鳥取広島岡山の旅3日目

今日は、会社のお休みをもらっております。

お父さんと妻はお墓参りへ向かい、
程なく起床した息子の高いテンションに付き合いながら…

今朝も、母が作ってくれた朝食を皆で味わいます。

これにて鳥取から去ることになりますので、
時を惜しみつつ…

妻の祖母と我が母は、またしても折り鶴談義で盛り上がっています(笑)

んで、妻の祖父と息子と私で談笑。
息子と恒例の足し算ゲームをやっていると、
祖父が褒めてくれるので息子は調子に乗っていますw

んで、最後にみんなで集合写真☆

DSC01990

げきっぱれの青空の中、鳥取の実家を後にしました。

DSC02011

昨日は雲が少しかかってピークが見えなかった鳥取県の最高峰「大山」も
堂々としたその姿を我々前に見せてくれました。

さあ、ここからナビに従って運転を…

と、思っていたら、私が事前にgoogleマップで調べていたルートが出ない!!!

なぜだーーーー!

取り敢えず、記憶を頼りに山陰道に乗って西へ進みます。

相変わらず、空を飛ぶ自車位置アイコン。
この2年で、この地域の高速道路網が劇的進化を遂げたため、
ナビが全く役に立ちません。

島根県の松江まで進み、そこから松江道で中国道へ出るハズなんだけど…

ナビ上の松江道が、途中で止まってる。

それが問題で、ナビがルート検索できなかった!!!

目的地は、広島県、安芸の宮島です。
修学旅行の時以来行っていないという母のたっての希望により、
広島まで足を伸ばしてみることにしました。

ナビに無い道を進んでいると、息子が「トイレ!!」と叫びます。
コレは困った。

パーキングエリアがあるのか、サッパリ分からん!

しばらくすると、道の駅という看板を発見。
あれ?

道の駅??

そうなんです、松江道の途中から国交省の管理区間となり、
新直轄区間となるので、パーキングは道の駅。

たたらば壱番地という昨年開業したばかりの道の駅へ立ち寄ります。

DSC02016

たたらばって、製鉄業が盛んな場所なのかな?
なーんて思って、名前の由来を調べてみたら…

秘密結社鷹の爪』に登場する「吉田くん」の住所。

なんと。

アニメキャラの住所っすかw

秘密結社鷹の爪 – Wikipediaといえば、知る人ぞ知るアニメ。
島根県を全面PRする方で、有名なような気がしないでもない(笑)

そして、この雲南市(吉田町)こそ!
吉田くんの生誕地w

出雲大社にも吉田くんグッズはたくさんありましたが、
元祖はココなんですね。初めて知った。

私ができたてホヤホヤの高速道路に興味津々すぎて
運転を怪しく思ったと思われる妻が、ここで運転の交替を申し出てくれました☆

道路の規格としては三遠南信自動車道と似たようなものなので、
運転しやすそうだし…お願いしました!

んで、私は車窓の風景をパシャパシャ撮りまくり。

DSC02027

かやぶき屋根を改築したらしき家々が見える里山をたくさん通過。
山間に所狭しとひしめき合う田園地帯。
稲穂が垂れて、美しい光景です。

んでまあ、こっちも興味津々。

DSC02040

供用開始からまだ日が経っていない、真っ白なコンクリート擁壁!
土木建設工法も日々進化していて、新しい構造物ってのは興奮します。

美しいのり面施工に見とれていたら、

中国道に乗り移る予定のジャンクションを通り過ぎ、
終点まで行ってしまいました(汗

終点で一般道に降り、再び高速に乗ってUターンするわけですが、
その際、できたてホヤホヤの高速橋梁が見られて満足。

DSC02041

今来た道を、再び舞い戻ります。

DSC02043

できたての高速道路を走るのは最高です。

中国道に入ったところで、再び運転を私に交替。

広島自動車道と山陽自動車道、国道2号線を経由して、
宮島口のフェリー乗り場へ!

駐車場を探していると、手招きおじさん発見w

試しに料金を聞いてみると…

500円。

おお、安そうだ。

場所を教えて下さいと伝えると…

「うん!ワシも駐車場まで戻りたいで、乗せてってくれんかっ!?」

はいっ!?

というわけで、いきなりナビゲーターが車内乗り込みw
細い道を進みます。

車内では、ナビゲーターの超陽気おじさんが観光案内してくださっていますwww

なんだこれはw

フェリー乗り場に近い場所で良かったです。
あまりにおじさんが陽気なので、お昼寝中の息子が起床!!

ぐずるかと思いきや、おじさんの陽気さを気に入ったのか、上機嫌w

おじさん、ありがとうwww

昨夜、道の駅で出会った旅慣れた自転車マンさんに伺ったところ、
宮嶋といえば、あなご飯!

DSC02052

お昼ご飯にあなご飯を購入し、短時間ではありますが、
フェリーに乗りながら食べよう!

DSC02054

今回は、JRのフェリーを利用。
乗車料金、めっちゃ安いっすね。

あなご飯を頬張りますが、写真も撮りたいし…

DSC02057

なかなか慌ただしい、つかの間の船旅。

DSC02059

船からは、引き潮で鳥居の下まで人がたくさんいる厳島神社が!!

DSC02072

この半日で、もっとも潮が引く時間帯に当たりました。

これで私が厳島神社を訪問するのは3回目になりますが、
何故か…

いつ来ても、引き潮。

狙って来ていないので仕方ありませんが、
いつか、満ち潮で満ちた厳島神社をこの目で見てみたいです。

島内には鹿さんが自由に闊歩しています。

DSC02080

鹿を見慣れている息子ですが、
このように人を恐れない鹿は珍しいのか…

近くに行ってはしゃいでいます。

鳥居の下までたどり着くと、たくさんの硬貨が貼り付けられています!!

DSC02103

これには息子もかなりの興味を示し、
どうにか思案を巡らせながら、自らの賽銭を如何にして貼り付けるか、
悩みに悩んでいるようです。

DSC02126

水辺の貝殻探しに熱中する息子。

DSC02133

引き潮の時には、拝殿の方から鳥居下へ流れ、海へと注ぐ小さい小川が出没。

DSC02135

飛び石の橋で渡ることも出来ます。

DSC02139

拝殿側からは、廿日市市内を対岸に。

DSC02149

厳島神社を参拝。

さすがは世界遺産効果。
外国人観光客の方がたっくさんいらっしゃいました。

あまり時間が無いので、ゆっくりお店を観ることは出来ませんでしたが、
ふと目に入ってきたのが…交番!

DSC02170

めっちゃめちゃ懐かしい。

この交番、大学時代に大変お世話になった場所です。

http://kenta.toyone.org/2005/nicky200509.html#20050929A

広島大学で行われた金属学会で発表を行ったついでに、
先輩と2人でここまで足を伸ばし、観光してきました。

が!

そこで財布を落とす先輩…。

厳島神社の宮司さんと交番のおまわりさんに助けられました。

さて、再び帰りのフェリーに乗って宮島口へ戻ります。
息子がもの凄い上機嫌です。

どうやら、ジバニャンを買ってもらったようだ。

お店の方に

「今まで、ずーっと欲しかったの。やっと買ってもらえたの!」

と、自慢しまくっていたそうです。

さあ、ここから豊根へ戻るのは運転時間的にも、体力的にも厳しいので、
倉敷まで戻って一泊します。

宿へ到着したのも午後8時近く。

ほんっっとに疲れたーーー!!
主に運転によるものですが、疲労困憊です…。

嬉しいことに、宿には温泉があるので、疲れを癒やします。

息子は猫娘キーホルダーとジバニャンぬいぐるみと一緒に寝たいそうです。

DSC02215

子供用の浴衣もあって、かっこつけまくる息子でした。
美味しい夕食だったので、調子に乗って日本酒注文したら…

真っ赤になってノックアウトしたのでした。

焼酎飲んでも、全く平気な顔をしている母がうらやましいですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*