葬儀というものは、何度体験しても慣れませんね。

気疲れが激しいです…。

伯父の葬儀が自宅にて営まれ、
数多くの方にご参列頂きました。

数多く…ホント、相当な数ですよ!!

古戸の入り口集落が自動車で埋まりまくりました。

法要を経て、喪主である従兄弟の挨拶時には、
すすり泣く声で溢れ…おいらも、ダム決壊。

従兄弟たちと一緒に、伯父の棺を担ぎ上げ、
霊柩車へと送り出しました。

東栄町の斎場へ到着し、最後の別れ。

息子も、いつも抱っこしてくれていた伯父さんに最後のバイバイ。

待ち時間の間、昼食となったんですが、
その際、■山のえかきさんとお喋りしてました☆

従兄弟を通じての親戚となるんですが、
親戚となる前から、おいらの父を始め、
豊根のその世代とかつては交流があったそうで…

当時のお話など、ちょこっとお聞きすることができました。

父たちの世代は、第1次Uターンブームというか…
村に帰ってきて、村おこしのためがんばっていた世代です。

おいらの中では、伝説的な世代です。

話を聞いててワクワクしました。

斎場を後にし、再び自宅に戻って3日7日の法要が終わると、
子連れチームはここで帰宅です。

ふはー。
何かやったというわけではありませんが、疲れました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]