朝、出勤前に昨日の事故現場へ。

川の方に落ちた…って、一体なんぞや?
聞いていた場所に到着。

その有り得ない光景に、目が点になる。
母の軽傷具合から、それほど大した事故では無いのかな…と想像していたもんだから。

180度、回転して仰向け状態になっている軽トラ。

しかも、回転方向…。

前転。

道路から、5メートルくらい?落下。
下り坂の接続道部分だけガードレールが無くて、そこから落ちた。

間一髪のところで、フェンスが軽トラの落下を食い止めてる。

その下は、法面があって川。

昨日、事故直後に普通に電話してきた母からは、
想像できない程の、凄まじいクラッシュ。

幸いにして、軽傷で済んだのが、本当に奇跡。

その光景を見た上司は、

「ありゃ、一歩間違えば…。お父ちゃんが守ってくれたんだな。」

と、ひとこと。

ああ、そうか。
不幸中の超幸いだったのは、父の加護だったのかも。

落下した高さも高さ、バウンドしてひっくり返って…。
軽傷だったのが、未だ、信じられません。

出勤して様々な村民の方に出会い、
母の状況を何度も聞かれました。

そりゃ、聞きますよね…。
こんな光景見たら、無事じゃ済まないと思いますもの。

幸い、入院するほどではなく、打ち身などの痛みはありますが、
無事に自宅で休養中です。

なんにしても、これからの季節、路面凍結には十分にご注意下さい。
私も、この光景を見たら…凍結路面の恐ろしさを改めて実感しました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]