家族スキー1日目北志賀

突然決まった、家族旅行!

三連休を利用して、母、妻子と4人で北志賀方面へ出かけました☆
天竜峡インターから三遠南信道経由で飯田山本ICから中央道。

車内では息子が

「早く、スキーしたい。」

と、言いつつも爆睡。

しっかり寝てもらって、しっかり遊んでもらうべしっ!

長野道、上信越道を経由し、いつもの信州中野ICで高速を降ります。

そこから下道を40分ほど走りまして…
4時間近くかけて北志賀の竜王スキーパークに到着☆

竜王スキーパーク | Official Web Site

私は既に、ぶっ通し運転で疲労が…(笑)
ま、でも、スキーは別腹。

いつもの前夜入り車中泊と比べれば、随分楽です。

駐車場に降り立つと、早速、駐車場整理のおじさんが
息子に雪だるまを差し入れして下さいました☆

DSC09324

雪なんてそこら中にあるし、豊根でももうすぐ降り積もると言うのに…。

「ゆきだるま、持って帰る!」

相当、気に入ったようです。
まず、この雪だるまさんに別れを告げるのが難関。

どうにかゲレンデへ向かう気持ちになってくれた息子をソリに乗せ、
母がソリを引っ張ってくれてゲレンデへ向かいます。

それにしても、駐車場からゲレンデまでが遠いなぁ…。

チケット売り場で地図をゲットしてみたら一番遠い入口で、
子どものソリゾーンはもっと手前!!

事前リサーチ不足です(汗

ネットでチケット割引券をゲットしていたので、
1000円近く安く一日券を手に入れられました☆

お昼ご飯は早めにサービスエリアで食べてきたので、
午後はひたすら滑ります!!

1日目は、母と妻が息子と遊んでくれます☆

私は独り…。
孤独にスキーです。

明日に備えて。

竜王スキーパークの特徴は、なんといっても世界最大級の166人乗りロープウェイ。

DSC09335

標高差1,080mというコースを支えるシンボル的存在。

image

2機による往復運転なので、待ち時間があるわけですが、
その分、1回当たりの滑走距離は長くかせげます。

山頂から下ってきたゴンドラを見てびっくり。

何故、下りであんなにたくさんの人が乗っているんだ!?

上りで乗る人の数と、そんなに大差ないんですよ。
みんな、ロープウェイに乗って山頂付近で滑って、帰ってきてるの??

その間のコースは滑らないのだろうか…。

というのも、納得。
ロープウェイを降りて、そこから下ろうとしましたところ。

木落コースなるロング難関が。

DSC09358

転倒者続出。
まともに滑り降りている人、ほとんどいない(汗

非圧雪コースなんですが、斜度がキツイ上に、
謎の…

棚田…いや、階段状態。

幅1メートル、落差2メートルの階段状でコースが落ちて行ってるんですよ。

DSC09348

小回りで減速しながら下ろうにも、
幅1メートルでは、私の技量では小回り不可(汗

かといって、ノーターンでは、この傾斜は危険!

最善策は、板を斜めにしてズラシながら降りていくことかと思いますが、
そんなの面白くないので…

敢えて小回りにチャレンジ。

ほとんど直滑降に近い動きしかできない板。
あまりにスピードが出てきたので、もうちょっとブレーキ…と思って
板を少し斜めにした瞬間っ!!!

階段の法面に板が突き刺さり、景気良く吹っ飛んだ(´・ω・`)

3回転宙返りww

気付いたら、上を向いている自分。
だが!

片方の、板が無い。

そーいえば、回転中に宙を舞う自分の板を見た気が。

しかし、周囲を見渡しても、どこにも無い。
ちょっと冷や汗が出てきました。

急斜面だったので、まさか外れた板が森の中に流れて行ってしまったのか…!?

昨年買ったばかりなのに、それは切なすぎる…。

必死で見回していると、後ろから

「大丈夫ですかーー??」

と、後続のスキーヤーさんに声をかけられ。

「身体はぴんぴんしているんですが、板がどこかに…(汗」

しかし、その板の行く先は誰も分からず。
いやほんと、泣きそう。

よーっく目を凝らしてみたら、森の中、新雪の中から5センチくらい、
何かが顔を出している。

しかも、緑色。

もしかして!!
わずかな望みを託して、新雪の中へダイブ。

あったぁーーーーーー!!!!

ホッと一息。
新雪の中で身体が埋まりながら、板を装着するのに一苦労。

ただ、肩にかけていたカメラの金属カバーがひん曲がりましたが。
怪我をすると思えば、安い代償です。

その後も、懲りずに、このコースを攻略してやろうと、
何度か試みてみましたが、ふくらはぎがプルプルしてきて限界に(汗

階段の法面を使いながらショックを膝で吸収してターンすると、
うまいこといきそうなことが分かってきましたが、筋肉の限界…。

下って行って、キッズコーナーへ。

大はしゃぎの母と妻と合流して話を聞いてみると、
息子もソリ遊びにハマったみたいで、無料レンタルできる多様多種のソリを駆使し、
遊びまくったようです。

DSC_2606

なんと、20往復。

歩く歩道を使って、独りで滑ったりもしていたみたい。

帰り道は、息子を抱っこして滑り降ったところ、
息子、大興奮!

明日は、お父さんと同じのをやりたいってことなので、
今夜作戦を練ろうと思います。

宿は湯田中温泉に取りまして、日が暮れかけた真っ白の農村風景を見ながら、
息子は車内で爆睡(笑)

DSC09367

宿では、ネットを使って、子ども向けレンタルスキーがありつつ、
ファミリー向け&上級者向けゲレンデと両方ある他のスキー場をリサーチ。

明日は天気が良さそうなので、眺望も考えて、明日は斑尾高原スキー場に決定!

息子は浴衣を着てノリノリです。

DSC09416

母と妻は、美味しい料理に舌鼓で大満足の様子☆

さあ、明日は息子の特訓だ!

“家族スキー1日目北志賀” への2件の返信

  1. こんにちは。
    ウェス@次女の看病中です。
    先週に帰国しまして、今週から会社を休んで看病中でございます。
    幸い今の所経過は順調で一安心してます。
    スキーイイですなぁ。
    もう彼此どの位本気滑りしてないかなぁ…。
    →5年位ですかね。
    三回転半も飛ばされてカメラの金具だけで済んで何よりでしたね。
    体柔らかいのかい?ケンタは。

  2. >ウェスさま
    回復基調とのこと!一安心ですね☆
    帰国後にバタバタで、大変だと思いますが…ウェスさんのことですから、
    例の会はきっと実行されるんでしょうね(笑)
    そーいえば、ウェスさんも滑るひとでしたね!
    是非、娘さんたちに伝授して頂き…一緒に行きましょう。
    3回転跳んで怪我が無いのは…非圧雪斜面だったことと、
    吹っ飛び慣れているから反射が効いたのかもしれません(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.