中部大学で花祭り講演会

武田先生が中部大学にいらっしゃるからというわけでもなく、
何故か、私は中部大学に御縁があるようです。

雪で泥だらけになったWISHを洗車してピカピカにして、
都会へ出陣できるように準備を整えました。

今日は、お休みを頂いて、名古屋へ向かいます。

目的地は中部大学名古屋キャンパス(鶴舞)。

その講義室にて、花祭りを紹介するプレゼンテーションです。

DSC00132

1時間半も早く到着してしまったので、映像機器のチェックを進めていました。

DSC00131

何故私なのか…というのは

たまたま、愛知万博のプロジェクトで出会った人が、
中部大学でESD中部拠点に関わっておられまして…

花祭りというのはESDの考え方にピッタリな題材であり、
古くから自然に培われてきた永続的教育システムがそこにあるから…

ちょっと、話をしておくれん。ということ。
お世話になっている方なので、万障を排して受諾!

なんだか小難しいですが、確かにそのとおりだと思います。

教科書が有るわけでもなく、譜面が有るわけでもなく。

指導要綱なんて、そんなものは存在しない。

けれど、700年もの長きにわたって続いている祭り。

長老から壮年へ、壮年から青年へ、青年から子どもたちへ。
死ぬまで先輩から「学ぶ」プロセスが存在する花祭り。

それは、祭りの範疇にとどまらず、地域の絆をつなぎ止める役割も持つ。

そういった部分を特に強調して、
花祭りはこんな祭りだよーってことだけではなく、
私の主観もありますが、花祭りが持っている影響力についても。

対象は中部大学の学生さんだけではなく、一般参加も有り。

そしてそして…

一番ビックリしたのが、武田研時代に一緒に研究をしていた中部大学の教授が
学内メールで今回の催しを今朝知り、私の名前を見て会いに来て下さったこと!

最初から最後まで、1時間半以上にわたる私の講演でしたが、
聴衆の皆様の目がキラキラ輝いて、興味深く聴いて下さっていることに感謝!
中部大学の教授も、私が豊根に戻ってからの動向が気になられていたとのことで…

たまたまですが、こんな形で近況をご報告できて良かったです。

また、2月当初の時に夜更けまで一緒に飲み続けた名古屋大学の先生も、
わざわざ御足労下さいました。
お仕事で忙しい中、有り難う御座いますっ!

花祭りだけで終わるのもなんなんで、豊根村の観光PRや村づくりの取り組みなどについても
オマケ資料でくっつけて、村ごと知って頂けるようにしたところ…

皆さん、興味津々!

講演後は嵐のような質問タイムwww

すっげ。

学会発表とかでも、こんなに質問受けたこと無い。

質問が多いということは、興味持って聴いて下さったこと。

大成功です。

間髪入れず、次から次へと手が上がるので、
喋り続けて2時間近くが経過…。

喉がめっちゃ痛い(汗

学校の先生って、毎日こんなにプレゼンしているんだよなぁ~すっげ。
喉が強くないとやっていけないですね。これは。

質問者の中には、人文学系の方もいらっしゃって、
「祭」や「神社」がある地域は、人の流出が抑えられる傾向にあるというお話しも伺いました。

なるほどなぁ。

私も、勉強させて頂きました。

21時頃講演会が終了し、夕食がまだだったので事務局の皆さん、名古屋大学の先生と一杯飲みに☆

鶴舞駅周辺って、たくさん飲み屋さんがあるんですね。
1次会では飽き足らず、2次会は名古屋駅の立ち飲み屋さんへ。

立ち飲み屋さんって始めて体験しましたが、慣れないと落ち着かないですね(笑)

お店はそんなに広くなくて、立ち飲みにすることでお客さんの回転率を上げ、
狭い店舗でも収益を上げる仕組みだそうです。
私が名古屋に住んでいたとき立ち飲みってあまり聞いたことが無かったんですが…

ここ数年で増えた業態らしいです。

私は宿を取ってあるんですが、他のメンバーは終電の時間が迫っています。
終電まであと30分になったところで…

勢いが付いてきました(笑)

熱燗の威力、凄まじ。

私は酩酊気味(汗

日本酒は、本当に、酔う。

で、いつの間にか終電の時刻を過ぎるという(汗

帰ることができなくなったメンバーを置いて自分だけ宿に戻るのも申し訳ないので、
そのままもう一軒、居酒屋さんをお付き合いすることに致しました。

すると!!!

隣で飲んでいたスーツのお兄さんふたりと、意気投合(笑
それだけでなく、店員さんとも意気投合www

ここからおかしな事になってきまして…

その方々と一緒に、さらに次の店へ行くことになりました(笑)
私は、明日運転して帰らなきゃなので、アルコールはそろそろ打ち止め。

移動はタクシー。
そのタクシーが、また…。

濃ゆい。

運転手さん、カウボーイハットかぶってる。

見てくれからして頭の上に疑問符がたくさん並ぶんですが、
タクシー会社名は、一般的な会社名。

トークが神懸かり的な面白さ。

あまりに面白いので、名刺が欲しいと言ったところ…

名刺には

カウボーイタクシー

って、書いてある(笑)
タクシーに書いてある会社名と違うがな!

面白すぎるぞ、この運転手さん。

時計の針を見た同乗メンバーが

「もう、午前3時半だ…」

と、ちょっと後悔の発言をしようものなら…

カウボーイ 「だいじょうぶだぁ~。今日と明日の間だでよっ!」

今日と明日の間!

そのような表現方法があったとは。
車内は爆笑の渦に包まれながら、
さっきの居酒屋で出会って意気投合した人たちと一緒に4次会(汗

まさか、こんな展開になろうとは…

と思いながら、夜は明けてきたのでした。

宿を取った意味が無いがな(汗

朝6時、宿にチェックインできてホッとしたモノの、
ちょっとだけ仮眠してシャワー浴びて帰途に着くのでした(汗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください