1年に一度の上黒川花祭り。

ついにやってきましたぜ☆
昨夜、下黒川の花で相当飲み過ぎたので、
まだ気持ち悪いんですが(汗

大丈夫だろうか。

15時頃舞堂へ向かい、そこで大学時代の万博PJメンバーのつてから知り合った友人と合流☆

舞堂では、「釜ばらい」(湯立て)が行われておりました。

DSC_2738

そして…
その直後。

釜ばらいで用いた竹の小枝を持って4人舞いがあるんですが、
早速、おいらも、ひと舞い☆

DSC_2751

花祭りの「神事」となるのはここまでで、
17時になるまで休憩時間となり、撥の舞でスタートを切ります。

これは、太鼓無しで、うたぐらと笛のみで舞う舞でして、
テンポを保つのがかなり難しい!!!

DSC_2772

そして太鼓の拍子に戻り、式さんば(順の舞)。
これも、四人舞。

DSC_2789

本来は…上黒川の花祭りに関する書物によると、
白衣を着、鈴と扇を持ち、一人、二人、三人、四人で舞、一人、二人、三人のときは二拍子
4人の ときは四拍子で舞うらしいですが、おいらが知るのは4人舞いのみ。

このあと、子どもの舞いの最初となる地固めの扇です。
練習の成果を見せる時☆

DSC_2808

この子たちも、村在住ではないのですが、舞習いにも欠かさず出席してくれ、
とっても熱心に練習しています。

今年もまた、一段と上手になりました☆
次世代のリーダーたる人材。期待が高まります。

上黒川の花祭りでは、願掛け奉納の舞いとして、「宝の舞」というものがあり、
次第にリストアップされている舞いの間に宝を手に持って4人舞いが奉納されます。
今年は大量でした。

最初の一発目、おいらにもお呼びがかかりまして、舞っております。

DSC_2828

まだ二つしか舞っていないのに、既に疲れ始めていますが…(汗
先は長いぞぉ~。

そして、しずめさま。

本来は、祭りを見て興奮気味の神様たちを、
祭りの終わりにしずめるのが、そのいわれだそうです。

ですので、他地区の花祭りでは祭りの最後に行われるのですが…
上黒川では、慣例的に地固めの扇の次に行われます。

DSC_2850

これはきっと…

上黒川の場合は、あまり荒ぶれすぎると怪我人が出るから…
ちょっと落ち着いてから舞いを御観覧くださいということでしょうかね…(笑)

地固めの剣の舞では、地固めを舞うのは久しぶりの先輩後輩。

DSC_2908

久しぶりの地固めの舞で、なんだか楽しそう☆

そんな年の近い衆も、皆、お父さんや伯父さんとなって、
その子どもたち世代が花祭りデビューを飾り始めています。

DSC_2963

こうして、ちっちゃい子たちの舞いに、サポートとして出動。
自分も子どもの頃はそうでしたが、舞習いと違って本番はめっちゃくちゃ緊張しました(汗

つ…次はなんだったっけ???

って、焦ることもしばしば(今でもたまに焦りますがw)。
そんなとき、こうして見ててくれる大人がいるとホント安心します。

不思議と、子どもたちって本番になると
練習の時よりも一段と上手になるんですよねぇ~。

見物客や囃子方も、このあたりからグンッと増えてきまして、
その中で一升瓶を片手に回し飲みする…従兄弟も到着☆

そうです。ミスター花祭り@豊根のあの御方。

従兄弟が来ないと、上黒川の花祭りは始まらない!!!
と、開始前から皆で話していたところです。

やっと、舞堂の中も、「場」が暖まってきました!

ってか、暖まりすぎたのか!?

従兄弟、花の舞の時点で上半身裸に…!!!
まだ「いちの舞」までは、いくつか舞がありますが(汗

超フライングで御座る。

この後も、宝の舞をひとつ舞いまして…

花の舞いも終盤となり、次はいちの舞(榊の葉で打ち清める舞)です。

この間、おいらは山見鬼の一番子を舞うため、衣装替えへ。
最近、いちの舞で打ち払ってもらってないなぁ…。

日付が変わる頃に、大学時代の友人グループと、
会社の先輩+会社の専務御一行が到着したようです。

そして、おいらは鬼の舞へと…。

 

日付も変わったので、つづきは明日の日記へ!!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]