バス停での出来事

ライン稼働中に、
「残業0.75ね!」って言われて、
っしゃ!
一時間無いぜ!

って喜んで作業していると、0.75どころか0.5くらいでラインが止まる☆

ああ。
そうそう、うちは残業時間=ライン稼働時間(笑)

ちょっと得した気分でバス停に向かうも、
一本前のバスが出てしまったので結局いつもと同じバス。

なので待合所で待っていると…

そこにたむろってたバスの運転手さんに声をかけられる。

寮に住んでますよ~って言ってると、
どうやら朝送っていってくれている運転手さんだったみたい。

んで、出身を聞かれたので…

「茶臼山の麓の村です~」

って、返答したんですよ。

すると、しばらく考え込んだ後、

「ああ、坂本君?」

ってーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

はいーーーーーーーーーーーーーーーー!?!?!?!!?

どんな有名人なんだよ俺は(笑)
乗客名簿でもあるのか!?

でも、いつも適当に載って適当に降りているだけだし…
バス自体、60人乗り×2台で、一人一人の名前を覚えているわけもないし…。

すると、次の台詞が。

「お父さんも、この工場で働いているでしょー?」

は…はい!?

そんな馬鹿なw

話をしているうちに、同じ寮に高卒で今年入った新入社員の坂本君と勘違いしたらしい(笑)
って、出身の話から突然どうしたら、そっちの坂本君と間違えられるんだ!?

どうやら、そっちの坂本君は工場の近所に実家があって、
地名が「茶臼山」らしい(笑)

どんな偶然だyoh!

ちなみに、父親はこの工場で働いているらしい(笑)

で、実家が近いけど、高卒だと入社後3ヶ月は寮に入らないといけないんだと。

しかし…。

いきなり坂本君って言われたときはびっくりしたよ…。

日本に名字ってたくさんあるのに、
よりによって「坂本」かよ(笑)

そんな笑えるバス停での出来事でした。

(もちろん、ノンフィクションです!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*