晴れて良かった日曜日。

上黒川花祭りが行われる舞庭、境内には夥しい量の枝葉が落下しています。
先日のブログでも取り上げましたが、舞庭の屋根には大きな穴が。

DSC00078

倒木が落ちて開いたかと思いきや、
これ、枝なんです。

枝と言っても、樹齢100年をゆうに超える大木から落下した枝。
その太さは、木の幹と言っても過言ではない太さ。

雨漏りの危険性があるため、屋内にはブルーシート。

DSC00064

雨水がブルーシートを伝って、土間部分に落下するよう、細工。

この大穴一箇所だけではなく、細かく見ていくと、他に2箇所ほど穴が開いています。

DSC00092

支度部屋の奥にも。

DSC00093

その舞庭の裏手は、落下した巨大な枝の大群。

DSC00082

雪が氷になってしまっており、これらを除去するのも至難の業。
むしろ、境内の落木が多すぎて、ここまで手が回らない…。

DSC00075

とにかく、玉切りしまくって、花祭り時の薪にすべく、運びます。
切って運んでの繰り返し!!

DSC00062

これでも、「枝」なんですよね…。

年輪が気になって数えてみました。

DSC00074

かなり密に折り重なった年輪の数、
黒い部分はカウントが難しかったですが、およそ100輪を越えています。

DSC00074

これはこれで、貴重品。
何年もかけて蓄積され、一瞬で無に帰する。

チェーンソーを手に、ひたすら切りまくります。
先輩方の慣れた手付きを盗み見ながら、慣れないチェーンソー。

ハマった。

無心になって、ひたすら切断。

が!

まだまだ修行が足りません。

ホールドが甘くて、靴切った(泣

いや、靴が足を守ってくれて助かった。
回転体に対して、どんな反動が来るのか、使ってみないと分からない感覚です。

エンジンの吹かし具合も、だんだん分かってきて、
大変、勉強になりました!!!

結構、腰に負荷が来ますね。これは。

落ちついて見て見ると、拝殿にも破損箇所が見られ、
もう、残念すぎてたまらない。

DSC00089

自宅に置いてある会計セットを漁っていたところ、
建物共済に入っているようで!!

どうにかこれで、修繕費の対応ができれば良いのですが…。

丸1日かかりましたが、まだまだ雪解けを待って対応する場所が残っているので、
これは長い戦いになりそうです。

氏子総代メンバー+αにて、温泉で夕食を食べながら
今回の大雪について振り返りました。

帰宅後、カメラが無いことに気付く。
時刻は22時。

やべぇ。

思い当たるところは舞庭。

夜遅くにもかかわらず、舞庭の鍵を借りに行き、
無事にカメラを発見して一安心。

なんだか、忘れっぽいなぁ最近。
抜けとる。

ただ、抜けているのは私だけでは無かった…。

社務所の電気が付けっぱなし状態。
むしろ、カメラを忘れて良かったのかコレは(笑)

ブレーカーを落として消灯し、鍵を返却して帰途に着きました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]