ついに…

ついにこの日がやってきました!!!

歴史的瞬間、金環日食。

それが、私の誕生日。

昨夜はワクワクしながら床につき、
朝5時半頃起床して空を見上げて衝撃を受ける。

く…曇っている…。

 

冷や汗がタラタラ。

 

急いで、ネットで晴れている場所を探さなきゃ!!
と、まずは茶臼山のライブカメラをチェック。

どうやら、茶臼山高原も雲に包まれている様子。。

 

それでも、晴れ間を探して出かけるべく、
妻子と共に出かける支度をします。

すると、空の様子が変わってきて、晴れ間が見えてきましたよ!!

茶臼山のライブカメラにも、晴れ間がチラホラ。

よし!!!
今日は茶臼山高原の芝桜の丘へ行こう!!!

 

車に乗り込み、茶臼山高原を目指して走るなか、
徐々に大陽も欠けてきているようです。

妻が車内から日食グラス越しに大陽を観ては、

「欠けてる!!欠けてる!!」

と、興奮した声が聞こえてきて、
息子からは…

「お月様!!」

って声が聞こえてきます(笑)

 

まだ駐車場の開門時間ではなかったので、
東側が開けていそうな「やまなみパーキング」へ。

既に、日食観測機材を持った方々で溢れていてビックリ。
ここで観望した後、芝桜の丘へ登るようです。

そろそろ駐車場開門時間の午前7時。

駐車場入り口へ向かうと、既に入場待ちの行列ができていました。

駐車場に車を止めると直ぐに機材の準備を整えて
冬場はスキー場のゲレンデになっているところを息子抱えて登ります!!

やばい!!!

あと20分で金環になっちまう!!!!

機材と息子。

妻と交替しながら背負っていくんですが、
さすがのゲレンデ斜面。

走ると足が直ぐに棒になります…。

どうにかこうにか、芝桜の丘へ到着した時は金環一歩手前!!

日食グラスをかけて、まずは観望チェック☆

DSC_2802

息子はまだ、「おちゅきさま」って言っています(笑)
それもそのはず。

グラス越しにはこんなものがみえますから、お月様に思えますよね。

DSC04317

そして…

ついにこの瞬間です!!

559385_314642195277112_100001940037182_721439_1434062937_n

美しいリングが天に。

予想通り、周囲はそれほど暗くなりませんでしたが、
同じく芝桜の丘で観望していた皆様から、

「リングだ!!!! リ ン グ !!」

興奮した声が響きわたっておりました☆

これも数分の間のみ。
まさに、世紀の一瞬ですね。

美しいものを観ました。

 

金環食では大陽がかなり明るいままの状態のため、
地上とは明るさレベルが違いすぎて、残念ながら芝桜と日食のセットは撮影できません。

雲に隠れた瞬間を狙って、このレベル。

DSC04370

空の袂に見えるのは、芝桜の丘最頂点です。
雲の中に三日月型に欠けた太陽が見えるでしょうか。

また、三日月型に欠けた太陽によって、
もうひとつ面白いものを観ることができます。

DSC04355

何て書いてあるか分かりますか!?(笑)

と ・ よ ・ ね

の三文字が三日月型で表されています。
これ、種明かしをすると…

DSC04339

紙にペンで穴を開けただけのものですが、
丸い穴を通った光が三日月型に。

むしろ、こっちの方がわかりやすい不思議さがありますね。

リングタイムも終了し、徐々に元の姿へ戻っていきます。

DSC04336

一方で、芝桜の丘はどんな感じなのか!!!
まだ日食の最中ですが、花々は何も知らないかのように咲き誇っています。

DSC04408

青空と花畑のコントラストも大変美しい。

DSC04421

さあ、金環タイムが終わって落ちついたところで、
昨夜の誕生日ケーキを、ここで頂きます☆

DSC04415

金環食を見終わって、芝桜を愛でながら誕生日ケーキを食べる。
なんと贅沢な瞬間だろうかっ☆

まだまだシーズンはこれからですが、
下の全景が華やかに色づいてくる頃、是非訪れてみて下さい!!

DSC04431

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]