つかの間の就寝を経て…

小林のお姉さんが、今、四つ舞だよ!!
って、電話で起こしてくれました☆

下粟代の舞堂へ到着し、
ちょうど四つ舞シリーズが終演したところ。

至る所の湯囃子に出没する恩師もいらっしゃいました(笑)

翁の問答を楽しみつつ…
(漫才のような問答で、これは東栄町特有)

なにやら支度部屋の方から、おいらの方へ手招きが…。

これは…
茂吉鬼スカウトだ!!!

というわけで、湯囃子を見ることもなく(汗
支度部屋へ直行です。

つい先日、自分の地区の花祭りが終わったばかりですが(汗

支度部屋で鬼の衣装に着替えるおいら。

DSC_3942

今回の伴鬼は、みんな知っている人ばかり☆
だんきちさんや、小林の花で知り合った若い子。

二方とも、伴鬼経験は豊富ではなく…
おいらも、東栄町の伴鬼は経験豊富ではないので、
地元の方に舞い方の教えを請いました。

ってか、だんきちさんは、これが伴鬼デビュー!!!

ドキドキですね。

一方、妻たちは…

DSC_3947

湯囃子を楽しんでいたようです☆
息子も、いろんな方に抱っこや肩車をしてもらい、
妻は撮影に専念でござる。

 

kawagさんの黄昏れる背中から。

DSC_3961

連日の花祭り疲れ…??を感じさせる、哀愁が漂っております(笑)

さあ、そして…
茂吉鬼!!!

だんきちさんを先頭に、伴鬼3匹が練り歩きました。
上黒川と比べ、マサカリが軽く、さらに面も小さくて軽い上、
非常に周りを見渡しやすい。

これなら…と、伴鬼を舞う気になれますww

DSC_3983

こちら、おいらの舞。
振草系花祭りを見続けてきた妻の評価は上々で、
年々レベルアップ!!…しているつもりです。

基本は、妻に教えてもらってますからね。

DSC_3981

ただ、写真を見ていて…、後ろの兎の耳??をつけたおじいさんの方が気になるが。

鬼の舞を終えて、伴鬼3匹は、超さわやかな顔で支度部屋へ戻りました☆

が。
ここで終了ではなかった…。

「次、獅子舞だで、その衣装のまま出てくれん。」

え。
そーいう流れなのですか!!

というわけで、獅子舞の獅子足です。
もう、訳も分からずだったのですが、湯囃子のタワシを手渡され、
それを持っていて湯をかけろと。

ふむ。

懐にタワシを控えていざ出陣!!

が、しかし。

湯をまくタイミングが全く分からないのだが(汗

もちろん、同じようにタワシを懐に供えていた伴鬼3匹は、
誰も使うタイミング分からず(汗

結局、懐がワラでチクチクして終了でした(汗

ちなみに、獅子舞は、kawagさんが撮影してくれたみたい☆

DSC_4006

妻子は、獅子にお湯をかけてもらいに近寄っていったらしいですが、
このお湯がかなり熱かったらしい(汗

そして、最後に五穀参り?という神事を経て、花祭りは終了です。

DSC_4010

そうそう、駐車場に戻る途中、こんなお供え物も発見☆

DSC_4012

息子が非常に興味を持っておりました。
何か、宿っているものでも見えたのかな?

さ、これで、3月の布川の花までお預けです。
実家に戻り、あまりの眠さにコタツでうたた寝してました。

そんで、夕方には大府へ戻ったのでした。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]