武田先生ブログに

恩師武田先生からスマホにメッセージが。

ん?
写真を使ったとのこと。

写真…ああ!
数日前に、武田先生含めた例の会の皆様に配信した写真かな?

でも、どこに使ったのだろう。
テレビ局?風景写真を使うシーンは無いだろうし…。

と、思案しながら先生のブログを開いてみる。

武田邦彦 (中部大学)

image

おおお!
ブログの1等地に、写真掲載と共に…豊根村の文字が!!

ここに載せて頂けるんだったら、芝桜の丘ライトアップ写真を送っておけば良かった(笑)
日々、数十万人が閲覧する先生のブログで、この場所に豊根村の文字。

豊根村PRに目覚められたんでしょうか!!
うれしいっす。

あ、決して、私がログインして遠隔操作したわけではございません。

トップページのみならず、高解像度板もアップ下さっております。

茶畑と北斗七星 (高解像度写真) : 武田邦彦 (中部大学)

DSC08785c2

また、タイミングを見計らって、豊根村PR素材をお送りしよう。

芝桜団子屋と星空観察会

茶臼山高原の芝桜まつり。

商工会青年部で出店している団子屋さんお手伝いへ!
天気が良くて、暑くなりそう。

風が吹いて空気が風に当たるとヒンヤリ。
さすが、愛知県のてっぺんです。

そんなお昼前のこと。
お店の前を行き来するお客さんたちが、空を見上げて立ち止まり、
手に手にスマホを取りだして、空に向けてます。

一体、何事!?

出店ブースから身を乗り出して、空を見上げると…
虹だぁーーー!

我々も、スマホを取りだして空に向けてます(笑)

DSC_4658~2

遥か上空を流れる筋状の雲に、太陽光が当たり、
雲の部分が虹になってる。

これは…また!

環水平アーク!!

高原の緑に映えて、自宅で見るのとではまた違った美しさを感じます。
芝桜の丘で見えたら、南アルプスと芝桜と虹の共演。

綺麗だろうなぁ。

日陰にいると涼しい、高原の気候。
出店ブースの中は日陰ですが…

団子焼きマシーンがあるので、汗ばみます。

DSC_4652

お昼を過ぎて、日が傾き始めた頃から、
爆発的に売れ始めました。

3時のおやつが、ターゲット層。
お持ち帰りもたくさん出ました。

17時近くなったところで撤収作業を進め、焼いた団子を売り切って終了です。
片付けを終えて関係者駐車場に向かおうとしたところ…

リフト降車場所で、村外に住む妹の同級生発見。

なんと!
今度結婚するフィアンセご家族も一緒。
もちろん、妹の同級生御両親も。

ちょうどみんなで記念撮影しようというタイミングに見えたので、
カメラをぶんどって、シャッターを押しました。

みんなで映った方が記念に残ります。

タイミング、良かった。

 

さあ、自宅で待ち人がいるので、急いで帰宅します。
7月に結婚式を挙げる従兄弟と未来の奥様が我が家に来ています。

ウェルカムボードの打合せを、我が家のイラストレーターさんと。
我が家も、結婚式へ、一家で招待下さってます☆

と、共に、自動車保険の更新作業も(笑)
保険代理店を営んでます。

事故多発中の我が家だけに…大変お世話になっているところ。
契約登録や更新作業は、iPad使ってスイスイと。
かつては、東京で保険システムを作っていた従兄弟です。

打合せを終えて、これから茶臼山高原芝桜の丘ライトアップを見に行くとのこと!
半袖で行こうとしていたので、そりゃ風邪を引くぞ…と、上着を貸して。

私と息子も、急いで支度し、茶臼山高原休暇村へ!

今夜は星空観察会です☆☆

が。
あいにくの空模様。

昼間はあんなに晴れていたのに…。

ポタポタと、雨降り始める様相。
残念ですが…

でも、星空解説会があります!
休暇村の会議室で、月や惑星の満ち欠けについて、UZ先生講座です。

DSC08925

DSC08930

さっきまで軽トラの中で眠っていた息子も、
目を見開き!興味津々で話に聞き入っております。

先生がお月様の模型を手に持ち、助手を務める先生の娘さんがそれに向けてライトを照らす。

先生が「こちらから照らすとどうなるでしょう?」

会場に問いかけると、息子が大声で、

「はんぶんっ!!」

正解。半月です。

 

私も話に聞き入っていたところで…

「けんたろー。」

ささやき声が隣から聞こえて来ました。

振り向くとそこには…!
我が保育園&小中学校時代の同級生の姿!

今は豊根村に住んでいませんが、同じくUZ先生の教え子です。

かつての担任の先生の勇姿を見に来たんですな。
彼女も今は、学校の先生。

星空解説会が終わり、会場撤収しているところで…

「素晴らしい解説を有り難う御座いました。また来たいです。」

というお客様が!
年配の方でしたが、大変感激されておりました。

 

UZ先生が息子に、蛍光ブレスレットを下さいました。
前の観望会の時に他の子どもが持っていて、欲しくてたまらなかった息子。

こりゃ、喜びます。

帰り道、軽トラの中で光る輪っかをずーっと見つめる息子でした。

どっさり製茶完了

帰宅してみると、入口をふさぐように大きな紙袋が並ぶ。

DSC_4649

サイズ比較のためにスリッパを置いてみました。

この中身は…!!

DSC_4650

先日、茶摘みした、我が家の新茶であります!!

母上のテイスティングによると、
いつもより香りが豊かに仕上がった。ということです。

今度は、怒濤の袋詰め作業が始まります。

 

さて、お昼の情報番組、東海テレビのスイッチで芝桜の丘が取り上げられたそうです。
録画予約しておいたので見てみたら、
先週お目にかかった気象予報士さんが出演されていました。

マルチコプターを使った芝桜の丘空撮があり、
上空から見下ろす光景は圧巻。

芝桜の上を低空飛行して進む映像は、
空を飛んでいないと観ることが出来ない、
マルチコプターだからこそ、の映像。

欲しくなっちゃいます。

単身日帰り東京出張

浜松市内の渋滞を勘案し、余裕を持って朝5時半に出発。

昨夜、民宿間当で頂いたおにぎりを朝食代わりに頬張りつつ、
三遠南信自動車道経由で浜松駅へ。

DSC_4639

8時過ぎの新幹線をネット予約していましたが、
思ったほど渋滞は無く、午前7時過ぎには到着。

ここで1時間も時間を潰すよりは…
余裕を持って東京に到着していたいなぁと、スマホから予約した便の変更。

東京への行き来が激しかった結婚前に作ったJR東海のエクスプレスカード
JR東海が発行しているカードで、それを使ってネット予約すると、
改札前の専用端末で自動発券され、指定席でも自由席料金以下で乗車可。

数年前からは切符もICカード化されて、
ICカードのタッチアンドゴーで改札通過できるようになりましたが、

今は!!

ICカードすら不要。
スマホに入れたモバイルSuicaアプリとエクスプレスカードを連携させることで、
スマホのみで新幹線の改札通過が出来るようになりました。

昨夜、それを知って、試しにアプリとカードを連携。

ドキドキしながら、スマホを改札機にタッチ。

ピッと鳴ってスーッと開く、改札の扉。
設定うまくいった。

ちなみに、車内検札は、改札機から発出される小さな紙を使います。

東京に9時頃到着。
在来線と地下鉄で目的地まで移動。

某全国団体の総会に、村長さんの代理の代理の代理で出席です。
さすが、全国団体だけあって、全国から首長さんたちが参集。

会場入口では、各県の職員さんたちが県の名前が書かれたタペストリーを掲げています。
愛知県の旗を探すんですが…まだ、到着されていないようです。

九州各県とか、東北各県とか。
東京から時間距離のある県ほど参集が早い。

愛知県の旗を見つけたところで、設楽町長さん、東栄町長さんもご到着。

こんな仰々しい会議で心細いところですが、
会議が始まるまでの間、両町長さんと談笑して過ごしたら、
なんだか、北設にいるような気分になってきました(笑)

県の職員さんが、アテンドして下さいます。

会議中には、テレビでしか見たことがない方々が壇上に。
国会議員さんたちも、たーーっくさんいらっしゃって。

その中には、我らが愛知14区のホープの姿も☆
東京で活躍する姿、男前です。

全国となると会計規模も凄まじいなぁと感じつつ、正午過ぎ、総会が終了。

せっかく東京に来たので、お昼休みは伯父さんのオフィスへ!
渋谷に事務所を構え、建設業界で働かれています。
何度も東京へ来てはおりますが、伯父さんのオフィスは初めて。

住所を頼りに、地図を見ながら無事到着。
壁にはギッシリと、建築に関するカタログや資料が!

早速、昼食に出かけました。

近所には飲食店がたくさん並んでいましたが、
歩いてスグソコにあるお店に入ると…そこはカウンター席のみ。

入口に「寿司」って書いてあります。

ま…まさか…!!!

生まれて初めての「回らない寿司屋」!!!!!
次々にネタが目の前の葉皿の上に並べられて、
そこからひとつずつ口へ運ぶ。

シャリがほんのり暖かくて、新鮮なネタ。

伯父さんにご馳走になりました。

食後のひとときは、これまたオフィス前にあるコーヒー屋さんで、
挽きたて豆のコーヒーをテイクアウトし、オフィスにて談笑。

東京の公共工事事情について伺ったりしましたが、
自分が建設部門だけに、非常に身近な話題でした。

とは言っても、やっぱり「建築」は難しい!!

貴重な図面を拝見して、心躍るのでした。

午後からまた伯父さんも予定があるので、帰途に着きます。
大変忙しい最中で時間を作って下さり、ランチミーディング有り難う御座いました☆

帰りついでに、渋谷駅前のヒカリエでやっていた写真展をチラ見。
ビレッジマネージャーさんが教えてくださった写真展です。

東京カメラ部2015写真展 0.0045%の奇跡 ~2億人が選んだ10枚~

DSC_4646

以前から、Facebookでフォローしていた東京カメラ部。
いつも美しい写真が掲載されていて、目指したいなぁと思っている形。

たまたま、写真展期間に当たっててラッキーでした。

「努力で奇跡は起こせるのか?」
確率0.0045%。満員の東京ドーム4個分の中からたった10人が選ばれる確率。倍率22000倍。宇宙飛行士選抜倍率の45倍。さらに選者は美しい写真を見慣れた2億人だ。ここを通り抜けるとすれば、それはもう奇跡と言っていいだろう。しかし、その驚くほどの低い確率を知名度でもコネでもなく自らの努力で通り抜けて22万作品の中から選ばれた10枚の写真がある。その10枚の写真と撮影者10人の珠玉の作品を含む約140点が渋谷ヒカリエにある。「努力で奇跡は起こせるのか?」の答えがここにあるかもしれない。
2億人を超える人々が総計22万作品の中から選んだ10作品「10選2014」を中心に新作、自信作を追加。更に2012年、2013年に選ばれた10選メンバーを加えた、10選3世代による合同展示。
これに開催予定の東京カメラ部2015コンテスト入賞47作品を加え、約140作品を展示

見慣れた東京ドームという単位を使って、
その面積ではなく、客席数を単位に比較しているプロモーション(笑)

展示エリアは撮影自由でしたが、あまり撮影している人がいなかったので、
撮影する勇気が出ず。

風景写真が多かったんですが、
どうやったら、こんな色使いの写真が残せるんでしょうね…。

DSC_4648

カメラの性能以上に、時間帯や場所、天候、空気の状態などなど、
様々な要素がピッタリと合った、思い描いた通りの瞬間を切り取られたのでしょう。

自分も、いつかは。

そう想いながら、品川駅へ向かい、新幹線乗って浜松駅。
職場に到着し、ひと仕事してから帰宅しました。

東京は、日帰り出張圏。

滞在時間は限られますが、日帰りなら仕事の停滞が少ないので助かります。
息子はお土産に喜びすぎておかーちゃんに怒られていたのでした(笑)

豊根村SWOT分析

出張に行かなければ…という朝ほど、
即決案件が飛び込んでくるというもの…。

豊橋市内での会議出張をメインに、新城に立ち寄って。
逆算すると、そろそろ職場を出発しなければ!

随分、慌てて出発しましたが、新城で書類提出完了。

途中、コンビニで昼食を買って食べながら豊橋市内の会議到着。
議論が巻き起こり、会議終了時間を過ぎ始めました。

夜は18時から、豊根でディスカッションが待ちかまえております。

逆算すると、ディスカッションに間に合わない。

豊橋から職場に戻り、机上に積まれた決裁を処理。
明日はまた、出張で職場不在なので、
私がボトルネックで決裁を止めるわけにはいかん。

30分以上遅刻してしまいましたが、民宿間当さんへ。

今夜は、ブレインストーミング大会。
大会と言っても6名ですが、実験的に。

ヴィレッジマネージャーさんから誘いを受け。
私が到着するまで待たせてしまい、大変恐縮です。

机にはメモ用紙と付箋が配られて。

ファシリテーターをつとめるのが、ヴィレッジマネージャーさん。
曰く、地域活性化で名を馳せる地域というのは、
高い確率で、若者世代がブレインストーミングやっているそうです。

今夜は、あるテーマについて。
もちろん、豊根村に関すること。

使用するツールは、SWOT分析です。

豊根村に関して、
外部環境や内部環境を
強み (Strengths)、弱み (Weaknesses)、
機会 (Opportunities)、脅威 (Threats)
の4つのカテゴリーで要因分析します。

各カテゴリーのそれぞれの頭文字を取って、SWOTです。

強み:目標達成に貢献する組織(個人)の特質。
弱み:目標達成の障害となる組織(個人)の特質。
機会:目標達成に貢献する外部の特質。
脅威:目標達成の障害となる外部の特質。

具体的な手法がわかりやすく解説されているサイトがこちら。
【決定版】SWOT分析のやり方|事業の成功要因と方策を導き出すための手順 | カイロスマーケティング株式会社

なんだか、おもしろくなってきたぞ。

日頃、頭の中で漠然と考えていることがあっても、
こうして付箋紙に書き出されて、それらがグループ分けして
区分けされた模造紙に貼られていく。

DSC_4640
(文字が読み取れないサイズにしておりますので、ご了承下さい。)

全員の共有思考として見える化される。

この手法、飲みながらやっても、おもしろそう。
それぞれが持つ背景が違えば違うほど、出てくるwordも異なり。

上黒川エボリューションや、消防団でやってみたらどうだろう?

ファシリテーションが大切。
学ばせていただきました。

そーいえば、武田研先輩の結婚式披露宴で、
新郎に対するSWOT分析やっていたことを思い出した!!

それはもう、おもしろいものでしたが、
工夫次第では、何にでも使えますね☆

明日朝、これまた出張で朝早いけれど…
ブレストの引力に勝てず!23時頃帰宅。

脳味噌が活性化されました。

今日は時間の都合でSWOTづくりで終了しましたが、
もし次回があれば、続きのプロセスやってみたいです。

今回作った表の4つのセルを、かけ算してやるのです。

どのように強みを活かすか?
どのように弱みを克服するか?
どのように機会を利用するか?
どのように脅威を取り除く、または脅威から身を守るか?

これらを勘案して戦略策定してこそ、意味を成します。

タップキャラのタップくん

浜松・東三河フェニックスが日本プロバスケットボールリーグ優勝!

バスケットボールリーグのこと、あまり存じ上げませんでしたが、
地元チームが勝つというのは、どのスポーツでも嬉しい。

浜松・東三河フェニックス オフィシャルサイト

オフィシャルスポンサーに名を連ねるのが、オーエスジー。
旧チーム名は「オーエスジーフェニックス東三河」だそうです。

オーエスジー – タップ、ドリル、エンドミル等の切削工具メーカー –

東三河を代表する企業のひとつ。

ツールメーカーとして、機械加工(特に自動車産業)の世界で有名。

ドリルやエンドミルなどの切削工具も見ることが多いですが、
最も競争力を持った製品は「タップ」。

o06-9918

めねじ加工で必要な工具。

ドリルで開けた穴へタップを一定回転数で挿入すると、
めねじができあがる。

そんな同社のマスコットキャラがイケてる!

11265619_550585661747340_3722342191792545364_n

フェニックスの応援に駆けつけたタップくん。

まだ登場したばかりで、ネットで検索しても、なかなかヒットしません。
FBに掲載されていた方が、写真を使わせて下さいました☆

まさかの、「タップ」のキャラクター。

かわいいし!!

ねじ切られそうです。

東三河のどこかで会えるかなー。

Twitterで芝桜マーケティング

SNSの情報発信。

たとえ、友達やフォローしていなくとも、
キーワードによって選択的に情報が得られる方法。

とても単純ですが、

茶臼山 芝桜 – Twitter検索

「茶臼山」、「芝桜」と、検索ワードを入れるだけです。
茶臼山高原芝桜の丘記事を、集めてみることができる。

速報性の高いTwitterだけに、旬な情報(状況)を麓にいて知ることができます。

また、訪れた人が、どんな感想を持っているのか?
この重要な情報を知ることが出来る。

また、「豊根村」で検索すると、豊根村に関して発信した記事を!

豊根村 – Twitter検索

そこで知ったのが、新城消防署の災害情報が閲覧できるアカウント。
災害情報:新城(非公式Bot)(@Mk23Shinshiro)さん | Twitter

掲載されている情報は、新城消防署の災害情報提供システムの内容そのままですが、
事案が起きている最中だけ掲載されるのが災害情報ページなのに対し、
履歴として残っていくし、Twitterならプッシュ配信にも出来るから便利。

ツールも、使い方次第で見方が変わる。

 

さて、今週末は星空観察会!
星空案内人 星のソムリエ 萩野 祐司さん 星空観察会|愛知最高峰の高原の宿へようこそ|休暇村茶臼山高原

私も、団子屋さん終えてから、向かいます~。

6キロウォーキング

当初の予報とは裏腹に、景気良く晴れました!

絶好のウォーキング日和…ということで、
今日は地下鉄を一切使わずに移動しようと心に決め。

栄の宿を出発すると、千種駅へ向けて歩き出す。

まず最初の目的地は、眼科です。
メニコンのメルスプランという、月会費制コンタクトを利用中の私。
年に1回、レンズをリニューアルできます。

花粉症の時期には、目からの分泌物も大量で、
レンズが非常に汚れやすく。
蓄積されてしまう。

時期を過ぎた今、交換してクリアな視界を!
ついでに、大切な目の検査も。
花粉症の私には、有り難いプラン。

眼科診療を終えると、その近所にあるお馴染み、
船橋オーディオセンターさんへ!

つい先日、店内リニューアルを果たされ、
めーっちゃスッキリした内装になっていました。

大正創業の看板も、健在です。

若旦那さんと、いつものとおりSONY製品談義に花を咲かせます。
今回は、非常に気になっている望遠レンズ。
もしお店用のレンズが手には入ったら、貸し出ししてくださるかも!?

期待が高まります。

今回は地下1階にあるオーディオルームにて、
いろいろ疑問に思っていることを伺いました。

「スピーカーは楽器ですから。」

感動した一言。
再生装置の一種というイメージだったんですが、
確かに、電気信号を受けて空気を振るわせ、音を奏でる。

楽器だぁーーー!!!

だからこそ、スピーカーの筐体に使われる材質によって、
音もガラッと変わる。

実際、アルミ筐体と木質筐体でいかに音が代わるのかを実演して下さいました。

そんな船橋オーディオセンターさん。
なんと、今年で開店以来95周年!!
ソニーショップ日本1号店です。

95周年記念タオルを頂きました。

DSC_4635

広げてみると…!!

DSC_4637

funahashiファンには、たまらん品物です。

2時間ほど滞在。
営業妨害になっていなきゃいいですが(汗

お昼ご飯を食べてから、鶴舞方面へ歩みを進めます。
昔、1年だけ住んでいたこの界隈。
あの頃は、移動手段が徒歩か電車だったので、
同じような気持ちで歩き、懐かしさを感じます。

当時はまだ無かった、イオン千種に立ち寄って、
家族からリクエストがあったものや、夕食を買いだし。

買い出ししたところで、自分は徒歩ということに気付き。

いつもの買い出し気分で、ホイホイとカゴに入れるとヤバイ。

重たい買い物袋をヒイヒイ言いながら抱えて、荒畑まで歩きます。
懐かしの名工大、名大病院と通り過ぎ、
汗だくでネッツトヨタ東名古屋さんへ到着。

ようやく、愛車と再会しました。

以前から不具合があったインパネ部分。
どこで直しても、なかなか直りませんでしたが…。

今度こそは!?

整備スタッフさんが親身になって聞いて下さり、
施工した内容も、しっかり説明して下さいました。

この不具合解消の為の整備、なんと、サービスで。

ありがたや。

豊根までの道のり、インパネ不具合は見られず。
お土産に、息子に団子を買っていったら大喜び。

相変わらず、団子好きだなぁ(笑)

 

今朝の朝刊、芝桜の丘ライトアップ記事が…
なんとーー!

DSC_4634

社会面に登場。

親参観から武田先生に召還され

息子が通う保育園の、親参観日!

自宅にいるときとはまた違った息子の様子をうかがい知る、絶好の機会。

息子を軽トラに乗せ、2人で保育園に「登園」します。
まずは朝礼から始まり、当番さんの号令を聞きながら、
子どもたちが、隊列を組みます。

子どもたちの保育園生活を垣間見るという目的もありますが、
親子で遊ぶ、そんな機会でもあります。

子どもチームVS親チームでしっぽ取りゲームやったり、
親が4チームに別れて、綱引きやったり、縄跳びやったり(笑)

こりゃあ、運動会ですよ!

非常に、いい汗をかきました。
親同士で戦うと、親同士は本気になります。

戦うときは本気を出すんだぞ!

というのを、子どもたちに見て学ばせる戦略!?

親の戦いを見た後は、子どもたちも同じく綱引き大会。
健気に綱を引っ張る姿を見て、応援せずにはいられません。

DSC_4627

午前中で、各種目は終了。
最後に、集合して朝礼台の前に整列。

先生から号令がかかります。

「気をつけ!」

「前にならえ!」

ビシッ!ビシッ!
キビキビと指示に沿って動く子どもたち。

集団行動の原型。

次の瞬間!

「敬礼!」

少しうろたえつつも、みんなちゃんと、敬礼してるwww
きっと、おとーさんたちに教えてもらうんだろう(笑)

消防団のDNAもたたき込んでくれる、保育園。
さすがです。

おとーさん、おかーさんたち、大うけでした。

未来の消防団!

息子と自宅に戻ったところで、
汗かいた服を着替え、名古屋へ。

15時までに中部大学の名古屋キャンパスへ間に合うか!
パンを片手に頬張りながら、芝桜の丘効果で往来が凄まじいR153を走ります。

それは…1ヶ月ほど前に恩師武田先生から来たメールが発端。

「とにかく、来て下さい」

です。

とにかく、行くしかない。
何らかの会合のようですが、行ってみればまあ、分かるでしょう。

会合への参加者名簿を先生が送って下さいましたが、
そうそうたるメンツ。
何故、ここに私が呼ばれたのか。

道中、様々なケースをシミュレーションしつつ、
まずはネッツトヨタ東名古屋へ。
いつも、お世話になっているディーラーさんで、12ヶ月の法定点検。

せっかく名古屋へ行くので、ついでに。
そして…今夜は1泊するので、駐車料金の節約のため(笑)
預かって頂きます。

無事、15時、5分前に中部大学に到着。

指定の会議室へ入ると、名刺交換タイム中!
慌てて自分も名刺を取りだして、訳も分からず名刺交換スタートw

さすが、芝桜名刺。
反応は抜群です。

会合メンバーは10人ちょっと。
少人数で、人選は武田先生によるもの。
私は…教え子代表?それとも、豊根村をPRせいってこと?

念のため、豊根村のパンフレットを持参しました!

会合は、輪番形式で2人ずつがそれぞれの分野について説明する、
異業種勉強会のような形。

ただ、キーワードはあります。

あるキーワードに沿って、プレゼン。

今日のプレゼンターが、また、スゴイ人!
某テレビ局の気象予報士さんと某新聞社の文化事業部の方!

お二方とも、先生のおともだち。

流れに乗って、そのお二方とも名刺交換を。
すると…

某新聞社の方が名刺を差し出されながら、

「いつも、弊社の”山のしんぶんやさん”がお世話になっております。」

おおおおお!
山のしんぶんやさま!さすが、有名人。
むしろ、こちらこそ、お世話になっております。

武田先生から、この会合の概要説明と共に、
参加者ひとりひとりを、先生自ら紹介され。

私の番になり…

「さかもとくんは、私の教え子で、過疎の豊根村に…」

やっぱそこかー!!

まず最初のプレゼンターは某テレビ局の気象予報士さん。
お笑いの道を併せ持つ、気象予報士さんです。

気象予報士という難関資格を持っておられるうえに、喋りも上々。

天気を予報することを生業にするためには必須の資格を持ってられるだけあって、
気象予報という分野の話を面白くかつわかりやすくプレゼンして下さいました。

天気予報といえば、コンピューターシミュレーション。
予報の確度を上げるためには、アルゴリズムのみならず、
観測で得られる情報の数が大切。

そこで、武田先生登場(笑)

武田研究室では、高分子熱分解をコンピュータシミュレーションするという研究もありました。

人生を数式に置き換えることも、
無数の多項式を使うことで可能!

ということで、突然、武田先生がホワイトボードに級数展開書き始めた。

あの級数展開は…なんだったっけ?
三角関数が入っていないから、フーリエではなさそう…。

テイラー展開?

ニュース番組の予報解説で武田先生がレギュラーの曜日になると、
武田先生が予報解説に割り込んでくるという話、大爆笑。

私も、番組を見ていたとき、天気予報尺の終わり際まで
予報士さんに向けて先生が攻め込んでくるので、
予報士さんが焦っている様子に大爆笑したことがあります。

今までのニュース番組で、こんな場面、見たこと無い。

番組スタッフさんたちは笑いをこらえるのに必死とか?

専門的な予報用語や、気象情報会社の仕組みなど、大変勉強になりました。

次にお話しされたのが、某新聞社の文化事業部の方。

マスコミによる文化事業というのは、世界的に見ても日本で特異的に見られるケース。
日本人の美術観(館)について。

これがまた、ホンマでっか!?ということを、
データを交えて教えて下さいます。

1日の入館者数が世界一となる日本の美術展。
だがしかし、年間入場者数で考えると、世界ランキングにもほとんど入らない日本の美術館。

それは、何故!?

1日入館者数が最大となるのは、フェルメールやゴッホなど、
有名な絵画を用いた企画展なんですね。

ただ、そういった「客寄せ的」要素が無いと、人が来ない。
すなわち、見世物的な好奇心で人が集まる、それが日本人か。

有名だったり、好きな作家だったり。

そこに集中する。

人が集まる企画展をしなきゃ、利益は出ませんので、
そういった状況が加速される。

メディア主催による情報文化の偏りもありうるということ。

なんだか、スゴイ面白い空間に呼んで下さって、武田先生に感謝。

このように、ひとり1時間程度の持ち時間で、1回当たり2人がプレゼンされます。
メンバーはほぼ、固定のようで、私もそこに組み込まれたわけですが…

次回のプレゼンター。

武田先生のご指名により、K-1選手と私になりました。

次の機会では、発表ネタを仕込んでこなければ。
K-1選手、超有名な方。

年も近く、一緒にがんばりましょう☆

面白い話が出来るように、しっかり仕込むぞ!

さて、会場を移します。
この会の幹事は武田先生。

なんと、会場移動のタクシー手配まで、先生が電話して行って下さる…(汗
恐縮です。ホント。

せめて、プロジェクターの片付けくらいは…とお手伝いし、
武田研究室行きつけの料理屋さんへ☆

在学中はモチロン、卒業してからも、卒業生で集まるのは必ずそのお店。
勝手知ったる我が家のようなもので…

ビールや料理を運んで、女将さんのお手伝いです。

本日の出席者の皆さんと、懇親会。
ビールが渡りきったところで…武田先生が

「さかもとくん!乾杯の挨拶よろしく!」

は?

え??

わ…私ですかーー!?

武田先生の無茶振りには慣れました。
大至急、頭の中で文言を練って、挨拶を。

この手練れの皆様の前で…緊張します。ホント。

私は奥座敷の出入り口に座って、給仕にも目を光らせつつ、
酔っ払って途中から放棄していたような。

参加された方の中には、在学中に伝統材料研究会でお世話になった、
名古屋大学名誉教授の先生もいらっしゃって!

久しぶりの再会、本当に嬉しかった。

さらに場所を移して、次もまた武田研究室行きつけのバーです。
ここも勝手知ったる場所、皆さんを御案内。

先ほどとはまた違った、深い話がたくさん。

武田先生と私にとって転機となった某テレビ番組関係のプロデューサーさんと初めてお話しし、
あのとき、そうだったのかーー!ってことをたくさん知りました。

濃密すぎる夜を過ごし、午前2時頃、終宴。

道に迷いそうでしたが、帰り道は気象予報士さんと一緒に歩き、
無事に宿に到着しました☆

息子の運動会…もとい、参観日での親対抗綱引きと縄跳びのダメージが、
まだ残っているのでした。

お茶摘み300kg

朝から我が家は慌ただしく。

親戚、参集!!

摘み時を迎えた、我が家の茶畑。

DSC_4622

仕事はお休みを頂いて、一気にお茶摘みします。

昨夜の夜露によって葉の表面は濡れております。
また、枯れ葉などが新緑の上に乗っていたりするので、秘密兵器登場。

DSC_4621

父の従兄弟さんが持って来て下さったブロワーをお借りし、
一番上の茶畑から順番に、露払い!!

全て払い終えたところで、今度は茶刈機の出番です。

DSC_4623

カーブを持った切り刃を挟むように、持ち手が付いていて、
2人で持ち、畝を跨がせて新芽を刈り取ります。

ここで、選択的に新芽のみを刈り取るように進むには、経験が必要。

深いと、古い葉や枝が入ってしまいますし、浅いと収穫量が減ってしまいます。

欲張ると品質が悪くなり、
品質を目指そうとすると、収量が減ってしまう。

その匙加減が、この機械を持つ手の位置で決まる。
しかも、2人ひと組のチームプレイ。

手の位置、機械の高さは、相手方との相性によっても変わってくる!

面白いです。

午前中一杯かけて、すべての茶葉刈り取りが終了しました。
手摘みの時代に比べたら、少人数で、ものっすごい早いです。

お昼休み、食後に叔父様と外でノンビリ過ごしていたところ…

「おっ!?ありゃ、珍しい虹が出とるぞ??」

叔父さんの一言を聞き、その方向へ視線を向けると…

DSC08916

天空に虹が!!

「こりゃ珍しいもん見たなぁ」と。

昼食中だった叔母さんたちも呼んで、大撮影大会始まりました(笑)

DSC08915

同時刻、関東・東海地方で目撃情報が相次いだそうで、
環水平アーク – Wikipediaと呼ばれる現象。

環水平アーク(かんすいへいアーク、英語:circumhorizon arc、circumhorizontal arc)とは、大気中の氷粒に、太陽光屈折し、ほぼ水平なが見える光学現象である。虹などと同じ大気光象の一種で、水平弧水平環 とも呼ばれる。

「彩雲」と呼ばれる場合もあるが、回折により見られるいわゆる彩雲とは別の現象である。

どうやら、5月に目撃情報が多いみたいです。

DSC08913

午後は、茶葉に混じり込んだ異物選別を人海戦術で展開し、
綺麗に整った茶葉を袋に詰めて、茶工場へ。

母に案内されるがままに向かったのが、
東栄町振草の茶工場。

DSC_4625

初めて、来ました。

東栄町の小林地区付近です。
計量しながら投入し、今年の生茶、300kg弱となりました!

過去最高記録更新

今年は、茶葉の成りが良かったです。
浅く刈り込んでも十分な量が確保できるため、お茶摘み(刈り)も楽でした。

仕上がりが楽しみです。