春の星空観察会in休暇村茶臼山高原

畑を耕して、草刈りをして。
晴れる=畑仕事の我が家です。

一番良い運動は、息子とのキャッチボール。

お父さんが野球のセンス無くて申し訳ないですが、
それでも、今のところはまだ、息子より上手なはずです(笑)

ふたりともクタクタになった夕刻ですが、
まだ!今夜は息子が楽しみにしている星空観察会。

自宅から茶臼山高原までの寸分の移動時間でしたが、
早々と息子は車内でグッスリ。

が!

休暇村茶臼山高原に到着してエンジンを止めると、

ガバッ!!

と身体を起こして、今まで寝ていたのがウソかのように
車外へ飛び出して走り去る息子。

待ってましたと、言わんばかりです。

望遠鏡のスタンバイを行っていたUZ先生の元へ向かうと、
4月から新たに観光協会事務局長になられた先輩のお姿が!

今年度も引き続き、観光協会全面協力。

定刻の19時30分となり、まずは休暇村茶臼山高原内にて、
星空観察会に先だってUZ先生から星空解説です。

DSC01045

さすが、GWですよ!
会議室のパーティションを払いのけるレベルの客入り!
もしかしたら、過去最高!?

最初は必ず、こちら。

DSC01047

天文学と暦は古くから密接な関係。

本日は、旧暦で…

3月34日!?

「疲れが出たせいか、3月が34日になっちゃいました。」

疲れが…それもそのはず。
昨夜も遅くまで、郡上八幡で星空ナビゲーションされていたUZ先生。

恐るべき体力。

つづいて、この先、春から初夏にかけての天文イベント。

DSC01049

なんといっても、火星が地球に最接近!

惑星の3つが一晩中観られるということで、
今夜の観測ターゲットでもある木星、シミュレーションソフトmitakaを使って
望遠鏡で覗いたら、どんな風に見えるのか?

意外に知らないその姿を解説。

DSC01054

ひととおり解説を終えて、いざ今宵の澄んだ空へ。

DSC01059

「わぁ~~綺麗!!」

あたりに感激の声が響きわたります。

DSC01063a

すると…

「あっ!!流れた!!!」

暗い夜空、眺めていたらひと晩で必ずといっていいほど、流星が観られます。

「流れ星、生まれて初めて見たぞ!!」

そんな感激の声も聞こえてきます。

DSC01067a

4台ある望遠鏡の中でも、最も目を引くのが、UZ先生のC11。

DSC01072a

唯一の反射望遠鏡にして、大口径!

休暇村の望遠鏡も、休暇村スタッフさんの手によって大活躍。

DSC01081

次から次へと天体が導入されていきます。
春になったとはいえ、夜はまだまだ冬の寒さ。

一旦中締めされたところで、今度はスタッフによる大人の観察会。

DSC01096a

今夜の星空は、空気が非常に安定していて、
とってもシーイングが良い。

となれば…

UZ先生のC11大口径反射望遠鏡に、マウントアダプターを介して、
おいらのミラーレスSONYα7Sを、直接接続。直焦撮影。

ピント合わせのために導入されたスピカ!
さすが、一等星だけあって、明るさが際立ちます。

DSC01098a

UZ先生にM104を導入して頂き、露出を合わせて…

8秒で1枚。
そこに現れたソンブレロ帽子!!

大人たちの大歓声が響きわたる!!

8秒で信じられない写り方。
銀塩時代に天体写真をやってた人ほど、この感動が大きい。

まさに、リアルタイムでメシエ天体が画面に映し出されるわけです。

一方で息子は、若い大学生集団の皆様に遊んでもらっていました。
あまりに楽しすぎて、帰る様子無し。
大学生の皆様、ありがとうございます。

大人たちも、メシエ撮影楽しみました。

22時過ぎに帰宅し、これからが勝負所。
先ほど直焦撮影した写真を複数枚、重ねてイメージ処理。

それが…こちら!

M104att

メキシコの帽子、ソンブレロに似ているため名付けられた
M104ソンブレロ銀河。

私が、一番好きなメシエ天体です。
横に一線入っているように見える暗黒帯が良い。

ハッブル宇宙望遠鏡で撮影された写真は、圧巻。

ソンブレロ銀河 – Wikipedia

続いて、M51の子持ち銀河。

M51patt

おおおおおおお!!!

2つの銀河が手を握り合うように、寄り添っているーー!

子持ち銀河 – Wikipedia

こんな写真が、手軽にスナップ写真のように撮影できる時代。
デジタルカメラ、スゲー。

デジタルカメラが苦手な赤色の光は、
ローパスフィルタによって残念ながら捉えることが出来ません。

しかし、UZ先生はローパスフィルタレスの改造カメラを入手されたとか!?

直焦、期待しています。

妻の誕生日を祝うオールデイ

今日はいちにち、妻の言いなりです。

というと、語弊がありますが。

順調に年を重ねる妻、誕生日を迎えました。
リクエストにお応えして、妻の行きたい場所へ!

子守りも、お任せ下さいませ。
限界はありますが。

妻…というより、息子の??
リクエストで午前中は豊川市内。

昼食は妻が行きたがっていたイタリア料理のお店。

なんと!
デザートでは、お誕生日スペシャルプレート登場です。

DSC_6453

凝ったイタリア料理なんて、めったに食べない私。
珍しい食材からありふれた食材まで、それらが見慣れない姿に変わる。

味覚を刺激されたランチはこちらでした。
menu of GITA 南イタリア料理店

DSC_6458

コースに組み込まれていたパスタには、なんと!
瓜生豚と書いてあります。

これは…もしや…と思ってお店の方に聞いてみたら、
トコ豚極め隊の、瓜生さんとこだ!!

東三河、縁(えん)が隅々にいたるまで。

バスケットに入ったパンが美味で、娘が大喜び。
まだまだ離乳食な娘ですが、パンを小っちゃくちぎって口に運ぶと、
目を見開いてバンザーーーイ!!しながら、笑顔で頬張る。

つづいて、豊橋市内へ。

豊根村出身アーティストで、妻とも仲良しの先輩が、
豊橋市内で個展を開催中!
Diary of kaori kumagai art web

20160429_155404_495

その開催場所というのが、向山にあるアートエイジギャラリー。
何たる偶然か、私が高校時代に下宿させて頂いていたお宅の隣。

3年間を過ごしたこの懐かしい場所に、こうして家族揃ってまた来る。

熊谷香里さんのSecretGardenシリーズの絵画、
風景写真が好きな私にとって、単純化された風景の構図取り、勉強になります。

個展は5月8日(日)まで開催中!

個展会場は2階で、1階は額縁が取り扱われています。

お気に入りの写真を入れる額縁を探していたところ。
せっかくなので、プロにお勧め等を伺って、購入。

今夜のパーティに向けて食材を買い出しし、帰路に就きます。
娘を抱っこして山登りしたので、既に足腰フラフラしてましが、
あと一息!!

おとーさん、がんばってケーキ作ります。

DSC_6459

息子のサポートを受けながら、生クリームを泡立てる。

DSC_6460

イチゴは息子専任担当。

「猫の手だよー」

と、ナイフ使いもサマになってます。

DSC_6461

左官屋さんのごとく生クリームを塗りたくって、
チョコレートでデコレーション。

DSC_6465

ここで息子の職人魂?に火が着き、
イチゴひとつひとつに、ホワイトチョコレートで顔を描き始めました。

DSC01018

名前がふたりぶん、並んでいるのは…!!

今夜は我が家の4月生まれ、母上と妻の合同誕生日会。

ロウソクの火も、一斉に。フーッと。

DSC01028

ロウソクの明かりが消えた瞬間!

「ウワァーーーーーン!!!」

突然、周囲が真っ暗になって焦って泣き始める娘!!

さぞかしビックリしたことかと(汗

んで、みんなから妻へプレゼント。

DSC01033

中身を開けた瞬間、目を見開いて、

「ぐぉーーーーーーっ!!」

と、妻が叫んでいたので、このサプライズは大成功でしょう。

母上には、ちゃんと誕生日の日に渡してあります(笑)

時計の針は午後10時。
今夜は子どもたちも夜更かしモード。

芝桜の丘タンブラー全世帯ゲット

豊根村観光地の目玉、茶臼山高原芝桜の丘シーズンが近づいて来ました。
村内も、出店者組合の打合せ会や、今年の開花状況を予想する会話など…

至る所で耳にするようになっています。

我らが土木部門も他人事ではありません。

R151から茶臼山高原へのアクセス道路である県道茶臼山線。

急勾配を一気に駆け上がる線形は、
かつて自衛隊が切り開いた道路と聞きます。

急勾配を兼ねた旋回半径が小さいカーブがいくつも続き、
木々が大きく育って見通しが悪い箇所がいくつかありましたが、
芝桜シーズンインする前に、景観整備事業が進められました!

我が課が調整役となって、木々の伐採や地権者さんへ御協力のお願いをさせて頂き。
続いて、道路管理者である愛知県の建設事務所にて切土を実施して頂き。

連係プレーで視距が改善されました☆

長年かけて県道茶臼山線は改良工事が進められています。
改良工事が完了するまでの間つなぎ。

現在の道路規格で設計されて進められている改良工事なので、
片側1車線の対面2車線かつカーブもなだらかに!!

完成が待ち遠しいです。

少しでも早く完成するように…
私も仕事で調整など協力しています。

さて!
そんな芝桜の丘ですが、以前から記事にしている
「めざせ!!100万人、観光交流アクションプラン。」
そんなラベルのタンブラーが、村内全世帯に配布されました!

DSC_6428

タンブラーを一周、くるっと一面が芝桜の丘。

DSC_6429

全世帯配布ってのが、スゴイ。
豊根村だからこそ、為せる技。

これは…

名古屋や豊橋へ、会議とかで出かけたときに、
コーヒーやお茶を入れて持って行くべし。

間違いなく、目立つ(笑)

ふんだんに経験を積むには時間制限をかける

思わぬ落とし穴はいろんなところに潜んでいるもので。

それを事前に察知する能力こそが、
仕事が出来る人の条件だと、痛感する今日この頃。

その能力を磨くためには、とにかく経験を積むべし。

経験を積むためには、自分を追い込む!

恩師から、「自分の限界を自分で定めてはならない」と言われたことが頭をよぎります。
限界を定めていないつもりでも、振り返ってみると
定めてしまっていた…と思うことしばしば。

できるだけ短い期間で経験を積むために。
私が考えて実践していること。

・自ら時間制限を課して仕事を進めること
(時間制限をかけずに仕事をすると、失敗しやすい点が浮かび上がらないため)
・短い時間で同じ量をこなすために、常にやり方を変えてトライすること
・やり方を変えてトライした後は、必ずプロセスを顧みること

それを繰り返すことで、
こなすことが出来る仕事量が増える
=短期間で経験値を積むことが出来る

すると、先頭に戻りますが、思わぬ落とし穴も事前に察知できるようになる!

時間制限というのは、1ヶ月とか1週間とかいうスパンではなくて、
1時間から3時間くらいのスパンが、自分の中ではちょうど良い。

仕事のスパンは、1年から1ヶ月、1週間にわたるものばかりですが、
それらを1時間から3時間のスパンに小分けしすることが大切。
1時間を、12分割して5分スパンに分けられたらなおよし。

ただ、1時間から3時間を、ひとつのことに集中して対応できるのは
とっても恵まれた環境で、その最中に来客や電話で中断するのは当たり前。
そんなとき、仕事が5分スパンに区切られると、復帰も簡単です。

今度は、5分スパンに対して振り返りを行うことで
次の5分が前の5分に対して進歩する。

今日は、豊根の中でも遅く春が訪れる現場で綺麗な花を見て。

DSC_6418

さあ、明日からも頑張るぞっ!

1年分の風景写真アルバム作った

昨年度は春夏秋冬、1年間を通して綺麗な夜の写真を
たーっくさん、撮影しました。

撮影した写真、プリントしたいけど、
プリントしても額縁に入れて飾るスペースがあるわけでもないし…

うーん、何か良い方法はないかなぁ。

そこで、ピンッと思いついたのが、フォトブック化!

フォトブックを作ることも、だいぶ一般化してきたので、
ネットで探してみたら、たくさんのサービスが出てきます。

その中から、どれを選ぶか…。

調査を重ねてたどり着いたサイトで、
編集用ソフトウェアをダウンロード。

写真選択と文字列の組み込みを経て、今日届きました。

DSC_6412

かなり、美しい仕上がり!!

ディスプレイを通して見る写真とは、全く違います。
インクジェットプリンターでプリントする写真とも、格段に違う!!

編集用ソフトウェアに慣れるのが大変かもしれませんが、
操作方法を憶える価値あり。

こちらが、編集中の画面。

image

ただ、ソフトウェアが不安定で、編集中に何度か動作を停止してしまったり…。

バージョンを重ねて、安定してくれることを望みます。

image

そして、できあがりの写真。

DSC_6413

ちなみに、作成したフォトブックデータは、webで公開することも可能です。

下記のURLに公開しましたので、良かったらご覧下さい。

http://bit.ly/1VzpF0P

やはり、画面で見るのと印刷物とでは、
特に色鮮やかさが異なる印象です。

1年に1冊、風景写真集を作ることを目標に、
これからも、豊根村内でナイスな風景写真を撮り続けます☆

昨日、元気を出しすぎました

昨夜のダメージを1日引きずる(汗
シンドイ朝を迎えましたが、それは私だけではありません。

疲労の色が濃い若人がたくさん、いました。

 

そんな日に限って、課内メンバーのほとんどが出張。
電話取り放題で、疲弊です。

こんな日は、処理系の仕事を片っ端から片付けるに限る。

 

今夜は、お客さんが多数来訪で賑やかな我が家です。

自宅にいない時間が多いため、コミュニケーションが疎かになり…
多数のお客さんが家に来ることを知らず(汗

28年度消防団員訓練会そして歓迎会

早朝から、奥三河には数多くのランナーが集結!
スタート地点を茶臼山高原とし、70kmの道のり…
それも、ひたすら山の中を走るという、中日新聞社主催のスポーツ事業。

奥三河パワートレイルが本日開催!
http://www.powertrail.co.jp/

2回目を数えるこの大会。

毎回、なにがしかの行事とバッティングするので、
今年もまた見に行くことは叶いませんが。
我々、村内の若い男衆は消防団の訓練会です!

DSC_6399

地域を守る集団、訓練は欠かせません。
特に今回は、普通救命救急講習会も実施されます。
救命技能を忘れないため、2~3年に1回、消防団員は受講します。

豊根村消防団は第1部と第2部に分かれており、
前者が上黒川&坂宇場地内、後者が下黒川&三沢&富山地内を守備範囲とし。
それぞれ部ごとに、器具取扱説明+各個訓練+小隊訓練のパッケージと
普通救命救急講習のパッケージを交互に実施。

我々第1部は、まず器具取扱説明からスタート。

DSC_6397

新しく入団した新人さんたちに対して、
ポンプ積載車に搭載されているポンプをはじめとした器具類の説明を先輩から受けます。

続いて、新入団員と他団員に分かれて、各個訓練。
新入団員には、副団長から気をつけの姿勢や敬礼等、
消防団において必須の所作を習います。

我々は、号令に従って動いたり、
順番に号令役を担って、号令を出す練習も。
全ての団員に、年を重ねて指示を出す側になる可能性があります。

半日間、隊列、行進等の訓練を実施してお昼休憩。

青空の気持ちが良い春空の下、皆で弁当を頬張り。

午後からは救命救急講習会。
訓練用の人形を用いて、傷病者発見からプロセスを踏んで、
何度も繰り返し、いざいというときに冷静に対処できるよう、訓練します。

5箇所ほどに分かれて、各箇所に消防士さんが指導員としてついてくださいます。
我ら4名の指導をして下さる消防士さんは…なんと!!

先日、少年野球練習の時に、指導の手伝いをしてくださった消防士さん!
不思議な気分でした(笑)

意識や呼吸の確認、心臓マッサージに人工呼吸、
AEDの使い方に至るまで。
連続10分間、複数名で交替して心臓マッサージと人工呼吸を繰り返し、
たかが10分、されど10分。
しっかりと胸骨を圧迫すると、意外に疲れます。

夕刻となり、全員受講証を頂いて、訓練会終了。

消防詰所への帰着がてら、消火栓に併設されたホース収納箱の内容を点検します。

一度解散してから、今夜は新入団員歓迎会!
会場は、いつもお世話になっている清水館です。
このところ、隔週くらいのペースでお邪魔しております。

清水館といえば、今朝の中日新聞朝刊。

DSC_6400

サウジアラビアと豊根村の交流が掲載されていました。
それが!また!いつもと違う雰囲気。

何故ならば、記者さんがサウジアラビアへ渡航して、取材された記事なのです。
サウジアラビアで豊根村の取材。

取材対象となったのは、交流黎明期に豊根村を訪れ、
以降、何度も豊根村に来て、交流事業のサポートにも携わってくれた元留学生。

私が初めて出会った、日本語を上手に操り日本文化を理解する若いサウジ人でした。

久しぶりに、紙面を通して彼の顔を見て、
イケイケな雰囲気にビックリしました(笑)

同じ日の新聞紙面、別の所に同じ記者さんのサウジ記事。

DSC_6404

こちらは、国際面。
サウジ女性議員さんについての取材。

 

さて!
新入団員歓迎会。
とーーっても元気いっぱいの新入団員諸君。

今回の歓迎会によって、彼らの個性がよく分かりました。

宜しくお願い致します。

元気いっぱいすぎて、
その後、第2部と合流し、日付が変わるまで宴が続いたのでした。

それでも明日はやってくる!
仕事、がんばります。

実は、今夜は星空関連の打合会ともバッティング。
行動範囲を広くすると、時間がかち合ってしまうことも多々発生。
難しいものです。

ちなみに、奥三河パワートレイルの結果速報を聞いたところによると、
出走者数 780人、完走者数475人、完走率は60%だったそうです。

過酷なレースですが、事故も無く!

来年こそは…応援に行けるかな…?

歴史を学んで今を知る

先週末の宴で撮影した写真をまとめて、一本の動画に。

慣れない動画編集で、トラブルの連続につき、半日もかかってしまった(汗

今日は、母上が息子を連れて名古屋へ。

久しぶりに静かなマイホームです(笑)

静かなところで、とある方から拝借した「ガザ地区」に関する番組を拝見。

今まで、ニュースでパレスチナやガザ地区、PLOといったフレーズを
耳にすることは多々あったけれど、その度に、未だに世界は平和では無いことを意識し、
どうしてそこまで憎み合うのか…と、疑問に思うこともしばしば。

それも、紛争に触れずして、この日本で育ってきたから疑問に感じるんだなと。

気になって、ガザ地区を発端として、中東の歴史をネットで検索して遡りました。

ガザ地区がなんで空爆されていたのか3分で理解できるまとめ – NAVER まとめ

報道ってのは政治的に微妙なところは詳しく書けないのだなぁと感じ。

事実から歴史の背後を推測するって、難しいものです。

今の紛争状態が、そもそもは100年以上も前の禍根から続いている。
そして、帝国主義の影響が、未だに引きずられている。

中東問題がどうしてこうなったか歴史的経緯がよく分かるまとめ – NAVER まとめ

私自身もネット上で情報を得ただけなので、表面しか撫でていないかもしれません。
そもそも、閲覧している情報が、たくさんのソースに紐付けているとは言え正しいとも限らない。
でも、個人における消費活動にも大きく結びつくとは考えていなかったです。

日本人がイスラエルを支持し、紛争を望む理由 – NAVER まとめ

記事を読めば読むほど、パレスチナ人への迫害が酷いと感じ、
だったら何故、迫害をするイスラエルを支援する国々の中に日本が入っているのか。

日本は、パレスチナを国として承認していません。

そもそもイスラエル自身も歴史をたどると欧州で迫害を受けたユダヤ人による国家。

その元をたどると…

イギリスやフランスによる帝国主義が原因を作っていたり。

 

世界史というのは、単に歴史を学ぶ授業科目ではなくて、
今の時代の世界政治を作っている根底を理解する教科。

もっとしっかり、学んでおけば良かった。

ただ、歴史を学ぶのは非常に難しくて、敵や味方、双方に言い分があるので、
教科書に書いてあることが全て正しいとは限らず。

歴史を見る視点によって、正しさが決まり、過去の歴史が変わる

物理や化学の、絶対的法則の世界に生きてきた理系人間が
歴史学習を遠ざけたくなる理由、ここにあると思いました。

村議会の報告会in上黒川地区

午前中は、豊橋へ出張。

今回は会議ではなく、事業のヒヤリング。
まるで面接のように、複数名の審査官に対峙して、
国から補助を頂きたい事業について、説明を行います。

毎度のことですが、他の市町からは集団面接の如く、
事業担当者が何人も出席してますが、村からは私独り。

単独面接であります。

対象事業は、全て私が担当するので、それも当然ですが。

いくらかの指摘を受けつつ、無事に完了。

夕方から、また別件で国のお役人さんと現場打合せの予定があるので、
急いで帰途に就きました。

さて!
今夜は村議会の報告会が上黒川区で実施されます。

私も、1人の住民として。
仕事が終わってから、会場へ向かいました。

前方に、8名の村議会議員さんが一列に並ばれて座し、
対面するような形で、住民用のイスが用意されていました。

ちょうど、上黒川区エボリューション会長と到着が同じになり、
一緒に並んで座りました。
エボリューション会の後輩君も到着。

区長さん始め、地域の皆さん集合したところで開会。

一連の報告事項を、それぞれ担当する議員さんから報告頂いた後、
議会に対する意見などを受付する意見交換へ。

通常、行政から住民向けの説明会というと、固い雰囲気のイメージです。

そこに、議長さんからユニークな取り回しが!!!

後半になるにつれ、ユーモアを交えて笑いが起こる、
発言しやすい雰囲気を醸成されています。

一歩間違えれば不謹慎と取られかねないリスクを持つのが行政。
それを、絶妙な線引きでコントロール。

さすがです。

来場された住民の方のほとんどから発言ありました。

まあ、こんなとき。
我々若い衆は、なかなか発言しづらいところではあるんですが、
なんと!!

若い衆には、発言指名が飛んできました(笑)

まず指名されたのが、上黒川区エボリューション会長。
突然であろうと、即時対応するのが豊根村クオリティ。

隣のエボリューション会長のコメントに耳を傾けていると、

こちらへ、ものっすごい視線を感じる。

ふと、顔の向きを視線の方向へ転換してみると…

議長さんから、熱い眼差しが。
あまりに視線がアツすぎて、目をそらせないww

そのまま、しばらく見つめ合う。

これはもしや…

エボリューション会長の発言が終わると、

「次、さかもとさん、いかがですかっ?」

議長さんからご指名が。

職業柄、なかなか…発言しづらいものではありますが(汗
指名されたからには!

もちろん、続けて後輩君も指名され、しっかり受け答え。

いろーんな意見が出ましたが、終わってみた感想、勉強になりました。
行政執行部と議会と、それぞれ立場があるわけですが、
そこの線引きを受けて、どういった質問が出てどういった回答になるのか。

あくまで議会への質問になるわけです。

特に、議会の皆さんからの答弁が、非常に新鮮でした。

※内容に関する記述は省かせて頂きます。

さて、帰宅しますと、妻が嬉しそうに可愛い洋服を手に持っています。

DSC_6395

昼間、集落内を娘と散歩していたところ、

「ちょっと、ちょっと!」

同じ集落に住む方から手招きされて、お宅へ伺ったところ…

「編んだんだけど、良かったら、娘ちゃんに☆」

おおおおおおお!!!
手縫いのお洋服を、プレゼントして下さいました!!

すっげぇ。

ご近所さんが服を編んで下さるなんて、
都会に住んでいたら、なかなか無いこと。

娘は、集落の最年少。

皆さんから愛され、有り難く、嬉しいことです。

遠隔パソコンサポートデスク常連様

先週末あたりから…

宿直、宴会、仕事、宴会、会議…と、
毎晩外出が続いています。

そろそろ、自宅の中でカミナリが落ちるのではないか…と、ヒヤヒヤ。

一週間ぶりに、娘のお風呂介助しました。

が!!!

突然、武田先生からメール。

youtubeへ音声が投稿できないとのこと。

先生のブログを見てみたら、最終アップデートは昨日の日付。
ということは、今日、アップロードできなかったということか。

ちなみに、武田先生のブログは、
音声ファイルをyoutubeにアップロードし、
それをブログに貼り付けて更新する仕組み。

以前、先生と打ち合わせしながら作り上げたシステム。

ふむーーー!
またしても、武田先生ブログでサーバーのトラブル…。

試しに、武田先生のアカウントでログインして症状をチェック。
状況が分かりました。

正確には、ブログに掲載するyoutube動画を作成するための
音声→動画制作サイトでサーバーエラー。

サーバーエラーは、サービス提供側の問題なので、
ユーザー側でどうにか出来る問題では無い。それが問題。

過去にも数回、サーバーがエラーを吐き出ししていて、
その度に困った先生からメールが。

そんな、信頼性の無いサーバーは、そろそろ縁切り時期かもしれません。

先生の記事投稿に遅れが出てしまうと、
毎日の閲覧者、数万人規模で影響が出ます。

私のこぢんまりしたブログとは、訳が違います。

他に何か利用できるwebサービスが無いかと探すものの、
なかなか、利便性の高いものは見つかりません。

よし、こうなったら…

また新しい手法を武田先生に憶えて頂いて。

動画編集ソフトにより、ローカルで写真と音声ファイルを結合し、
生成した動画をyoutubeへアップロードするという、オーソドックスな方法を。

ただ、これは先生への説明が難しい。

動画編集ソフトは、やはり、クセがあります。

とりあえず、マニュアルの様な文章をメールにしたためて、
わかりにくいところはwebの解説記事のURLをくっつけて。

えいっ!

先生へ返信。

年を感じさせないほど、新しい知識を取り込むことに貪欲な武田先生。
きっと、新しいソフトウェアも使いこなされることを…祈ります。

このところ、パソコンサポートデスクも大忙しです。

今夜も、夜更かしコース。