大雪大災害対応6日目宿直

もう、6日も経つんですね。

この、非日常的な空間が。

 

昨夜の電気開通を経て、今度は通信インフラに焦点が当てられてきます。

村内で1箇所、光ファイバー線の幹線が断線中。
そちらの復旧へ全力を尽くして頂いているところです。

いつもサウジ関係でお世話になっている清水館の女将さんから、
お手製のチョコピールを差し入れで頂きました☆

災害対策本部の皆様で、美味しく頂きました。
めっちゃ、評判で、みんな旨い旨いと♪

差し入れと言えば、豊橋市から発電機支援、
東栄町からも発電機支援を頂いたそうです。

今は一部の水道インフラにも障害が出ており、
そこで発電機が大活躍していたそうです☆

で…。

 

「けんたろーくん、今日、出張の予定入ってた??」

という、電話伝言が。

…。

あ…ああああああ!!!!

やべぇ!!!

忘れていた。

新城市への出張を。

出張を忘れるとか、こんなの初めての体験…。
完全に、すっかりと頭から抜け落ちていました。

スケジュール表にはちゃんと書かれていたのに。

今日やるべき事で頭がいっぱいになっちゃってた…。
会議をやるところから電話がかかってきて、知ったのでした。

既に会議開始15分前なので、最早駆けつけられません。
ってか、今、この状況で駆けつけるのは無理。

謝罪の電話をかけたところ、状況が状況だで、仕方ないよ!!
と、逆に励まされたのでした。

ま、出張に行けるわけがないんですが(汗

 

今日も、来客がたくさん。

ホワイトボードに書かれている災害状況も、赤い文字が徐々に減っていきます。

そして…。
夕方。

災害対策本部、解散っ!!

ついに、対策本部が解散となりました。
もちろん、まだまだ対応するべきことはたくさんあります。

それについては各課で対応していく。

平常体制に戻すことも大変重要であり、その見極めも大変ですが、
ずるずると非常態勢を長引かせるのもよろしくありません。

なんたって、通常業務が停滞することによる支障もあります。

今夜から、複数人の徹夜態勢は解除され、通常の宿直体制です。

 

…あれ?

ということは…

今夜は私、独り対応。

宿直だったーー!
当たりくじを引いた気分。

ま、何事も無ければ良いのですが。

むしろ、皆さん帰宅してしっかり休んで欲しいです。

 

というわけで、今夜は対策本部が解除されて初めての独り泊まりの夜。
夜中に電話が掛かってくる可能性も、まだあるし、

緊張。

ドキドキ。

布団に入っても、なかなか眠りにつけないのでした(笑)
むしろ、寝ない方が楽か…(汗

“大雪大災害対応6日目宿直” への2件の返信

  1. 誠にお疲れ様です。
    →もっと気の利いた言葉があれば良いのだが…。
    災害対策本部解散と思いきや当直とは…。
    →僕等が土日シフト出勤するから何だて!って感じですよね。
    そして、何よりも地元の方達の生活に直結している。
    正に死活問題ですね。
    月並な言い方だけど、今回の経験でkentaの胆力は一層つきましたね!
    同じ時間を過ごしてても、経験で全然違ってくるな…。
    追伸:
    舞庭の修復に、陰ながら協力させて頂きたいですよ。

  2. >ウェスさま
    お父様からも激励のお言葉、有り難う御座いました☆
    シフト出勤!懐かしいですねぇ~~。
    まあでも、そちらで経験したことも、私的には大変役に立っておりますよ。
    ラインが大炎上すると、まさに非常招集状態でしたしね(笑)
    ただ、人命がかかっているとなお一層、非常度は高まります。
    大変でしたけど、とーっても勉強になりました。
    短期集中型の。
    いろんな人間模様も見られました。むしろ、まだ見ているようなところはありますが。
    今日、舞庭の修復…というか、そちらまで手が回らなかったので、
    周辺に山積する枝などの片付けをしてきました。
    枝とはいっても、年輪を数えると100を越えるような枝。
    めちゃ太いです。
    木の幹を運んでいるような気分でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*