ブログ対応と切草作成

武田先生から来たメールで飛び起きる。

明け方、先生に送った音声ファイルyoutubeアップロード法をトライされ、
さっそく、途中でアクシデントが発生したようです…。

うむむーーー!

武田先生からのメールは、眠気も吹っ飛びます。

直ぐにパソコン前に座り、
武田先生との怒濤のメールやりとりが始まりました。

先生がテレビ収録やら講演会やらでメール打てる時間が限られているので、
リアルタイムでやりとりするには先生からメールが来た時を狙うしかない。

アップロードの手順が複雑。

海外の英語サイト。

でも、さすがは飲み込みが早い武田先生。

私の説明不足分を、追ってメールで打ちまくって送りまくり!
いくつものハードルをくぐり抜けて…

午後には無事!

音声ファイルをyoutubeへアップして、それをブログにリンクするところまで到達☆

http://takedanet.com/

日本家電の崩壊の原因 : 武田邦彦 (中部大学)

独りでガッツポーズ。

落ちついて、次の作業に取りかかれます☆
お次はこちら。

DSC_3142

自分の地区の花祭りの準備。

切草です。
ざぜち作成中。

DSC_3144

今年の振り分けで担当になったのが、夫婦岩のざぜち。
紙垂(しで・かいだれとも言う)の部分を誤ってちょん切らなければ。
比較的簡単。

と、切っている最中、また武田先生からメールが。

またもや問題発生。

問題調査を始め、解決策を探します。

さて、いつまで続くか…このデッドレース。

タイヤ交換と東栄町河内花祭り

来週末くらいから、気温が下がる見込みのようで。
そろそろ冬支度を…

軽トラのタイヤ交換から始めました。

DSC_3138

油圧ジャッキと十字レンチのお陰で、
素早くタイヤ交換が可能です☆

DSC_3139

夕方、グッスリ眠った息子と妻と共に、
夜の闇に包まれてから…東栄町の河内地区へ!!

坂宇場花祭りと日程が重なっていたため、
しばらく行っていなかった、東栄町河内地区の花祭りです。

が!

出発してしばらくしてから、武田先生から嵐のようにメールが…。

どうやら、アップロードした音声ファイルが上手く再生されない不具合が、
ブログ閲覧者の方何人にも出ているようで…

クレームのメールが大量到達しているそうなんです。

それがまた…先生…律儀に、全てのクレームメールを私へ転送してくださるもんだから…。
私のメールボックスが爆発寸前です。

いや、それだけのメールを受けている先生も爆発寸前なんですが。

ここできびすを返して帰宅するわけにはいかん!
というわけで、先生に電話して、今日の明け方まで我慢して頂くことにしました(汗

解決策は既に頭の中にあって、youtubeへのリンクを考えています。
しかし、スマホでメール確認することは出来ますが、
youtubeのアカウント作成から手順書作成まではスマホでできません。

気を取り直して、十数年ぶりに河内の花祭り。2回目です。
前回は、高校時代に亡き父に連れられて。

地固めのやち(河内地区では「矢知」と書くんですね。)が終わったところで、
続いて始まったのが、湯の舞(湯桶)。

DSC05507

湯の舞って、聞いたことがないですが、花の舞のようなものでしょうか。
手に持っているのは…

DSC05517

ひ…ひしゃく!?

これもまた、初めて見ました。
他の地区の花祭りを巡ると、必ずその地域独特の「個性」があります。

そして、鬼様が出てきました!

DSC05557

舞庭の様子を見ても分かりますとおり、
舞庭の装飾が白一色。

まさに、御神花。

仏教色が取り除かれています。
中設楽地区と同じく、明治維新の廃仏毀釈の影響を受け。

やはり、当時都会だった場所は、政府の影響を受けやすかったんでしょうか。

田舎までは命令が届かなかったのか!?

よって、鬼様の名前も、ちょっと違います。

DSC05571

ちなみに、この鬼様は願主の舞。
東栄町で言う願主の舞ってのは、決まった舞ではなく、
次第の中のなにがしかの舞を舞うようです。

願主の舞というからには、舞に対する奉納があります。

DSC05690

次第を見ていても、見慣れない演目がいくつも。

さて、再び湯の舞が始まりました。
湯の舞(榊)です。

DSC05573

榊の枝葉、まるで玉串のようなものを手に持ち舞うんですね。

DSC05581

花笠をかぶって、こちらも花の舞みたい。

DSC05591

そして、須佐之男命登場。

DSC05600

釜戸のたいまつを振り払い、荒ぶれます。

ちょうどこのとき、豊根出身の先輩が消防服を身にまとい、
消防団花夜警をされていたので一緒に喋っていましたが、
話に夢中になっていたら火の粉が飛んできて焦りました。

御園のどこの花祭りにもいらっしゃるSさんに誘われて、
「せんじ」に向かい、河内の方々とお酒を飲み交わしました。

熱燗を、これでもか!ってくらいに注がれて…

常に表面張力。

ヤバイです。
ちなみに、一緒に誘われて行った設楽町地域おこし協力隊の彼は、べろんべろん。
奥様がちゃんと運転手で来ていらっしゃるので安心ですが。

盛り上がっているそこに、いらっしゃったのが…!!!

マジシャンで有名な、豊根村富山地区の駐在さん!!
以前の勤務地の縁で、河内の花祭りにも携わっておられるんですね。

河内地区にはもうお一方、東栄町のマジシャンさんがいらっしゃいます。

北設の有名マジシャン、そろい踏みなんですね、ここは(笑)

そして、富山駐在さん、何を言い出すかと思えば…

「次!!岩戸明(いわとあけ)、3人確保ーーー!!!」

か…確保ーーー!?

署へ同行…いや、支度部屋へ同行願われました。

次に行われる演目が「岩戸明(いわとあけ)」です。
豊根でいう、すりこぎ・杓子、みこ、ばばあ、ひのねぎ、おきな。

ここにも御神花の面影が。

天照大神の天岩戸をなぞらえていらっしゃる。
んで、天岩戸といえば、岩戸の外で盛り上がって天照大神を外にいざなう…。ですよね。

その外で盛り上がる役がすりこぎ・杓子、みこ、ばばあ、ひのねぎ、おきならしい。

それを…

ヤレと(汗

ほ…ホントに私たちがやるんですか!?

と、十回以上言いましたが!

いつの間にか衣装に着替え、面を付けている御園のSさんと設楽町地域おこし協力隊、
そして…私の3人。

まさか、見たことの無い舞をやることになろうとは…。

富山駐在さんのマジックですね。これは。

DSC05613

はい、わらわらわら~~っと、舞庭へ出発。

謎の銀色、マラカス形状の物体を持っているのが私です。

DSC05619

面を見て分かる通り、全然、前が見えねぇ。

DSC05627

地元の方の舞を真似しようにも、人が多すぎて、さらに見えない!
もうこれは…

上黒川の舞式でやったれ。

そして、こちらは設楽町地域おこし協力隊くん。

DSC05635

もんのすごい人の数!!
もはや、舞手がどれだかわけわかりませんね。

DSC05671

息子も、一緒に跳びはねていたそうです。

DSC05677

40分以上続いたでしょうか。
つ…疲れたーーー。

豊根の舞も、意外にウケて良かったです。

お酒もすっかり抜け落ちました。
代わりに汗びっしょりです。

そして…大蛇退治。
須佐之男命(東栄町のマジシャンさん)。

DSC05686

退治される大蛇という位置づけの獅子舞が出てくる前に、
妻も疲労困憊なので、帰宅することにしました。

獅子舞は富山駐在さん。
そして、その後ろ足は…

御園のSさんだったそうな(笑)

帰り道は妻に運転してもらい、
後部座席で吐きそうになるのをこらえながら、どうにか自宅到着@午前3時くらい。

そこから気を取り直して!!

武田先生ブログに取りかかります。
身体がしんどくてたまりませんが…

1日数万人にも及ぶ読者の方に音声不具合の影響を与えてしまうため、
できるだけ早く、問題を解決させなければ。

youtubeへ画像と音声を切り分けた状態でアップロードし、
それをブログへ貼り付ける手法を確立。

それを事細かく解説書にして武田先生へメール送付。

ああ。外が明るくなってきた…。
今週末もまた、徹夜でした。

ぬかるみの山の中

小雨ぱらつく中ではありますが、
先輩が担当する村道の復旧工事現場と
自分が担当する山の中の作業道開設現場へ☆

さすが…

舗装していない山中道路は滑ります。

村道とは言っても、林道のようなもので、
未舗装の尾根伝い道路が続きます。

こんなところに40年も前に道路を開設した先人、スゴイ。

新しい工法なので、興味津々でたどり着いた先には、
氏子総代長さん!

まるで自分の手のように、見事にバックホーを扱っていらっしゃいます。

次に向かった森林作業道。
ぬかるみレベルがハンパない。

まず、向かう道がなかなかのもの。

そして、向かった先の作業道内には、
作業道を開設するために伐採された木々。

DSC_3131

かなりの年輪を重ねています。

DSC_3132

枝葉は作業道から谷川に向けて転がされているので、
一面を緑色に覆われて、不思議な光景。

DSC_3133

この作業道も、水源涵養のため、
適切な森林施業が行われるために開設されています。

開設前にも現場踏査したんですが、
急斜面が続く山の斜面に、見事に道が開いていて感激!!

着工前と、着工後で、表情が全く違う。

すっげぇ。

土木工事の職人技、ココに有り。

開設したての路面だけに、
雨が降った直後は、ぬかるみまくり(笑)

長靴がえらいことに。

水道(みずみち)になっているところなんて、
長靴がほとんどめり込む(汗

とにかく、感動しました。

まだこれから材木の搬出作業が進められるわけで、
林業機械が置いてあって、非常に興味深い。

動いているところを見てみたいなぁ。

同じ道を戻って帰途に着くわけですが、
帰り道は急な上り坂。

車両が滑る。

でも、さすがは四輪駆動車。
滑りながらも、確実に登っていきます。

まるで、大雪の中をスキー場に来た気分でした。

職場へ戻ってきた後は、洗車です。

武田先生から質問が続く

昨夜、無事に切替を完了した武田先生ブログ!!

http://takedanet.com/

思った通り!
先生から電話が来ました。

使い方について、質問が。

学生時代も、そうでしたが、
資料を作成完了してからが、本番。

そこから、怒濤の質問&御指導ラッシュが続きます。

武田研出身者なら、誰しもが震える瞬間(笑)

さすがに、今回、御指導はありませんでしたがww

読者の方からも反響がたくさん来ているようで、
取り敢えず、嬉しいです。

まだ、課題はいくつかありまして…

その中の最たるものが、音声ファイルの取扱い。

今回移行したライブドアブログサービスでは、
音声などの画像以外のファイルは容量制限が500MB。

すなわち、1ヶ月分程度しか、音声ファイルをサーバーに置いておけない。

これは、本当に困った。
最近、ブログ執筆に平行して、生声音声録音も多いのです。

他のアップロードサービスを使って、
そこからリンクする方法も考えていますが…
何か、良い方法はないでしょうかね(汗

例えば、このサービス。

TwitSound | 音楽つぶやきサービス
音楽ファイルをアップロードしてTwitterやFacebookでみんなと共有できる「TwitSound」 – GIGAZINE

登録不要で無料、誰でもmp3などの音ファイルをアップロードし、
ブラウザ上で再生できるというモノ。

ここにアップロードしてもらって、生成されたURLをブログにリンクする…とか。

youtubeの音オンリー版があればサイコーですが。

とにかく、まだまだやること増えそうです(笑)

ついにブログ切替じゃぁ

長かった…。

この戦い、ついに終止符が打たれるときが来た!!

ようやく、武田先生のブログデータの引越がほぼ完了。
(物理的に引越が不可能な部分は除いて…)

武田先生からOKが出たので、DNS(ドメインネームサーバー)レコードを書き換えます!

CNAMEレコードをライブドアブログのサーバーへ変更。
うまくいくかな…ドキドキします。

あまり慣れない作業だけに。

変更が反映されるまでに数時間~2日間ほどを要すると言われる変更ですが、
皆さんのパソコンでは、既にデザインが切り替わっているでしょうか?

http://takedanet.com/

URLを氏名とすると、IPアドレスは電話番号で、
DNSサーバーってのは電話帳のようなもの。

ケータイなら氏名を打ち込むだけで、番号入力しなくても電話できますよね。
それは、電話帳が氏名と電話番号を紐付けして記憶してくれているから。

ブログデータが置いてあるサーバーにたどり着くには、
IPアドレスという電話番号のようなモノが必要ですが、
数字の羅列なので特徴が無い。

ケータイに同じく、氏名(URL)と電話番号(IPアドレス)を紐付けしてくれる、
電話帳的機能がネット上に存在するのです。

それが、DNSサーバー。

んで、今回、武田先生のブログをサーバー替え(お引っ越し)することにより、
サーバーの位置を示すIPアドレス(電話番号)が変わっちゃいます。

そうすると…IPアドレス(電話番号)を知らない人はたどり着けない!
「ブログを移転しました、新しいURLは…」
なーんて、案内を出さないといけなくなります。

ここで便利なのがDNSサーバー(電話帳)。

電話番号が変わったら、電話帳を書き換えれば良いのです。
そうすれば、同じ氏名(URL)で変わってしまった電話番号にたどり着ける。

その作業が、先ほど実施したDNSサーバーのCNAMEレコード書き換え
これが、電話帳書き換えと同じ操作。

よって、今までブログをご覧になっていた方々も、
お気に入りに入っているURLを変更することなく、
知らぬ間に新しいサーバーにたどり着けるのです☆

ただ、ネット上にはたくさんの電話帳がピラミッド階層状に広がっているので、
それら全てを書き換えるにはちょっと、時間を要します。

よって、実際に反映されるまでに最大で2日ほどを要するのです。
早ければ、数時間で完了します。

(素人知識なので、例え方が間違ってたらすんませんっ!)

 

[以前のデザイン]
武田邦彦 (中部大学)

そしてこちらが…

[新しいデザイン]
武田邦彦 (中部大学) (1)

どうでしょう?
スッキリして、今風のデザインになったでしょうか?

写真は、茶臼山高原ww

こうして先生のサポートができるのも、
このkenta’s pageを構築するために勉強した知識があってこそ。

やってて良かった。

サーバー移転のついでにデザインを一新したんですが、
記事の量があまりにも膨大であったため、データ引っこ抜きなどでトラブル尽くし。

この1ヶ月間は帰宅後、瀕死の状態で作業を進めていました…。

さて、DNSレコードを書き換えて直ぐに、アクセス数に変化が生じました!

image
@18:35(DNS切替直後)

ほんの数分で新しいサーバーに切り替わる方も多いようです。

さらに、切り替えてから1時間後。

image
@19:35(DNS切替から1時間後)

あっという間に4000件近いヒット数に。

以前のブログを利用開始したのが2007年の初め頃。
先生が定年退官直前で、私が卒業直前のとき。

そこから今に至るまで。

解析開始時からの通算アクセス数は1億を超えています。
恐るべし、武田先生。

実は、まだ問題を抱えている状態ではありますが…
それは、以前のブログサーバーが閉鎖した後の作業で大丈夫なので、
とりあえず、これにて一件落着!

もちろんボランティア、dedication!
武田研究室を卒業した今でも、管理人です。

自宅不在が続き宿直

先週の東京日帰り出張を皮切りに、
盛りだくさんの日々が続いております。

自宅に、おらんすぎ。

そのせいか、息子の異変に気付けなかった…。

日曜日の夜中に突然、

「痛いよぉ~~」

と、大泣きして飛び起きた息子。
顔を見ると、耳の下辺りが大きく腫れている。

パッと見て、顔の形がおかしい。

冷や汗が背筋を流れました。

何が起きたのか理解できずにいると、妻が

「おたふく風邪…かな??」

さすが、母なる女性は冷静です。
言われてみて、おたふく風邪という病気があることに気付いた。

急いで子供用の鎮痛剤を取りに行き、1錠を水で飲ませてやる。

そして、息子の年齢だと3錠必要ということで、妻に怒られる(汗

 

昨日も終日不在で、今日は仕事が終わってから宿直。

今日、病院に連れて行ってくれたみたいですが、
どうやらおたふく風邪じゃないようで。

似た症状が現れるけれど、感染症ではない炎症。

それもそれで子どもにはツライ。
う~~む。宿直室で悶々と…

武田先生ブログの引越作業を進めているのでした…。
早く…切りを付けたい…。

大学友人結婚披露宴で蒲郡へ

声変わりしました。

坂宇場花祭りによって…(汗

ハスキーボイスな程に、喉がやられております-。

スーツに着替え、出発!
目的地は、蒲郡。

今日は、友人の結婚披露宴に参列します。
友人の交友関係は、だだっ広いので、一体何人の招待者が集まるのか!

それもまた、楽しみであります。

 

まずはその前に、設楽町へ。

設楽町で同じ披露宴に参列する友人と、
さらに、坂宇場花祭りで笛を頑張って吹いていた友人を拾って。

笛を吹いていたその方は、関東在住…
いや、日々世界中を飛び回る仕事をしているので日本にいないことが多いですが!
それでも、毎年必ず花祭りには顔を出すという。

大学時代のフィールドワークで花祭りにハマったパターン(笑)
どこかで聞いたことがある話ですねww

耳寄り情報によると、木と革細工の青山さんが個展を開いていらっしゃるとのこと。
私、まだ訪問させて頂いたことが無いんですが、これは良いきっかけ!

木と革 aoyama

妻がいつも、お世話になっています。

設楽町の都会、田口から細い山道を登っていくと、
そこに現れたのは、なんとも個性的な建物。

DSC05438

既に妻を通じて私のことを御存知の御夫妻。
ようやく会えました!

大きな窓から差し込む光に照らされた木造の内部。

DSC05437

この個展期間中、ここがカフェに変身!
美味しい珈琲を頂きながら、リラックスタイム。

DSC05440

そして、奥様お手製の革小物を眺めながら。

DSC05432

もちろん、購入することが出来ます!

私たちが展示を見ていると、財布を購入しようというお客さんが現れた!
どこかで聞いたことがある声だなぁ…と思っていたら、豊根の消防仲間だったw

そして!

豊根からもうひとり、取材のために訪れている方もいらっしゃいました☆

予定では、我が妻子も来る予定だったんですが…
息子の調子が昨夜急に悪くなってしまい…残念ながら。

耳の下辺りがパンパンに腫れてしまっており、
まさか…おたふく風邪!?な、息子です。
ちなみに、私はおたふく風邪未経験…ヤバイ。

というわけで、非常に豊根率の高い状態でした(笑)

DSC05434

コーヒーの入った紙コップを支える
紙コップホルダーも展示されていました。

DSC05439

こちら、持ってみると軽さに驚きます。
軽さだけではなく、肌触りも非常に滑らかで、オススメ。

居心地が良くて、ついついゆっくりしてしまうんですが、
次の予定に向けて、移動せねば…時間がヤバイ!!!

 

関東へ戻る花祭り友人を蒲郡駅で降ろし、
代わりにそこから豊橋在住の従兄弟が乗って(笑)

いざ、披露宴会場へ!

到着するなり、「良いところへ来た!!」と。
大量の御祝儀を運搬するお手伝いが待ち構えていた(汗

今回の披露宴の運営を、友人として私もたまーに参加している、
東三河若手勉強会メンバーも携わっています。

落ちついたところで、会場へ行ってみると…

DSC05444

なんじゃこりゃーーー!!!
すっげぇ、人数(笑)

しかも、来賓ご挨拶。

あそこにいらっしゃるのは…

DSC05442

麻生副総理!!!!!

すっげ。

初めて、生で見た。

次の登場された来賓の方は…

大村県知事。

レベルが高いです。

時期が時期だけに大変だったかと思われますが!!

新郎新婦、揃って会場内を練り歩き、
テーブルに添えられている大きな風船を割ると…

中からカワイイハートの風船が飛び出します。

DSC05460

数多くの方から、祝福のエールが送られていました。
その様子を背後から、立派なビデオカメラに納めているのは…

DSC05462

おおおおおおおおおお!!!

豊橋のソニーショップの彼だ!!

先日、結婚式を挙げたばかりです。
SONYな2次会と小林御園花 – kenta’s page!!2014
新郎新婦の華やかしい姿がプロの手で納められています☆

DSC05464

因みに彼、茶臼山高原の芝桜の丘ウェディングでも映像班で活躍☆

 

新郎とは、大学時代からの仲。

大学祭実行委員会の後輩でもあります。

一緒に愛知万博の市民参加プロジェクト「ユースダイヤログ」やってたりしました。

そのときはまさか、こんなことになろうとは、想像だにしませんでしたが。

同じく参列されていた地元県議さん、村長さんを始め、
チーム豊根の皆様+私の友人たちという、私的にはおもしろいメンバーで記念写真撮ったり(笑)

DSC05468

友人たちにも、村長さんを紹介したり。
さすが村長さん、豊根PRに抜かりなし!

楽しい時を過ごしました。

なんだかあっという間に過ぎ去った時間。
新郎さん、新婦さん。

ご結婚、誠にお目出度う御座います。

これから先、進む道には大変な困難が待ち受けているかもしれませんが、
あのお二人なら、クリアできそうです。

「持って」ますね。

取り敢えず、「勝負の日」に向けて、
新婚旅行に飛び立つ暇は全く無さそうですが!

末永き幸せをお祈り申し上げます。

帰り道、せっかく蒲郡まで来たので、
通ったことが無い道で帰ってみようという、設楽町の友人と息が合い。

蒲郡→額田→作手→田峯

というルートで設楽町に向かったのでした。
クネクネでしたわ…。
夜暗くて、対向車が分かるのが救いでした。

慣れない道で、くたばったー。

さあ、ここからまた、お仕事です。
武田先生ブログ移行作業…。

なかなか寝付けず、だんだん夜が明けてきたのでした。

坂宇場花祭り夜半過ぎ

日付が変わって、夜警に当たっていた消防団員全員が舞庭へ!
山見鬼が終わった直後で、願花。

DSC05016[3]

妻子も見に来ていて、お姉さんが大好きな息子は、こんなところに。

DSC05017[3]

山見鬼が終わって、賑わいが減った会場を暖めるべく!
花祭り大好きな団員メンバーで囃しまっせ。

DSC05046

かつては少年だった子たちも、
今や青年となり、一緒に酒を飲み交わしながら囃す。

世代が少しずつ変わっていき、
毎年同じ舞をやっていようとも、同じ雰囲気にはならない当たり前だけど不思議さ。

ミスター花祭りの従兄弟は、私服に着替えて段々薄着に…(笑)
エンジンかかり始めています。

DSC05075[3]

このあと、Tシャツ姿になっていたのは、気のせいでしょうか!?

それもそのはず!
三つ舞のやちで再び会場が熱気にあふれてきました!@午前1時。

DSC05087

はんや。

DSC05092

…と、ここで、今までに聞いたことが無いプログラムになっていることが判明!!

坂宇場地区では、三つ舞を舞う世代が豊富らしく、
なーーんと。

三つ舞のやち、剣。

2組ずつあるんだと。

DSC05113

すっげぇーーーー!!!

ちなみに、今年の坂宇場花祭りは、名古屋大学の映像記録班が入っていて、
すべてが映像として永久保存されます。

こりゃ、時間が押しまくること間違い無しですね。

DSC05119

今年の緑のふるさと協力隊くんも、舞習いから参加して、
笛をマスターしてます。

DSC05126

今年もまた、遠方から「固定客」になった方々がたっくさんいらっしゃっていました。
仕事で関連しそうな人たちも!

最初は、どんなものか見に行ってみようという方でも、
いつの間にか虜になって毎年来るのが当たり前になってしまうのが、花祭りの魅力。

もちろん、ハマルハマらないは、個人差がありますが。
はまる人は一定数、必ずいらっしゃいますね(笑)

そのうちのひとりが、この方。

地域づくりは楽しい~幸夢員・井上貴至の元気がでるブログ~

今年もまた、忙しい日々の合間を縫っていらっしゃっていました☆

時計の針は午前4時を過ぎ、ようやく登場!

榊鬼様です。

DSC05155

榊鬼さま、問答。

DSC05193

お相手は、先ほどまで一緒に消防団夜警をしていた消防団第1部の先輩です。
一晩のことですが、マルチに役をこなされて、大変お疲れ様です!

人がどんどん減っているので、ひとりあたりに掛かる負担も大きくなってきてます…。

DSC05210

今年は名古屋大学の撮影により、会場内が非常に明るくて、
フラッシュ無し撮影するには絶好。

DSC05242

マサカリでたいまつをはたく、「たい割り」。

そして、マサカリを天高く上げて。

DSC05249

本座に戻ってくると、フィナーレ。

いつの間にか、子鬼(伴鬼)が増えています。

DSC05260

さっきまで、売店で仕事をしていた彼が…
いつの間にか、着替えて子鬼舞ってる!!!ww

その子鬼が一匹、大暴れ。

釜の中に突っ込みそうな勢いです(汗

必死で腰紐を握って制御する同じく売店で仕事していた仲間(笑)
それをより苦難に満ちたものにすべく、子鬼めがけて囃し立てまくる、
酔っ払って足下のおぼつかない私。

本当に、酔った!今日は!!

いつもなら、飲み過ぎるとマーライオンになる私ですが、
何故か、坂宇場の花祭りに限っては、「酔う」ことができます。

なんででしょうね。

これが酔っ払うということか!と。

倒れ込みそうになるところを、私も腰紐じゃありませんけど、
何度か助けられたような…気がします。

榊鬼さまに幕が下りたところで、表紙が変わって翁さん登場。

DSC05266

今年はすりこぎ・杓子じゃないんですね!ミスター花祭りの従兄弟さん。

一方で、すりこぎ・杓子さん、活躍中。

DSC05272

人を選んで、豪快に塗り込んでいます。味噌をww

そして…

フラフラしながらカメラを構えていた私の元へ忍び寄る影…複数!!!

DSC05275

笑顔が急変っ!!!!

DSC05276

味噌キター!!!!!!

ターゲットロックオン、されました。

立体的に、味噌が塗り込められました(汗

味噌により、ファインダーがのぞけませんww

設楽町の地域おこし協力隊くんも、やられています(笑)

DSC05278

エンターテインメント時間が過ぎ去り、外が明るくなってきました。@午前6時。

DSC05299

四つ舞、扇の手です。

ここにきて、エンジンかかってきました!!
この跳躍!!

DSC05313

着替えを忘れた私は、未だに消防訓練服のまま(汗

DSC05320

そして、四つ舞のやち。

DSC05325

えーっと、四つ舞も2ターン目があるんでしょうか…!?

ちょっとしんどくなってきたので、ここで一旦仮眠です。
駐車場の車の中には、シュラフを積み込んであるので、暖かく心地よく。

DSC05330

駐車場からは、現在建設中の道の駅、骨組みが見えます☆

眠りに落ちて2時間ほど経ったところで、ケータイが鳴った!!!!

ミスター花祭りの従兄弟が、モーニングコールしてくれたんです♪

「けんたろー!湯囃子始まったよーーー!!!」

朝鬼の準備で忙しい中、ありがとうございます。
支度を調えて舞庭へ!

DSC05353

「お、復活したか!」

いろんな方に声をかけられます。

「は…はい。どうにか…」

そんなやりとりをしつつ…裸族増殖中!

DSC05356

背中に何か、書いてあります(笑)

JRリニアって…!?

そして!!!
放たれた!!!!

DSC05362

会場、湯浸し。

DSC05375

ビタビタに濡れました。

裸族の皆さん、記念撮影。

DSC05397

完全に日が昇って、午前10時。

朝鬼登場。

DSC05405

ミスター花祭りの従兄弟!!

鬼の姿が一番似合うと言われる、貫禄のある風体です。

後方には、湯囃子が終わったにもかかわらず、
裸族集団が、まだww

それっくらい、今年は暖かいです。

DSC05410

勢いよく、蜂の巣が付いた湯蓋をたたき落とす!!

DSC05414

DSC05415

フィナーレの獅子舞。

DSC05419

舞庭内は、獅子舞の独壇場。

DSC05421

…かと思いきや!!!!!

DSC05425

裸族獅子舞が始まったーーーーーー!!!!

まだ服着ていないんですね(汗
すごっ!!

こんな獅子舞、初めて見ました(笑)

しめおろしとなり…

DSC05429

夜を徹して行われた坂宇場花祭り、終了。

もう…お昼じゃありませんか。
今年はいつもの年に比べて、3時間押し。

長時間にわたって、楽しい時間。

坂宇場地区の皆さん、有り難う御座いました!!!
我らが上黒川地区と、舞や太鼓、笛の音色が似ているので、
兄弟花と言いますか…

坂宇場、落ちつきます。

さあ、今度は自分の地区!!

保育園発表会と坂宇場花祭り

たくさんの人で埋め尽くされた会場!
保育園です。

DSC04851

今日は、保育園の発表会っ☆
カワイイ子どもたちの日頃の練習の成果が発揮されます!

息子も自宅で、

「おれたちゃ海賊だ!」

練習しまくっていました(笑)

DSC04855

元気一杯の息子同級生男子。
個性豊かな5人組。

そして、演劇ももたろう。

DSC04884

みんな、自分やりたい役割を演じきって!

DSC04911

鬼ヶ島の鬼様、様々な「武器」を持って桃太郎さんに立ち向かうわけですが、
その中に…

北設楽郡のお祭りでは必ず目にする日本酒「英勲」のパックを持っている鬼さんがww
これは…お父さんの仕業!?ww

会場はもう、大爆笑ですよ。

大うけ。
さすがです。

完全に主役の座を奪い去りましたww

合唱もありました。
これがなんと!!

アナと雪の女王でヒットした「レット・イット・ゴー」(笑)

DSC04927

ハイレベルです。
子どもたちの歌詞記憶力、スゴイ。

お決まりの…

DSC04931

緞帳閉幕バイバイww

年少さんたちは、大きなカブを頑張って引っこ抜いています。

DSC04936

保育士の先生!
カブになってるーーーー!

会場は爆笑。

頬が緩んだ午前中でした☆
いやぁほんと!

保育士の先生は大変です。

楽しい時間を有り難う御座いました。

 

 

日が暮れて…夜になり…。
ワクワクの時間がやって参りましたよ。

昨年までとは違い、消防団の訓練服を身にまとって坂宇場地区の八幡神社へ☆
車を道の駅建設現場の花祭り関係者用駐車場に停車し、外に出ると…

太鼓の音が鳴り響いています。

坂宇場地区の花祭りですーーーーー!!!
この日が待ち遠しかった☆

フライパンとポップコーントウモロコシ、トッピングを持って、
花祭り会場ではなく、直ぐ近くの集会所へ向かいます。

今年から坂宇場地区と上黒川地区の消防団組織が統合されたことにより、
今夜は消防団夜警by豊根村消防団第1部として参加します。

まずはお見舞いの奉納を済ませて、
夜警会場のセッティングに向かいます。

DSC_3128

夜警長を務める坂宇場在住のミスター花祭りの従兄弟によるご挨拶の後、
夕食を兼ねた懇親会、夜警モードスタートです!!

次から次へといらっしゃる本団や他部の団員さん、退団者の方をおもてなし。

DSC04952

時折、舞庭の方へ顔を出してみます。
いちの舞で、盛り上がってる!

DSC04963

榊の枝葉で、打ち清められまくりました。

DSC04965

んで再び夜警場へ戻りまして…

今回もまた、用意していたポップコーントウモロコシをおつまみに☆
部長さん自ら、粒のもぎ取りをしてくださり、フライパンに投入です!

初めて見る団員さんやお客さんもいたので、盛り上がりました☆
んで、さらに、今回は新たなトッピングを試しますよーーー。

ガーリック粉やチョコレートを持ってきました。

まずはオーソドックスなカレー粉まぶしを作り、お酒のつまみにピッタリ☆
んで、本舗初挑戦、ガーリック青のりトッピング。

これが大好評!!!

イケてます。

さあ、次は…かなりのチャレンジとなりますが…

チョコレートトッピング。
みんなで、溶かし方を議論しつつ、実験。

湯煎ができる設備が無かったので…。

チョコレートをフライパンに直投入(笑)
大方の予想を裏切らず、焦げましたwww

香りはチョコレートなんですが、かなりビターです(汗

あま~~い香りが充満したところで、VIPなお客様方がいらっしゃいました!

地元選出衆議院議員さん!(衆議院解散直後なので、「元」ですが。)
県議会議員さん!村長さん!議長さん!

そうそうたるメンバーを議長さんが連れて来て下さいました。

部長さん、皆さん肩を組んで記念撮影です(笑)

DSC04999

「こうして揃うのも珍しいし、せっかくだからみんなで撮ろう!!」

県議さんの粋な提案から…

DSC05008

豊根村消防団第1部団員も一緒に☆
記念撮影して頂きました♪

その後も、国政や県政、村政に渡るまで、
若者たちとの意見交換です。

意見交換と言ってみたものの、内実は非常にフランクで(笑)
とーーっても元気いっぱいな空間でしたww

そうこうしているうちに、時計の針は午前0時をまわりました。
夜警業務も、これにて完了。

片付けを行い、部長さんからの指示が…

「消防団のお陰で花祭りが盛り上がったと言われるくらい、これから盛り上げるぞーーー!」

気合い満点です。
日付が変わって、明日の日記に続きますが、そこからは花祭り特集です☆

南信東濃現場2日目と切草

2日目に入りました!

昨日から続いている、現場視察。

まず向かったのは、阿智村と下條村を結ぶ、主要地方道。
峠を越える山岳道路で、その峠部分を「抜く」橋梁とトンネルがセットで工事されています。

朝霧漂う中、めっちゃめちゃ細くてクネクネの道を進んだ先に現れた新しいトンネル!
細くてクネクネの道が、橋梁とトンネルによってショートカット。

できたてホヤホヤ、貫通したてで、トンネル内部の施設工事中。

DSC04716

ちょうど、側溝の基礎打ちから設置の真っ最中でした。

トンネルが貫通した後も、やることはたくさんあるんですね。
トンネル内表面は、コンクリートが綺麗にならされていて、大変美しい。

延長は新太和金トンネルの半分くらい。

貫通後は、こんな風に工事が進むんだなぁ~と、
シミュレーション。

また参加者には新太和金トンネル工事関係者さんもいらっしゃって!

前回、三遠南信自動車道の工事現場見学では、
まさに掘り進めている最中でしたが、今回は最後の仕上げ。

不思議なことに、こうしてトンネル現場の中にいるときに限って、
ケータイに圏外の不在着信が入っているという(笑)

今のところ、新東名建設現場も含めて、トンネル内着信率100%ですww

これにて南信地域から離れ、中央アルプスを越えて中津川市へ。

今度はちょっと異色の視察。
道路ではなく、鉄道のインフラ整備です。

先方との待ち合わせ場所はこちら!

DSC04739b

リニア推進坂本事務所です。

「坂本君、いつの間に事務所を開設しただん??」

と、東栄町の方が(笑)
中津川市へ出向したわけではありませんww

リニア中央新幹線の中間駅は、この美乃坂本に設置が予定されています。
下の写真の中央付近にトンネル出入り口が開き、そこからリニア新幹線が!

DSC04742

今は全くの田園風景が広がっていますが。
まだまだ先の時代ですが、夢も広がります。

この中間駅付近には、車両基地も設置されるそうで、
広大な面積の丘陵地帯が開発されるんですね。

設楽町からは、こちらの中津川中間駅の方が飯田中間駅より近そうです。

近い将来、また人の流れが大きく変わりますね!

そして、帰路につきますが、
道中では、市街地から御嶽山が見えました。

DSC04746

噴煙を上げています。

R257を南下し、管内に入ると車窓を流れる道路の様子を見ながら
車内随所で談義が始まります。

バス車内のメンバーは、十数名ですが
新城設楽地域内の道路全てを網羅する、道路管理者一同。

県管理国道、県道、市町村道、全て!!!

それもまた、おもしろい組み合わせです。

無事に職場へ到着し、通常業務に戻りましたが、
今回もまた、大変良い経験&勉強をさせて頂きました!!

 

さて、花祭りシーズンイン。
正月に迫った、我らが上黒川花祭り。

前準備が始まります。

DSC_3126

今夜、切草がスタート!!

切草隊長が作ってきて下さったリストに基づき、
分担作業と、色紙の割り振りを実施。

DSC_3127

各々、12月の集合日までに宿題で切草を進めます。
夏休みの宿題状態にならないように…早めにやらなきゃっ!