったんですが…

恐るべし!妖怪効果。

商店街が完全に、妖怪に乗っ取られています(笑)

DSC01939

舗道上に散見される汚水配管のバルブ蓋。

鬼太郎と目玉のおやじ。

これだけではありません。
ゲゲゲの鬼太郎に出てくるキャラクターで、何種類も!

パブリックな構造物だけでなく、もちろんお店の商品も。

DSC01941

パン屋さん。

目を凝らすと、どのキャラクターか分かってきますか??
鬼太郎怖ええ。

ぬりかべ、作りやすそうww

さあ、まだまだありますよ!

DSC01943

普通のタクシーかと思いきや…

あんなところに、目玉のおやじがぁ!!!!

行灯が!!!目玉のおやじだーーー!

「ATM周辺で妖怪に暗証番号を聞かれても、決して教えないで下さい」

DSC01946

シュールです。

ATMまでも、妖怪対策。

この雰囲気、どこかで味わったことがあるような…

えーっと…

あそこだ!富士急ハイランド!

一歩間違えば、シラケてしまう手法だけに諸刃の剣ですが、
徹底することでおもしろい街になるもんですね。

客層的にも、若いカップルが非常に多かったです。

妖怪に取り憑かれたのか、公衆の面前で喧嘩中のカップルもいましたが(汗

息子は古典妖怪の魅力に取り憑かれています。

DSC01934

いったんもめんに乗ってご満悦。

はしゃぎすぎて、撤収予定時刻を完全にオーバーしておりますが!

港湾部からは、ベタ踏み坂とは別の、海をまたぐ橋梁が目に入りました。

DSC01947

美保関へ向かうときに渡った橋梁(境水道大橋 – Wikipedia)です。

現在、補修工事中なのかな?
工事用の布で覆われていて、ある意味貴重な光景かも知れません。

本来は美しいトラス橋です。

日も傾き始めたので、祖父母宅へ戻ります。
同じ鳥取県内とはいえ、距離があります。

しかし、近年、この辺りの高速道路網はもの凄い勢いで発達。
大変、助かります。

今夜の夕食は、我が母と妻が親子丼などなど、手作りで振る舞いです!
材料は、お父さんが買ってきて下さいました。

母上、さすがはヘルパーで鍛えた腕。

他人の家の台所であろうと、スムーズです。
さらに、祖母との会話もプロフェッショナル!!!

折り鶴の作り方など、折り紙談義に花を咲かせている様子でした。

その間、私は息子を連れて一緒にお風呂に。
自宅だとお風呂で湯囃子やって暴れ回る息子ですが、
さすがに余所のお宅でお風呂に入ると、暴れちゃいかんと思うようです(笑)

食事と歓談を終えて、21時頃。

Facebookに鳥取の記事をアップしていたところ、私の記事にコメントが!

「おお!ニアミス!」

とな!?

どうやら、その方はココからクルマで10分弱のところにある、
コナンの道の駅付近でキャンプしているそうなのです!

東三河地域在住の方ですがww

一緒に仕事をした御縁(同業者)もあり、豊根村に深い縁のある方。

妻が「そりゃ!すごい!行かなきゃ!!!」ということで。
私は既に顔が真っ赤になっているので、妻に運転してもらって…

会いに行きましたw

その方も、わかりやすい場所で待っていて下さり、
まさか…鳥取で出会うことになろうとはww

かなり近い距離でのニアミスにビックリしました。

記念すべき、道の駅認定全国第1号の石碑とコナン像と一緒にパシャ。

DSC01965

DSC01967

写真を見ても分かりますとおり、その方は…

自転車で旅を続けておられます!!!
岡山県まで電車で来て、そこから中国山地を縦断。
大山でキャンプしようと思っていたら時間に余裕があったので、
日本海側まで来ちゃったそうな。

その「来ちゃった」おかげで会うことができました(笑)

いやあ、興奮した。

お父さんも、興奮してたww

帰宅したら、みんな寝ちゃっていましたが!
さあ、明日に備えて我々も。眠りにつきました。