伝統材料研究会参日目~岐阜~そして青森へ

昨夜は、学生部屋が宴会部屋と化し…
先生も、布団持ってきて泊まってた(笑)

よって、温泉へ避難(笑)

ここの温泉、超熱いけど良い感じでした☆

しっかし、学生さんが大量に…。

どこの学生さんだろう?
って思って、聞いてみたところ、愛教大と名城大。

えええええええ!?

この宿は名古屋に占領されている模様です(笑)

さてさて、そんな宿を後にし、
一路不破の関へ。

…と、思ってたのに!!!

急遽、多賀大社へ立ち寄ることに。

この神社は、伊勢神宮で祀っている天照大神の
お父様とお母様。
すなわち、
伊邪那岐大神 (いざなぎのおおかみ)
伊邪那美大神 (いざなみのおおかみ)

を祀ってるんです!

江戸時代には
「お伊勢参らばお多賀へ参れ お伊勢お多賀の子でござる」
といわれ、多賀大社へも参らねばならぬのです(笑)

しかし!!!!

これが…。

後々大変な事件へと発展…。

多賀大社に行った後、不破の関へ向かうとき。
渋滞に巻き込まれる。

予定時間大幅遅れ。

やばい。

やばすぎる。

不破の関の滞在時間、超短縮。

それでもダメ。

お次の訪問先は、うなぎで有名な岐阜県関市の「辻屋」
マジで、激うまいんですよ。

こんなにおいしいうなぎは始めて食べた。

が!!!

焼きたてが出てくるだけあって
ここでも相当時間が取られる。

幹事的には生きた心地がしない。

もう、うなぎの味もそっちのけ。

で、最後の訪問地、刃物会館。

辻屋から徒歩で行ける距離。
ここでは、前々から御願いしていた、
めっさ詳しい人が解説してくれたんですけど…

ほとんど時間取れず。

1時間くらい喋って欲しかったけど、
15分…。

もう、ダッシュダッシュ。

買い物するところもあって、そっちにも参加者に行って貰ったりして
集合時間ギリギリ。
名古屋駅では、電車の予約している方もいるので、
遅れるわけにはいかない。

もう、完全に生きた心地しない。

服は、暑さもあって、絞ったら汗が出そうなくらいビショビショ。

ほんっと、焦りました。

この旅、最大級に焦った。

まあ、訪問先の時間を大幅短縮した結果、
名古屋駅に5時には間に合ったんですけど…。

で、名古屋駅解散です。

やっぱ、リピーターの方もいたり、
凄い親しくなった方もいて、この瞬間が一番寂しい。

でも、最終日、超ばたばたしまくったこんな幹事にも
「ご苦労様!」
とか
最後の車内アナウンスの時に大拍手してくださって、
本当に泣きそうなくらい感動した。

しっかし、何度、
「就職先、旅行会社にした方が良かったんじゃない??」
って言われたことか…。

でも、本当に良い経験させて貰いました。
帰ったら、まだ決算して、学会との補助金のやりとりとか
仕事は満載なんですけど。

皆さん、本当に有り難う御座いました!

んで、名古屋駅で解散後は、大学までバスで行って貰って、
荷物とか降ろす。

急いで、メールチェック。
返信できそうなものには返信!

で、急いで自宅に帰る…。

と、ちょうど名古屋に来ていて帰ろうとしていた両親に遭遇し、
ちょこっとだけ会話して急いで再び旅支度。

シャワー浴びて、飯食って、急いで再び名古屋駅(笑)

走って新幹線に飛び乗ると、
無事に東京発青森行きの夜行に間に合う☆

これから、明朝には青森か…。

えらい忙しいわ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください