転職し、豊根へ戻ります

突然ですが。

引越まで残り1ヶ月となりました。

ということで…
ブログの方でも一部、公発表致します。

会社や友人知人には昨年12月頃からお知らせしてきたので、
既にご存知の方ばかりかもしれませんが。

今の会社、3月末日までの在籍とし、
4月1日からは実家豊根村へ戻り、また新たな分野を生業と致します。

どんな職業に就くかと言いますと…
伏せようがない気もしますが、とりあえず4月1日まで伏せておきます。
(って、そこまで書かずにいられるだろうか(汗))

社会人になってからというもの。
ちょっと振り返ってみます。

今の会社を選んだのも、DNAに何か刻み込まれていたからか…
祖父は戦時中工作兵上がりで、父は自動車メーカーの保全上がり。
自分も、いつの間にか同じ道に進んでいました。

入社後、過酷な3ヶ月間の現場実習を経て、
(激しいライン作業で10kg以上減量)
技術者としての素養を作る技術者研修へ。

小さな頃から祖父と父が会話している時に出てきたフレーズ、
「旋盤」だの、「フライス」だの、「バイト」だのという機械加工用語が
何なのか分かってきて…

っしゃ!!

おいらも仲間入りっ!!

と、思った矢先に…

青天の霹靂とは、まさにこのこと。

突然、父が亡くなった…。

もう、何が起きたのか、全く理解不能。
■kenta’s page!!2007: 突然の訃報 ~父の急逝~

このつらい時期を一緒に過ごした当時彼女、現妻には
だいぶ助けられました。

そして、翌年には結婚。
■kenta’s page!!2008: 大安吉日 豊根村上黒川熊野神社 結婚式挙げました!

新居のアパートへ引越し、新婚生活を歩み始めました。
そういえば、披露宴は2回やったなぁ。
■kenta’s page!!2008: 年休取って明日の披露宴&二次会準備!
■kenta’s page!!2008: ☆名古屋披露宴☆第一部前半~披露宴@逓信会館・中座まで~
■kenta’s page!!2008: ☆名古屋披露宴☆第一部後半~披露宴@逓信会館・エンディングまで~
■kenta’s page!!2008: ☆名古屋披露宴☆第二部~二次会@kobekan~
■kenta’s page!!2008: ☆名古屋披露宴☆第三部~三次会@笑笑~

年が明けたと思ったら、今度は祖母が息を引き取り…

祖父が喪主かと思いきや、家を継ぐ身だからと…
一家を代表して、おいらが務め。
■祖母旅立ちました – kenta’s page!!2009

冠婚葬祭に明け暮れてますね(汗

法事の催行や、家の仕事のお手伝いなど、
実家に帰る回数も格段に増えました。

この直後、今度は嬉しい知らせで息子が宿りました。

昨年には息子も誕生しまして。
■息子誕生 2902グラム – kenta’s page!!2010

なんか、たかが4年弱を振り返っただけで、喜びや悲しみが毎年起きているという。
まあ、その度に実家を頻繁に往復するようになる。

息子が産まれると、さらにさらに、実家に帰る回数は増えるわけですよ。

もう、これは…

隔週以上のレベルになってきた。

豊根と大府との二足のわらじ生活で、
往復4時間のロングドライブを週末毎に重ねるのは…

今は大丈夫かもしれないけれど、
いずれ自分が年を取り、子どもも大きくなって、大府での地域づきあいも出てくると…
週末に外出ばかりしてもいられなくなります。

もちろん、運転する距離が伸びれば伸びるほど、
交通事故という高リスクを背負い続けることにもなりますし。

それならば、いっそ祖父と母に、こっちへ住んでもらえばいいんじゃないか?
という考え方もありますが…

この選択肢ついては、全く、眼中に無し。

先祖が切り開いて住み続けてきた土地よりも、
仕事の方が重要なわけがない。(あくまで、私の価値観です)

仕事なんて、所詮は自分一代限りのことですしね(今の時代は特に)。

あと、父が一生懸命働いて建てた実家を空き家にしてしまうとか。
もっともっと考えられない。
まだ、築20年経ってないんですよ。

いずれ、豊根には戻るつもりでいましたが、定年後かなぁと漠然と考えていました。
よくよく考えてみると、その頃にひょいっと戻ったとしても…
地域付き合いにいきなり入っていけるものなのか!?

地域のお仕事も何もしていない状態で…それは狡かろう。
という考えも頭に登ってきました。

 

ホント、入社してから丸4年が過ぎようとしていますが、
凄まじい4年間でした(特にプライベートが)。

さて、一方で、新たな就職先の試験を受けようと決意した時から受験までというのも、
ある意味凄まじい時期ではありました。

自分が入社してから、最も業務が忙しい時期と重なっていたのです。

我々の仕事が、新規ラインの立ち上げから
ちょうど生産フェーズへ移行する段階。

最もピリピリした雰囲気が職場へ覆い被さり、
過労ストレスで倒れるメンバー続出。

まさにサバイバル状態。

残業に休日出勤に…と。
これは一体、いつ勉強するんだ??
平日は、勉強開始時刻が日付変わる前後になることも珍しくなく、
朝はもちろん、8時出社。

会社のない土日は勉強!!

夏期休暇も、どこにも出かけず、ひたすら勉強。

そこに、1月に産まれたての息子の育児という、
実は一番ビッグな「おしごと」が存在していたわけで…。

もう、端から見ても破綻するだろこれ。
としか思えない状況だったわけですよ。

しかし、この状況をもはね除ける力が存在しました。

それは…家族の協力。

妻も子育てで一番忙しい時、猫の手だって借りたい時。
ホント、感謝してもしきれないくらいに協力してくれました。

「家の仕事と息子の面倒は任せて!!その分、勉強して!!」

と、良い意味でプレッシャーもかけられつつ(笑)

妻にはホント、頭が上がりません。

実家でも、実家へ帰ると必ず何か仕事が待っているんですが、
勉強期間中は何も仕事が入ってこない。
祖父・母も、きっと頼みたいことはたくさんあったでしょうけど(笑)
我慢して見守っててくれました。

山積みになった問題集を、来る日も来る日も解いては解き解いては解き。
それでも、ライバルであろう、学生さんたちは自分が仕事をしている間も、
勉強をしているんだし…と、焦る気持ちは全く減りませんでした(泣

さらに、30歳という受験年齢制限がプレッシャーをさらに上昇させる。
(おいら、今年で30歳になります。年齢制限ギリギリ…うぉぉぉ…胃が…って。)

でもやっぱ、大学院の方がしんどかったかな(汗

(いや、武田研究室が厳しかったと言いますか…。)

人生、死ぬほど辛い経験していれば、割と耐性というものは付くようです。
ただし、同じような辛さならばという限定付きかもしれませんが。
(肉親の死という辛さは、また、別次元。)

 

というわけで、水面下で準備をして参りました。

新しい仕事というのも、不思議な縁は大学時代からあって、
武田研在籍時代にも同分野の方々と共同研究をさせて頂いていたり、
修士論文や学会発表、投稿論文にも稚拙ではありますが投入して
考察したことが多々ありました。

ま、ただし、それらはあくまでも机上の空論。

全く役に立たないであろうと。

ゼロからの出発。その気持ちを大切に。

 

一方で、何故か、プライベートの交友関係にも、
不思議なネットワークが沢山構築されてきました。

今度はそれを活用する番!!…なのかな?

もちろん、恩師、武田教授へも受験前から相談をしており、
御祝いのお言葉に付け加えて…

日本国土を利用する中で最も困難な問題を考えねばならないことを肝に銘ぜよ。
と、早速プレッシャーを浴びせかけられておりますが((O.O;)

しかし、心に響いた一言があります。

「人間はどこにいても同じ事しかできないし、それに軽重もありません。」

「大都会に住み、大企業で仕事をする方が気楽な人生を歩むことができるかもしれないが。」
「そこからはなにも人生の深い意味は得られない。」

…というメッセージを下さいました。
非常に哲学的で、学生時代を思い出します(汗

(基本的に、教授からの指導は哲学的文言がメールで飛んでくる。)
(解読が非常に大変。)

人生の深い意味…。

って、何だろうな。

解答なんて人それぞれ、あって無いようなものだと思いますが。

 

今の会社では、仕事の進め方や資料の見せ方など、
社会人のベースたり得る部分をしっかりと教育してもらいました。
また、それを実践する機会にも最後には恵まれました。

蓄えた知識ではなく、問題を解決するための考え方。
後工程・サービスを受ける側(お客様)志向の考え方。
既成概念にとらわれず、改革・創造に着手する考え方。

学ばせてもらったことはたくさんあります。
コレが少しでも、誰かの役に立てることができたら良いな☆

かなり長くなりましたが。
来週からは怒濤の送別会ラッシュ…。

まずは、体をこわさないようにしなきゃ。本末転倒(汗

とりあえず、ご報告致しました。

“転職し、豊根へ戻ります” への24件の返信

  1. タイトルに驚いて、久しぶりに覗きにきました^^;
    やっぱりお前はカッコイイわ。

  2. けんたさんこんにちは!
    アツいブログ拝読させて頂きました☆
    (我が家で一人心がアツくなってますw)
    まずは、これからのけんたさんご一家の門出に、大いなる幸があることをお祈り致します!
    いや、必ずある!と確信致しております!!!
    僕がこの話を伺ったのは、先日の下粟代の花、茂吉の伴鬼のための支度部屋でしたね。
    伴鬼デビューでテンパるも何も、そのお話のほうがむしろ驚きがあり、却って緊張が吹っ飛んだのですがwww
    当ブログを拝読させて頂き始めた時から、ブログをきっかけにお付き合いが始まった今日までの間、けんたさんの「豊根愛」を感じるにつけ、ああ、いつかは豊根に帰られるのだなあと思ってました。
    しかし、既に強い決意を固め、陰ながら努力を怠らず、日々邁進されていたのですね。家族友人仲間仕事etc…全てを大切にしながら…
    「人間はどこにいても同じ事しかできないし、それに軽重もありません。」武田先生の言葉、その通りですね。
    けんたさんが歩んできたこれまでとこれから歩もうとすることは、何一つ無駄なものは全く無いし、一つ一つが大いなる糧です!
    自分自身志を抱き、一日一日の一瞬間をも大切に感謝して生きてゆくこと、そしてその道は無限大であることが「人生」じゃないでしょうか?
    「日本国土を利用する中で最も困難な問題を考えねばならないことを肝に銘ぜよ。」 この武田先生の言葉もまた、これからの歩みでは重みがありますね。
    新天地では、現在抱える困難な問題に真正面から取り組んでほしいと思います。(エラそうなこと言ってすんません)勿論その際は芸術文化・伝統文化を生業とする私めも、どんどんご活用くださいまし。(→花祭と限定されますが(汗 )
    これからも、一友人(と言って良いでしょうか?)として、一花キチとして、陰ながら応援してまいりたいと思います☆
    蓬莱泉「美」で乾杯☆w

  3. 久しぶりに書き込みます!!
    正直とても驚きましたよ。今でも我が家で豊根やけんた先輩の話題たまに出るんですよ、あとで報告しておきます(笑)
    奥三河に強力な原動力が投入されるってことで愛知も安泰ですね!!!
    活躍をお祈りしています。また豊根に遊びに行けたらいいなぁ~~~♪♪

  4. そういう事だったのですな・・・「会社の活動で期間限定で豊根村で仕事する…」みたいな話かとも思ったんですけど。
    ホントに豊根に骨をうずめるって意味合いでの転職の様で。
    けんたさんかっこいいです(><)僕と一つしか違わないのにもう家の事とかその先の事とか考えておられる~
    ウチの家庭は両親とも就職で名古屋に出てきたクチなんで、むしろ自分の考え方は真ん中あたりにある「祖父と母に、こっちへ住んでもらえばいいんじゃないか?」に近いですね…
    むしろ名古屋へどうしても帰る…ってつもりがあんまりなかったりこの先の事はまだ考えてられないしとか思ってたんですけど、このけんたさんの熱さを見てちょっとどうするにしろこの先の事を考えないとな…とか思いましたι
    そうだな~ もう同年代の友人達が家族を築いてく年だもんなー
    転職先でもきっと熱い事をされるんだろなと思っとります~
    豊根にもまた遊びにいきますねー♪

  5. >たけたけちゃん
    すっかりご無沙汰しておりやんす☆
    悩みに悩んだ末の結論でしたが、
    さっ、これからどうなってゆくでしょうねぇ~~。
    たけちゃんと一緒に仕事をすることがあったり…して…??
    また、知恵を貸してね♪

  6. >だんきちさま
    こんばんわ!
    いつカミングアウトしようか…と時を狙っておりましたが、
    ようやく体調も回復して思考力も回復してきたので(笑)
    そういえば、だんきちさんにお伝えしたのは、伴鬼の支度部屋でしたねぇ~。
    緊張の面持ちのところへ、いきなりの爆弾報告でしたがw
    それがむしろ、緊張緩和へ働いたのなら良かったです☆
    人生ってのは、その刹那が大切なのであって、「いつか」という言葉は
    言葉としては存在しても、人生ではない…そんな気がしております。
    年を取って、さらに時が過ぎる速度が速くなり、一瞬を感じる時間が短くなり…
    そして、人にとって時間だけは平等に過ぎ去ります。
    今やれることは、今取り組む!!
    そんな気概で、未知の道を歩んでいきたいと思います。
    武田先生もおっしゃるように、今、全国の過疎地域から人がどんどんいなくなり、
    それこそ国土の維持管理にまで支障が出てくるのも時間の問題かもしれません。
    既に山々は人がいないと管理の出来ない「人工的」山となっていますし。
    土砂崩れなどの自然災害起因で水源が危うくなり…確実に都市部へも影響を及ぼします。
    とは言っても、何の仕事をするのかまだ何も決まってませんけど(笑)
    何にしても、地域の人の役に立たない仕事なんて無いと思うので、
    何を拝命されても全力疾走するつもりです☆
    ご助力をお願いすることも??あるかもしれませんが、その際はまた、宜しくお願い致します。
    いつか、「美」を持って泊まりに来て下さい(笑)

  7. >しんごちゃん
    えらい久しぶりだ~~~!!元気してるっ!?
    ぬぬっw今でも、しんちゃん宅で話題にのぼるんでっすか!?
    昔、遊びに行ったのが懐かしいなぁ~。
    今でも、名古屋行く時、たま~に近くを通るよ☆
    奥三河にとって強力な原動力になれるよう…ってくらいの気概で、
    これから精進致す所存であります!!
    しんちゃんも、また近況教えてくれよ~~
    是非、そのためにwまた花祭りに遊びに来て下さい☆
    しましょプロやironプロと御一緒に。
    お待ちしております。

  8. >もとにぃ
    さすがもとにぃ。ネタバレしとるやんか(笑)
    というわけで、二文字ほど変更させて頂きましたが(汗
    会社の活動で、期間限定で豊根村で仕事かぁ。
    むしろ、そんな活動を創造できたら良いな。
    もとにぃ先生、何か良い案は無いかね??
    その自由な発想力を是非お借りしたい。
    ま、就職も転職も結婚も…人生の大きな決断は、どれもこれも、さあやるぞ!!
    ってやるというよりも、自分の周囲の状況が必然的にそうなっている…
    そんな気がしてるよ。
    そこで、思い切るか、どうするか。これが決断なのかな。
    もとにぃの周囲はどうよ!?
    まだまだ焦ることはないっすよ☆
    いや、必然がありそうなら…決断を考えた方が良いかもよっ☆
    結婚とか、結婚とか、結婚とか…。
    また花祭りに来てよん♪
    天研メンバーは、今のところ毎年誰か彼か来てくれてますww
    そして、東京へ行った際には、妻子連れて遊びに行きますぜ!!
    息子のポップなイラストをお願いしに…フフフ。

  9. こんばんは。
    お、遂にブログでもプチカミングアウトですね★
    ⇒会社内では、小規模に我が同胞にバラしてしまい、すまなかったです。
    僕が今更どうこう言うのもあれだけど…(笑)
    『良いね!』
    周りにも素晴らしい仲間が沢山居てくれる様だし、
    何より、理解のある素晴らしき妻子、家族が居てくれる…。
    ⇒これ以上の幸せはありませんよ、きっと。
    (そりゃ、色々と大変な事も沢山ございましたでしょうけども)
    その幸せな状態のケンタが、
    次の仕事で、今度は周りを幸せにしていく…。
    ⇒という訳ですね。
    何より、、、僕がケンタ様に出会えて、良かったですよ。
    おかげで、僕の世界も拡がりました。
    ⇒今の会社に入った甲斐があるというものですわ★
    4月から勤め先は異なりますが、
    同じ(たぶん…)ゴールを目指す者として、今後ともよろしく♪
    ⇒これからは、先輩後輩ではなく、同志、としてね!
    ウヒ

  10.  三沢にある親戚のまた親戚のご長男と坂宇場の花で会った際、豊田市にある自動車関連の会社を辞めて家に入り、林業をやっていると聞き、大きな決断をされたのだなあと思いました。同時に、けんたさんはどうなんだろうと思いました。でも、立派な大学を出ておられるし、都会で活躍されるのかなあと思っていました。今、大きな決断をされたのですね。お父様が早くに亡くなられたのも、決断の時期が早くなった事に関係しているのでしょうね。奥様は花で知り合った方なので、豊根で暮らす事には反対しなかったと思いますが、不安はあるでしょうね。ご子息も純粋な豊根っ子になるので、花の一員としても頼もしく、嬉しいです。
     とにかく、まだ若いですし、新たな人生でもご活躍される事でしょう。頑張って下さい!

  11. 転職お疲れ様!
    年賀状に書いてあったのはホントだったのね。
    引越しが落ち着いたら、そのうち豊根に顔出し出しますわ。
    たぶん、ね^^

  12. >ウェスさま
    へいっ!!ついにブログでも☆
    日頃会う人には、だいたい報告できたかなぁ~と、思ったので…
    来週の串屋送別会を日記のネタにするためにも…なんて(笑)
    同胞「が」ですか?(笑)全然かまいませんよ☆いずれ知れ渡ることですしね!!
    この日記を書いて、思わぬところから応援の声が届いてきて、
    いろんな方に見守って頂いているのだな…と、有り難い気持ちでいっぱいになりました。
    そして、見守って下さる皆さんを幸せに…
    それをモチベーションにして、ひとりでも多くの人に「ありがとう」と言ってもらえるような仕事が出来るように、精進致します。
    そして、ウェスさんに関しては…
    今後も必ず、そのお力をお借りすることがあると思います…
    いや、絶対ありますね。これは。無いわけがないwww
    ってなわけで、勤め先が変わっても、というか、
    変わったら更に御縁が強固になると思われますので
    末永くよろしぅお願い申し上げます。
    ウヒヒ。

  13. >こっぱさま
    実は、豊根の同世代や近い世代、大きな決断をして村へ帰ってきている若者が何人もいるのです!!
    それも、ここ数年の現象で。
    これは、本当に心強いことです。
    彼らが既に村に戻ってきていたから…私も大きな決断をすることができました。
    いや、私の決断だけでは帰るのは無理な話で…
    妻にも同意してもらえたことが一番大きいですね。
    さすが、豊根で出会っただけあると言いますか…(笑)
    妻も、大府よりも豊根・東栄の方が、付き合いの長い友人知人がいるので、
    私も安心して暮らすことが出来る…そういったメリットもありました。
    息子も豊根っ子ですね☆
    豊根っ子にはもれなく寮生活が付いてきますが…
    アレはアレで、苦しくもあり、終わってみればとても良い経験だった。。そう思えます。
    そんな教育を受けさせたいという親のわがままです(汗
    メッセージ有り難う御座いました。

  14. >あしきっち
    これはなんと!!珍しい御方登場☆
    豊根に…弓道しに来ますか??フフフ。
    夏には豊根で同窓会やりたいって、ボスが言っていたので、
    「たぶん」が現実になるやもしれませんぜ☆

  15. ついに公表されましたか。あっと言う間にコメントの嵐、さすがですw
    消防団や組のお仕事なども控えているといると思います、何より生まれ故郷での仕事はやりがいがあると思います頑張って下さい。
    花祭りDVDなど届け易くなるかなあw
    当方まだBluRay化して無いので、今年の元テープとHDVカメラお貸しするのでハイビジョンで保存して下さいwww
    あ、あと是非私設観測所もご検討くださいw×5

  16. >kawagさま
    ついに公表です(笑)
    まさか、こんなにたくさんのコメントを頂けるとは、感激であります☆
    消防団や組の仕事、これらも重要な仕事ですね!!
    消防団は4月から入団できるように…と、お願いしておきました。
    組のお仕事も…なにやら1年後には「組長」の役回りが我が家に回ってくるようで…
    え?もう?って気分なんですが(汗
    元テープとHDVカメラ!!願ったり叶ったりです☆
    もしあれば…我々の結婚式や披露宴の時のテープも…
    BDに落としたいところなのですが…(汗
    あと、私設観測所っすか!!!
    と…投資が…ガクガクブルブル。
    何やら、我が家の裏山にヘリポートができるのどうのって噂を祖父から聞いたので、
    見通しの良い広場が出来れば…私設とは言わないまでも、観測や撮影にぴったりの場所になるのかな!?と、ワクワクしてます。

  17. カミングアウト第一弾ですな。
    なかなかできないような決断、すごいよなぁ。
    いまでも十分人脈があるから大丈夫かな?
    年に1回だけ応援しにいきますよー

  18. けんたろうさんを育んだすべての方に対してのふかい感謝と強い決意を感じました。
    応援しています!!
    来月奥さんと息子さんに会えるのを楽しみにしていますね☆

  19. GOOD LUCK!!
    俺の見事なハンダ付けっぷりは
    きっと君の記憶に残っただろう
    君とはかなり距離が離れてしまうが
    またブログ等で元気な姿や近況を報告してくれ
    俺は俺で、元気な俺の生きざまを
    日記等で報告することにしよう
    元気でね  

  20. >しましょさま
    うっす☆
    第二弾はいつになるか…無いかもしれないっ!?
    決断というのは、常に「すべて」天秤にかけて…如何に早く傾きに気づくか!
    今回は、本当にそんな気分でした。
    毎年一回豊根に現れるしましょプロ。
    応援を!!期待しています。
    今度は、花祭りだけではなく…!?
    美味しそうな映像ソースがあったら紹介致しますので、是非ww

  21. >けいさま
    子育てお疲れ様です!!
    親バカ写真、拝見しましたよ(笑)
    旦那様には、正月の花祭り、楽しんで頂けましたでしょうか!?
    是非来年は…皆様で☆
    私も、村の方に落ち着くことに致しました!
    いや、たぶん、村の方が今より忙しいと思うので落ち着いてられないでしょうけど(笑)
    来月、妻も楽しみにしておりますので、宜しくお願い致します。

  22. >urayama先生
    THANK YOU!!
    先生とは入社当初の研修で…あれはもう、凄まじい記憶が今でも蘇りますよ(笑)
    ■kenta’s page!!: ミラクルはんだ付け~ファンタジスタKJの巻~
    ドロドロに溶解したはんだ付け治具は一生忘れません(笑)
    これからも、先生の女装趣味…もとい、元気な生き様を日記などで確認させて頂きます☆
    一度、村の方へも遊びに来て下さいませ☆

  23. けんたくん
    大変ご無沙汰しております、名古屋でお会いした浦野です。
    三沢の彼からけんたくんの帰郷話を聞いて、何故だかとても嬉しくなりました。
    僕も去年の春に転職し、豊田市の山奥の築150年(推定)の空き家をお借りし、林業に携わってきました。
    でもこの春、富山県に引っ越します。
    彼女の実家が跡取りがおらず、家も畑も山も空き家。
    そんな状態を放置して今の生活を続けることに違和感を感じ、彼女と結婚して彼女の家の跡取になることにしました。(もちろん林業も続けます)
    彼女も僕も、Iターン生活の中で(彼女はIターン歴9年!)、自分たちが進むべき道、ルーツを受け継ぐ、という道を強く意識するようになり、自然な流れでこのような話しができ、良いパートナーに巡り合えたとわたくしも感じてます(笑。
    30歳、お互い節目の一年になりそうですね。
    長文すいません、また彼女と豊根に行こうと思ってるので、その時は是非、飲みましょう!(笑

  24. >うらのさま
    ご無沙汰しております!!
    豊根帰省の際、至る所で浦野さんのお名前が出てきてビックリしましたよ。
    いつの間にやら、林業に携わっておられたのですね。
    金山で飲んだ時が懐かしいです。
    築150年とは、素晴らしい。
    そして、浦野さんも、この春、大きく一歩踏み出すことになるのですね。
    富山県とは、また遠くになってしまいますが…また再び浦野さんの噂を聞くことになるようご活躍をお祈りします☆
    これからの時代、Iターン人材の重要度も増してくると思います。
    彼女さんもIターン歴9年とは!!!
    やはり、気の合う仲というのは重要です(笑)
    末永く、お幸せに…そして、新たな土地を次世代へ受け継がれることを期待しています!!
    来村の際は、是非お声かけ下さい。
    飲みましょう☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*