妻、3人目出産のため入院

これまでブログでも度々浜松市内の病院へという記事がありましたが、
心配の種が薄れ、準備が整い、ようやく明記できます。

既に村内の皆さんは御存知の方が多いですが、
我が子、3人目出産間近となりました。

本日入院し、明日、手術を経て出産となります。

妻は、よくまあ、そんな状態で保育園の夕涼み会や納涼祭へ出かけたもんだ!
感服するところであります。

若干、その副作用は出ましたが(汗

祭り好きな妻です。

今日、明日と職場&消防団操法練習はお休みを頂き、
家族のために捧げる2日間。

ここ1週間は、ずっと父親が自宅不在。

数日前から入念なる荷造りをしていた妻の入院荷物を積み込み、
まずは…

ポップコーントウモロコシの納品。

納品かyoh!!

妻の商売魂にも脱帽。

在庫薄くなっていた道の駅に向かい、納品を済ませます。

既に納涼祭で情報は広まっており、
道の駅スタッフの方々から、妻に激励の御言葉をたくさん賜りました。

針路を浜松市へとり、お昼ご飯は妻の念願で…

まさかのフランス料理。

これから大変な日々が待っています。
景気づけに、食べたいモノを食べてくれっ!

しかし、フランス料理とは思わなんだ。

ゆっくりとコースを平らげ、必要物品の買い出しを済ませて病院へ。

ロータリー横付けで荷物を降ろすと、病院の方がカートに乗せてくださり、
おいらは駐車場へ回送、妻は入院手続きへ。

ここの駐車場はいつも激混みなんですが、
優秀な駐車場整理のおいちゃんたちのお陰様で、ストレスを感じません。

既に病室へ移った妻の元へ。

2人目の子が生まれたときと同じフロア。
セキュリティが厳重で、病室にたどり着くまでのプロセスがなかなか手強い。

今後の流れや手術について、入念なる説明があります。
想定されるリスクを軽減するため、たくさんの工夫がそこにありますが、
それだけスタッフの方々は管理することが多くて大変。

その忙しさが患者に伝わらぬよう、注意を払っている様子もうかがえます。

そして夕食。

妻の病院食、景気づけに超豪華です。

ってか!

病院食でフランス料理ってww

まさかの、1日2食がフランス料理。
明日に待ち受けた大仕事を思えば、それくらいの贅沢は至極当たり前。

英気を養って!

面会終了時間が迫ってきたので、これにておいらは帰宅します。
願わくば、妻がゆっくりと休息が取れますことを。

2時間の経路、帰宅。

眠そうな息子と娘が待ち受けていました。

ばあばと手分けして寝かしつけ。
1度、寝かしつけてホッとしたのもつかの間。

「おかあさぁ~~ん!!」

大泣きで娘さんが起きてきます。

お母さんと離ればなれになるのは初めての経験。
母親不在の1週間、果たして乗り越えられるか!?

花祭り衣装土用干し中止→昨日の片付け、息子と将棋

昨夜、夜更けまでお祭り騒ぎしていたメンバー。

再び、朝8時に集合!

場所は上黒川熊野神社境内です。
例年実施、花祭り衣装の虫干し。

全ての衣装が並ぶ光景は、圧巻!

と、いくところでありましたが…

曇り空、いつ雨が降ってきてもおかしくない。

長老から

「あそこの山に雲がかかっとるで、こりゃ怪しいなぁ。」

その一言も決め手となり、衣装の虫干しは中止。
氏子総代での草刈り作業のみとなりました。

よって、おいらの軽トラに積みっぱなしになっていた納涼祭出店備品を、
若手のみんなに手伝ってもらって倉庫にしまいまして、総代の皆さん以外は解散。

予定していた時間が空いたので、おいらは調べ物に勤しみ。

久しぶりに息子の将棋相手ができました。

DSC_1714

将棋の駒に矢印が書かれており、
どの駒はどの位置に進むことができるか、一目瞭然になっています。

子どもにありがちな、的の駒をとことん取ることにハマっている息子氏。

おいらの持ち駒を次から次へと奪取して有頂天です。

一方、おいらの持ち駒はほとんど枯渇。
息子、有利の様子に見えます。

ここは一気に勝負をかけるしかない。

現実の厳しさを…。

息子の王将が息子の駒で囲まれている=王将に自由度が少ない状況。
大人げなく、少ない持ち駒を大放出してたたみかけ。

息子氏、詰みました。

2分ほど悩んだ後、

ニコ~っとして、

「動けん。負けた。」

潔く負けを認めた息子氏。
ギリギリ、父親の威厳は保てましたが、すぐに追い越されそうです。

知らぬ間に、強くなった。息子氏。

さて、今日の調べ物の一部をここに。

愛知県のホームページで、
平成28年度の観光レクレーション利用者統計が発表されていました。

まずは、「概要版」のPDFファイルから見ていきましょう。

平成28年愛知県観光レクリエーション利用者統計の調査結果(概要版) [PDFファイル/2.79MB]

image

愛知万博以降、県内の観光施設利用者総数は高止まりし、
ここ3年では愛知万博に匹敵するほどの伸びを見せています。

続いて、我らが新城設楽地域における観光資源カテゴリ別の 利用者数割合を見てみます。

image

県内他地域ではあまり見られない「自然」カテゴリが多く、
「その他」の割合が大きいことから観光資源の多様性が垣間見えます。

もうひとつの公開データ、「参考資料」のPDFファイルを開きます。

平成28年愛知県観光レクリエーション利用者統計の調査結果(参考資料) [PDFファイル/2.63MB]

総合的な来場者数では、常滑市のセントレア。
約1,164万人ですが、前年比なんと20%アップとな。

続いて、2位が刈谷ハイウェイオアシスの約928万人。
3位が新東名の岡崎サービスエリアで約792万人。

1位から3位はすべて交通経路に当たります。

交通経路を除き、目的地として考えられる1位は熱田神宮!
豊川稲荷へと続きます。

この2つの宗教施設は、全国的にも有名。

また、様々な施設区分において、それぞれの順位が記載されています。
「自然」というカテゴリでは、三河地域と知多半島が大健闘。

逆に、「歴史や文化」という面になると尾張地方が強い。

「温泉・健康」カテゴリでは豊根村の兎鹿嶋温泉「パルとよね」が県内10位!
ちなみに、1位は長久手温泉ござらっせ。
温浴施設は都市部から近いほうが人数を集める点においては有利です。
そういった観点からいけば、パルとよねは、かなり善戦しているでしょう。

県内の「行祭事・イベント」カテゴリでは
1位はナゴヤドーム約427万人。
そりゃ、年中イベントやっているようなもんだから、1位は当然か。

イベントといえば大きな市でやる方が人は集まるので、
上位を占めるのは名古屋市や豊田市、豊橋市などなど。

その中で…!!

豊根村の芝桜まつりが22位で大健闘!!
14ページの表を見てください。

50位以内でランクインしている町村は豊根村のみですよ。

すごいことですよ!!

これらのランクデータを用いるベースデータの一覧表が最後に並んでおり、

豊根村および奥三河地域は23ページに記載されています。
あくまで一定の条件下における観光施設に特化したものでありますが、
豊根村は1000人強の人口でありながらも54万人の観光来訪者!

以上のデータはカウント数に定義があって、
1.非日常利用が多いこと
2.観光入込客数が適切に把握できる地点であること
3.前年の観光入込客数が1万人以上、もしくは前年の特定月の入込客数が5千人以上

となっています。

ここに、定義に当てはめられない新豊根ダムや三沢高原、
その他村内の数多の施設が加われば、より多くの来訪者数となります。

これぞ、豊根村の底力。

豊根村上下黒川納涼祭2017

午前中は息子を少年野球練習に送り届けた後、村内を右往左往して準備等。
練習が終わるお昼頃、息子を迎えに行くんですが…

めっちゃ暑い!!

照りつける日差しにへこたれず練習に励む子どもたちを見て、
自分も力を頂きました。

お昼過ぎ、消防詰所で上黒川区エボリューション会長はじめ、
先輩&後輩君と荷物を積み込みし、レッツゴーとよねドーム!

上黒川区と下黒川区の役員さんがそろって、会場設営スタート。

2時間ほどで、瞬く間に会場設営完了!

第8回を迎える豊根村上黒川区下黒川区合同納涼祭。

DSC09456

会場準備完了後、準備スタッフ向けの毎年定番、レストランみどり特製カレーを頂き、
午後5時半から、納涼祭スタート。

我ら、上黒川区エボリューション会は恒例の「糸引きアミダ」。

DSC09467

そして!

今年からの初お目見え!

豊根村産ポップコーン!!

DSC09468

先輩宅でも大量栽培されており、
今回は先輩(前消防団長)が栽培されたポップコーントウモロコシを使用しております☆

エボリューションのため…と、無償で提供してくださいました。
しかも、大変な「もぎ作業」を経た状態で!!

お陰様で、格安のひと袋100円、大盤振る舞いです。

広がる、ポップコーンの輪。

糸引きアミダ、楽しみにしている子どもたちもいて、
今年も狙いを定めて…開店30分前から店頭に並んでいました。

すげえぜ。

行列の出来る糸引きアミダ。

メインステージも開会となり、まずは下黒川区長からご挨拶。

DSC09471

下黒川区長さんは、皆さんも良く御存知の金ピラ先輩で、あります。
まるで、カラオケで美声を披露されているかのように見えますが!

総合司会者は職場の直属の後輩君!
昨年はおいらでした。
その前も、その前の前も、建設に携わる方が司会者。

建設に携わるヒトが司会者をやる!?
そんな流れができあがっております。

まったく、そんな意図はありませんが、偶然にも。

続いて、愛知県議会副議長の峰野先生からご挨拶。

DSC09472

愛知県内で最も広い選挙区を受け持っておられ、
こうして地域の祭りに顔を出されるのも大変です。

先日は、ひょんなことから愛車を運転させて頂きました。
ひじょーに、運転しやすくて楽しいクルマでした。

奥三河地域内という長距離を自ら運転されています。

続いて、我らが豊根村長!

DSC09474

やはり、カラオケ機材が映り込むと、カラオケを歌っているように見えてしまう不思議。
是非、そのまま村長さんの美声を響かせて頂きたいところ!

お店の方も、順調に売れ始めまして、

キャラメルポップコーンは子どもたちに大人気!

ただひとつ、誤算があったとすると…

呑兵衛な方々には甘過ぎちゃって…。

良いんです!今回は、子どもターゲットですからっ!

そして、本日の昼時に新豊根ダム一般公開にて、
ダムの大自然に囲まれた青空コンサートを開いた豊根ウインドオーケストラの皆様です!

DSC09476

サウジ交流でお馴染みの新木委員長が指揮を執り。

DSC09480

ダブルヘッダーで、引く手あまたであります。
今回は、村民のリクエストに応じて、懐メロも披露されました。

リクエストに即応できるとか、すげえっす。

一方、上黒川区エボリューション出店も活況です。
息子もチャレンジしていました。

DSC09483

そして、ポップコーンを頬張る娘さん。

DSC09485

我が家でもしょっちゅう食べているポップコーンですが、
やはりお祭りで食べるとひと味違います。

キャラメル味のトッピングがちょうど無くなったところで、
ターゲットを変え、塩バター味にチャレンジしてみることにしました。

ここで、おいら、ミステイク。

てっきり、キャラメル味と同じ分量だと思い込んで、
同じ量の塩バタートッピングを投入してパンパンはじかせてみたら…

めっちゃ塩辛いポップコーンになってしもた。

そこから、後輩君と悩み悩みで調合トライしてみましたが、
ようやく良い味に落ちついてきた頃には、祭りは終盤です。

こりゃ、来年への課題ができました。

ステージではカラオケ大会が開催されており、
商工会青年部に続いて、上黒川区エボリューションの出番がやってきました!

黄色い法被が壇上に上がって、みんなでFLOWの「贈る言葉」を大熱唱!!

Image_bdb0fde

おいらも壇上だったので、妻に写真を提供してもらいました。

あのでっかいお腹で、よくぞ納涼祭に来た。妻よ。
みんな、びっくりしていました。

予定では、明後日、入院予定の妻です。

祭りが大好きです。

どんなにツラくても、祭りには行く妻。

そして、盆オードリーたーーいむ!

DSC09490

古くから豊根村内各地で行われていた伝統的な盆踊り「高い山」。

DSC09499

そして、豊根村内の小中学校を卒業した人間は、動きが身体に染みついている2曲。
「豊根音頭」と「茶臼山音頭」。
ノスタルジックなメロディーが、たまらんのです。

おいら、大好き。この音頭。

耳に付いたら離れません。

おいらたちは出店の片付けも平行しながら、
上黒川、下黒川、両区長さんによるくじ引き大会!

DSC09503

この度も、村内各種事業者様より、大量の協賛品が出されております。

ひとりずつ、数字が書かれたクジをもらい、
金ピラ先輩…もとい、下黒川区長が手に持つくじ引きボックスから
同じ数字が読み上げられたら当選です。

商品点数が非常に多いので、我が家は…

ばあばを筆頭に、妻、息子、娘、みーんな当たりました。
そして、当たらなかったのは預けておいたおいらのクジだけだったと(汗

これ、何度も言われて立つ際無しです。

商品の中には、カップラーメン詰め合わせやミンデンさんのパン!

ミンデンさんのパンに、妻がめっちゃ喜んでいました。

21時半頃祭りが終了し、そこから撤収作業。

今夜の内に、全てを片付けて会場を元の状態に戻します。

片付けが完了した22時半頃より、スタッフ慰労会スタート。
inレストランみどり!

もう既に、みーんなできあがっていますので、大いに盛り上がりました。
気付いたら時計の針は午前1時くらい?よく憶えていませんが。

皆様、大変、お疲れ様でした!!

懐かしい顔ぶれにも久しぶりに出会えました。

保育園夕涼み会へ2017

昨日は人生初体験、蜂に刺されました。
特に腫れもしないし、へっちゃらやん~って余裕ぶっこいてたら。

夜中に手がかゆすぎて何度も起きる。

遅効性だった。

朝起きて、手を見てみたらパンパンに腫れてる(汗

ネットで調べてみたら、こーいうものなんですね。
蜂に刺されて1日後から2日後に腫れてくる。

それも、激しいかゆみを伴って。

しかも、腫れすぎて指が曲がらん。

仕事ではキーボード入力は必須。
小指担当のエンターキーに苦労しました。

来週頭から2日間職場を留守にするので、予見されるタスクは今日中に処理。

仕事が終わって、職場の掃除をしてから今夜のイベントにレッツゴー!
妻子を車に乗せて、久しぶりの保育園です。

娘さん、まだ入園していませんが、
未入園児も御招待頂いて、保育園の夕涼み会です☆

DSC09407

保育園父母の会の皆様、先生方による縁日を楽しむ子どもたち。
小学校2年生の息子も大いに楽しんでおります。

息子の同級生もいて、同窓会的な!?

DSC09418

小っちゃい子たちは縁台に登るのが好きすぎて。

娘さん、お風呂上がりはいつもオバケだどぉ~~~ごっこが好きなので、
保育園の手作りお化け屋敷も楽しむか!?

と、思いきや。

入口の絵を見て既にビビっております。

全く、入ろうとしません。
もうちょっと、大きくなってからトライしよか!

大人たちはもちろん、みんな知っている方ばかり。
つい最近生まれたと思っていた子たち、多くなるのはあっという間。

盆踊りも、楽しみました。

DSC09428

年長組さんが縁台でお手本を見せてくれます。

DSC09432

その間、役員のお父さんたちは花火スタンバイ!

DSC09449

子どもたちの注目を浴びて、ファイヤー!!

DSC09451

歓声が上がりました。

全て打ち上げ花火だとは思っていなかったお父さんたちは、
ビックリ、ビックリでした(笑)

片付けが終わって解散になると同時に、ポツポツと雨のしずくが落ち始め、
車にたどり着く頃にはザーザー降り!!

ギリギリ保った天気。

子どもたち、日頃の行いの良さ、たまものですな。

植林後のつぼ刈り、農林夕食会、エボ準備会

昨日の夕方、ご指名があり。

本日は、作業日になりました。
おいらが担当する公道とは打って変わっての作業内容ですが、
範囲幅広くやっている所属課のお仕事。

少人数でやりくりしているので助け合いは必須です!

その作業というのが…

植林後の「つぼ刈り」です。

下刈り作業の一種ですが、
植林地帯全域を植林樹木を残して下刈りするのではなく、
植林樹木1本1本の周囲だけを下刈りする作業。

初めて聞く言葉だったのでネットで調べてみたら、
「つぼ刈り」というのはもともと稲の実り具合を調べる方法。

山で下刈りになるので、虫除け必須!
これでもか!ってくらいに虫除け薬を顔や首筋に塗りまくり。

ブヨにだけは噛まれたくありません。
噛まれると、痒さの持続力が半端ない。

そして天気は、あいにくの雨空。
長袖長ズボンの作業着の上から、上下カッパ。

蒸し暑さもあって、不快指数最恐です。

救いは、雨が降っていて、かつ、山の中なので多少涼しいこと。

現場に到着すると、一緒に作業する森林組合の方が
既に到着済みで手鎌を研いでおられました。

ええ。
そうなんです。

苗木の周囲を下刈りするわけですから、
草刈り機などで作業をすると、誤って苗木を切ってしまう可能性が。
よって、手鎌作業になります。

1日手鎌作業は未体験領域。

道具を手に持ち、いざ出陣!

DSC_1699

現場を見回してみると、たしかに合理的。
植林する場所は広い面積かつ急斜面が多く、
その全域を下払いするのは難儀であります。

また、つぼ刈りならば杉や檜の苗をも食い荒らすシカに見つかるリスクも低いそうです。

DSC_1708

植林した木々よりも成長が早く、群生する笹が
苗木をすっぽりと覆ってしまいます。
これじゃあ、光合成ができない。

DSC_1701

赤い杭の所にスギもしくはヒノキが植えられています。
目印がないと、まったくわからん。

必要最低限、苗木が光合成できるようにしてやること。

DSC_1700

作業部分まで斜面を下っていく、
その時、ビリビリ~~と。

カッパ破れる。

うあー。

現場には笹のみならず、棘を持った植物も群生しています。
思いっきり、引っ掛けた。

残念。
ばあばに借りてきた農作業用カッパが(汗

気を取り直して、1本ずつ丁寧かつ迅速に。
汗がカッパで封じ込まれて、高湿度温室状態。

こりゃまずい。

雨に濡れたほうがマシだ。

というわけで、カッパやめました。

自分の腰の背丈ほどある笹の葉は雨水をしっかり蓄えています。
全身びしょ濡れ、かえって涼しくなり、作業効率UP。

途中から、県の農林水産事務所の方々も作業に加わり。
なぜ、複数の関係者が揃って作業をしているのか。
理由は、試験的造林。

新しい林業の仕組みを常に試行錯誤。

林業の実証試験というのはスパンが長いだけに、
大変なプロジェクトです。

お昼時を迎え、切り株に腰を据えて持ってきた弁当を食らう。
周囲は薄暗く切りに囲まれていますが、いつもと違う雰囲気でランチもイイデスネ。

休憩時間が終わり、午後からの作業スタート!
手順はだいぶ慣れました。

体が自動的に次の苗木へと。
機械的に作業を進めたところで…

鎌を持って振りかぶった右手の小指に激痛が走る。

草木の棘が突き刺さったか!?と反射的に右手を引っ込めようとするも、
激痛は持続したまま。

は?
一体どゆこと…!?

小指に視線を送ると…

蜂が小指から飛んで逃げていった。

ぐあ。

蜂に刺された。

お恥ずかしながら、これまでの生涯で蜂に刺されたのは初めてです。

とっさに取った行動は…。

小指をくわえて思いっきり、

吸う!!

本能的な動きでした。
それが効くのかよくわからぬうちに吸って吐き出してた。

蜂は逃げていったのに、痛みは止みません。
そのまま、小指全体がしびれてきました。

しびれによって鎌が握れなくなってしまったため、 しばらくその場で切り株に座って様子見。

15分ほどして、しびれが緩和してきたので作業再開。
蜂に刺された場合はアナフィラキシーショックという言葉を耳にするので、
ちょっと、ドキドキしました。

犯人はコイツ。

DSC_1711

引き続き、午後4時過ぎまで作業を実施。

面積が広いのでまだ3分の1程度残っていますが、それはまた次の機会。
全身びしょ濡れで、着替えを持ってくれば良かったと後悔しつつ、帰投。

ちょうど終業時刻を迎え、職場を出る。

今夜は、林政に関わる内外メンバーで夕食会バーベキューです。
お店に行って食材を積み込み、会場である大入の郷へGO。

先方の若手メンバーと共に、火おこし作業。

雨に打たれて冷え切った体を温めるのにちょうどいい。

1日作業で腹ペコ。
焼肉を目の前にしてノンアルコールは寂しいところではありますが、
このあとまだ、用事がございます。

皆様のおもてなし、談笑ののち、頃合いを見て19時半頃中座!

集合時間より少し遅れて遅刻してしまいましたが、
今週末の納涼祭りに向け、上黒川区エボリューション会メンバー揃っての準備です。

例年、子どもたちの人気を博す「糸引きアミダ」。
そして…

初登場!

豊根産ポップコーントウモロコシを使った、 できたてキャラメルポップコーン販売があります!

ポップコーン用トウモロコシは我が家のみならず、
前消防団長さんも栽培トライされ、見事なトウモロコシが大量栽培!

当日の調理方法など、メンバー皆で交代しながら作る練習をし、
同時に調味料配合比などの研究を重ねました。

その結果、大量のポップコーンが机の上にww

もったいないので、散会時に女性陣で山分けです。

「マジ、これ、映画館で食べるやつだよね!」

そんなフレーズが飛び交うキャラメルポップコーン。
大盤振る舞いで1袋100円での販売を予定しています。

今週末土曜日の納涼祭りにいらっしゃったら、ぜひお買い上げください。

てなわけで、いろいろやっていたら帰宅が午前0時ごろ。

連日連夜で疲労も蓄積してきました。
村の若い衆は、みーんな、こんな感じで連日連夜!
お疲れ様でした。

小型ポンプ操法練習3日目

例年、操法練習は練習に勤しむ選手の疲労解消もあって
平日夜に1日おきで実施することが多かったですが、
今年は夏祭りの行事や準備がいろいろと重なることもあって。

今週の練習は前半3日間に集約されています。

そんな村の若者みんな忙しい合間を縫って、真剣に。

今夜も操法練習です。

湿度の高い夜、蒸し暑い中で必死に走り、
額からは大粒の汗が落ちて、訓練服の上着は汗で色が変わっています。

今の時代は便利なもので、
数人が別角度からスマホで操法練習の様子を動画撮影し、
それを団員のLINEグループでシェアすることにより、
選手のみならず指導員も動きを再確認することができます。

おいらが指導担当の後輩くん、
かがむ姿勢になる手順が多々あるため、
そのたびにメガネに汗がしたたり落ち、前が見えなくなる。

練習なので、途中で所作を中止して、
メガネを拭いてせめて前が見えるようにすることも可能ですが、
真剣そのものである本人の意志がそれを許しません。

そのまま、最後まで完遂。

21時半、練習会終了し、それぞれ詰所へ戻ります。

小型ポンプ操法練習2日目

みんな、日中はそれぞれに自分の職場で仕事。
仕事を終えてから訓練服に着替えて集合します。

消防団、小型ポンプ操法練習会2日目。

練習会場はとよねドーム。

役員、指導員が集合して昨日のレクチャーの際、
質問事項として出た内容に対する消防署からの回答がありました。

準備を整え、早速練習スタート。

我らの班は唯一、火点までホース延伸できる位置にいるので、
一通り動作して流れを確認できるように、進捗管理を急ぎます。

息を切らし、汗だくになって。

21時過ぎ、練習終了時刻を迎えて撤収。
詰所での撤収を終えて、解散。

帰宅後、時間的に自宅は寝静まっているかと思いきや…

子どもたちはまだギャーギャー状態で、
お腹の大きなお母さんが疲弊状態(汗

お父さんの役割を果たしておらず、大変申し訳ない。

もうしばしの辛抱を!

浜松へ出かけて夜は小型ポンプ操法練習初日

終盤を迎える浜松通院。
お休みをもらって、家族で病院をハシゴ。

我が家のビッグイベントまで、わずかとなって参りました。

週末が予定で埋まっている状態が続くため、
こういった遠出のチャンスを狙って買い出しも。

今夜は大切な用事がある。
同行する家族を急かして夕刻、帰宅。

今年度の豊根村消防操法訓練会に向けた練習がスタートします。

支度を整えて消防詰所へ。

必要資機材の確認を済ませ、メンバーが集まったところで、
部長さん、班長さんからお言葉を賜り。

ポンプ積載車に分乗し、初日練習会場となる、とよねドームへ。

豊根村消防団全団員が「集まれ!」の号令で整列し、
操法訓練会に向けて、団長さんから訓示、
そして、審査を務められる新城消防署豊根出張所の方よりご挨拶。

続いて、豊根村消防団第2部の精鋭による模範操法。

消防署員の方々から、指揮者、1番員、2番員、3番員に対し、
それぞれの動きと注意する点、減点対象についてレクチャー。

今年は、各部から1チームずつ、混成チームが1チームの合計3チーム構成。
本番の8月6日日曜日に向けて!

レクチャーが終わり解散になったあと、各部練習開始!

21時半頃まで、最初の動作を繰り返して実施。

練習後、消防詰所に戻って遅い夕食は…焼肉!
食べ物が落ち着いてきたところで…

我が家のポップコーン登場。

もちろん、その場調理で、もぎたてできたてホカホカです。
初トライで、キャラメル味に変身させる新兵器投入!

これが、うまいんだな。

団員の皆様、マーケティングに御協力くださり有り難う御座いました。

団員には、まさかのポップコーン初体験の人がいて!!!

午前様にて団結しました。

県境域スポーツ交流会少年野球の巻

週末はイベント盛りだくさんの子どもたち。
それに連れ立って、親もおでかけ盛りだくさん。

先日は、道路のことで愛知長野県境域の活動を書きました。

今日は、スポーツ交流。

阿南町、売木村、天龍村、根羽村、豊根村。

各町村のスポーツチームが集まって、競技を通した住民交流。

息子たちの少年野球チームも、そのひとつ。

山深いこの地では1箇所に競技場が集まることは難しいため、
会場が分散して開催されます。
バレーボールやゲートボールなどは別会場です。

少年野球は売木村の村民グラウンドが会場。
今回は試合のみならず、試合前に元プロ野球選手を招いての講習会付き!

開会式では売木村の村長さんからご挨拶。

DSC09242

DSC09244

続いて、元プロ野球選手、巨人軍で活躍されていた星野真澄さんより。

DSC09246

隣の女性の方も、プロのトレーナーです。

早速、走り込みからスタート。

DSC09248

少子化の波は著しく。

今回集まったのは、阿南町新野+売木村の合同チームと豊根村チーム。
少人数だからこそ、内容の濃い練習。

DSC09256

さすがプロ。

見たことの無い練習方法が次々に繰り出されます。

DSC09257

たまに、おいらたち保護者も参加して。
息子、楽しそう。

DSC09268

DSC09280

一方、保護者のお母さん方は女性トレーナーの方から
子どもの体調管理や食事管理など、身体作りのレクチャーを受けています。

練習を終えて、練習試合スタート!

DSC09286

DSC09287

DSC09292

DSC09309

DSC09312

息子も、バッターボックスに!!

DSC09316

って!

球が飛んできたら、避けろーーっ!(汗

たぶん、バットに当たった。

当たって2秒後くらいに驚いた表情をしたのが超ウケた。

フォアボールで出塁。

DSC09320

ここで、事件です。

牽制球がバンバン飛んできます。

この辺のルールが、まだ理解できていない息子氏。
みんなの真似をしてリードを取りますが、牽制球を理解していない模様。

ベンチから

「も…戻れーーー!」

連呼です。

ハンパない連呼。

おいらも、カメラ握りながら叫びます。

なんだか、おいらが初めて草野球で出塁した時を思い出します。
うん。

息子と、同じこと言われてた(汗

ここはさすが飲み込みの早い子ども。

要領を得てきました。

そこで、ボソッと、元プロ野球選手のコーチが、

「敵のピッチャー心理をかき乱してるよ(笑)」

爆笑しています。

2塁へ進み、

DSC09326

ついに、ホームイン!!

DSC09333

息子なりに、大きな達成感が得られた試合でした。

DSC09371

最後に、御講評を頂き、

DSC09382

有り難う御座いました!

お昼の時間をとうに過ぎているので、腹ぺこの子どもたち。
そのまま、新野の道の駅に向かい、同じく向かった親子+監督さんで食卓を囲みました。

帰り道、疲れ果てて腹一杯になってかき氷食べて満足した息子氏。
車中でグッスリ。
軽トラでリクライニングできないので、カーブのたびに頭が右へ左へ。

お疲れ様。

小学校リサイクル活動と自然と親しむ会

毎年恒例。

豊根小学校、夏の風物詩のひとつ。

夏休みに入った息子たちですが、
今の時代は「放課後クラブ」があるので、いつも通り出校しています。

今年の夏は、どこにも連れて行ってあげられなさそうで申し訳ないです。

ただ、豊根にいて楽しむことは可能!

そのひとつ、リサイクル活動と自然と親しむ会。

PTA主催で、まずは朝、
村内一円から集約された段ボールや雑誌、古新聞などを
リサイクル事業者さんのトラックに積み込む作業を親子協業で行います。

作業でいい汗をかいた後、小中学校の体育館に移動。

親子ミックスでチーム編成され、「ドッジビー大会」です。

ルールはドッジボールとほぼ同じですが、
投げるものはボールじゃなくてスポンジ製のフリスビー。

当たっても痛くないし、スピードが緩和されるので、
小さな子でも避けようと思えば避けられます。

チーム対抗で、逃げろや当てろや、大盛り上がり!

ここでもまたいい汗を流して、お昼ご飯は…

おにぎり、豚汁、そしてデザートに西瓜とアイス!

夏です!

夏ならば…食後はモチロン。

川に入って涼みながら泳ぐべし!

灰色の雲が空を覆っており、空気も重く感じられるようになってきました。
ザーッと降り始めるのは、時間の問題か?

着替えと体操を済ませて、保護者が陸上から、水中から見守りながら、

「きゃぁーー!冷たいーーっ!」

そんな声が響きわたります。
常に止まらない川の水は、かなり冷たい。

川に慣れた子どもたちは…

ん?

手には虫取りあみ、顔を水中に入れて見回しています。

川遊び=魚取り≠泳ぐ

将来有望な子たちです。

今回、写真を撮影する機材を全て手放していたので写真はありませんが…
豊根村の大自然を背景に、ご想像下さいませ。

しばらくして、大粒の雨が大量に落ちてきました。

川に入らない人たちも、ずぶ濡れです。

川から上がり、ゆっくりと学校へ戻りました。
少しだけでしたが、川遊びが体験できて良かった。

おいらたちが小さい頃は子どもたちだけで川で遊ぶこともあって…
時代は変わるなぁとも思いますが、安全第一。

会が終わり、帰宅。

さて、今夜はひとつ、悪巧みの実験です。
日程迫った納涼祭に向けて。