飛島村と豊根村の少年野球交流(初)

今年の年初、友好自治体提携を結んだ、愛知県にたった2つの村同士。

飛島村と豊根村。

愛知県内広しといえども、村のまま存在が残っているのは、
海部郡飛島村と北設楽郡豊根村のみです。

そのふたつの村には少年野球チームがあり、
教育委員会を通じて、両チームの交流試合が実現っ!

村内開催ということもあって、息子初めての試合(ベンチ)参加です。

DSC02499

まだまだ野球ルールを全く知らないわけですが、
ベンチにいて雰囲気を知ることは大切。

初めてだけに、みんなに合わせた動きがなかなかできずに四苦八苦する息子でしたが。

試合前の練習を経て。

一列に並んで…

DSC02503
(先輩、カメラ向けたらポーズありがとうございますw)

両チームが集合!

DSC02505

選手集まって、あいさつ。

DSC02511

そして…プレイボール!!

交流試合といえども、真剣勝負。

DSC02520

「子ども」と言うには失礼と思ってしまう、眼光の鋭さ。

DSC02530

クロスプレイもあり。

DSC02536

DSC02537

身体のしなり方がバネのように、球に込めたスピードへ。

DSC02539

バッターも、全力で振り切る。

DSC02542

激が飛び交い、白熱した試合でした。

試合が終わってからは、互いに握手。

DSC02546

互いの健闘をたたえ合う、集合写真。

DSC02549

野球を通した交流、そしてお昼時。

焼き肉を通した交流会へ!!

三沢の新井グラウンドから加工体験館へ移動し、
囲炉裏焼き肉を囲んで、子どもたち同士打ち解け合い。

外では、お父さんたちがバーベキュー台を囲んで交流を。

飛島の暮らし、豊根の暮らし。

海の民と山の民。
暮らしの情報交換が繰り広げられました。

食事を終えた子どもたちは、三沢高原のキンキンに冷えた河川で水遊び!!

しばらく遊んで、そろそろ撤収時刻を迎えたところで、
ひとり、またひとり…と戻ってきましたが…

!??

濡れている…全身、ユニフォームのまま…ビショ濡れだーーー!

思う存分、堪能したようです。

夕刻、交流会の幕が閉じられ。

今日の日差しは強かった!
顔が真っ赤っかです。

リサイクル活動から自然と親しむ会へ

小学校の夏休み、週末に親子でイベントといえば…!!

リサイクル活動&自然と親しむ会。

小学校が合併する前から…
すなわち、おいらたちが小学生だった頃にもありました。

先日来、とよねドームに村中から集まった資源ゴミ。

処分業者の皆様が大型トラック数台で乗り付けて、
そこへ子どもたち&先生方&保護者にて次から次へと放り込む!

んで、トラックの荷台に待機する業者の皆様が、
それらをうまいこと積み込んで下さいます。

おいらたちは雑誌担当。

雑誌といわず、なかには歴史を感じる書物なども含まれていて、
ほ…欲しいなぁ…なーんて。
班分けされたメンバーで並んでルートを作り、
順番に隣の人へ手渡しで流していきます。

これは…

ウエストの良い運動。

いい汗かきました。
子どもたちにも、働くことの大切さを知ってもらうという目的を持ちます。

さらに、資源ゴミによって、収益ももたらされます。
収益がもたらされるということは、正しいリサイクルであるということ by 武田先生。

ここまでがリサイクル活動の部。
続いて会場を小中学校体育館に移します。

引き続き、いい汗を求めて!

子どもたちのみならず先生、保護者も含めてチームを編成。
ドッジビー大会!!

ここからが自然と親しむ会の部。

担当役員さんからのご挨拶で

「豊根に住んでいても、なかなか自然と触れ合う機会が…」

ここで突然言葉が止まり!!

「あ、ありますね、たくさん(笑)」

オチが付いています(笑)

ドッジビーって、なんじゃらほい!?

説明がありました。
ドッジボールのルールのまま、ドッジボールではなく、
クッション性のフリスビーを利用する。

ドッジボール+フリスビー。

よって、怪我のリスクは非常に少なく、
それでいて飛ぶ方向が変化するから面白い。

6チームに別れて総当たり戦。
大人も盛り上がって、いやしかし、子どもたちが上手!!

むしろ、子どもたちの手を借りました。

お昼ご飯は、おにぎりと豚汁、冷凍ミカンを頂きまして、
身体がホカホカになったところで…!

午後からは文字通り、自然と親しみます。

先生方や保護者の監視の下、鮎釣り客の皆様にもご協力頂いて、
浅いところから深いところまである淵で川遊び!

さすが、川遊びに慣れている豊根の子どもたち。

何が危険で、何が安全かを既に理解して遊んでいます。

楽しい笑い声が大自然にこだまする。
冷たい水温にもかかわらず、元気一杯です。

我々大人たちの方が、音を上げてしまいそうな水温です。

思いっきり楽しんで、夕刻。
自然と親しむ会も終了です。

息子はもう、まぶたがうつろ。
今にも眠ってしまいそうですが、最後の力を振り絞っての終わりの会。

帰宅して、少し休憩した後、
車で1時間ほどのところに入院されている先輩の所へお見舞いに。

息子は車内で爆睡。

先日、突然の負傷で驚きましたが、
元気そうなお姿を拝見し、一安心。

眠さと空腹との戦いのまま病室に突入した息子。

入院患者の先輩から、お菓子を頂いちゃいました。

先輩、1日も早く、全快されることを願っております!

豊根村道1号線はどこでしょう

村内全域で86路線ある豊根村道。

豊根村が道路管理者として管理する道路法上の道路、公道です。
林道、農道は目的道路なので、道路法外になります。

その数多ある豊根村道には、ひとつひとつ、路線番号が付与されています。
国道や県道のように、○号線という形で。

路線番号は、おおよそ、若いほど重要路線になっていますが、
そーなると、村道1号線というのは…どこに!?

はいっ!

ここにあります!

DSC_6876

豊根村といえば茶臼山高原。
唯一、村外の方が利用されるシーンが多い村道。

村道の中でも、最も高級な路線。

対面2車線かつ歩道が整備されています。
そんな村道、珍しい1路線です。

が!!

DSC_6877

歩道が…草ボウボウで、茂みになっています。

特に、イタドリの生長が著しく。
まったく、人が歩いて通ることが出来ません。

通常の村道ですと、集落内もしくは集落間を結ぶ路線が多いため、
地域の美化活動で草刈りを実施してくださいます。
昔からの日本の文化、道は地域が守るという文化が残っています。

赤道(あかみち:赤線)が例です。

ですが、ここは観光道路。
週末にはお客さんで賑わいますが、車道を歩いた場合何が起きるか分かりません。
というわけで、午後から草刈りに出かけました。

運良く、出張がキャンセルになって良かった☆

イタドリの茎直径は5センチ近いものも。
恐るべし。

3時間で人が通れる形にせねば。

後輩君と2人で頑張りました。

とりあえず人が通れる状態にはなりましたが、
あまりにも見栄えがよろしくないので、月曜日に延長戦です。

仕事を終えてから、東栄町へ。

歯茎パンパン状態は、昨夜のうちに少し和らぎました。
どうやら、寝ている間に膿が排出されたようです。

しかし、相変わらず腫れています。

歯医者さんへ行って、治療して頂きました。
いつもと違う部位が腫れていたため、話題になっていました(汗

段ボール箱山積みで

知らぬ間に溜まっていくもので。

村内で買えないものを買うためには、新城市や浜松市へ行く。
買い出しのため、休日を待たねばならぬ山間地。

そのような環境において、amazonなどの通販は重宝します。

早いと、翌日配達。

だが。

副作用…あります。

配送に利用される段ボール箱。
内容物が壊れないように、しっかりスペースを空けて梱包して下さるのは有り難いですが、
注文した品物に対して、驚くべき程に巨大なことも多々。

段ボール箱は、注文数に比例して積み上がっていきます。

全て一掃!

週末に実施される、豊根小学校のリサイクル活動。
私も小学生だった時代にありました。

廃棄物のうち、有価物を村内全域から回収してリサイクル業者に渡し、
そこから得た収益を子どもたちの為に使う。

収集が始まりました。

我が家の車庫に溜められた段ボール箱や雑誌、古新聞、アルミ缶など。
軽トラ山盛りに積み込んで、とよねドームへ。

DSC_6874

木曜日の時点で、とよねドームでも山盛り状態!

DSC_6875

土曜日の午前中、豊根小学校児童とPTAの活動で、これらを業者に引き渡し。

雨上がりの森の中を進む

昨夜御一緒したメンバーの皆様と共に、
山の中、ぞろぞろと10名ほどで分け入ります。

おいらは、道案内人。

途中から獣道に変化するため、沢沿いを上っていきます。

雨上がりなもんだから、苔むした岩がツルッツル。

気をつけて歩かないと、スッテンコロリです。
さすが、そこは皆さん、山に慣れた人たち。

誰1人として、滑ることはありません。

目的地へ到着し、ポールなどを駆使して現地調査を実施。

DSC_6871

地域にとって嬉しい、素晴らしい方向へ進む決定が下りそうです!!

ヨッシャ!!

このところ、昼も夜も関係無しに鳴き続けるヒグラシの声に囲まれて、
大きく深呼吸したら幸せな気分でした。

まだ事は始まったばかり。
手順通りに進められるプロジェクトに期待。

デスクワークの方も、一時のテンパった状況が解消されてきました。

物事を深く考える余裕が出てきたときこそ、工夫の時間。

しばらくこの状態が続くことを願いながら、没頭します。

 

さて、今夜は宿直。

歯茎が腫れてパンパンです。

用地・測量の知識が足りなさすぎて勉強中

今朝の中日新聞朝刊の東三河版。

先日、豊根小中学校で実施したドローン測量の様子が掲載されていました!

image

山のしんぶんやさん、いつもありがっさまです。

おいら、測量の世界に触れてまだ間もないですが、
非常に面白い世界、業界で、日々学ぶことがたくさんです。

機械的に決められる部分もあれば、
人を介在するファジーな部分もあり。

一筋縄ではいきません。

そんな測量ですが、今日はまた、別の測量関係で富山地区へ向かいます。
雨が降り続き、足場が悪い状態です。

同じ課のメンバーも、今日は雨の中を現場巡り。

長靴にカッパで装備を調えます。

そして夜になり。
課員総出で、仕事で関係する方々と懇親会。

情報を交換するのも大切ですが、仕事をする上でお互いを知ること。

今夜はおいらの仕事の守備範囲外に携わる皆様なので、
送迎係を承りまして、ノンアルコールです。

ポケモンGOが話題の的

ちまたで話題のポケモンGO。

職場でも話題になっております。

聞く話によると、職場にも何匹か、いるらしい!
就業時刻を過ぎてから、捜索部隊が編成され(笑)

Ingressの時にも話題になっていましたが、
地理情報を利用したアプリ、人が動くきっかけになりうる。

村内の観光施設にレアキャラクターが潜んでいたら…
観光集客にも結びつく!?

息子がやり始めたら…マズいぞと思いながら帰宅したら、
既に妻が息子と一緒に始めてた(笑)

ポケモンGOで上機嫌の息子。

お手伝いも率先して実施!

「ネギ取ってきて!!」

という妻の一言に、即座に姿を消した息子。

畑へ突っ走って、ネギを引っこ抜いてきた。

DSC_6870

ネギゲットだぜ!!

ちなみに、お隣の玄関で火トカゲを発見した息子でした。

お風呂が縁日状態

さあ、風呂に入るか。

風呂のフタを開けてビックリ。
プカプカ~っと、水風船ヨーヨーが浮かんでいる。

小さな釣り竿も一緒に(笑)

ヨーヨー風呂!?

昨夜の納涼祭で、大量ゲットした息子。

ヨーヨーとして利用するのではなく、
あくまで祭りの再現。

釣るという行為に楽しみを求める息子!!

相変わらず、予想の斜め上を行く男。

 

斜め上を行き過ぎて、

風呂釜に金魚を放たれなくて良かった。

少年野球練習と第7回上黒川区下黒川区合同納涼祭

昨日、UAVを飛ばした豊根小中学校のグラウンドにて、
午前中は少年野球練習の練習です。

日頃のキャッチボールとは違って、野球の「教え方」を良く御存知のコーチ陣が、
息子にも基本をしっかりたたき込んで下さいます。

それを見ながら、おいらも教え方を勉強。

のみならず!
ノック練習の際には、おいらたち保護者も守備に付き!

守備の練習になります。

「ナイスキャッチ!!」

と言われると、嬉しくて顔がほころぶ…おいらです。
子どもたちからの返球を受け取るのも、楽しいです。

いい汗をかきました。

お昼まで練習を終えて昼食を取り、作業服にて今夜のイベントに向けた準備へ!
まずは先日準備した上黒川区エボリューション会が縁日出店する物品を運搬。

エボリューションメンバーが消防詰所に集合し、積込してから皆で会場へ。

雨が降っても大丈夫、とよねドーム。
今夜は、第7回上黒川区下黒川区合同納涼まつりです。

実行委員および各区有志、出店者有志がぼちぼち集まり始め、
午後2時から会場準備活動開始!

総勢40名近い有志で、備品を運び込んだり会場の飾り付け。

この納涼まつりといえば、第4回開催時にスギちゃんとオードリーさんが
中京テレビの番組企画で納涼まつりをプロデュース。

そのとき頂いた横断幕、今でも活躍しております☆

DSC02440

電子機器に詳しい先輩方と共にPA機材を設置し、音響チェック。

マイクの本数は、全部で6本!
カラオケ機材とワイヤレスシステムをアンプに接続して配線しますが、
なかなか一筋縄でいかず、苦労しました(汗

一方で、豊根森林組合さん提供のユニックトラックに紅白横断幕、
竹と提灯でデコレートされた櫓がドームの真ん中に登場!

DSC02441

上黒川区エボリューション会ブースは、後輩君たちがせっせと支度してくれ。

DSC02436

今年も、子どもたちに大人気が予想される、糸引きアミダです☆
売り切れ必至!!!

午後4時過ぎ、会場の準備に区切りが付いたところで、
準備参加者に振る舞い頂ける夕食をレストランみどりで頂きまして…

一旦帰宅。

作業着から作務衣に模様替えし、会場へ。

5時半の開場が迫っています。
今回は…お恥ずかしながら、司会者を拝命しました。

納涼まつりのメイン司会といえば!!
例年、駐在さんの奥様と決まっております☆

が。

昨年、定年で退職され…豊根を離れられました。

にもかかわらず!!!

この日のために、お住まいの遠方からいらっしゃってくださいました!!

そこに、星空観察会で活躍中の地域おこし協力隊さんが加わって☆

今年の司会者は3名体制ですっ。

1469353358271b

ぎこちなさを取り払うために、エボリューション会長が生ビールをご馳走してくれました!
ヨッシャ!最高に美味しい。

喉の通りも良くなり、ノっていきまっせ!

顔を真っ赤にして司会者やって良いかは別にして(笑)

ステージ前の宴会席も賑やかになってきました。

DSC02443

会場内には、縁日屋台が3団体。
大入の郷&地域おこし協力隊による金魚すくいやストラックアウト、水風船、トマト。
今回初参加となる、妻たちのサークル「mamitta(マミッタ)」さんのハンドメイド作品。
そして!

上黒川区エボリューション会による糸引きアミダ。

DSC02445

賑わっております☆

飲食出店は、商工会青年部、大入の郷、豊美会、南三陸町支援、アドベンチャーとよね。

酒のつまみからデザートに至るまで!

各ブースを司会者女性陣のおふたりがじっくり巡りながらレポートしてくれます。
私は、ステージ側でお留守番。
メイン司会さんから、いつ飛んでくるか分からない「フリ」を待機しています(笑)

入口の受付では、来場者の方へ団扇が配布され、
浴衣参加者にはジュース、子どもにはジュースと花火がプレゼントされます。

そして!

午後6時半からステージの部、スタート!

今年の納涼まつりは、上黒川区が幹事当番につき、
開会のご挨拶は上黒川区長さんから。

続いて、豊根ウインドオーケストラの皆様から世代を跨いで知られる名曲を3曲。

DSC02450

なんと!
これまで無かったウッドベースが登場!!

担当されているのは、今年度から豊根村に着任された駐在さんとのこと。
また、Uターンされたばかりの先輩も所属され!

津軽海峡冬景色♪では、会場で口ずさむ人の姿もありました。

周囲が夕闇に包まれ始めた頃から、のど自慢大会!!
事前申し込みの方からスタートし、まだまだ時間的に余裕があるところで…

会場からの飛び入り参加大歓迎。

すると…

子どもたちから申し込み!

DSC02455

NHK朝のテレビ小説で皆さん御存知、絢香の「にじいろ」
浴衣姿が可愛らしい後ろ姿。

DSC02459

続いて…チーム小学校五年生から合唱曲の「ビリーブ」を。

DSC02460

そう…!!
この五年生諸君、8月に東京遠征してコンクールに出場することになっているのです!
きらめき合唱会 7月20日 – 豊根村立豊根小学校

これは、この場を壮行会にするべし。

おいらの頭の中で、何かが囁きました。
司会者特権を行使!

チーム小学校五年生のみんなから

「行ってきまーーす!!」

会場から割れんばかりの拍手声援が飛んできました☆

五年生が出場したらだまっていない六年生。
チーム六年生女子からも曲目登録有り!

DSC02465

楽曲は合唱曲の「翼をください」です。
400人近い観衆の中、自ら立候補してステージに立つ小学生のみんな。

積極性&度胸を培う、豊根村の教育体制。

DSC02464

会場へ華やかさをプレゼントしてくれました。

予想外に次から次へとのど自慢直前立候補が立て続き!
時間が押してきておりますが…

出番ですよ。若い衆!!

小学生に負けてられないぜっ!!

というわけで。
豊根村商工会青年部軍団がステージ上に登場!!

若い衆はだいたいみんな所属しているので、大所帯!
モンゴル800を熱唱だ!

おいらも一緒に熱唱(笑)

というわけで、写真は御座いませんが…とにかく若い熱気でステージが燃え上がる勢い。
この熱気をそのまま引き継いで、最後は上黒川区エボリューション会!

黄色いハッピ集合!!

エボリューション会長にマイク渡して会の紹介ご挨拶をして頂いた後、
ミュージックスタート!!

エボリューション会長、本日は会場音響を担当するDJであります。
左手にマイクを持って紹介ご挨拶をしながら、
右手にデンモク(カラオケリモコン)を持って選択音楽のスタートボタンを押す!

マルチタスクであります(笑)

上黒川区エボリューション会+商工会青年部のタッグで、
GReeeeNの「キセキ」を熱唱です。

熱唱いや、合唱!!

会場を巻き込んで、合いの手入り、最高に盛り上がりました。

おいらも最高に盛り上がっていたので、写真がありませんが(泣

そのテンションを維持しながら盆踊りへ入ります!

DSC02474

最初は恥ずかしがっていた皆さんも、徐々に輪に加わっていき…
楽曲は、盆オードリーからスタート!!

スギちゃん&オードリーさんたちが来村されたときにプレゼントしてくれた盆踊り楽曲です。

子どもたちがユニックの荷台、やぐらに上って盛り上げてくれます。

DSC02470

上黒川区エボリューション会の黄色いハッピメンバー、
商工会青年部の芝桜Tシャツ、若者がお手本をば。

DSC02479

そしてそして!!

アカペラ盆踊り、「高い山」であります。

DSC02480

麗しい歌声が会場に響きわたり、皆口ずさみながら
これぞ日本の盆踊り。

DSC02483

ここで、例年とはまた違った「音頭」が加わりました。
納涼祭では初めて流される音頭ですが、村民で知らぬ人はほとんどいない!?

おいらたちも、小中学校時代には身体にたたき込みました。

「豊根音頭」と「茶臼山音頭」であります!!

今まで納涼まつりで流れなかったのが不思議なくらい。
誰しもが踊れる音頭。

なんか、懐かしくて良いんですよ。

若い衆も、自信満々で、身体が自然に動きます。

DSC02487

押していた時間を取り戻し、午後9時。
時間が押している状態を焦っていた私たち。

何故ならば…

冒頭の区長さんご挨拶で、

「9時からくじ引きです!!」

という、時間を認識するためには、これ以上無いギャグをかましてくださったから!!(笑)

無事、9時からくじ引きです(笑)

区の役員さんが会場の皆様に向けて数字が書かれた券を配布。
券には同じ数字が左右2箇所印刷されており、半券をちぎって抽選箱へ投入。

抽選箱から上黒川区長さんと下黒川区長さんが紙を取りだし、
書かれていた数字に合致した方が当選という仕組みです。

この方式は今年から初めて導入されます。

さあ、どうやって司会進行しようか。
ぶっつけ本番で、区の役員さんと手探りで確かめながら、進行します。

豪華景品の数々!

かなりの景品本数がありますので、私もひとつ当選しました(笑)
司会者が当選して良いのか!?悩ましいところではありましたが!

区長さんが引いた番号を、おいらが読み上げる。
最後の方、景品が豪華になるにつれて、盛り上がりが違ってきます!

これら豪華景品は、すべて協賛団体、企業、商店から提供頂いたものです。
村内のあらゆる団体が御協力下さっています。

最後の特賞にたどり着き、大盛り上がりで終宴っ!!
若干のトラブルはあったものの、そこはスタッフの皆さんと乗りきりっ!

はぁ~~無事に終わって良かった。

一緒に司会をやったおふたりさま、最後まで楽しい時間を有り難う御座いました☆

時計の針は午後10時。
全員の協力の上、片付け作業が40分ほどで完了。

午後11時から実行委員、協力者による打ち上げ飲み会inレストランみどりです。
疲れを癒やすべく、たらふく流し込んだら、かなり良い感じで酔いました、おいら。

緊張が一気に緩みました。ホント。

素晴らしい人たちに囲まれて幸せだなぁ~と鑑みながら、
日本酒ジェラート的な飲み物が美味しくて…。

だがしかし!奇跡的にマーライオンになることが無く!!
だからこそ、かなり頭がクラクラです。意識が遠のきかけ…たような?

なんか、あんまり憶えていませんが(汗

いつの間にか時計の針が午前1時を過ぎていたような記憶は残っております。

帰路は送迎バスで自宅までお送り頂きました☆

今日は1日、良い経験、させて頂きましたーー!!!

豊根小中学校でドローンによる航空写真&レーザー測量

自分が受け持っている現場のひとつで、
最新技術を駆使した測量が実施されます!!

ちまたで話題のドローンを使った、航空測量です。

まだまだ測量に用いられた実績は少ないため、
今回は機材テストも兼ねたデモンストレーションです☆

豊根小中学校&保育園も、協力して下さいました。

ドローンとは通称で、正式には(Unmanned aerial vehicle, UAV)と、呼ばれます。

UAVを用いた測量は、今年の3月に国土地理院で
公共測量ガイドラインが制定されたばかり。

UAVによる公共測量|国土地理院

今まさに、ホットな最新デバイスです。

今回の測量作業で使用した機器は、
空を飛びながら現況を観測するUAV (ドローン)が3種類。

1つは高画素デジタルカメラを搭載していて、
上空からの写真を連続で撮影します。

DSC02309

2つめは、3Dレーザースキャニングを搭載し、地上をレーザーで測量。

DSC02417

3つめは4K動画が撮影可能なカメラを搭載した小型ドローン。

DSC02430

こちらは、無線通信により操作端末にくっつけられたiPadへリアルタイム映像伝送。

DSC02432

同じ操作端末を2人が1台ずつ持ち、
ひとりは機体を操作する係、もうひとりはカメラの向きを操作する係。

これ、欲しい!!!

また、ドローンだけではなく、地上測量で利用する最新デバイスも登場!

地上に設置した3Dレーザースキャニング。
実は、これが一番高価。

DSC02424

そして最後に、およそ10秒で世界測地系の座標を算出する
GNSS測量機(衛星測位システム)。

DSC02434

従来の観測方法とは全く異なった仕組みで測量を行う、
普段ではなかなか触れる機会のない最先端の測量機器が並んでいます。

測量面積は約3ヘクタールで、1飛行あたり10分程度。
それを8回ほど繰り返しました。
飛行高さは100m~75mほどです。

DSC02337

拡大すると、こんなふう。

DSC02336

夏休み期間中の豊根小中学校ですが、児童クラブや部活などで、
教室には子どもたちの姿があります。

事前に教育委員会を通じて学校と相談させて頂き、
安全確保のため、測量時間帯は屋外に出ないようにお願いしました。

でも、ひさしがあれば大丈夫!

ブゥ~~~ンと、まるで草刈り機をフル回転させているかのような音を立てるドローン。
その音を聞きつけて、みんな屋根の下から…

「うおおおーー!飛んでる!!飛んでる!!あれっ?空で止まった!!」
と、大はしゃぎ。

DSC02341

まるで生き物のような挙動、意識をもっていそうな奇妙な動きをするドローン。
眺めております。

ドローン…もとい、UAVは、飛び立つときと着陸の時はリモコンを使った任意操作が入りますが、測量中は上空で一定の高さの範囲を、事前に設定された座標通りに動きます。

今回は測量範囲上空をジグザグに、全ての面を捉えるようにプログラムされており、
自律飛行による自動制御で自らの場所をGPSで確認しながら動き回っています。

1度目の飛行を終えて、着陸。

DSC02349

着陸したところで…

先生の許可を頂いて、子どもたちに向けて、公開ドローン講座!!

DSC02357

皆、興味津々で、猛ダッシュで近づき。
危うし、ドローン(笑)

小学生には、測量という説明をしてもちょっと難しかったかも知れませんが、
ちまたで話題のドローンというものを初めて見た子(先生方も)がほとんどで、
ドローンとはなんぞや?というのを自分の目で見て楽しんでいました。

DSC02369

今回、これらの高級機材群をデモンストレーションしてくださったのは、
豊橋にある建設コンサルタントの株式会社あづま様。

最新測量機器を惜しみなく、無償でデモンストレーションしてくださいました。

部活を終えた中学生。

DSC02401

中学生は技術者の話を聞いて理解できるようで、

「どうやって操縦するんですかー?」

という質問に対して、技術者が

「これは飛び立ってからは、
全部自律制御で自動で動くんだよ。ロボットみたいなものだよ。」

と聞いて、ロボット!?と、一般的なロボットのイメージを覆されたのか、驚いていました。

そこから、GPSを使った自動航行方法や姿勢制御の方法を解説され、
デジタルカメラで連続撮影した地上の写真を1枚の大きな写真に重ね合わせる方法。
ドローンの正式名称はUAVというんだよといった基礎的なことまで。

小中学校の勉強で測量という分野を知る機会は、ほとんどありませんが、
地理を知る上や、自分たちが住んでいる場所を知る手段として大切な知識です。
今回は、測量技術者に触れたというのも良かったかなと思っております。

株式会社あづまの方も、最新鋭の測量技術を子どもたちに見てもらって、
自分たちの技術を通じて、未来の世代に測量の世界を知ってもらえて良かった。
と、おっしゃっておりました☆

すると!!!

たまたまですが、妻と娘が通りがかった(笑)

DSC02418

息子の保護者面談で来校。
一応、仕事しているところをピーアールするお父さんです。

とにかく、地形をほぼ自動で測量できるというのが画期的。

レーザースキャニングするポイント数は今回の面積で50億点とのこと!
通常の人力測量は1回レーザー飛ばして1点なので、恐ろしい数です。

レーザーでスキャンする場合は、障害になる山の木々をある程度透過できるらしく、
山の中でも、地上の形状がスキャンできるという優れものです。

少子化や、測量技術の担い手不足の解決策とも感じますし、
公共事業における作業効率を向上させる可能性を秘めています。

なにより3次元の立体データをパソコンで開くとパソコンの中に
まるでジオラマが現れたかのように、どの角度からでも現場を見ることが可能ですし、
拡大や縮小はもちろん、
マウスを使って測量したい場所を指定するだけで、距離や確度を出すことができます。
そのまま、断面図を自動作成することもできるそうで、恐ろしく革新的な技術です。

まさに、「現場が手元にある状態」と言っても過言ではありません。
私たち、公共工事を計画する立場としても、非常に有用です。

これらの技術はまだ、国交省や国土地理院で利用され始めている程度と聞き、
愛知県や県内市町村では、あまり例を聞いたことがありません。

特に災害時において、危険性が高く人が足を踏み入れることが困難な災害現場を
上空から測量して災害現場の地形を瞬時に把握することに期待されています。

株式会社あづま様も、まだ技術を取り入れたばかりだそうで、
この規模で実施するのは初めてだそうです。それくらい、最先端です。

貴重な経験、体験有り難う御座いました!!

あまり固有名詞を取り上げることが無いこのブログですが、
このお礼は…及ばずながら、このブログで社名を宣伝させて頂きます☆

株式会社あづま

成果品となる3Dモデルや空撮動画、いずれ頂けるとのことで楽しみにしております。

さあ、今週はデスクを留守にしすぎた。
ツケがいっぱい、溜まっております。

ストレスも、だいぶ溜まってきました。

早く片付けて、ストレス解消し、週末を迎えるべし!!

一通り、急ぎのものを処理完了し、職場を出る!
今夜は、保育園の夕涼み会です。

既に妻子は保育園に到着とのこと、息子は卒園生として参加し、
娘はいずれお世話になる場所です。

遅くなってしまいましたが、盆踊りに間に合った!

娘を抱っこしていたら、音頭に合わせて娘も首をフリフリ(笑)
そして!

スギちゃんとオードリーが豊根村に来て作ってくれた盆オードリーも、
子どもたちは完璧に踊りこなしております。

明日は、上黒川下黒川合同納涼祭。
我々も、練習になりました(笑)

懐かしい面々にも出会うことができ!

フィナーレの花火まで楽しみました。