横浜は桜木町へGO

完全に、寝不足状態…(汗

4時間くらいしか寝られなかった-。

ですが、楽しい夜だったので後悔はありませんっ!

ウェス先輩と共にホテルをチェックアウトし、刈谷駅へ。
双方逆方向の電車へ乗車し、私は一路、豊橋駅へ向かいます。

そこに豊橋の伯父さんが迎えに来て下さり、
伯父さん宅で妻子&母と合流。

息子は、なんでお父さんが伯父さん宅にいるの??

なーんていう疑問は全く持ち合わせていない様子でしたが(汗

DSC09172

こちらが出発地点の伯父さん…新郎父宅。
記念すべき日なので、ちょっとCMさせて頂きます(笑)
保険のご用命はこちらまでっ!

会社案内 – 有限会社 保険プラザ豊橋

名古屋の伯父伯母も合流して、2台に分乗。
いざ!横浜へ行かん!

今夜は横浜へ宿泊し、明日は記念すべき従兄弟の結婚式なのです。
豊橋の伯父さんの長男が今回の主役。

私の母上の兄弟はたくさんいらっしゃるので、
我ら一族が結婚式を挙げるときは親族席がたくさん必要になります。

なので、基本的に呼ばれるのは伯父伯母が中心なんですが、
我が家は父が他界しており、その代理として私が参加させて頂きました。

幼い頃から盆正月に出会って遊ぶのが楽しみでたまらなかった従兄弟。
一番、生まれた日が近い従兄弟でもあります。
なので、その結婚式&披露宴に参加できることがこの上なく幸せです。

今の私があるのも、この従兄弟(新郎)から受けた影響が非常に強いです。
とりあえず、情報技術に強くなったのも、この従兄弟の影響ww

受けた影響を数え上げれば切りがありません。

今回、私のお役目は、運転手!

新郎の弟と私が運転手で、親族一同を乗せて東名高速⇒新東名のルート。

とーっても天気が良くて、絶好のおでかけ日和です。
三ヶ日インターから高速に乗りましたが、
富士山を眺めながら走ろう!という提案により、清水の連絡道を北上して新東名へ。

DSC09183

途中、休憩を何度か挟みつつ、横浜町田インターから保土ヶ谷バイパスを経由し、
ナビに導かれるまま横浜市内の都市高速へ突入。

ここからが、悲劇の幕開け的な。

都市高速といえば、分岐が多数あり、それも右へ左へと…。

車線変更が半端ない!

ナビが

「150m先、右方向○○方面です…」

と、言い終わるやいなや

「200m先、左方向○○方面です…」

その連続。
自分がいるべき車線が右へ左へ動くから安全確認も頻繁に。
そんな状況でナビから次から次へと指示が来るので、泣きそう(汗

田舎道に走り慣れていると、冷や汗が半端ないです。

車内は就寝モードだしww
ある種、孤独な戦いでした。

もう一台の、従兄弟弟車両のナビが古かったため、
私の後を付いてきてもらっていたんですが、
頻繁な車線変更によく付いて来られたなぁ…と(汗

どうにか、目的地である「みなとみらい」へ到着し、
宿泊予定のニューオータニイン横浜のロータリーへ進入しようとすると…

見覚えのある車が前を走っていて、同じくロータリーへ進入。

到着するなり、前の車から降りてきたのは、東京八王子在住の伯父さん!

到着時間は全く示し合わせていなかったのに、
偶然にも八王子出発チームと同じタイミングで到着という奇跡。

さい先が良いです☆

いきなりドラマが生まれました。

さすが、息の合った兄弟たちですね(笑)

ホテルへチェックインし、部屋に入って…

感激!

DSC09192

部屋の窓から見えた、この景色!

新郎が、かな~~り前から、最も眺望の良い部屋を複数予約しておいてくれたのです!
段取りレベルがめっちゃめちゃ高い新郎らしいです。

うちの小坊主も、大興奮!

DSC09190

せっかく綺麗にベッドメイクされているのに、到着数分でシワシワです(汗
自宅ではベッドを使わないので、新鮮なんでしょうね。

一旦、私は車を駐車場へ移動させ、
すっかり暗くなった部屋へ戻ると…

DSC09195

母と息子が何かやっとるww

道中で新郎父が息子に買って下さったプラモを早速組み立ててます。
もちろん、ほとんど母上がw

母上は手先が器用で、こういったものを作るのが好きなんです-。

日が暮れると、部屋の大きな窓からの眺めは、美しい夜景へと変貌します。

DSC09292

観覧者に遊園地、綺麗な帆船も停泊中です。

DSC09294

とりあえず、私はくたびれきっていたので、ベッドに横たわって一休み。
昨日の疲れがまだ残っているようで…

横たわりながら見上げる景色には、ランドマークタワー

DSC09295

新幹線組の親戚衆も集まってきて、全員が揃ったところで
結婚式の前夜祭!(新郎新婦不在ですがw)

皆で夕食を食べに出かけます。

桜木町駅から延びる動く歩道を、親族揃ってゾロゾロと。
これまた、息子は物珍しいため、動く歩道の人並みを縫って前へ前へと…。

焦る我ら。

迷子になる条件が整いすぎています。

今夜の食事会は、こちらのお店。
美濃吉-LMP店-TOP

DSC09285

歴史、由緒ある京懐石料理。

これもまた、一品一品が丁寧に作り込まれて出されるコース方式ですよ。
まさかの、2夜連続、豪華夕食!

だが!

こんな時に限って!

めちゃめちゃ歯が痛い。

実は昨夜も、歯が痛くて味わいきれなかったです…。
歯石を取った歯が知覚過敏になっているのか、テンション下がります…。

せっかくの美味しい料理を目の前に!!!

息子は、素知らぬ顔でお子様用の高級料理に舌鼓。

DSC09205

やっぱり、味が違うんでしょうか。
息子の食べる速度が半端ない!

全て残さず食べ切っちゃいました。

今夜の夕食会は、新郎の父方と母方の親戚が集まってのもの。
よって、自己紹介というか、近況報告会が例によって始まりました!

坂本家の自己紹介は…通常は私が家族を紹介しているんですが、
そろそろ代替わり…いや、息子に試しにやらせてみようww

すると…

うまいもんです。(親バカですが。)

母を指さして、

「のりこちゃんですっ!」

私を指さして

「けんたろーですっ!」

妻を指さして…と。

やるなぁ。
何故、私だけ呼び捨てなのか気になるところですがww

会食の最後は、みんなで記念撮影です☆

DSC09275

新郎の伯父伯母だけで、めっちゃおる。
息子は唯一の子どもだっただけに、会場和ませ役としての大役を果たしました。

退出時に、仲居さんから靴べらを渡されて大人たちが靴を履いているのを見た息子。
ちょっと背伸びをして…がんばっていました。

DSC09283

使いこなせなくてイライラしてたけどw

ホテルへ戻る道中、再び難関の動く歩道を進む我ら。
またしても息子が小さな身体を生かして人の間を縫って逃げていく…。

が!

さっきと反応が違う!

時間帯も遅くなり、周囲がカップルだらけだからでしょうか。

「小坊主さんがいるよーー」

という声がチラホラ。

「カワイイーー!」

とか。

動く歩道で注目の的に。

大都会で坊主頭の子どもは珍しいんでしょうか。

気をよくした息子は、もう、調子にノリすぎて。親は疲れました(泣

部屋に戻った後も、息子の興奮はさめやらぬ!

「ばあばのへやにいく!」

と、何度も脱走を試みて部屋から飛び出していきます。
オートロックなので、鍵が閉まらないようにちょっとドアを開けておいたら…

廊下から息子の話し声が。

なんか、おかしい…。

そう思って廊下に出てみると、

知らない家族に絡んでる…(汗

若いご家族で、お子さんもいらっしゃったんですが、
その2歳のお子様とコミュニケーション(一方的)を取っていました。

時計の針は22時半を回り、そろそろ眠る準備を…と思ったところで、
新郎が我らの部屋の出現っ!!!

明日の本番を前に、最終チェック、受け渡しです。

実は、この日のために妻が新郎新婦の似顔絵ウェルカムボードを作成!

事前に渡していたんですが、名前のローマ字表記が間違っていたというw
でも、それをチェックイン後に受け取って既に直してしまった妻

すげぇ。

水彩画って、直せるんですね。

そして、新郎に激励の言葉を贈り、お見送り。

息子は部屋の外まで追い掛けていって、

「あした、けっこんしき、がんばってね!」

新郎へエールを送っていました!

さて、明日に備えて寝るか…。
と、布団に入ったときのこと。

耳慣れたあの音が…空中から聞こえてくる…

ブーーーン。

「あれっ??カメムシがいる!」

そして、見失う…。

横浜に山間部特有の茶色いカメムシがいるとは思えない…。
もしかして、輸入してしまったのでしょうか(汗

横浜の皆さん、増殖していたらすみません。

一匹だけなので大丈夫だとは思いますが!

とりあえず、飛んでいたヤツは確保しました。

さあ!明日はカメラマン(と運転手)がんばるぞーーーっ!

“横浜は桜木町へGO” への2件の返信

  1. 懐かしいというか、また行きたいと言うべきか。ここ数年は行けてないですが、横浜縦断カヌーフェスティバルのスタート地点が日本丸の前です。汽車道の白い鉄橋を一斉にカヤックが目指すのは圧巻です。右手の運河をさかのぼり7km、14kmのコースでした。普段漕げない場所で周りの景色が独特で楽しかったなあ。

  2. >kawagさま
    カヌーフェスがあるんですか。ここで!
    運河からの景色は、日頃見られないでしょうし、さらに年の中をぬっていくというのは独特ですね。
    鉄橋をカヤックが抜けていく姿、展望フロアから見たら圧巻でしょうねぇ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください