今夜の食卓はニジマス

「こんばんわ~~!」

先日、ミニマス釣り大会を主催して下さった先輩が、我が家にいらっしゃり、

「このあいだ、釣りに一生懸命で、釣ったマスを食べれてなかったら!」

そーいえば、日が暮れるまで釣りに没頭しちゃって、
釣れたマスを食べてなかった(汗

「今日、釣ってきたで、焼いて食べりん♪」

うおおおおーーー!

ありがたき幸せ。

さっそく、はらわたをかいで、塩を練り込み、魚グリルへ。

DSC09814

川岸で竹串を刺し、焼いている「あの」香りがしてきたぞぉおお!
こんがり、美味しい香り。

DSC09819

んめぇ!

ニジマスの味に取り憑かれて、
今までに無いレベルで美しく、魚を食べきった息子!

そして妻は、美味しい!美味しい!と、母と私の分を横取りするレベル(笑)

ごちそうさまでした☆

わざわざ我が家まで釣ったマスを持って来て下さったので、
お礼に妻のおじいちゃん家(鳥取県北栄町(旧大栄町))で採れた
超巨大西瓜を、先輩にお裾分け☆

大栄スイカは全国的ブランド!
ブランドになるくらい、巨大な玉なのです。

全国ブランドを栽培する、おじいちゃんとおばあちゃんです。

妻も幼い頃、東京から鳥取に帰省してお手伝いしてて、
プロの農家さんのノウハウを身近で感じていました。

ご賞味下さいませ!

息子、限りなくペロッと食べちゃいます。

DSC09816

スイカの季節だなぁ~とネット見ていたら、

この発想は無かった!!

square-watermelon-bread-jimmys-bakery-taiwan-1

Taiwan Invents Square Watermelon Bread That Is Delicious And Confusing | Bored Panda

ちょっと不自然な、外皮の黒縞模様。
いや、もっと不自然な、果実の赤い色…

さらにさらに不自然な、タネ。

ボサボサしてる。

The bread uses natural dyes – green tea for the rind, strawberries for the flesh, and charcoal for the seeds.

着色等には自然由来の素材を使って、
外皮は緑茶、果実にはイチゴ、タネはチョコレート。

パンですか!

とにかく、面白い。
プレゼントに最適。

切り分けた姿も、西瓜を切り分けたみたい(笑)

発想力で売る、見事な例ですね。

 

クックパッドで挑戦している方々の姿も。
スイカパンのレシピ 15品 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが208万品

夏のグルメにひとつ買ってみたい。

スイカパンに比べて、とってもポピュラーなのがメロンパン。
これくらい見た目リアルな四角いメロンパンが登場するのも時間の問題?

既に四角いメロン(果物の方)は、
田原市の渥美農業高校が開発して出荷されてますし!

カクメロ – Wikipedia

Squeredmelon_inside001

ホタルの季節です

昨年の今頃、ホタルを撮影に出かけていたことを思い出し、
妻子と共に、カメラを携えて…

車で15分ほどのところにある、ホタルスポットへ!

今回は、設楽町津具地区でも、豊根にほど近い場所。

すると!!
見事にホタルの軌跡が乱舞!!

2015hotaru4a

8秒露出で23枚の写真を重ね合わせました。

これまで見ていたホタルスポットよりも、
近距離で乱舞を観ることが出来るため、息子が大はしゃぎです。

「ホタルさぁ~~~ん!まってぇ~~~!」

追いかけ回して、用水路に落ちやしないか、心配(汗

なかなか人懐っこいホタルさんたちでして、
手乗りで撮影に応じてくれました。

DSC09803

逃げない。

息子にくっついて離れないホタル。

DSC09807

息子も、愛着が湧いちゃって、持って帰ると言い始めますが、
ホタルさんたちのお家はここだから、住み慣れた土地から離れると悲しんじゃうよ。

と、話すと納得。

去り際まで、ホタルと戯れました。

2015hotaru3a

こちらの写真は、8秒露出の15枚重ね合わせ。

そして、

「ホタルさぁ~~~ん!ばいばぁ~~い!」

手を振ってお別れし、帰途に着いたのでした。

昨年のホタル写真に比べて、随分と軌跡が美しく出ました。
というのも…

世界最高感度を誇るSONYのミラーレスカメラ、
α7Sでホタルを撮影したのは、これが初めて。

いずれの写真も、ISO10000くらいですが、
ノイズの少なさにびっくりしました。

あと、昨年まで使っていたカメラはシャッターボタンを
ずーっと指で押していないと連続撮影できなかったので、
指が痙攣しそうでした(汗)

今回はレリーズ使って楽ちん。

また、撮りに出かけたいです。

新太和金トンネル工事現場見学会

かねてから、内部を見学したいという声があがっていた、
現在、掘削工事中の国道151号新太和金トンネル。

ついに、この日がやってきました☆

村民向け、新太和金トンネル工事現場見学会!!

村内の同報無線で村民の方の参加希望者を募ったところ、
40名強の申込がありました!

割合にして、村民の3%であります。

2歳から80歳代後半に至るまで、幅広い年齢層の方が御参加。
特に、トンネルが位置する上黒川区の方がたくさんいらっしゃいました☆

副村長さん、課長さんと共に、私は先に現場入り。

申込名簿と照合しながら、着々と到着される皆さんをお待ちします。
駐車スペースに気を使って、徒歩で来て下さる方多数。

役場出発のバスが到着したところで、全員揃いました。

まずは、現場事務所にて、工事概要の説明から。

司会進行役を仰せつかり、
まずは副村長さん、愛知県新城設楽建設事務所の課長さんにご挨拶頂き、
現場責任者の所長さんから詳しいご説明を。

現在の工事進捗状況や本工事で採用されているNATM(ナトム)工法の概略について。

新太和金トンネルの大きさを、
現道トンネルや新東名のトンネルと大きさ比較したスライドが興味深い!

また、工事で使用される特殊工事車両の説明。

説明を聞きながら、トンネルの中で実物を確認するのが楽しみです。

さあ!
ヘルメットを着用して、いざトンネル内へ!

DSC09564

トンネル入口の頂点部分に飾られている「化粧木」について解説。

DSC09678

化粧木、こちらです。

DSC09686

伊勢神宮本殿の屋根の飾り木を模倣して作られており、
山の神様への敬意を表している、化粧木。

山の神様は、女性神。

化粧木の右側は木の根元部分に近く、左側より少し太くなっており、
天照皇大御神が祀られているそうです。

また、反対側の左側は神武天皇の父、ウガヤフキアエズの命(みこと)が祀られています。

坑内へ入ると巨大な20トンダンプが!

DSC09573

タイヤのサイズからして、巨大です。

DSC09578

ばあばに連れてきてもらった息子、
タイヤサイズ比較用に(笑)

巨大タイヤの隣にある小さなタイヤが旋回時に降りてきて、
後輪を持ち上げつつ、くるっとその場で旋回するという!

巨体ダンプでも、坑内で向きが変えられる、面白い仕組みです。

入口から中央付近までは、既にコンクリート覆工が完了しており、
これからコンクリート覆工打設する部分には、白いシートが張り巡らされています。

DSC09589

この白いシートは防水用シート。

なんだか、秘密基地みたい。

DSC09592

見渡す限りの防水シートで、不思議な感覚、圧巻です。

DSC09599

続いて現れたのが、巨大ホイールローダー!!

DSC09608

タイヤホイールに、息子の半身が突っ込めてしまうくらい、巨大です。
そして、巨大バケット!

DSC09615

子どもたちがスッポリと。

入口から終点にさしかかるにつれて、
トンネル壁面は地山吹き付け状態になっていきます。

DSC09625

さあ、奥の方に見えてきましたーー!

終点、まさに現在、掘り進められている断面、「切羽(きりは)」です。

豊根村消防団の先輩も、切羽を激写されております。

DSC09643

これが、切羽!!!

DSC09644

壁面は円弧状の鉄鋼部材で補強される「支保工」が施され、
そこに地山へのコンクリート吹き付け、ロックボルトという、棒状の部材が
地山補強のために、アンカー的役割で地山に差し込まれます。
(写真の四角い点々部分)

安全のため、切羽はコンクリートで吹き付けられています。
切羽の向こう側、トンネル貫通まであと70メートル程度。

貫通すると、向こう側には東栄町の景色が広がる。

全長685メートルなので、ここまで600メートルの道のりでした。

せっかくなので…皆さんで集合写真☆

DSC09662

暗いトンネル内ですが、世界最高感度ミラーレスカメラα7Sの能力を抜群に発揮。

折り返しで、復路。
往復で1.2kmですが、見応えがあるので、あっという間!

入口から説明をスタートすると、工程の逆順をたどることができ、
すなわち、掘削面から入口に向けての帰路が、工程順をそのまま現していることになります。

DSC09669

コンクリート吹付ゾーンから防水シートゾーンに移るところは、
SF映画に出てきそうな、秘密基地さながらです。

防水シートゾーンを抜けると、コンクリート覆工ゾーン。

DSC09674

これは開通時の壁面と同じ。

トンネルから出ると、日差しがめっちゃくちゃ眩しい!
真っ青な青空の下、記念撮影しました。

DSC09688

再び事務所に戻り、動画スペシャル!!

切羽に穴を開けて、そこにダイナマイトを差し込んで…
動画で見ていると、ドキドキします。

合図があって、発破!!!

まさか、発破の瞬間の動画まで見せて下さるとは。

砂煙が一気に吹き出し、岩盤が崩れる!

「おおおぉ~~!すごい!」

会場から声が上がります。

また、先ほど坑内で見た20トンダンプが旋回する様子も、
動画で見ると…省スペースで旋回する方法を、よく考えたもんだなぁ~と、感じます。

解説の最中、ずーっと気になっていた机上の物体。
トンネルと地山を模した手作り工作物。

DSC09697

紙で作られたトンネル壁面に、銀色に光るナット粒の重みが地山重量。

右側が、ロックボルト無し、左がロックボルト有り。

すなわち、ロックボルトがあるのとないので、
地山補強度が異なることを体験可能!

緑色の棒状のモノが、ロックボルトを模式的に示しており、
これがあることで、ナット粒、すなわち地山の土の動きが抑制されます。
地山を安定させる仕組み。

ボードを立てると、ボロボロボロ~っと、右側の紙トンネルは崩れました。

見学会のため、事前に数多くの準備を整えて下さり、
愛知県建設部の新城設楽建設事務所設楽支所の方々、
名工・鈴中・熊谷特定建設工事共同企業体の方々に感謝!!!

予定では7月終わり頃には貫通できるのではないかということで、

トンネル内舗装や照明等の設備工事がありますので、
開通はまだ先で、28年度中を目指して。

よろしくお願いいたします。

参加者の皆様をお見送りし、無事に見学会終了致しました。
記念に、トンネルの掘削石をお持ち帰られる方多数(笑)

伺った話では、トンネル掘削から出た石は、

安産のお守りになるらしい!!!

山の神様は、女性神です。

ホッと胸をなで下ろし、帰宅後はポップコーントウモロコシが
風で倒れないように、母上と農作業を進めました。

鮎釣り解禁2015

宿直明けの土曜朝。

昨夜は、ちょっとした事件があって、
無事に騒動が収まったので、笑い話で終わりました(笑)

今朝は早朝から職場の外が賑やかです。

日直の方へ引継を終えて、帰り道すがら…
まずは川の様子を確認している村長さん発見。

そう!本日は、大入川鮎釣り解禁日!!

DSC_4833

橋の上から眺めて。

鮎釣りのお客さんがたくさん!

DSC_4835

道路沿いには、釣り客の車両がたくさん停まってて、賑やかでした☆

水準測量トレーニング

梅雨といいながら、あまり雨が降らないなぁと思っていたら、
午後から雨が降り出しました。

雨が降ったで、現場へ!

ただ、現場へ行くだけではありません。
今回は、まだ使ったことが無いツールを手に持ちます。

手に持つには、ちょっと重たい筐体ですが。

倉庫の鍵を開けて取り出したるは、
測量用機材である、「オートレベル」。

プロの測量士さんたちが使っているトータルステーションと比べれば、
測ることが出来るパラメーターの数は少ないですが、
今回の目的に対する機能は十分発揮する、オートレベル。

路面を流れる雨水を見ながら、路面の傾きを推察しつつ、
それを数値化するための測量を行います。

水準測量です。

測量作業や現場ディスカッションに夢中で、
写真を撮り忘れましたが、こんな風に。

000092236

とは言っても、私、オートレベルを使うのは初めてです。

事前にレクチャーを受けたものの、
やっぱり、実際に設置して測量してみないと納得がいかない。

車中では測量歴史の偉人、伊能忠敬さんの偉業について、大変盛り上がりました。

寛政12年(1800年)から文化13年(1816年)まで、足かけ17年をかけて全国を測量し『大日本沿海輿地全図』を完成させ、日本史上はじめて国土の正確な姿を明らかにした。@Wikipedia

全国の海岸線を踏破するだけでも、凄いんですが、
その各々の箇所で測量を実施しながら…って、恐るべしです。

現場に到着。

課長さん指導の下、先輩と私の2人でまずは三脚の据付から。

たかが三脚の据付ではありません!
三脚を設置する位置、三本の足の位置から考慮が必要。

ここからセンスが必要になります。

三脚を安定させて動かないようにし、できるだけ水平に。
三脚の頭部分が半球状になっており、そこにオートレベルを載せて固定。

この固定をするときに、固定ボルトの締め込みを緩くしておき、
オートレベルの水平微調整をして水準器の気泡が中心円に入るようにする。

三脚に赤道儀付き天体望遠鏡を設置しているような気分になってきた。

実際、オートレベルの質感は赤道儀そのもの。

アイピースからオートレベルの望遠鏡を覗き、望遠鏡の先にあるスタッフという
測量用の測定尺を望遠鏡内の視野に導入します。

ピントを合わせてスタッフの目盛りがクリアに見える様に調整。

十字に切られた線が映し出され、その中心、線と線の交わり部分に対して、
スタッフが重なるようにして、その部分の目盛りを読む。

そこを基準位置(A)とします。
基準位置との高さの差異を知りたい場所(B)へスタッフを持っていく。

移動したスタッフの位置(B)に向けて、オートレベルの望遠鏡を水平移動。

そこでまたピントを合わせて目盛りを読みます。

基準位置(A)で読んだ目盛りと移動先(B)で読んだ目盛りの差異が、
AとBの高低差!

それを繰り返すことで、複数点の高低差が分かるようになります。

000092234

まるで、天体望遠鏡の極軸合わせをしているようなフィーリングです。

十字を合わせる先が、スタッフなのか、北極星なのかという違いだけ(笑)

オートレベルの仕組みが詳しく解説されたニコンのサイトがありました。

Nikon|知られざるニコンの歴史|オートレベルAE-7

あ、もう、私のわかりにくいテキスト解説よりも、
このサイトを見た方がレベルによる測量方法がよく分かりますよ。

私のような、にわか仕込みでは、やっぱり解説に限界が(汗

何が「オート」なのかなぁ?と思っていましたが、
光軸が水平になるように自動的に補正装置(コンペンセーター)で調整されるから!
なるほど!これなら、オートレベルが多少傾いて設置されてしまっても水平をカバーできる。

動画があって、とてもわかりやすい。

 

ずぶ濡れになりましたが。
またひとつ、勉強になりました☆

職場に戻ると、もはや夕方。

今夜は宿直です。
風邪を引かぬようにせねば…。

まもなく大入川鮎友釣り解禁

明後日、6月27日(土)大入川、アユ友釣り解禁!!

大入川漁業協同組合

水温19度、水は若干少ないですが、
この大入川鮎の追星を特とご覧ください。目の後ろ、エラ、胴体の3追星!現物は勿論もっと綺麗です。
サイズは、本流18~20㎝、津具川19~21㎝、坂宇場川17~18㎝ほどです。

11536123_737082986400472_42041704085460885_n

大入川の鮎は平成22年度全国利き鮎大会準グランプリ受賞。

鮎はワカサギ、ししゃも、シラウオなどと同じキュウリウオ科。
塩焼きも旨いし、私は唐揚げが好き。

鮎釣りは通常のエサ釣りじゃなくて、友釣りという漁法。
エサ釣りで苦戦している私にとっては、
友釣り士の方が神様に見えます。

そして、今日からブルーベリー摘み取り園がオープン!

豊根村観光協会: 6/25ブルーベリー摘み取り園がはじまります

標高差が1000メートル以上ある村内だからこそ。

標高の低いところから順番にオープンし、
最後に一番標高が高いところにある農園がオープンし、
クローズするまで、長い期間楽しめますね☆

果物繋がりで…

DSC_4824

めっちゃうまの山形さくらんぼを頂きました。

こんな良いモノを頂いてしまって…
大変恐縮ですが、息子は大フィーバーであります。

さらに、ダンボール箱いっぱいの玉ねぎまで頂き!
ごちそうさまです♪

パソコンお助け2弾3弾

朝、上司のパソコンに不具合が発生。

「ハカセ!ちょっと、見て!」

職場のITスタッフ(自称)出動です。
しかし、問題がまた…複雑怪奇。

ネットで調べても、解決策が見あたらず…結局解決できず(泣

そうこうしている間に、別の上司のパソコンが
OSもしくはマザーボードレベルの、更に深刻な状態に陥っていて。

今日は、パソコン不具合日和????

午後からは課長さんと共に現場へ出動。
坂宇場方面に向かうと、局地的大粒の雨に襲われました。

麓は濡れた形跡すらありませんでした。

雨の中、課長さんから…

「これは、何か分かるか??」

DSC_4822

お恥ずかしながら、やまいちご?と答える私。

言われて、アッと気付きました。
桑の実でした(汗

お蚕様全盛期には、きっと子どもたちのおやつになったんでしょうね。
甘酸っぱくて、素朴な味覚。

ジャムにしても美味しい!

 

そして夜。

今日はパソコントラブル対応に縁があります。

トラブル発生の報を聞きつけて、某お宅に訪問。

これがまた…なかなか手強い代物で。
ネット接続がブツブツ切れたり、電波間度が非常に低い。
持参のパソコンを使った原因切り分けで、犯人はルーターではなくパソコンっぽい。

無線LANアダプタの設定を確認しても、
不審な点は見あたらず…

無線LANアダプタドライバを最新のものにアップデートしてみましたが…

残念ながら、症状は変わらず。

こうなると、物理的な故障が疑われます。

うむー。
結局、今日はトラブルに駆けつけたものの、解決できず至極残念。

今年初物トウモロコシ

トウモロコシの頂き物☆

DSC09521

我が家のトウモロコシ…いや、ポップコーントウモロコシは
まだ収穫期は先ですが、一足お先に!

夏の味覚を噛み締めながら、
トウモロコシって、人によって呼び方がいろいろあるよなぁ。
ふと思って調べてみたら…

方言で呼び方がたくさんあった!

『日本方言大辞典』には267種もの呼び方が載っており、主な呼び方には下記のものがある。

あぶりき – 福井県大野郡
いぼきび – 鹿児島県甑島
うらんだふいん – 沖縄県竹富島(オランダのモロコシの意)[24]
かしきび – 新潟県中越地方佐渡など
きび – 長野県南部、鳥取県高知県など
きみ – 北海道南部、青森県岩手県など
とっきみ – 秋田
ときび – 秋田
ぎょく – 千葉県の一部
ぐしんとーじん – 沖縄本島南部など
こうらい – 岐阜県の一部、福井県の一部、三重県の一部、滋賀県の一部
こうらいきび – 愛知県尾張、岐阜県
こーりゃん – 香川県大川郡
さつまきび – 岡山県備前
さんかく – 熊本県の一部
せーたかきび – 新潟県の一部、和歌山県日高郡
たかきび – 鹿児島県種子島
とうきび・トーキビ – 北海道、山形県北部、石川県、福井県、香川県、愛媛県山口県西部、九州、群馬県、埼玉県、愛知県奥三河地方など
(昭和前半期[いつ?]まではこの「とうきび」が全国で一般に使われていた。)
とうきみ – 北海道南部(渡島地方)、山形県南部、福島県西部、群馬県北部など
とうたかきび – 香川県高見島
とうとこ – 島根県北部など
とうなわ – 岐阜県、富山県
とうまめ – 新潟県上越地方、長野県の一部など
とうみぎ – 宮城県、福島県、栃木県茨城県など
とうむぎ – 栃木県南部
とうもろこし – 関東地方沖縄県島根県東部など
とっきび – 山形県・秋田県の一部
なきぎん – 鳥取県の一部
なんば – 近畿地方、三重県伊賀、岡山県、徳島県など
なんばと – 愛知県三河
なんばん・なんばんきび – 愛知県東部、京都府北部、山口県東部など
はちぼく – 三重県伊勢、岐阜県の一部、滋賀県の一部
ふくろきび – 長野県の一部、和歌山県の一部
まごじょ – 宮崎県の一部
まめきび – 新潟県の一部、岐阜県岐阜市長崎県の一部など
まるきび – 岐阜県の一部
まんまん – 広島県島根県南部など
もろこし – 長野県、山梨県など
やまととーんちん – 沖縄県首里(大和唐黍の意)
嫁女黍(よめじょきび) – 広辞苑に記載されている異称

トウモロコシ – Wikipedia

○○県の一部という書き方が多いのに、
愛知県奥三河地方は名指しです。

歴史があり、広く食べられている食べ物だけに、
呼び方も全国津々浦々。

我が家では…

畑にトウモロコシを採りに行っている間に、湯を沸騰させておいて、
皮をむいて、そのまま採りたてをお湯に投入して茹でる!

なんという贅沢な食べ方。

母曰く、それが一番美味しいとのこと。

ただ、現在は畑をポップコーントウモロコシに占領されているので、
その味わいはお預けですが(笑)

朴葉餅ほおばる

仕事を終えてから、その足で…

上黒川区内を4軒ほど、お宅訪問。

すると…その中の1軒にて…。

「けんちゃん、もし良かったらパソコンみてってくれると有り難いんだけど…」

了解っす!
パソコン=けんた
という構図は、地域内でも拡散中でしょうか。

デディケーションタイム!

パソコンのお困りごとを、無事に解決できました☆

そして帰宅。

母上お手製の柏餅…いや、朴葉餅登場!

DSC09520

子どもの頃から大好きで。

息子も2個、ぺろりと食べちゃったそうな。
食後のデザートに、頂きます☆

村のソフトバレー大会

豊根村のバレーボール連盟、ソフトバレー大会!

背が低いのでバレーボールとは無縁な私ですが、
大学の時に授業でバレーボールやって、
面白かったので、好きなスポーツ。

アタックとか、夢のまた夢ですけどね。

届かん。

母と息子とともに、村の体育館へ。

チーム編成は、行政区ごとに分かれています。
三沢区で3チーム、下黒川、坂宇場、上黒川は各1チーム。

そして今回!

中学生チームが編成されました。

上黒川チームは、いつも至る所でお世話になる近所の先輩。
そして、その母上、我が母、私の4人。

すなわち…

御近所親子チーム!が、上黒川代表です(笑)

開会式の時刻となったところで…

「けんたろー!選手宣誓よろしく!」

(゜∀゜;ノ)ノ

え??

ええええ!?

突然の指名に困惑している間に、整列が始まりました。
まさかの、直前指名。

よし、ここは、去年の消防操法訓練会の選手宣誓を思い出して…。

思い出しすぎて、年月日まで操法訓練会の…

「平成26年!」

去年の年号に(汗

会場中から、

「27年、27年だよっ!!(笑)」

うむ。
笑いが取れたからよし。

そして、続く日付が頭から消え去り。
選手宣誓している相手方に目線で「日付が分からない…」
と訴えて、教えてもらったのでした(笑)

2リーグに分かれてリーグ戦の後、
トーナメントになって決勝を競う方式。

3位決定戦に残る事は出来ましたが、残念ながら4位。
でも、いい汗かいて楽しい時間を過ごしました。

全ての試合が終わったと思ったら、
表彰式準備の間、参加している男性陣のみで対戦が始まりました(笑)
男だけでチームを組むと、雰囲気が違う!

ネットの向こうに、巨大な壁が立ちはだかっておりました(^^;)

ちなみに、子どもたちは隣の武道場で遊んでいます。
これがまた、楽しい思い出に。

非常に、良い運動になりました。

帰宅後は、息子が最近大ハマリの小豆ツマミ。

DSC09457

右のお皿から左のお皿へと、一粒ずつ掴んで送り込む。
ひたすらその繰り返しなんですが、褒められるのが嬉しくてつい続けちゃう息子(笑)

かなりの速度になりました。

それを見に来たのか…!?

DSC09517

玄関入り口に、モリアオガエルさんがへばりついていました。

先日、イレギュラーな場所に卵を付けていたのを
水辺に持って行ってあげたお礼を述べにいらっしゃったのでしょうか?