御所岩と、採り蕨

昨日、葬儀のためお休みを頂きました。

出勤すると、メールやらタスクやらが山積。
片っ端から片付けていき、午後は通報があった村道の損傷箇所へ。

課長さんと共に別の現場へも伺ったついでに…

「『とりわらび』を知っとるか?」

聞かれて…ハテ?…なんだったっけか…。
名前は何度か聞いたことがあるような…。

「とりわらびを知らないようじゃあ、ダメだなぁ~~(笑)」

豊根人たるもの、基本の知識。
というわけで、途中で立ち寄ったのが、こちら。

DSC_4451

川宇連地区にある、御所岩。

巨石の表面が平らになっており、
かつて尹良親王 – Wikipediaが、この地にいらっしゃったとき、
この御所岩を御座石として使われたと言い伝えられています。

DSC_4452

また、この付近で採れる蕨は「採り蕨」と呼ばれて、
灰汁が少なく、他の土地に無い特性を持っているとのこと。

足下を見渡すと、蕨がチラホラと!

さすがに他者の土地ですので、採取はしませんが、興味深いです。

このように、豊根村の坂宇場区川宇連地区には、

尹良親王にまつわる伝説があります。

土地の名前で、「御所平」という地名があるほど。

 

さて、お次の現場へ。
雨水の脅威を思い切り受けている村道では、
未舗装のため…度々、損傷を来します。

損傷現場を確認しつつ、昨年度に損傷復旧した場所も確認。

すると…

道路脇にある小さな盛土の山の頂上付近から、
白い、四角い物体が顔をのぞかせている。

近づいて、よく見てみると…

盛土からヒョコッと頭を覗かせているのは…

携帯電話!!!

盛土から、携帯電話が直立して生えてる。
いや、雨水にさらされて、盛土の中にあった携帯電話が出てきたというべきか。

何故こんな所に…

ああああ!!!

そーいえば、昨年度の損傷復旧工事したとき、
先輩が携帯電話を無くしてしまい、みんなで探したけど見つからなかった!!

アレだ。

半年の時を経て、発見。

風雨にさらされて土の中。
生き返るか分かりませんが…とりあえず、先輩に渡してみよう。

なかなか、シュールな光景でした。

 

さて、帰宅後にこんなニュースが。

ユニクロ、「UTme!」でデザインしたTシャツを販売できる新サービス – ケータイ Watch

UTme! – 君もやってme! スマホでUTme!

自分でデザインしたTシャツを売ることが出来るとな!
これは面白そう。

ちゃんと、デザイン料金としてのマージンもあるんですね。

値段もリーズナブルで、我が家のイラストレーターに頼んでみようかなぁ。
スマホだけじゃ無くて、パソコンにも対応していると、良いんだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*