サウジ御一行様歓迎レセプション

今夜は東京。

豊橋から新幹線に乗って。
パソコン持参で仕事を進めながら☆

まさに流行言葉の「ノマドワーキング」スタイル(笑)

スマホのテザリング機能を使えば、
どこにいてもパソコンでネット環境にある…すなわちメールのやりとりが可能です。

ま、それが良いのか悪いのか(汗
移動時間を有効に使えるので、良いとしておこう。

さて、何故東京かといいますと…

只今、サウジアラビアから青年団が日本へ来ております!!
10日間滞在して、日本文化や経済に触れたり、日本の若者との交流があります。

私が年度替わりの時にサウジへ行ってきましたが、
その逆バージョン。

サウジへ行った時、向こうで我々を歓迎するレセプションを開いて下さり、
現地の若者たちとの交流がありましたが、
今回はその逆バージョンのレセプションが、東京プリンスホテルで開催されました☆

ちなみに、私がサウジ滞在時に更新していたブログ記事はこちら。

  • 03/30-金 サウジアラビア訪問0日目
  • 03/31-土 サウジに到着しました
  • 03/31-土 サウジアラビア訪問1日目
  • 04/01-日 サウジアラビア訪問2日目
  • 04/02-月 サウジアラビア訪問3日目
  • 04/03-火 サウジアラビア訪問4日目
  • 04/04-水 サウジアラビア訪問5日目
  • 04/05-木 サウジアラビア訪問6日目
  • 04/06-金 サウジアラビア訪問7日目
  • 04/07-土 サウジアラビア訪問8日目
  • 04/08-日 サウジアラビア訪問9日目
  • 04/09-月 サウジアラビア訪問最終日
  • 改めて読み返してみると、やっぱりハードな旅だった…

    この日程に一緒に参加してサウジへ行ったメンバーが招待されており、
    久しぶりに皆に会えるかと思うと嬉しくてたまりません。

    東京プリンスホテルへ到着すると、後ろには東京タワーがそびえ立つ。

    DSC02027

    サウジは王国だけあって、「プリンス」ホテルが会場なのか??

    余裕を持って来てみたら、会場には外務省の方がお二人のみ。

    うち、おひとりが担当の方で、以前一緒に飲んだりしましたが、
    久しぶりの近況報告など、ゆっくりお話しできてよかった☆

    やっぱ、早めに行ってみるもんですね。
    その方と、一緒にエレベーターに乗ったら、香水の香りが。

    懐かしい香りだ…。

    外務省の方も、
    「彼らが乗ったって、直ぐに分かりますね(笑)」
    と。

    徐々に参加者が集まり始め、メンバーも揃ってきました!!

    やっぱり、あいさつは

    「アッサラーム アライクム」

    そして、固い握手です。
    渡航していた時を思い出します。

    そして!!!
    日本青年団メンバー同期の胸元には…

    DSC01730

    なんと、サウジ渡航時に配布した、
    とよねサウジ交流バッジを胸元に付けてきて下さっています!!!

    「当然でしょう!!!」

    と、心強いお言葉(笑)

    メンバーには北海道や新潟在住の方もいます。

    「遠い所から…お疲れ様!!」

    と、言うと、

    「豊根村の方が時間距離は遠いでしょ!!!(笑)」

    と、返されます(笑)

     

    そして、レセプションが始まりました!!
    外務省の方からの御挨拶を経て、今回の青年団団長から御挨拶。

    DSC_1238

    思いっきりアラビア語だったので、同時通訳が入って下さっていました。
    じゃないと、私…分かりませんっ(汗

    もちろん、本日のレセプションにアルコールは出されませんっ!!
    ソフトドリンクを片手に、いろんな方とお喋りします。

    料理はもちろん、ハラール(イスラム教上、食べられる食べ物)が
    しっかりと考慮されており、ビュッフェ台にはハラール認証済みを示す
    書面が並べられていました。

    ちなみに、イスラム教ではアルコールは禁忌です。

     

    とある仕事で大変お世話になった外務省の方もいらっしゃって☆
    しーーっかりと、お礼の言葉を述べさせて頂きました。

    そしてそして!!! とよねサウジ交流で、
    いつも大変お世話になっているアラブイスラーム学院の方も会場に!!!

    豊根で会う回数が多いので、不思議な気分になります。

     

    日本のサウジアラビア関係者の方々も数多く参加されていましたが、
    その方が、私を皆さんに紹介して歩いて下さいました。

    皆さん、豊根村を良く御存知です。

    すげぇ。

    豊根とサウジの交流を説明するために…と、資料も持って来ていましたが、
    それが登場するまでもない程です。

    また、サウジ滞在中に現地在住としてお目にかかった方が帰国されていて
    日本では初めまして!!ってことも。

    多くの方と、帰国後からFacebookでやりとりをしているため、
    まったくもって久しぶりな気がしませんが(笑)

    SNS恐るべし。
    遠く離れていても、距離を全く感じさせません。

    日本とサウジの地理的距離をも同様です。

     

    ちなみに、日本青年団メンバー同期のうち2人は、つい先日サウジへ再渡航してきたと!!
    きっかけはやはり、この青年交流。

    すげえな。
    今日、何度も話に出ていたけど、サウジって入国がとっても難しい。

    アラブ諸国をたくさん旅している方でも、
    サウジにだけは行ったことが無いという話を良く聞きます。

    そんな中、我々は貴重な体験をさせて頂いていたのだと、
    改めて実感します。

    そして、交流を続けている豊根の交流委員会の皆様はホントにスゴイ。

    スゴイと言えば、日本青年団メンバーでひときわ異彩を放つ人物がおります。
    サウジで抜刀術を披露していたこの方。

    DSC02013

    そう、今日はサプライズで、現地購入の民族衣装で登場。
    彼曰く、

    「招待状に平服とあったから、普段着で来たまでです。」

    とのこと(笑)
    さすが。

    サウジ青年に完全に溶け込んでいました。

    また、腰には…

    DSC02013

    これまた、現地で購入した短刀が!!!

    恐るべし。

    また、日頃の稽古で使っている日本刀(模造)も登場。
    サウジの皆さん、一斉に

    「サムライだ!!」

    と。

    そんなサムライと、サウジではマイクロバスツアーで一緒だった
    キングサウード大学の方と、豊根村PRです。

    DSC02022

    同窓会的な雰囲気の中、また新たな出会いもあり、
    心にしっかり刻まれたレセプションとなったのでした。

    名残惜しいもので、サウジ青年団が帰った後も会場でうだうだしてました(笑)

    係員の方に迷惑がかかってはいけませんので、
    場所を変えて2次会ですっ!!

     

    そこではまた、アラブ世界の話から始まって
    ビジネス交流の話、はたまたサウジアラビアと豊根村でコラボして
    どんな村おこしが想像できるのか。

    空想的な話で大変盛り上がりました。

    ひとつは観光ビジネス。
    サウジの方は石油の恩恵により豊富な資産を持つ方が数多くいらっしゃいます。
    その資産運用として豊根への観光ルートの開発。

    アラブ世界をよく知る彼らに聞くと、自然豊かな豊根村というのは、
    かなり魅力的な観光地であると。
    そこにプラスアルファとして神社と融合したモスクを作ってみてはどうか?

    他の宗教と融合したモスクは中国や韓国にあるそうで、
    仏教との融合であったり、その融合自体が特殊性を持って
    ムスリムの方が訪問する動機になるそうです。

    イスラムは決して排他的な宗教ではなく、
    他の神を信仰する人々を尊敬するといいます。

    まったく、想像だにしなかった視点なので、刺激的でした。

    帰途に着く途中、そびえ立つ森ビルに東京タワーが映し出されて、
    そのものを見るよりも幻想的な光景に出くわしました。

    DSC02024

    よく見ると、奥のビルにも移っていて、東京タワーが複数に!!
    スカイツリーも良いですが、このオレンジ色の輝きって良いですね☆

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください