武田研後輩結婚披露宴

私が大学&大学院時代に所属していた武田研究室。

同じ釜の飯を食った後輩がめでたく結婚!!

覚王山にある松楓閣という国の文化財建造物として登録されている料亭にて
結婚披露宴が行われると招待を頂いたので朝から名古屋へ☆

覚王山の住宅街でウロウロと駐車場を探すけれど、
一方通行だらけのためグルグル同じ所を巡ったり(汗

結局、正面入り口にたどり着くと、手招きされて重厚たる門構えをくぐり抜け、
玄関横に直づけ。

料亭の方がキーを預かって駐車して下さると。

ほほぉ。サービスが高級ですよ。

DSC03116

和装がとても似合いそうな入り口です。
右側で先日結婚式を挙げた後輩が変な顔していますが(笑)

DSC03117

案内されるがままに中へ入っていき、受付を済ませると…
迷路のような館内を案内されて、控え室という場所へ行き着きました。

DSC02888

そこには、先着の武田研メンバーの方々。
なんと、この部屋は武田研究室メンバー用の待合室だそうですよ。

披露宴が始まるまであと30分ほど。

それまでの間、この空間で談笑します。
窓の方へ目を向ければ、なんとも趣のある風景が。

DSC02887

建築方法が特殊だそうで、まず庭を造ってから建物が作られたそうなのです。
庭を造ってから建物ってのが非常に難しいそうですが、それだけ庭に重きを置いていると。

心静まりますね。

茶菓子を頂きながら、今日の席次表を眺めていると…

DSC02894

ガラガラガラ。
案内されてきたのは、我らが恩師、武田先生

やっぱ、一瞬緊張が走りますね(笑)

パブロフの犬でしょうか。
超厳しかった学生時代の記憶が蘇るからでしょうかww

着席して早々、武田節が光りまくります。
そこにいた同期や後輩には某大手自動車部品メーカー勤務や
世界的電機メーカー勤務の人がいましたが。

今の日本のものづくりは、例えば

・車にエアコンがあって当たり前
・テレビは映像が映るモノ

固定観念がすり込まれていて、まったく新しい概念を作り出す力が弱い。

日本の得意技として「カイゼン」とか改良技術などが挙げられているが、
如何に良くするかというのは、まさにそれ。

そうではなく。

 

・豊根村は人口の少ない田舎で何もないところ
・いかにして人口を増やすか

そうではなく。

 

全く新しい価値観を創造すること。

 

豊根村の例だと、価値観によっては人口が減った方が良いなんて極論もあり得る。

日本のものづくりから、話が突然、豊根村にシフトされていましたが(笑)

一流企業で仕事をするよりも豊根村の方が良いと!!ww

武田先生と、カメラ談義で盛り上がりました。

 

さて、時間が来て、披露宴会場へ案内されました。
見て下さい!!この天井、そして欄間。

DSC02922

美しい、日本の美。

そして手元には和装で着飾った新郎新婦の可愛いイラスト。

DSC02896

武田先生と当時の助手さんは来賓席へ。
我々は、そのとなりの武田研専用テーブル。

誰の披露宴でも、毎度、来賓テーブルの横に武田研専用テーブルが用意されます。

固定観念として、新郎新婦は入り口から入場すると…
そちらに視線を送っていましたが、さすがは固定観念を打破する新郎!!

舞台の緞帳が開く音と共に…

DSC02900

新郎新婦登場!!
バックには松の木と金屏風。

そして…ちょっと照れながら新郎がおもむろに…

DSC02905

番傘を開いた!!!

さらに、背後には桜吹雪ですよ!!!!!!!!!!

DSC02908

桜吹雪と共に、かなり恥ずかしそうだけど幸せそうな新郎の笑顔☆

祝福の拍手と共に新郎新婦席へゆっくり進みます。

まず、来賓の御挨拶から始まりました。
トップバッターは、新郎が働く名古屋大学某研究室の教授。

新郎の上司です。

単なる言葉の挨拶に終わりませんでした!!
なんと。

上司の御挨拶で、職場からのおめでとうメッセージビデオ上映です。

もちろん、職場が職場だけに、研究室に所属する教え子たちが
後輩の名前に先生を付けて呼ばっておる。

そうだ、後輩は先生だった。

そしてそして!!
更なるサプライズ、研究室の学生たちが舞台上に登場!!

DSC02914

この瞬間のためだけに会場へ来訪!!
大学から会場までが近いから為せる技かww

まだ、これ、来賓御挨拶一人目ですが。

新婦側も元上司の方が御挨拶され、
乾杯の御発声は、新郎が博士課程を過ごした東京大の教授。

来賓挨拶超長いww

でも、面白いです。

しかし!!まだ、あの御方が出演されていないじゃないですか!!

我らが恩師、武田先生。

乾杯直後、司会者の方のトーンが変わりました。

先ほどまでの来賓紹介と、明らかに声色が違いますwww

ついに、御登場。

DSC02927

立て続け挨拶、とりとなる4人目!!を飾った武田先生です。

ホンマでっかワールドが展開されます。

人類を存続するためには子どもを二人作り育てていく必要がある!

いや、これは必要では無く義務である!

女性が子育てに専念できるように、
男性はしっかりと生活の糧を稼いでくること。

笑いながら…

まあ、子どもが生まれたら男性は必要無いので死んだ方が良いんですけどね。

披露宴でそれを言いますかっ!!(笑)

しかし、今回は珍しく教え子をべた褒めしまくりでした☆
彼は必ず、ノーベル賞を取るでしょう!!と。

来賓挨拶でおしまくった時間を取り戻すかのように、
ここから怒濤のイベント嵐が続きます。

いつの間にか舞台上に用意されていたのはこちら。

DSC02929

兄弟と共に、鏡開きです。

DSC02936

それを、会場の皆様に振る舞い酒☆
私は残念ながらドライバーのため飲めず…。

雰囲気だけ、味わわせてもらって♪

DSC02953

皆に酒が行き渡ったかと思えば、今度は別の場所で人だかりができはじめました。

DSC02965

その中心にあったのはこちら。
美しく飾られた和菓子たち。

DSC02967

そこへ…ケーキ入刀ならぬ、焼き印入刀です!!

DSC02970

焼き印が押された鶴の形をした和菓子には、
「寿」の文字がクッキリと残されています☆

DSC02974

新郎らしい「和」を基調とした披露宴で、和テイストの会場、和装で鏡開きはもちろん、
デザートは和菓子という徹底ぶり!!良いですねぇ~。
武田研が幹事をしていた伝統材料研究会も大好きだった新郎ですし☆

DSC03089

ここで新郎新婦は両親と共に中座します。
ようやく、会場も落ちついて食事が取れる雰囲気となりました(笑)

ここまで1時間ほど、食事をする暇が無いww

武田研テーブルでは、酒を酌み交わしまくって皆さん、相当に酔っ払ってきました。
なんだか、ここだけ、披露宴というよりも2次会のノリになってきています。

いつ、ビールを頭から掛け合ってもおかしくない雰囲気。

シラフの私は、ついていくのが大変です(汗

そして、武田研関係者の結婚披露宴では恒例となった…
武田先生写真撮影会。

披露宴に参列している皆様が次から次へと
武田先生との記念写真を求めていらっしゃいます(笑)

もう、誰が主人公なんだかわからない。

それが一段落すると、いつも通り先生が武田研学生テーブルへいらっしゃり、
空いている席へ座られるため、ある種の椅子取りゲームが始まりますw

新郎新婦が衣装を替えて再入場するも、お構いなしに酒宴が盛り上がっています。

そして、せっかくなので武田研究室一同と新郎新婦で記念撮影☆

DSC03048

東京大、名古屋大の教授にも混じって頂きました♪

撮影を終えた次の瞬間。
武田先生が鶴の一声。

 

「胴上げだ!」

 

先生の指示は絶対です(笑)

DSC03051

同期に抱えられる戸惑いまくりの新郎(笑)
そして…

DSC03058

宙を舞います!!!

酩酊状態の人たちに抱えられて、
さぞかし命の危険を感じたのではないかと推測されます。

 

胴上げを終えて、息を切らしながら皆で席に戻ろうとすると…

 

既に着席済みの武田先生。

あれっ!?
いつの間にww

声だけ掛けて…(笑)

 

新郎新婦手作りのプロフィールビデオが上映され、

宴会も終わりが近づき、新郎が所属していたサークルの皆さんから
新郎へのメッセージビデオが上映されます。

「皆様お気づきかと思いますが、本日3本目のビデオ上映です。」

「お腹いっぱいかと思いますが、ご覧頂ければ幸いです。」

思ってみれば、3本目のビデオ上映か。
食事を取りながら見ていると…

 

新郎サークル友人と並んで、私がビデオに登場。

あ!!
そういえば!!

先月参加した、前の会社の同期の結婚式二次会の時、
一緒だった会社同期が、本日の新郎とはサークルの友人という繋がり。

一緒にメッセージを送ろう!!って、酔っ払いながら動画撮影したんだった(笑)

武田研メンバーからは、
「なんで、さかもっちゃん映ってるの!?」
という、ある種のサプライズでした☆

ビデオ上映も終わり、新郎新婦から御両親への花束贈呈と新婦から手紙の朗読です。

とその前に、武田先生が司会者の方へお酒を注ぎ始めました。

これ、実は恒例。

終盤にさしかかると、先生が司会者の労をねぎらおうと、
司会者さんへお酒を注ぎ始めるのです。

司会者さん、超嬉しそう。

感動のひとときを、私は袖を引っ張られてこんなところにいました。

DSC03071

新郎が来場の皆様へお礼の挨拶をしている間、
普通は会場が静まりかえって耳を傾けるもの。

常識にとらわれないのが武田研究室。

武田研テーブルだけ、宴会が続いているんですが…(汗

「いよっ!!! 新郎っ!!」

掛け声も、響きわたります(汗

最後に、二人へ向けて会場全員から大きな拍手で幕を閉じました。

DSC03084

幕を閉じたものの、最後まで粘って、全然会場から出ようとしない武田研メンバーww
名残惜しいものです。

また、次回は誰の結婚式で会えるかな。

さて、私は名古屋まで来たのでいろいろと用事を済ませます。
まずはネッツトヨタへ行ってウィッシュの半年点検。

んで、年末だし…花祭りに向けて頭を軽くしたいので散髪へ。

そういえば、先回も結婚披露宴の後で散髪していた気がしますが。
夕食に大好物の鶴亀堂博多ラーメンを食します。

DSC_1292

日進市の本店に来たのは初めて☆

楽しく、大変盛り上がった1日でした!!!

新郎新婦のおふたり、末永くお幸せに。
また、大学へ遊びに行きます。

豊根へも遊びに来てね。

“武田研後輩結婚披露宴” への6件の返信

  1. こんばんは。
    相変わらず、と言うのも失礼かな、武田研究室メンバーの結婚式&披露宴は特色あるね。
    ⇒kentaの表現力も多分にあると思いますが★
    毎回読ませていただいて、毎回参加させて欲しかったと思ってます。
    (武田先生がいらっしゃる事を除いても、だよ)
    今回の会場もまた趣あって凄いですね。
    なんつうか、僕では考えもつかなかったプランだろうなぁ…。
    私事ながら、風邪ひきまして、暗黒郷と花梨にうつしてA級戦犯並の扱いです。
    ⇒本当、百害あって一利なし状態…情けない…(>_

  2. こちらでは35年ほど前長唄の発表会をいたしました。観客でしたが。来たるべき息子の披露宴(予定なし、お相手なし)ですがここでやろう!と今決めました。

  3. 先日は、披露宴に来て下さりありがとうございます。披露宴が始まるとイベントが立て続けで、全く周りを見る余裕がなかったのですが、皆さん楽しんでくれていたようでよかったです。
    ありがとうございました!また豊根も行きたいです。

  4. >ウェスさま
    独特の個性豊かさのある披露宴でした(笑)
    まず、武田研を選ぶ学生ということで、ある程度変わった人が集まってきますので、
    先生がいなくとも変わった雰囲気であることは間違いありません(汗
    新郎は、大学から近いから、忙しい中でも準備しやすいということで
    この会場を選択したそうですが、それにしてもセンスあります。
    それにしても…
    A級戦犯ですか(汗
    子どもに移すと怒られそうですねぇ…
    私も、そうならないように本日インフルエンザの予防接種を受けてきました☆

  5. >dj-chakoさま
    おお!!chakoさんもこの会場を利用されたことがあるんですね☆
    既に息子さんの披露宴会場を決定されるとは(笑)
    まあ、イケメンの息子さんですから、お相手は直ぐに見つかるでしょう!!というかもういるかもしれませんよ♪
    存じ上げませんが。
    そのときのchakoさんレポートを楽しみにしています。

  6. >Tomonagaくん
    これはこれは!!!新郎自らコメント有り難う御座います!!
    こちらこそ、素晴らしい披露宴へご招待いただき、ありがとうございました。
    あれだけ密度の高い披露宴だと、周りを見る余裕が無いのは当然です(笑)
    次から次へとイベントが始まって、びっくりだったよ。
    武田研テーブルは、楽しみすぎた感がありますが(汗
    御両親の武田研への印象が変わったのではないかと心配しております。
    末永く、お幸せに☆
    いつか、本場の豊根村の花祭りを見に来て下さいね☆
    名古屋大の野依記念館では毎年エキシビジョンを行っておりますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください