群馬出張1日目

豊根に戻ってまさか群馬県に出張することになろうとは…

緑のふるさと協力隊くんと一緒に群馬県高山村へ向かいました。
現地での集合時間は13時ですが…

googleマップさんに聞いてみると6時間ちょっとかかるらしい
自動車で行っても電車で行ってもまったく同じ時間のようなので、
ここは経費削減のため体を張って自動車で行くことにしました。

出張コストは3分の1以下に抑えられます!!

ルートは2種類。

飯田からずっと高速で行くプランと岡谷から下道で行くプラン。
両者の所要時間はほぼ同じらしい。

一般道は渋滞の心配があったので、
行きは確実に時間に間に合うように高速を使うことにしました。

朝6時前に出発し、協力隊君を拾って天竜峡ICへ。
ただ、ひとつ、問題発生。

ふたりとも、朝から喉が痛い…。

か…風邪の前兆だろうか…
どちらかが風邪の菌を保有していたのだろうけど、
二人同時に発症なので犯人は不明です。

長時間運転になるので、こまめに運転を交替しながら
現地到着は予定より1時間早く到着しました。

やはり…google先生は余裕を持った時間を出していたか…
ってことは、電車を乗り継いでいくより格段に早いということ。

早めに到着したので、ドラッグストアで風邪薬を買い出しします。

高山村は全国でも珍しいとされる光害を制限する条例が施行されており、
ぐんま天文台と言って…なんと!!

150cmの反射望遠鏡があります!!

愛知県で最大級の御園天文台と名古屋市科学館の反射望遠鏡が60cm。
2倍以上の数値ですよ。
世界レベルで見ても大きい方らしいです。

アジア最大級って言ってたかな。

ただ、今回は時間の都合上立ち寄れませんので残念。

関東甲信越・東海ブロックに派遣されている緑のふるさと協力隊と
その担当者が一堂に会してフォーラムが開かれます。

高山村村長さんの話の中で、高山村は自治体の財政健全率を示す
実質公債費率という指標がが3%程度。
その数値は群馬県で最も小さい値とのこと。

数値が小さいほど借金が少ない自治体ということになりますので、
非常に健全な自治体運営が為されているということです。

しかし、一方で少子高齢化が進んでいる過疎自治体でもあり、
活発な村作りを推進するために緑のふるさと協力隊事業や
地域おこし協力隊事業(総務省)を導入しております。

豊根村でも各1名ずつ導入しておりますが、注目すべきはその数。

高山村では各2人ずつ。
4人もいらっしゃいます。
そして、全てが女性。

Iターンの若者だけによる起爆剤効果を期待しているようでした。

まずはイントロダクションとして、全員でたかやま編みにチャレンジします。
指先を使った繊細な編み物で、材料は竹の葉っぱを乾燥したものです。

これが…しんどい(汗

何がしんどいって、中指の骨折です。
慣れるまでは必死。

指先に神経を集中して作品を仕上げてみました。

ま、指を骨折していない緑のふるさと協力隊くんより上手にできたからいっかww

こんな風に、手軽に体験できるプログラムって良いですね。
そこまで珍しい伝統芸術でもないと思うんですが、
観光客が体験するには時間的にもちょうど良い。

本日の仕事的なところは割愛させて頂きまして…

舞台は夜の懇親会へ移ります。
豊根でいうと若者センターの様な場所に移動しまして、
酒を交えての情報交換会です。

おいらは指が痛くなるのでアルコールは控えめに…。

同じく東海ブロックから来られた旧引佐町や旧佐久間町の方、
南アルプスの向こう側にある川根本町の担当さんと定住促進や観光資源など。
先輩方のお話は勉強になります。

皆さん、だいぶお酒が進んできたところで、
私と協力隊君は部屋へ戻って小道具を持ち出します。

それは…

ギター。

いろんな自治体が参加しているこの場で、豊根PRをっ!!

私も練習しまして、サプライズイベントとして
「豊根あんじゃない」を二人で歌いました☆

「おっ!!骨折!!」
とか、
「おまえら、ゆず!!ゆず歌って!!」

と、声援(笑)が飛んできます。

協力隊員は、この日のために…

昨夜1曲、作曲してきたってんだからスゲーっす。

ふたりとも、喉が痛くてたまらないのにがんばった!!
しかし、どんどん寒気も高まってきたので…寝ることにしました…

男衆は、全員大部屋で雑魚寝です。
早めに布団に入る者の宿命として…

全員分の布団を敷いておきました。

皆さんに風邪菌を振りまかなければ良いのだが…。

喉の痛さでなかなか眠れないのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*