ホタル写真新聞掲載!!

朝、新聞記事をチェックしていたら、見たことのある写真が!!

20140711_124924_Android

おおおおお!

先日、ブログに掲載していたホタル写真が中日新聞朝刊東三河版に!

しかも…東三河版トップ!

一等地じゃありませんか。

北設楽郡担当の山のしんぶんやさん、
フットワークの軽さと記事の量には感嘆しっぱなし!

そして、この場所に掲載して下さるとは。

御依頼ありがっさまです!

まさか、たくさんの方に観ていただけることになろうとは。嬉しい限りです!

雷鳴とどろき、ピカッ!ピカッ!と夜空が稲光で照らし出される中、
土砂降りの雨に襲われる直前に1枚だけ撮影できた写真。

10秒露出の写真を比較明合成(KikuchiMagick)して重ね合わせて、
合計すると9分ぶんのホタルの軌跡が1枚に。

景色が写っているのは、稲光が自然のフラッシュとして機能した結果です。

すなわち…

この日じゃないと撮影できない写真。

9分という中途半端な時間は、突如襲われた豪雨により、
撮影中止を余儀なくされた結果です(汗

それがかえって、ちょうど良いホタルさんの軌跡量となり、
良かったのかも知れません(笑)

というわけで、今日はいろんなひとに

「新聞に載ってたね!」

と言われて頬が緩みました。

 

さて、夕刻の定時チャイムが鳴ると同時にタイムカードを切り、
急いで帰途に着きます。

定時チャイムの15分後に亡くなられたご近所さんの送り出しです。
軽トラを自宅前に捨て置いて、急いで御近所さん宅。

ギリギリ、間に合いました。

棺を皆さんと一緒に抱え、霊柩車へ。

そして、喪服に着替えて通夜と葬儀の会場である豊根村の基幹集落センターへ。

我々、組の世帯主は通夜葬儀の運営側として「お互い様の精神」により、
様々な役目をこなします。

が、近年は簡素化が進んでおり、今夜の役目は受付や和尚さんのお茶出しくらいです。

私も受付に立ち、弔問のお客様方をご案内しました。

今日もまた職場で故人のことが話題になっており、
かつてはシルバー人材センターなど、多方面で活躍されていた故人が偲ばれます。

法要が終わり、組の衆も解散となりました。
明日は出棺と本葬。

台風が過ぎ去って、本当に良かった。

 

帰宅して、夕食を…と思っていたところ…!

「けんたさん、悲しいお知らせが…」

え…。

悲しいお知らせはもういらんぜよ。

「テレビが…」

はい???

DSC00763

うおーーーーーー!

なんか、見たことがある状態。
液晶パネルが割れている…。

どうやら、またしても息子がやってしまったらしい。

うあー、2台目。

テレビクラッシャー息子により、2台のテレビがやられました。

しかも、今回は40インチの大画面テレビです。
凹む。

良いことも、悪いことも、あるのが人生。

“ホタル写真新聞掲載!!” への2件の返信

  1. 凄い!
    新聞に載る写真を提供するとは★
    流石です。
    そして、お務めお疲れ様です。
    地域の繋がりは大事と本当に思います。
    →ウチも豊根ほどじゃないですが、まぁある方だと思っています。
    (妻と子供達のおかげでもあります)
    そしてそして…
    テレビ破壊王が(≧▽≦)
    ⇒やはり、男の子は違いますなぁ。
      我々の頃はブラウン管だったから、壊れにくかったのだろうか???
    ウチは菫が破壊王になる予感です。
    強いです、2人目は。

  2. >ウェスさま
    いやはや、これもまた山のしんぶんやさまのお陰で御座います!
    設楽町のPRにもなりましたでしょうか!?
    今日は1日、葬儀のお手伝いでした。
    地域の繋がりを実感する1日でしたね。
    そーいえば、ウェスさんも自治会長されていた記憶が。
    都市部でも、歴史あるところには地域の繋がりがありますよね☆
    ブラウン管だったら大丈夫だと思われますが、液晶テレビはやっぱり衝撃には弱い…
    いや、衝撃対策する必要はないんでしょうけど(笑)
    二人目は強いんですね…。
    まあ、まだうちはまだまだですが!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください