在サウジ大使再来村1日目

本日から在サウジアラビア日本国大使館へ駐在されている
遠藤特命全権大使が昨年の12月に引き続き、再来村されます!!

↓昨年末御訪問時の記事↓

■武田先生講演とサウジ大使来村 – kenta’s page!!2011

■駐サウジ大使来村2日目 – kenta’s page!!2011

が!!!しかし!!

祖父の逝去もあり、先週水曜日からバタバタしていて、
御来村に向けての準備が完全停滞(汗

よって、朝一番から関係各所と詰めの協議を行い、
走りまくって汗だくで、さらに大雨が降ってくるわで、
今日のスケジュールに大きく影響しそうで超焦る!!!

大使が正午に豊根村へ到着されるので、
それまでに二日間の訪問プログラムの最終協議を終わらせなくては。

で、9時半に職場発でお迎えの皆様が出られるので、
まずはその方々との最終打合せ&伝達を実施。

そんでもって、職場の中での最終打合せと伝達を実施!

どうにか、ギリギリで間に合うか…。

お昼ご飯をかき込む間も、電話で関係各所へ連絡!
よし!

オッケー!

満を持して、パルとよねで昼食を取られている大使をお迎えに上がります☆
なんだか、既に達成感がありますが、本番はこれからです(笑)

パルとよねに到着してお待ちしていると、
一緒に食事されていた上層部の方々が出ていらっしゃったので、
お話をしていたところ…

ポンッ☆

と、肩を叩かれ…

振り返ると…

「坂本くん、お久しぶり!元気でやってるかい?」

おっとぉ!!
遠藤大使!!

もうちょっとフォーマルに再会を果たすイメージをしていましたが、
なんともフランクな始まり(笑)

大使には、サウジアラビア渡航時、日本大使館へ訪問の際、
歓迎レセプションを開いて下さり、私的には4ヶ月ぶりの再会です☆

大使を職場まで送り届けまして、
村長室にて意見交換会が始まります。

その中で…

今回の訪問の一番の目的、
これまでサウジとの交流活動を続けてきた豊根村民に向けての大使表彰式!!
村長さんと豊根村サウジアラビア交流促進委員会長さんへ
表彰状の贈呈が行われました☆

DSC03379

DSC03392

贈呈後、意見交換会です。

まず大使から
人口1300人弱の村で、国際交流が続けられてきていることに驚かれているとのこと。
委員長や私がサウジに渡航したことも合わさって、
サウジでも豊根が有名になりつつありますよ。

と、嬉しいお言葉を頂きました。

また、最も驚かれたのは、豊根村と南三陸町の間で交流があること。

私が豊根へ戻る直前のことですが、
豊根の皆様が東日本大震災直後に村内物資を集め、地元業者が中心となって
物資をトラックに載せて南三陸町まで運んだのは有名な話です。

一方で、東日本大震災におけるサウジからの支援を契機に
今年5月には南三陸町の訪問団がサウジを訪れたそうです。

サウジと交流のあるのが、調布市、南三陸町、豊根村

不思議な御縁です。

そこで、大使から、是非とも南三陸町-豊根村-サウジ
三角交流ができると良いですね!!
とのお言葉を頂きました。

かねてより大使がおっしゃっていましたが、
サウジと日本の間でビジネス交流は盛んであり、
大きなプロジェクトは非常に目立つけれど短期的。

一方で、豊根村の交流のような小さな交流は目立たないけれど、
長期的視点に立つから意味があると。

その観点から、今回の表彰に至ったそうです。
今後も、是非とも続けて欲しいという願いが込められていました。

村長さんからも、行政主体だと担当が変わる必然があるため、
どうしても交流自体が長続きしなくなってしまう。
だから、交流委員会という永続的な民間団体にお願いしている。

村の子どもたちが将来への視野を広げるようなものになると嬉しい。

そうおっしゃっていました。

今後のことについても話し合いがありましたが、
ここは不確かな情報になってしまうため割愛します!

意見交換会が終わると、
これまで豊根村に来たサウジ留学生が訪問した
村内各所をご案内させて頂きます。

私が運転手を務め、大使、交流委員長と共に
まずは新豊根ダムへ向かいました。

DSC03417

サウジの方達にとって珍しいのが大量の水、
そして緑に囲まれた風景。
よって、交流プログラムに何度か新豊根ダム見学が入っていました。

ダム管理所からは所長直々にご対応下さり、
先日、私が参加したダム見学ツアーに則ってご説明下さいました。

■新豊根ダム見学会と村納涼祭 – kenta’s page!!2012

入り口にはサウジ留学生が訪問した時の写真や
当時出た質問などが展示されていて、
ダム管理所の方の粋な計らいに大感謝!!!

さらには、サウジの衣装が展示されていたりして、
何故ここに!?と、驚かれている様子も(笑)

そして、見学ツアーには無かった、みどり湖の巡視体験も☆

DSC03481

こちらは巡視艇。

観光用ではなく、湖面に浮く流木などがゲートの障害物にならないように
取り除いたり監視を行うための船です。

DSC03467

湖面から堰堤を見上げるという不思議な光景です。

もちろん、サウジ留学生が来た時にも巡視体験をされていて、
今回は大使にも体験して頂きました。

ってか、私自体も、初体験(笑)

豊根大橋近辺まで船で移動しましたが、
こりゃ早い!!
湖岸道路はクネクネしているので自動車だと10分以上掛かる距離。
ものの数分で到着。

直線移動ですしね。

DSC03477

ザンザン降りだった大雨も、屋外ダム見学の時間だけは止んで、
山々から煙る水蒸気で、より一層幻想的な雰囲気に。

天気も味方についてくれたようです☆

私自身も貴重な体験をさせて頂き、
ダム管理所の方々には本当に感謝!!
また、サウジ学生が来た時にはよろしくお願い致します!

そうそう、今回は、いつもサウジ留学生交流をサポートに来て下さる、
在京サウジ大使館関係者の方もいらっしゃいました☆
要は、サウジ政府側の関係者の方です。(日本人です。)

豊根通です(笑)

ダムを後にすると、
大使を今日の宿泊先へお送り致します。
車内でも、いろんなお話をしました☆

宿は…もちろん!!
サウジ留学生との交流拠点になっている清水館です。

女将さんが出迎えて下さいました。

「お久しぶりです」

という言葉と共に☆

さあ!ここでようやく時間が作れそうなので、
清水館に車を停めたまま、某新聞の記者さんへ本日の表敬訪問や
意見交換会、表彰式について電話で内容を伝えます!!

間違ったことを記事にはできないので、
村長室で必死にメモした文章を眺めながら情報をお伝えします☆

明日の朝刊に掲載されたらうれしいなっ☆

一方で、職場では同僚に今日撮影した表彰式の写真を
記者さんへメールで送ってもらいました!

んで、大至急、職場へ戻って公用車を返却し、
再び清水館へ向かいます!

今夜は大使を囲んでの食事会☆

村長さんや交流委員長を始めとした交流事業関係者。
そして南三陸町から豊根村へ来ている若者お二人にも
参加して頂きました!!!

まさに、三角交流。

交流委員長は、南三陸町支援の陣頭指揮を取った方でもあり、
震災当時の話が話題の中心に。
私も知らなかったことが多く有り、大変勉強になりました。

清水館での夕食会が終わり、解散。

ここから、私は交流委員会の方と明日の行程検討と
今後交流事業に関する打合会が始まりまして、気付いたら午前1時前(汗

だいぶ前から準備していたにせよ、
急ごしらえの部分も多々あって、一日中冷や汗たっぷりでした。
でも!なんとかなってよかった!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください