溜まりに溜まった残業を減らす為、
今日は昼一で退社してきました。

しっかし、半日何しよう…(汗

な~んて、心配はいりません。
日頃、やりたいことが溜まっているので(笑)

というわけで、NZ旅行から丁度1ヶ月が経つわけですが、
その記録…
それも、本当に足跡的な、持ち歩いていたGPSユニットのデータを取り込んで
地図にプロットしてみましたぁ!!!

ちなみに、使用しているGPSユニットは下記。

wbt-201_01[1]
■Wintec WBT-201 GPSデータロガー

旅の最中、出来る限り電源を入れて手荷物にくっつけてログを取っていました★

NZ旅程全景

まずは、上の画像。
NZの全景であります。
我々が行ったのは南島。

南島を拡大してみますと…

NZ旅程全景拡大

こんな感じになります。
左から「ミルフォードサウンド」、「クイーンズタウン」、「ハミテージホテル(マウントクック)」
そして右端が「クライストチャーチ」です。

それでは、順番に各所を拡大していきましょう。
わかりやすいように?ブログ記事へのリンクも一緒に(笑)

 

NZ三日目・・・ミルフォードサウンド – kenta’s page!!2009

クイーンズタウン=ミルフォードサウンド
クイーンズタウンからミルフォードサウンドへ。
GPSの足跡を見ても分かるように…
直線距離はとても近いのですが、直行できる道路がない為、
相当な遠回りをしていることが良く分かります(笑)

 

NZ四日目・・・マウントクックへ移動 – kenta’s page!!2009

クイーンズタウン→マウントクック
クイーンズタウンからマウントクックまでの道のりも、なかなか長いものでした…
山脈の間を縫うようにマウントクック宿泊地のハミテージホテルまで。
途中、衛星写真でも分かるように綺麗な水色の湖が見えます。
これが、当日の日記にも書いた「プカキ湖」。
他の湖と比べても変わった水面色をしていることが分かります。

 

NZ五日目・・・マウントクック氷河ツアー – kenta’s page!!2009

氷河湖クルーズ
ハミテージホテルからは、右上に見える灰色の湖…氷河湖までマイクロバスで向かい、
氷河の氷がぷかぷか浮かぶ氷河湖クルージングを楽しみました☆
衛星写真からも、湖に浮いた氷河の欠片がちょっと見えますね。
(湖にあるかけらのようなものが、浮いている氷河の欠片だと思われます。)

 

そして、氷河湖クルージングの後、クライストチャーチへ移動。
翌日のトランツアルパイン号ツアーと一緒のプロットになっていますが、
下の左から右に伸びているピンク色の線がハミテージホテル→クライストチャーチで
上の2本のピンク色の線がトランツアルパイン号ツアーです。

NZ七日目・・・トランツアルパイン号 – kenta’s page!!2009

クライストチャーチ=トランツアルパイン号
下の左から右に伸びているピンク線では、
クライストチャーチに近づくにつれてだんだん緑色が目立つようになってきています。
実際、車窓から見える風景も、荒涼とした平原から牧草地帯へと移っていきました。

上の2本のピンク色の線…トランツアルパイン号(往路)とバスによる復路です。

できれば、飛行機の航路もGPSで拾ってみたかったですが、
なにせ…飛行機内は電波を発する機械は使用禁止。

実際、GPSのレシーバーなので電波は発していないと思うんですが、
サブで付いているBluetoothモジュールからは電波が出てしまう(汗

BluetoothモジュールをOFFにすることもできますが、
その前に一瞬だけONになってしまうので、やめておきました。

こうして、地球サイズで自分の足跡が見えるっておもしろいっ!
(って、思うのはおいらだけでしょうか(汗))

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]