白地図に○○だけ描いたら

激しい雨が降り続く。

道路は川のように水が流れ。
行き交う車両で盛大な水しぶきが飛び散ります。

これは…!!!

ある意味、現場日和。

道路が破損する、原因の最たるものは、水。
雨水が路面を流れることで、徐々に侵食が進み…

一番「弱い」ところを攻撃して破壊されます。

そういった、一番のウイークポイントを探し出すには、
雨水が大量に流れているときがチャンス。

一歩間違えば、自分も災害に巻き込まれる可能性があるので、
注意を要しますが。

一人行動はNGです。

課長さんが一緒に行って下さるということで、
現場へ向かい、箱尺で図ったり、雨水の流れる様子を確認。

ふと、あるとき閃いたんですが、
路線踏査をビデオカメラを用いてやったらどうだろう…と。
目で現場を観ることが出来るのが一番良いのですが、
特に、雨天を狙うと現場を観ることが出来ても記録が難しい。

平面静止画による流体の記録には限界が。

だったら…ビデオカメラはどうだろう?と。
デスクに戻って設計するとき、現場の様子を頭に浮かべる際、
確実にその対象を思い描くことが出来ます。

また、路線全体を走破しながらビデオ撮影すれば、
位置情報も一緒に把握できる。

今日は、試しに導入してみました。
デスクに戻ってから、道路台帳とビデオ動画を並べて見比べ、
ビデオチェックしながら、工事箇所を選定。

これ、イイかも。

 

道路と水の流れからブログがスタートしましたが、
世の中には面白いことを考える人がいらっしゃるもんです。

もし、道路網図だけを白い紙にプロットしたらどうなるのか!?

道路だけで描かれた地図。

x5KG8ao

人が多いところに、道路あり!
中国や日本の道路網が発達しているのは不思議じゃないですが。

インド!!!!

インドスゲェ。
まるで、国全体が住宅街のような。

もうひとつ、河川だけを抜粋した地図もありました。

Xi0kMM7

川は山と山に挟まれたところ。
低いところを流れるもの。

山脈に沿ってますね。

均等な間隔で、毛細血管のように。
川も、人の暮らしとは切っても切り離せないですね。

道路&河川の担当としては、心拍数が上がります。

アジアから、ヨーロッパに目を移してみましょう。
何故、古くからヨーロッパ諸国に文明が発達していたのか。

oImWxcV

川の密度と関係がありそうに思える、地図です。

川があれば文明が発達し、文明が発達すると、道路網が整備され。

ZHiipqj

蜘蛛の巣状に広がった道路網。
古くから道路整備されてきた歴史からでしょうか。

主要都市を中心に据え、そこから広がるような道路網が特徴的。

さて、お次は…オセアニア。

オーストラリアとニュージーランド。
まず、河川から観てみると…

tKmjxMX

ニュージーランドは国の形が見えるとして、
オーストラリアは海岸部周辺しか見えない。

中心部は…砂漠ですね!

河川が無いと、人も住みにくい。

それでも、灌漑技術の進歩も、あります。
道路網は、河川の面積よりも広く分布。

bnbtY4L

人の住む場所というのは、環境に大きく依存しているんだなぁと。
改めて感じたのでした。

環境といえば、土地がたいらか、急峻かというのも
人が大勢住むことが出来るかという、大きなパラメータ。

今回取り上げさせて頂いた画像は、こちらのサイトから拝借。

Planet of Rivers – Album on Imgur

Planet of Roads – Album on Imgur

夜が更け、雨脚も依然として強いままの豊根村。
夜7時のNHKニュースを見ていたところ、
冒頭は大雨に関するニュース…

と!

次の瞬間!

雨量の多い市町村が3つ、テロップで映りました。

愛知 豊根村19mm/hって。

東京配信の全国ニュースに載るレベルで降っているのか…。

土砂災害が発生しないことを、切に願います…。

“白地図に○○だけ描いたら” への2件の返信

  1. 北設の町長選と町村議選が告示されました。
    それにしても、どろどろ、ぐちゃぐちゃ…。
    マグマのようにたまっていた4年前の怨念が一気に噴出し、飛び交う悪罵、地域はズタズタ、阿鼻叫喚の地獄絵図。
    奥三河の選挙がかくも悽愴きわまりないシロモノだったとは、不覚にして知らなんだぞん。
    「奥三河の人は素朴、純朴」っていうけど、選挙になると人が変わったようになるだのん。
    空しさが募り、「奥三河応援隊」の看板を下ろしたくなったやあ。

    ケンタローさんら若い力で、何とか改革しておくれんよ。

    • >山のしんぶんやさま
      お…怨念(汗

      私も、4年前はまだ村に戻ってきたばかりで、選挙権すら有りませんでした。
      いろーんな、何が正しいのかよく分からないような噂が飛び交い、まさに戦争の様相。
      全員参加の選挙だからこそ、本気なのかなぁと感じます。

      都市部で選挙は、一部で盛り上がっているお祭り…という印象の人がたくさんいました。

      不特定多数へ情報を発信するお仕事で、選挙を中心的に取り上げなければならない中、
      公平中立を保とうとも、如何様にも読み取られてしまうリスクもあり、
      本当に大変なお仕事だと思います。

      読者の数は、我がブログの3万倍。
      3万倍の記事に対する見方があるって…想像するだけで恐ろしいっす。
      せいぜい1日100人くらいのこのブログですら、様々な読み取られ方をされるであろう…と、
      思い切って書けないことも、非常に気を使うことも、失敗して自己嫌悪することも(汗

      奥三河応援隊の看板、下ろさないで下さい!!!
      これは、本当に!切なるお願いです。
      応援隊の応援隊が、草の根的に北設に存在していることを、お忘れ無く☆

      若い力が改革しようとすると、瞬発力が大きいので、ベクトルの長さは長いんですが、
      方向が間違う危険性があることを、しっかり認識した若い人であることが大切だと感じる、今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください