宿直室にて、巨大蚊との戦いが繰り広げられておりました…。

やっつけても、やっつけても現れる。
それも、電気を消して布団に入ってから(笑)

さらには、明け方、台風接近アラームに起こされる。

今回は、よく寝られなかったなぁ。

さて、宿直明けの今日は名古屋へ出かけます。

その前に、仕事を済ませるべく三沢地区へ向かい、
売木村と根羽村を経由してR153で名古屋へ。

県内全市町村の職員に向けた研修会なんですが、
驚くべき事に、その講師が…

我が恩師、武田先生という(笑)

まさか、仕事の研修で武田先生の講義を聴くことになろうとは。

会場に到着すると、講義会場の広いことといったら!
総勢、200人以上もの聴衆・同業者。

熱心な受講生の中には、先生のブログ記事のコピーを持参されている方も!

講義開始前、皆さんが口々に武田先生のことを話されているので、
なんとも不思議な気分でなりません。

改めて、著名人なんだなぁ~と、実感しました。

んで、講義前に控室にお邪魔して御挨拶しようかと思っていたんですが、
スタッフの方に相談したところ…

これまでの様々な著名人の方の講義でも、会いたいという申し出は全て断っている。

ということなので、そのうち会えるから、ま、いいか。

と、大人しく座席に着いておりました。

そして!
盛大なる拍手と共に武田先生御登壇☆

開口一番、

「私は政府が主導することに従うのが嫌いなので、ネクタイ着用しています。」

って。

会場を見渡すと、ほとんどの方がクールビズスタイル。
もちろん、ノーネクタイです。

私はというと…

そう言うだろうなあーと思って、ネクタイを着用(笑)

割と目立ってしまいましたが、逆に先生から直ぐに発見された模様。

だいたいの講義の流れを端折って書いてみますと…
いつもおっしゃっていることと相違はありませんが。

 

高度経済成長を支えた日本人は、日本人の暮らしを豊かにするべく東奔西走し、
必死な思いで成長を遂げ、これからようやく、豊かさを味わおうと思っていたところ、

今度は「もったいない」概念が発生して、省エネだの節約だのと、
いつになっても制限された生活から抜け出せない。

エネルギーの節約はすなわち、活動量の制約であり、
それは発展の阻害に比例する。

役所は住民の活動を縮小させるのではなく、拡大させるのが役目のはずだが、
エネルギーやお金を節約することで、それを縮小させようとしているのではないか。
それに気付いているのか?

豊かな人生を送るために石油を消費しているはずが、
省エネ然り、石油のために人生を送っているような状態になっている。

節約して浮いた分のお金を銀行に預ける、
もしくは節約することで銀行からの引出が減るということは、
銀行が運用できるお金が増えるわけで、運用するということは…

新たな生産活動に投資するため、節約した分のエネルギーは
別のところで消費されるだけで節約=エコとはならない。

 

数億年前の生物の死骸に由来すると言われる石油は、
地総的に5000メートル以上の地下に存在するが、
それを掘削することはできないので、地殻変動によって地表近くに出てきた部分から
採掘することになり、それが石油で潤っている国にあるだけである。

よって、掘削技術如何によって石油の可採量は増える。

だから、石油メジャーは、再生可能エネルギーと言われるものよりも
掘削技術を積極的に研究する。

石油価格の下落を抑えるため、現状価格を維持するために
再生可能エネルギーを「利用」しているに過ぎない。

などなど。

テレビのコメンテーターは、自分で考えたことではなくて、
人からの受け売りを喋ってばかりだから本筋とずれていくそうですよ。

まあ、これが話の半分くらいですが、後半戦は過激なので控えます(笑)

大学時代に先生がおっしゃっていたことと何ら変わりはありませんが、
変わってきたのは、それを容認する人間、聴衆が増えたことでしょうか。

さて、講義が終わってアンケートを書いておりましたところ…

「坂本君、ちょっと良い?時間ある?」

この、聞き慣れたフレーズと声はっ!!!!

振り返ると、そこに立っていたのは武田先生でした(笑)

さすが。
やはり、講演中に私の位置を把握されていたようです。

今日はお話しできないかと思っておりましたが、
なんと、先生の方から来て下さいましたww

んで、そのまま講師控え室に拉致られまして。

短い時間ですが、今日の講演の感想などで談笑致しました。

帰りに県庁に寄って、関係部署の方と情報交換をし、帰途に着きました☆

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]