お世話になった御大の葬儀参列

私からたどれば血筋は薄れども、旧来より固い絆で結ばれていた親戚関係。
家と家の関係。

大切にする文化がここにあります。

祖父、父の名代として、家を継ぐ者の使命。
そして何より、故人からの気遣いを多く賜りました。

思いはせながら、朝。
出棺に立ち会います。

そして、火葬場へ。

親戚関係がよく分からずに不安に思っていましたが、
すぐに誰が誰で…とフォローして下さり、そこからまた新たなつながりを見いだしたり。
これこそが、故人が繋ぐご縁です。

思わぬところでつながっているもので、
今回は私の父方でありましたが、母方である東栄町古戸方面も次々につながり。
つながりが分かると、人と人は急に距離が縮まります。

故人の旅立ちを見送り、続いて午後から葬儀。

故人、そして喪主である職場の先輩、
親交の深さを伺い知るほど、多くの人が見守る中。

葬儀の最後には、喪主からご挨拶。

何度も推敲された様子がうかがえる、素晴らしいご挨拶。
すごい。本当に、すごい。
明確に言葉として発しているわけではありません。
父に向け、「後はオレに任せてくれ」という想いが
文脈の端々から聴衆の心に向けて川の流れのように流れ込んでくる。

続く三日七日法要。

葬儀の後は精進落とし。

人の死に立ち会うと、どうしてもまだ父のことが頭をよぎる。
死というのは遠くに見えて、意外に近い。
人生は、死と隣り合わせ。

人間、いつ死んでもおかしくない。

だからこそ、明日がんばるではなくて、
今日という日を精一杯生きなければ。

 

何か忙しくしているわけでもないけれど、何度参列しても葬儀は独特の疲労を伴います。
しかしながら、何か虫の知らせというか、予感がしたので、
全てのプロセスが終わってから職場へ戻ります。

ビンゴ。

突然、明日までに、ある書類を提出して欲しいというファックスが机の上に。
それを見て困っている課長。
すぐに着手し、今日のうちに処理できて良かった。

でなければ、明日、新城へ書類を持って行くだけの往復が待ち受けていました。

昨日はゼロ件だったメールボックスには20件を超える未読メール。
題名を一通り確認し、緊急対応が必要なものだけチョイス。

さあ、明日がんばるかな…。
さっきと言っていることが違うけど!!

閑散とした職場、親類の通夜へ参列

課の中、出かける人が多く、さらにカモシカ救出作戦が発動したりと。

おいら独り、お留守番していたら、こーいうときに限って…。
いない人宛の電話ラッシュ!

さらに来客。

隣の課にも応援を頼んで、対応。

「すみません、担当者が外出しているので…」

というのは、あまり言いたくないセリフで、
自分が対応できることに越したことはありません。

しかしながら、土木(道路、河川、砂防等)のことばかりやっていると、
なかなか農水産業のことにまで守備範囲が広げられず。
林業、林道関係が守備範囲のギリギリ。

日頃から、業務分担を超えた知識の備蓄は必要だと痛感します。

自分自身宛も電話ラッシュ、

移動時間節約のため、打合せも電話で済ませちゃおうとしたもんだから、
1本当たりのウェイトがでかく。

喋りすぎて、ノドがカラカラです。

さて。
終業時刻のチャイムがなると、大急ぎで帰宅して礼服に着替え。

お世話になった方の通夜へ参列します。

故人は祖父ととっても仲が良く、我が家へもしょっちゅう遊びに来てくれ、
鹿が防護ネットに掛かったときはヘルプに来て下さり。

村内でも名の知れ渡った猟師で、年は大きく離れていますが、父の従兄弟。

村内外から、数多くの人が集まり。

旅立ちの準備を見守りました。

父、祖母、祖父と、我が家で不幸が続き、
私が勝手の分からぬ喪主を勤めている傍らで温かく見守って下さいました。
ずーっと我が家にいて、親戚として場つなぎをしてくださった大恩人。

亡き父、祖父の名代として、明日は葬儀へ参列します。

おくみかわ星空講座実行委員会第2回

午後からは、設楽町へ車を走らせて、
奥三河☆星空の魅力を伝える会主催の「おくみかわ星空講座」開催実行委員会へ!
おいらも実行委員に加わって。

ついに、来年度スタート!!!

おくみかわ星空講座 – 奥三河☆星空の魅力を伝える会

image

昨夜、星空観察会やったUZ先生を実行委員長として、
ついに、星のソムリエ養成講座が、この奥三河で開催されます!!

本日はその第2回実行委員会。
既に奥三河で星や観光に携わる方々が設楽町に集まりました。

こりゃあチャンスですよ!!

これまで、星のソムリエ資格を取るとしたら遠方まで
何度も通う必要がありました。

全国各地で資格取得講座が開かれています。

認定講座開講の案内 – 星空案内人 ® 資格認定制度

どんな制度なの? – 星空案内人 ® 資格認定制度

その資格を、地元にいて取れるだなんて。

さらに、数ある開催地の中でも、奥三河は光害が少ない地域。
抜群の環境です。

「おくみかわ」の名の通り、会場を設楽町、東栄町、豊根村。
各講座ごとに郡内を点々とします。

① さあはじめよう〔講義〕      4月 8日(土)15:00〜18:00
              会場:奥三河総合センター         講師:柴田晋平(山形大学)

② 望遠鏡のしくみ〔講義〕      5月13日(土)13:30〜15:30
             会場:東栄グリーンハウス    講師:夏目裕司(愛知県県立高校教諭)

③ 望遠鏡を使ってみよう〔実技〕 5月13日(土)18:30〜20:30
             会場:東栄グリーンハウス    講師:夏目裕司(愛知県県立高校教諭)ほか

④ 宇宙はどんな世界〔講義〕       6月17日(土)16:30〜20:30
             会場:休暇村茶臼山高原           講師:澤武文(愛教大名誉教授)ほか

⑤ 星の文化に親しむ〔講義〕    10月14日(土)13:30〜15:30
             会場:東栄グリーンハウス      講師:萩野祐司(星空案内人)

⑥ 星座をみつけよう〔実技〕    11月11日(土)16:30〜20:30
             会場:休暇村茶臼山高原           講師:早川佑佳(準星空案内人)ほか

⑦ 星空案内の実際〔実技〕       12月 9日(土)17:30〜20:00
             会場:奥三河総合センター          講師:後藤修一(準星空案内人)ほか

早速、おいらも申し込みしました☆

星空好きだけど、系統立てて勉強した機会なんてありません。
好きなようにやっていたので、星空の知識も偏食気味です。

星のソムリエとは、星空案内人。

多くの人へ、星空、宇宙の面白さを魅力的に伝えるスキルを求められます。
講座も多岐にわたり、興味深い!!

image

まずは、星空準案内人から。

そして、いずれは星空案内人を目指して!

おいら的に問題は、いずれも土曜日夜開催なので、
村内行事とかち合うリスクが高いこと…。

全部、参加できるかなぁ…。

でも、参加する意気込みはあります!
ってことで、全講座受講で申し込みました。

image

申し込みは先着順。
奥三河地域在住在勤者は特例として、本日から受付スタートです!

実行委員でもあるので、スタッフやりつつ資格もゲットだぜ。

親戚の訃報を受けて

昨日の訃報を受けて、午前中、村内の喪主宅へ弔いに。

祖父の代、曾祖父の代、代々親戚関係にあり、
我が祖父祖母、父の葬儀では右も左も分からないおいらに多くの助言を下さると共に、
終始葬儀に関わって賑やかなトークで場を保たせてくださり。

大変お世話になった方。

安らかなる最期の時を伺い、手を合わせました。
更に、喪主さんは職場の先輩。

いつもお世話になっております。
通夜、そして葬儀と大変な日が待ち受けていますが、無理なされませんように。

少年野球練習→第29回星空観察会in休暇村茶臼山高原

朝の眠さを吹き飛ばすべく濃いめのコーヒーを流し込み。
昨夜の睡眠不足が、少々影響。
準備万端の息子を連れて、とよねドームへ!

毎週末土曜日恒例の少年野球練習です。
この季節は小学校のグラウンドが積雪とぬかるみで使用できないため、
とよねドームにて練習が行われます。

日差しは暖かいものの、通り抜ける風は冬の冷たさを残していて。
じーっとしていたら、たまらんっ!

おいらも身体を動かして球拾いしながらウォームアップ。

本日も、指導監督して下さったコーチ陣に感謝。

そして夜。
かなり久しぶりになる星空観察会in休暇村茶臼山高原です。

今回で29回目!
継続は力なり。

DSC07716

UZ先生による講座からスタートします。
背景の星空写真も、もちろんUZ先生が茶臼山高原で撮影したもの。

恒例の「今日のこよみ」。

DSC07717

茶臼山高原スキー場もファミリー客で大賑わい。
スキー場から最も近い宿泊場所である休暇村茶臼山高原、
例に漏れず、ファミリーで大賑わい!!

DSC07718a

満席で、イスが足りず追加で並べるほどです。

DSC07719

今月、来月は冬の星座から春の星座へとバトンタッチ。
まだこの寒さ…冬の星座についてレクチャーです。

DSC07720

冬の大三角形、ダイヤモンド。
冬の夜空といえば…オリオン座!

オリオン座もそのひとつを成す冬の大三角形には、天の川が縦に流れます。

DSC07721

この資料、分かりやすいっ!

冬の天の川も、さりげなくて良いですよ。
今夜の被写体決定。

講座が終了し、みんなで外に出ましょう。

DSC07728a

ここは標高1200mの冬の屋外。
極寒です。

しっかり防寒具を身につけた親子。
スキーウェアの子どもたちもたくさんいます。

DSC07733a

UZ先生や、その御友人、

そして…名古屋大学天体研究会OBの先輩も、遠方から応援に!

DSC07737a

寒い中、望遠鏡の順番待ち時間も身体に堪えます。
望遠鏡&ナビゲーターが複数いらっしゃるのは心強い。

まあ、おいらの出る幕は御座いませんな(汗

というわけで、広報写真に使えそうな素材を溜めることに集中。

DSC07743a

先ほどの講義資料に乗っていたイラストのアングル。
オリオン座、冬の大三角形、そして冬の天の川。

星空の下には、スキー場ゲレンデの整備車両ライトが印象的に輝きます。

DSC07759a

銀河の中心を見据える夏の天の川ほどの主張はありませんが、
いくつもの星団が隠れている天の川、分かりますか?

次第に、次第に、お客様はお部屋へ戻って、
また麓から観察会のために登ってきたお客様は麓へ戻り。

それでも、お客様が最後の一人になるまで粘り強い天文の伝道者たち。

DSC07762a

息子もそろそろオネムの時間。
連れて帰ろうとすると…

おいらが持っている機材があまりに少ないので…

名大天研OBの先輩、息子のために…と、
望遠鏡と双眼鏡を下さったーーーー!!!

ビックリです。

学習用の屈折望遠鏡、そして学習用冊子まで。

オモチャの双眼鏡を覗くのが好きな息子は、
見たことも無いズッシリした重みを持つ双眼鏡を手渡され、
早速のぞき込んで喜んでいます。

帰宅後、クルマから降り、おいらが機材を運んでいると、
息子がおいらの手元を見つめている。

あ、双眼鏡か。

そのまま渡してやると、自宅前で空を見上げていました。

こりゃあ…良いものを頂きましたぁ!!

学習用冊子も手に取ってみたところ…

DSC_0856

こ…コタツで星空だぁーー!!
そして、時代を感じる風貌。
時代変われど、天文好きは変わらず。

クスッとしました。

地区の役員会と少年野球父母の会

仕事を終えて帰宅し、今夜は打合せダブルヘッダー。
しかも、ラップ。

食事会も含まれているので、自宅前でお迎えを待ちます。
すると…

カーブを曲がって現れた村営バス坂宇場線が速度を緩め。
おいらの方向、路側帯へ止まりそうに…!!

おお!フリー乗降!
(村営バスは、バス停に限らず、路線上であればどこでも乗降可能です☆)

おいらを発見した運転手さん、バスを停車させてくださろうと!!

あわてて手を横に振り、ジェスチャー。

乗っていた車内のお客さんも知っている人ばかり。
お酒の席があるとき、村営バス大活躍です。

乗車中のお客様方、おいらに手を振って下さいました☆

しばらくして、地区役員会メンバーを乗せた車両到着。
乗せて頂き、打合せ会場へ向かいます。

ここ数年で新たな事業が活発に開始された上黒川区!
今夜は上黒川区の役員執行部の打合せです。

1時間ほど打ち合わせたところで、おいらは次の打合せが始まります。
偶然、次の打合せ会場は歩いて行ける距離。

次は少年野球父母の会、打合せです。
急ぎ足で打合せ会場に向かい、今度はメンバー変わってお父さんお母さん。

今年度のまとめや来年度に向けた体制等について。

年度替わりを控えた時期というのは、
夜を迎えるたびに村内各種団体が代わる代わる打合せ開かれます。

少ない村内の現役世代、いずれの会合でも顔を合わせるメンバーが一緒だったり。

こちらも1時間ほど打ち合わせしたところで、
再び上黒川区の役員執行部打合せへ戻ります。

大切な議題につき、打合せは日付変わって午前1時までを要しました。

遅くまで、大変お疲れ様でした!!

時間もコストも紙もゴミも節約する2台ディスプレイ

自宅でも、職場でも、おいらのパソコンはデュアルディスプレイ。

大学時代に武田先生がやっているのをみて、
こりゃ良いなぁ~と研究室で真似してみたら…

業務効率がすこぶる上昇!!

それ以来、シングルディスプレイで作業できなくなりました。

デュアルディスプレイというのは、
1台のパソコンに2台のディスプレイを接続して使用すること。

3代以上であれば、マルチディスプレイとも言います。

ノートパソコンであれば、
ディスプレイポートにモニターを接続してやればデュアルディスプレイのできあがり。

DSC_0849

上の写真は、おいらの自宅デスク。
左側が「母艦」となるノートパソコン。
ノートパソコンのHDMIコネクター経由で、右のディスプレイへ画面出力。

もちろん、左右は違う画面で、ディスプレイが「拡張」されています。
両ディスプレイの解像度が同じならば、作業面積は倍増。

例えるならば、机の面積が2倍に増えたようなもんです。

デュアルディスプレイは、デイトレーダーの専売特許じゃありません。

何が嬉しいのかというと…
左右のディスプレイを用いて、資料比較しながら文書作成や資料作成が可能なのです。

参照資料を見ながらExcelやPowerPointで資料を作成するとき、
参照資料を印刷してそれを見ながら
ディスプレイに映し出されたExcelやPowerPointに打ち込むってのは…

いろいろもったいない。
印刷コストもかかるし、プリンターまで歩く手間と資料を見直して打ち込む手間がかかる。
それらを省くことができます。

また、数値入力完了してからの照合作業はディスプレイ同士で比較参照し、
間違っていたら、そのまま電子データの数値を修正できます。

紙に打ち出して照合すると、間違っていた時に赤字とかで訂正記入して、
それを再びExcelなどに入力し直す。このプロセスも怖いもので…

紙資料からデータ入力の際に、入力する項目をミスするリスクが。

それも低減可能。

ここでミスをする可能性があるから、再びプリントしてチェックする必要が出てしまう。
一体、何回プリントアウトするのか!と。

デメリットとしては、ディスプレイを購入せねばならないというところですが、
今や1万円台から購入できるディスプレイ。
印刷コストが1枚当たり10円だとすると、1,000枚以上印刷したら元が取れる。
カラーだとしたら、1枚当たり100円?ならば100枚です。

100~1,000枚なんて、塵も積もれば山となる。仕事においてはあっという間です。

この印刷コストも、長い目で見たらバカになりません。

更に更に、ゴミの減量化にも繋がり、
ゴミの容量が減ると言うことは…極めつけは、ゴミ運搬コストも低減。

1度導入したら病みつき、職場でも全職員に支給を…なーんて。

いかがでしょうか?総務課長。

是非、お試しを。

radikoのタイムフリー

今日は、豊橋へ出張。
仕事で扱うルールが変わると、その情報収集が必要になります。

様々なルールに則って実施する仕事だけに、
最新のルールを取り入れるのは必須条件。

ネットで情報が手軽に得られる時代であろうと、
クローズドな情報は手軽に転がっていません。

クルマを運転しながら豊橋へ向かいます。

受信できるFM放送局が増えると、都会に来たなぁ~って。

FM電波がほとんど届かない豊根村。

ZIP-FMは茶臼山高原まで登らないと受信できません。

そんなとき、強い味方がこちら!

radiko.jp

スマホにラジコアプリをダウンロードすれば、スマホで聴取可能です。
もちろん、ネットに繋がっていれば、パソコンでも聴取可能。

東海地区のラジオ局、全て無料で聴くことができます。
東海地区以外、全国のラジオ局も、月額料金を支払えば聴取可能。

さらにさらに!

最近、サービスがバージョンアップされ、ライブ放送以外にも、
タイムシフトして過去の放送を聴くことができるのです!

radiko.jp – タイムフリーとは?

好きな深夜番組を、つい寝てしまい聴き逃してしまった!
好きなタレントがゲスト出演することを知っておきながら、仕事中で聴くことができなかった!
ラジオ番組放送後、ネットニュースやSNSを通じて聴きたい番組を発見!
そんな時この機能を使えば、あなたも後から”聴き逃した番組”を聴くことができます。

※特定のタレント出演番組やスポーツ中継など一部聴取できない番組があります。
※聴取可能時間(3時間)があります。http://radiko.jp/rg/restriction/

あの番組を聴きたいけれど…
オンエアの時間帯が、自分の習慣に合わない…

そんなお悩みを一発解決。

目的の番組を聴き始めてから3時間の時間制限はありますが、
それで充分。

radiko.jp – タイムフリー

この機能を使って聴くべき番組…

それはもう!

ZIP-FMの花祭り大好きナビゲーターIRENEさんでしょう。
ミュージックナビゲーター|ZIP-FM77.8

ナビゲーター紹介の「趣味」の欄には

「奥三河の花祭りに行く」

って書いてあります☆

ZIP-FMでは、3つの番組をナビゲートされています。

GOODY <FRI>09:00-13:00

Z-POP COUNTDOWN 30 <SAT>13:00-15:00

WHAT’S GOODY <SUN>01:00-01:30late night

 

さて、会議を終えて2時間弱の移動を経て村へ戻る。

午後6時頃、職場に戻ると、

「おっ!帰ってきた!ちょっと打合せたいが…」

「あ!けんたろさん!ちょうど今、電話入ってます!」

「おう、けんたろ帰ってきたな。○○のことだけど…」

笑えるくらい、聖徳太子状態ww
デスクへ戻るまでの間にww

実際、笑ってしまいました。

あまりの連鎖反応具合、面白かったです。
まずは、帳簿に記すため職場のクルマの走行距離を忘れないようにメモしてから、
電話に出ることから始めました。

こうしてコミュニケーションが帰着早々に集まってくるってのは、
有り難いことです!ホントに。

リビングの天井をコウモリさん飛行

睡眠は大切です。
昨夜、遅かったのに、更に夜更かししたので完全睡眠不足。

脳みその鈍さを感じます。

さて。

少し前の出来事に遡ります。

自宅の廊下から、

トタタタッ!

なにか?
小動物らしきものが動く音が聞こえます。

ショコラ君にしては足音の間隔が短い。
もっと、小さな生物の予感。

まさか…ネズミ!?

ドアを開けた瞬間、黒い物体がおいらめがけて飛んできた!!

ビビって、とっさに避ける。

DSC07662

飛んでる~~~

飛んでるよぉ~~~

DSC07675

しばらくリビングを飛翔して、防災行政無線子機の上に止まった。

こ…コウモリ!??

コタツで寝ていた援軍を無理矢理起こす。

寝起きでダラ~~ンとしていたショコラ君。
リビングに連れて行ったら、 目つきが一瞬にして変わった。

DSC07676

狩りの目だ。

コウモリの飛翔に同期して、全身を使って行く先を追う。

DSC07682

よし!!
そのまま確保するんだ!!

いや、ちょっと届かないか…。

DSC07692

可哀想なので、玄関開けて外に逃がそうと思い立ち。

ガラガラ~~っと玄関の扉を開けると、

外に向かって猛ダッシュで姿を消した…

 

ショコラ君。

 

こーーらーーーー!!!!

やる気なさ過ぎだろう。

冷たい空気が吹き込む玄関には目もくれず、
ひたすら何周も、グルグル飛び回り続けるコウモリさん。

DSC07707

しばらくして、目を離した隙に姿を消しました。

行き先は屋外か、はたまたまだ家の中にいるのか…(汗

写真を分析したところ、どうやらアブラコウモリのようです。

アブラコウモリ – Wikipedia

アブラコウモリ(油蝙蝠、学名: Pipistrellus abramus)は、コウモリ亜目ヒナコウモリ科に属するコウモリの一種。日本に棲息する中では唯一の、住家性、すなわち、家屋のみをすみかとするコウモリである。したがって、日本では人間にとって最も身近なコウモリであると言える。その習性から、イエコウモリ(家蝙蝠)の別名がある。

イエコウモリ。
家に住むんだ。

かつては、家に棲みついたり入ってきたりすると縁起がよいとされたコウモリだが、伝統的なイメージが忘れ去られるとともに、現代では、単に気味が悪いという理由で嫌がる人もある。もともと東アジアでは、コウモリの漢語“蝙蝠”(へんぷく/ビェンフー)の「蝠」の字音である「ふく/フー」が「福」に通じるとして縁起のよい動物とされており、日本ではさらに、子宝に恵まれるというイメージもあって、めでたい動物として親しまれた。図柄としても好まれ、江戸後期には歌舞伎役者・七代目市川團十郎が蝙蝠の柄を流行らせたという記録も残っている。しかし、西洋の怪奇小説などに由来する「コウモリは不吉な動物」であるとの概念が浸透して、旧来の概念が薄れたのである。

おおおーーー!
すっごいポジティブなことが書いてある!!

コウモリが家にいるのは縁起が良いんですね。
しかも、子宝に恵まれるとな!!

蚊を食べてくれるみたいで、見た目とは裏腹に有り難い同居人です。

名古屋へ出張→消防団打合せ会

ものっすごい久しぶりに上下スーツ。
久しぶり過ぎて、身体中が違和感の塊みたいなもん…。
動きがロボットチックになります。
作業服の有り難みをかみしめました。

職場でスーツ着てたら、イコール出張。

「どこ行くだん?」

何度か声をかけられ、出張内容について会話すると、
その流れで出張内容が別の課にも関係していることがわかり、
結果として情報共有がはかれることも!
たまーに、衣装替えするのも面白い。

目的地は名古屋市内の某大学。

大学時代以来、久しぶりに来たこのキャンパス。
入構手続きしてクルマで入って行くのは初めて。

勝手が分からず、どこで手続きするんだ??と、
キョロキョロした不審者に見えたでしょうが、
こーいうとき、スーツだと怪しさが半減します。
スーツって、便利。

守秘義務の書類にサインしたので、
内容については、なーんも、ブログに書くことはできません。

参加者の方々から、
「この顔ぶれ、このテーマに豊根村がいるとは意外でした。」

というコメントわもらってニヤリ。

チャレンジしてみるもんです。

テーマにはズバリ、おいらの経験分野が羅列され、
経験同士が相互にリンクしてている!!

この、意外性が相乗効果を上げることを狙って。
と、思っていたら、意外すぎたのか、豊根村の注目度抜群であります。

ついでに宣伝を…と、会議の内容と多少かけ離れますが、
自己紹介タイムで豊根村の観光パンフレット配ったら、反響数多(笑)
持ってきてよかった(^_^)b

最先端の用語ラッシュ。
レベル高い&トレンドの勉強不足を痛感。

初回で様子は分かったので、次回は武装して臨みます!!

職場へ戻るのがすっかり遅くなり、21時半ごろ帰着。
デスクのパソコンを開くとメールボックスに未読のメールがたくさん…
ま、いっか。

そのまま消防団の打合せ会へ参加するべく、消防詰所へ直行!

すでに打合せ会は終わっていましたが、
打合せの「本番」がまだ続いておりましたので、そこから参加です。

午前0時ごろ、打合せ終了!
濃密な1日になりました。