今日も伯父に会いに

昨夜は急ぎで独りで向かいましたが、
今夜は妻も連れ、妹も名古屋から来たので一緒に伯父宅へ。

妹は特に、高校時代に伯父宅へ下宿させて頂いていたので…。

喪主になる従兄弟も一日経ってだいぶ気持ちの整理をつけて
葬儀への段取りにかなり疲弊しきっているみたいでしたが、
従兄弟で最も年長かつ、最も明るい性格。

しかし、伯父の顔を見てしまうと、どうしても…

僕も、親父の時は従兄弟にかなり助けられたので、
このときこそ、恩返しを…と思うんですけど、
なかなか…難しい。

話を聞くことくらいしかできません。

でも、それが精一杯出来ることかな。

22時過ぎになり、九州からはるばる自家用車で
伯父の兄姉が到着。
私、小さいときには会ったことがあるのかもしれませんが…

物心ついてから会うのは初めて。

父や祖母の時には色々とお気遣いを頂いたので、
お礼を申しつつ、葬儀への段取り会議に私も参加させて頂きました。

妹は休みを取ることが出来たので、
今夜から泊まり込みで伯母のそばに。

高校時代にお世話になった、第二の母ですからね。

今夜も帰宅したら日付変更(汗

明日の仕事をしっかり片付け、
明日夜は通夜、明後日は葬儀です。

“今日も伯父に会いに” への1件の返信

  1. 話を聞くだけでも、従兄弟さんは十分救われてると思います。
    ただ、そこに、側にいる、ひとりじゃない、これが重要と思います。
    僕も、両親が他界した際は、本当に
    妻(当時は恋人)や親戚に助けられました。
    ⇒皆さん、決まって、『何もしてないよ』と仰りますが、
      存在自体に救われているのです。(自分の経験より)
    こんな時じゃないと有り難みを感じられないのは、
    ある意味残念ですが、困ったとき最後に助けてくれるのは
    家族であり、親類ですね。
    おいら様はきっと、救いになっていると思います。
    伯父さんのご冥福をお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください