休みに入ったらやろうと思っていた門松組み立て。

なーーーんとっ!!!

材料を仕入れて下さっていた御近所さんが、
私がいない間に組み立てて下さっていました。

すんげぇ立派。

DSC00135

門松作りのプロ。

材料調達から含めて、全てが手仕事ですよ。

息子用に、ちょうカワイイ門松も作って下さっていて、
それはまた、後日アップさせて頂きます☆

いやほんと、御近所さんに、いつも助けられています。

そんな息子は…というと、私の帰宅を待ち構えつつ、
クリスマスケーキ作り。

DSC00138

泡立てやらトッピングやら、楽しそうに取り組んでいたそうです☆
もう、早く食べたくてたまらない息子ですが、夕食を食べてからだよ!!

と、ぐっと我慢して夕食を平らげ、

大人たちはしばらく休憩してからデザートにするかーって話をしていたところ…。

 

ガッシャーーン!!!

ものすごい音とともに、何事かと振り向くと…。

DSC00140

ぐ…ぐはぁっ!!!!

なんてことだ!!!

ってか、一体、何が起きたんだぁ!!!!

ケーキが真っ逆さまに転落。
あり得なさすぎる光景に、声を失う大人たち。

そして、泣きじゃくる息子。

お父さん、何を落ちついて写真撮っているんですか。

頑張って作ったのに、一瞬にして…。

息子も待ちきれなくて、自分でラップをはずそうとして
ひっくり返っちゃったみたいです。

自分の責任だとはいえ、あまりに可哀想過ぎて…

誰も怒るに怒れない状況。

幸い、スポンジは無事なので、床に接していない部分だけを取り除き、
残っているホイップクリームで再デコレーションby妻。

しかし、元に戻らないのが…

息子の気持ち。

うむーーーーー。

悩みに悩んだあげくの選択。

サンタさん、ちょっと早めに出没。

DSC00144

息子。

回復早っ!!!!

早すぎっ!!!

なちゅー笑顔www

笑顔の次は、直ぐに真剣な眼差しになりまして、開梱に移ります。

DSC00154

形状が整えられたケーキが差し出されても、見向きもせず。

DSC00156

切り替わりが早すぎる息子の感情に付いていけませんwww

妻子手作りのキャンドルライトを息子が吹き消して、

DSC00157

なーんとなくクリスマスイヴらしい夜となったのでした。
自分は子どもの頃からクリスマスという行事へ執着が全く無かったので、
普通の日的な気分ですが。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]