なんとも不思議な三河弁からスタートしました。
このドラマ。

ロケ地となっている布川地区・花祭りの実情も、
がんばってドラマに組み込まれて表現されていました。

・少子高齢化による花祭り、地元産業の衰退
・都会に出て行った若者が花祭りには帰ってくる
・布川では実際に名古屋の中学生が舞いの応援にくる
・そして、花祭りはやはり出会いの場なのか?

知っているひとじゃないと、ドラマ見るだけでは理解しにくいかもしれませんが…。

ロケには、ちょこっとだけですが、
我々夫婦も様子見で行ってきました。
■明日の49日準備 – kenta’s page!!2009

名古屋の中学生が花祭りに参加…とか、布川でしかできないですもんね。

このところ、布川では良く伴鬼を舞わせてくださるんですが、
■布川花祭り・・夫婦で伴鬼 – kenta’s page!!2009
それも夫婦でw
その支度部屋が映し出されて…

あれ?こんなに綺麗だったっけ!?

なんて思ったり(笑)

わしとばあさんも、花祭りの…

って、花祭りが出会い系なのか!?のような台詞があったり…(笑)

また、「と~ほへ、てほへ」

のイントネーションに、だいぶ違和感を覚えましたが…(汗

やはり、大人数で叫んでこそ、ですね(笑)

しかし…一番あり得ないのが…

榊鬼さん!舞が終わったのに衣装&面もそのままで
支度部屋から出てきちゃダメだyoh!!!!

うちの地区でそれをやったらぶっ殺されます(汗

また、湯囃子…

ま…舞手はいずこに…(汗
ギャラリーだけでお湯掛け合ってるyoh!

これは…本花で誤解を生まなければいいのだが…。

最初は違和感だらけだったこのドラマも、
終盤にさしかかり、シリアスな場面も多々出てくると…
花祭りってことを忘れて「ドラマを楽しんで」いました。

ストーリーの内容は、ネタバレすると、まだ見ていない人の
顰蹙を買いそうなので割愛です。

なんか、花太夫さん、衣装を着ると、
まさしく!先日亡くなられた上黒川地区の花太夫さんそっくり!

見た目もそうですが、声が何とも言えないほど似ている。

生前の面影と重ねて見てしまいました。

最後の花太夫の

「ああ、忘れとった。」

で、ひと笑いさせて頂きましたw

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]