同期北海道スキー1日目

今日は、1日かけて北海道へ飛びます。

この時期に北海道へ飛ぶということは、
もちろん!スキーであります。

生まれて初めての北海道。
ずーっと行きたかったところ、感激です。

ほぼ毎年、前の会社のスキー好き同期と一緒に、
長野やら新潟やら滑りに行っていましたが、
まさか今年のゲレンデが北海道になろうとは。

あくまでスキー好き。
ボードは禁止です(笑)

いつもの出勤と同じ時間に自宅を出発。

幹事同期の家に向かい、そこに車を置かせてもらって、
他の同期を拾うため、大府、刈谷をぐるっと回っていましたが、

なんと!!

幹事同期さん、いつの間にか車を新調。
それも…

スバル フォレスター。

このまま、車で北海道に行ってしまいそうな勢いですが(笑)
さすがは東北生まれ。
クルマは完全に雪国仕様でした。

一ヶ月ぶりのセントレアへ到着し、まずは腹ごしらえ。
さあ…何を食べようか…。

男四人が揃えば、その答えは必然的に「ラーメン」に行き着きます。

これから寒いところへ行くことだし。
というわけで、選択の結果は味仙の台湾ラーメン。

小ぶりの器にたっぷりの唐辛子と挽き肉。

少なめのスープに、しっかりと麺が入っていて、 
かなり辛いけど、うまい!

汗を吹き出しながら、食べ終わると、熱くてしょうがないので、
スカイデッキに出て涼みながら、駐機されている飛行機を眺めて風に当たりました。

保安検査場を抜けて9番ゲートに到着すると、
怪しげなアナウンスが流れております…

なんと、整備に時間がかかって20分遅れの出発になり、
15時30分の到着になるとのこと!!

うはぁ。

千歳空港からニセコに向かうバスを予約していましたが、
バスの出発時間は15時30分。

バス会社に電話してみたけれど、路線バスなので待ってはくれない。

往復で購入するとリフト券が付いて安いバスだったんですが、
断腸の思いでキャンセル。

遅いバスを探そうと、全員ケータイで検索しまくったり、
ゲートのパソコンでネットから探そうとしたけれど、時間切れ。

登場時間となってしまったので、搭乗ゲートをくぐるんですが、
どうも、納得いかないので、ANAの方に直談判してみました。

すると…!!!

我々が空を飛んでいる間にバスのダイヤを調べて、
到着した時、千歳空港の係員さんが案内してくれるように
手配しておいて下さるそうなんです。

機上ではネットが見られないので、あとは任せた…。

あいにくの曇り空でしたが、雲を抜けると美しい青空。
癒やされます。

眩しいけど。

DSC05669

ANAの機体なので、翼のワンポイントブルーが青空に栄えて綺麗でした。

DSC05670

ルンルン気分でノンビリ機内を楽しみ、
1時間ほど経過して着陸態勢に入るかと思われたそのとき!!

悲劇のアナウンス。

「千歳空港が除雪作業のため、これより40分間閉鎖されます。」

え。

「なお、当機の前に十数機着陸待ちの機体があるため、
一時間以上、上空で待機する必要があり、会社と協議して
着陸するか、中部国際空港へ引き返すかを判断します。」

えええええええええええ。

ひ…引き返すっ!?

ここへきて、北海道スキー旅が実施可能か否かの瀬戸際に立たされました(汗

引き返したらもう、日程的に無理です。

ドキドキしながら待つこと数十分。

「協議の結果、当機は千歳空港へ着陸することに致しました。」

ホッと胸をなで下ろすも、しばらくは上空待機。

燃料がもったいないなぁ~と思いつつも、これは安全のため。

16時半頃、ようやく千歳空港に着陸しました。

DSC05671

うは。
真っ白。

こんなんでよく着陸できるなぁ…。
雪が降り積もるのは日常茶飯事だろうから、滑走路も長めに取ってあったりするのかな。

飛行機を降りると、出口付近でANAの方が我々を待ち構えていて下さいました。
手配して下さっていたのが16時半出発のバスだったそうで(泣

ギリギリ間に合わず。

そこからまた、バス探しにANAの方がつきあって下さいました。

我々4人のために、時間を割いて下さり有り難う御座います。
当日予約なので難しく、何社かバス会社を渡り歩いた後…

18時発のバスなら空いているとの情報!!

よかったぁ。

空港に泊まる可能性も考えていました。

またしても待ち時間1時間半。

バスに乗車し、目的地のニセコの宿までは3時間。
と…遠いですね。

外を見ても暗闇と雪しか見えないので、
GPSで現在地を確かめながら、窓の外の風景に空想を走らせるのでした(笑)

すると!!!

こんな建物が。

DSC05673

きのこ王国…。

ネーミングもさることながら、看板のセンスが…。

ま、それくらいですね。
窓の外の景色が見えたのは(笑)

一番驚いたのは、バスの速度ですが。

ひたすら深い雪の中を進むわけですが…

なにこの速度(汗

さすが雪国になれていらっしゃるのか。
通常の路面を走行するのと、大して変わらぬ速度ですよ。

恐るべし。

チェーンを装着しているわけではなく、スタッドレスタイヤ。
豪雪地用の高級スタッドレスタイヤでもあるんでしょうか。

無事にニセコに到着し、雪降る中を1キロ近く歩く。

DSC_1564

人も車も通らぬ、この寂しい道を…。

この苦行を通り抜ければ…待っていたのは!!

DSC05676

めっちゃうまそうな夕食☆

既に夕食の時間は大幅にオーバーしていたため、
宿の方が部屋に控えておいて下さいました。

ここに、空港のコンビニで買い出ししてきた酒類が加わって宴会だぁ!!

DSC05677

北海道限定ラベル。

北海道に来て思ったのが、

「北海道限定」

って書かれた品物がありふれていること(笑)

やっぱ、そう書けば売れるんですかね。
それだけのブランド価値がある「北海道」という名前。

夕食後は、めっちゃ広い露天風呂完備の温泉に入ってぬくぬくして、
予定よりかなり遅くなりましたが、暖かい布団で練られて良かったです。

休みを取ってきたのに、苦行…(笑)

“同期北海道スキー1日目” への1件の返信

  1. ピンバック: 同期と志賀高原スキー2ndDay | kenta's page!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*