真保裕一「真夜中の神話」

おいらの一番好きな作家さん。

真保裕一さん。

8月の新刊として文庫本が出ていました!
よって、早速購入&読破☆(3週間前)

これまでに出た文庫本は、すべて読破しております(笑)
(下記)

  • 連鎖
  • 取引
  • 震源
  • 盗聴
  • ホワイトアウト
  • 朽ちた樹々の枝の下で
  • 奪取
  • 奇跡の人
  • 防壁
  • 密告
  • トライアル
  • ボーダーライン
  • ストロボ
  • 黄金の島
  • 夢の工房
  • ダイスをころがせ!
  • 発火点
  • 誘拐の果実
  • 繋がれた明日
  • 真夜中の神話

このお方、「小役人シリーズ」といって、
世間ではあまり日の目に当たることのない公務員?的なストーリー展開が面白い(笑)

例えば、こんな特殊公務員。
・公正取引委員会の審査官
・元オリンピック射撃候補の内勤警察官
・地震火山研究官
・厚生省の元食品衛生監視員
・ダムの保守点検・運転員
・セキュリティーポリス(SP)
・海上保安庁特殊救難隊
・自衛隊不発弾処理隊
・森林作業員

これらの職業への調査力が半端無い。

ホワイトアウトとか奇跡の人とか。
映画、ドラマになってましたね。

そして本書!

読んでみた感想。

あれ?これ、ホントに真保さんの作品!?

でした。

吸血鬼伝説…猟奇殺人事件…
う~ん。
あんま、真保テイストではないな。

ま、真保ミステリー的な、どんでんがえし展開はありましたがw

それにしても、あまりにすっきり読めすぎ。
真保さんをまずは読んでみよう。
って人には良いかもしれません!

コアな真保ファンには、酷評が目立ちます(笑)

途中、吸血鬼伝説についてやたら詳しく書きまくってるところあり。
そうそう、こーいうミステリーモノって、吸血鬼伝説とくっつけてストーリーを作る作品
多くないですか!?

そして、どの作品も、吸血鬼伝説としっくりはまってしまう。

やはり、血とミステリーは切手も切り離せない関係にあるのか…。

“真保裕一「真夜中の神話」” への2件の返信

  1. ホワイトアウトは読んだ。
    あれはもうね…なんつーか、すごい(笑)
    ものっそい陳腐な感想で申し訳ないけど、すごい。
    でも、すごいイメージ湧く描写だから、読んでて疲れたりとか飽きたりとかはしなかったなぁ。
    ああいう描写が出来るようになりたい…。

  2. >遥さま
    おっ!ホワイトアウトを読んだことあるか!
    いやぁ~「すごい」の中にすべて凝縮されているよ。
    だって、本当に「すごい」んだもの。
    是非、他の作品も読んでみてよ!
    どれもこれも、イメージ描写、調査力、すごいです。
    読んでて飽きが来ないってのが、真保作品に言えること☆
    ああいう描写ができるように…なりたいよねぇ~~~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*