新生VAIOからZが出た

かつてはSONYが出すパソコンブランドだったVAIO。

大幅赤字で瀕死のSONYが事業整理するため、
パソコン事業部門が切り離されて…

VAIO株式会社となって独立。

それまでSONYに内包されていたとき開発された機種が、
VAIO株式会社でグレードアップしながら販売されていたわけですが。

全くのリニューアル、VAIO株式会社独自にゼロから開発され、
それも…

VAIOのハイエンド、旗艦ともいえるZシリーズ!!!
昨日発表されたようです☆

VAIO | 商品情報 | VAIO Z

【Hothotレビュー】VAIO「VAIO Z」 ~新生VAIO初の独自開発製品はフラッグシップモバイル – PC Watch

スマホやタブレットの高性能化で、
パソコンの居場所が無くなってきている昨今。

まるでバナナのたたき売りの如く格安でパソコンが手に入る時代。

敢えて、20万円近くするハイエンドパソコンを売り出してきた!

閲覧専用端末ならばスマホやタブレットで十分ですが、
クリエイティブな活動をするには、まだまだパソコンは手放せません。

「VAIO Zは武士にとっての刀。LaVie ZやLet’snoteとは方向性が違う」 ~VAIO Z発表会レポート – PC Watch

無事にとっての刀とまで言わしめるVAIO Z。

回転ヒンジを採用しつつも、コンパクトなサイズに納め。
それでいて、スペックはハイエンド。

第5世代のCPUを搭載しているので、超低消費電力で、
バッテリーの持続時間も15時間!!!

そんなにバッテリーの持ちが良いのに、軽くて薄い。
低消費電力なのに、画面解像度が2,560×1,440ドット。
その解像度で、13インチ。

20万円ってのは、あくまでベースの価格であって、
カスタマイズの内容によっては、全部入りで40万円近く(汗

このパソコン、どんな売れ方をするんでしょうね。

試しに、自分が買うんだったら…という構成をシミュレーションしてみたら、
29.3万円だった。

OS: Windows 8.1 Pro Update 64ビット

カラー: ブラック

プロセッサー: Core i7-5557U 3.10 GHz (最大3.40 GHz)TDP 28W

メモリー: 16GB(オンボード)

ストレージ: 第二世代 ハイスピードSSD 512 GB

液晶保護シート貼付サービス(本体仕様選択): あり

ワイヤレスルーター: 付属

VGAアダプター: 付属

ワープロ・表計算ソフトウェア: なし

イラスト制作ソフトウェア(セルシス製): CLIP STUDIO PAINT EX/PRO 体験版

長期保証サービス: <3年ワイド>

無理だww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.