土砂降りの雨179mm

早朝から大雨警報が発令され、学校は午前休校。

何事もなければいいのだけど…と思った朝トイレの中。
電話着信。

なんかわからんけど、おいらが自宅のトイレで用を足している最中に、
職場から電話がかかってくる確率が異様に高い。

本当に、高い。

独りになりたくて、ずーっとトイレにこもっているわけではありません。
寸分の時です。

「県道で崩土が発生したという連絡が職場に入った」という着信。

場所を聞き、現場写真をLINEで送ってもらい、
規模を見てひと安心。
ちょっと前に茶臼山高原設楽線で大きな土砂崩れがあったばかり。

今回はひと安心。
とは言っても、通行する人にとっては障害以外の何物でもありません。
大型車が通行できない道路幅員しか残されていません。

急いで出勤し、道路管理者の愛知県へ連絡。

村内の道路異常情報は、みな、おいらのところに集まります。

その1件だけでは終わりませんでした。
他にも道路異常が発生。

累積雨量が下黒川で179mm、茶臼山で177mm、道の駅で159mm、富山で143mm。
時間雨量の最大は茶臼山で午前7時に33mmでした。

image

image

一気に降ったなぁという感覚ですが、
過去のデータを紐解いてみますと、豊根村では昭和43年と44年に豪雨があり、
豊根村の記録された歴史の中では最大規模の災害が発生しました。

特に昭和43年8月29日の台風10号による被災は甚大であり、
県工事で207件、村工事で109件の公共土木災害。
住家の全壊が9件、半壊が3件、床上浸水が16件、床下浸水が94件でした。
(出典:豊根村80年の歩み)

その時の24時間雨量は昭和43年8月の
25日:25mm
26日:127mm
27日:93mm
28日:58mm
29日:252mm
上記の累積雨量が555mmです。

累積雨量が150mm超えると、どこかに異常が起きるかもしれないという感覚で、200mmくらいで、やばいなぁという感覚ですが、555mmは恐ろしい。

累積雨量は、土壌雨量指数(土が吸収している水分量)の増加に寄与し、土の水分量が増えれば増えるほど、土砂災害のリスクが高まります。

長期降雨と大量降雨が重ならぬことを願うばかり。

たとえ独りきりでも見守ってくれます

朝、お父さんの出勤より少し早く、通学のために路線バスを待つ長男。

そこに現れたる。

KNT00175

おまわりさん!

長男、8歳にして、職質を受けているわけではありません。

ここから乗車するのは長男ひとりきり。
見守る相手に人数は関係ありません。

定期的に、駐在さんが長男の登下校を見守って下さいます。

もちろん、長男のみならず、村内至る所で路線バスに乗車する子どもたちを、
順番に巡回して見守って下さっています。

KNT00178

そして、手を振って見送って下さる。

ありがとうございます。

間黒渡合橋でIPH注入工法現場説明施工

国土の開発は、新しいものを作ることから、
既にあるものを上手に修繕して長く使う方向へ。

方針がそうなると、税金の使い道もシフトします。

技術開発も維持修繕へシフト。
新しい修繕技術が続々と出てきています。

土木の世界は機械の世界以上に過去の実績積み上げによる信頼性がものをいうため、
新技術投入はハードルが高い。
機械構造物と違い、土木構造物はモノができあがってから不具合や状況変化が発生するまでに数年から数十年単位の長期間を要するためです。
よって、開発事業者やその団体も、売り込みには力を入れます。

今日は、村内の橋梁で新しいタイプの工法が実施されるということで、
橋梁補修工事を受注された村内事業者さん主催で現場見学説明会が開催されました。

せっかくの機会。

上司を誘って現場へ向かいました。

すると…

人だかり!!

IPH注入工法という工法、これまで写真では見たことがありましたが、
実際にこの目で見るのは初めてです。

北設楽郡内の県建設事務所職員さん、建設施工事業者さんのみならず、
新城にある建設事務所の職員さんも10名ほど。

私は土木畑で5年目になりますが、振り返ってみても、地域のインフラを守る各種業界メンバーが揃った場に来たのは初めてです。

工法は、コンクリート構造物に発生したひび割れに対して、
最深部に至るまでエポキシ樹脂を注入するもの。
ひび割れ内部の空気排出を上手に考えられた工法でした。

P1100461

P1100462

ご招待くださった熊谷建設さま、ありがとうございました。

岡崎に出張、眠い

睡眠不足が続いてか。
朝から、頭がボーっと。

一抹の不安を抱えながら、岡崎市内へ出張。

仕事は仕事。

シャキッとしてがんばります。

いつもより念入りに顔を洗って気を引き締めて。

おいらが岡崎市へ出張するときは、設楽町経由で
R273→R420→県35→R301→県35
というルートなのですが…

ボーっとしていたのか、気づいたら新城市内にいて。
あれ?
自分はどこへ行こうとしていたのか!?

冷や汗が出ました。

新城市内からR301へルートを変更。
そのまま、国道1号線へ行った方が早かったのか。

会議には間に合ったので良かった。

消防団訓練会(器具取扱、各個小隊訓練、救命救急講習)

新年度体制になった豊根村消防団の、第1回目全体行事。

1日をかけて、新入団員、団員の訓練会です。

豊根村消防団は2つの大きなグループに分かれており、
それぞれ第1部、第2部として「守る地域」が分担されています。

私が所属するのは第1部。

上黒川区、坂宇場区が、その守備範囲。

朝、消防詰所に集合し、会場のとよねドームへ。

午前中は班長さんによる消防器具取扱説明、停止間動作訓練。
そして、各個、小隊訓練。

団員として、基本中の基本を。

新入団員は身につけ、歴年団員は繰り返すことでより高みへ。

午後から救命救急講習。
村民ホールにて、1班5人の5班に分かれて、
新城消防本部豊根出張所の皆様から救命手法を学びました。

練習用の人形を用いて、心臓マッサージ、人工呼吸を繰り返し実施。
心臓マッサージは数分やっただけでも疲れます。
非常時には、数分では収まりません。

人命救助=体力勝負

消防署の皆様が日頃から筋力増強に勤しんでおられるのも納得します。

丸1日の訓練が終了し、夕食を兼ねた慰労会を消防詰所にて。
すると、我が家の長男が消防詰所へ遊びに来ました。

ここには、遊んでくれるお兄さんがたくさんいます。

焼肉をつつきながら、団員みんなで長男のなぞなぞに答えるという…
なぞなぞ大会が始まりました(笑)

なかなかのエンターティナー。

また、自宅から宿題の「音読カード」を持ってきて、
消防団の若い衆に自らの音読を聞いてもらう長男氏。

これは良い教育の場だ。

そして、

DSC_2944

詰所前で空手教室が始まった。
空手を学んでいる長男氏、空手経験のある団員に型を披露しています。

「たつあき、飲み物(ジュース)あるで、飲みんよ!」

先輩がお気遣いくださいました。

すると、長男氏

「いいよ、いいよ。」

遠慮しています。

すると先輩が、


「じゃあ、お父さんの枕元に置いておきんwきっと寝るときに必要になるでw」

ってwww

ええ。
酒の弱い私、きっと水分が必要になります。

私にまで、お気遣いありがとうございますw

そして、午前3時ごろ、寝床についたわけです。

枕に頭を下ろすと、何かゴツッとした物が。

枕をひっくり返してみると、スポーツドリンクが出てきた。
ちゃんと覚えている長男氏、素晴らしい。

しかし、枕元は枕の後ろじゃないぞぉ

お父さんを驚かせようとしたみたい。

翌朝、妻と話していたら、

「とよねむらに生まれてよかった!」

と、長男が妻に連呼していたそうで。

地域による子育て、とっても楽しかった長男。

団員の皆様、ありがとうございました。

母と母の誕生日祝い

しばらく洗車とは無縁状態だったウィッシュさんを洗車しようと。
泡立ててスポンジをボデーに当てていたら

「わたしも、やるーー!」

DSC_2942

娘さんが手伝ってくれました。

このあと、水遊び大会になったのは言うまでもありません。
春の陽気を通り越して、夏が来たのではないか?
そう思わせるような暖かさに。

夕食は特別。

KNT00133

ばあばと妻の誕生日祝い!
ケーキや夕食の段取りbyばあばと妻という。

一番喜んでいるのは、このひと。

KNT00145

一番悔しがっているのは、このひと。

KNT00168

「オレのケーキは無いのか!!!」

怒りの表情。
もうちょっと、大きくなってからのお楽しみね。

長男からは、似顔絵のプレゼント。

KNT00173

県道茶臼山高原設楽線通行止解除

職場の芝桜は満開です。

DSC_2936

これから徐々に、芝桜前線が茶臼山高原に向けて上がっていきます。

DSC_2937

オールシーズン楽しめる♪「茶臼山高原」天竜奥三河国定公園
茶臼山高原のwebページから左下のリンク、山頂ライブカメラにアクセスすると、
リアルタイムで芝桜の丘開花状況を確認することができます。

その茶臼山高原。

3月6日に斜面崩落があり、通行止が続いていた県道茶臼山高原設楽線。
報道にも取り上げられ、道路管理者である愛知県の皆様、上層部に渡るまで
休息復旧に向けた対策が大至急練られた結果、規模が大きかったにもかかわらず、
あっという間に復旧!!

DSC_2935

施工に当たられた村内建設業者様、有り難う御座いました。
この路線は特に、村外からのお客様が多数利用されます。
施工中にも多くのお客様が、通行止の看板を見てルートを変えて行かれたそうです。

本日、通行止解除されたわけですが、完了写真を撮影している最中も、
何台もの車両やバイクが眼前を通過していきました。

崩落時の写真が、こちらです。

DSC_2659

上の写真は、道路を跨ぐゲレンデ橋梁から。
下の写真は、崩落部分を正面から。

DSC_2658

こういった災害が発生した際、一定の条件を満たすと
国費(国による補助金事業)を頂いて災害復旧事業を実施することができます。

災害復旧事業について

image

しかしながら、その申請プロセスは大変な作業。
時間も、人手も要する作業で、それが多忙を極める通常業務に差し込まれるわけで、
尽力下さった愛知県建設部の御歴々には、本当に頭が下がります。

先日、名古屋へ出張した際、官庁街の道路脇にて県庁道路関係部署の某課長補佐に、
たまたま出会って立ち話をしました。

そこで、茶臼山高原の話になり。

なんと…!
この事案が発生してから、その方が東京へ飛んでいき、
災害事業の手続きを迅速に進めて下さったそうです。

「芝桜シーズン、いや、ゴールデンウィークには間に合わせます!」

そう、おっしゃって下さいました。

ありがたやぁ~~~!

上黒川区役員会そして桜ライトアップ撮影

年度が変わって、第1回の上黒川区役員会。
4月14日には、上黒川区主催の桜まつりが予定されています。

今年は予想外に開花速度が速いため、桜まつりで桜を愛でることは難しそうです。

役員会を終えてから、一旦帰宅。

子どもたちを風呂からサルベージ。

そして、闇夜深まる上黒川熊野神社へ。

ただいま、夜22時まで桜の老木ライトアップが楽しめます。

先日、上黒川区の若手を中心に活動する上黒川区エボリューション会にて、
ライトアップ設備を設置。

29665261_1869843479756968_320726796127523725_o

写真は撮りたてホヤホヤ、今の状況です。

都市部では既に桜が散っているところですが、寒冷な豊根村では今が桜真っ盛り!
桜の時期を逃した皆さん、チャンスですよ。

29665322_1869843593090290_3627845436696882012_o

花が散るまで、毎晩22時までライトアップ中です。

29750039_1869843473090302_5825445723347949192_o

場所は、日帰り温泉「ゆ~らんどパルとよね」すぐ横。

29744923_1869843596423623_3514960441514610205_o

ひと風呂浴びて、夜桜見物なんていかが?

29749624_1869843753090274_4840186395719804268_o

22時のライトアップ終了タイマーにより
突然視界全体が真っ暗闇に包まれたときは写真撮影に夢中で、
分かっていてもドキッとしました。

もっといろんな構図を試したかったですが、
さすがに、22時過ぎて電源を再投入したら怒られそう…(汗

諦めて、今日はここまでです。

今週末は土砂降りの雨予報。
私的にも、明日夜は職場の宿直当番で、明後日夜は消防団の全体会。

今シーズン、撮影できるのは今日だけかな。

また、来年、綺麗な写真が撮れるように腕を磨いておきます。

スマホで撮ってもとっても美しい夜桜

DSC_2857

上黒川熊野神社、夜桜ライトアップスタートしております。

ゆ~らんどパルとよねから、見えます。

今年はとにかく、時期が早い。

都市部で桜を見逃した皆さん、いま、これからが桜の最高潮になる豊根村へいらっしゃいませ。

スマホカメラでも絵になる景色が待ってます。