ものづくり体験最終日~油まみれの切り粉まみれ~

これぞ現場!ってくらい、
今日は油まみれになって作業してました!

つっても、本当の現場と比べたら全然たいしたこと無いですが。

今日は、0.01mmの精度を自らヤスリで体現するという…
まさに職人的な技能を体験です!

対象は、なにがしかの金属。

それも、6時間くらいひたすら削ってたかなw

時間がある分、ゆっくりと平面調整しながら、
平面のでこぼこが0.01mm以内に収まるように。

これが結構難しい!

技能五輪の選手なんて、これを数分で仕上げてしまうんだから、
驚くべきことですよ!

さて、自分の場合は…

工場実習3ヶ月間、ひたすらペーパーがけをしていた成果か!?

なんと!
0.01mmよりさらに細かい精度を体現することができ!
A評価をもらっちゃいました★

ま、かなりこだわって削っていた分、
終了5分前にようやく完成したわけですがw

黙々と6時間削る作業…。
結構、悟り開けそうでしたよwww

この四日間の技能講習を受けてみて、
現場のシビアさ、熟練工の凄さというのを目の当たりにし…

やべー!
おれも、熟練工になってみたい…なんて気持ちも出てくるくらいでした(笑)

指導員の方も仕事に対して本当にプロ意識を持つ方ばかりで、
改めて…

良い会社に入ったな!

って気分でした。

“ものづくり体験最終日~油まみれの切り粉まみれ~” への5件の返信

  1. ヤスリがけはコツいるよね。
    ヤスリをかけながら金属(紙や布はあまり使わんかったからよく分からん…)ごしに削りたい物の表面の様子を感じるところとか…
    何かごしに表面の様子感じるところとか車の運転に似てるかも。

  2. おひさです。
    ぼーっとみてたらなんか聞き覚えの有る話が……
    もし技能研修中に僕と同じ姓の人にあってたら、それは家の父かもしれませぬ。
    たしかO府の技能研修センターに勤めてるはずなんだよなあ。
    ちなみに、学部の卒研のときに、
    試験片作成で0.01mm精度の旋盤加工をいくらかやりましたが、
    僕の技術ではそのレベルでもかなり気が狂いそうでした。
    技能五輪の選手は0.002mmくらいの精度で加工しないと、
    製品として組みあがらないと聞いたことがあります。
    熟練工というのは本当にすごいものですよね。

  3. おっと!
    ヤスリがけの猛者二人からコメントがww
    >iron
    なるほど~見えない表面を感じることか。
    それは想像せなんだな。
    確かに、やすりの向こう側が問題の表面なのに、
    直接視認することはできない…。
    まさに、職人技。
    車の運転も職人技ですよねー(違
    >つっきー
    まままま…マジで!?
    つっきーの父上!?!?w
    しかし、今回の技能研修では、いらっしゃらなかったなぁ。
    でも、まだお盆後に2ヶ月間ラーニングセンター行くから…
    もしかしたら会えるかも!?
    よろしくお伝え下さい★
    ちなみに、卒研では0.01mmレベルの旋盤加工!
    いやぁ~旋盤だとさらに技術いりそう…(汗
    そりゃ、気が狂うって!
    そうそう、技能五輪の選手の手さばき、年下とは思えないほどの熟練具合だったよ…。
    つっきーの父上もそんな感じなんじゃない!?

  4. あの実習でけんたのまめさを改めて実感
    同じ血液型なのに(笑)
    やすりがけがあんなムズイもんだとはホント知らんかった(^^;)
    実験ひたすらやってきて、技能もなんとかなるだろーなとたかをくくっていたけど、完全に甘かった。
    職人さんってほんとすげーや☆
    まだまだお互い今は卵の状態やけど、すこしずつ殻割ってって一人前になったといえるようがんばろーぜぃ!

  5. >とらぶ
    この実習中、ずっととらぶと一緒だったような気がするなww
    班は違うのに(笑)
    いや!とらぶもマメだと思うぞ!
    俺らの血液型、間違ってるよなw
    そして、やっぱ、職人さんの凄さを実感した実習でもあったね!
    俺らも、プロ目指して精進しようぜ★
    その前には、まず、一人前になること!
    ヤスリがけのように、少しずつ表面を綺麗に整えていって、
    平面度0.001mmの世界並みに光ってやろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください