ようやくコタツ出動

またまた、一気に冷えてきました。豊根村。

いつもの年より、我が家は忙しい日々が続いたため、
ようやく今になってコタツ出陣です。

私が自宅にいない週末が続いたので…
延期に延期(汗

息子も手伝ってくれます。

DSC_5255

いつの間に。畳を支えるほどの怪力を身につけたのか!

自慢げに持ち上げて、写真をねだっていましたww

そして!
夜には豊橋の従兄弟が娘の御祝いに来てくれました☆

すかさず、息子の遊び相手をしてくれる従兄弟。

DSC_5257

今夜は、我が家に宿泊です☆
息子は、従兄弟が来てうれしくて大興奮。

なおくんありがとねーーー!!

DSC_5260

お土産に、変わりダネ、クロワッサンたい焼きなるものを頂きました。
生地がクロワッサン。

こりゃ、美味い!

法面の測量に

宿直明け。

昨夜は、日付が変わるまで仕事されている方がいらっしゃって、
大変、お疲れ様です。

私は半分、寝落ちしかけていました(汗

 

先輩の測量を手伝って…ってのはありましたが、
自分が起こす図面のため、法面の測量をする。

これは、初めて。

課長、先輩に手ほどきを受けながら、
図面を起こすための簡易測量を実施しました。

杭を打って、高さを測定。

DSC_5243

驚きの事実が現場で発覚しましたが(汗

先入観はダメです。
常に、ホントかな?と、疑ってかかる性質を持たなくては。

Amazon黒い箱到着

朝、先輩がコーヒーを自動販売機で購入したところ…

当たりモードに突入!もう一本!

もう一本の商品ボタンを押すまでに時間制限があるため、
慌てて選択された、もう一本のコーヒー!

私に下さいました☆

ラッキーな朝。

 

ようやく仕事が一段落してきて、
次に向けた一手を打てる余裕が出てきました(汗

娘が産まれ、研修やら連休やら地域要望巡りやら。
週末も行事目白押し!
職場に不在の割合が高くて、仕事が追いつかなくて大変でした…。

落ちついて振り返ってみると、ホント余裕が無かったんだなぁって、
自分の視野が狭まっていたことに気付きます。反省。

 

さて、昨日発売されたコレ。

DSC_5222

予約していたところ、発売日に届きました!

既に私のアカウントに紐付けされた状態で出荷されており、
テレビにつなげて無線LAN接続するだけで、超簡単セットアップ。

Amazonプライムの会員ならば、
対象(旧作)の映画やドラマ、アニメなど。オンデマンドで見放題です。

ただ、私に見放題の時間などあるわけがなく!
なんのために購入したかというと…

母上&息子用。

2人のニーズを満たす、黒い箱。
操作方法は至極簡単。

便利な時代です。

 

さて、今夜は宿直。

村民体育館では源流怒濤太鼓の練習、
とよねドームでは、村フットサルチームの練習!

それら施設の鍵貸し出しも宿直室にて。

賑やかい夜です☆

舗装の穴ぼこ修繕作業

だいぶ前に連絡頂いていた場所。
舗装に穴が開いておるで、やってもらえるかん??
ということで!

私と後輩君、ようやく、時間を少し作れたので出陣!

穴のレベルにも寄りますが、今回のレベルのものだったらば。
経費削減のため、発注することなく、我々自身も身体を動かしますよ。

事前に確認していたので、常温合材(アスファルト)をトラックの荷台に積み込み、
その数は4袋。少し余裕を持って。
アスファルトは比重が2.35なので、見た目以上に重量があります。

現場に到着し、合材を投入する前に穴自体を綺麗にします。
すると、ひび割れた部分がボロボロと崩れてくるので…

このまま投入するわけにはいかない。

とりあえず、ツルハシを使って穴の周囲のアスファルトを破壊して
ひび割れして不安定な部分を取り除きます。

DSC_5219

ここに、袋に入った常温合材。職場に備蓄されています。
まんべんなく、穴に投入。

締め固めると体積が減少するので、それも考えながら…少々山盛りに。

DSC_5220

鋤簾やスコップを使って、縁を整えていき、3袋使用しました。
よし!OK!というところで…

トラックのタイヤをロードローラー代わりにして締め固めます。

DSC_5221

後輩君がハンドルを握り、私がトラックの進行方向を見ながら、
ハンドルを切る方向を指示出し。

絶妙なハンドルコントロールで、効率的に締め固められました☆

村道の多くには、水道管が敷設されていて、
水道管更新などによって舗装路面が切断されることがあります。

どうしても、そこが脆弱な箇所になってしまい、穴が開くことが多々。
今回もそのパターンですが、インフラってのは作っておしまいではなくて、
繰り返しメンテナンスが必要だと、身体を持って感じました。

常温合材の耐久性は、加熱合材には敵いませんが、
しばらくはこれで保ってくれるかな。

村内全域、広い村道全てに目を配らせねばならぬ所ですが、
なかなかそれができず…しかし!!

地域の方々の多大なる御協力も!
「ほい、村道に穴が開いとるで、合材もらってっていいかん?埋めとくでよ!」
という、有り難いお申し出も、たくさん頂いております。

 

夜は会議へ出席。
ざっくばらんな意見交換会になって、
いつものメンバーとはまた違った顔ぶれ。

若者と一言で言っても、いろんな雰囲気があるなぁと感じたのでした。

崩れた斜面を復旧する

行かなくてはと思いつつも、時間を捻出できず、
電話対応だけになってしまっていた現場へ!ようやく!GO。

図面と想像だけでは、問題解決できません。

行き先は山深い…豊根でもトップクラスに山深い村道。
周囲に集落は無く、何故ここが林道ではなく、村道なのか…とたまに思います。

職場の軽トラに乗って、激しい上下挙動に揺れながら、現場へ到着。

谷へ崩落してしまった道路の復旧です。

崩れたところへ、そのまま土砂で埋め立てるだけでは、
雨水の力によって、侵食されてまた崩れてしまいます。

今回の工事は、土が流れる力を止める力(せん断抵抗力)を働かせながら
土砂で埋め立てる方法。
せん断抵抗力を高める手法は、たーーっくさんありますが、
その中でも比較的リーズナブル。

崩れた部分を土で盛るときに、
数十センチ盛っては抵抗力を保つ形状のシートを敷き、
また同じ厚さだけ土を盛って、シートを敷いての繰り返し。
斜面部は鉄の棒を骨組みにした植生シートで保護。

表面部分は植生シートしか見えませんが、
土の中では土砂が崩れないように、土自体の重みがシートに載ることで滑り止め。
シートの長さや形状も、せん断抵抗力が確保できるように計算されています。

まず、土を盛るためには崩れた場所を、
崩れた部分以上に掘削し、そこにシートを敷き再び盛り、またシートの繰り返し。
ちょうど今、削った部分が露出していて、その場所の土質が丸見え。

DSC_5208

そして、既設ブロック壁の後ろ側。
レア画像。

DSC_5207

崩れるというのは、どんな土質なのか、観察。

今回、後輩君が初めての現場監督!!
年上作業者の方々を指揮しながら監督…大変です。

ひと工程、しっかり見てから帰ろう…と思っていたら、
日が暮れるのが早いこと。
山の高いところからだと、美しい夕日が見られます。

DSC_5209

我が家からは…絶対に見えない夕日。

あゆまつり2015大盛会

秋のイベント真っ盛り!!

本日は、今秋において、もっともたくさんの方が豊根にいらっしゃる1日。

茶臼山高原では三遠南信食の祭典、
麓のパルとよねでは、ヤナの会鮎まつり実行委員会主催「鮎まつり」です!

DSC06008

所狭しと焼き台に並ぶ、鮎の塩焼き。
地元の天然鮎がお値打ち大奉仕!

skmbt_c22015100616540

パルとよねの温泉入浴券付きです。

今年は、我ら上黒川エボリューションも、
村民運動会で皆にお披露目されたエボリューション法被を着用し、
「鮎こく」コーナーで販売っ!

朝7時半頃集合し、テーブルやイスを運ぶところから準備スタートです。
そして…

エボリューションメンバーで「鮎こく」づくり!
上黒川花祭りの、いつもの舞庭キッチンにて☆

材料の下ごしらえや準備を、
上黒川エボリューション会長が進めておいてくださいました。

「鮎こく」というのは、味噌ベースで具材はナス、そして…鮎!

シンプルです。だからいい。

鮎をあらかじめ軽く焼いておいたものを、
一匹ずつ、ぶつ切りにして鍋へ放り込む。

なんと贅沢な鮎の味わい方!

なかなか口にすることが出来ない料理です。

後輩くんとふたりで、ひたすら鮎をぶつ切りにしましたが、
その数たるや!

凄まじい量です。

また、ナスも凄まじい量。

DSC05993

巨大鍋がナスで埋まりました(笑)

味噌も投入。

DSC05994

これが煮立ってくると、鮎のダシがナスにしみこんで
鮎の風味満天、鮎こくです。

煮込みまくると、鮎の姿も見えなくなってきますが、
味わいの中に、確たる存在として主張している鮎。

準備が整い、ふたりで鍋の取っ手を持ち、
花祭りの舞庭キッチンから、
会場のパルとよね芝生広場まで運搬します。

こぼさないように…慎重に…慎重に…。

そして、斜面で足を滑らせる私。
運搬ペアの後輩の顔が一瞬青ざめる。

セーフ。

それを斜面下から見上げていたヤナの会の皆様、大笑い。

危うく、鮎こくの3分の1が消え去るところでした(汗
いや、かなりの熱さなので、後輩君に被害もあり得る…

無事に運搬し終えて、一安心。

ヤナの会会長ご挨拶にて、定刻より早く、鮎まつりスタート!

DSC06005

定刻より早く…なぜならば、開始前から長蛇の列。

DSC06006

鮎塩焼き待ちの大行列!
我々も、焼き鳥を焼き、鮎こくを盛り付け。

DSC06009

天気のお陰様もあって、生ビールが売れるわ売れるわ。
娘を母上にあずけて、妻子も遊びに来てくれました。

対面販売なので、お客さんとお話しする機会も多かったですが、
そこから分かったことは…リピーター率がすごい!!

「また、来年も来るでね~~!」

という声を、たくさん聞きました。

パルとよねの中も、スゴイ数のお客様!
そこにまた、茶臼山高原から大型バスでいらしたツアー客さんも数多く。

大賑わいにて、幕を閉じました。

夕方になり、片付け作業を進め。

今度は茶臼山高原へ。
食の祭典は、もう、終わっていますが。

DSC_5205

すっかり日が暮れて、日中の大賑わいを思わせるテントの数々。
主催者発表の入り客数は、1万2000人だそうな!

すっげぇ!

最後のライトアップを楽しまれる、主にカップルのお客様を呼び止めては、
2台並んだ望遠鏡へ御案内。

DSC06029

なーんと!
UZ先生、突然の電撃来訪(笑)

遙々みよし市から…さすがです。

ライトアップに更なるロマンチックが加わります。

我が職場の商工観光課長さんも、望遠鏡を覗かれ、

DSC06021

今回のターゲットは…お月様!!

DSC06011

その名も、「栗名月を愛でる会」です。
本日は旧暦の9月15日、

豊根村は、お月見泥棒の夜!!

やはり、望遠鏡を目で覗くとき、一番見栄えのする天体、それはお月様。
もう一本のシュミカセC11に導入は、アンドロメダ星雲。
天体観測の一方で…

DSC06033

矢筈池のライトアップ照明が、少しずつ消灯されていきます。
まさに、最後の灯火。

私は、星の軌跡がシャッターブレする原因を究明するべく、
前回、前々回とは撮影システムを少し変えてトライ。

151025茶臼山高原お月見

拡大して見ると…やはり今回も、ダメだった。
原因は、自由雲台ではなかった。

あとは…三脚固定が生ぬるいの…か。
冬の空、またどこかで試して原因を探ります。

ものっすごいたまたまですが、
今回の三遠南信食の祭典でのイベント運営会社チーフが、
UZ先生が大学にいた頃の先輩。

そのまま、チーフの宿泊先へ突撃したUZ先生。
先輩後輩会が行われた様子です(笑)

豊根を舞台に、いろんな御縁が再縁しますね☆

メカトロ同期結婚式二次会

お昼過ぎから、母と息子を乗せて名古屋へ!

かつて同じ釜の飯を食った前の会社同期から、
結婚式二次会の御招待を頂き、馳せ参じる。

地下鉄星ヶ丘駅で私は下車。

母と息子は名古屋の伯母宅へ遊びに行きつつ、お買い物。
息子は、ばあばとのおでかけをいつも楽しみにしています。

私まずは、千種駅へ向かい、最初の目的地、

船橋オーディオセンターへ!

もう、1年近く前から、ある分野の商品に興味津々でいて、
どんな進化を遂げていくのだろうと、思っていたら…

SONYが本気出した!

ニッチな商品ですが、現代の形に合わせたオーディオ商品。
舩橋さんがじっくりと解説してくださり、音源再生してその「違い」を把握。

ただ、いつも自分が聴いている音楽を流してみないと、
その違いは解りにくいもの。
自分のスマホでNFC使ってBluetoothでリンクし、
いつも聴いている音楽を再生してみたところ…!!

これはスゴイ。

商談、成立!

ただ、私はこれから結婚式二次会。
持って行けるサイズでもないし…はて、どうしましょと思っていたところ、
舩橋さんから思いもしない御提案が!

なんと、有り難いことに、今夜我が家に届くことに。

2次会開始時間も迫ってきたので、会場の名古屋駅近く、
ルーセントタワー1Fへ。

会社を辞めて以来か…という、最後まで一緒に働いていた同期に出会って
その微妙な空気感が、一番難しいです(汗

なぜなら、私が抜けた「その後」があるため。

そーいうのは、時間が解決してくれる…はず。

さて!
新郎と私の繋がりは、入社後最初に所属した部署が一緒。
呼んでくれて有り難う。

お陰で、続々と集まる最初の部署のメンバー、その名もチームメカトロ。
皆さんに再会することが出来る!

既に沖縄で挙式披露宴を済ませてきた新郎新婦さん、
今回の二次会が、我々には初お披露目です。

そして…ケーキ入刀!
イソイソと、いつも通りケーキの前へカメラ持って移動すると…

DSC05648

これは、新しい!

バウムクーヘンへのケーキ入刀。
待てよ…ってことは…

ファーストバイト…

めっちゃ、パサパサ!?
これは、サイズによっては、大変な最初の修行になりそうです。

(しかし、その後、会場に配られ食べてみたら、しっとりバウムクーヘンでした)

新婦さんに容赦ない新郎。
クリームが付いていないからって…やり過ぎですがな(笑)

新婦さんから新郎へ…も、同じ大きさ。
こちらは優しさでしょう。

さあ、そろそろ私たち、余興班の出番が近づいて参りました。
衣装の着替えが必要なため、途中からマイカメラを同テーブルの同期にパス。

しかし、問題は…

今回の余興、何をやるのか、全く知らん!!!

取り敢えず、ピカチュウを着てくれ。
とだけ、依頼が来たのだが。

ピカチュウで一体何をやれば良いのか…

マリオとガチャピンも仲間にいるらしいので、
そのふたりに聞けばいいや~~って思い、
着替えながらマリオとガチャピンに聞いてみたら…

マリオ&ガチャピン 「で、オレらって、着替えて何やるの?」

なぬぅーーーーーーー!

まさかの、誰も何をやるのか知らない。
まさかの、まさかの、ぶっつけ本番で、何か考えてくれ。
という、先輩からの指示。

先日、先輩と同期で集まって作成した恥ずかしいビデオが上映され!
共和と栄でコスプレ祭り | kenta’s page!!

その間に、着替える我々。
ヤバイ、ビデオが終わる。

取り敢えず出た答えは、同期空手家による…

DSC05817

バット割りのサポート!!!

DSC05859

チームメカトロの結婚式といえば、バット割りが恒例になりつつ。

結婚式で割って良いモノか、そこらへんはよく分かりませんが(汗

DSC05877

俺たちがコスプレした意味はあったのか!????

まあ、いいや。

 

気を取り直して、ビンゴゲームが始まりました。
これはまた、新体験ビンゴ。

数字が書いてある玉が転がって出てくるのではなく、
出席者全員が1枚ずつ記入した新郎新婦さんへの質問、
この質問というのが、答えが数字になるような質問。

それを1枚ずつ引いて、新郎新婦さんが答えた数字を穴開けていきます。

皆さんの予想通り、B列の穴あき方がハンパない(笑)
そこは、新郎も工夫して、

「子どもは何人欲しいですか?」

「48人です。」

段々、恣意的になってきました。

私も、ビンゴ景品ゲットしました!
自宅で留守番中の妻へ、お土産が出来て良かった。

最後は、皆で花道を作って、2人の新しい門出を御祝い!

DSC05968

ここで…体格のいい男集団、突然新郎を抱きかかえ!

DSC05976

新郎、空を飛ぶ。

天井が高くて良かった。

さすが、新郎が所属していたアイスホッケー部!
今でも、アイスホッケーを続けているそうです☆

散会となり、仲良し同期と

「もう一軒行こう!」

あまり遅くなると家族に迷惑かけてしまいます…が、
まだ時計の針は午後7時前です。

行けます。これは。たぶん。たぶん。たぶん…。

久しぶりに出会う、良いですね。
とーーっても、楽しい時間を過ごしました。

来年当初には、スキー行こう!という話も、まとまりました☆
今度は、息子も連れて!!

電車で星ヶ丘まで戻り、母上が運転の車に乗って、豊根へ。
宿泊も考えましたが、明日朝早くから…鮎まつり!

大人しく、帰ります。

帰りがけ、船橋オーディオセンターの舩橋さんからお電話。

「今から、パルとよね出ますねー!」

そう。
思いもしない提案は…!!

舩橋さんが、私の家まで商品を届けて下さるという!
片道2時間ですよ。

というのも…

今夜、舩橋さん家族で、茶臼山高原のライトアップ見てパルとよねに立ち寄られるとのこと!
そのついでに、我が家に立ち寄って下さることになりました。

在宅の妻に連絡して、注文品を受け取ってもらう。

「いつもは名古屋のお店で出会うのに、自宅で出会って不思議な感じww」
と、妻は興奮気味。

大正時代創業のソニーショップ第1号店!
船橋オーディオセンターさん、今回も有り難う御座いました。

届いたのは…こちら。

DSC05989

帰宅後は、いてもたってもいられず、寝不足覚悟で設営しました。
こりゃ…すげぇ!!

ハイレゾ音源を再生すると、如実に表れる、音の繊細さ。

音量上げれば音楽再生ってのは良い音になるもんですが、
小さい音でも繊細さを失わない技術力、さすがのソニー!

このところ業績低迷していたソニーですが、着々と復権中。
やっぱり他が真似できないニッチな商品こそ、ソニー!

久しぶりに、ソニー信者全開です。

息子最後の保育園遠足

保育園に通う園児、その保護者、そして先生方。
みーんなで、浜松市動物園まで遠足です。

いつもは保護者として妻が行っていましたが、
今回初めて、私が息子の付添で!

1台の大型バスが待ち受ける役場が集合場所。
出勤中の職場の皆様に見送られ(?)ながら、出発です。

新城市内(旧鳳来町)の道の駅で途中休憩を挟みつつ、
バスの車内ではクイズ大会スタート!

間違い探しクイズや…バスに関したクイズも。
バスに付いているタイヤの本数のみならず…

そのタイヤの直径を、当てるゲーム。
配られたテープを各親子でちぎって、
乗っているバスのタイヤ直径を類推し、各々が思う直径にちぎったテープを
再度、バスガイドさんが回収。

さあ、誰が最も近い値になるか…は、帰りのバスのお楽しみです。

そうこうしちている間に、あっという間に浜松市動物園に到着!

入場してまずは全員で記念撮影☆
さすが保育士さん、子どもたちを瞬時に並ばせてパシャっと。

ここからは自由時間。

園内を親子で散策します。
さあ、どの動物から…

と思っていたら、いきなり初っぱな、息子を惹きつける物体が。

DSC05529

ヤバイ。
これは…しばらく、ここから離脱できそうもありません。

大きく後れを取りつつ、息子を説得(笑)して、順路を進み、
再び息子を惹きつけたのが…こちら!

DSC05530

昆虫類の標本が並んでいるコーナー。

なかなか動物にたどり着きません(笑)

マジマジと眺めて楽しそう。
しかし、年長さん組の姿は見えず。

マイペース状態の息子と共に、シロクマ、ペンギンを見ながら進んでいき、
キリンゾーンにたどり着いたところで!!

レジャーシートを広げてお昼タイムの年長さん組親子の姿発見!
ようやく、追いついた(笑)

我々も、お母さんお手製のお弁当を広げて、昼食タイム。

息子の弁当箱を開けると…!!

DSC05559

妖怪ウォッチのジバニャン登場。
すっげぇ!キャラ弁だ。

ジバニャンを解体するのがもったいなくて、
最後まで残っているのでした。

引き続き、キリンさんを眺めた後、

DSC05569

みんなのアイドル、ゴールデンライオンタマリンへ!

息子が呪文のように、ゴールデンライオンタマリン…って言っていたので、
一体どんなモノなのか、気になってました。

日本では浜松市動物園だけで見ることが出来るそうです。

浜松市動物園公式サイト/わくわく!はまZOO/NPO法人浜松市動物園協会

檻の中で写真は撮りづらかったので、
代わりにレッサーパンダ。

DSC05582

レッサーパンダ見ていたら、息子たちの姿が消えた!
周囲を見渡したら、カワウソの華麗なる泳ぎを見ながら水泳の勉強中?

DSC05584

お次は、ニホンザルの大げんかを見ながら、喧嘩の勉強中?(笑)

DSC05593

かなり激しかった。

DSC05594

すると、すぐにまた息子たちの姿が消えた!!
周りを見渡すと…

草むらで、男子ふたり、ゴソゴソなにかやってる。

「いたーー!」

という声と共に、手に持っていたのはカマキリ。

DSC05604

よくまあ、こんな小さなカマキリを見つけられるなぁ。

動物園で飼育されているのは、
囲いの中の動物だけではなさそうです。

ただ、こちらは囲いの中から出てきたら大変!

DSC05596

息子たちが大好きなトラ!

息子たちが騒ぎ立てるのにも、もう慣れたご様子のトラさん。
キャーキャー檻の前ではしゃいでいる息子たちですが、
全く動じなくて、檻の前面を左右に行ったり来たり。

が!!!!

息子たちが「とある」動作をした瞬間!!!

DSC05611

獲物を見る目つきに変わり、後ろ足立ち!!!

腰が引けまくる息子たち(笑)

DSC05612

これは、最高に面白い(笑)

安全であることを再確認し、味を占めた息子たちは、
ふたたび、「とある」動作へ!!

DSC05613

めっちゃ反応するトラさん。
息子たち、すげぇ。

息子たちが演じていたのは非常に単純な動きなんですが、
何か、気になるモノがあったんですね。トラさんに。

トラさんの宿舎を出て、ぐるーっと外を巡って、
再びトラさんの宿舎に入る…というのを何回も繰り返して帰りの時間になりました(笑)

入退場門の前に集合し、みんなで帰りのバスへ向かいます。

DSC05622

そう!!
保育園の遠足恒例、バスは豊鉄バスの芝桜号!!

粋な計らいです。

帰りの道中は、おさるのジョージが上映され、
寝静まらない…息子(笑)

ずーっと、豊根村に入るまで見入って眠らず。ジョージすげぇ。

で、豊根村に入ったところで上映終了したんですが、
そこから僅か、役場の間まで、コテッと寝そうになる息子(汗

あと少し!あと少しだけ辛抱するんだ!!

無事に役場横に到着。
歩きながら眠りそうな息子を連れて軽トラに戻ろうとするも、
芝桜号を見て目を覚まし、タイヤの大きさを再確認している息子でした。

DSC_5199

ヤギさん、それは食べちゃダメ

新たな構造物を構築する工事に着手する前に
ひとつ重要なプロセスとして、工事を実施する土地の地主さんとの合意形成があります。

これ、かなり重要。

よって、ほとんどの組織には、用地対策専属部隊があります。
豊根の場合は、もちろん兼務です。

今回は、地域関係者も交えて、大きな工事の説明会兼用地境界立会。

それも、自分の家の裏山。

かつて我が父達が通っていた小学校の跡地周辺。

DSC_5196

今の豊根小学校の前身の前身。
明治41年から昭和42年まで、歴史ある場所。

DSC_5195

赤線を歩き渡り、近所にもかかわらず、足を踏み入れたことがない場所を転々としました。

私の役目は、道路と民地の境界を確認すること。
あらかじめ、測量会社さんが設定した杭の位置を確かめます。

ここが赤線(里道)!?と思えるような場所ばかりでしたが、
集まられた地域の皆さんと共に、順番に確認を進めていると…

ヤギさんのテリトリー内に境界杭が。

もちろん、確認します。
が!!!

一瞬、ヤギが私の死角に移ったかと思った次の瞬間!!

偉い勢いで手に持っていた図面が引っ張られる!!

だ…誰だ!???

そちらへ視線を送ると…

ヤギだー。

慌てて図面を引っ張り返したんですが、
ヤギさん、口をもしゃもしゃしてる。

ま…まさか…。

手元の図面に視線を送ると…

図面が欠けてる。

ヤギに図面の一部を食われた。
まさかの展開に、皆さん大爆笑。

うあー。
と、思っていたら、再び死角からヤギ現る!!

また狙われた!!

さっさと境界杭を確認して、離脱。

 

続いて確認を進めていると…

「あれ?後続の姿が見えませんね。」

待てど暮らせど、後続の姿は見えず。

後続部隊では、炭焼きプロフェッショナル地権者さんによる、
炭焼き談義が始まったようです(笑)

測量会社の方、炭焼き小屋に引き込まれていましたww

ほぼ1日を要して、境界立会完了!

 

さあ、仕事をたたんで帰宅し、今夜も茶臼山高原へ…
そう思いながら、ディスプレイのシャットダウンボタンを押そうと思ったら、
メールを一通、受信している。

明日は休暇をもらおうと予定しているので、
受信ボックスの未読メールは空っぽにして帰りたい。

そう思って開いたところ…

「大至急」の文字が目に入る。
嫌な予感だな。

全市町村の道路担当課宛だ。

明日17時までに添付されたエクセルファイルのリストを全て書き換えろって??

降って湧いたような大至急調査が多くてたまらん。
特に、担当者が1人の組織では。
大元の発出は、いつも国。

国と地域間の情報やりとりが電子化により迅速にできるようになり、
情報伝達のタイムラグがなくなったことで、スグに情報を求めることも可能に(物理的には)。

昔は、郵送など、情報伝達速度が遅い時代では前もって準備しなければならないため、
余裕を持って情報のやりとりも行われていたでしょうけど、
情報化・電子化によって期限ギリギリで情報をやりとりすることもできる(物理的には)。

情報伝達速度が速い時代、期限ギリギリタイプな方が、情報やりとりプロセス内にいると、
全ての人がその影響を受けるという意味で…電子化も考え物です。

「余裕の無さ」が関係者全員に波及する、なんだか本末転倒にも感じます。

件のメール、そのまま放って置いたら、明日、問い合わせ電話が来るのは確実。
間違いなく、遠足中に電話が鳴る。

明日の保育園親子遠足を死守するべく、大至急片付けてやりました。

今夜の茶臼山高原での撮影は、おあずけ。